close

Enter

Log in using OpenID

第 13 期第 3 四半期業績のご報告

embedDownload
第 13 期第 3 四半期業績のご報告
(平成 21 年 1 月 1 日~平成 21 年 3 月 31 日)
平成
21 年
7月
吉日
日本システムバンク株式会社
代表取締役社長
野坂
信嘉
当四半期における当社を取り巻く環境は、ガソリン価格の下落安定による駐車場稼働率の回復、
販売先の中古在庫の整理終了による新規機器販売機会の増加など、明るい見通しとなって参りま
した。
CPシステム運営事業(CPとはコインパーキングの略称)においては、のぼりや LED 付き看板の
設置、案内看板の標準化などのアイキャッチ向上施策を打つとともに、IT を用いた駐車場の緻密
な稼動分析と現地の競合分析を融合させた戦略的分析を行い、駐車場利用料金の最適化による
稼働率向上に努めました。又、運営コストの大幅な削減に注力し、不採算駐車場の地代引下げや
解約を実行し、採算性の向上を実現しました。その結果、売上高 699,936 千円(前年同期比
78.2%)の推移となりました。
CPシステム販売管理事業においては、不動産市況の低迷の中、ガソリン価格の安定による駐
車場事業の業績回復に興味関心を持つ地主、企業が増加しつつあり、ここへの積極的な営業を
実施致しました。しかしながら、都心部における不動産市況環境においてリース会社、金融機関で
は未だ慎重な傾向が続いております。その影響もあり、売上高 409,024 千円(前年同期比 86.2%)
となりました。
プロパティマネジメント事業に関しては、堅調に推移し、売上高 84,156 千円(前年同期比
89.5%)の結果となりました。
分譲マンション事業に関しては、タワーグランデ CHA の 5 月完成に向けた告知・集客活動に注
力いたしました。当マンションは「免震構造」、「トライアングル型」、「池・滝・緑」など多くの魅力ある
マンションであることから、戸建て志向の強い福井にあっても、販売開始以来の来場件数が700件
超と他のマンション事例には無い活況下にあります。この中、全社を上げた積極的な営業活動を
推し進め、売上高 589,278 千円を計上する結果となりました。
以上の結果、第 3 四半期の売上高は 1,782,531 千円(前年同期比 121.2%)と大きく伸長致しま
した。
セグメント別の業績は以下の通りであります。
事 業 区 別
金額
前年比
CPシステム運営事業
699,936 千円
78.2%
CPシステム販売管理事業
409,024 千円
86.2%
プロパティマネジメント事業
84,156 千円
89.5%
589,278 千円
-%
140 千円
1.7%
分譲マンション事業
その他
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
123 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content