close

Enter

Log in using OpenID

大豆の品質・遺伝子形質

embedDownload
身延町あけぼの大豆振興協議会
第4回勉強会資料
(H28.8.31)
大豆の品種と遺伝形質について
~あけぼの大豆の生産振興に向けて~
峡南農務事務所(
峡南農務事務所(峡南地域普及センター
峡南地域普及センター)
センター)
農業農村支援課(
農業農村支援課(担い手育成担当)
手育成担当) 橋爪 淳
〒409409-3606 市川三郷町高田111
市川三郷町高田111111-1西八代合同庁舎1
西八代合同庁舎1階
電話 055(240)4116
品種と
品種とは
栽培、利用上、一定の特徴に基づき、同一の単位として
分類される個体群。
特性を全部保持しつつ、繁殖させることができるもの。
特性(形質)により分類される。
cf. 種・・・・・生物分類上の基本単位
「界」→「門」→「綱」→「目」→「科」→「属」→「種」
大豆: 植物界 マメ目 マメ科 ダイズ属 ダイズ
2
大豆品種の分類(生態分類)
・1 開花までの日数と結実日数の長短による分類)
生態型 開花までの
開花までの日数
までの日数
結実日数
Ⅰa
極短
短~中
Ⅱ
短
品種名等
Ⅲa、b 中
Ⅳ
長
長
Ⅴc
極長
長
あけぼの大豆
あけぼの大豆
秋ダイズ型
ダイズ型
3
本県の主要ダイズ品種
表 本県の奨励品種
品種名
摘要
あやこがね
早生
ナカセンナリ
中生
中間地帯~
高冷地
面積
(ha)
(ha)
特徴
160 多収。豆腐・味噌加工
に適す。ダイズシストセン
チュウに弱い
48 柔らかく煮豆・豆腐・
中間地帯
味噌加工に適す。
中粒で裂皮が発生
タマホマレ
※その他
晩生
平坦地帯
-
全糖含有高い(甘い)
倒伏しにくい
立枯性病害に弱い
あけぼの大豆(身延町在来種
晩生)
4
育成品種と在来種
育成品種
・
遺伝的に異なる形質の品種を
目標とする形質まで交雑・選
抜を繰り返し、新たにつくられ
た品種
例)エンレイ、ナカセンナリ、
タマホマレ、あやこがね等
在来種
地域で種子生産者により、
毎年、外観(形、種皮及び
へその色、粒の大きさ、病
害虫の有無等)により選抜
されたもの
例)あけぼの大豆(身延町)
丹波黒(兵庫県) 等
5
形質とは
・形質→生物が持つ、他のものと区別できる性質や特徴
1 形、色、大きさなどの外観
粒形、種皮及びへその色、草姿、草丈、
花色、葉の形、
2 開花期、成熟期など観察できる生理的な性質
3 糖度、病気に対する抵抗性など、見た目では
わかりにくい性質
6
あけぼの大豆の形態的特性(形質)
表1 あけぼの大豆等
あけぼの大豆等の
大豆等の形態特性
品種名
子実
粒形
種皮色
へそ色 粗蛋白 粗脂肪 全糖分
あけぼの大豆
楕円
黄白
褐
40.3% 18.6% 23.7%
丹波黒
球
黒
黒
42.6% 18.8% 21.6%
・
表2 あけぼの大豆等
あけぼの大豆等の
大豆等の生育、
生育、収量
品種名
子実
あけぼの大豆
楕円
黄白
褐
40.3% 18.6% 23.7%
丹波黒
球
黒
黒
42.6% 18.8% 21.6%
7
あけぼの大豆生育調査
・
現在のあけぼの大豆の特性等を把握するため、「身延町あけぼ
の大豆振興協議会」が、町内10ヶ所にて調査実施
1 調査場所
矢細工
古長谷
平須
西嶋
手打沢
八日市場
飯富
宮木
下山
相又
2 調査内容
定期的な環境観測(気温、湿度、照度)、生育調査
施肥、防除及び栽培管理(は種時期、天候、土寄せ等)
観察による形質等の確認(花色など)
収穫量など
8
大豆の品種に求められるもの①(農業特性)
1.安定多収性
• 収量
・
2.機械化適性
• 耐倒伏製、難裂莢性、
• 最下着莢位置高
3.病害虫抵抗性
• モザイク病、立枯性病害等に
抵抗性(病気に罹りにくい)が
ある
9
大豆の品種に求められるもの②(加工特性)
用途
栽培管理に
求められる条件
品種条件
豆腐
・汚粒が少ない
(保存性の低下等)
・しわ、裂皮少ない
(吸水ムラ)
・タンパク含有量
・色、旨味、風味
・カルシウム含量
・炭水化物含有量
味噌
・多収
・蒸煮時の色調
・全糖高く、低脂質
・大粒で種皮薄い
・へそ色が種皮と同色
10
品種改良とは
・1
同じ種、近縁の種を交配により目的とする形質を選抜する
表 主な品種改良法
交雑育種法
交配により新しい
変異体をつくり、
育種目標に沿って、
選抜、固定する
突然変異育種法
放射線照射によ
る新品種育成
大豆:ライデン
(1966年)
ネマシラズをγ線
照射→早生、耐倒
伏性り
倍数体育種法
化学処理によ
る遺伝子の染
色体数変化
耐病性、耐環
境ストレス性
が向上
11
×
品種改良法(交雑法)
人為的に、異なる品種の掛け合わ
せ(交雑)を行い、新しい品種を
つくること
F1
F2~F3 固定化
F4 個体選抜
育種目標
1
2
3
4
5
6
多収
品質
早晩性
病害虫抵抗性
機械化特性
耐環境性など
F5~F6
系統選抜
F7~F12
収量試験・現地試験
新品種
12
遺伝子組み換え
・生物の細胞から有用な性質をもつ遺伝子を取り
出し、植物などの細胞の遺伝子に組み込み、
新しい性質を持たせること
大豆A
・アクロバクテリウム法
プラスミド
プラスミド
(運び屋DNA)
細胞
培養
目的遺伝子(除草剤耐性など)
大豆B
例)「ラウンドアップレディー」(アメリカモンサント社)
除草剤を散布しても枯れない大豆品種
• 遺伝子組み換え作物:とうもろこし、大豆、菜種など
13
種子の生産(主要農作物種子法)
〈県試験場〉
県試験場〉
原々種の
原々種の生産
原種の
原種の生産
品種固有の特性、形質、純度維持等のため、
生産
原々種から、純粋な種子の増殖を行う。
指定生産農家
種子生産
①ほ場審査
②生産物検査
年2回(開花期、成熟期)審査
・雑草、異品種の有無、紫斑病等
がないこと、生育状況
異品種の有無、雑草種子、
病害虫粒、発芽率検査
検
査
証
明
書
14
期待される新品種 ①
・【納豆、豆腐等】
品種名
育成
すずほまれ H25
長野県
特性
黄大豆 子実大粒 中晩生種
高蛋白で豆腐向き、味噌、納豆も可
倒伏に強い 最下着莢位置が高い
障害粒(しわ、裂皮)も少なく外観良
【機能性】
品種名
ななほまれ
育成
H21
長野県
特性
黄大豆 子実は中粒 晩生
機能性蛋白質β-グリコシニンを豊富に含む
15
期待される新品種②
地域振興や6次産業化の取組み→特色ある大豆品種
〈新規用途〉
○健康機能性
高イソフラボン含有→機能性表示 「ふくいぶき」「ゆきぴりか」
○成分改変
大豆の青臭み原因(リポキシナーゼ)少ない→豆乳や製果向き
「すずさやか」「きぬさやか」
○色彩
緑大豆、赤大豆など
16
大豆の栄養
○栄養
・別名「畑の肉」→タンパク質多い
・糖分(ショ糖)
○機能成分
タンパク質
35%
脂質
19%
食物繊維
17%
・サポニン→血液中コレステロール低下
水分
13%
・イソフラボン→骨粗鬆症の予防など
糖質
11%
・大豆レシチン→コレステロール低下
・大豆オリゴ糖→整腸作用
・
17
特定保健用食品
・1 特定保健用食品(トクホ)とは
体の生理学的機能に影響を与える成分を
含み、特定の保健の効果(整腸作用等)が
科学的に証明されている食品
表 大豆の
大豆の主な機能性成分
成分名
効果
大豆オリゴ
大豆オリゴ等
オリゴ等
腸内環境改善
イソフラボン
更年期障害、骨粗鬆症の改善
大豆タンパク
大豆タンパク質
タンパク質
コレステロール低下作用
レシチン
脳の老化防止
18
地理的表示制度①
1 地理的表示とは
地理的表示とは(
農林水産省HPより
とは(農林水産省HP
HPより)
より)
○農林水産物・食品等の名称から産地を特定でき、産品の特性と
地域の結びつきがみられるもの
○「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」(平成26年6月)
○農林水産物、食料品等(酒類を除く)
〈要件〉
・一定期間(25年以上)継続して生産
・産地と結びついた品質基準を定め、
登録、公開
・品質基準の順守を生産者以外の
団体が確認(国の定期検査)
〈ブランド〉
・国のお墨付き
・GIマーク貼付による差別化
・不正使用は国が取締
・更新手続き、費用不要
19
GI (地理的表示制度)
○地理的表示の
地理的表示の例
夕張メロン(夕張市農業協同組合)
〈特性〉
特性〉
・果肉がオレンジ色で、香りが高い「夕張キング」という品種を
使用。糖度10度以上。
〈地域との
地域との結
との結びつき〉
びつき〉
・降水量が少ない上、火山灰土で水はけが良い地理的特徴から
品種特性が発揮される。細やかな管理により、この地域でないと
栽培できない。
20
オリジナル品種等を活用したブランド戦略事例
・((例)イチゴ
福岡県~あまおう
あ・(赤い)、ま
ま・(丸い)、お
お・(大きい)、う
う・(美味い)
商品開発、管理
知的財産戦略
・品種登録(福岡S6号)
→改良
・ブランド名(あまおう)
を商標登録
・差別化(県内生産者
のみ栽培を許諾)
・県、農業団体等で
知財管理組織を設立
・品質管理(栽培マニュア
ル、出荷規格の統一)
・海外(中国、香港等)での
商標登録
21
身延町あけぼの
身延町あけぼの大豆
あけぼの大豆ブランド
大豆ブランド力
ブランド力の強化
・オリジナル品種、種子の地域内生産
・産地フェア等による消費者との交流、地産地消
・商標登録によるブランド認証、安定販売
身延町あけぼの
身延町あけぼの大豆振興協議会
あけぼの大豆振興協議会(H28~)
種子の
種子の安定生産・
安定生産・供給
枝豆・
枝豆・大豆生産振興
ブランド力
ブランド力の強化
・試験ほ場の運営
・集出荷体制の強化
・種子品質基準の検討
・種子栽培暦の作成
等
・販路の拡大
・栽培及び出荷安定
・担い手確保 等
・新たな加工品の開発
・観光との連携
・知的財産等の活用等
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
921 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content