close

Enter

Log in using OpenID

ローターバッハ。

embedDownload
Success STORIES
Success STORIES
日本ローターバッハ株式会社
日本ローターバッハ株式会社
世界中のエンジニアが認めるデバッガ、
ローターバッハ。
ARMもNios IIもお任せあれ。
るメーカーの数は少なくなってしまいましたが、
2013 年 8 月に発売しました。まだまだ知名度が
一時期は日本を含めて多くのメーカーが携帯市
足りないみたいなので、機会があるごとにご紹
場に参入していましたから、ARM プロセッサの
介していきたいと思っています。
広がりに伴い当社製品のユーザーにも広がって
アルテラ小山:今もありましたけど、ロー
ドイツに本社を置くローターバッハが提供するデバッグツール「TRACE32 PowerTools」シリーズは、欧米では 80%から 90%に
いき、そこでローターバッハを使ったエンジニ
ターバッハさんの製品って価格が高いという評
近いシェアを誇るなど、業界標準のツールとして、ハードウェアエンジニアからソフトウェアエンジニアまで幅広いユーザーに支持
アの方々が次のプロジェクトでも当社の製品を
判を聞くことがあるんですが、実際のところは
されている。高い安定性や豊富な機能とともに、さまざまなアーキテクチャをサポートしているのが特徴である。今回はカスタム・
選んでくださったり、口コミで広めてくださっ
どうなんですか?
ロジック・ソリューションのリーダー企業である日本アルテラからお二人をお招きし、
「アルテラ SoC」および「Nios® II」プロセッサ
た。そういった背景があるのかなと。
の開発環境をテーマに座談会を行った。
しかにありますね。お客様には申し訳ないんで
日本でもシェアを拡大中
日本アルテラ株式会社
すね。例えば、どんなコンパイラでも使えるよ
うにするとか、さまざまな OS プラットフォー
ローターバッハ香川:国内には日系のツール
ムに対応するなど、お客様の多様な環境で使っ
ベンダーさんがいらっしゃいますので、正直な
ていただけるように機能面の拡充を図っていま
ところシェアに関してはワールドワイドほど大
す。軽くてサクサクと動き、動作も大変安定し
JTAG ツールに相当します。デバッグツールと
きくはありません。それでも、モバイル端末や
ていますので、価格だけではなくそういった点
してはデファクトスタンダード(事実上の標
基地局などの開発ではずいぶん使われていると
も評価していただければと思っています。
準)的な存在で、海外では「デバッグツールと
感じています。それと実数は把握しきれていま
アルテラ小山:ちなみに、当社の「Cyclone®
いえばローターバッハ」と言われるぐらいに浸
せんが、レンタルで使われているお客様もかな
V SoC」が搭載された「Helio」
(アルティマ社製)
透しています。
りいらっしゃるとみています。
という開発ボードを対象にしたこの構成(次
小山 崇之 氏
アルテラ萩原:アルテラ SoC のお客様といろ
世界的に多くのシェアを獲得している理由は
どこにあるとお考えですか?
ローターバッハ
いう独自アーキテクチャのプロセッサのほかに、
ARM® Cortex®-A9 MPCore プロセッサと FPGA と
を組み合わせた「アルテラ SoC」ファミリを展
本日はカスタム・ロジック・ソリューション
を手がける日本アルテラのお二方を交えて、デ
バッグ環境を中心にお話を伺いたいと思います。
開しており、私はそうしたプロセッサ製品やテ
クノロジーのマーケティングを担当しています。
はじめにローターバッハの製品について簡単
に紹介してください。
ロ ー タ ー バ ッ ハ 香 川: ロ ー タ ー バ ッ ハ は
ローターバッハ香川:価格は非公開というわ
知度はかなり高いと感じます。例えば、以前は
けではないのですが、デバッグ機能だけの場合
ローターバッハ香川:いろいろな理由がある
モバイル端末を担当していた人がローターバッ
と思いますが、安定性と品質が高いこと、本体
ハさんの経験があり、今は基地局の開発に移っ
とプローブとを分けたモジュラー形式なので末
ていて、引き続きローターバッハさんのデバッ
永く使えること、無限に近いトレースを取得で
グツールを使っている、といった話はよく聞き
きる「リアルタイムストリーミング」やトレー
ます。
スと消費電力との相関を把握できる「エネル
ローターバッハ香川:ただ、弊社はプロセッ
ギープロファイリング」などの優れた機能を搭
サ の 市 場 に は 浸 透 し て い る ん で す が、ARM
載していること、さらに、お客様のご要望に応
Cortex-M 系に代表されるマイコン市場は開拓中
じて数多くの OS やコンパイラに対応してきた
なんですよ。マイコン専用に開発された国産の
こと、などが評価された結果なのかな、と考え
デバッグツールと比べてしまうと、どうしても
ています。
価格的に高く見えるんですかね。
1979 年にドイツで創業し、日本法人の設立は
た Nios II やアルテラ SoC の技術サポートを担当
2003 年 で す。 主 力 と な る 製 品 が「TRACE32
ローターバッハ中村:もうひとつシェアが伸
ローターバッハ中村:実はマイコン市場も頑
アルテラ小山:アルテラでは、FPGA ロジック
しています。どちらかというと導入までの技術
PowerTools」シ リ ー ズ で、 マ イ ク ロ プ ロ セ ッ
びた理由には、携帯系の開発があったんだろう
張ろうということで、ARM Cortex-M 系を対象
を使って実装する「Nios II( ニオス・ツー)」と
サポートが主体です。そのほかに DSP コアの技
サを用いたシステムの開発に使う、いわゆる
と思っています。今でこそ携帯端末を開発す
にした廉価版のデバッガμTrace for Cortex-M を
ARM PARTNERS SUCCESS
ページ 図)でいくらぐらいなんですか?
いろとお話をすると、ローターバッハさんの認
アルテラ萩原:私は、小山から名前の挙がっ
まずは簡単に自己紹介をお願いします。
34
術サポートも担当しています。
すが、価格が下がりにくいということはありま
日本市場の状況はいかがですか?
マーケティング部
プロダクト・マーケティング・マネージャ
デバッグツールといえば
ローターバッハ香川:高いというご指摘はた
日本ローターバッハ株式会社
営業 技術サポート
香川 貴人 氏
ARM PARTNERS SUCCESS
35
Success STORIES
Success STORIES
日本ローターバッハ株式会社
日本ローターバッハ株式会社
ださい。
ローターバッハ香川:ARM Cortex-A9 MPCore
日本ローターバッハ株式会社
技術
アルテラ小山:なるほど。国産のデバッグ
アルテラ小山:現在は ARM Cortex-A9 MPCore
をデュアルコア構成で搭載した Arria V SoC(コ
SoC および「Arria® V SoC」はTRACE32 PowerTools
特徴を紹介すると、アルテラ SoC の FPGA 部分
ターバッハのツールも使えるんでしょ?」とい
ア 周 波 数 最 高 1.05GHz)と Cyclone V SoC( 同
シリーズで対応済みですし、冒頭でも名前の挙
に Nios II プ ロ セ ッ サ を 実 装 し た 場 合 に、ARM
うお問い合わせをいただいたときには、一般的
950MHz)を出荷していますが、さらに高性能
がったNios IIプロセッサにももちろん対応してい
Cortex-A9 MPCore プロセッサと Nios II プロセッ
な開発用途であればもちろん使い慣れたデバッ
化 し た Arria 10 SoC( 同 1.5GHz を 予 定 )を 発 表
ます。
サとを同時にデバッグすることができるんです。
ガを使っていただいてかまいません、とお答え
済みです。また、フラグシップデバイスとして、
アルテラ小山:Nios II で動作する RTOS(ITRON
ライセンスとしては ARM Cortex-A9 MPCore 用
しています。
ARM Cortex-A53 MPCore をクワッドコアで搭載
系 OS)の TRACE32 でのサポート機能の組込み
と Nios II」用 と の 2 本 が 必 要 で す が、TRACE32
をお願いできませんかって最初にローターバッ
PowerTools はひとつでかまいません。
日本アルテラ株式会社
ハさんにお話を持っていったときのエピソード
応用技術部
エンベデッド& DSP
テクノロジ・スペシャリスト FAE
萩原 尚 氏
お客様からご要望があれば対応しますから。
自動車など成長市場への
浸透を図る
今後の取り組みをお聞かせください。
アルテラ小山:それは素晴らしい。アルテラ
にアピールしていきたいと思っています。プ
Stratix 10 SoC のレジスタを定義するとか、そ
てられている内蔵 DRAM コントローラの制御
SoC で、ARM Cortex-A9 MPCore プ ロ セ ッ サ を
ロセッサでいうと、今までは ARM 系ではなく
ういうところですね。すぐにサポートできる
レジスタなどを、単なるレジスタビットマッ
メインプロセッサとして使いながら、サブプロ
フリースケールさんやインフィニオンさんが
と思います。
プとしてではなく、レジスタの名称やビット
セッサとして Nios II を搭載したいというお客様
中心でした。日本の自動車メーカーやサプライ
が、 標 準 機 能 と し て 提 供 さ れ て い る RTOS サ
MPCore プロセッサを内蔵したアルテラ SoC と
の役割としてデバッガ画面に表示することも
もいらっしゃいますので、是非そういった応用
ヤーさんに対して当社の認知度を高めつつ、ソ
ポートや Flash プログラミング機能、ターゲッ
いう製品ファミリの拡充を進めていますが、従
できるようになっています。メモリマップ内
に提案していきたいと思います。
リューションを広げていけたらなと。
ト CPU が変わっても陳腐化しないモジュラー
来からの Nios II プロセッサにも引き続き取り
のレジスタにマウスカーソルを重ねるだけで
形 式 の デ バ ッ ガ ハ ー ド ウ ェ ア か ら 考 え る と、
組んでいきます。たとえば、2014 年 5 月に発表
レジスタ情報がポップアップ表示されますの
アルテラでは「ARM Development Studio 5
十分にリーズナブルな範囲だと思います。
した「MAX® 10 FPGA」という安価な FPGA にも
で、デバッグを効率的に進められるのではな
Nios II は実装可能です。その意味でも Nios II を
いかと思います。
同時デバッグも可能
次に、アルテラ製品への対応状況を教えてく
ています。
アルテラ萩原:実はアルテラ SoC の内部には、
Ethernet や USB などのペリフェラルの制御レジ
アルテラ小山:アルテラでも自動車市場はと
それであればユーザーも安心ですね。最後に
一言ずついただけますか?
ア ル テ ラ 小 山: 先 ほ ど も 紹 介 し ま し た が、
ても重要と考えていて、車載用途にも是非アル
ARM Cortex-A9 MPCore をデュアルで搭載した
(DS-5™) Altera Edition」というデバッグツール
テラ SoC を使っていただきたいと考えています。
アルテラ SoC のデバッグツールとしては、純
を出しています。ローターバッハの TRACE32
ところで、自動車というと機能安全への対応が
正 と し て 位 置 づ け ら れ る DS-5 Altera Edition
PowerTools と は ど の よ う な 関 係 に な る の で
求められ、当社でも「認証済みファンクショナ
に加えて、世界的にユーザーの多い TRACE32
すか?
ル・セーフティ・データ・パッケージ」という
PowerTools も使えますので、お客様は安心し
リソースを提供しているのですが、何か取り組
て開発に取り組んでいただけるのではないかと
みは行っていますか?
思っています。また、知り合いのよしみという
ローターバッハ香川:アルテラさんのアル
スタが何千個も入っているんです。一般的には
アルテラ小山:DS-5 Altera Edition は ARM
テラ SoC に関しては、メモリマップに割り当
データシートと見比べながらレジスタダンプを
DS-5 を ベ ー ス に Cortex-A9 MPCore プ ロ セ ッ
追わなければなりませんから、とても便利な機
サと FPGA 部分との連動機能などを追加したア
ローターバッハ中村:DO-178C と ISO26262
わけではありませんが、ローターバッハさんと
能だと思います。
ルテラ SoC 専用のデバッグツールです。当社
の要求を満たすアプリ開発に TRACE32 のコー
はいろいろなイベントで一緒にプロモーション
ア ル テ ラ 小 山: 今 の お 話 は、 当 社 が「HPS
としてはアルテラ SoC をデバイスだけではな
ドカバレッジ機能をご利用いただくくため
などを進めていければと願っています。
(ハード・プロセッサ・システム)」と呼んでい
くて開発環境を含めてきちんと提供しようと
の 一 助 と な る「TRACE32 Tool Qualification
ローターバッハ香川:ARM Cortex-A9 MPCore
る ARM Cortex-A9 MPCore プロセッサ部分のペ
い う 位 置 づ け で、 ま ず は DS-5 Altera Edition
Support-Kit」という無償オプションを発表済
プロセッサと Nios II プロセッサとのマルチコア
リフェラルが対象ですが、ユーザーが FPGA 上
をご紹介していますが、決してこれだけです
みで、間もなく正式にリリースされる予定で
デバッグを実現している点はあらためて強調し
にレジスタを定義した場合もそうした見せ方は
べ て の ニ ー ズ を 満 た す と は 考 え て い ま せ ん。
す。どういうツールを使ってどうやってカバ
ておきたいところです。それぞれで異なる OS
できるんですか?
お客様のニーズや開発ステージによっては
レッジを取得したか、という情報を資料とし
を動かすヘテロジニアスな環境でも丸ごとサ
ロ ー タ ー バ ッ ハ さ ん の TRACE32 PowerTools
てきちんと残しておきたいというお客様向け
ポートします、というのが、アルテラさんのソ
ユーザーレジスタの定義ファイルをテキスト
を使っていただくといった形になると思って
のキットで、ソースコードと TRACE32 評価用
リューションを対象にした当社の強みだと思っ
か XML で記述して与えてやれば問題ありま
います。
のテストスイートからなる既製のパッケージ
ています。
ロ ー タ ー バ ッ ハ 香 川: も ち ろ ん で き ま す。
せん。
図:アルティマ社製「Helio」
(左)と「TRACE32 PowerTools」
(右)。
ARM PARTNERS SUCCESS
ロ ー タ ー バ ッ ハ 香 川:A R M C o r t e x - A 5 3
MPCore にはすでに対応済みですから、あとは
ブレークも可能です。
アルテラ小山:アルテラでは ARM Cortex-A9
サポートしていただいているのは本当に助かっ
バッハさんとすでにお話が進んでいるとアメリ
カ本社からは聞いています。
たデバッグもできますか?
ローターバッハ香川:はい、同時実行や同時
新しいデバイスのサポートについても、ローター
ローターバッハ香川:個人的には自動車市場
て対応していただいたんですよね。
ローターバッハ中村:弊社はベンダーさんや
アルテラ小山:両方のプロセッサを連動させ
した「Stratix® 10 SoC」も開発中です。これらの
ツールよりは確かに若干高いかもしれません
Cortex-A9 と Nios II の
36
能です。これはすべてのソフトウェアエンジニ
アの方が関わる部分ではありませんので「ロー
答えたら、「じゃあ、サポートしておきます」っ
れぞれこのぐらいです(メモを見せる)。
せんね。機会があれば試させてください。
ローターバッハ香川:もうひとつ機能的な
か?」と訊かれたので「それなりにいます」と
とトレースメモリ 2GB を追加した場合とで、そ
る「デバイスドライバ」のデバッグに役立つ機
プロセッサを搭載したアルテラさんのCyclone V
があるんですが、「Nios II ユーザーは何人います
中村 信也 氏
ツールの対応予定はいかがですか?
出せるので、そのまま持っていけるかもしれま
アルテラ萩原:DS-5 Altera Edition でしかでき
アルテラ小山:ユーザー定義レジスタは、当
ないデバッグって FPGA との連携のところなん
社の開発ツール「QSYS」から XML 形式で吐き
ですが、FPGA ハードウェアを制御する、いわゆ
として提供されます。
今後のご発展を祈念しています。本日は興味
アルテラの今後のロードマップと、デバッグ
深いお話をありがとうございました。
ARM PARTNERS SUCCESS
37
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
676 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content