close

Enter

Log in using OpenID

12月の米FOMCについて

embedDownload
情報提供資料
12月の米FOMCについて
2016年12月15日
 0.25%の利上げが決定。FOMC参加者の想定する利上げペースが加速
 2017年の利上げペースは緩慢なものが見込まれる
 当面米ドル高の基調が継続するとみられるものの、政策動向などには留意が必要
12月のFOMCで0.25%の利上げが決定
米連邦準備理事会(FRB)は、12月13∼14日に連
邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、政策金利(FF
金利)の誘導目標レンジを従来の0.25~0.50%から
0.50∼0.75%へ0.25ポイント引き上げました(図表
図表1
6
ります。
5
声明文によれば、「労働市場や物価の実績、見通し
という観点から利上げを決定した」とのことです。
2000年1月3日~2016年12月14日:日次
(%)
7
1)。2015年12月16日以来、約1年ぶりの利上げとな
米国政策金利(FF金利)
4
3
FOMC参加者の想定する利上げペースが加速
声明文とは別に公表された付属資料を見ますと、
2
FOMC参加者によるFF金利見通しの中央値(誘導目標
1
レンジの中心値)は、2017年末が1.375%、18年末が
2.125 % 、 19 年 末 が 2.875 % と な っ て い ま す 。 9 月
FOMC時点に比べると17年末、18年末、19年末いずれ
も0.25ポイント上方修正されており、参加者の想定す
る利上げペースは加速したことが分かります(図表2)。
0
00
02
04
06
08
10
12
14
16
(年)
出所:ブルームバーグのデータを基にアセットマネジメントOneが作成
(注)2008年12月16日以降、誘導目標レンジの中心値を表記
図表2
2017年の利上げペースは緩慢なものが見込まれる
FOMC参加者のFF金利見通し
(中央値)
今後、米国では労働需給の一層の引き締まりを受け、 3.5(%)
賃金上昇率が徐々に高まる見通しです。ただし、米ド
ル高などの不透明要因が企業家心理を抑制し、賃金の
3.0
上昇ペース自体は緩やかなものにとどまるものとみら
2.5
れます。また、トランプ次期米大統領は減税やインフ
ラ投資などの財政出動に強い意欲を示していますが、
議会での審議を経て政策が動き始めるのは、2017年秋
口以降とみられます。
このため、弊社では2017年の米国の実質GDP成長率
2.0
1.5
1.0
は前年比+2.4%、消費者物価上昇率は同+2.2%にと
0.5
どまり、FRBによる2017年の利上げペースも0.25%の
0.0
小幅な利上げが年2回程度の緩慢なものになるとみてい
ます。
16
17
2016年12月時点
18
2016年9月時点
19
(年末)
出所:FRBのデータを基にアセットマネジメントOneが作成
(注) 政策金利見通しは、FOMC参加者による各年末のFF金利誘導目
標見通しの中央値(年末、目標レンジの中心値)
※上記グラフは、将来の経済、市況、その他の投資環境にかかる
動向などを示唆、保証するものではありません。
※巻末の投資信託に係るリスクと費用およびご注意事項を必ずお読みください。
商 号 等 / アセットマネジメントOne株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第324号
加入協会/ 一般社団法人投資信託協会
一般社団法人日本投資顧問業協会
1
金融市場の反応
図表3
FOMC参加者のFF金利見通しにおける2017年の利上
げの予想回数(1回あたり0.25%)が中央値で3回と、
9月時点の2回からペースが速まったことを受けて、金
(%)
米国と日本の10年国債利回り差
と米ドル/円相場の推移
(円)
2015年12月14日~2016年12月14日:日次
2.7
125
ました。日米国債利回り差が拡大する中、米ドルは今
2.5
120
年の2月以来となる1米ドル=117円台へ上昇しました
2.3
115
(図表3)。
2.1
110
1.9
105
1.7
100
融市場では米国10年国債利回りが2.5%台後半に上昇し
今後の市場見通し
FRBの利上げは市場予想通りでしたが、FOMC参加者
のFF金利見通しは予想よりも利上げに積極的な見方を
示す内容と考えられます。詳細は議事要旨公表(2017
年1月4日予定)が待たれますが、しばらくは現在の米
1.5
15/12/14
国金利高と為替の米ドル高の基調が持続するとみられ
ます。
95
16/12/14
(年/月/日)
米国と日本の10年国債利回り差(左軸)
16/3/14
16/6/14
16/9/14
米ドル/円(右軸)
出所:ブルームバーグのデータを基にアセットマネジメントOneが作成
また、米ドル/円相場については、米国の商品先物取
図表4
引委員会(CFTC)通貨先物取り組み状況も注目されま
す。海外投機筋のポジションの参考値とされる円の売
り買い差引の非商業ネットポジションが、足元では売
り越しに転じており、年末を控えて薄商いとなる可能
通貨先物ポジション動向と
米ドル/円相場の推移
2015年1月6日∼2016年12月6日:週次
(枚)
-150,000
円売り越し
性もある中で、今後の動きが注目されます(図表4)。
-100,000
ただし、イエレン議長は記者会見で次期政権の経済
政策は不確実性が大きいことに言及しています。今後
120
-50,000
110
の政策動向次第では、FOMCの経済見通しや金融政策の
0
先行きに対する投資家の見方が変化する可能性があり
ます。
100
50,000
このほか、2017年にはFOMCの投票権を有する地区
15/1
FRB理事の補充人事などもあり、体制変更による金融
(2016年12月15日10時執筆)
円買い越し
100,000
連銀総裁が4名入れ替わるのに加え、空席である2名の
政策姿勢への影響にも留意が必要と考えられます。
(円)
130
15/5
15/9
16/1
円のネットポジション(左軸、逆目盛)
16/5
90
16/9 (年/月)
米ドル/円(右軸)
出所:ブルームバーグのデータを基にアセットマネジメントOneが作成
※上記図表は、将来の経済、市況、その他の投資環境にかかる動
向などを示唆、保証するものではありません。
※巻末の投資信託に係るリスクと費用およびご注意事項を必ずお読みください。
2
投資信託に係るリスクと費用およびご注意事項
【投資信託に係るリスクと費用】
● 投資信託に係るリスクについて
投資信託は、株式、債券および不動産投資信託証券(REIT)などの値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替リス
クもあります。)に投資をしますので、市場環境、組入有価証券の発行者に係る信用状況等の変化により基準価額は変
動します。このため、購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
● 投資信託に係る費用について
[ご投資いただくお客さまには以下の費用をご負担いただきます。]
■お客さまが直接的に負担する費用
購入時手数料 :上限4.104%(税込)
信託財産留保額:上限0.5%
公社債投信およびグリーン公社債投信の換金時手数料:取得年月日により、1万口につき上限108円(税込)
その他の投資信託の換金時手数料:ありません
■お客さまが信託財産で間接的に負担する費用
運用管理費用(信託報酬):上限 年率2.6824%(税込)
※上記は基本的な料率の状況を示したものであり、成功報酬制を採用するファンドについては、成功報酬額の加算に
よってご負担いただく費用が上記の上限を超過する場合があります。成功報酬額は基準価額の水準等により変動する
ため、あらかじめ上限の額等を示すことができません。
■その他費用・手数料
上記以外に保有期間等に応じてご負担いただく費用があります。投資信託説明書(交付目論見書)等でご確認ください。
※上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的な投資信託を想定しております。
費用の料率につきましては、アセットマネジメントOne株式会社が運用するすべての投資信託のうち、徴収するそれぞれ
の費用における最高の料率を記載しております。
※税法が改正された場合等には、税込手数料等が変更となることがあります。
【ご注意事項】
●当資料は、アセットマネジメントOne株式会社が作成したものです。
●当資料は、情報提供を目的とするものであり、投資家に対する投資勧誘を目的とするものではありません。
●当資料は、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完
全性、正確性について、同社が保証するものではありません。また掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保
証するものではありません。
●当資料における内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。
●投資信託は、
1.預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。加
えて、証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象ではありません。
2.購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
3.投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなり
ます。
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
311 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content