close

Enter

Log in using OpenID

「黄金の1週間」にやること

embedDownload
折々の記(校長室通信)NO.21
発行者:黒須隆雄
H.25. 4 .10
「黄金の1週間」にやること
新学期が始まって、最初の1週間を、
「黄金の1週間」と呼ぶ人がいます。
新しい学年、新しいクラス、新しい先生。「今年こそは」と、子どもたちのモチベーションは、最高
に高まっています。しかも、旧クラスが解体したことで、以前通用していたルールも人間関係も一度リ
セットされています。まだ「集団」とは言えません。「烏合の衆」に近い。この時期に、指導したこと
は、1年間を左右するほど大きな力を持ちます。
この「黄金の1週間」に何をやるべきか。わたしは、以下の3つは欠かせないと思います。
1 学級担任としての夢・理想を語る
こんな学級にしたいという先生の夢・理想を語るということです。学級担任は、その学級の指導者で
す。子どもたちの願いを聞く前に、教師として「こんな学級にしたい」という夢・理想を語らなくては
ならないと思います。
そのとき、学校教育目標や学年目標との関係から語るというのではなく、
「楽しいクラスにしたい」
「何
事も全力でがんばるクラスにしたい」
「笑顔がいっぱいのクラスにしたい」
「みんな最高に仲のよいクラ
スにしたい」など、自分のイメージする学級の姿を率直に語ればいいと思います。
では、どうすれば、そんなクラスになるのかは、1年間を通じて、子どもたちと一緒に考え、計画し、
実行していけばいいでしょう。
「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。
」
とは、吉田松陰のことばです。
2
学級のシステムをつくる
朝、学校に来て、午後、家に帰るまでの学校での「子どもの生活のすべて」が、
「子ども自身の運営」
によって「快適にすごせる」ために必要な、個々人の動き(やること)、役割とその分担を決めること。
それが「学級のシステム」をつくるということです。
向山洋一氏は「担任がいなくても一週間子どもが学級での生活を営める」状態を思い浮かべて、シス
テム・組織(しくみ)をつくるとよいと言っています。こうすると、具体的に必要なさまざまな個々の
動きと役割(当番・係)がみえてくるでしょう。
例えば、朝、くつ箱に靴を入れるときはかかとをそろえる。そろっていない人がいたらどうする?点
検するのはだれ?教室に入ってすぐやることは?教室の窓を開けるのはだれ?花に水をやるのはだ
れ?連絡帳や宿題を教卓の上のかごに入れる。点検するのはだれ?出していない人がいたらどうする?
忘れた人はどうする?朝の会が始まる前までにやることは?朝の会の司会はだれ?授業の始まり終わ
りの号令はだれがかける?授業中や自習時間中にうるさい人がいたらどうする?注意する人はだれ?
先生が来なかったらどうする?だれが聞きに行く?(朝、日記やノートなど、先生の持ってくるものが
たくさんある場合)手伝う人はだれ?ともだちの具合がわるくなったら?等々、一日の生活を思い浮か
べるとたくさんでてきます。
組織としては、当番・係になるでしょう。ちなみに当番は「学級運営上、必要で、ないと困るもの」
、
係は「なくても学級生活には支障はないが、学級生活の充実向上に役立つもの」です。
朝から帰りまでの、個々の動きや必要な係・当番をできるだけ早く決めることが大事です。中学年以
上の学級なら、普段の生活のことは先生に指示されなくてもオートメーションで滞りなく進められるの
がベストです。
子どもたちができることは、子どもたちに細かく役割当番を決めてやらせると、次のようなメリット
があります。
(1)先生の雑仕事が減り、余裕をもって授業に専念できる(2)子どもたちが必ず学級
に貢献できるので、学級への所属意識が高まる(3)仕事を通して、どの子も個別に褒めることができ
る(褒める種がふえる)
<ある学級の役割当番の例>
① 黒板消し1時間目、2時間目、3時間目、4時間目(そうじ前)
、5時間目、6時間目(帰る前)
② 黒板消しクリーナー③チョークそろえ④チョークかす掃除⑤配膳台出す⑥配膳台ふく⑦配膳台しま
う⑧あいさつ(いただきます)⑨あいさつ(ごちそうさま)⑩窓あけ(教室)⑪窓あけ(廊下)⑫窓閉
め(教室)⑬窓閉め(廊下)⑭電気つける⑮電気消す⑯鍵あける⑰鍵しめる⑱鍵とってくる⑲体操服チ
21えんぴつけずり○
22えんぴつけずりゴミ○
23エプロンチェック○
24 おとしものチ
ェック⑳本だなチェック○
25ファイルチェック○
26名札チェック○
27先生手伝い○
28朝の会司会○
29帰りの会司会○
30保健(月・水・
ェック○
31保健(火・木)○
32机整頓○
33ボールチェック○
34長縄チェック○
35給食メニュー発表○
36配り○
37体育○
38音
金)○
3
9
4
0
4
1
4
2
4
3
4
4
4
5
楽○掃除ロッカー整理○雑巾チェック○下駄箱チェック○休み手紙○宿題チェック○朝学習○学級日
誌
3
学級の基本的なルールの定着を図る
細かいルールはこれから追々作っていくにしても、1 年間を通して、守らせたい基本的なルールを定
着させるのは、この 1 週間が大事です。
私は、生徒指導部の年間指導計画にある 1 学期の重点「あいさつ」
「返事」「言葉遣い」は、是非、4
月中に徹底して指導してほしいと思います。
この 3 つはルールというよりも社会生活上の人としての「礼儀」です。学級経営で最も大事なことは、
学級の子どもたちの人間関係をよくするということですが、人間関係の基本となる礼儀は、きちんと教
えておかなければなりません。そこをいい加減にして、良い人間関係を育てようとしても、規律や礼儀
がないため、一緒にいてもお互いに傷つけることを言い合ったり、喧嘩したりします。その結果、集団
の中に差別や恨み、序列が生じ、
「いじめ」などの問題も生じ安くなります。
1 週間目から、
「あいさつ」
「返事」
「言葉遣い」については、「社会生活3つの基本」ということで、
どのクラスも徹底させてほしいと思います。
(1)あいさつ
・先生と…「おはようございます」
「こんにちは」「さようなら」
・友達と…朝は、
「おはよう」のあいさつから
(2)返事
・呼ばれたとき…「はい」
・先生の話しを聞くとき…うなずきの「はい」
(3)ことば遣い
・友だちの名前…「~君、~さん」
※呼び捨てや「おまえ」は礼儀に反する。
・友だちと…ていねいな言葉遣い
・先生と……敬語
特に本校は、子どもたち同士の「ことば遣い」が課題です。呼び捨てや「おまえ」が普通になってい
ます。注意をすると、何でだめなのと驚く子がいます。
ですから、最初の1~2週間が勝負です。後から徹底させようとしても、難しいでしょう。
子どもたちには、次のように説明してあげるといいでしょう。
「みなさんが、将来社会にでて、この3つのことがきちんとできなければ、社会人として相手にされま
せん。お父さんやお母さんに聞いてみてください。職場で「あいさつができない」
「返事ができない」
「ことば遣いが悪い」人がいたら、みんなからどう思われるか・・・。今から、きちんとできるよう
にしておきましょう。
」
そして、毎日、できなければ(やさしく)繰り返し繰り返しやり直しをさせます。それを徹底しない
で流してしまうとまず定着しないでしょう。
この3つの基本がクラスの中に定着してくると、自然にクラスが落ち着いてきます。喧嘩や言い争い
もぐんと減ってきます。これは、わたしの経験的事実です。
この3つのほかにも、1 年間を通して徹底したい基本的なルールをこの 1 週間で子どもたちに定着さ
せるようがんばってください。最も子どもたちの受け入れ態勢ができているこの 1 週間が勝負です。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
20
File Size
222 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content