close

Enter

Log in using OpenID

一族キャンベル

embedDownload
「ドンと鳴った花火だー歌いたくなる写真集−」〈一般書〉 「エレーナのセレナーデ」
〈絵本〉
文・写真:國房 魁/刊:新日本出版社
子どもの 頃は歌 詞
の意味もわからずに
口ずさんでいた童
謡の数々。大人にな
ってから歌ってみると、
なんとも心に沁みる
ものがあります。
「花
火」に「みかんの花
咲く丘 」、
「赤銅鈴
之助」…。そんな懐かしい童謡の歌詞にぴ
ったりな子どもたちの写真を併せた、
思わず
歌いたくなってしまう写真集です。
著:キャンベル・ギースリン/絵:アナ・フアン/訳:小島希里
刊:BL出版
部屋の温度を測ってみよう
太陽の国メキシコに暮らす、
太陽のように元気な女の
子エレーナ。女の子がガ
ラス吹きになることを反対
されたエレーナは男の子
のふりをし、
吹きさおを持っ
て家を出ます。目指すはガ
ラス吹き職人たちが集まる
モンテレイの町。エレーナ
がさおを吹くとメロディが
流れ出し…。素敵な夢にあふれた旅がはじまります。
ガリレオガリレイという温度計がある。円筒形のガラス容器のな
「インビンシブル」
〈ビデオ・映画〉 「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス」〈DVD・映画〉
株式会社エスピーオー
ラフルなガラス玉が上下に浮遊して温度の変化をを読み取る「ガリ
レオ式温度計」だ。これを購入したおかげで最近室内の温度測定に
だいせつざんのすがお
ハマっている。
このコーナーでは、山岳ガイド、旭岳ビジ
ターセンター、自然解説員など旭岳で活躍す
る人たちをリレーして、季節とともに変化す
る旭岳の旬のお便りをお届けします。
温度計とはいっても、じつは18℃から26℃までしか測れないの
だが、夏でも室内が26℃を超えることはあまりないし、冬でも室内
の気温は20℃前後なので実用上問題はない。27℃以上は「暑い」、
17℃以下は「寒い」でいい。アナログ党の私にはこれで十分だ。
ふだんは仕事机の上に置いているので、たいてい20℃前後を行っ
バンダイビジュアル株式会社
二千年に渡り地上を闇から支配し、千
年に一度開かれる破壊の扉gボルテッ
クスeを操り地球消滅を企むシャドウマ
ン一族。地球を救うため、地上の守護
神g光の戦士eの力によってg愛eと
g光eの力を授かり一族と決別した元
シャドウ一族最強の戦士オースは、光に
選ばれし4人の仲間を探しださねばなら
ない。火・水・気・鉄・闇、
5つのエレメント
を操る無敵の戦士がここに誕生!
(92分)
文化交流館は7月から月
曜日も開館しています。み
なさんのご利用をお待ち
しています!
かに封じ込められた透明な液体の中を、温度を示すタグがついたカ
時は2015年。宇宙では怪獣と人間が
共存する新天地の開拓を進行してい
た。そこへ突然謎のロボット群が飛来し、
輸送ロケットを破壊しようと迫ってくる。
絶対絶命のピンチにウルトラマンコスモ
スが現れ、危機を救う。その矢先、か
つてコスモスと共に地球の危機を救っ
たウルトラマンジャスティスがロボット群
を復活させ、
コスモスをも倒してしまった!
はたしてジャスティスの真意は?
(77分)
たり来たりしていているのだが、机の上が22℃を超えると、頭のあ
たりは暑くてボーッとしてくる。ところが本州出身の私は生粋の道
産子にくらべて寒さに強いので、北海道出身者にとって我が家は「な
まら寒い」らしい。
逆に、一般的な道民の家は私には暑く感じられる。しかも外は真
北極の氷(1979.1)
冬なのに家のなかでは半袖でビールを飲んでいたり、アイスを食べ
ていたりする。これって異常だと思いませんか?化石燃料を使わな
い薪ストーブならともかく、たいていの家は灯油ストーブなので、
期 参 い の よ
待 加 ね で り
、
!
! す 。
ち ど 作
る な ん る
予 み ど ほ
定 に ん う
参 が
で 、
私 加 絶
す 達
対
。 は し
て に
乞
今
う 年 く 楽
だ し
、
ご も さ い
募
集
し
て
い
ま
す
。
雪
像
は
見
る
氷
像
コ
ン
ク
ー
ル
で
は
参
加
者
を
び
に
行
っ
て
み
ま
せ
ん
か
?
雪
像
、
寒
さ
に
負
け
ず
、
羽
衣
公
園
に
遊
ク
ー
ル
な
ど
、
盛
り
だ
く
さ
ん
!
更
な
る
躍
進
を
期
待
し
ま
し
ょ
う
!
ま
し
た
。
フ
ァ
イ
タ
ー
ズ
の
来
季
の
や
町
民
参
加
の
雪
像
、
氷
像
コ
ン
!
!
︶
そ
し
て
、
氷
土
会
に
よ
る
氷
像
広報の配布には各行政区役員等の皆さんの特段のご
協力をいただき、
厚くお礼申し上げます。
お手数をおかけしますが、
今後も引き続き速やかな配
布をお願いします。
なお、
配布に当たっては次の事項にご留意ください。
∏新しく転入された世帯や町内会に加入されていない
世帯にも、
併せて配布をお願いします。
π毎月の広報の必要部数に増減があった場合はお手
数ですが税務住民課広報広聴係までご連絡ください。
回
が
今
年
度
最
後
の
実
施
と
な
り
4
月
か
ら
9
月
ま
で
実
施
さ
れ
、
今
彩
る
幻
想
的
な
花
火
大
会
︵
必
見
本
賞
は
レ
ギ
ュ
ラ
ー
シ
ー
ズ
ン
の
泊
券
が
贈
ら
れ
ま
し
た
。
会
よ
り
天
人
峡
・
旭
岳
温
泉
ペ
ア
宿
の
ゆ
め
1
年
分
、
東
川
町
観
光
協
東
川
町
農
業
協
同
組
合
か
ら
ほ
し
ま
し
た
。
S
H
I
N
J
O
選
手
に
は
ま ﹁ に 餅 す 東 て 1
つ 。 川 毎 月
氷 年 15
き
ま 恒 ∼
大
つ 例 16
会
り の 日
や
﹂ 冬 は
、
が の 、
冬
開 お 羽
の
夜
催 楽 衣
空
さ し 公
を
れ み 園
桃
井
裕
子
中
屋
勇
哉
︸
東
町
1
丁
目
ん
よ
り
賞
品
の
目
録
が
贈
呈
さ
れ
く
お
願
い
い
た
し
ま
す
。
川
出
身
会
副
会
長
の
庄
内
忠
一
さ
に た
札 授 こ
幌 賞 と
ド レ か
ー セ ら
ム プ 、
授
で シ 賞
ョ
行
と
わ ン
な
は
れ
り
1
1
、
札 月 ま
幌 28 し
た
東 日 。
思
い
ま
す
の
で
、
ど
う
ぞ
よ
ろ
し
良
い
施
設
を
目
指
し
て
い
こ
う
と
私
達
も
気
持
ち
を
新
た
に
、
よ
り
多
く
放
ち
特
に
印
象
度
が
高
か
っ
道
草
館
が
﹁
道
の
駅
﹂
に
な
り
ま
す
。
オ
フ
進
出
に
貢
献
す
る
決
定
打
を
ご
ざ
い
ま
す
。
今
年
は
4
月
か
ら
亡
き
人
伊
田
伊
作
上
村
好
市
安
倍
美
江
子
本
幸
子
中
村
力
折
原
テ
ル
子
秋
葉
忠
次
郎
中
田
夫
尾
藤
文
子
村
上
武
治
上
村
子
安
倍
征
男
本
信
幸
中
村
邦
夫
折
原
石
之
秋
葉
節
子
中
田
初
代
尾
藤 届
出
人
寛
9
67
75
85
48
08
19
85
68
6歳
7 東3
12
5東
町 町
北 2 2
丁 丁
区 目 区 区 目
7南
南2
91
町 区 町 行
3 政
2 丁 西 丁 区
目 区 町 目
試
合
に
お
い
て
、
混
戦
の
中
プ
レ
ー
新
年
あ
け
ま
し
て
お
め
で
と
う
S
H
I
N
J
O
選
手
は
9
月
の
さ
れ
ま
す
鎌
倉
圭
吾
手
に
贈
ら
れ
ま
し
た
。
これだけでもかなり地球温暖化に貢献している。
東
川
町
民
が
選
ぶ
月
間
M
I
P
原油価格が史上最高値を付けている今だからこそ、暖房の設定温
度をすこし下げてみてはいかがだろう。ちょっと寒いなと感じたら、
素敵なセーターの一枚でも羽織ればいい。煙と消える油にお金を使
北極の氷(2003.2)
山
本
有
梨
奈
徳
生
ま
れ
た
子
勅 父
仁
晴 母
美
4
直
美
南
行
町
1 北 政
区
丁
目 区
にもなるのでは…。
文 山樂舎BEAR 佐久間 弘
秋あき 凛
田た 然
雄おか と
勝ち 白
は き
亡 は ら
母は め
の き
故 ふる て
郷 さと 年
な 迎
ず ふ
な
粥
高
橋
み
ら
の
うよりは、着るものでも買ったほうがお洒落だし、多少は景気対策
…だいぶとけてますよね
(画像提供:米国航空宇宙局)
ひ
が
し
か
わ
氷
ま
つ
り
が
開
催
克
明
智
恵
美
西
町
3
丁
目
賞
︵
9
月
分
︶
は
、
S
H
I
N
J
O
選
︵
11
月
16
日
∼
12
月
15
日
︶
︵
敬
称
略
︶
角かど 去 餅
の 年 花
な 今 の
き 年 夢
零 賀 咲
よ 状 く
り の あ
年 仕 し
の 訳 た
始 け よ
ま 忙 せわ ろ
り し こ
ぬ け ば
り し
初
晴
や
機
の
窓
の
富
士
く
っ
き
り
と
宮 松 小 石 秋 杉
山
坂 山 林 川 山
ひ
紫 蓉 露 ヤ 深 ろ
の
雲 子 葉 エ 雪 り
新 老
年 い
の ゆ
準 く
備 を
整 さ
え び
終しま し
い む
風 句
呂 集
の
初
便
り
山
口
佐
知
子
口 湯
ぐ 初
ち め
に や
言こと 心
寿ほ な
ぎ ご
あ み
り て
て 大
年 あ
は く
じ び
め
青 澤
野 田
公 久
美
花 子
皺 しわ
顔 がお
が
歳 とし
は
言
う
な
と
年
酒
酌
む
杉 石
山 澤
り 清
つ 宏
味
気
な
き
白
一
色
の
冬
中
に
葉
牡
丹
三
色
頭
な
ら
べ
る
明
日
あ
る
と
言
ふ
事
だ
け
で
嬉
し
く
て
夕
日
ま
ぶ
し
く
両
手
に
受
く
る
我
が
庭
の
苔
一
面
に
敷
紅
葉
深
み
ゆ
く
季
に
華
や
ぎ
と
な
る
脱
ぎ
す
て
し
如
く
に
枯
葉
の
散
り
て
行
く
衣
更
え
と
は
な
ん
と
切
な
き
小
粒
な
る
種
よ
り
育
て
し
大
白
菜
赤
子
の
如
く
抱
き
て
運
べ
り
な
つ
か
し
き
退
職
者
の
集
ま
り
に
見
え
ぬ
人
逝
き
し
人
あ
り
次
は
吾
か
と
此
れ
よ
り
は
海
鳴
り
と
住
む
わ
が
夢
に
ふ
は
り
絹
掛
け
山
裾
に
在
る
母
方
の
従
兄
弟
の
会
に
皆
と
逢
い
夕
べ
の
宴
は
盛
り
あ
が
り
た
り
尾
池
真
沙
子
井 矢
山 沢
一 ま
す
文 え
嶋
崎
ミ
エ
中 清 三 岡
田 水 島 澤
治 チ 一 チ
ズ
子 ヨ 世 子
白
寿
に
て
眠
る
が
如
く
逝
き
し
母
人
の
生
命
の
尊
さ
を
知
る
夫
あ
ら
ば
自
在
な
き
身
と
の
戒
め
か
戸
締
る
吾
の
カ
ギ
の
鈴
鳴
る
永 笹
江 田
栄 冨
士
子 子
プ
ラ
イ
ド
を
背
負
っ
た
ま
ま
で
は
辛
か
ろ
う
背
を
膨
ら
ま
せ
て
猫
は
よ
こ
ぎ
る
昨
日
と
は
打
つ
て
か
わ
り
し
銀
世
界
来
る
も
の
来
た
ね
と
言
葉
を
か
わ
す
宮 岩
坂 田
敬 ふ
じ
子 え
ひ
さ
び
さ
に
姉
を
い
ざ
な
い
寺
参
り
和
尚
の
法
話
を
幸
甚
と
せ
む
一
日
の
無
事
を
感
謝
し
掌
を
合
は
す
地
震
被
災
地
の
人
を
想
ひ
て
ひ
と
夏
の
役
目
を
終
へ
て
彩
変
へ
て
落
葉
し
ぐ
る
る
中
に
酔
ひ
ゐ
る
那 松 瓜
須 倉 生
喜 和 昭
美 子 枝
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
104 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content