close

Enter

Log in using OpenID

中国の景気動向と人民元相場 - アセットマネジメントOne

embedDownload
情報提供資料
中国の景気動向と人民元相場
2016年10月19日
 7-9月期実質GDP成長率は+6.7%と安定成長継続
 足元の中国景気は良好だが、先行きは楽観できず
 人民元は対米ドルで緩やかな下落基調が続くと見込まれる
7-9月期の実質GDP成長率は政府目標の範囲に
図表1
10月19日、中国国家統計局が発表した7-9月期の実
質GDP成長率は前年同期比+6.7%と4-6月期から変わ
2011年1-3月期~2016年7-9月期:四半期
らず、市場予想中央値(同+6.7%、ブルームバーグ調
(前年同期比、%)
11
べ)に一致しました。中国経済は3月の全国人民代表大
会で設定された政府の通年目標である+6.5~7.0%の
8
年初来の実質GDP成長率は2015年通年の実績である
7
+6.9%を下回っており、中国経済が緩やかながらも減
6
速している様子を映し出しています。
しかし、財新製造業購買担当者景気指数(PMI)や工
していたとされる李克強指数の改善が顕著です(図表
2)。また、中国の統計制度では資源価格急落時に実質
実績
9
景気の実態は実質GDPが示すより良好な可能性
さらに、李克強首相が景気実態を表す統計として注目
目標
10
範囲内で安定成長が続いています(図表1)。
業企業利益は2015年後半以降回復傾向となっています。
中国実質GDP成長率の推移
5
11
12
13
14
15
16
(年)
出所:中国政府、ブルームバーグのデータを基にアセット
マネジメントOneが作成
(注)2016年の通年目標は6.5~7.0%のレンジ
GDP成長率が過大推計となりやすい傾向があります。
そのため、2015年の実質GDP成長率がやや高めの数字
図表2
となった結果、2016年の景気回復が捉えづらい状況に
なっていると思われます。
工業企業利益と李克強指数の推移
2012年1月~2016年8月:月次
(前年同月比、%)
18
上述の背景から、中国景気の実態は実質GDPが示す
よりも良好である可能性が考えられます。
14
(前年同月比、%)
30
李克強指数(左軸)
25
工業企業利益(右軸)
20
16
2017年にかけて減速圧力が強まる見込み
12
15
足元の中国景気は良好とみられるものの先行きは楽
10
10
観できません。2015年からの景気の持ち直しは鉱工業
8
5
部門の在庫調整進展や不動産市場の回復などが背景に
6
0
あったと思われます。しかし、過熱感のある不動産市
4
-5
場に対して、地方政府単位での規制が相次いでいるこ
2
-10
となどを考慮すると、景気サイクルは今後ピークアウ
0
トすると見込まれます。また、2017年の共産党大会を
経て最高指導部である政治局常務委員の入れ替わりが
想定されることから、政争激化が経済活動に悪影響を
与える可能性も考えられます。そのため、2017年にか
けて中国経済の減速圧力は徐々に強まると想定してい
ます。
-15
12
13
14
15
16
(年)
出所:ブルームバーグのデータを基にアセットマネジメントOne
が作成
(注)李克強指数は発電量、鉄道貨物輸送量、銀行貸出残高の伸
びの加重平均
工業企業利益は春節の影響を考慮し、1月のデータは非表
示、2月のデータは1-2月累計値を使用
※上記グラフは、将来の経済、市況、その他の投資環境にかかる
動向などを示唆、保証するものではありません。
※巻末の投資信託に係るリスクと費用およびご注意事項を必ずお読みください。
商 号 等 / アセットマネジメントOne株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第324号
加入協会/ 一般社団法人投資信託協会
一般社団法人日本投資顧問業協会
1
足元で米ドルに対し人民元安傾向が継続
図表3
10月に入り人民元は米ドルに対し約6年ぶりの安値水
2015年12月11日~2016年10月18日:日次
準へ下落し、その後も人民元安傾向が続いています。
こうした背景には、
①米国の景況感など堅調な指標を背景に米ドル高
が進んだこと
人民元の推移
(人民元)
6.2
106
104
通貨バスケット指数(左軸)
人民元高
米ドル/人民元(右軸、逆目盛)
6.3
②国際通貨基金(IMF)による特別引き出し権
102
(SDR)の構成通貨への人民元組入れ(1日)や
100
6.5
98
6.6
国慶節(1~7日)といった重要イベントを通過し、
中国当局が人民元を買い支えする必要性が後退し
たと考えられること
96
94
た13ヵ国・地域の通貨で構成される人民元の通貨バス
92
ケットは足元で安定的に推移しており(図表3)、中国
15/12/11
せん。
人民元の当面の見通し
年内の米国の利上げが意識される中、中国の輸出が
さえないことなどから今後も人民元安の圧力が高まり
6.7
人民元安
などが挙げられます。ただし、2015年12月に導入され
当局が人民元安誘導を図っているとは必ずしもいえま
6.4
6.8
6.9
16/3/11
16/6/11
16/9/11
(年/月/日)
出所:ブルームバーグのデータを基にアセットマネジメントOneが作成
※通貨バスケット指数は米ドル、ユーロ、円など13通貨で構成される
CFETS人民元指数を使用
※上記グラフは、将来の経済、市況、その他の投資環境にかかる
動向などを示唆、保証するものではありません。
易い状況が想定されます。また、足元では小幅な水準
に止まっているものの、中国の外貨準備減少が継続し
ていることには留意が必要です。こうしたことなどか
ら、人民元は対米ドルで緩やかな下落基調が続くと見
込まれます。
(2016年10月19日
13時執筆)
※巻末の投資信託に係るリスクと費用およびご注意事項を必ずお読みください。
2
投資信託に係るリスクと費用およびご注意事項
【投資信託に係るリスクと費用】
● 投資信託に係るリスクについて
投資信託は、株式、債券および不動産投資信託証券(REIT)などの値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替リス
クもあります。)に投資をしますので、市場環境、組入有価証券の発行者に係る信用状況等の変化により基準価額は変
動します。このため、購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
● 投資信託に係る費用について
[ご投資いただくお客さまには以下の費用をご負担いただきます。]
■お客さまが直接的に負担する費用
購入時手数料 :上限4.104%(税込)
信託財産留保額:上限0.5%
公社債投信およびグリーン公社債投信の換金時手数料:取得年月日により、1万口につき上限108円(税込)
その他の投資信託の換金時手数料:ありません
■お客さまが信託財産で間接的に負担する費用
運用管理費用(信託報酬):上限 年率2.6824%(税込)
※上記は基本的な料率の状況を示したものであり、成功報酬制を採用するファンドについては、成功報酬額の加算に
よってご負担いただく費用が上記の上限を超過する場合があります。成功報酬額は基準価額の水準等により変動する
ため、あらかじめ上限の額等を示すことができません。
■その他費用・手数料
上記以外に保有期間等に応じてご負担いただく費用があります。投資信託説明書(交付目論見書)等でご確認ください。
※上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的な投資信託を想定しております。
費用の料率につきましては、アセットマネジメントOne株式会社が運用するすべての投資信託のうち、徴収するそれぞれ
の費用における最高の料率を記載しております。
※税法が改正された場合等には、税込手数料等が変更となることがあります。
【ご注意事項】
●当資料は、アセットマネジメントOne株式会社が作成したものです。
●当資料は、情報提供を目的とするものであり、投資家に対する投資勧誘を目的とするものではありません。
●当資料は、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完
全性、正確性について、同社が保証するものではありません。また掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保
証するものではありません。
●当資料における内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。
●投資信託は、
1.預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。加
えて、証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象ではありません。
2.購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
3.投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなり
ます。
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
370 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content