close

Enter

Log in using OpenID

曲り角のさき

embedDownload
曲り角のさき
千古高風 5
いよいよ2学期が始まりました。
この夏、いま表彰された弓道部だけではなく、運動部・文化部ともに少人数
ながらも大健闘したという報告を受け、たいへん嬉しく思います。
また、ボランティア活動に熱心に励む姿や挨拶・交通マナー等が、町の小・
中学生にいい影響を与えているという声も聞いています。
しかし、皆さんにとって、この夏はいいことばかりではなく、さまざまな失
敗や、苦しいこと・悔しいことがあったことと思います。それでも、この場に
元気な顔を見せてくれたことを、とても嬉しく思います。
この夏も、県内外で事故や事件に巻き込まれ、若い命を落とすという痛まし
い報道がありました。
1学期にも言いましたが、皆さんは次の時代を担うかけがえのない存在です。
改めて安全ということをしっかりと心がけ、豊かな高校生活を送ってほしいと
思います。
……◇……
さて、昨年、NHKの朝の連続テレビ小説「花子とアン」のモデルとなった、
『赤毛のアン』の翻訳者・村岡花子(1893 ~ 1968・山梨県)の話をし、次の
言葉を紹介しました。覚えていますか?
いま曲り角に来たのよ。曲り角を曲がったさきに何があるのか
は、わからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいない
と思うの。
これは、赤毛のアンが進路決定という〈人生の分かれ道〉で、自分の進む道
を堂々と表明した時の言葉です。アンは、孤児であった自分を育ててくれた養
父・養母の家・グリーンゲイブルズ(緑の切り妻)を守るために、大学進学で
はなく地元で教師をする道を選んだのです。
この本を村岡花子が翻訳したのは、多くの人々が命を落とし街が廃墟と化し
た悲惨な太平洋戦争のさ中でした。
『赤毛のアン』は、戦争へと向かう「困難極まる時勢」に母国カナダに帰る
女性宣教師から託された 1 冊(原題:Anne of Green Gables)でした。「いつ
かまたきっと、平和が訪れます。その時、この本をあなたの手で、日本の少女
たちに紹介してください」
村岡花子は、アンが夢をもとめて前に進む不屈の精神に励まされ、平和な時
代はきっとやってくると信じて翻訳を完成させたのです。
さて、厳しい夏を経て、季節はこれから実りの秋へと向かいます。
曲り角を曲がったさきに何があるのかは、わからないの。でも、
きっといちばんよいものにちがいないと思うの。
このアンの言葉のように、さまざまな分かれ道や困難に不屈の精神でしっか
りと立ち向かい、〈まだ見ぬ自分〉を発見し、豊かな実りの秋を迎えることを
願い、2学期始業式の式辞とします。
(2学期始業式式辞に加筆・修正)
○参考
村岡恵理『アンのゆりかご
村岡花子の生涯』(新潮文庫)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
102 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content