close

Enter

Log in using OpenID

プロジェクトマネジメント -スコープマネジメント実践編

embedDownload
プロジェクトマネジメント講習会のご案内 【14PDU】
プロジェクトマネジメント
-スコープマネジメント実践編2012年4月~2012年9月(東京開催コース)
コース概要
近年のプロジェクト失敗の要因にはさまざまなものがありますが、最大の要因は【要件の確定】が困難なこと
にあると言われています。
『プロジェクトマネジメント-スコープマネジメント実践編-』では、プロジェクトの企画・計画段階におけるス
コープマネジメント計画、スコープ定義、WBS作成をはじめとするスコープマネジメントのプロセスをケーススタ
ディによって体系的に修得します。
到達目標・前提知識
到達目標
●プロジェクトの合否に大きく影響するスコープマネジメント計画書、スコープ記述
書、WBSを作成できる。
前提知識
・プロジェクトマネジメントの基礎知識、またはプロ
ジェクトマネジメントの実務経験をお持ちの方。
特長
詳細 1 スコープマネジメントの必要性
顧客の要件が確定せずに、システムの機能やサービスレベルなどの成果物(プロダクト)の提供範囲を曖昧なまま
にしておくと、開発途中に仕様変更が発生したり、予定外の作業が発生する確率が高くなり、プロジェクトリスクが増
加します。
顧客と合意の下で、スコープをどれだけ明確にマネジメントできるかが、プロジェクトマネジメントの重要なテーマで
す。
詳細 2 グループ討議による実践的演習
グループで討議した内容・成果を発表し合い、他のグループとの意見交換を行うことにより、スコープマネジメント
計画、スコープ定義のプロセスを疑似体験することができます。
http://www.neclearning.jp/
プロジェクトマネジメント-スコープマネジメント実践編-のご案内
スコープ記述書
スコープ記述書を作成することによって、
プロジェクトの目標を明確にします。
詳細 3
4.条件
4.条件
スコープ記述書とは、プロジェクトの意思決定の基盤
となり、ステークホルダ間でプロジェクトスコープの共通
理解を確立する文書です。
誰が(WHO)、何を(WHAT)、なぜ(WHY)、いつ(WHEN)、
いくら(HOW MUCH)といったプロジェクトの成功に必要な
要件を的確にとらえ、プロジェクトの概要、目的、目標、
プロジェクトスコープ、成果物スコープ、除外事項等を明
確にする手法を学びます。
私
田中
S
加藤
T
大久
保T
山井
T
DCF お客
社
様
要件定
義
R
P
P
S
S
-
IA
基本設
計/機
能設計
R
P
P
P
-
IA
詳細設
RA
R
P
P
P
3.スコープ(成果物/作業)
3.スコープ(成果物/作業)
②プロジェクトスコープ
大まかなWBS
3/3
3/3
P
成果物/アウトプット
プロジェクト管理
計
プロジェクト計画書,進捗管理表,課題管理表
要件定義
要件定義書
概要設計
概要設計書、総合テスト仕様書
担当
Rお客様 R
△
製造
RA
~シス
テムテス
ト
○
△
ABC R
3.スコープ(成果物/作業)
3.スコープ(成果物/作業) 2/3
2/3
○
-
S
△
○
①プロダクトスコープ
○
HW/NW設計
SG仕様書、図面、機器証明書
画面確認
レビュー票
詳細設計
詳細設計書、結合テスト仕様書
テスト
RS
S
製造/単体
プログラムソース一式
単体テスト仕様書(兼)報告書
移行
R
P
HW/NW構築
作業手順書
教育
結合/総合テスト
結合テスト仕様書(兼)報告書
△
○
受入
総合テスト仕様書(兼)報告書 P:担当者、S:支援、R:レビューア、A:承認、I:情報提供、-:作業不可
運用テスト(受入テスト)
操作研修
移行作業
試行作業
<前提>
私:PM経験が豊富
田中S:ユーザや協力会
社との交渉経験豊富
加藤T:インフラ系スキル
が高い(離脱後は大久保
Tに引きつぎ)
大久保T:サーバ系スキ
ルが高い
山井T:クライアント系ス
キルが高い
ノウハウ流出の回避
4.システム構成
○
○
S
- ※点線は電話又はFAXで実施
S
PA
-
○
S
PS
-
S
-
倉庫
○ S
-
P 入庫連絡
納品 S
業者
運用テスト仕様書(兼)報告書
○
△
操作マニュアル
△
○
移行計画書、移行手順書
○
△
Q&A表
○
△
(凡例) ○:主な担当,△:作業支援/参画
出荷
在庫管理部門
在庫管理部門
APサーバ
入庫品を登録
DBサーバ
出荷指示
在庫の有無を確認
完了連絡
納品
問合せ
販売店
顧客
注文
在庫管理簿
在庫確認
出荷済を帳簿に記録
(消しこみ)
PC
出荷依頼
出荷を帳簿に記録
(引き当て)
出荷依頼
Copyright (c) 2002 NEC Corporation
6
カリキュラム
1日目
時間
9:00
~
12:30
2日目
内容
1 序論(■)
2 プロジェクトの失敗の原因とスコープ
マネジメント(■)
3 スコープマネジメントの概要(■)
4 WBSの概要(■)
・WBSとは
・WBSの歴史
・WBSの役割
・ワークパッケージとは
・WBSの基本構造
・WBSの重要ルール
・WBSの例
・WBSが不備だとどうなるか?
5 プロジェクト立上げ(■)
・プロジェクト立上げのプロセス
・プロジェクト立上げの誘因
6 ステークホルダ分析(■)
・ステークホルダ分析のプロセス
・ステークホルダ管理表の例
7 スコープマネジメント計画(■)
・スコープマネジメント計画のプロセス
・スコープマネジメント計画のポイント
8 スコープ定義(■)
・スコープ定義のプロセス
・スコープ記述書
・スコープ定義のポイント
昼休み
13:30
~
16:30
ミドル
NEC
9 演習1:日常プロジェクトのスコープ定義(▲)
10 WBS作成(■)
・WBS作成のプロセス
・WBS辞書
・WBS作成のポイント
・WBSの目的と効果
・標準WBSとは
・WBS作成チェックリストの例
・WBSとアクティビティ
11 スコープコントロール(■)
・スコープコントロールのプロセス
・スコープコントロールのポイント
12 スコープ検証(■)
・スコープ検証のプロセス
・スコープ検証のポイント
時間
内容
9:00 13 演習2:スコープ定義(▲)
~
12:30
昼休み
13:30
~
16:30
14 演習3:スコープマネジメント計画(▲)
15 スコープマネジメントの簡単な例(■)
16 スコープマネジメントの課題と対策(■)
・スコープマネジメントがなされていない
・スコープマネジメントのルールが遵守されて
いない
・上流工程で解決すべき事項が先送りされて
いる
・責任分担が明確でない
・顧客との交渉がうまくいかない
研修スタイル
■・・・・講義
●・・・・マシン実習
▲・・・・グループ演習
コースコード/コース名/コース内容/期間/受講料(税込み)
PJ115 プロジェクトマネジメント-スコープマネジメント実践編- 2日間 ¥84,000
グループで討議した内容・成果を発表し合い、他のグループとの意見交換を行うことにより、スコープマネジメント計画、
スコープ定義のプロセスを疑似体験することができます。
4月
5月
東京
23-24
東京
17-18
開催日程
6月
7月
東京
12-13
東京
17-18
8月
9月
東京
6-7
東京
6-7
らくらく!!コースコードde検索 http://www.neclearning.jp/
コースコードを入力し「コース検索」をクリックすると、コース内容の詳細やスケジュールの詳細やスケジュールの最新情報をすばやく確認することができます。
お問い合わせは、下記へ
NEC ラーニング研修申込センター
■TEL : 03-4330-7560
■FAX : 03-4330-7550
■E-mail : [email protected]
NEC ラーニング株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目17-12(吾妻ビル)
S0471MA-1202
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
312 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content