close

Enter

Log in using OpenID

「ローマ人の物語」に思うこと

embedDownload
2013 年 3 月号
医学図書館ニュース
No.526
「ローマ人の物語」に思うこと
先端癌治療研究センター
鳥村拓司
先 日 約 3 年 か け て 塩 野 七 生 氏 の「 ロ ー マ 人 の 物 語 」を 読 み 終 え た 。こ の 小
説 は 約 2800 年 前 の ロ ム ル ス と レ ム ス に よ る ロ ー マ 建 国 (こ れ は 神 話 で あ り 本
当 の と こ ろ は よ く わ か ら な い )か ら 最 後 は ロ ー マ 帝 国 の 分 裂 、 西 ロ ー マ 帝 国
の 滅 亡 ま で を 描 い た 一 大 エ ン タ ー テ イ メ ン ト で あ る 。ロ ー マ 帝 国 は 当 初 キ リ
ス ト 教 を 弾 圧 し た た め に 、キ リ ス ト 教 徒 つ ま り 、ヨ ー ロ ッ パ 人 の 目 か ら 見 る
と 往 々 に し て 悪 の 帝 国 と し て 描 か れ る こ と が 多 い 。塩 野 氏 は 宗 教 に は 寛 容 な
日本人の目で古代ローマ帝国を非常に好意的かつキリスト教により支配さ
れ た 中 世 ヨ ー ロ ッ パ よ り も 進 ん だ 国 家 と し て と ら え て い る 。同 じ ロ ー マ 帝 国
について記述するのでも作者の考え方一つでその内容は全く異なったもの
と な る 。歴 史 的 事 実 は 一 つ し か な い の で あ る が 今 と な っ て は 確 認 し よ う が な
い 。ユ リ ウ ス
カ エ サ ル が ル ビ コ ン 川 を 渡 る と き に 本 当 に「 賽 は 投 げ ら れ た 」
と叫んだかはタイムマシンで時代を遡りカエサルにインタビューするしか
確かめようがないのである。
本 は 確 か に 多 く の 情 報 を 教 え て く れ る 。し か し 一 方 で 、そ こ に 書 か れ て い
る こ と す べ て が 真 実 か の よ う に 信 じ 込 ま せ て し ま う 魔 力 も 潜 ん で い る 。我 々
は 子 供 の こ ろ か ら 本 、特 に 教 科 書 に 書 か れ て い る こ と や 学 校 で 先 生 か ら 教 わ
っ た こ と は す べ て 真 実 で あ る と 思 い 込 ん で い る 節 が あ る 。こ れ は 教 え る 側 か
らすると非常に都合のいいことであるが、本当に正しいことなのだろうか。
特に医学教育においては現在真実と考えられていることも常に疑ってみる
こ と の 重 要 性 を 教 え る こ と は 大 切 な よ う に 思 う 。我 々 は 過 去 に 既 成 概 念 に と
らわれるあまり重要な疾患や研究における重要な事実を見逃した経験はな
120
2013 年 3 月号
医学図書館ニュース
No.526
い だ ろ う か 。お そ ら く 多 く の 人 が 思 い 当 た る 節 が あ る の で は な い だ ろ い う か 。
ノ ー ベ ル 医 学 賞 を 受 賞 さ れ た 山 中 伸 弥 教 授 の iPS 細 胞 作 製 は「 成 熟 し た 細
胞 は 未 分 化 な 細 胞 に 戻 る こ と は な い 」と い う 概 念 に 縛 ら れ て い た ら 決 し て な
し え な か っ た 仕 事 で あ る 。日 進 月 歩 の 医 学 の 世 界 で は 新 た な 発 見 に よ り 今 ま
で 正 し い と 信 じ ら れ て い た こ と が 誤 り と な っ た り 、反 対 に 否 定 さ れ て い た こ
とが一躍真実として脚光を浴びたりすることは起こりうることと思われる。
将 来 の 優 秀 な 臨 床 医 や 研 究 者 を 育 て る に は 、学 生 に 対 し 教 え ら れ た こ と を 鵜
呑みにして覚えるという作業よりも教えられたことの真偽を疑ってみると
い う 作 業 を 教 え る こ と が 重 要 で あ り 、私 自 身 も あ ら ゆ る こ と に 疑 い の 目 を 向
ける柔軟な頭脳を長く持ち続けたいと考えている。
121
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
182 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content