close

Enter

Log in using OpenID

高見先生 先生と会うといつも、私の心は早朝の雪原のようになりました

embedDownload
高見先生 先生と会うといつも、私の心は早朝の雪原のようになりました。 ことばはこころであり、こころはことばのように思われます。しかし人というものは、かくも厄介な
生きものですね。考え、伝え、他者と意思疎通していかなければ、どうしても生きていかれないので
すから。 一人は孤独で、一人に真実はありませんでした。ことばをもって人は心を表し、心を伝播します。真
実はそれらの内のどこかに秘められているに違いなく、それらの内に私たちの生きる意味が、星空の
ように散りばめられているのかもしれません。 先生は私の医師であり、幼いころはたったひとりの大切な友人でした。一人の人間として、先生はい
つも私を尊重してくれました。そして、私もずっと先生のことを尊敬していました。実のところ、言
語治療を終えて何年も経ってから、先生が言語聴覚士という国家資格を確立したひとりだと知って驚
きました。最近先生の本も読みました。自分が研究実践の道を志すにいたり、いま改めて、先生の研
究者としての学際的かつ実践的な臨床のアプローチに感動しています。そして、どのような患者に対
しても一人の人間として接する、その思いに感銘を受けました。 ことばは私に生きる意味を与え、表現し、人とつながる喜びに、気付かせてくれました。先生がいな
ければ、きっと私はここに存在すらできなかったでしょう。私は生きなければなりません。それは決
して自分のためではなく、すべてのために。そのような意味のもとに生命が生まれ、自分の存在理由
があると信じて。 うまくことばでは言い表せませんが、とても感謝しています。海が心で溢れそうになるくらい、感謝
しています。 リンツより心を込めて。 田中ゆり 追伸:自分が小学生だった頃にもお話ししましたが、実家の電話口で母と間違えられることが度々あ
りました。おかしな話ですよね。母は亡くなったのでもう比較できませんが、今でもそうなのでしょ
うか?少し気になっています。また今度、「経過観察」していただけたら嬉しいです。 
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
48 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content