close

Enter

Log in using OpenID

河川・港湾類のカタログPDF

embedDownload
積みブロック
道路
ネクストーン
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
側溝類
環境保全
CB-980078-V
管渠・暗渠類
耐侵食性、
自然環境保全に配慮し、
経済性、
施工性に優れた環境保全ブロックです。
特 長
1. 法勾配が1:0.3∼1:0.6程度に適応し、コンクリート積みブロック以上の控長(41cm)があることで同等の壁体重量
を有するため、
土圧に対する安定性、
流体力に対する安定性は十分に確保されます。
カルバート類
2. 壁体内部に中詰めされた土砂と、ブロック一段ごとに設けられる溝部に充填した土砂によって、草木が繁茂できる
場、ホタル・昆虫等の棲息できる場が提供できます。また、水面から下は、水生生物の生息巣孔にもなり、生態系を
保護します。
3. 一段195mmごとに形成される溝部平場100mm(ずらさない場合60mm)により、小動物が法面を自由に上り下り
1490
1500
したり、往来したりできます。また、
平場からの草木の成長により、
コンクリートの見えない護岸になります。
1490
500
500
1500
500
260
○
フィルター
1490
500
500
1500
500
標準ブロック
500
1490
410
260
500
体積
(m3/個)
250×1500×410
250×500×410
0.07237
0.02394
60
250
260
65 185
60
250
260
製品寸法
(㎜)
410
石肌模様
フィルター
490
フィルター
490
410
石肌模様
260
65 185
500
410
260
410
石肌模様
350
350
参考質量
(㎏/個)
胴込め土砂量
(m3/m2)
胴込めコンクリート量
(m3/m2)
使用個数
(個/m2)
180.0
55.0
0.1011
0.1032
0.0795
0.0848
2.667
8.000
貯留浸透類
410
石肌模様
機能性
コンクリート
60
250
260
65 185
260
石肌模様
防災・減災類
500
規格
フィルター
490
フィルター
1490
フィルター
60
350
490
フィルター
1490
500
500
500
260
1500490
500
フィルター
500
1490
0
500
石肌模様
石肌模様
河川
水
・路
港類
湾類
490
Ⅱ型
500
410 500
正面図
500
Ⅰ型
1500
500
260
410
410
500
1500
500
フィルター
490
正面図
●数量表
490石肌模様
500
500
河川水
・路
港類
湾類
500
1500
500
500
500
道路類
500
Ⅰ型・Ⅱ型
1500
500
側面図
参考質量 55kg
平面図
410
490
Ⅱ型
1490
260
平面図
参考質量 180kg
フィ
260
65 185
260
Ⅰ型
500
250
○
景 観 へ の 配 500
慮
260
水生生物の生息空間
410
○
410
水 際 の 植 生
石肌模様
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
○
500
残存型枠類
法 面 の 植 生
500
擁壁類
環境に対する特性
350
その他
http://www.yamau.co.jp
MI YAZAK I
183
側溝類
ネクストーン
1500
410
60
167
260
90 170
167
340
1495
350
500
500
1500
110
500
110
245
110
1315
1500
93
245 55
側面図
110
410
245 55
410
500
中詰めコンクリート
0.04m3/m
1500
製品ずらし積み時
参考質量230kg
350
540
540
貯留浸透類
410
中詰め
コンクリート
1450
180
250
250
平面図
100
45 55
ネクストーン 標準ブロックⅠ型
その他
110
35
0
1450
0
製品ずらさない時
参考質量205kg
25
1500
250
MIYAZAKI
中詰めコンクリート
0.025m3/m
平面図
側面図
510
機能性
コンクリート
プレキャスト基礎ブロック (B 型 ) 五分積み専用
510
防災・減災類
プレキャスト基礎ブロック (A 型 ) 五分積み専用
110 245 55
側面図
中詰め
コンクリート
http://www.yamau.co.jp
500
500
500
110
245
500
100
水
河川
・路
港類
湾類
93
55
110
245
500
100
500
500
1315
93
1500
110
500
1500
93
45 55
500
500
参考質量 125kg
88
55
88
410
河川水
・路
港類
湾類
正面図
55
500
88 1490
1315
350
410
60
1490
1315
88
45 55
250
平面図
88
184
410410
250
260
90 170
60
350
110
道路類
500
500
340
1495
340 168
1495
410
410
250
260
90 170
260
90 170
410
168
410
魚巣 仕切りブロック
260
90 170
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
168
500
500
410
側面図
正面図
擁壁類
490
315
500
1500
500 500
500
1500
1500
1500
参考質量 165kg
410
410
カルバート類
500
490
500
500
1490
1490
平面図
260
90 170
管渠・暗渠類
魚巣ブロック
93
1315
1500
側溝類
ネクストーン
Ln
管渠・暗渠類
● 標 準 施 工 断 面 図(Ⅰ型Ⅱ型 共 通 )
Ln
Bn
L2
H2
現場発生土
50
現場発生土
1:n
H
50
1:n
H
土のう
天端コンクリート
L2
L2
H2
土のう
天端コンクリート
B1
FH
H1
FH
L1
B1
H2
257
254
250
245
268
274
280
286
63
65
67
70
239
232
224
214
仮想最大控長
L2
250
Ln
Bn
410
428
442
458
478
法勾配
1:0.3
1:0.4
1:0.5
1:0.6
L1
250
L2
(単位:㎜)
1段目(根石工)
2段目以上
H1
L1
B1
H2
255
257
257
256
266
277
287
298
113
116
121
126
244
237
228
219
L2
255
仮想最大控長
Ln
Bn
451
471
486
504
526
水路類
● 施 工 図(Ⅰ型 )
●1段当り敷設寸法表(ずらした場合)
道路類
● 基 礎 図(Ⅰ型Ⅱ型 共 通 )
b
410
100 FH
1490
100
胴込コンクリート
0.0298m3/個
河川・港湾類
胴込土砂(客土)
0.0379m3/個
a
1:0.3
1:0.4
1:0.5
1:0.6
(単位:㎜)
2段目以上
H1
シートライニング
●1段当り敷設寸法表(ずらさない場合)
1段目(根石工)
(σck=18N/mm2)
基礎材
FB
防災・減災類
FB
50
50
●基礎工寸法・材料表(ずらして積んだ場合)
500
500
1500
500
法勾配
●本体工数量算出式表(Ⅰ型)
100
単位
計 算 式
施 工 直 高( H )
施 工 法 長( L )
施
工
面
積
胴
込
土
砂
胴込コンクリート
m
m
m2
m3
m3
H1+(N-1)×H2
L1+(N-1)×L2
0.375 (m2/個)×M(個)
0.0379 (m3/個)×M(個)
0.0298 (m3/個)×M(個)
1:0.4
100
1:0.5
※ N: ブロック積み段数 ( 段 ) M: ブロック使用数量 ( 個 )
※胴込材について:常時水中又は流水の影響を受ける部分までは割
り栗石又は砕石を使用してください。
ネクストーン
(個)
世話役
(人)
ブロック工
(人)
特殊作業員
(人)
26.67
0.20
0.80
0.40
普通作業員 ホイールクレーン
(人)
25t(日)
0.40
1:0.6
無し
100
150
無し
100
150
a
b
250
300
300
250
300
300
250
300
300
350
250
300
300
350
448
448
550
444
444
544
438
438
536
585
430
430
526
574
217
267
258
186
236
218
158
208
181
218
132
182
148
181
350
350
452
350
350
452
350
350
452
503
350
350
452
503
延長10m当り
コンクリート 型枠
基礎材
3
(m ) (m2) (m2)
1.06
1.29
1.56
1.00
1.22
1.45
0.94
1.16
1.35
1.73
0.88
1.10
1.25
1.61
4.67
5.67
5.58
4.36
5.36
5.18
4.08
5.08
4.81
5.68
3.82
4.82
4.48
5.31
5.48
5.48
6.50
5.44
5.44
6.44
5.38
5.38
6.36
6.85
5.30
5.30
6.26
6.74
ずらさないで積んだ場合の基礎工寸法・数量は、
通常のコンクリート積み
ブロックに準じます。
基礎高 (FH)、基礎材の有無、岩着時の基礎形状等は、発注者の標準設計
に習ってください。( 基本的には、FH=250 を標準とします。)
その他
(10m2当り)
無し
FB
機能性
コンクリート
区分
●参考歩掛表
無し
基礎寸法(㎜)
FH
貯留浸透類
1:0.3
裏コン厚
(㎜)
0.40
http://www.yamau.co.jp
残存型枠
基礎コンクリート
基礎コンクリート
(σck=18N/mm2)
基礎材
FB
割栗石又は砕石
B1
H2
H1
L1
H2
L2
裏込材
擁壁類
裏込材
割栗石又は砕石
法勾配
カルバート類
H2
H2
L2
Bn
MI YAZAK I
185
側溝類
環境保全
道路
道路
CV ハーフ
ブロック
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
管渠・暗渠類
特 長
1. 表面をポーラスとした環境保全積ブロックにより、
「中
小河川の技術基準(国交省通達)
」に沿った川づくりが
可能となります。
カルバート類
・普通コンと比較すると低い明度
・空隙、保水性の確保
2. ブロックの規格は、大分県の「災害復旧事業における
環境保全積ブロック選定・施工 マニュアル」に準拠し
ています。
擁壁類
3. ブロック表面は、景観に調和しやすい割石模様を採用
しています。
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
道路類
河川水
・路
港類
湾類
CVハーフ
●標準施工断面図
天端コンクリート
調整パネル
(σck=18N/㎜2)
0
積ブロック
1:N
@50
(胴込コン:0.192 m3/m2)
吸出防止材
1:(N-0
貯留浸透類
.1)
H
防災・減災類
L
水
河川
・路
港類
湾類
300
水抜パイプ
VPφ50
機能性
コンクリート
裏込砕石(RC-40)
基礎コンクリート
(σck=18N/㎜2)
●寸法及び数量表
基礎砕石
その他
RC-40
186
179
※ 水抜工は、2~3m2に1箇所設ける。
MIYAZAKI
胴込コンクリート
呼び名
呼び寸法(㎜)
法長×幅×控
参考質量
(㎏)
(m3/個)
(m3/m2)
標準パネル
1/2パネル
調整パネル
500×1000×350
500×500×350
500×1000×60
185
92
84
0.096
0.048
ー
0.192
http://www.yamau.co.jp
使用個数
(個/m2)
2
4
2
標準パネル
平面図
405
405
95
95
20209090 260
260
370
370
20 90
正面図
998
998
側面図
24
2424
495
495
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
495
260
260
1/2 パネル
参考質量 92kg
調整パネル
20 20
90 90 260
260
260
20
90
370
370
370
24 24
24
495
495
495
正面図
497
497
497
497
497
24 24
24 24
24
495
495
495
95
95
95
495
495
24 24
495
495
95
95
20 20
90 90 260
260
370
370
20 20
90 90 260
260
260
20
90
370
370
370
24 24
24
平面図
防災・減災類
495
495
495
20 20
90 90 260
260
370
370
側面図
260
90
20 90 20 260
260
90
20 90 20
90 260
20260
24 24
正面図
497
497
497
495
495
497
497
R
河川
水
・路
港類
湾類
95
95
95
河川水
・路
港類
湾類
95
95
道路類
平面図
L
参考質量 84kg
貯留浸透類
20 60
20 60
20 60
側面図
998
20 60
500 500
500
500 500
その他
500
20 60
http://www.yamau.co.jp
機能性
コンクリート
998
20 60
平面図
998
正面図
残存型枠類
2424
20 90
20 90
擁壁類
495
495
260
24
20 90
495
998
カルバート類
260
370
405
参考質量 185kg
管渠・暗渠類
95
95
95
95
側溝類
CV ハーフ
MI YAZAK I
187
180
側溝類
道路
道路
環境保全
河川
砂防 下水道 公園
一鷹 5 分水平・練積み環境保全積みブロック
積みブロック
宅地
擁壁
農政
管渠・暗渠類
自然環境に配慮し、
経済性に優れ、且つ抜群の施工性を有する環境保全積みブロックです。
階段
法面
防災
意匠登録 1475407
特 長
1. 練積み構造
カルバート類
縦方向および隣り合うブロック同士を胴込コンクリートで
一体化した練積み構造のブロック積み擁壁です。
2. 優れた安定性
間知ブロック以上の壁体重量を有するため、土圧に対する安定
性、
流体力に対する安定性は十分に確保されます。
3. 抜群の施工性
擁壁類
5分水平積み、ワンプッシュ式吊上げ治具の採用、ブロックの大
、
バール用切欠きなどにより、
抜群の施工性を有し
型化
(2個/m2)
ます。
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
4. 自然環境への配慮
壁体内部に中詰めされた土砂と、ブロック1段ごとに設けられる
溝部平場に充填した土砂によって、草木が繁茂できる場、ホタル・
昆虫等の棲息できる場が提供できます。また、溝部平場により、
小動物が法面を自由に移動できます。更に、平場からの草木の成
長により、コンクリートの見えにくい護岸になります。
差し替え後送
道路類
5. 土砂が流出しにくい構造
前面凹みによる植生構造、
および胴込材充填部をポット型形式に
したことにより、
土砂が非常に流出しにくい構造となっています。
また、
溝部平場の土砂も前面突起により流出を防げます。
河川水
・路
港類
湾類
6. 裏込コンクリートとの一体化
背面壁に設けられたノックアウト孔を現場で開口することによ
り、
胴込コンクリートと裏込コンクリートの一体化が図れます。
7. 明度の抑制
水
河川
・路
港類
湾類
ハツリ石割肌風の模様が明度を抑え、植生とあいまって周辺環境
と調和します。
● 標準施工断面図(1:0.5 の場合)
458
35
0
0 (3
0
0)
裏込コンクリート
一体化用ノックアウト孔
11
2
防災・減災類
CまたはDブロック
標準適応勾配 1:0.5∼1:1.0
● A ブロック構造説明用等角図
41
現場打ち天端コンクリート
AまたはBブロック
前面突起
前面凹み
50
0
100
VP50管水抜き穴用
現場発生土
製品位置決め用マーク
(凹み)
0
ワンプッシュ式
吊上げ治具用インサート
(1
1:0
:0.4
.5
)
50
[email protected]
平水位
バール用切欠き
裏込め材
●参考歩掛表
割栗石または砕石
100
その他
(200)
(10m2当り)
土木一般世話役 ブロック工 特殊作業員 普通作業員
ラフテレーン
(人)
(人)
(人)
(人)
クレーン25t(日)
0.20
0.80
0.40
0.40
0.40
●本体工数量算出式表(Aブロック、1:0.5の場合)
Gブロック
MIYAZAKI
一鷹
(個)
20
447
機能性
コンクリート
H = 0.8944 ×([email protected])+ 100
貯留浸透類
188
181
施工直後状況写真
(100)
480
(680)
(100)
基礎材
区分
単位
計算式
施工直高(H)
施工法長(L)
m
m
0.8944×N×0.500+0.100
N×0.500+0.112
※ N:ブロック積み段数(段)
http://www.yamau.co.jp
100
100
100
1:0
.5
50
0
1:0
.5
50
0
11
2
2
11
2
100
100
100
997
35
0
60
60
60
参考質量 39kg
35
0
35
0
35
0
参考質量
(㎏/個)
胴込め土砂量
602)
(m3/10m
230
132
1.138
0.820
0.750
0.784
130
10030
参考質量
(㎏/個)
998
77
39
106
胴込めコンクリート量
(m3/10m)
0.095
480
0.088※
0.045
70 410
※裏込材および裏込コンクリート上の天端コンクリートは含まない
http://www.yamau.co.jp
70
0
使用個数
(個/10m2)
20
40
70 410
130
130
Cブロック
998
Dブロック
Gブロック
130
480
70
溝部平場
(現場発生土)
35
胴込めコンクリート量
480 3
(m /10m2)
※
使用個数
(個/10m)
10
20
10
その他
480
●数量表
呼び名
2
130
100
呼び名
497 998
50 10030
50
100
130
480
70
●数量表
機能性
コンクリート
948
35
11
130
2
60
0
70 410
Aブロック
Bブロック
胴込コンクリート 0.0375m3/個
11
2
50
50
11
100
100
480
498
胴込材
(現場発生土または栗石・砕石)
0.0569m3/個
948
998
998
497
948
458
● A ブロック施工例
498
948
998
498
60 70 410
35
0
貯留浸透類
998
998
側面図
497
100
480
70
正面図
参考質量 106kg
防災・減災類
948
458
498
130
100
10030 50 50
498
G ブロック(基礎ブロック)
498
60
998
458
平面図
497
0
側面図
998
35
河川
水
・路
港類
湾類
498
498
正面図
798
998
10030
458
997
100
100
平面図
998
60
河川水
・路
港類
湾類
498
D ブロック(天端端部用ブロック)
1:0
.5
50
0
11
2
35
側面図0
998
498
497
参考質量 77kg
60
997
798
998
0
11
100
498
35
2
正面図
0
60
11
497
458
447 100
10
997
35
道路類
235 798
60
1111
22
C ブロック(天端用ブロック)
998
998
100
50 50 50
498
平面図
100 447 10
50
457
235
498
497
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
798
60
側面図
60
35 35
0 0
残存型枠類
488
998
457 100
498
参考質量 132kg
1:0
.5
50
0
235
498
497 997
50
正面図
998
447 10
488
35
350
0
擁壁類
100 457
798
B ブロック(端部用ブロック)
50
498
60
60
997
50 50
235
488 575
498
998
6側面図
0
35
0
カルバート類
497
参考質量 230kg
1:10:0
.5.5
50500
0
457
457
998
平面図
44710
10
447
997
575
0
1:0
.5
50
0
498 998
正面図
35
1:0
.5
50
0
447 10
60
497
35
0
50
457
235
488 988
498
一鷹
管渠・暗渠類
A ブロック(標準ブロック)
997
60
50
998
5 分水平・練積み環境保全積みブロック
5050 5050
575
平面図
998
457
988
498
側溝類
457
488
447 10
447 10
998
480
MI YAZAK I
70 410
189
182
道路
道路
側溝類
河川緑化
河川
砂防 下水道 公園
宅地
スティープバンクブロック
護岸ブロック
擁壁
農政
階段
法面
防災
管渠・暗渠類
ブロックの表面をポーラスコンクリートとした、もたれ式擁壁用ブロックです。
特 長
カルバート類
1. ブロックの表面をポーラスコンクリートとした、もた
れ式擁壁用積みブロックです。表面を自然石模様と
し、5タイプあります。
2. 標準勾配は、1:0.5(適応勾配1:0.3∼1.0)です。
3. 空気中の水分や背面からの水分でコケ・シダ等の植
物が育成しやすく、背面の地山と植物の根茎が一体
化し、永続的な緑化が可能です。
施工直後
施工後
・道路側面擁壁 ・宅地造成地擁壁 ・中小河川擁壁 ・公園 ・学校等擁壁
正面図
100 400
30
1500
1500
スティープ A, B, C
66
0
66
その他
スティープ 1200×330
石垣模様 0.024 0.052
Y
×350
スティープ 1500×660
凹凸模様 0.109 0.079
L
×750
基礎コンクリート
H
66
.5
H
1:0
.5
1:0
.5
0.263
18以上
19
0.263
http://www.yamau.co.jp
スティープ L
0
22
スティ-プ
バンクブロック
18以上
19
0.263
18以上
7
0.063
18以上
11
66
18以上
590
スティープ 1500×660
割石模様 0.133 0.135
C
×500
306 290
596
306 257
18以上
563
306 250
スティープ
18以上
バンクブロック 556
55 96
18以上
151
250 146
18以上
396
18以上
基礎コンクリート
.5
.5
590
スティープ 1500×660
石垣模様 0.133 0.139
B
×500
RC
設計
参考値A
胴込土
基準強度
※1
基礎コンクリート
(m3)
2
(N/㎜
)
(ℓ)
PEC
1:0
66
0
スティープ 1500×660
玉石模様 0.133 0.157
A
×500
参考質量
(㎏)
H
PEC
1:0
機能性
コンクリート
連続
空隙率
(%)
590
0
590
1500
660
660
ブロック体積
(m3)
スティープ
バンクブロック
1500
1500
H
スティ-プ
バンクブロック
1:0
750
H
632
660
660
貯留浸透類
1500
RC
スティープ Y
1200
●数 量 表
MIYAZAKI
.5
590
1200
0
1500
750
783
750
90
基礎コンクリート
平面図
.5
1500
スティープ
バンクブロック
胴込土
0.554
基礎コンクリート
RC:普通コンクリート PEC:ポーラスエコロジカルコンクリート
190
186
スティープ
バンクブロック
1:0
1200
316
750
316
正面図
製品寸法(㎜) 表面形状
スティ
バンクブロ
1200
スティープ L バンクブロック
呼び名
H
20
316
1200
350
1200
1200
783
750
90
スティープB:石垣模様
359
50 100 250
50
783
750
632
660
防災・減災類
632
660
1200
側面図
○
スティープC:割石模様
平面図
1200
330
20
316
330
河川・港湾類
90
350
景 観 へ の 配 慮
●標準施工断面図
正面図
316
50 100 250
316
330
水路類
50
△
スティープA:玉石模様
スティープ Y バンクブロック
50側 面 図
350
359
水生生物の生息空間
1:0
50 100 250
20
359
140
632
120
632
道路類
418
○
平面図
500
104
○
水 際 の 植 生
H
側面図
660
シートライニング
残存型枠
スティープ A・B・C バンクブロック
法 面 の 植 生
H
擁壁類
環境に対する特性
用途
基礎コンクリート
基礎
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
側溝類
道路
がんちゃん
擬岩ブロック
管渠・暗渠類
玉石、
割石、
鉄平石をデザインする
「がんちゃん」が生まれました。
特 長
カルバート類
1. ブロック表面は、自然石模様で鉄平石、割石、玉石タイプ
の4種類を用意しているので現場環境に応じた製品を
選ぶことができます。
[石の模様の凹凸 深さ:玉石90mm、
割石60mm、
鉄平石30mm]
2. 製品は幅1.5m 高さ0.66mあり、1m2と大型であるため
施工が早く省力化できます。
擁壁類
用途
・低水・高水護岸、道路擁壁、ため池、砂防流路工等
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
道路類
■ 表 面 意 匠バリエーション
河川水
・路
港類
湾類
がんちゃん 1 型 ( 玉石 )
がんちゃん 2 型 ( 割石 )
がんちゃん 3 型 ( 鉄平石 )
がんちゃん L 型 ( 玉石 )
河川
水
・路
港類
湾類
標準タイプ
環境に対する特性
1498
1498
1498
1498
150
150 269
269
350
350
CC
1498
100 250
250
100
350
350
CC
50
50
1548
1548
1498
1498
1498
1498
150
269
660
660
150 269
正面図
50
50
1498
50
50
http://www.yamau.co.jp
1498
その他
1498
1498
660
269
269 150
150
660
660
660
50
50
50
50
50
660 660
50
正面図
1498
1498
269 150
269 150
機能性
コンクリート
1498
1498
1548
1498
1548
平面図
150
150 324
324
DD
600
150600324
324
324 150
150
600
600
150 324
100 100
250 250
D D 350 350
C C
150
150
貯留浸透類
324
平面図
324
L型
80
80
1 型・2 型・3 型
DD
○
660
660
×
景 観 へ の 配 慮
80 80
D D 350 350
C C
×
水生生物の生息空間
660 660
×
水 際 の 植 生
防災・減災類
法 面 の 植 生
1498
1498
MI YAZAK I
191
194
側溝類
がんちゃん
管渠・暗渠類
標準タイプ
●標準施工断面図
カルバート類
天端コンクリート
(σck=18N/mm2)
がんちゃん
●寸法表
胴込コンクリート(0.19m3/個)
(σck=18N/mm2)
裏込コンクリート(H高により採用)
(σck=18N/mm2)
擁壁類
裏込材
440
410
380
440
90
60
30
90
490
475
440
435
(10m2当り)
0.80
0.30
0.40
0.10
ホイールクレーン
25t(日)
0.40
0.30
適用条件
0.40
0.20
限界流速
(m/s) 2割勾配、水深6mの場合
道路類
0
×
×
水生生物の生息空間
×
2型
景 観 へ の 配 慮
○
3型
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1型
河川水
・路
港類
湾類
L型
適応勾配/1:1.5∼
※1:1.5より急な場合はご相談ください。
50
50
50
50
724
774
50
1473
774
その他
724
50
50
呼び名
がんちゃん1型
774
がんちゃん2型
がんちゃん3型
●参考歩掛表
名 称
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
50
50
50
774
D
模様種類
基本ブロック参考質量(㎏)
90
60
30
玉
石
割
石
鉄 平 石
310
300
270
世話役
(人)
張工(1割以上) 0.10
724
1473
1473
774
●寸法表
660
774
660
724
660
D 100
D 100
1473
1523
1523
50
1523
50
正面図
50
660
1523
774
1548
660
1473
50
1523
724
50
1498
1548
正面図
1523
1473
D 100
機能性
コンクリート
50
1498
660
1548
660
1498
1548
D 100
D 100
D 100
貯留浸透類
50
平面図
1498
660
防災・減災類
1498
50
端部ブロック
1523
1498
50
正面図
D 100
D 100
平面図
660
水
河川
・路
港類
湾類
標準ブロック
660
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
積工(1割未満) 0.20
張工(1割以上) 0.10
水 際 の 植 生
1473
192
195
参考質量
(㎏)
ブロック工 特殊作業員 普通作業員
(人)
(人)
(人)
世話役
(人)
名 称
法 面 の 植 生
平面図
774
D
平板タイプ
50
724
C
●参考歩掛表
良質土
環境に対する特性
1523
1型
2型
3型
L型
がんちゃん
基礎コンクリート
基礎材
1473
(単位:㎜)
呼び名
724
50
724
特殊作業員 普通作業員
ブロック工 50
(10m2当り)
(人)
(人)
(人)
ホイールクレーン
25t(日)
0.20
0.10
0.20
0.10
側溝類
がんちゃん
管渠・暗渠類
植裁タイプ
カルバート類
擁壁類
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
○
水 際 の 植 生
×
水生生物の生息空間
×
景 観 へ の 配 慮
○
道路類
法 面 の 植 生
平面図
●標準施工断面図
胴込コンクリート 0.10m3/個
1548
参考質量
0
胴込コンクリート
(σck=18N/mm2)
裏込材
側面図
1548
植栽土
66
0.17m3/個
正面図
1548
1498
がんちゃん
1548
50
1498
1498
50
350
355
250
305
250
660
350
がんちゃん植栽型
貯留浸透類
250
350
600
35
●基礎数量表
C
200
A
100
ブロック
勾配 n
1:0.3
1:0.5
1:0.3
1:0.5
1:0.3
1:0.5
(10m当り)
基礎寸法(㎜)
A
B
C
520
300
100
550
350
100
430
250
100
http://www.yamau.co.jp
D
170
90
210
120
150
80
コンクリート 型枠 基礎材
(m3)
(m2) (m2)
1.287
1.119
1.61
1.408
0.91
0.795
4.70
3.90
5.60
4.70
4.00
3.30
備 考
7.20
裏込コンクリート
(厚100)
7.50
裏込コンクリート
(厚150)
6.30
裏込コンクリート
なし
MI YAZAK I
その他
D
B
ブロック
基礎コンクリート
(σck=18N/mm2)
100
機能性
コンクリート
1:n
●基礎図
0
防災・減災類
50
660
450㎏(割石タイプ)
410㎏(鉄平石タイプ)
植栽土
@
350
600
1498
R=
N
250
350
50
H = R・sinθ
1498
河川
水
・路
港類
湾類
250
河川水
・路
港類
湾類
1548
50
残存型枠類
環境に対する特性
193
196
側溝類
環境保全
ほたる棲息
ブロック
道路
道路
げんじくん
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
管渠・暗渠類
特 長
1. ほたるは幼虫時代を水中で暮らし、蛹時代は土中で過ごす特
異な生態系ですので、ほたるの生態を考えた護岸を構築する場
合、土のある護岸が必要になります。
カルバート類
2. ヤマウのほたる棲息ブロック
「げんじくん」
は、カワニナやほたる
の幼虫の棲息場所に植物を植生させて蛹化場所になるように
考慮しています。
3. 植栽ブロック
「みどりくん」
と組合せて使用することも可能です。
環境に対する特性
擁壁類
用途
・ホタルに代表される水際に棲
息する生物の保全を考えた
河川及び湖沼の護岸
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
法 面 の 植 生
○
水 際 の 植 生
○
水生生物の生息空間
○
景 観 へ の 配 慮
○
標準ブロック
道路類
側面図
正面図
970
水
河川
・路
港類
湾類
553
1000
433
250
500
500
400
100
433
553
400
500
153
970
500
400
553
400
河川水
・路
港類
湾類
100
553
153
参考質量235㎏
平面図
500
250
1000
250
500
250
1000
1000
防災・減災類
端部ブロック
側面図
正面図
参考質量370㎏
平面図
553
1470
1500
その他
194
187
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
553
500
機能性
コンクリート
433
400
500
100
100
400
400
貯留浸透類
153
250
500
500
1500
250
防災
側溝類
げんじくん
A:げんじくんのみの使用
B:植栽ブロック「みどりくん」と組み合わせた場合
L
L
60
0
21
0
21
0
みど
N@ りくん
50
0
ℓ
/
47
h
H
N@
50
0
天端コンクリート
(σck=18N/mm2)
カルバート類
天端ブロック
i
m
裏込コンクリート
(σck=18N/mm2)
裏込材
m
/
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
不陸調整モルタル
(t=10)
胴込土砂 0.20m3/m2
※裏込材は現場の状況により変化します。
植栽面積 0.37m2/m2
裏込材
※流水部の胴込は玉石等を使用します。
0.30m3/m2
残存型枠類
裏込材
47
擁壁類
げん
じ
N@ くん
50
0
ℓ
60
0
排水溝
H
管渠・暗渠類
●標準施工断面図
※げんじくんに天端ブロックを使用する場合には、
●寸法表
(単位:㎜)
勾配
0.3
θ
1
θ
m
h
i
3
4
m
=
=
=
=
h
i
73.30o
50
479
144
0.4
H
L
ℓ
θ
728
218
760
1207
362
1260
1686
506
1760
2165
649
2260
θ
m
h
i
m
=
=
=
=
h
i
68.20o
67
464
186
0.5
H
L
ℓ
θ
721
288
777
1185
474
1277
1650
660
1777
2114
846
2277
θ
m
h
i
m
=
=
=
=
h
i
63.43o
84
447
224
H
L
ℓ
710
355
794
1157
518
1294
1605
802
1794
2052
1026
2294
河川水
・路
港類
湾類
段数
2
道路類
植栽ブロック「みどりくん」の天端ブロックを使用します。
河川
水
・路
港類
湾類
●基礎図
600
150
b
a
不陸調整モルタル
(t=10mm)
d
300
c
433
100
防災・減災類
基礎コンクリート
(σ ck=18N/mm2)
基礎材(栗石又は砕石)
800
●基礎寸法表
(10m当り)
勾 配
b
c
d
(㎜)
(㎜)
(㎜)
(㎜)
(m3)
415
402
387
35
48
63
124
161
194
176
139
106
0.043
●参考歩掛表
不陸調整モルタル 基礎コンクリート
基礎材
型 枠
(m3)
(m2)
(m2)
1.499
1.399
1.302
8.000
4.760
4.390
4.060
貯留浸透類
1 : 0.3
1 : 0.4
1 : 0.5
a
(10m2当り)
世話役
(人)
ブロック工
(人)
特殊作業員
(人)
普通作業員
(人)
ホイールクレーン
25t(日)
20.0
0.20
0.70
0.30
0.30
0.50
機能性
コンクリート
げんじくん
(個)
その他
げんじくん 標準ブロック
http://www.yamau.co.jp
MI YAZAK I
195
188
側溝類
環境保全
多段積み
ブロック
道路
道路
かご桝
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
宮崎県新技術
活用促進システム
管渠・暗渠類
特 長
1. 隣接ブロックと連結一体化し、流水や背面土圧に対して
安全な護岸を構築します。
カルバート類
2. 地盤の変形等に追随する屈とう性を有する構造となって
います。
3. レベル据付及び機械施工による中詰め材充填のため施
工性に優れ、工期の短縮が図れます。
4. ブロックの外観は全面を石肌模様としているので、河川周
辺の景観によくなじみます。
5. 適応勾配は、
1:0.3∼1:1.0の範囲です。
擁壁類
1000
500
1000
(斜長)
559
(斜長)
900
30
100
650
500
559
(斜長)
250
250
100
(左右連結)
ボルト用孔
1000
1
500 30
530
(左右連結)
ボルト用孔
530
参考質量260kg
インサ-ト
M16
650 250
1000
0 30
0
500 30
530
530
650 250
1000
1000
1
1000
1000
900
50
530
30
250
1000
30
559
530
1000 (斜長)
530
530
650
(左右連結)
ボルト用孔 (上下連結)
650
側面図
http://www.yamau.co.jp
0
500
559
(斜長) 530
1000
530
559
1000
(斜長)
30
100
2000
石肌模様
900
50
(左右連結)
ボルト用孔 1000
(左右連結)
ボルト用孔
30
0
(左右連結)
ボルト用孔
250
1000
900
100
650
1000250
1000
530
MIYAZAKI
100
530
530
500
100
30
(左右連結)
ボルト用孔
(左右連結)
ボルト用孔
530
530
250
1000
2000
196
189
50
50
500
その他
650
900
1000
背面図
500 30
0 530
石肌模様
50
2000
650
(左右連結)
900
ボルト用孔
石肌模様
(上下連結)
900
50インサ-ト
50
M161000
50
500
1900
2000
正面図
100
(上下連結)
インサ-ト
M16
1900
30
機能性
コンクリート
1000
559
(斜長)
平面図
900
1000
(上下連結)
インサ-ト
M16
1000
559
貯留浸透類
50
L=1000
501900
100
2000
1000
(斜長)
559
(斜長)
1000
防災・減災類
石肌模様
1900
(左右連結)
ボルト用孔
2000
(上下連結)
インサ-ト
M16
9
10
30
(左右連結)
ボルト用孔
ボルト用孔
(上下連結)
インサ-ト
M16
900
50
1000石肌模様
50
50
側面図
(左右連結)
530
1900
2000
530
水
河川
・路
港類
湾類
50
1900
1
530
50
石肌模様
5050
1000
559
1000
河川水
・路
港類
湾類
1900
2000
石肌模様
正面図
1900
石肌模様
50
1900
50
(上下連結)
インサ-ト1900
2000
M16
900
1000
参考質量480kg
(上下連結)
インサ-ト
M16
背面図
石肌模様
(上下連結)
インサ-ト
M16
石肌模様
50
530
M16
559
1900
(斜長)
平面図
50 1900
2000
559
1900 50
2000
50
500
道路類
L=2000
○
1900
(上下連結)
インサ-ト50
石肌模様
石肌模様
○
(斜長)
景 観 へ の 配 慮
○
559
1000
1000
水生生物の生息空間
(斜長)
水 際 の 植 生
・河川におけるカゴマットの代わり ・水質浄化機能の補助
・水衝部における環境保全型ブロック
0
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
(上下連結)
(上下連結)
環境に対する特性
インサ-ト
インサ-ト
・植生ブロック ・魚巣ブロック ・ため池護岸・排水性擁壁 M16 法 面 の 植 生 M16 ○
用途
側溝類
かご桝
管渠・暗渠類
●標準施工断面図
1000
カルバート類
中詰め材
1:0
.5
中詰め材
(砕石)
擁壁類
@500
(土砂又は土嚢)
上下連結プレート位置図(1:0.5)
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
100
530
250
100
100
650
100
道路類
基礎コンクリート
上下連結プレ-ト
t=4.5㎜
基礎材
残存型枠類
吸出し防止材
850
河川水
・路
港類
湾類
●数量表
吸出し防止材(m2/m2)
背 面 部
中詰め部
0.54
1.12
1.55
底 部
基礎コンクリート
(m3/m)
同 型 枠
(m2/m)
基 礎 材
(m2/m)
1.30
0.085
0.200
0.850
河川
水
・路
港類
湾類
中 詰 め 量
(m3/m2)
※中詰め材が砕石と土砂で変化する段には底面に吸出し防止材を敷設してください。
※吸出し防止材は 1:0.5 の場合です。
●参考歩掛表
(10m2当り)
世話役
(人)
ブロック工
(人)
普通作業員
(人)
ホイールクレーン
15∼16t(日)
吸出し防止材
(m2)
5.04
0.14
0.28
0.56
0.28
11.20
防災・減災類
中 詰 め 材
(m3)
※吸出し防止材を、背面部のみに使用した場合。(5分勾配 )
貯留浸透類
機能性
コンクリート
その他
かご桝
http://www.yamau.co.jp
MI YAZAK I
197
190
側溝類
道路
道路
のぼるくん
階段ブロック
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
管渠・暗渠類
特 長
1. 従来型の階段を構築するためのコンクリートブロックです。
2. 蹴上げ高さ、
踏みしろとも十分に吟味していますので階段として非常に使いやすい製品です。
カルバート類
擁壁類
平面図
側面図
40
L
a
c
40
a
h
130 70
0
0
10
10
道路類
h
130 70
L
b
a
a
c
b
0
10
0
10
d
(単位:㎜)
河川・港湾類
呼び名
a
b
c
d
h
階段ブロック
1 : 1.5
340
361
300
83
200
階段ブロック
1 : 2.0
440
447
400
89
200
階段ブロック
1 : 2.5
540
539
500
93
200
L
10m2当り
使用個数
(個)
2
参考質量(㎏) 1個当り(m )
500
1000
2000
500
1000
2000
1000
2000
70
145
290
90
185
370
230
465
0.181
0.361
0.722
0.224
0.447
0.894
0.539
1.078
55.4
27.7
13.9
44.7
22.4
11.2
18.6
9.3
防災・減災類
※上記以外のサイズについては、ご相談ください。
●参考歩掛表
(10m2当り)
世話役
(人)
ブロック工
(人)
特殊作業員
(人)
普通作業員
(人)
ホイールクレーン25t
(日)
0.10
0.20
0.10
0.20
0.10
貯留浸透類
●標準施工断面図
標準施工断面図
300 c1
300 c1
:N
配1
機能性
コンクリート
N
勾
1:
階段 勾配
階段
裏込め材
裏込め材
その他
基礎材
基礎材
肩止めコンクリート
2
肩止めコンクリート
階段ブロック σck=18N/mm 2
σck=18N/mm
階段ブロック
敷モルタル
敷モルタル
裏込めコンクリート
2
裏込めコンクリート
σck=18N/mm
σck=18N/mm 2
100
100
ブロック
勾 配
(㎜)
(㎜)
(㎜)
1 : 1.5
1 : 2.0
1 : 2.5
500
500
500
300
320
330
200
180
170
H
h1
h2
基礎コンクリート
2
基礎コンクリート
σck=18N/mm
σck=18N/mm 2
h2 h2 h1 h1
水路類
●寸法表
200200 H H
シートライニング
残存型枠
適応勾配/ 1.5型=1:1.5
2.0型=1:2.0
2.5型=1:2.5
・河川堤防、
道路方面、公園等の階段
d
のぼるくん
適用条件
用途
A
A
基礎材
基礎材
100
100
(10m当り)
(㎜)
c1
(㎜)
コンクリート
(m3)
型 枠
(m2)
基礎材
(m2)
500
460
430
200
160
130
2.20
2.04
1.94
10.50
10.30
10.20
7.00
6.60
6.30
A
※基礎、裏込め等は現場状況により仕様が異なります。
198
208
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
道路
そうげん
ブロック
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
側溝類
法面保護
管渠・暗渠類
法面のメンテナンスフリーボード自然景観にマッチしたコンクリートボードです。
特 長
1. メンテナンスフリー:歩・車道法面の除草作業の必要がなく経費削減
ができます。
カルバート類
2. 防災性:法尻(袖)の洗堀や崩壊防止をはじめ、タバコの投げ捨てなど
による法面の火災を防止します。
3. 安全性:見通しがよく、運転者の視線誘導となり又、歩行者が歩道幅
全体を利用できます。
4. 景観性:自然石を表現したデザインでまわりの景観にもマッチします。
擁壁類
5. 施工性:1個1m2の大型ブロック版のフック筋を、連結環で連結する
シンプルな構造なので、
施工が早く工期短縮や省力化ができます。
6. 勾配の範囲:法面勾配の範囲は、
1:1.0以上を標準とします。
シートライニング
18
998
連結環
A
A
18
20
連結環
連結環
A
A
A
A-A 断面図
水抜き穴
水抜き穴
t 10
t 10
水抜き穴
水抜き穴
連結環
連結環
L×1000
L×1000
そうげん
機能性
コンクリート
充填モルタル
充填モルタル
フック筋
フック筋
貯留浸透類
156
156
防災・減災類
フック筋
フック筋
連結環
連結環
[email protected]=2000
[email protected]=2000
A
●環境保全型植生ボードとして対応する「そうげん ポーラス」もご用意しています。
連結環
15
15 6
6
連結部詳細図
L×1000
18
河川・港湾類
998
水抜き穴
水抜き穴
t 10
20
水路類
フック筋
156
充填モルタル
T 30
998
正面図
連結環
[email protected]=2000
20
15
6
展開図
道路類
フック筋
フック筋
残存型枠
平面図
●寸法表
呼び名
90 型
100 型
110 型
120 型
130 型
140 型
150 型
160 型
170 型
180 型
190 型
200 型
厚さT(㎜)
参考質量(㎏)
90
214
100
235
110
256
120
277
130
298
140
318
150
339
160
360
170
381
180
402
190
423
200
444
※質量は、普通コンクリートの場合のものです。
●参考歩掛表
(10m2 当り)
ブロック工
(人)
特殊作業員
(人)
普通作業員
(人)
0.1
0.2
0.1
0.2
ラフテレーンクレーン 吸出し防止材
(m2)
1 ヶ所 /2 m2
2.5t(日)
0.1
0.45
充填モルタル(m3)
90 型 t=80
100 型 t=90
0.020
0.022
その他
世話役
(人)
環境保全型植生ボードとして使用する場合、吸出し防止材・充填コンクリートは必要ありません。
http://www.yamau.co.jp
MI YAZAK I
199
207
張りブロック
道路
道路
ポラボックス
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
即脱
法面
防災
QS-090032-A
管渠・暗渠類
特 長
1. ボックス(桝)型のブロックで、その内部には豊富な土
量を確保できるため、植物を生育させるための十分な
基盤となります。
カルバート類
2. 豊富な土量は、そこに生息する昆虫などの小動物に
とって大切な生育空間となります。
3. 製品はポーラスコンクリート製のため、内部に水がた
まってしまうことが原因の根腐れ等はありません。
さらに地盤からの水や栄養の供給も期待できます。
擁壁類
4. 水中や水際では中詰材として石を使用します。そう
することで石と石に隙間ができ、生物にとって必要な
生息空間を創ります。
5. 製品同士は金具で連結するタイプで、
不陸などにも追随する構造です。
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
環境に対する特性
用途
・河川、
ダム、
遊水
・調整池等の護岸工およ
びその他の法面保護工
0
適用条件
1
2
限界流速
(m/s) 2割勾配、水深6mの場合
3
4
5
6
7
8
9
10
法 面 の 植 生
○
水 際 の 植 生
○
水生生物の生息空間
適応勾配/1:1.5∼
○
※1:1.5より急な場合はご相談ください。
景 観 へ の 配 慮
○
※限界流速は約4.0m/s以下(P300型)
ですが、型式、水深及び勾配によって変
わりますので、
その都度ご相談ください。
道路類
標準ブロック
標準ブロック
998
758
平面図
120
120
名称
120
120
786
名称
758
758
998
998
106
106
106
P300
S300
P350
S350
498
498
258 120 (118)
(262)
(118)
258 120
80 (88)
(262) 80 (88)
350
350
(300)
(300)
100 250
(200)
350
(300)
防災・減災類
120 (118)
80 (88)
758
(762)
106
(118) 120
(118)
(88) 120
80
(88) 80
286
286
106
106
製品寸法
(㎜)
998×998×300
998×998×350
製品寸法
(㎜)
998×498×300
998×498×350
貯留浸透類
機能性
コンクリート
1:N
肩止コンクリート
ポラボックス
その他
●参考歩掛表
基礎材
MIYAZAKI
(10m2当り)
世話役
(人)
ブロック工
(人)
特殊作業員
(人)
普通作業員
(人)
クレーン
25t(日)
0.10
0.20
0.10
0.20
0.10
http://www.yamau.co.jp
参考質量
(㎏)
188
222
207
245
平面図及び正面図は「S」タイプの図です。
( )内はP300及びS300のサイズです。
吸出し防止材
基礎
コンクリート
324
384
351
416
中詰材
(m3)
0.121
0.155
中詰材
(m3)
0.043
0.056
※名称の「P」はポーラスコンクリート、
「S」は普通コンクリー
トです。
●標準施工断面図
中詰材
参考質量
(㎏)
●1/2ブロック寸法表
120120
120
水
河川
・路
港類
湾類
正面図
998
(118) 120
(88) 80
P300
S300
P350
S350
120120
120
120
120
●標準ブロック寸法表
498
258
498
258
758
998
河川水
・路
港類
湾類
平面図
1/2 ブロック
正面図
200
205
河川
100100250
250
(200)
(200)
側溝類
環境保全
ポラボックス
道路
テトラック PG
護岸ブロック
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
宮崎県新技術
活用促進システム
農政
階段
法面
防災
側溝類
河川緑化
水理特性値
護性証第0096号 SK-980031-V
管渠・暗渠類
特 長
1. 透水・通気性向上、根の成長、微生物の育成を目的としてポーラスコンク
リートとしています。
2. 適応勾配は、
1:1.5以上です。それより急な場合はご相談ください。
カルバート類
3. 植栽により根茎が容易に背面内地山まで伸長し、その地域に合った自然
を創出します。
4. 植栽面積は、ブロック1個
(1m2)
当り0.5m2です。
環境に対する特性
用途
・河川護岸工 ・道路法面工
○
水 際 の 植 生
○
水生生物の生息空間
△
景 観 へ の 配 慮
○
施工直後
擁壁類
適用条件
法 面 の 植 生
限界流速
(m/s)
2
3
4
5
6
7
8
9
10
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
1
Ⅱ型
Ⅱ型九州型
Ⅲ型160タイプ
適応勾配/1:1.5∼
A
A
Ⅱ型・Ⅱ型九州型
平面図
平面図
A
40
998
40
A-A 断面図
350
25
998
948
50
50
948
40
50
948
40
40
A-A 断面図
40
998
河川
水
・路
港類
湾類
A-A 断面図
998
998
25
A
A
80
998
140
50
220(230)
41
41
998
998
A
河川水
・路
港類
湾類
50
350
Ⅲ型
80 80
A
998
平面図
A
160
QⅠ型
道路類
施工1年後
※1:1.5より急な場合はご相談ください。
( )内はⅡ型九州型のサイズです
●標準施工断面図
防災・減災類
天端コンクリート
(σck=18N/mm2)
Jソイル充墳
水 面
1:
1.0
残存型枠類
0
QⅠ型
~3
計画河床高
貯留浸透類
.0
客 土
基礎コンクリート
(σck=18N/mm2)
調整砂:t=30
コンクリートブロック
基礎材
裏込材:t=150
規 格
Ⅱ型
QⅠ型
Ⅱ型九州型
Ⅲ型
●参考歩掛表(10m2当り)
テトラックPG(個)
10
世話役(人)
0.10
ブロック工(人)
0.20
特殊作業員(人)
0.10
普通作業員(人)
0.20
ホイールクレーン25t(日) 0.10
その他
外 形 寸 法(㎜)
998×998×350 998×998×220 998×998×230 998×998×160
厚
さ(㎜)
350
220
230
160
ブロック体積(m3)
0.196
0.186
0.196
0.127
連 続 空 隙 率(%)
18以上
18以上
18以上
18以上
参 考 質 量(㎏)
362
344
362
235
設計基準強度(N/㎜2)
18以上
18以上
18以上
18以上
0.064
0.032
0.032
0.032
客
土(m3)
機能性
コンクリート
●数量表
Ⅲ型には、控 120㎜タイプもあります。
http://www.yamau.co.jp
MI YAZAK I
201
206
側溝類
連結ヒンジ型
河川護岸用
張りブロック
道路
道路
きずな
cv 絆
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
CG-110014-A
管渠・暗渠類
特 長
1. 強固でかつ柔軟なかみ合わせ構造
❶ 製品どうしのかみ合わせによる連結構造です。
❷ 連結金具を使わないため、
耐久性・施工性に優れています。
カルバート類
❸ ヒンジ部は半円柱形状のため、不陸に対する追随性が良好です。
❹ ヒンジ部はカーブ施工にも柔軟に対応できる形状です。
❺ カーブ施工の最小半径は法長の約7倍以上となります。
2. 従来の張りブロックより工費縮減が可能
❶ 法肩から施工する場合は、
基礎を作る必要がありません。
擁壁類
❷ 従来通り、基礎を作り下から施工することも可能です。
❸ 重ねて置くだけの施工なので水中施工にも対応できます。
このため、仮設費の大幅な削減が可能となり、全体工費を縮減することができます。
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
3. 周辺環境に調和した構造
❶ Aブロックをメインに使用することで、 約50%の植比率を確保し環境保全型護岸を構築します。空隙部に現地発
生土を中詰めすることにより、施工前と変わらぬ生態環境を創ることが可能です。水中部分では、空隙部分が魚類
などの隠れ場所にもなり魚巣としての機能も十分です。
(植比率:植物が生育することが可能な表面積の割合)
❷ Bブロックをメインに使用することで、ブロックの表面意匠による護岸を創出します。この場合、雑草が生えにくく
維持管理が容易な護岸を構築します。
※適応勾配は1:1.5以上ですが、
それより急な場合はご相談ください。
道路類
■施工写真
A ブロック
河川水
・路
港類
湾類
T
L
B
水
河川
・路
港類
湾類
B ブロック
T
防災・減災類
L
B
C ブロック
貯留浸透類
T
L
B
機能性
コンクリート
●端部用1/2ブロックもご用意しています。
●寸法及び数量表
呼び名
350T
その他
250T
種別
Aブロック
Bブロック
Cブロック
Aブロック
Bブロック
Cブロック
寸法(㎜)
L
B
T
参考質量
(㎏)
中詰量※1
(m3/個)
1200
1200
1200
1200
1200
1200
1000
1000
600
1000
1000
600
350
350
350
250
250
250
317
416
328
235
313
256
0.116
0.071
0.012
0.084
0.048
0.006
※1:中詰量は、製品天端面の1段下がったところまで投入した場合。 202
197
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
m2当りの数量
使用数(個)
1.14
1.14
中詰量※1(m3)
0.132
0.081
0.014
0.096
0.055
0.007
きずな
側溝類
cv 絆
A ブロック配列
管渠・暗渠類
■ 施 工 方 法:上段から施工の場合(下段から施工することも可 能 )
B ブロック配列
基面整正
カルバート類
最上段 Cブロックの設置
杭による固定
擁壁類
A又はBブロックの設置
最下段 Bブロックの設置
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
■ 曲 線 施 工について
設置段数
設置段数
●参考断面図
3.4
6.9
10.4
13.9
17.4
20.9
3.4
6.9
10.4
13.9
17.4
20.9
内R最小施工半径
内R最小施工半径
(m)
(m)
R20 R20
R45 R45
R70 R70
R90 R90
R115 R115
R140 R140
外R最小施工半径
外R最小施工半径
(m)
(m)
R15 R15
R40 R40
R65 R65
R85 R85
R110 R110
R135 R135
河川水
・路
港類
湾類
5段 5段
10段
10段
15段
15段
20段
20段
25段
25段
30段
30段
法長方向製品距離
法長方向製品距離
(m)
(m)
道路類
曲線施工の場合、
製品同士に隙間をもたせて施工することで対応し
ます。
この時、
連結ヒンジ部の凹部と凸部の重なりは、100mm以上重な
るように施工してください。
内R、
外Rそれぞれの場合の最小施工半径は、右記表のとおりです。
残存型枠類
覆土
●参考展開図
中詰砕石
中詰砕石
Bブロック
垂式
(水中部施工・陸上部施工)
の場合
突込式
(陸上部施工)
の場合
BLブロック
貯留浸透類
800
止杭※
平水位以上
Y
(段数)
@700
吸出防止材
中詰土
CRブロック
平水位以下
T
Aブロック
Cブロック
中詰土
Aブロック
防災・減災類
.0
1:2
800
止杭※
700 700
0
0
@7
50 1200 50
500
600
CLブロック
500
Y
河川
水
・路
港類
湾類
X
(列数)
@
(1200+50)
Cブロック
(スタートブロック)
BRブロック
※止杭は、
施工条件により不要な場合があります。
陸上部の施工
水中部の施工
機能性
コンクリート
●参考歩掛表
(10m2当り)
世話役
(人)
ブロック工
(人)
特殊作業員
(人)
普通作業員
(人)
潜水士
(人)
潜水送気員
(人)
潜水連絡員
(人)
ラフテレーン
クレーン25t(日)
緒雑費率
(%)
0.1
0.23
0.2
ー
0.1
0.23
0.2
0.46
ー
0.23
ー
0.23
ー
0.23
0.1
0.23
ー
0.1
http://www.yamau.co.jp
その他
※H22年度版国土交通省土木工事精算基準 コンクリートブロック積(張)
工−平ブロック150kg/個以上参照
※ 諸雑費は、労務費の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上。
MI YAZAK I
203
198
側溝類
環境保全
覆土ブロック
道路
道路
ケスタⅠ型
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
水理特性値
護性証第0149号
QS-070009-V
管渠・暗渠類
高水護岸の
「多自然川づくり」に優れた自然環境を創出する覆土工法用ブロックです。
特 長
1. ブロックは1.24m2/個と大型のため、
機械施工により施工性の向上が図れます。
2. ブロック相互の連結はシャックル等により行なうことで、屈とう性に優れ多少の不陸地形にも対応できます。
カルバート類
3. ブロック表面には縦横のリブがあるので、
覆土後の土の流失を抑止する効果があります。
4. 施工後は全面緑化になるため、
自然河岸と同様な景観と動植物の生態系が成り立つ十分な環境を創出します。
5. 覆土上の植物が密生したあとは、
覆土の流失抑止効果がさらにあがります。
6. 設計適応勾配は1:1.5以上ですが、
それより急な場合はご相談ください。
擁壁類
環境に対する特性
用途
・河川、
ダム、
遊水
・調整池等の覆土護岸工
適用条件
0
1
2
限界流速
(m/s) 2割勾配、水深6mの場合
3
4
5
6
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
法 面 の 植 生
○
水 際 の 植 生
○
水生生物の生息空間
△
適応勾配/1:1.5∼
景 観 へ の 配 慮
○
※1:1.5より急な場合はご相談ください。
7
8
9
生態系にやさしい環境を創出
□施工後は全面緑化
道路類
河川水
・路
港類
湾類
施工中
水
河川
・路
港類
湾類
高水護岸の覆土工法を追求した製品構造
2
□ブロックは1.24m /個と大型化
□リブが土の流出を抑止
防災・減災類
標準ブロック
参考質量346㎏
995
側面図
995
平面図
貯留浸透類
機能性
コンクリート
1245
100
100
100
200
200
正面図
100
その他
204
199
覆土 1 年後
1245
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
10
側溝類
ケスタⅠ型
管渠・暗渠類
端部ブロック
参考質量163㎏
995
100
620
100
100
100
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
620
1245
基礎ブロック
300
200
150 200
連結用金具
P インサート M12
1800
995
100
995
100
河川水
・路
港類
湾類
350
100
150 200
2000
350
側面図
道路類
正面図
河川
水
・路
港類
湾類
●標準施工断面図
2.0
現場発生土
1:
現場発生土
1:
2.0
100
620
100
防災・減災類
200
100
遮水シートまたは吸出し防止材
遮水シートまたは吸出し防止材
100
200
残存型枠類
200
200
100
100
200
100
正面図
100
200
擁壁類
1245
カルバート類
995 995
側面図
995
平面図
(製品1個当り)
(10m2当り)
呼び名
製品寸法(㎜)
参考質量(㎏)
客土量(m3)
ケスタⅠ型
1245×995
346
0.700
2000
●参考歩掛表
ブロック工
(人)
特殊作業員
(人)
8.10
0.10
0.20
0.10
200
(10m 当り)
100
普通作業員 ホイールクレーン
(人)
25t(日)
0.20
0.10
150 200
100
連結用金具
P インサート M12
1800
http://www.yamau.co.jp
100
その他
350
世話役
(人)
300
2
150 200
ケスタⅠ型
(個)
機能性
コンクリート
※客土量は、製品天端までの体積です。
350
●数量表
貯留浸透類
620
ケスタ Ⅰ型 標準ブロック
MI YAZAK I
205
200
側溝類
環境保全
覆土ブロック
道路
道路
ケスタ Ⅱ型
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
QS-070009-V
管渠・暗渠類
自然環境を配慮した低水護岸の
「多自然川づくり」に最適の覆土工法用ブロックです。
特 長
1. 治水上の安全確保と同時に優れた自然環境と景観を創出します。
2. 工法の簡略化を追求した構造設計により施工性にも優れた、
これまでにない新しい形式の覆土ブロックです。
4. ブロックにコンクリート投入開口を設けることにより、
(ア)胴込コンクリートを前面開口部から投入することができ、
施工性が良くなりました。
(イ)
開口から、胴込コンクリートがきちんと充填されているかどうか目視で確認でき、またバイブレーターの挿
入も簡単です。さらに空気溜まりもできないため、現場打ちコンクリートの品質確保が図れます。
擁壁類
(ウ)胴込コンクリートにより上下左右が一体化するため、
面倒な連結作業が不要となりました。
5. 胴込コンクリートの表面が粗になるので、
土も滑落しにくくなります。
環境に対する特性
用途
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
・覆土護岸
適用条件
0
1
限界流速
(m/s) 2割勾配、水深6mの場合
2
3
4
5
法 面 の 植 生
○
水 際 の 植 生
○
水生生物の生息空間
△
適応勾配/1:1.5∼
景 観 へ の 配 慮
○
※1:1.5より急な場合はご相談ください。
6
8
9
道路類
□胴込めコンクリートにより
ブロックの一体化
□連結作業も不要
□施工後は全面緑化
河川水
・路
港類
湾類
覆土状況
水
河川
・路
港類
湾類
優れた施工性
□胴込めコンクリートは前面から
投入
□ブロックは1.24m2/個と大型化
覆土5ヶ月後
防災・減災類
標準ブロック
150
1245
A
平面図
貯留浸透類
695
995
側面図
機能性
コンクリート
180
150
160
150
350
530
A-A 断面図
530
995
正面図
その他
100
100
100
1245
MIYAZAKI
150
A
206
201
7
優れた一体性
生態系にやさしい環境を創出
http://www.yamau.co.jp
530
参考質量575kg
995
カルバート類
3. ブロック表面を縦横のリブ構造とすることにより、
覆土後の土の流失を抑止するようにしました。
10
側溝類
ケスタ Ⅱ型
150
A
参考質量260kg
995
カルバート類
995
側面図
695
平面図
管渠・暗渠類
端部ブロック
A
320
620
180
150
350
150
150
530
620
150
擁壁類
A-A 断面図
995
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
100
180
350
530
150
100
道路類
●標準施工断面図
残存型枠類
695
530
正面図
肩止コンクリート
(σck=18N/mm2)
河川水
・路
港類
湾類
現場発生土
n
1:
胴込コンクリート
2
(σck=18N/mm )
河川
水
・路
港類
湾類
裏込材
胴込コンクリート
(σck=18N/mm2)
基礎コンクリート
●数量表
*n=1.5以上
(製品1個当り)
呼び名
製品寸法(㎜)
参考質量
(㎏)
ケスタⅡ型
1245×995
575
防災・減災類
(σck=18N/mm2)
(10m2当り)
客土量(m3)
胴込コンクリート(m3) t=350
1:1.5
1:2.0
1:3.0
1:1.5
1:2.0
1:3.0
0.840
0.890
0.940
2.470
2.420
2.390
貯留浸透類
※客土量は、製品内のみの体積です。
●参考歩掛表
(10m 当り)
2
ケスタⅡ型
(個)
世話役
(人)
ブロック工
(人)
特殊作業員
(人)
普通作業員
(人)
ホイールクレーン
25t(日)
8.10
0.10
0.20
0.10
0.20
0.10
機能性
コンクリート
その他
ケスタⅡ型 標準ブロック
http://www.yamau.co.jp
MI YAZAK I
207
202
側溝類
環境保全
連結ブロック
グリーンロック
道路
道路
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
宮 崎 県 新 技 術 水理特性値
活用促進システム 護性証第0152号
管渠・暗渠類
特 長
1. 大小5∼6個の自然石風擬石で1.0m2/個を構成する大型ブロックです。
2. ブロック面に十分な空間があり、客土と在来地盤との密着性が計れることにより、草木・水草が繁茂し昆虫、魚類
の棲息場所となります。
カルバート類
3. ブロック相互の連結は、シャックル等により行なうことで、屈とう性に優れ、多少の不陸地形にも対応でき、自然石
風な仕上がりができます。
4. Ⅰ型は同型同寸法の2つのタイプを用い、
多面的に組み合わせる事により変化のある表面模様を作りだします。
5. ポーラスコンクリート製は、
コンクリート表面の間隙には微細な生物の生息や、
植物の根毛の進入が可能です。
6. 普通コンクリートとポーラスコンクリートの2種類のタイプがあります。現場の状況によりⅠ型∼Ⅳ型を使い分け
て使用できます。
擁壁類
7. 適応勾配は1:1.5以上ですが、
それより急な場合はご相談ください。
用途
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
・河川、
ダム、遊水・調整池等の護岸工 ・その他道路の法面保護工
環境に対する特性
法 面 の 植 生
適用条件
0
○
道路類
水 際 の 植 生
○
水生生物の生息空間
△
景 観 へ の 配 慮
○
限界流速
(m/s) 2割勾配、水深6mの場合
1
2
3
4
5
6
7
Ⅰ型-210
Ⅰ型-240
Ⅱ型-320
Ⅱ型-350
河川水
・路
港類
湾類
Ⅲ型-185
Ⅳ型-240
ポーラスⅠ型-210
ポーラスⅠ型-240
水
河川
・路
港類
湾類
ポーラスⅡ型-320
ポーラスⅡ型-350
ポーラスⅢ型-185
防災・減災類
ポーラスⅣ型-240
適応勾配/1:1.5∼
※1:1.5より急な場合はご相談ください。
※Ⅲ型-185は適用控厚が無いため環境Ⅱ型150・170に準拠
貯留浸透類
機能性
コンクリート
その他
208
203
施工直後
MIYAZAKI
3ヶ月後
http://www.yamau.co.jp
6ヶ月後
8
9
10
998
998
連結線
185
185
185
連結線
320(350)
320(350)
998
998
998
998
1000
320(350)
連結線
998
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
240(210)
連結線
998
Ⅳ型
998
残存型枠類
240(210)
連結線
240(210)
連結線
連結線
998
998
擁壁類
連結線
998
Ⅲ型
カルバート類
連結線
998
1000
1000
1000
1000
1000
Ⅱ型
管渠・暗渠類
Ⅰ型
側溝類
グリーンロック
998
道路類
河川水
・路
港類
湾類
連結線
240
グリーンロック
河川
水
・路
港類
湾類
●標準施工断面図
客 土
00
10
防災・減災類
吸出し防止材
貯留浸透類
●数量表
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
1000
1000
0998
0998
0998
0998
1000
1000
0998
0998
0998
0998
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
210
240
320
350
185
240
210
240
320
350
185
240
260
310
370
400
110
135
170
200
263
318
230
294
340
373
232
288
客土量
(m2)
0.085
0.086
0.147
0.149
0.064
0.087
0.085
0.086
0.147
0.149
0.064
0.087
http://www.yamau.co.jp
●参考歩掛表
(10m2当り)
世話役
(人)
ブロック工
(人)
特殊作業員
(人)
普通作業員
(人)
ホイールクレーン
25t(日)
0.10
0.20
0.10
0.20
0.10
MI YAZAK I
その他
ポーラス
ポーラス
ポーラス
ポーラス
ポーラス
ポーラス
1000
1000
998
998
998
998
1000
1000
998
998
998
998
ハーフタイプ
機能性
コンクリート
Ⅰ 型 -210
Ⅰ 型 -240
Ⅱ 型 -320
Ⅱ 型 -350
Ⅲ 型 -185
Ⅳ 型 -240
Ⅰ 型 -210
Ⅰ 型 -240
Ⅱ 型 -320
Ⅱ 型 -350
Ⅲ 型 -185
Ⅳ 型 -240
参考質量(㎏)
製品寸法
(㎜)
呼び名
209
204
連結ブロック
道路
河川
砂防 下水道 公園
大型ブロックマット
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
水理特性値 水理特性値
護性証第0162号 護性証第0074号
CB-110042-A CB-990040-V
管渠・暗渠類
特 長
カルバート類
1. ワイヤーによりブロックを連結する大型ブロック
マットでクレーン施工により従来の工法に比べ作業
が合理化でき工期の短縮・工事費の低減が可能で
す。
2. 開口部に客土を施すことにより、法面の緑化が可能
です。
3. 通水性に優れているので、雨水などの地下水への還
元が容易で、自然に植物が再生でき、周辺環境の保
全を図ります。
擁壁類
用途
4. 他現場への転用(現場状況により異なります)が可
能で、コスト低減・省資源に役立ちます。
・河川、ダム、調整池等の護岸工
・その他道路の法面保護工
5. 即脱コンクリートブロックであるため、明度が低く
自然環境になじみます。
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
環境に対する特性
法 面 の 植 生
○
水 際 の 植 生
○
水生生物の生息空間
○
景 観 へ の 配 慮
○
適用条件
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
適応勾配/1:1.5以上の緩勾配
道路類
※1:1.5より急な場合はご相談ください。
水理特性値 護性証第0162号
CB-110042-A
500
500
河川
川
水
・路
港類
湾類
類
河
・
港
湾
15
ミドル・ブロック・マット
200
側溝類
環境保全
1000
水
河川
・路
港類
湾類
参考質量 125kg/個
1000
ジャンボ・ブロック・マット
水理特性値 護性証第0074号
CB-990040-V
596
防災・減災類
ジョイント用ブロック本体
570
参考質量 39.0kg/ 個
150
150
70 160 70
ジョイント用ブロック蓋
参考質量 67kg/個
20
20
参考質量 20.7kg/枚
50
20
290
300
機能性
コンクリート
200
570
※擬石の表面模様は標準とポーラスのどちらにも対応可能です。
50
貯留浸透類
300
300
85 100 200 100 85
●数量表
その他
210
209
呼び名
規格寸法W×L×H
(mm)
質量
(kg/㎡)
中詰土量
(㎥/㎡)
表面形状
分類
ミドルブロックマット
1000×1000∼8000×215
250以上
0.099
ポーラス
連節・張工
ジャンボブロックマット
600×1800∼12000×220
350以上
0.043
標準・ポーラス
連節・張工
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
側溝類
大型ブロックマット
管渠・暗渠類
■連結
ミドル・ブロック・マット
カルバート類
ワイヤークリップ
擁壁類
(A) マット端のワイヤー余端部を左右のブロック
端ワイヤーとクリップにて連結。
客土
(B) 横連結用ワイヤーとマット連結用ワイヤーを
通してクリップにて連結。
(C) ブロック再度の連結孔に専用金具を挿し込
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
長大法面での一体性を確保できます。
ジャンボ・ブロック・マット
道路類
(A)マット端のワイヤー余端部を
左右のブロック端ワイヤーと
クリップにて連結。
ワイヤークリップ
残存型枠類
みボルトで固定。(1 ㎡に 1 ヶ所)
上下の M・B・M ワイヤー余端部をクリップで連結する事により、
充填コンクリート
河川
川
水
・路
港類
湾類
類
河
・
港
湾
ジョイント用ブロック蓋
ジョイント用ブロック
河川
水
・路
港類
湾類
※ジョイント用ブロックにはワイヤー連結後、充填コンクリートを打設し製品同意匠の蓋をボルトにて設置します。
(B)連結用ワイヤーとマット連結用ワイヤーを
通してクリップにて連結。
ジョイント用ブロックを使用し、J・B・M ワイヤー余端部をはめ込み、
クリップで連結。必要に応じて生コンを打設することで、法長 12m
横連結チェーン
防災・減災類
以上長大法面での一体性を確保できます。
ブロック開口部のワイヤーを
連結チェーンにより連結します。
名称
貯留浸透類
●参考歩掛表
(100㎡当り)
製品
ラフテレーン
特殊
普通
諸雑
吸出防止材
世話役
数量 または遮水シート クレーン
作業員 作業員
費
(人)
(㎡)
25t
(日)
(㎡)
(人) (人) (式)
100
100
0.4
0.4
0.4
1.6
1
ジャンボブロックマット
100
100
0.45
0.5
0.5
1.9
1
機能性
コンクリート
ミドルブロックマット
http://www.yamau.co.jp
その他
※施工量や現場状況等により上記と異なる場合があります。
※吸出防止材はマット接着も可能です。
※ミドルブロックマットは縦・横方向の連結(ワイヤー連結・横連結金具)は必要に応じて
別途計上となります。
※ジャンボブロックマットは縦・横方向の連結(ジョイント用ブロック・連結チェーン)は
必要に応じて別途計上となります。
※クレーンは 25t以上を標準としていますが、マットの長さ・重量、現場の状況に応じて
機種を選定してください。
※マットのずれ防止の安定工法が必要な場合は別途計上してください。
※水中施工は別途見積もりとなります。
MI YAZAK I
211
210
側溝類
河川用根入れ
ブロック兼用
基礎ブロック
道路
道路
e ベース
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
宮崎県新技術
活用促進システム
階段
法面
防災
設計比較
SK-060001-V 対 象 技 術
管渠・暗渠類
特 長
1. 根入れブロックを兼用した基礎ブロックであるた
め施工期間が大幅に短縮でき、経済的です。
カルバート類
2. 水替工が削減でき、完全なドライ施工でなくて
も据付できます。
3. 仮締め切り期間が短く濁水の処理問題を回避し、
河川の生態環境へのダメージが少なくなります。
4. 従来工法に比べて、地盤支持力の大幅な低減
が可能です。
擁壁類
5. 根入れ深さに応じてH1000、H700、H500の3
タイプを揃えています。
●背面
eベース 350型
350 型/ 500 型/ 2 割型
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
350 型
断面図
●前面
500 型
2 割型
断面図
35
0
断面図
50
0
35
0 15
0
157
224
100
100
道路類
100
300
300
100
100
300
河川水
・路
港類
湾類
構造図
構造図
2000
構造図
2000
2000
水
河川
・路
港類
湾類
●数量表
防災・減災類
H
●数量表
L
a
(mm)
(mm)
(mm)
1000
700
500
750
600
600
817
517
517
胴込砕石量 ブロック質量
(m3/個)
(kg)
0.490
0.233
0.233
1828
1434
1083
H
●数量表
L
a
(mm)
(mm)
(mm)
1000
700
500
750
740
740
817
517
517
■ 河 床 洗 掘を想 定する場 合
胴込砕石量 ブロック質量
(m3/個)
(kg)
0.490
0.385
0.249
L
a
b 胴込砕石量 ブロック質量
(mm) (mm) (mm) (m3/個) (kg)
1000 750 817 353 0.490
700 600 517 382 0.233
1767
1358
■参考歩掛表
貯留浸透類
●H=500、H=700タイプの施工例
根入れ1mの場合、H=500、H=700タイプを使用すると、eベースの上に
環境保全型ブロックを施工することで、河床が洗掘されても深さ500mm
又は300mmの範囲内であれば、eベースは表面に出てきません。
機能性
コンクリート
300
(500)
環境保全ブロック
700
(500)
その他
212
1875
1542
1434
H
(mm)
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
(100m当り)
名称
規格
単位
数量
eベース
L=2000
個
50.00
世話役
ー
人
1.67
特殊作業員
ー
人
1.67
普通作業員
ー
人
1.67
ラフテレーンクレーン運転
油圧伸縮ジブ型25t吊
日
1.67
諸雑費
ー
%
2.00
従来断面
● 河川 5 分勾配 500 型基礎ブロック
基礎ブロック断面
従来断面
管渠・暗渠類
● 河川 5 分勾配 350 型基礎ブロック
側溝類
e ベース
基礎ブロック断面
カルバート類
擁壁類
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
従来断面
基礎ブロック断面
残存型枠類
● 河川 2 割勾配型基礎ブロック
道路類
河川水
・路
港類
湾類
河川
水
・路
港類
湾類
eベース連結方法
継手金具詳細図
防災・減災類
連結は、金具による連結と基礎ブ
ロック天端の胴込コンクリートに
より連結します。
貯留浸透類
R=30m 設置図
拡大図
機能性
コンクリート
曲線対処方法
対応曲線はR=30mとし、曲線
部は目地材により砕石の吸出し
を防止します。
http://www.yamau.co.jp
その他
eベース
目地材
(t=10mm)
MI YAZAK I
213
側溝類
道路
護床・根固め
河川
砂防 下水道 公園
宅地
cv 護 護床・根固めブロック ハーフプレキャストコンクリート
ブロック
擁壁
農政
階段
法面
防災
管渠・暗渠類
cv護はプレキャストコンクリート製品を残存型枠として現地に設置し、中詰めコンクリートを打設することに
より護床・根固めブロックを形作るハーフプレキャスト工法の製品です。
特 長
カルバート類
1.従 来の現 場 打ち根 固めブロックと比 較して、プレキャ
ストコン クリート 製 品 を 残 存 型 枠 として 現 地 に 設 置
し、コンクリートを打 設 することで施 工 期 間を大 幅に
短縮することができます。
2 .1t・2tの規格に対応した護 床・根固めブロックです。
3.ブロックの噛み合わせと、連 結によって、一 体 構造とな
り流 水に対し安定します。
擁壁類
4. 現 場にて、植 石を行えるので河川環 境に調 和すること
が 可能です。
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
5.河川内でコンクリート打 設 が 困 難な 場合、ヤードでの
ブロック製作が 可能です。
6.ブロック表面の突起により、流水エネルギーを減勢します。
適用条件
限界流速
(m/s)
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
Aブロック(1t用)
Bブロック(2t用)
道路類
100
100
河川水
河
・路
川
港類
類
湾類
500
B ブロック (2t 用 )
500
A ブロック (1t 用 )
10
0
10
0
水
河川
・路
港類
湾類
11
12
00
75
00
12
00
1
23
50
防災・減災類
貯留浸透類
75
0
10
00
12
※2個1組で使用する
●数量表
呼び名
規格
A ブロック
B ブロック
ブロック参考質量
中詰めコンクリート
体積
(m3/組) 参考質量
(t/組)
参考総質量
(t/組)
使用数
(組/m2)
(目地幅50mmの場合)
(t/個)
(t/組)
1t 用
0.585
0.585
0.181
0.416
1.00
0.756
2t 用
0.544
1.088
0.434
0.998
2.09
0.378
※ A ブロックに中詰めコンクリートの充填を行わず製品単体で使用すれば、0.5t用の小型根固めブロックとしての使用が可能です。
この場合、ブロックの噛み合わせ構造により、流水に対し抵抗します。
●参考断面図
機能性
コンクリート
その他
214
215
11
※1個1組で使用する
現況最深河床高
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
cv 護
側溝類
護床・根固めブロック ハーフプレキャストコンクリート
B ブロック (2t 用 )
1100
1100
50
50
50
1100
L(n個並び)=n×1100+(n-1)×50+100
100
1100
2250
50
50
50
2250
100
1100
L(n組並び)=n×2250+(n-1)×50+100
擁壁類
100
カルバート類
1100
1100
50
50
B(n組 並び)=n×1100+(n-1)×50+100
流水方向
D16
D16
※ブロック目地間隔は現場条件に応じて変更できます。
A ブロック (1t 用 )
管渠・暗渠類
●参考配列図
※ブロック目地間隔は現場条件に応じて変更できます。
※ブロック目地間隔は現場条件に応じて変更できます。
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
A ブロック (1t 用 )
A ブロック据付
中詰めコンクリート打設
連結鉄筋設置
完成
残存型枠類
■施工手順
連結鉄筋
(D16)
道路類
河川水
・路
港類
湾類
河
川
B ブロック (2t 用 )
連結鉄筋設置
B ブロック据付・結合
連結鉄筋
(D16)
結合金具
河川
水
・路
港類
湾類
※Bブロック2個1組で使用する
完成
中詰めコンクリート打設
防災・減災類
●ブロック据付参考歩掛表※1
貯留浸透類
■参考歩掛表
(10 組当り)
cv護
(個)
世話人
(人)
特殊作業員
(人)
普通作業員
(人)
1t 用
10
0.20
0.20
0.40
0.20
2t 用
20
0.40
0.40
0.80
0.40
●中詰コンクリート投入打設・養生工参考歩掛表※1
諸雑費※2
機能性
コンクリート
規格
ラフテレーン
クレーン25t
(日)
労務費× 0.1%
(100m3 当り)
世話人
(人)
特殊作業員
(人)
普通作業員
(人)
ラフテレーン
クレーン25t
(日)
諸雑費※3
101
1.60
2.90
4.80
2.30
労務費× 3%
その他
生コンクリート
(m3)
※ 1 歩掛は平成 25 年度版国土交通省土木工事積算基準「消波根固めブロック工」によるブロック実質量 2.5t 以下 / 個に準拠します。
※ 2 諸雑費は、ブロックの荷卸、据付の作業で必要なワイヤーロープなどの費用です。
※ 3 諸雑費は、コンクリート投入打設に必要な小器材、養生シート及び電力に関する経費などの費用です。
http://www.yamau.co.jp
MI YAZAK I
215
216
側溝類
護床・根固め
道路
道路
CC ブロック
ブロック
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
宮崎県新技術
活用促進システム
管渠・暗渠類
特 長
カルバート類
1. 解体コンクリート塊の再利用を目的とした構造:再生資源の
利用促進に関する法律(リサイクル法)では、建設業について
「土砂、コンクリート塊、アスファルト・コンクリート塊及び木
屑」が指定副産物と定められ(省令第4条)、また同省令第5条
の解説にはこれら指定副産物の再利用に努めるべきとされ
ており、コンクリート塊を中詰材として再利用する
「CCブロッ
ク」は、社会の要請に充分応えた商品といえます。
2. 優れた安全性:ブロックの噛み合わせ効果と連結金具の使用
によって一体構造となり流水に対し安定します。
擁壁類
3. 流速の緩和:コンクリート塊を突出させることにより、粗度が
大きくなり流水の減勢効果が得られます。
用途
環境に対する特性
道路類
法 面 の 植 生
ー
水 際 の 植 生
ー
水生生物の生息空間
○
景 観 へ の 配 慮
○
護床・根固めブロック
連
連
河川水
・路
港類
湾類
平面図
正面図
配置図(例)
A
A
t1
t1A
t1
h
B
t1
t1
連結部詳細図
C
t3
t2
t2
C t2
t2
t3
t2
t1
h
H
h
t3
t3
B
t1
H
H
A
AA
A
水
河川
・路
港類
湾類
H
t1
連結金具
連結金具
A
A
B
B
A
A
A
h
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
・根固工 ・護床工
t2
C
C
連結金具
連結金具
t2
t2
防災・減災類
●規格寸法表
(単位:㎜)
貯留浸透類
呼び名
A
B
C
H
h
t1
t2
t3
製品質量
(㎏)
1型
2型
3型
4型
5型
6型
1200
1500
1900
1900
2300
2300
1040
1340
1740
1740
2140
2140
960
1240
1646
1600
2040
2016
450
550
510
700
570
680
380
440
400
590
450
560
80
80
80
80
80
80
120
130
127
150
130
142
70
110
110
110
120
120
510
940
1290
1660
1930
2190
中詰量
(m3)
中詰後参考質量
(㎏)
連結金具
0.252
0.497
0.792
1.132
1.375
1.680
1080
2080
3110
4260
5090
6055
φ16
φ16
φ19
φ19
φ19
φ19
※中詰後参考質量とは、中詰材としてコンクリート廃材と生コンクリートを半々に充填した時の参考質量です。
機能性
コンクリート
●参考施工歩掛表
(10個当り)
その他
呼び名
世話役(人)
1型
2型
3型
4型
5型
6型
0.20
特殊作業員(人) 普通作業員(人)
0.20
0.40
クレーン(日)
諸雑費率(%)
0.20
0.10
※製品のみの場合の据付歩掛
CCブロック
216
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
シェークブロック
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
側溝類
道路
型枠
管渠・暗渠類
特 長
開発から40年来の実績を有し、安定性、消波性、施工性、
経済性と、どれを取ってもその優秀性が認められており、
全国各地の国土保全に重要な役割を果たしております。
カルバート類
シェークブロックは、ブロック製作自体が非常に容易な
上、設置効果
(噛合せ力)
が抜群に優れており、
漁港・港湾、
海岸、河川に至まで、あらゆる現場に適応力が高い立体型
のコンクリートブロック製品です。
用途
・海岸:離岸堤・消波工、
突堤・消波堤 ・河川:根固工
●諸元表
規格(ton型)
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
0.870
2.001
1.300
2.990
1.735
3.991
2.180
5.014
2.611
6.005
8.0
10.0
12.0
15.0
20.0
25.0
30.0
40.0
50.0
60.0
80.0
3.469 4.353 5.213 6.516 8.680 10.878 13.069 17.383 21.711 26.143 34.869
7.979 10.012 11.990 14.987 19.964 25.019 30.059 39.981 49.935 60.128 80.199
擁壁類
コンクリート体積(m3) 0.436
重量(N) 1.003
注 1)実質量は、次式による。 2.3(無筋コンクリートの密度)×体積
●型枠最大分割質量
1.0
2.0
40
392
3.0
60
588
4.0
75
735
95
932
5.0
6.0
8.0
10.0
12.0
15.0
20.0
25.0
30.0
40.0
110
1079
158
1549
205
2010
225
2206
296
2903
327
3207
525
5148
619
6070
643
6306
1005 1210 1830 1875
9856 11866 17946 18387
50.0
60.0
80.0
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
質量(㎏)
重量(N)
注 1)型枠は補強等により、質量(重量)が変わる場合があります。 注 2)重量は、次式による。重量= 9.80665 ×質量
■ 打 設ヤード( a m 2)
a' = g(g +α)
a':1 個当たりの打設ヤード所要面積(m2/ 個)
g :シェークブロック寸法
1.0 ∼ 5.0t 型 0.5 m
α:余裕幅
n :型枠搬入数量(set)
●型枠最大分割質量
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
8.0
10.0
12.0
15.0
20.0
25.0
30.0
40.0
50.0
60.0
80.0
河川水
・路
港類
湾類
a'
▶
6.0 ∼ 15.0t 型 0.8 m
20.0 ∼ 80.0t 型 1.0 m
m:工程上必要な予備底枠数量
規格
▶
道路類
a = a'(n + m)
2.79 4.19 5.33 6.35 7.30 8.93 10.57 12.10 13.48 15.42 19.14 21.92 24.49 29.13 33.37 33.70 40.25
他タイプもご用意しております。詳しくは最寄りの営業所にお問い合わせください。
道路
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
河川
水
・路
港類
湾類
サーフフラット
型枠
防災・減災類
特 長
Nタイプ
貯留浸透類
サーフフラットは、非常に優れた経済性
(安価な制作費、据付費)を
有する、特に河川保全での対応力が高い平型のコンクリートブロッ
ク製品です。平打ちでのコンクリート打設となることから、ブロッ
ク製作も容易で、さらに植石等の表面処理も多彩に、且つ簡単に行
えることから、
環境保全の面からも重要な働きを担っております。
用途
L
B
残存型枠類
規格(ton型)
・消波工・根固工
H
0.454
0.888
1.359
1.758
2.205
2.622
基本寸法(m)
B
H
型枠面積
(m2)
実質量
(ton)
実重量
(kN)
L
3.050
4.776
7.519
7.519
9.070
10.283
1.044
2.042
3.125
4.043
5.071
6.030
10.238
20.025
30.646
39.648
49.730
59.134
1.300
1.600
1.890
2.035
2.162
2.380
1.300
1.600
1.890
2.035
2.162
2.380
0.370
0.470
0.500
0.580
0.610
0.630
※8.0ton∼15.0ton型については、営業担当にご相談ください。
http://www.yamau.co.jp
その他
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
機能性
コンクリート
規格
コンクリート体積
(ton型) (m3)
他タイプもご用意しております。
詳しくは最寄りの営業所にお問い合わせください。
MI YAZAK I
217
218
カル側
バ溝
ー類
ト類
護床・根固め
ブロック
道路
河川
タインブロック S 型
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
管渠
側
・溝
暗類
渠類
特 長
1. 消波機能が大きい
カ
管ル
渠バ
・暗
ー渠
ト類
類
消波機能を有する遊水部の空隙率はおよそ55%
であり、波はその空隙部を上下、左右前後に分散
吸収されるので、波の打ち上げ高を低減し、護岸
の天端高を低くすることができます。また護岸
前面の洗掘防止の効果も大きいです。
2. 安定性が良い
擁
道壁
路類
上下のブロックは後部凹凸部でかみ合い、同時
に千鳥に積上げることにより一体性が保持し、
か
つ傾斜型壁体で後方に重心があるため、土圧や
地震力に対して安定度が高いです。
3. 施工が容易である
シ
シート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
場所打ちと異なり品質管理が十分でき、天候や
施工場所に左右されずにブロックの製作ができ
ます。施工はブロック積みであるので確実であ
り、
据え付けが簡単で工期の短縮がはかれます。
4. 経済的である
直積消波壁であることから断面が小さくなり、工
費の節減ができます。
道
擁路
壁類
5. 自然環境と調和する
壁体の千鳥模様が美しく、自然環境に良くマッ
チします。
用途
❶海岸工事
・堤防の護岸法覆工 ・河口導流堤 ・防潮堤 ・突堤工
❷埋立工事
・埋立護岸工
❸港湾工事
・防波堤工 ・港内消波護岸工 ・航路護岸工
❹河川工事
・河口消波護岸工 ・水衝部護岸工
❺道路工事
・道路護岸工 ・土留工
❻水産工事
・魚礁工 ・護岸工
水路類
●標準構造
天端
コンクリート
河川
川・
・港
港湾
湾類
類
河
裏込
コンクリート
防災・減災類
●100m1段あたりの個数
裏込栗石
公称質量
個数
1ton
2ton
4ton
111.1
88.9
71.4
基礎コンクリート
貯留浸透類
天端コンクリート
半ブロック
タインブロックS型
側壁(隔壁)
機能性
コンクリート
その他
218
209
基礎突起
MIYAZAKI
FUKU
O KA
http://www.yamau.co.jp
基礎コンクリート
カル側
バ溝
ー類
ト類
タインブロック S 型
側面図
S0
正面図
L0
B0
t4
k1
t5
t6
t5
k3
h5
h1
h5
S2
H0
0 .3
1:
H0
カ
管ル
渠バ
・暗
ー渠
ト類
類
Th
t3
Th
t2
管渠
側
・溝
暗類
渠類
形状
擁
道壁
路類
d1
D0
b2 b1 b2
S1
背面図
K0
H0
K0
k1
道
擁路
壁類
k3
k2
k2
シ
シート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
B0
k3
d1
D0
S1
●タインブロックS型 数量
(1個あたり)
水路類
実重量(KN) 実質量(t) コンクリート体積(m3) 型枠面積(m2) 有効高さH0(m) 有効幅B0(m) 長さL0(m) のり長S2(m) 受圧面積A(m2)
公称質量
10.424
1.063
0.462
3.809
0.720
0.900
1.240
0.752
0.444
2ton
20.368
2.077
0.903
5.951
0.900
1.125
1.550
0.940
0.694
4ton
39.246
4.002
1.740
9.216
1.120
1.400
1.930
1.169
1.074
半ブロック1ton
5.217
0.532
0.231
2.697
0.720
0.450
1.240
0.752
0.222
半ブロック2ton
10.189
1.039
0.452
4.214
0.900
0.563
1.550
0.940
0.347
半ブロック4ton
19.623
2.001
0.870
6.526
1.120
0.700
1.930
1.169
0.537
河川・港湾類
1ton
※実質量及び実重量は右記に基づきます。 質量 =2.3(無筋コンクリートの密度)×体積 重量 =9.80665 ×質量
●規格寸法表
(単位:㎜)
H0
h1
h5
B0
b1
b2
b3
L0
D0
d1
S0
s1
s2
1ton
720
112
360
900
112
141
253
1240
1206
135
182
91
61
2ton
900
140
450
1125
141
176
316
1550
1508
169
228
114
76
4ton
1120
174
560
1400
176
219
393
1930
1878
210
284
142
95
公称質量
(ton)
K0
k1
k2
k3
Th
t2
t3
t4
t5
防災・減災類
公称質量
(ton)
貯留浸透類
(単位:㎜)
t6
1ton
889
34
855
45
105
56
343
6
22
350
2ton
1111
42
1069
56
130
70
429
7
28
437
4ton
1382
52
1330
70
162
87
533
9
35
544
機能性
コンクリート
Y
●重心位置
公称質量
(ton)
残存型枠類
b2 b1 b2
k1
平面図
(単位:㎜)
Gx
●空隙率
(単位:%)
Gy
呼び名
空隙率
実績率
42.5
57.5
55.0
45.0
1ton
817
423
ブロック全体
2ton
1021
528
遊水部
4ton
1271
658
Gy
G
その他
原点 0
http://www.yamau.co.jp
Gx
X
FUK
MI YAZAK
UOK AI
219
210
砂防 下水道 公園
管渠・暗渠類
河川
側溝類
道路
道路
袋詰玉石工
フィルターユニット
(袋詰玉石工)
は、合成繊維
(再生PET)を使用し
たラッセル網の袋材に、玉石・割栗石・砕石・コンクリート塊などを
現地で袋詰めし、河川護岸及び海岸の根固め工や橋脚などの洗掘
防止、緊急対策用の水防資材として用いる製品です。1986年に明
石海峡大橋主塔基礎の初期洗掘防止材として、開発されました。
フィルターユニット
宅地
擁壁
農政
階段
KT-980199 -V
法面
防災
宮崎県新技術
活用促進システム
カルバート類
エコマーク商品認定取得
「フィルターユニット エコグリーン1t ∼ 4t」
は、財団法人
日本環境協会より、環境保全に役立つと認められる商
品に付けられる「エコマーク商品」の認定を受けました。
エコグリーン
標準仕様。一般用途の向けの汎用タイプです。
擁壁類
1ton用
2ton用
3ton用
4ton用
5ton用
規格(a×b) 2,300×1,800 3,000×2,300 3,500×2,600 3,700×2,700
㎜(±2%) ㎜(±2%) ㎜(±2%) ㎜(±2%)
※1
形状
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
網地
4,700×3,700㎜
(±2%)
袋(2重)
再生ポリエステルラッセル網(モスグリーン原着)
網構成1.670dtex×10本
引張強さ450N/本以上
伸び30%以上60%以下
網目
内容物
(種類・粒径)
約0.62m3
内容量
質量(t)※2 0.95∼1.05
網構成1.670dtex×15本
引張強さ650N/本以上
伸び30%以上60%以下
網構成1.670dtex×72本
引張強さ2500N/本以上
伸び30%以上60%以下
25㎜目
75㎜目
玉石、割栗石、砕石、
コンクリート塊
(約150㎜∼人頭大程度)
(約50㎜∼人頭大程度)
約1.24m3
約1.9m3
約2.5m3
約5.0m3
1.9∼2.1
2.85∼3.15
3.8∼4.2
7.6∼8.4
道路類
河川水
・路
港類
湾類
エコグリーン強化型
通常の 2t 用よりも目合いが大きい為、水際で小動物が出入りし易くなります。網地の線径が太く強度が高いため、転地転用に適しています。
2ton用
規格(a×b)
※1
水
河川
・路
港類
湾類
形状
網地
■構造図
3,000×2,300㎜
(±2%)
袋(1重)
再生ポリエステル
ラッセル網
(モスグリーン原着)
網構成1.670dtex×10本
引張強さ450N/本以上
伸び30%以上60%以下
防災・減災類
網目
75㎜目
内容物
玉石、割栗石、砕石、
コンクリート塊
内容量
質量(t)※2
(約150㎜∼人頭大程度)
約1.24m3
1.9∼2.1
(種類・粒径)
貯留浸透類
※1:施工性を高める吊りリング付もあります。※2:上記表示の質量は,標準的な比重(2.65)の自然石(割栗石 粒径50∼200㎜)を充填した場合の参考質量です。中詰
め材に雑割のコンクリート塊を使用する場合は、空隙が大きくなる事と、比重が軽いため、表示質量にならない事が有ります。その他の規格品もご要望に応じ設計できます
■成形性に優れたマット型(箱形)タイプもございます。
■構造図
機能性
コンクリート
吊り上げタイプ
設置タイプ
その他
詳しくは最寄りの営業所にお問い合わせください。
220
221
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
コンクリート
河川
レジン製係船柱
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
法面
防災
側溝類
道路
レジン
レジン
係船柱は停泊する船をしっかりと繋ぎ止め、ウォーターフロントをセキュリティの面からサポートします。
管渠・暗渠類
カルバート類
A
レジン製係船柱 曲柱
C
B
E
H
D
擁壁類
F
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
φG
アンカー
●寸法表
(単位:㎜)
呼び名
A
B
C
D
E
F
G
H
参考質量(㎏)
300
300
120
170
300
-
180
590
48
400
450
175
205
400
-
250
780
112
150KN
500
550
205
245
450
150
300
900
118
200KN
700
700
255
290
500
150
400
1045
400
河川水
・路
港類
湾類
50KN
100KN
道路類
曲柱
形式
残存型枠類
レジンモルタル
レジン製係船柱 直柱
河川
水
・路
港類
湾類
E
H
D
防災・減災類
C
φA
F
貯留浸透類
レジンモルタル
φG
アンカー
●寸法表
(単位:㎜)
呼び名
A
B
C
D
E
F
G
H
参考質量(㎏)
50KN
254
-
140
150
300
-
180
590
47
100KN
400
-
100
210
360
-
250
670
96
150KN
450
-
110
250
400
150
300
760
148
200KN
550
-
130
290
500
150
400
920
307
機能性
コンクリート
直柱
形式
その他
※埋め込みタイプの他にプレート固定式タイプもございます。
※ 50KN,100KN の曲柱・直柱には、アンカー筋はつきません。
http://www.yamau.co.jp
MI YAZAK I
221
226
側溝類
道路
レジン
河川
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
レジン製カーストップ・コーナー
コンクリート
農政
階段
法面
レジン
防災
QSK-120004-A
水際周辺での安全性を確保し、過酷な環境条件に対応する強度、耐候性、耐食性に優れた「レジン製カーストップ」
管渠・暗渠類
レジン製カーストップ
カルバート類
擁壁類
運輸省 ( 旧 ) 港湾局 技術評価証取得
UPC 製車止め 第 94206 号
施工断面図
新設〔150 × 150〕
E
D
キャップ
A
F
ナット
ワッシャー
レジン
モルタル
R’
D
R
道路類
C
G
L
調整用
モルタル
アンカー
B
280
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
規格基本図
河川水
・路
港類
湾類
●寸法表
(単位:㎜)
形式
A
B
C
D
E
F
G
R'
L
水
河川
・路
港類
湾類
150 × 150
150
155
150
250
500
75
50
100
20
1000 ∼ 4000
200 × 200
200
205
200
250
500
75
50
125
30
1000 ∼ 4000
200 × 250
200
205
250
250
500
75
50
150
40
1000 ∼ 4000
250 × 300
250
260
250
250
500
75
50
160
50
1000 ∼ 4000
防災・減災類
●カーストップ参考質量及び数量表
150 × 150
200 × 200
200 × 250
アンカー レジン
本数 モルタル
参考
質量
アンカー レジン
本数 モルタル
参考
質量
アンカー レジン
本数 モルタル
参考
質量
アンカー レジン
本数 モルタル
(kg)
L=420(本)
(kg)
(kg)
L=420(本)
(kg)
(kg)
L=420(本)
(kg)
(kg)
L=420(本)
(kg)
1000
54
2
2.00
96
2
2.30
120
2
3.20
180
2
4.00
1500
81
3
3.00
144
3
3.45
180
3
4.80
270
3
6.00
2000
108
4
4.00
192
4
4.60
240
4
6.40
360
4
8.00
2500
135
5
5.00
240
5
5.75
300
5
8.00
450
5
10.00
3000
162
6
6.00
288
6
6.95
360
6
9.60
540
6
12.00
3500
189
7
7.00
336
7
8.05
420
7
11.20
630
7
14.00
4000
216
8
8.00
384
8
9.20
480
8
12.80
720
8
16.00
貯留浸透類
機能性
コンクリート
※製作長さは 500 ピッチが基本となります。特殊製品については営業担当にご相談ください。
その他
MIYAZAKI
250 × 300
参考
質量
制作長さ
222
223
R
http://www.yamau.co.jp
側溝類
レジン製カーストップ・コーナー
管渠・暗渠類
レジン製コーナー
コーナーは、レジンの高強度な特性を活かし、岸壁コーナーの破損と係船用ロープの摩耗を防ぎます。
カルバート類
擁壁類
規格基本図
施工断面図
34
100
プラスチックインサート
プラスチック
インサート
アンカー
プラスチック
インサート
※コーナー固定(施工)には、M10 × 20 のボルトを使用してください。
河川水
・路
港類
湾類
●寸法表
道路類
150
100
B
150
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
A
250
(単位:㎜)
A
B
L
参考質量(㎏)
アンカー本数 ( 本 )
L=1000
100
100
1000
20
2
L=1500
100
100
1500
30
3
L=2000
100
100
2000
40
4
河川
水
・路
港類
湾類
形式
■レジン製カーストップ・コーナー・係船 柱パーツガイド
防災・減災類
カーストップ
残存型枠類
L
250
係船柱
カーコーナー
貯留浸透類
機能性
コンクリート
■レジン製カーストップ
カラーバリエーション
※下記以外のカラーにも対応いたします。ご検討の際はお問い合わせください。
グリーン
[仕上げ / 塗装]
http://www.yamau.co.jp
イエロー
[仕上げ / 塗装]
その他
トラ
[仕上げ / 塗装]
石目
[仕上げ / 塗装]
MI YAZAK I
223
224
側溝類
道路
河川
ドレーンロック FR 型
砂防 下水道 公園
宅地
擁壁
農政
階段
河川堤防用ドレーン工
防災
KK-050126-V
管渠・暗渠類
ドレーン工は堤防への浸透水を速やかに排水するとともに、法尻部を強化する工法で、効率的、経済的に行う
ための新技術です。
特 長
1. 他のドレーン工と比較して、施工性が良い。 カルバート類
2. 堤内地側に民家や私有地、
道路等の境界線が隣接している。
場合が多く、近隣対策として、
工期短縮が図られる。
3. 他のドレーンかご工と比較して、
コスト縮減が図られる。 4. 各種マニュアルに示されるドレーン工の形状を構築できる。
5. 現地の状況に応じたドレーン工の形状を構築できる。
擁壁類
堤外
堤内
シー
ート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
降雨
河川水位上昇
浸潤
面
ドレーンロックによる
ドレーンロックによる
円滑な排水
円滑な排水
排水
道路類
ドレーンロックを設置することで、堤体内水位
(浸潤面)の上昇を抑制し、
堤体のせん断抵抗力低下を防ぎます。
また、ドレーンロックを設置することで、法尻の泥濘化防止と法尻部の補
強が可能になります。
河川水
・路
港類
湾類
FR‐A 型
堤脚部の法面勾配等に合わせて設置可能なドレーン工です。
FR-A型
調整用
水平部
水
河川
・路
港類
湾類
FR-A型
防災・減災類
貯留浸透類
FR‐B 型
箱型形状の積み重ねる堤体内設置に適したドレーン工です。
機能性
コンクリート
その他
224
227
法面
MIYAZAKI
http://www.yamau.co.jp
河川
砂防 下水道 公園
ネコヤナギ・エコ工法
宅地
擁壁
農政
階段
法面
カル側
バ溝
ー類
ト類
道路
道路
防災
QS-080012-V
管渠
側
・溝
暗類
渠類
こわさずに既設コンクリート護岸を緑化できる唯一の工法です。
特 長
カ
管ル
渠バ
・暗
ー渠
ト類
類
1. 挿し木した竹ポットを既 存 の護 岸に差し込むだけ
なので、短期間・低コストです。
2 . ネコヤナギは北 海 道から九 州まで全 国に自生して
います。
3. 低木で幹立ちせず、3m 以上になりません。
4. 水辺の植物なので環 境の変 化に強いです。
擁
道壁
路類
5. 挿し木で簡単に増え、生長が早いです。
6. 洪水時に枝がしなり、流れを大きく阻害しません。
7. 根 元や水に浸かった枝 先から水中根を出します。
シ
シート
トラ
ライ
イニニ
ンン
ググ
類
残存型枠類
■ ネコヤナギ・エコ工 法 施 工 手 順
道
擁路
壁類
用土採取
1 計画地の流域でネコヤナギ自生地を調査し、植栽用の挿し穂
と用土を採取します。
挿し穂の選定
水路類
自生地調査
竹ポット製作
2 挿し穂の選定と植栽用竹ポットを製作します。
河川・港湾類
竹ポットの設置
3 平水位を基準として植栽の高さを決め、穿孔し、竹ポットを固
定します。
防災・減災類
穿孔作業
初年度初冬の剪定
4 生長を促進するため、一年後の休眠期に剪定を行います。
貯留浸透類
■施工例
■施工直後
■3年経過 緑化により「ふるさとの川」に
機能性
コンクリート
その他
http://www.yamau.co.jp
FUK
MI YAZAK
UOK AI
225
220
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
25
File Size
9 541 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content