close

Enter

Log in using OpenID

オーストラリア、今年2回目となる利下げを実施

embedDownload
情報提供資料
マーケットレポート
2016年8月2日作成
オーストラリア、今年2回目となる利下げを実施
今回のポイント
 豪州準備銀行は、8月2日に政策金利の引き下げ(1.75%→1.50%)を決定しました。政策金利の引き
下げは2016年5月以来で今年2回目の実施となり、過去最低水準となります。
 今回の利下げ実施後、オーストラリアドルは対米ドル・対円で下落し、国債利回りは低下しています。
 豪州準備銀行は、国政選挙後の政権運営能力低下が懸念される中、インフレ率の動向や政策の効果を見
極める環境とみられます。今後、引き続き追加金融緩和の可能性を探る環境にあり、国債利回りは一進
一退の展開、オーストラリアドルは当面は対米ドル・対円ともにレンジ内の動きとなることが想定され
ます。
政策金利の推移
金融政策について
8月2日、オーストラリアの中央銀行である豪
州準備銀行は政策金利を0.25%引き下げ、過去
最低水準となる1.50%とすることを決定しまし
た(8月3日から適用)。政策金利の引き下げは
2016年5月以来で、今年2回目の実施です。
豪州準備銀行総裁は声明で、「インフレ率は
低い水準で推移しており、労働コストの伸びが
抑制されている。」と説明しており、また、豪
州準備銀行は通貨高が豪州経済の非資源産業へ
の移行を難しくしかねないとの見方を示唆して
います。
3.00
2.75
2.50
2.25
2.00
1.75
1.50
1.25
13/8
今回の利下げは低インフレとオーストラリア
ドル高という状況に対応したものであると考え
られます。
マーケットの反応
7月27日に発表された2016年4-6月期のCPI
(消費者物価指数)が、豪州準備銀行のインフ
レ目標レンジ(2%∼3%)を下回ったことから、
市場では利下げ観測が台頭していたものの、今
回の政策変更を受けて、8月2日の為替市場では
オーストラリアドルは対円で一時76円台に下落
し、対米ドルでも下落しました。また、10年国
債利回りは1.8%台前半に低下しています。
(%)(2013年8月2日~2016年8月2日)
14/2
14/8
15/2
15/8
16/2
※政策金利はキャッシュレートを使用しています。
16/8
(年/月)
インフレ率の推移
3.5
(2013年4-6月期~2016年4-6月期)
(%)
3.0
2.5
2.0
1.5
1.0
0.5
13/6
13/12
14/6
14/12
15/6
15/12
16/6
(年/月)
※インフレ率は消費者物価指数(前年比)を使用しています。
※四半期データを使用しています。
(出所:BloombergのデータをもとにDIAMアセットマネジメント作成)
※上記は、将来の市場動向を示唆・保証するものではありません。※巻末のご注意事項等を必ずご確認ください。
商 号 等 / DIAMアセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第324号
加入協会/ 一般社団法人投資信託協会
一般社団法人日本投資顧問業協会
1/3
マーケットレポート
情報提供資料
金利の推移
今後の市場見通し
足元の豪州経済は、資源産業主導の経済
成長からの構造変化の途上にあります。中
央銀行の金融緩和策に加えて、2013年か
らオーストラリアドルが米ドルに対して通
貨安となった効果などから、住宅市場や観
光・留学などのサービス輸出は順調に拡大
し、資源産業の不振を一部カバーしていま
すが、低水準のインフレ率に表れているよ
うに非資源産業は経済全体のバランスを取
るために必要な規模には拡大していないと
みられます。
また、7月の国政選挙では与党は単独過
半数を確保できず、与党・保守連合でかろ
うじて過半数を獲得したに過ぎず、今後の
政権遂行能力の低下が懸念される状況です。
格付機関からは政権基盤が脆弱化したこと
から、先行きの財政運営について構造改革
進展の可能性低下の認識が示されています。
このような環境下、引き続き金利や通貨
の面からの支援が必要な状況であることが、
今回の政策金利引き下げ決定の背景であっ
たと考えられます。
豪州準備銀行はインフレ率の動向を注視
しつつ、財政を含む政策の効果を見極める
ために当面は金融政策を据え置くものと思
われます。ただし、オーストラリアドル高
やインフレ率の低迷が継続する場合には、
追加金融緩和を実施する用意はあるものと
思われます。5日に中央銀行は金融政策声
明を予定しており、その中でのCPI予測が
注目されます。
金融市場では、引き続き今後の追加金融
緩和の可能性を探る環境にあり、今後、国
債利回りは一進一退の動きとなる可能性が
高いとみられます。また、オーストラリア
ドルは当面、対米ドル・対円ともにレンジ
内の動きとなることが想定されます。
(2013年8月1日~2016年8月1日)
(%)
5.0
下落
4.5
4.0
3.5
債券
価格
3.0
2.5
2.0
1.5
上昇
13/8
14/2
14/8
15/2
15/8
16/2
16/8
(年/月)
※金利はオーストラリアの10年物国債利回りを
使用しています。
為替の推移
(円)
現地 110
通貨高
為替
レート
(2013年8月1日~2016年8月1日)
(米ドル)
1.1
100
1.0
90
0.9
80
0.8
豪ドル/円(左軸)
70
0.7
豪ドル/米ドル(右軸)
0.6
60
現地
通貨安
13/8
14/2
14/8
15/2
15/8
16/2
16/8
(年/月)
(出所:BloombergのデータをもとにDIAMアセットマネジメント作成)
※上記は、将来の市場動向を示唆・保証するものではありません。※巻末のご注意事項等を必ずご確認ください。
2/3
マーケットレポート
情報提供資料
160802情報豪州金融政策-1
3/3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
8
File Size
573 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content