close

Enter

Log in using OpenID

実験室の通路幅

embedDownload
実験室の通路幅
■
スペースの取り方
標準実験室の標準寸法、特に実験室の間口については、一般的に次のよう
な付加設備と通路幅が標準とされています。
間口=付加設備+通路幅
㎜が適切とされています。
1. 通路幅は、
1400~1600
2. 実験台の合理的寸法
(奥行)
は次のとおりです。
片面実験台 750㎜
1,050
∼1,200
両面実験台 1500 ㎜
■
図2.1 通路広さ
(㎜)
通路幅
通路幅については以前から数多くの議論がなされ、結論としては上に示し
㎜がよいとされています。この数値は実験動作を測
たように、1400~1600
定・基準とした人間工学に基づいています。
1人の研究者が立って作業するには450~500
㎜を必要とし、
通路幅として
は600~700 ㎜が必要です。
1,050
∼1,200
一般的な化学実験では、
1人の実験者は両面実験台の半面と片面実験台の
図2.2 通路広さ
(㎜)
1面を使用するケースが多いので、1人が立って作業し、他の人が通り抜ける
㎜が必要となります。
場合には1050~1200
2人でそれぞれ両面実験台と片面実験台を使用する場合もあり、1人が
座った場合は1050~1200
えると1600~1700
㎜が必要です
(図2.1、
図2.2)
。
これに通路幅を加
㎜となりますが、同じ位置で背を向けて作業することは
まずないので、通路としてS字形に通行できるために1500 ㎜あれば十分、
と
いうことになります。
(図2.3)
1,500
これらの寸法を決める場合、実際に設計図面を描いたり納 入 設 置 の 時を
考え、
できるだけ端数をなくし、1200 ㎜、
1500 ㎜など多少のところは融通
して決めると便利です。
図2.3 S字形歩行と通路幅
(㎜)
750
1,500
1,500
1,500
1,500
1,500
750
9,000
図2.8 両面実験台2台を配置したときの通路幅
※『研究所事典 第三編 研究所の計画と付加設備』
(株)産業調査会 1985年8月より抜粋
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
18
File Size
849 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content