close

Enter

Log in using OpenID

復興に関する要望書

embedDownload
公明党
代表
山口
那津男
様
復興に関する要望書
平成 28 年 10 月 10 日
福島県富岡町長
宮本皓一
要
望
書
当町においては、平成 27 年6月に策定した富岡町災害復興計画
(第
二次)において、「早ければ平成 29 年4月」という帰還開始目標時
期を設定し、町内における生活環境の整備をはじめとした復旧・復
興に全力を挙げて取り組んでおります。
この間、町民との対話を通して、
「帰還する・しない」に関わらず、
古里の着実な再生が多くの町民の共通の願いであることを実感し、
帰還開始目標時期まで残すところ6ヶ月余りとなった中、
「ふるさと
富岡」の再生に本格的に歩み出すために、
「平成 29 年4月の帰還開
始をより確かなものしていく」という町の姿勢を町民に対して示し
ております。
しかし、未だ多くの課題が山積しており、帰還開始時期を明らか
にすることが現段階では難しい状況にあり、早々に解決しなければ
いけない放射線量の低減や町民の生活再建のほか、帰還後の行政サ
ービスの充実など、帰還開始はもとより、その後の復興・創生を見
据えた課題解決に、国・県・町が共に手を取って取り組む必要があ
るものと考えております。
つきましては、まさに正念場を迎えている当町の実情を真に認識
され、町の状況・状態に応じた柔軟な対応と確実な復旧・復興施策
を講じ、
「ふるさと富岡」の本格復興と町民の生活再建を実現するた
め、次の事項を強く要望いたします。
記
第1 平成 29 年4月の帰還開始と長期目標を見据えた徹底除染
第2 帰還困難区域の再生
第3 被害の実態に即した速やかな賠償と柔軟な対応
第4 事業再開に係る支援と営業損害賠償の柔軟化
第5 農業に係る損害賠償方針の早急な提示
第6 国際共同研究棟を核とした産業集積
第7 復興・創生を支える確実な国の財政支援
第1 平成 29 年4月の帰還開始と長期目標を見据えた徹底除染
○帰還困難区域を有し、総体的に放射線量が高い当町において、放
射線量が十分に低減されない現状は町民が最も不安を抱える部分
であり、効果的かつ徹底した除染による町民不安の払拭は、帰還
に向けて克服すべき最も重要な課題である。
○当町における除染は、宅地等の生活空間が平成 27 年度までに終了
し、農地や道路、それら近隣の森林も今年度中に終了が見込まれ
るなど一定の進捗をみせているものの、町内には未だ局所的に線
量が高い個所が数多く残っており、平成 29 年4月の帰還開始に向
けては、実施いただいているフォローアップ除染に懸ける期待が
とても大きい。
○よって、フォローアップ除染により確実に町内の放射線量が低減
されるよう、さらに除染体制の強化を図るとともに、帰還困難区
域に近い住宅地及び帰還を希望する住宅地に対するきめ細かな対
応や住宅周りの森林に対する表土剥ぎ取り等の丁寧な対応など、
より実効性のある確実な除染を要望する。
○また、帰還開始は本格復興の第一歩であり、当町が真の復興を果
たすためには、その後の生活環境整備がより重要であることから、
国が掲げる長期目標の追加被ばく線量年間1ミリシーベルトを実
現されるよう、町民の要望に応じた柔軟かつ継続的なフォローア
ップ除染を求めるとともに、生活空間の一部ともいえる里山除染
の着実な実施を要望する。
第2 帰還困難区域の再生
○当町の帰還困難区域は全町の約 15%の面積と約 30%の人口を有し
ており、総延長約2㎞の全国有数の桜並木や日本一に輝いた JR 常
磐線夜ノ森駅構内のつつじ、水戸・仙台間を結んだ古道“陸前浜
街道”沿線の松並木、約 200 年前に植栽されたやぶ椿の群生など
数々の重要な観光資源があり、四季を通じて多くの観光客が地域
を訪れていた観光拠点であるとともに、子どもからお年寄りまで
が集い心通わす“心のふるさと”で、帰還困難区域は町全体の復
興のためには決して欠くことのできない地域である。
○先般、たとえ長い年月を要するとしても復興再生に責任を持って
取り組む国の強い決意が示されたことには大きな期待をしている
が、平成 29 年4月の帰還開始を確実なものとするためは、帰還困
難区域全体の再生に向けた道のりをより明確にすることが求めら
れる。
○よって、帰還困難区域の再生に向けた政府方針の迅速かつ着実な
実行はもとより、住民が安全・安心に一時帰宅できる環境整備な
ど、ふるさとの帰還意欲の維持、醸成につながるような柔軟な対
応と当該区域の将来が展望できるような中長期的な施策の確実な
検討を要望する。
第3 被害の実態に即した速やかな賠償と柔軟な対応
○避難指示区域の見直しは、町の中心市街地の一つである夜の森地
域の人口密集地を分断する形で、帰還困難区域と居住制限区域の
2つの区域に分け、町全体を3区域に分断している。
○避難指示区域の違いにより異なる賠償内容は、被害の実態とそぐ
わず、区域の違いによる格差への不満は深刻であり、分断と格差
は平成29年4月の避難指示解除の足かせとなっている。
○こうした中で、当町と国との区域再編の経過を踏まえ、避難指示
解除見込時期を既に経過した現在、発災から5年経過した場合の
残り6分の1の追加的な財物賠償を、早期に実現するよう強く要
望する。
○また、避難指示解除以降の一定期間を賠償継続とする「相当期間」
について、原賠審の中間指針第四次追補では、
「避難指示解除の状
況が異なるなど、状況に変更が生じた場合は、実際の状況を勘案
して柔軟に判断していくことが適当である」としている。これを
踏まえ、長期避難による環境変化や、帰還困難区域が大きく占め
る状況下での帰還という、当町の特殊な被害状況を理解し、実態
に即し柔軟に判断するよう要望する。
第4 事業再開に係る支援と営業損害賠償の柔軟化
○政府方針では、平成 27・28 年度の2年間において集中的に事業・
生業の再建につながる自立支援施策を展開し、東京電力が営業損
害・風評被害への賠償を適切に対応するよう指導を行うこととし
ている。
○当町は復興の緒に就いたばかりであり、商工業者の商圏が回復す
るには多くの時間を要し、わずか2年間で自立・再建することは
非常に厳しい環境にある。
○よって、集中的自立支援期間後についても、個別の事情を踏まえ、
十分な支援の継続と実態に即した賠償がなされるよう要望する。
第5 農業に係る損害賠償方針の早急な提示
○農地除染に伴う表土剥ぎ取りと山砂への入れ替えにより、農地の
原状回復は長期にわたり、早期の営農再開は難しいため、長期的
な環境再生を目指す必要がある。
○また、依然として風評被害が根強く残っている状況である。
○よって、間近に迫る平成 28 年 12 月以降の賠償については、これ
らの状況を踏まえ早急に示すことを要望する。
第6 国際共同研究棟を核とした産業集積
○原子力発電所事故に伴う放射能汚染、全町民の長期避難等により、
当町の基幹産業であった農業をはじめ、原発被災地で息づいてい
た各種産業の再生は極めて困難な状況にある。
○国においては、
「イノベーション・コースト構想」により原発被災
地の復興に寄与する新たな産業創出や集積を推進する中、昨年8
月には、当町王塚地区に「廃炉国際共同研究センター国際共同研
究棟」の立地を決定いただき、当町の再生と発展の大きな光とし
て当該施設に寄せる期待が非常に大きい。
○当町は、当該施設を核として、
「人々の交流の地」の復活を目指し
ているとともに、新たな産業の創出と集積を進めていくこととし
ていることから、国は、
「国際共同研究棟」の着実な運営とさらな
る充実を図るとともに、これらに続く「イノベーション・コース
ト構想」の早期具現化に取り組むよう要望する。
第7 復興・創生を支える確実な国の財政支援
○帰還開始を控えた当町にとっては、これからが本当の意味での復
興集中期間であり、国の財政支援が当町の再生・復興に大きな影
響を及ぼすものと考えている。
○当町に限らず、原子力災害により避難を余儀なくされた自治体に
おいては、帰還開始後の人口回復と自主財源の確保は長期に及ぶ
課題であり、財政逼迫による町内の環境整備や行政サービスの低
下は、町民の帰還意欲を削ぎ、さらなる人口減少をもたらす悪循
環となることが懸念される。
○特に帰還開始後しばらくは、帰還した町民に限らず、様々な事情
により町外で生活せざるを得ない町民が抱えるとまどいや不安は
想像に耐えがたく、ふるさとへの思いをつなぎ留め、将来的な帰
還へと繋げていくためには、これらを払拭するための多様な対応
を求められる。
○よって、これら継続的かつ多様な行政サービスへの対応が求めら
れる被災自治体の特殊事情を十分に認識され、帰還を見据えた既
存復興予算の継続・拡充はもとより、公共・公設施設の再生、維
持運営に係る経費など、帰還後の長期的な町民サポート体制を構
築・維持するために必要となる復興予算の確保を強く要望する。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
537 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content