close

Enter

Log in using OpenID

図版プリント用PDFはこちら

embedDownload
システムの仕組み
エネルギープラントでは冷水と蒸気が造られます。
氷蓄熱システムの仕組み
冷水は、冷凍機(電動ターボ式・蒸気吸収式)と氷蓄熱システムで製造さ
れる5℃の冷水で、冷水ヘッダーを介してお客様に送られます。送られた
冷水は、冷房用の熱源として使用され、14℃でプラントに戻るように設計
電力負荷・冷房需要の少ない夜間にブライ
されています。
冷却水ポンプ
ンターボ冷凍機を動かして蓄熱槽に氷を造
蒸気は水管式ボイラーで製造される0.88MPa(179℃)の飽和蒸気で、
り、冷房需要の多い昼間に氷を使って冷水
蒸気ヘッダーを介してお客様に送られます。送られた蒸気は暖房用・給湯
を造ります。夜間電力は、化石燃料の使用
用の熱源として使用され、60℃の凝縮水となってプラントに戻ります。
割合が低いためCO2排出量が少なく、また、
昼間の電力消費量のピークをカットできる
ので、電力負荷を平準化でき、電力設備を
冷却塔
特高トランス
効率よく活用できます。
最大能力は8,800 RTHで、当社の年間冷
水供給量の約10%を賄えます。
給水
ポンプ
冷水
ポンプ
ボイラー
中央監視システム
冷凍機
お客様
制御弁
冷温風
冷水ヘッダー(還)
還水ヘッダー
蒸気ヘッダー
ホットウェルタンク
冷水ヘッダー(往)
給湯
空調機
加圧タンク
器
熱交換器
熱交換器
ホットウェル
タンク
返送ポンプ
ボイラー室
冷凍機室
エネルギープラント
氷蓄熱槽
ブラインターボ冷凍機
洞 道
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
26
File Size
684 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content