close

Enter

Log in using OpenID

車両:ニッサン 年式:ティーダ 車両型式:DBA-C11 エンジン型式

embedDownload
エンジンチェックランプ点灯、エンジンが吹けないとの不具合にて入庫。
車両:ニッサン
DTCを確認したところ「P0223:スロットルポジションセンサ1系統高入力」、
年式:ティーダ
「P2135:スロットルポジションセンサ1、2電圧相関」が表示しているが、現在
車両型式:DBA-C11
は現象が発生していない。
エンジン型式:HR15DE
DTCが表示している為、不具合現象の再確認を行う。
1.現在もDTCが表示し続けているかを確認する
①DTCの保存→DTCの消去(不具合現象確認前に忘れずにDTCを保存しましょう!)
・DTCの保存
・DTC消去
②DTCの読み取りを再度行う。
・DTC読み取り
※実際の表示画面と異なります
現在、DTCは出力されていない
連続して発生している不具合ではない
2.不具合を再現させる
HDMの「データモニタ」機能を使用して「スロットルセンサ1」と「アクセルセンサ1」をモニターし、シフトポジション
を「D」レンジにしてアクセル全開、全閉を繰り返す。
「スロットルセンサ1」と「アクセルセンサ1」のみを「選択」表示にし、グラフ表示機能「グラフ2」を使用して重ねて
表示すると「スロットルセンサ1」と「アクセルセンサ1」が同様に推移するので異常が判断しやすい。
「選択」を押して見たい項目のみ表示する
「グラフ2」を選択して重ねて表示する
「YES」を押すと※マークが付く
「選択」を押す
「グラフ2」を押す
数回、アクセルを踏んだところ、断線が確認出来
確認出来た。
・データモニタ
・スロットルセンタ特性図
5V
スロットル 2
スロットル 1
0V
30
60
スロットル開度
スロットル
90
「スロットルセンサ1」と「アクセルセンサ
セルセンサ1」が同様に推移してい
るが、あるところで5V付近まで上昇
上昇している(断線している)こと
が分かる。
アイドルポジション+10度の範囲内になるよう
になるよう、エンジンコントロールユニットが電子制御
電子制御スロットルを制御する。
エンジンコトロールユニットはスロットルの
エンジンコトロールユニットはスロットルの開弁スピードを、正常な状態よりも遅くなるように
くなるように制御する。
その為、加速性能が低下する。
HDM故障診断サポートセンターでは不具合内容
不具合内容から推測される点検箇所をシステム結線図
結線図や点検方法をFAXにて
ご提供し、判り易く説明致します。
〒
-
TEL:
E-mail:
FAX:
株式会社日立オートパーツ
オートパーツ&サービス 故障診断サポートセンター 担当:池田
担当
宛
FAX:044-221
221-6477
TEL:044-221-6476
e-mail:ikeda@hitachi-autoparts.com
mail:ikeda@hitachi-autoparts.com
【注意事項】1.車両への対処方法とは、一般的
一般的な対処方法を回答するもので、実作業に関しましてはお客様
客様の責任の上、作業を行ってい
ただきます。2.国内販売されている国産車両のうち
のうち、以下のカーメーカ車両のみとし、国産トラックや輸入車
輸入車を除くものとします。また、一部
のメーカ、車両によっては、対応できない場合もございます
もございます。【対応メーカ】 日産、トヨタ、ホンダ、マツダ、スバル
スバル、ダイハツ、スズキ、三菱
3.本サービスでは、日立ダイアグモニタのバージョンアップや
のバージョンアップや操作、対象車両の確認などのサポートは行
行いません。
その他詳細は日立ダイアグモニタサイトにてご確認
確認ください。http://www.hdm.hitachi-autoparts.co.jp/
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
286 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content