close

Enter

Log in using OpenID

子ども家庭福祉の動向と課題 - 子どもの虹情報研修センター

embedDownload
児童相談所長研修(前期)
子ども家庭福祉の動向と課題
2014.4.22
厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課
児童相談所の概要
1
2
3
4
5
設置の目的
児童相談所は、市町村と適切な役割分担・連携を図りつつ、子どもに関する家庭その他からの
相談に応じ、子どもが有する問題又は子どもの真のニーズ、子どもの置かれた環境の状況等を
的確に捉え、個々の子どもや家庭に最も効果的な援助を行い、もって子どもの福祉を図るととも
にその権利を擁護することを主たる目的として設置される行政機関である。
設置主体
都道府県・指定都市及び児童相談所設置市(横須賀市・金沢市)
全国に207か所(平成25年4月1日現在)設置されている。
業務
① 相談、調査、診断、判定、援助決定
② 在宅指導、児童福祉施設入所措置、里親委託等
③ 一時保護 等
職員
児童相談所に置くべき職種は、児童相談所の規模によっても異なるが、所長のほか、児童福
祉司、精神科医(嘱託可)、児童心理司等が中心的職種である。
(平成25年4月1日現在 児童福祉司2,771人、職員総数10,132人)
相談の種類と主な内容
①
②
③
④
⑤
⑥
養護相談・・・保護者の家出、失踪、死亡、入院等による養育困難、虐待、養子縁組等に関する相談
保健相談・・・未熟児、疾患等に関する相談
障害相談・・・肢体不自由、視聴覚・言語発達・重症心身・知的障害、自閉症等に関する相談
非行相談・・・ぐ犯行為、触法行為、問題行動のある子どもに等に関する相談
育成相談・・・家庭内のしつけ、不登校、進学適性等に関する相談
その他
1
児童相談所での相談対応件数の推移
○ 平成24年度の児童相談所での相談対応件数は384,261件で、「障害相談」が全体の45.6%と最も多く、
次いで 「虐待相談」を含む「養護相談」が30.4%であり、相談別件数では唯一増え続けている。
障害相談
養護相談
育成相談
非行相談
保健相談
その他
総 数
平成16年度
158,598( 45.1%)
74,435( 21.2%)
65,356( 18.6%)
18,084( 5.1%)
5,474( 1.6%)
29,891( 8.5%)
351,838(100.0%)
平成17年度
162,982( 46.6%)
75,668( 21.6%)
61,304( 17.5%)
17,571( 5.0%)
4,430( 1.3%)
27,956( 8.0%)
349,911(100.0%)
平成18年度
194,871( 51.0%)
78,863( 20.7%)
61,061( 16.0%)
17,166( 4.5%)
4,313( 1.1%)
25,483( 6.7%)
381,757(100.0%)
平成19年度
182,053( 49.5%)
83,505( 22.7%)
58,958( 16.0%)
17,670( 4.8%)
3,411( 0.9%)
22,255( 6.0%)
367,852(100.0%)
平成20年度
182,524( 50.1%)
85,274( 23.4%)
55,005( 15.1%)
17,172( 4.7%)
2,970( 0.8%)
21,469( 5.9%)
364,414(100.0%)
平成21年度
192,082( 51.7%)
87,596( 23.6%)
51,794( 13.9%)
17,690( 4.8%)
2,835( 0.8%)
19,803( 5.3%)
371,800(100.0%)
平成22年度
181,108( 48.5%)
101,323( 27.1%)
50,993( 13.7%)
17,345( 4.6%)
2,608( 0.7%)
20,151( 5.4%)
373,528(100.0%)
平成23年度
185,853( 48.2%)
107,511( 27.9%)
51,751( 13.4%)
17,155( 4.5%)
2,639( 0.7%)
20,385( 5.3%)
385,294(100.0%)
平成24年度
175,285( 45.6%)
116,725( 30.4%)
52,182( 13.6%)
16,640( 4.3%)
2,538( 0.7%)
20,891( 5.4%)
384,261(100.0%)
平成24年度 相談種類別対応件数
うち虐待相談
平成16年度
33,408
平成17年度
34,472
平成18年度
37,323
平成19年度
40,639
平成20年度
42,664
平成21年度
44,211
平成22年度
56,384
平成23年度
59,919
平成24年度
66,701
非行相談
16,640件
(4.3%)
保健相談
その他
2,538件
20,891件
(0.7%)
(5.4%)
育成相談
52,182件
(13.6%)
総数
384,261件
※平成22年度は、東日本大震災の
影響により、福島県を除いて集計
した数値
障害相談
175,285件
(45.6%)
養護相談
116,725件
(30.4%)
2
児童虐待防止対策の現状(1)
年 度
*(
児童相談所数
(か所)
児童福祉司数
(人)
要保護児童対策地域協議
会(子どもを守る地域ネッ
トワーク)等設置割合(%)
-
児童相談所相談対応件数(件)
総数
うち児童虐待相
談対応件数
361,124(1.00)
17,725 (1.00)
平成12年度
174 ( 1.00
)
1,313 ( 1.00 )
平成13年度
175 ( 1.01
)
1,480 ( 1.13 )
15.6% ( 1.00
)
381,843(1.06)
23,274 (1.31)
平成14年度
180 ( 1.03
)
1,627 ( 1.24 )
21.7% ( 1.39
)
398,025(1.10)
23,738 (1.34)
平成15年度
182 ( 1.05
)
1,733 ( 1.32 )
30.1% ( 1.93
)
341,629(0.95)
26,569 (1.50)
平成16年度
182 ( 1.05
)
1,813 ( 1.38 )
39.8% ( 2.55
)
351,838(0.97)
33,408 (1.88)
平成17年度
187 ( 1.07
)
1,989 ( 1.51 )
51.0% ( 3.27
)
349,911(0.97)
34,472 (1.94)
平成18年度
191 ( 1.10
)
2,139 ( 1.63 )
69.0% ( 4.42
)
381,757(1.06)
37,323 (2.11)
平成19年度
196 ( 1.13
)
2,263 ( 1.72 )
84.1% ( 5.39
)
367,852(1.02)
40,639 (2.29)
平成20年度
197 ( 1.13
)
2,358 ( 1.80 )
94.1% ( 6.03
)
364,414(1.01)
42,664 (2.41)
平成21年度
201 ( 1.16
)
2,428 ( 1.85 )
97.6% ( 6.26
)
371,800(1.03)
44,211 (2.49)
平成22年度
204 ( 1.17
)
2,477 ( 1.89 )
98.7% ( 6.33
)
373,528(1.03)
56,384 (3.18)
平成23年度
206 ( 1.18
)
2,606 ( 1.98 )
99.5% ( 6.38
)
385,294(1.07)
59,919 (3.38)
平成24年度
207 ( 1.19
)
2,670 ( 2.03 )
99.7% ( 6.39
)
384,261(1.06)
66,701 (3.76)
)内は、平成12年度を1.00とした指数(伸び率)(なお、要保護児童対策地域協議会(子どもを守る地域ネットワーク)設置割合は、平成13年度を1.00とした指数(伸び率))
*要保護児童対策地域協議会(子どもを守る地域ネットワーク)設置割合については、平成17年度までは6月1日現在、平成18年以降は4月1日現在
*平成22年度の児童相談所相談対応件数は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
3
子ども虐待相談の現状
4
児童虐待相談の対応件数及び虐待による死亡事例件数の推移
○ 全国の児童相談所での児童虐待に関する相談対応件数は、児童虐待防止法施行前の平成11年度に比べ、
平成24年度は5.7倍に増加。
80,000
66,701
70,000
59,919
56,384
60,000
50,000
40,639
37,323
33,408 34,472
26,569
23,274 23,738
17,725
11,631
40,000
30,000
20,000
10,000
44,211
42,664
6,932
4,102 5,352
1,101 1,171 1,372 1,611 1,961 2,722
0
H2
H3
H4
H5
H6
H7
H8
H9
H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24
※ 平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
○ 児童虐待によって子どもが死亡した件数は、高い水準で推移。
第1次報告
第2次報告
第3次報告
第4次報告
第5次報告
第6次報告
第7次報告
第8次報告
第9次報告
(H15.7.1~
H15.12.31)
(H16.1.1~
H16.12.31)
(H17.1.1~
H17.12.31)
(H18.1.1~
H18.12.31)
(H19.1.1~
H20.3.31)
(H20.4.1~
H21.3.31)
(H21.4.1~
H22.3.31)
(H22.4.1~
H23.3.31)
(H23.4.1~
H24.3.31)
虐待
虐待
虐待
虐待
虐待
虐待
虐待
虐待
虐待
心中 計
心中 計
心中 計
心中 計
心中 計
心中 計
心中 計
心中 計
心中 計
死
死
死
死
死
死
死
死
死
例 数 24
-
24
48
5
53
51
19
70
52
48
100
73
42
115
64
43
107
47
30
77
45
37
82
56
29
85
人 数 25
-
25
50
8
58
56
30
86
61
65
126
78
64
142
67
61
128
49
39
88
51
47
98
58
41
99
※ 第1次報告から第9次報告までの「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について」より
5
児童相談所での虐待相談の内容別件数の推移
○ 平成24年度は、身体的虐待が35.3%で最も多く、次いで心理的虐待が33.6%となっている。
身体的虐待
5,973( 51.3%)
8,877( 50.1%)
10,828( 46.5%)
10,932( 46.1%)
12,022( 45.2%)
14,881( 44.6%)
14,712( 42.7%)
15,364( 41.2%)
16,296( 40.1%)
16,343( 38.3%)
17,371( 39.3%)
21,559( 38.2%)
21,942( 36.6%)
23,579( 35.3%)
平成11年度
平成12年度
平成13年度
平成14年度
平成15年度
平成16年度
平成17年度
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
平成24年度
ネグレクト
3,441( 29.6%)
6,318( 35.6%)
8,804( 37.8%)
8,940( 37.7%)
10,140( 38.2%)
12,263( 36.7%)
12,911( 37.5%)
14,365( 38.5%)
15,429( 38.0%)
15,905( 37.3%)
15,185( 34.3%)
18,352( 32.5%)
18,847( 31.5%)
19,250( 28.9%)
性的虐待
590( 5.1%)
754( 4.3%)
778( 3.3%)
820( 3.5%)
876( 3.3%)
1,048( 3.1%)
1,052( 3.1%)
1,180( 3.2%)
1,293( 3.2%)
1,324( 3.1%)
1,350( 3.1%)
1,405( 2.5%)
1,460( 2.4%)
1,449( 2.2%)
心理的虐待
1,627( 14.0%)
1,776( 10.0%)
2,864( 12.3%)
3,046( 12.8%)
3,531( 13.3%)
5,216( 15.6%)
5,797( 16.8%)
6,414( 17.2%)
7,621( 18.8%)
9,092( 21.3%)
10,305( 23.3%)
15,068( 26.7%)
17,670( 29.5%)
22,423( 33.6%)
総 数
11,631(100.0%)
17,725(100.0%)
23,274(100.0%)
23,738(100.0%)
26,569(100.0%)
33,408(100.0%)
34,472(100.0%)
37,323(100.0%)
40,639(100.0%)
42,664(100.0%)
44,211(100.0%)
56,384(100.0%)
59,919(100.0%)
66,701(100.0%)
*平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
24,000
22,000
20,000
18,000
16,000
14,000
12,000
10,000
8,000
6,000
4,000
2,000
0
70,000
身体的虐待
ネグレクト
性的虐待
心理的虐待
総 数
60,000
50,000
40,000
30,000
20,000
10,000
0
H11'
H12'
H13'
H14'
H15'
H16'
H17'
H18'
H19'
H20'
H21'
H22'
H23'
H24'
6
市町村における虐待相談の内容別件数の推移
身体的虐待
ネグレクト
心理的虐待
総
数
平成19年度
17,845 (35.8%)
22,329 (44.8%)
821
(1.6%)
8,900 (17.8%)
49,895 (100.0%)
平成20年度
18,641 (35.7%)
22,814 (43.6%)
832
(1.6%)
9,995 (19.1%)
52,282 (100.0%)
平成21年度
21,088 (37.3%)
23,099 (40.8%)
800
(1.4%)
11,619 (20.5%)
56,606 (100.0%)
平成22年度
25,100 (37.3%)
25,979 (38.6%)
913
(1.4%)
15,240 (22.7%)
67,232 (100.0%)
平成23年度
25,154 (35.9%)
27,008 (38.5%)
932
(1.3%)
17,008 (24.3%)
70,102 (100.0%)
平成24年度
25,559 (34.9%)
26,953 (36.8%)
934
(1.3%)
19,754 (27.0%)
73,200 (100.0%)
(虐待相談の内容別件数)
35,000
67,232
30,000
25,000
性的虐待
70,102
73,200
56,606
49,895
70,000
60,000
52,282
50,000
20,000
40,000
身体的虐待
ネグレクト
性的虐待
15,000
30,000
心理的虐待
総
10,000
20,000
5,000
10,000
0
数
0
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
平成24年度
7
児童相談所での虐待相談の経路別件数の推移
○ 平成24年度に、児童相談所に寄せられた虐待相談の相談経路は、警察等、近隣知人、家族、福祉事務所
からが多くなっている。
家族
親戚
近隣
知人
児童
本人
福祉
事務所
児童
委員
保健所
医療
機関
児童福
祉施設
警察等
学校等
その他
総 数
16年度
5,306
(16%)
785
(2%)
4,837
(14%)
410
(1%)
4,433
(13%)
639
(2%)
871
(3%)
1,408
(4%)
1,611
(5%)
2,034
(6%)
5,078
(15%)
5,996
(18%)
33,408
(100%)
17年度
5,368
(16%)
958
(3%)
4,807
(14%)
455
(1%)
4,591
(13%)
538
(2%)
530
(2%)
1,428
(4%)
1,521
(4%)
2,250
(7%)
5,073
(15%)
6,953
(20%)
34,472
(100%)
18年度
5,700
(15%)
1,042
(3%)
5,475
(15%)
452
(1%)
5,672
(15%)
472
(1%)
374
(1%)
1,522
(4%)
1,472
(4%)
2,726
(7%)
5,688
(15%)
6,728
(18%)
37,323
(100%)
19年度
5,875
(14%)
1,558
(4%)
5,756
(14%)
501
(1%)
6,311
(16%)
346
(1%)
363
(1%)
1,683
(4%)
1,438
(4%)
4,048
(10%)
5,241
(13%)
7,519
(19%)
40,639
(100%)
20年度
6,134
(14%)
1,147
(3%)
6,132
(14%)
558
(1%)
6,053
(14%)
319
(1%)
282
(1%)
1,772
(4%)
1,552
(4%)
6,133
(14%)
4,886
(11%)
7,696
(18%)
42,664
(100%)
21年度
6,105
(14%)
1,237
(3%)
7,615
(17%)
504
(1%)
5,991
(14%)
317
(1%)
226
(1%)
1,715
(4%)
1,401
(3%)
6,600
(15%)
5,243
(12%)
7,257
(16%)
44,211
(100%)
22年度
7,368
(13%)
1,540
(3%)
12,175
(22%)
696
(1%)
6,859
(12%)
343
(1%)
155
(0%)
2,116
(4%)
1,584
(3%)
9,135
(16%)
5,667
(10%)
8,746
(16%)
56,384
(100%)
23年度
7,471
(12%)
1,478
(2%)
12,813
(21%)
741
(1%)
6,442
(11%)
327
(1%)
202
(0%)
2,310
(4%)
1,516
(3%)
11,142
(19%)
6,062
(10%)
9,415
(16%)
59,919
(100%)
24年度
7,147
(11%)
1,517
(2%)
13,739
(21%)
773
(1%)
6,559
(10%)
293
(1%)
221
(0%)
2,653
(4%)
1,598
(2%)
16,003
(24%)
6,244
(9%)
9,954
(15%)
66,701
(100%)
※ 平成24年度の「その他」の主なものは、「(他の)児童相談所」が4,165件、「福祉事務所、児童委員以外の市町村」が2,890件である。
※ 平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値。
8
市町村児童虐待相談対応件数及び経路別件数の推移
○ 全国の市町村における児童虐待に関する相談対応件数は、年々増加傾向にある。
70,000
67,232
60,000
50,000
40,000
40,222
30,000
48,457
49,895
52,282
H18年度
H19年度
H20年度
73,200
70,102
56,606
20,000
10,000
0
H17年度
H21年度
H22年度
H23年度
H24年度
※平成17,18年度は
児童虐待相談対応件
数のみ調査・集計。
経路別等の内訳はな
し。
※平成22年度は東
日本大震災の影響に
より、岩手県及び宮
城県(仙台市以外)の
一部、福島県を除い
て集計した数値。
○ 平成24年度において、市町村に寄せられた虐待相談の相談経路は、児童相談所、学校、近隣知人からが多い。
都道府県
指定都市・中核市
児童
相談所
市町村
児童福祉施設 保健所・医療機関
家族
親戚
近隣
知人
児童
本人
福祉
保健
福祉
保健
児童福
保育所
保健所
事務所 センター 事務所 センター
祉施設
19年度
5,652
(11.3%)
4,891
(9.8%)
248
(0.5%)
7,936
1,077 1,028 3,226 3,980 4,640
(15.9%) (2.2%) (2.1%) (6.5%) (8.0%) (9.3%)
584
(1.2%)
666
(1.3%)
20年度
5,928
(11.3%)
5,494
(10.5%)
217
(0.4%)
8,596
1,053 1,284 3,509 4,324 4,761
(16.4%) (2.0%) (2.5%) (6.7%) (8.3%) (9.1%)
21年度
6,118
(10.8%)
6,696
(11.8%)
269
(0.5%)
22年度
6,724
(10.0%)
8,466
(12.6%)
23年度
7,152
(10.2%)
24年度
7,214
(9.9%)
学校等
医療
機関
警察等
児童
委員
949
(1.9%)
870
1,860
(1.7%) (3.7%)
524
7,218
927
3,619
(1.1%) (14.5%) (1.9%) (7.1%)
49,895
(100.0%)
511
(1.0%)
575
1,059
(1.1%) (2.0%)
819
1,770
(1.6%) (3.4%)
510
7,335
880
3,657
(1.0%) (14.0%) (1.7%) (7.0%)
52,282
(100.0%)
9,166
1,151 1,130 3,631 4,065 5,328
(16.2%) (2.0%) (2.0%) (6.4%) (7.2%) (9.4%)
579
(1.0%)
656
1,049 1,048 1,910
(1.2%) (1.9%) (1.9%) (3.4%)
553
8,386 1,000 3,871
(1.0%) (14.8%) (1.8%) (6.7%)
56,606
(100.0%)
300
(0.4%)
11,923 1,348 1,068 4,108 5,118 5,788
(17.7%) (2.0%) (1.6%) (6.1%) (7.6%) (8.6%)
527
(0.8%)
760
1,419 1,324 1,957
(1.1%) (2.1%) (2.0%) (2.9%)
716
9,654 1,199 4,833
(1.1%) (14.4%) (1.8%) (7.2%)
67,232
(100.0%)
8,436
(12.0%)
273
(0.4%)
12,730 1,109 1,074 4,873 4,923 5,853
(18.2%) (1.6%) (1.5%) (7.0%) (7.0%) (8.3%)
576
(0.8%)
883
1,467 1,679 1,791
(1.3%) (2.1%) (2.4%) (2.6%)
742
10,249 1,205 5,087
(1.1%) (14.6%) (1.7%) (7.3%)
70,102
(100.0%)
8,566
(11.7%)
308
(0.4%)
13,760 1,378 1,242 4,770 5,334 5,819
(18.8%) (1.9%) (1.7%) (6.5%) (7.3%) (7.9%)
605
(0.8%)
937
1,657 2,083 1,641
(1.3%) (2.3%) (2.8%) (2.2%)
679
10,320 1,143 5,744
(0.9%) (14.1%) (1.6%) (7.8%)
73,200
(100.0%)
幼稚園
学校
教育
その他
委員会
総 数
9
主たる虐待者の推移(児童相談所)
○ 実母が57.3%と最も多く、次いで実父が29.0%となっている。
実 父
実父以外の父
実 母
平成11年度
2,908( 25.0%)
815( 7.0%)
6,750( 58.0%)
平成12年度
4,205( 23.7%)
1,194( 6.7%)
10,833( 61.1%)
平成13年度
5,260( 22.6%)
1,491( 6.4%)
14,692( 63.1%)
平成14年度
5,329( 22.5%)
1,597( 6.7%)
15,014( 63.2%)
平成15年度
5,527( 20.8%)
1,645( 6.2%)
16,702( 62.8%)
平成16年度
6,969( 20.9%)
2,130( 6.4%)
20,864( 62.4%)
平成17年度
7,976( 23.1%)
2,093( 6.1%)
21,074( 61.1%)
平成18年度
8,220( 22.0%)
2,414( 6.5%)
23,442( 62.8%)
平成19年度
9,203( 22.6%)
2,569( 6.3%)
25,359( 62.4%)
平成20年度
10,632( 24.9%)
2,823( 6.6%)
25,807( 60.5%)
平成21年度
11,427( 25.8%)
3,108( 7.0%)
25,857( 58.5%)
平成22年度
14,140( 25.1%)
3,627( 6.4%)
34,060( 60.4%)
平成23年度
16,273( 27.2%)
3,619( 6.0%)
35,494( 59.2%)
平成24年度
19,311( 29.0%)
4,140( 6.2%)
38,224( 57.3%)
*その他には、祖父母、伯父伯母等が含まれる。
* 平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
45,000
40,000
35,000
30,000
25,000
20,000
15,000
10,000
5,000
0
実母以外の母
269( 2.3%)
311( 1.8%)
336( 1.5%)
369( 1.6%)
471( 1.8%)
499( 1.5%)
591( 1.7%)
655( 1.8%)
583( 1.4%)
539( 1.3%)
576( 1.3%)
616( 1.1%)
587( 1.0%)
548( 0.8%)
そ の 他
889( 7.7%)
1,182( 6.7%)
1,495( 6.4%)
1,429( 6.0%)
2,224( 8.4%)
2,946( 8.8%)
2,738( 7.9%)
2,592( 6.9%)
2,925( 7.2%)
2,863( 6.7%)
3,243( 7.3%)
3,941( 7.0%)
3,946( 6.6%)
4,478( 6.7%)
総 数
11,631(100.0%)
17,725(100.0%)
23,274(100.0%)
23,738(100.0%)
26,569(100.0%)
33,408(100.0%)
34,472(100.0%)
37,323(100.0%)
40,639(100.0%)
42,664(100.0%)
44,211(100.0%)
56,384(100.0%)
59,919(100.0%)
66,701(100.0%)
70,000
実 父
実父以外の父
実 母
実母以外の母
そ の 他
総 数
60,000
50,000
40,000
30,000
20,000
10,000
0
H11'
H12'
H13'
H14'
H15'
H16'
H17'
H18'
H19'
H20'
H21'
H22'
H23'
H24'
10
虐待を受けた子どもの年齢構成の推移(児童相談所)
○ 小学生が35.2%と最も多く、次いで3歳から学齢前児童が24.7%、0歳から3歳未満が18.8%である。
なお、小学校入学前の子どもの合計は、43.5%となっており、高い割合を占めている。
0歳~3歳未満
3歳~学齢前児童
小 学 生
中 学 生
高校生・その他
総 数
平成11年度
2,393( 20.6%)
3,370( 29.0%)
4,021( 34.5%)
1,266( 10.9%)
581( 5.0%)
11,631(100.0%)
平成12年度
3,522( 19.9%)
5,147( 29.0%)
6,235( 35.2%)
1,957( 11.0%)
864( 4.9%)
17,725(100.0%)
平成13年度
4,748( 20.4%)
6,847( 29.4%)
8,337( 35.8%)
2,431( 10.5%)
911( 3.9%)
23,274(100.0%)
平成14年度
4,940( 20.8%)
6,928( 29.2%)
8,380( 35.3%)
2,495( 10.5%)
995( 4.2%)
23,738(100.0%)
平成15年度
5,346( 20.1%)
7,238( 27.3%)
9,708( 36.5%)
3,116( 11.7%)
1,161( 4.4%)
26,569(100.0%)
平成16年度
6,479( 19.4%)
8,776( 26.3%)
12,483( 37.4%)
4,187( 12.5%)
1,483( 4.4%)
33,408(100.0%)
平成17年度
6,361( 18.5%)
8,781( 25.5%)
13,024( 37.8%)
4,620( 13.4%)
1,686( 4.9%)
34,472(100.0%)
平成18年度
6,449( 17.3%)
9,334( 25.0%)
14,467( 38.8%)
5,201( 13.9%)
1,872( 5.0%)
37,323(100.0%)
平成19年度
7,422( 18.3%)
9,727( 23.9%)
15,499( 38.1%)
5,889( 14.5%)
2,102( 5.2%)
40,639(100.0%)
平成20年度
7,728( 18.1%)
10,211( 23.9%)
15,814( 37.1%)
6,261( 14.7%)
2,650( 6.2%)
42,664(100.0%)
平成21年度
8,078( 18.3%)
10,477( 23.7%)
16,623( 37.6%)
6,501( 14.7%)
2,532( 5.7%)
44,211(100.0%)
平成22年度
11,033( 19.6%)
13,650( 24.2%)
20,584( 36.5%)
7,474( 13.3%)
3,643( 6.5%)
56,384(100.0%)
平成23年度
11,523( 19.2%)
14,377( 24.0%)
21,694( 36.2%)
8,158( 13.6%)
4,167( 7.0%)
59,919(100.0%)
平成24年度
12,503( 18.8%) 16,505( 24.7%) 23,488( 35.2%)
* 平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
9,404( 14.1%)
4,801( 7.2%)
66,701(100.0%)
26,000
24,000
22,000
20,000
18,000
16,000
14,000
12,000
10,000
8,000
6,000
4,000
2,000
0
70,000
0歳~3歳未満
3歳~学齢前児童
小 学 生
中 学 生
高校生・その他
総
数
60,000
50,000
40,000
30,000
20,000
10,000
0
H11'
H12'
H13'
H14'
H15'
H16'
H17'
H18'
H19'
H20'
H21'
H22'
H23'
H24'
11
平成24年度 児童虐待相談対応の内訳
相談対応件数
66,701件
一時保護 14,891件(22.3%)
施設入所等 4,496件(6.7%) *
18年度
19年度
20年度
21年度
22年度
23年度
37,323件
40,639件
42,664件
44,211件
56,384件
59,919件
18年度
19年度
20年度
21年度
22年度
23年度
10,221件
(27.4%)
10,562件
(26.0%)
10,869件
(25.5%)
10,682件
(24.2%)
12,673件
(22.5%)
13,251件
(22.1%)
18年度
19年度
20年度
21年度
22年度
23年度
4,125件
(11.1%)
4,258件
(10.5%)
4,162件
( 9.8%)
4,031件
( 9.1%)
4,436件
(7.9%)
4,499件
(7.5%)
2,597人
747人
その他施設
里親委託等
乳児院
児童養護施設
内訳
429人
723人
18
年度
19
年度
20
年度
21
年度
22
年度
23
年度
18
年度
19
年度
20
年度
21
年度
22
年度
23
年度
18
年度
19
年度
20
年度
21
年度
22
年度
23
年度
18
年度
19
年度
20
年度
21
年度
22
年度
23
年度
2,603
人
2,659
人
2,563
人
2,456
人
2,580
人
2,697
人
637
人
663
人
679
人
643
人
728
人
713
人
251
人
345
人
282
人
312
人
389
人
439
人
634
人
591
人
638
人
620
人
739
人
650
人
○ 平成24年度の児福法第28条措置
承認件数 244件
* 平成24年度 児童虐待以外も含む施設入所等件数 11,888件
※平成22年度の相談対応件数、一時保護件数、施設入所等
件数、児福法第28条措置承認件数は、東日本大震災の影響
により、福島県を除いて集計した数値。
12
家庭への立入調査
○ 児童虐待防止法第9条に基づく立入調査は、児童虐待が行われているおそれがあるとき、児童福祉司等が
児童の住居等に立ち入り、必要な調査や質問を行うことができるものである。
○ 平成24年度に立入調査した件数は86件であった。
11年度
12年度
13年度
14年度
15年度
16年度
17年度
18年度
19年度
20年度
21年度
22年度
23年度
24年度
42
96
194
184
249
287
243
238
199
148
148
202
91
86
350
287
300
249
250
194
200
243
238
148
150
148
96
100
50
202
199
184
91
86
H23
H24
42
0
H11
H12
H13
H14
H15
H16
H17
H18
H19
H20
H21
H22
※平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
13
児童福祉法第28条(家裁の承認を得て行う施設入所措置)及び
第33条の7(家裁に対して児童相談所長が行う親権喪失等請求)の件数
○ 平成24年度の28条(家裁の承認を得て行う施設入所措置)に基づく請求件数は294件、承認件数は244件
である。
○ 平成24年度から、33条の7により、親権喪失に加え、親権停止、管理権喪失宣告の請求が可能となった。
事項
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
平成24年度
350
請求件数
承認件数
請求件数
承認件数
請求件数
承認件数
請求件数
承認件数
請求件数
承認件数
請求件数
承認件数
請求件数
承認件数
28条による施設入所措置の
承認申立
185
163 (88%)
235
182 (77%)
230
173 (75%)
230
214 (93%)
255
239 (94%)
267
218 (82%)
294
244 (83%)
33条の7による
親権喪失宣告等の請求
3
2
4
1
3
2
3
2
16
2
9
6
38
14
28条による施設入所措置の承認申立請求件数及び承認件数
300
250
請求件数
承認件数
200
150
100
50
127
88
48
140
134
117
105
99
87
87
235
186
185
176
147
147 163
230
182
173
230
255
214
294
267
239
218
244
0
11年度 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度
※平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
14
臨検・捜索制度について(H20~H24)
○ 平成20年4月より、児童の安全確認・安全確保の強化の観点から、解錠等を可能とする新たな立入制度
等が創設された。これまでの実施状況 は以下のとおり。(臨検・捜索は、保護者が再出頭要求を拒否した場
合において、裁判官の発する許可状により実施できるものである。)
児童相談所
家庭訪問
は平成20年4月から
施行の新たな制度
警察の援助
知事の出頭要求
立入調査(罰則あり)
○出頭要求等 156ケース
(対象児童数延べ225人)
※出頭要求の結果
① 出頭要求に応じた
・ 在宅支援
:48ケース
・ 一時保護
: 9ケース
② 出頭要求に応じない
・ 家庭訪問等後、在宅支援 :41ケース
・ 家庭訪問等後、一時保護 :10ケース
・ 立入調査後、在宅支援
: 6ケース
・ 立入調査後、一時保護
: 18ケース
・ 立入調査拒否後、再出頭要求へ
:14ケース
・ その他
: 6ケース
※立入調査の結果
・ 立入調査拒否後、再出頭要求へ
: 4ケース
○再出頭要求 18ケース
(対象児童数延べ24人)
再出頭要求
裁
判
官
(許可状請求)
(許可状発付)
警察の援助
裁判官への
許可状請求
臨検又は捜索
(実力行使)
※再出頭要求の結果
再出頭要求に応じた
・ 在宅支援
・ 一時保護
再出頭要求に応じない
・ 家庭訪問等後、在宅支援
・ 家庭訪問等後、一時保護
・ 臨検・捜索実施へ
・ その他
: 3ケース
: 2ケース
:
:
:
:
4ケース
1ケース
7ケース
1ケース
○臨検・捜索
7ケース
(対象児童数延べ10人)
※臨検・捜索の結果
・ 在宅支援
・ 一時保護
注: 数値は、平成20年4月1日~平成25年3月31日までの間に、都道府県、指定都市、児童相談所設置市で実施した件数
: 2ケース
: 5ケース
15
児童虐待防止対策の現状(2)
年 度
立ち入り件数
強制入所措置のための家庭裁判所
児童養護施設 *2
への申立・承認件数
請求件数
承認件数
入所定員(入所率)
(件)
(件)
(件)
(人)
(児童虐待理由)
一時保護件数
(委託も含む)
(件)
平成12年度
96
(1.00)
6,168
(1.00)
127
87
33,803 (85.5%)
平成13年度
194
(2.02)
7,652
(1.24)
134
99
33,660 (88.0%)
平成14年度
184
(1.92)
8,369
(1.36)
117
87
33,651 (89.3%)
平成15年度
249
(2.59)
7,857
(1.27)
140
105
33,474 (89.7%)
平成16年度
287
(2.99)
8,427
(1.37)
186
147
33,485 (91.4%)
平成17年度
243
(2.53)
9,043
(1.47)
176
147
33,676 (91.5%)
平成18年度
238
(2.48)
10,221
(1.66)
185
163
33,561 (91.7%)
平成19年度
199
(2.07)
10,562
(1.71)
235
182
33,917 (90.9%)
平成20年度
148
(1.54)
10,869
(1.76)
230
173
33,994 (90.3%)
平成21年度
148
(1.54)
10,682
(1.73)
230
214
平成22年度
202
(2.10)
12,673
(2.05)
255
239
平成23年度
91
(0.95)
13,251
(2.15)
267
218
平成24年度
86
(0.90)
14,891
(2.41)
294
244
*1) (
34,648 (88.4%)
*3
34,554 (87.5%)
*3
34,464 (86.3%)
*3
34,252 (85.8%)
*3
)内は、平成12年度を1.00とした指数(伸び率)
*2) 児童養護施設の入所定員・入所率は10月1日現在。(社会福祉施設等調査報告)
*3)平成21年度以降の児童養護施設の入所定員・入所率は各年10月1日現在。(家庭福祉課調べ)
*4)平成22年度の立ち入り件数、一時保護件数、強制入所措置のための家庭裁判所への申立・承認件数は、東日本大震災の影響により、
福島県を除いて集計した数値。
16
児童相談所における安全確認を行う際の
「時間ルール」の設定状況について
趣 旨
○ 平成19年1月の「児童相談所運営指針」の見直しにより、児童相談所に虐待通告がなされた際の安全確
認を行う時間ルールについて「48時間以内とすることが望ましい」と定められるとともに、各自治体ごとに安
全確認を行う際の所定時間を設定することとされた。
(参考)児童相談所運営指針(抄)
安全確認は、児童相談所職員又は児童相談所が依頼した者により、子どもを直接目視することに
より行うことを基本とし、他の関係機関によって把握されている状況等を勘案し緊急性に乏しいと判
断されるケースを除き、通告受理後、各自治体ごとに定めた所定時間内に実施することとする。当該
所定時間は、各自治体ごとに、地域の実情に応じて設定することとするが、迅速な対応を確保する観
点から、「48時間以内とする」ことが望ましい。
現状等
○ 平成25年4月1日現在の「時間ルール」の設定状況は以下のとおり。
【設定自治体数】 69自治体(設定率100%)
【設 定 時 間 】
48時間以内:64自治体
24時間以内: 5自治体(群馬県、福井県、鳥取県、長崎県、堺市)
【厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課調べ】
子どもの安全確認・安全確保の徹底について
◎児童相談所等関係機関の関与がありながら虐待死を防げなかった事例の存在
48時間ルールの徹底
・情報提供であっても死を招く子ども虐待の可能性の認識
・安全確認は、原則48時間以内に子どもを直接目視することにより実施
ためらわず必要な場面での一時保護の実施
・保護者の同意が得られない場合であっても子どもの安全を最優先にした実施
・虐待の確証が得られない場合においても、児童の安全のため一時保護による診断・判定も辞さない
臨検・捜索制度等の積極的な活用
・長期間子どもの安全が確認されず、呼びかけに全く応答しない場合等においての積極的な活用
・出頭要求、立入調査、再出頭要求の段階を踏まえ、次の見通しをもった迅速な対応
関係機関との連携
・虐待を受けている子どもの早期発見や適切な保護を図るため、関係機関が早い時期からその子ども等に関
する情報や方針を共有し、適切な連携の下で対応していくことが重要
・要保護児童対策地域協議会を積極的に活用するとともに、日頃からの情報交換により、各機関の連携を深
めていくことが適当
18
児童相談所全国共通ダイヤルについて
共通ダイヤル設置の背景
○ 児童虐待による死亡事例の中には、近隣の方等が虐待の疑いを持っていたにも関わらず、残念ながら児童
相談所等の関係機関に通告がなかったケースが散見される。
○ また、相談者の利便性向上のため、どこの地域に居ても、共通の電話番号によって近くの相談窓口に電話が
繋がる仕組みの導入も強く求められている。
○ このため、育児や子育てに悩んだ時や虐待を受けたと思われる子どもを見つけた時などに、躊躇せずに児童
相談所に相談できるよう、全国共通の番号によって管轄の児童相談所に電話を転送する、 「児童相談所全国
共通ダイヤル」を平成21年10月1日より開始。
共通ダイヤルの概要
2.仕組み
1.共通ダイヤルの番号
1.の番号にかけると、発信した電話の市内局番等から当
該地域を特定し、管轄の児童相談所に電話を転送。
0570-064-000
※ PHSや一部のIP電話からはつながりません。
※ プッシュ信号が出せない電話からは郵便番号等
の入力ができません。
※ 一部、本システムに未加入の地域があります。
(未加入の場合は、児童相談所の電話番号がアナ
ウンスされます。)
→ 加入率 95.7%(平成24年9月20日現在)
【主な転送パターン】
① 固定電話から発信した場合
・ 発信した電話の市内局番等から管轄が特定できれば、
そのまま児童相談所へ転送
・ 特定できない場合は、ガイダンスに沿って発信者に居住
地の地域番号を入力してもらい、管轄児童相談所を特定
② 携帯電話から発信した場合
ガイダンスに沿って、発信者に居住地の郵便番号(7桁)
を入力してもらい、管轄児童相談所を特定
19
児童虐待対応における警察との連携
「児童虐待への対応における警察との連携の推進について」
(平成24年4月12日雇児総発0412第1号厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長通知)
連携体制の強化
個別事案における連携
平素からの連携


警察官等を講師とした研修、警察との合同による実践
的研修の実施

児童虐待防止対策支援事業を活用した警察官OB等
の採用、現職警察官に係る警察との人事交流の推進

児童相談所と少年サポートセンター等の施設移転時
の連携

警察からの通告事案についての受理後の対応や以後
の状況変化に関する情報及び警察が得た新たな情報
を相互に情報交換する体制の整備
在宅対応中の児童について警察から状況変化に関す
る情報提供がなされた場合の安全確認、再アセスメン
トの徹底
連
児童相談所等
携
子どもの安全確保
生命・身体の保護
を最優先に対応
安全確認・安全確保の徹底

通告時における目視による安全確認の徹底、臨検・捜
索も視野に入れた立入調査や一時保護の実施、子ど
も及び虐待者本人との面接を含めた家族全体のアセ
スメント実施の徹底

子どもの安全確認・安全確保に万全を期する観点から、
適切に警察への援助要請を実施
警
察
要保護児童対策地域協議会における連携の促進

要保護児童対策地域協議会において要保護児童等の
事案について関係機関が適切な対応を検討するため、
個別ケース検討会議等における警察との積極的な情
報交換、意見交換の実施
20
子ども虐待対応の経緯
21
児童虐待防止対策の経緯
児童福祉法による要保護児童対策として対応
平成12年
児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)の成立(平成12年11月施行)
・児童虐待の定義(身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待)
平成16年
・住民の通告義務 等
児童虐待防止法・児童福祉法の改正(平成16年10月以降順次施行)
・児童虐待の定義の見直し(同居人による虐待を放置すること等も対象) ・通告義務の範囲の拡大(虐待を受けたと思わ
れる場合も対象) ・市町村の役割の明確化(相談対応を明確化し虐待通告先に追加) ・要保護児童対策地域協議会の
法定化 等
平成19年
児童虐待防止法・児童福祉法の改正(平成20年4月施行)
・児童の安全確認等のための立入調査等の強化、保護者に対する面会・通信等の制限の強化、保護者に対する指導に従
わない場合の措置の明確化 等
平成20年
児童福祉法の改正(一部を除き平成21年4月施行)
・乳児家庭全戸訪問事業、養育支援訪問事業等子育て支援事業の法定化及び努力義務化 ・要保護児童対策地域協議
会の機能強化 ・里親制度の改正等家庭的養護の拡充 等
平成23年
児童福祉法の改正(一部を除き平成24年4月施行)
・親権停止及び管理権喪失の審判等について、児童相談所長の請求権付与 ・施設長等が、児童の監護等に関し、その
福祉のために必要な措置をとる場合には、親権者等はその措置を不当に妨げてはならないことを規定 ・里親等委託中及
び一時保護中の児童に親権者等がいない場合の児童相談所長の親権代行を規定 等
22
児童虐待防止対策に関する法改正の経緯(詳細)
※改正内容の抜粋
平成
12
◇児童虐待の防止等に関する法律の制定
(児童虐待防止法制定) 平成12年11月20日 施行
平成
19
◇児童虐待の定義
・身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待
◇住民の通告義務
◇立入調査
◇児童虐待の早期発見
◇警察官の援助について明記
平成
平成
16
◇児童虐待防止法の改正
平成16年10月1日 施行
○児童福祉法の改正
平成17年 1月1日 施行(※●印を除く)
◇児童虐待の定義の見直し
・同居人による虐待を放置することをネグレクトと定義
・児童がDVを目撃することを心理的虐待と定義
◇通告義務の範囲の拡大
・虐待を受けたと思われる場合も対象
◇面会又は通信の制限
○市町村の役割の明確化
・相談対応を明確化し虐待通告先に追加
●要保護児童対策地域協議会の法定化 〔H17年4月施行〕
○司法関与の強化
・家庭裁判所の承認を経て行う強制入所措置の有期限化
(入所措置の期間は2年間。家裁の承認を経て更新可能)
・保護者指導の勧告
20
平成
23
◇児童虐待防止法の改正・○児童福祉法の改正
平成20年4月1日 施行
◇児童の安全確認義務
・児童の安全確認のために必要な措置を講ずることが義務化
◇出頭要求・再出頭要求、立入調査等の強化
・解錠を伴う立入調査を可能とする新制度の創設(臨検・捜索)
◇保護者に対する面会・通信等の制限の強化
◇保護者に対する指導に従わない場合の措置の明確化
○要保護児童対策地域協議会設置の努力義務化
○児童福祉法の改正
平成21年 4月1日 施行(※●印を除く)
○乳児家庭全戸訪問事業、養育支援訪問事業等子育て支援
事業の法定化及び努力義務化
○要保護児童対策地域協議会の機能強化
・協議対象を要支援児童、その保護者、特定妊婦に拡大
●里親制度の改正等家庭的養護の拡充〔H21年1月施行〕
○被措置児童等に対する虐待の対応の明確化
□民法の改正・○児童福祉法の改正
平成24年4月1日 施行(一部を除く)
□2年以内の期間に限って親権を行うことができないようにする
親権の停止制度の新設
□○親権の喪失等の家庭裁判所への請求権者の見直し
○施設長等の権限と親権との関係の明確化
□法人又は複数の未成年後見人の許容
○里親等委託中及び一時保護中の児童に親権者がいない場
合の児童相談所長の親権代行 について規定
□その他(子の監護及び教育が子の利益のためにされるべきこ
とを明確化、懲戒に関する規定の見直し、離婚後の子の監護
に関する事項の定めとして面会交流等を明示
23
民法等の一部を改正する法律の概要
要旨
児童虐待の防止等を図り,児童の権利利益を擁護する観点から,親権の停止制度を新設し,法人又は複数の
未成年後見人の選任を認める等の改正を行うとともに,関連する規定について所要の整備を行う。
要点
親権の喪失の制度等の見直し
○ 2年以内の期間に限って親権を行うことができないようにする親権の停止制度の新設 (民法)
○ 親権の喪失等の家庭裁判所への請求権者の見直し (民法,児童福祉法)
○ 施設長等の権限と親権との関係の明確化 (児童福祉法)
未成年後見制度等の見直し
○ 法人又は複数の未成年後見人の許容 (民法)
○ 里親等委託中及び一時保護中の児童相談所長の親権代行について規定(児童福祉法)
その他
○
○
○
○
子の監護及び教育が子の利益のためにされるべきことを明確化 (民法)
懲戒に関する規定の見直し (民法)
離婚後の子の監護に関する事項の定めとして面会交流等を明示 (民法)
その他,所要の規定の整備 (民法,児童福祉法,家事審判法,戸籍法等)
施行時期等
平成23年5月27日
平成23年6月 3日
平成24年4月 1日
成立
公布(平成23年法律第61号)
施行
24
「民法等の一部を改正する法律」の施行等について
改正の趣旨等
児童虐待の防止等を図り、児童の権利利益を擁護する観点から、親権の停止制度を新設し、法人又は複数の未成年後見人の選任を認める等の改
正を行うとともに、関連する規定について所要の整備を行うもの。 【平成23年6月3日 公布(一部施行) / 平成24年4月1日 施行】
1.親権と親権制限の制度の見直し
○ 子の利益の観点の明確化等
(現行)
 親権を行う者は、子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う。
 親権を行う者は、必要な範囲内で自らその子を懲戒し、又は家庭裁判
所の許可を得て、これを懲戒場に入れることができる。
 親子の面会交流等についての明文規定がない。
○ 親権停止制度の創設
(現行)
 あらかじめ期限を定めて親権を制限する制度はない。
(改正後)
【民法関係】
 親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする権利を有し、
義務を負う。
 親権を行う者は、子の利益のために行われる子の監護及び教育に必要
な範囲内でその子を懲戒することができる。
 離婚後の子の監護に関する事項として親子の面会交流等を明示。
(改正後)
【民法関係】
 家庭裁判所は、「父又は母による親権の行使が困難又は不適当であるこ
とにより子の利益を害するとき」に2年以内の期間を定めて親権停止の審
判をすることができる。
○ 親権喪失・管理権喪失原因の見直し
(現行)
 家庭裁判所は、 「父又は母が、親権を濫用し、又は著しく不行跡である
とき」に親権喪失の宣告をすることができる。
 家庭裁判所は、「父又は母が,管理が失当であったことによってその子
の財産を危うくしたとき」に管理権喪失の宣告をすることができる。
(改正後)
【民法関係】
 家庭裁判所は、「父又は母による虐待又は悪意の遺棄があるときその他
父又は母による親権の行使が著しく困難又は不適当であることにより子の
利益を著しく害するとき」に親権喪失の審判をすることができる。
 家庭裁判所は、「父又は母による管理権の行使が困難又は不適当である
ことにより子の利益を害するとき」に管理権喪失の審判をすることができる。
○ 親権喪失等の請求権者の見直し
(現行)
 子の親族及び検察官が、親権の喪失等について、家庭裁判所への請
求権を有する。
(改正後)
【民法関係】
 子の親族及び検察官のほか、子、未成年後見人及び未成年後見監督人
も、親権の喪失等について、家庭裁判所への請求権を有する。
(現行)
 児童相談所長は、親権喪失についてのみ、家庭裁判所への請求権を
有する。
(改正後)
【児童福祉法関係】
 児童相談所長は、親権喪失、親権停止及び管理権喪失の審判並びにこ
れらの審判の取消しについて、家庭裁判所への請求権を有する。
25
2.児童相談所長、施設長等による監護措置と親権代行について
○ 児童相談所長による親権代行
(現行)

施設入所中の児童に親権者等がいない場合には、施設長が親権を代
行するが、里親等委託中又は一時保護中の親権者等がいない児童につ
いては、親権を代行する者がいない。
(改正後)
【児童福祉法関係】
 里親等委託中及び一時保護中の児童に親権者等がいない場合には、
児童相談所長が親権を代行する。
○ 児童相談所長、施設長等の監護措置と親権との関係
(改正後)
【児童福祉法関係】
 児童相談所長は、一時保護中の児童の監護等に関しその福祉のため
に必要な措置をとることができる。
(現行)
 児童相談所長に、一時保護中の児童の監護等に関しその福祉のために
必要な措置をとる権限の明文規定がない。
 施設長等は、児童の監護等に関しその福祉のために必要な措置をとる
ことができる旨の規定があるのみ。
 児童相談所長、施設長等が児童の監護等に関しその福祉のため必要
な措置をとる場合には、親権者等は不当に妨げてはならない。
 児童の生命、身体の安全を確保するために緊急の必要がある場合に
は、親権者等の意に反しても、児童相談所長、施設長等が必要な措置を
とることができる。
(参考) 改正後の児童相談所長、施設長等による親権代行、監護措置の整理
親権者(父母)・未成年後見人のない場合
(親権喪失・停止の場合も含む。)
親権者(父母)又は未成年後見人のある場合
未成年後見人あり
親権者(父母)あり
未成年後見人による後見
(親権行使)
親権者による親権行使
同上
同上
親権を行う者なし
在宅の場合
※ 法律行為を行うためには、未成年後見人を選任する必要あり。
※ 児童相談所長による未成年後見人の選任請求中は、児童相談所長が親権
代行。
児童相談所長による親権代行
一時保護中
(児童相談所長による監護措置)
児童相談所長による親権代行
里親等委託中
里親等による監護措置
施設長による親権代行
施設入所中
(施設長による監護措置)
児童相談所長による監護措置 (親権者等の不当な妨げの禁止)
親権者等の意に反する安全確保のための緊急措置
同上
同上
里親等による監護措置
(親権者等の不当な妨げの禁止)
親権者等の意に反する安全確保のための緊急措置
同上
同上
施設長による監護措置
(親権者等の不当な妨げの禁止)
親権者等の意に反する安全確保のための緊急措置
26
3.未成年後見制度の見直し
○ 法人・複数の未成年後見人の許容
(現行)
 家庭裁判所は、法人を未成年後見人に選任することができない。
 未成年後見人は、一人でなければならない。
※ 未成年後見人は、未成年者に対して親権を行う者がないとき等に、親権者と同
一の権利義務を有し、後見(身上監護、財産管理など)を行う。法律上の手続や、
多額の財産の管理を行う場合に選任が必要となる。
(改正後)
【民法関係】
 家庭裁判所は、法人を未成年後見人に選任することができる。
 未成年後見人は、複数でもよい。
(未成年後見人が複数いる場合、原則として、その権限を共同して行使。)
(家庭裁判所は、財産管理権について、一部の後見人につき財産管理権
のみの行使の定め、単独行使の定め、事務分掌の定めが可能。)
(参考) 複数、法人の未成年後見人について想定される例
【複数の未成年後見人の例】
 おじ・おばや祖父母が2人で後見人となり、共同で後見。
 多額の財産がある場合、親族のほかに弁護士等の専門職を選任。
一般的な後見は親族が、特定の財産の管理は弁護士等の専門職が行う。
【法人の未成年後見人の例】
 児童福祉施設等を運営する社会福祉法人
 児童の権利擁護の活動を行う法人 等
4.一時保護の見直し
(現行)
 一時保護の期間は、原則として、一時保護を開始した日から2か月を超
えてはならないが、児童相談所長等において必要があると認めるときは、
引き続き一時保護を行うことができる。
5.児童福祉法第28条の審判の運用方法の見直し(※)
(改正後)
【児童福祉法関係】
 2か月を超える親権者等の意に反する一時保護については、その継続
の是非について、第三者機関である児童福祉審議会の意見を聴く。
※ 専門委員会報告書を踏まえた見直し
(現行)

家庭裁判所は、法第28条の承認の審判をする際、保護者に対する指
導措置を採ることが相当であると認める時は、保護者に対し指導措置を採
るべき旨を、都道府県に勧告することができ、この指導勧告書の写しを保
護者に送付する運用が可能。
(見直し後)
【児童福祉法関係】
 この運用を保護者指導に効果的に活用するため、児童相談所が保護者
指導に効果的であると考える場合に、家庭裁判所に対して、都道府県等
への指導勧告と、保護者への指導勧告書の写しの送付を求める上申の
手続を示す。
27
親権に係る制度見直しの施行状況について(平成24年度)
1. 児童相談所長による親権制限に係る審判の申立て
平成24年度に全国の児童相談所長が行った親権停止の審判の申立ての実績は、17自治体で27事例であった。
親権喪失及び管理権喪失の審判の申立ての実績は、4自治体で4事例あった。
事例1
<申立ての背景>
・児童は医療機関に一時保護委託中。
・児童には先天性の疾患があるが、継続的な治療を受けることにより改善が見込まれる。
・保護者は必要な検査や手術に同意しない。また、保護者は児童の引き取りを拒否している。
<申立て後の状況>
・親権停止の本案の申立てと同時に、手術の実施のため保全処分の申立ても行い、保全処分が認容されている。
事例2
<申立ての背景>
・児童は保護者からの身体的虐待により児童養護施設に入所中。軽度の知的障がいがある。現在は自立に向けて就職活動を
行っている。
・保護者は児童の障がいを認めず、療育手帳の取得に同意しない。また、児童の就職に反対しており、保護者が就職を妨げるこ
とが予測される。
・児童は家庭復帰をせず、就職して自立したいと希望している。
<申立て後の状況>
・児童の意思を尊重して自立を支援する予定。
28
事例3
<申立ての背景>
・児童は幼少時から保護者による身体的虐待を受けており、高校入学後には家族と食事をともにすることも許されない状況で
あった。
・保護者との関係が悪化して家出したのち、保護者に謝罪して帰宅したが、保護者が児童に食事を与えないほか、児童を家に入
れないことがあったために再度家出した。
・児童は、友人宅や漫画喫茶等で過ごしながら高校に通学した。食費等は児童自身のアルバイト代でまかなっていた。高校の修
学旅行については、保護者が同意しないために参加できなかった。
・児童は帰宅を希望したものの保護者が受け入れなかったため、学校からの連絡で一時保護したが、保護者は児童の施設入所
に反対し、また児童の引取りも拒否した。
・保護者は児童のアルバイト先に、児童が働くことに同意していないと連絡し、児童がアルバイトを続けられないようにした。
・児童がまもなく18才の誕生日を迎えることから、児童福祉法28条申立てではなく、親権停止の審判及び審判前の保全処分の
申立てを行った。
<申立て後の状況>
・保全処分が認容されて保護者の職務執行停止がなされたため、児童養護施設への入所措置をとった。
・親権停止の本案も認容されて確定した。
・今後は児童の意思を尊重して自立を支援する予定。
事例4
<申立ての背景>
・ひとり親家庭。
・保護者から子どもへの暴行などの不適切な行為があったため、一時保護。
・子どもは保護者を恐れて帰宅を拒否。児童精神科の診察では、治療が必要な状態との診断。
・児童相談所は親族宅への引き取りを検討。保護者は児童相談所の方針や子どもの意向に反対。本児の治療にも理解を示さな
かった。
<申立て後の状況>
・親権停止の保全処分が決定し、親族が親権代行者となった。
・子どもは親族宅で生活している。
29
事例5
<申立ての背景>
・養育困難を主訴に乳児院入所中のダウン症の子ども。心室中隔欠損等の診断がある。
・誤嚥性肺炎による入院後に心不全等が進行し、早急にカテーテル検査による評価と外科的治療が必要となった。
・病院は保護者に来院を求めたが、保護者は拒否。児童相談所からの連絡にも拒否した。
<申立て後の状況>
・親権停止の保全処分が決定し、児童相談所長が職務代行者となった。
・心臓手術を無事終え、経過は良好である。
・他に大きな手術の予定がないため、本案を取り下げた。
・保護者は施設入所には引き続き同意しており、措置は継続している。
事例6
<申立ての背景>
・継母の虐待のために児童養護施設に入所して、高校3年となった。
・今後の進路等の相談や各種手続きのために未成年後見人の選任が必要。
・行方不明であった実父の所在が判明し児童相談所から連絡を取ったが全く応答がなかった。
・未成年後見人の選任をするために実父の親権停止が必要。
<申立て後の状況>
・実父の親権を停止して、未成年後見人による自立のための各種手続きを実施。
30
事例7
<申立ての背景>
・病院からのネグレクト通告を受理。脱水症状や栄養失調の原因について母が十分な食事を与えなかった疑いがあった。
・母は性急な退院を求め、退院後の通院や関係機関の訪問を拒否した。また、施設入所を拒否し、児童相談所との関わりを一切
拒否すると主張した。
・以前にも虐待通告を受けたことがあり、その際に母は児童相談所の関わりを拒否したために子どもの安全確認ができず、臨
検・捜索を検討したことがあった。
・母は、強迫神経症の診断を受けていたが通院服薬をしていなかった。
・母は、子どもが感染症にかかることを過度に恐れ、清潔維持に異常にこだわっていた。
・子どもの退院可能になるのを待ち、退院日から職権による一時保護委託開始。
<申立後の状況>
・母の親権を停止して、子どもに必要な医療行為が行えるようにするとともに、登校のための転校手続きを実施する。
・今後は母への指導の効果を見極め、母が養育可能かどうかを判断する。
2.児童相談所長による法人又は複数人の未成年後見人の選任の申立て
平成24年度に全国の児童相談所長が行った複数人及び法人の未成年後見人の選任の申立ての実績は、
8自治体で13事例であった。
法人で未成年後見人として選任されたものは、児童が入所していた児童養護施設の設置主体である社会福祉
法人、後見事業を専門としたNPO法人の事例が多くあった。複数人の未成年後見人事例としては、弁護士と親族に
よる事例や司法書士と複数人の社会福祉士による事例などがあった。
31
児童相談所長又は施設長等による監護措置と親権者等との関係に関するガイドラインについて(概要)
1 ガイドラインの趣旨
○ 親権者等(親権を行う者又は未成年後見人)が児童相談所長や児童福祉施設の施設長、里親等による監護措置を不当に妨げてはならないことが法律上、明確
化されることから、児童相談所、施設、里親等での対応に資するよう、「不当に妨げる行為」の考え方、対応方法等について示すもの。
※以下「児童」には、18歳以上の未成年者を含む。
2 不当に妨げる行為の事例
○ 「不当に妨げる行為」としては次のものが想定(詳細は別紙)。施設、里親等で該当性の判断に迷う場合には、児童相談所が相談、助言等の援助。
(1) 態様、手段が適切でない場合
 親権者等が児童等に関してとる行為そのものの態様、手段が客観的に見て適切でない場合。具体的には、例えば、次のような事例が該当しうると考える。
ア 親権者等がその児童や職員等に対して直接とる行為(実力行使)(暴行、脅迫、連れ去り、面会の強要等)
イ 親権者等が他の児童や児童相談所、施設等全体も含めて迷惑を及ぼす行為(騒音・振動、施設の汚損・破損等)
ウ その他(関係者へのア・イの行為等)
(2) 親権者等の意向に沿った場合に、児童に不利益を与えると考えられる場合
 親権者等の意向に沿った場合に、客観的にみて明らかに児童に不利益を与えると考えられる場合。具体的には、例えば、次のような事例が該当しうると考える。
 児童の真の意向を踏まえる必要。他方、児童に不利益を与えるおそれがあるときには、児童の意向に沿わない監護措置をとる必要。
ア 児童に経済的な損失を与える行為
イ 児童の社会生活に支障を生じさせる行為
ウ 児童の健康や成長、発達に悪影響を及ぼす行為
エ 児童の教育上支障を生じさせる行為
オ 児童や他の児童の監護に悪影響を及ぼす
おそれのある行為
(3) その他の場合
 その他、親権者等の主張に混乱が見られる場合、一貫性がない場合等には、監護に支障を生じるおそれがあり、該当する場合がある。
3 不当に妨げる行為があった場合の対応等
○ 児童相談所は、一時保護・措置開始時に、保護者に対し、施設長等による監護措置、不当に妨げる行為の禁止、緊急時の対応等について説明。
○ 不当に妨げる行為があった場合には、当該行為にかかわらず、児童の利益を保護するために必要な監護措置が可能だが、
できる限り親権者等の理解を得ることが望ましく、また、理解が得られず、児童の安定した監護に支障を及ぼす場合には、法的な解決等を図る必要がある。
○ このため、事例に応じ、次の(1)~(4)の対応が考えられる。(※犯罪、危険行為等に対しては、警察へ通報する等の対応。)
○ 施設長等が対応方針等について判断に迷う場合は、児童相談所に相談。児童相談所は、必要に応じ児童福祉審議会から意見聴取。
(1) 親権者等への説明
 事例に応じ児童相談所や施設等から、児童の利益の観点から理解を求める。理解が得られない場合には、不当に妨げる行為に該当することを説明し、調整。
 施設等が説得を試みたものの説得できない場合には、児童相談所から親権者等に対し監護措置について理解を求め、調整を図ることも考えられる。
(2) 面会・通信の制限、接近禁止命令
 改善のない場合には、事例に応じ、児童虐待防止法上の面会・通信制限や、接近禁止命令(強制入所措置の場合)での対応が考えられる。
 児童相談所から親権者等に対し、これらの対応がとられうることを説明し、監護措置への理解を求める。理解を得られない場合には、これらの対応を検討。
(3) 親権制限の審判等の請求
 上記で対応できず、親権の制限が必要な場合には、事案に応じ、民法上の親権制限(親権喪失、親権停止又は管理権喪失)の審判請求が考えられる。
 法令等で明確に親権者等の同意が必要とされている場合等には、問題解決のために親権制限の審判等が必要な場合がある。
 児童相談所から親権者に対し、親権制限の審判を請求する必要が生ずることになる旨説明し、理解を求める。改善が見込めない場合に審判請求を検討。
(4) 安全確保のため緊急の必要があると認められる場合の措置
 児童の生命・身体の安全確保のため緊急の必要がある場合には、親権者等の意に反しても監護措置が可能。児童の利益を最優先に考え、適切な措置。
 施設長、里親等が緊急の監護措置を行った場合には、都道府県等への報告義務あり。
32
「2 不当に妨げる行為の事例」の詳細
(1) 態様、手段が適切でない場合
(別紙)
 親権者等が児童に関してとる行為そのものの態様、手段が客観的に見て適切でない場合。具体的には例えば次のような事例が該当しうると考える。
ア 親権者等がその児童や職員等に対して直接とる行為(実力行使)
 暴行、脅迫等により児童や職員等に危害を加える行為
 児童や職員等に暴言を吐くなど威圧的態度をとる行為
 児童や職員等に恐怖や不安を感じさせる言動や行動をとる行為
 児童を強引に連れ去る行為、外出・外泊から帰さない行為
 無断で又は拒否するにもかかわらず敷地内に立ち入る行為、退去しない行為
 つきまとい、はいかい、交通の妨害等の行為





イ 親権者等が他の児童や児童相談所、施設等全体も含めて迷惑を及ぼす行為
 騒音、振動を立てる行為 、関係施設等を汚損・破損する行為
 施設、職員等を中傷する内容のビラの配布、掲示、ネット上への掲載等をする行為
 拒否するにもかかわらず、撮影や録音を行う行為
 酒に酔っているなど正常な意思疎通ができない状況での来訪、電話等の行為
面会・通信の制限又は施設等の拒否にもかかわらず面会等を行う行為
拒否するにもかかわらず、繰り返しの電話、郵便、FAX、メール等をする行為
拒否するにもかかわらず児童の情報の提供を執拗に要求する行為
非行、犯罪等の不適切な行為をさせようとする(教唆する)行為
児童にたばこ、酒、危険物(火気、刃物等)等を渡す行為
ウ その他
 児童の学校、職場、その他児童の関係者や他の入所児童等に対するア・イの行為
 第三者にア・イの行為をさせる行為
(2) 親権者等の意向に沿った場合に、児童に不利益を与えると考えられる場合



親権者等の意向に沿った場合に、客観的にみて明らかに児童に不利益を与えると考えられる場合。具体的には例えば次のような事例が該当しうると考える。
児童の意向を踏まえる必要。その際、親権者等が児童に及ぼす影響を考慮し、真の児童の意向を見極める必要。
児童の意向に沿った場合に、児童に不利益を与えるおそれがあるときには、児童の意向に沿わない監護措置をとる必要。
ア 児童に経済的な損失を与える行為
 児童に金銭の提供等を要求する行為
 施設等から自立する際、児童が借りる住宅への同居や生活の世話を強いる行為
 児童の意思とは関係なく、児童の名義で売買契約等の契約を行い、不当な負債や
義務を負わせる行為
イ 児童の社会生活に支障を生じさせる行為
 正当な理由なく、児童が必要とする契約や申請に同意せず又は妨げる行為
(携帯電話、奨学金、自立する際の賃貸住宅、旅券等)
 学校・職場に正当な理由なく又は施設等との約束に反し無断で訪問・連絡する行為
 児童が希望する適切な就職等に正当な理由なく同意せず又は妨げる行為
 児童の意思に反して親権者等の希望する職場への就労を執拗に強要する行為
 児童の就労先に対し、児童の賃金を親権者等に支払うよう求める行為
 児童と親族等の第三者との面会や交流を正当な理由なく妨げる行為
ウ 児童の健康や成長、発達に悪影響を及ぼす行為
 児童に必要な医療を正当な理由なく受けさせない行為(精神科医療を含む。)
 児童に必要な保健サービスを正当な理由なく受けさせない行為(予防接種、健康診査等)
 児童に必要な福祉サービスを正当な理由なく受けさせない行為(療育手帳等)
※ 医療保護入院、予防接種については、各法令に基づき、保護者の同意が必要。
エ 児童の教育上支障を生じさせる行為
 学校の通常の授業や行事に、正当な理由なく、出席・参加させない行為
 特別支援学校等を就学先とすることを不服として就学させない行為
※ 障害児については、障害の状況に照らし、専門家・保護者の意見聴取の上、就学先を決定。




児童の意思に反し、学力等に見合わない学校への進学を要求する行為
正当な理由なく、児童が希望する進路に同意しない行為
正当な理由なく、児童の意思に反し、児童が通う学校の退学・休学手続を行う行為
児童の望まない又は参加困難な部活動、習い事、学習塾等を要求する行為
オ 児童や他の児童の監護に悪影響を及ぼすおそれのある行為
 一時保護所や施設内の規則に違反する行動をとることを児童に指示する行為
 親権者等の好みの髪型、服装等を強いる行為
 児童に過剰の金銭、物品等を与える行為
(3) その他の場合
 上記のほか、次の場合などには、児童の監護に支障を生じるおそれがあり、「不当に妨げる行為」に該当する場合がある。
 親権者等の主張の内容に明らかに論理的な混乱が見られ、児童の安定した監護に支障がある場合
 親権者等の主張が合理的な事情がないのに短期間のうちに繰り返し変化するなど一貫性がなく、児童の安定した監護に支障がある場合
33
医療ネグレクトにより児童の生命・身体に重大な影響がある場合の対応の流れ
児童相談所
できる
親権停止審判
による措置
相談・
連携
児童福祉施設の施設長等
できない
審判の確定
申立て
保全処分(注1)
による措置
時間的緊急性
で判断
保全処分の審理
審判の確定・処分
の決定を通知
できる
以下の者の同意により
医療行為を実施
(同意者)
未成年後見人あり → 未成年後見人
未成年後見人なし → 児福法に基づく
親権代行者
(代行者の区分)
親権者の親権停止
の審判
審判の確定・処分
の決定を連絡
時間的緊急性
で判断
できない
保全処分の決定を
待つことが可能か
請求
医療機関
児童相談所
通告・相談
医療機関
親権停止審判
の確定を待つこと
が可能か
家庭裁判所
処分の決定
(注2)
保全処分
・親権者の職務執行停止
・職務代行者の選任
家庭裁判所の手続
を経る時間がない
時間的緊急性が高い
(児童相談所に相談・連絡する余裕がない)
児福法に基づく
緊急措置
児福法に基づく
緊急措置
児相長及び施設長等による監護措置 (※)
→児童の生命・身体の安全確保のため緊急の必要が
あると認めるときは、親権者等の意に反してもとること
ができる。(児福法第33条の2第4項、第47条第5項)
・ 施設入所中 ・・・ 施設長
・ 里親等委託中 ・・・ 児相長
・ 一時保護中 ・・・ 児相長
・ 後見人選任請求中 ・・・ 児相長
以下の者の同意により
医療行為を実施
(同意者)
職務代行者あり → 職務代行者
職務代行者なし → 児福法に基づく
親権代行者(※)
(※)上記親権代行者の区分と同じ
児童相談所長又は施設長等の
同意により医療行為を実施
(同意者)
一時保護中 → 児相長
施設入所中 → 施設長
里親等委託中 → 里親等
(※) 施設長等が上記の監護措置をとった場合、
児福法第27条第1項第3号等の措置を行った
都道府県又は市町村の長に報告
(注1)親権停止審判を本案とする審判前の保全処分として行う。
34
(注2)職務代行者の選任は職務執行停止に加えて必要がある場合に行う。職務代行者の資格に特に定めはなく、弁護士、児相長、医師等が選任されている例がある。
児童相談所の体制の現状
35
虐待相談対応件数と児童相談所の体制
児童相談所と児童福祉司
相談対応件数
平成11年度
○ 児童相談所での児童虐待相談対応件数は大幅な増加。
児童相談所設置自治体
平成25年度
59自治体 → 69自治体
(約1.2倍)
[参考] 平成24年度の状況
・ 児童虐待相談対応件数
児童相談所数
174か所 → 207か所
(約1.2倍)
66,701件
児童福祉司数
1,230人 → 2,771人
(約2.3倍)
70,000
児童虐待相談対応件数の推移
65,000
66,701
56,384
55,000
50,000
45,000
40,000
33,408
35,000
30,000
23,274
20,000 17,725
11,631
15,000
59,919
44,211
40,639
37,323
42,664
34,472
26,569
25,000
250
240
児童虐待相談対応件数
60,000
10,000
児童相談所と児童福祉司数の推移
児童相談所
230
23,738
3,500
220
210
1,313
190 1,230
180
4,000
児童福祉司
200
平成11年度
の約5.7倍
4,500
平成11年度
の約2.3倍
1,480
1,6271,733
1,813
1,989
187
2,139
191
2,2632,358
2,4282,477
201 204
196 197
2,6062,670
206
207
2,771 3,000
207
180 182 182
174 174 175
170
2,500
2,000
1,500
1,000
500
H 11H 12H 13H 14H 15H 16H 17H 18H 19H 20H 21H 22H 23H 24
160
※平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
0
H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25
36
平成25年度 都道府県別児童福祉司の管轄人口
○ すべての自治体で、児童福祉法施行令第2条に定める児童福祉司の配置標準を(4~7万)満たすか、
あるいはそれを超えて配置されている。(人口は、平成22年10月1日国勢調査)
4~7万
4万未満
51 自治体
18自治体
平成25年度の地方交付税措置は標準団体(人口170万人)
あたり児童福祉司35人、児童相談所職員全体で59人。
70,000
60,000
全国平均
46,213
50,000
40,000
30,000
20,000
10,000
平均
金沢市
横須賀市
熊本市
福岡市
北九州市
広島市
岡山市
神戸市
堺市
大阪市
京都市
名古屋市
浜松市
静岡市
新潟市
相模原市
川崎市
横浜市
千葉市
仙台市
さいたま市
札幌市
沖縄県
鹿児島県
宮崎県
大分県
熊本県
長崎県
佐賀県
福岡県
高知県
愛媛県
香川県
徳島県
山口県
広島県
岡山県
島根県
鳥取県
和歌山県
奈良県
兵庫県
大阪府
京都府
滋賀県
三重県
愛知県
静岡県
岐阜県
長野県
山梨県
福井県
石川県
富山県
新潟県
神奈川県
東京都
千葉県
埼玉県
群馬県
栃木県
茨城県
福島県
山形県
秋田県
宮城県
岩手県
青森県
北海道
0
37
一時保護所の概要
1 設置の目的
一時保護所は、児童福祉法第12条の4に基づき児童相談所に付設もしくは児童相談所と密接な連携が
保てる範囲内に設置され、虐待、置去り、非行などの理由により子どもを一時的に保護するための施設。
2 設置か所数
全国に130か所(平成25年4月30日現在)設置されている。
3 一時保護の具体例
(1) 緊急保護
ア 棄児、家出した子ども等現に適当な保護者又は宿所がないために緊急にその子どもを保護する必要が
ある場合
イ 虐待、放任等の理由によりその子どもを家庭から一時引き離す必要がある場合
ウ 子どもの行動が自己又は他人の生命、身体、財産に危害を及ぼし若しくはそのおそれがある場合
(2) 行動観察
適切かつ具体的な援助指針を定めるために、一時保護による十分な行動観察、生活指導等を行う必要が
ある場合
(3) 短期入所指導
短期間の心理療法、カウンセリング、生活指導等が有効であると判断される場合であって、地理的に遠隔
又は子どもの性格、環境等の条件により、他の方法による援助が困難又は不適当であると判断される場合
4
対応件数(一時保護所内保護件数)
(平成24年度件数)
総 数
養 護
(うち、虐待)
障 害
非 行
育 成
その他
20,777
15,525
(9,700)
197
3,092
1,694
269
38
児童相談所での所内一時保護の状況
○ 平成24年度の一時保護所内の一時保護件数は20,777件であり、保護理由については、「児童虐待」が46.
7%と最も多く、次いで、「虐待以外の養護」が28.0%となっている。
児童虐待
虐待以外の養護
平成16年度
6,214( 32.9%)
7,703( 40.8%)
平成17年度
6,412( 35.3%)
平成18年度
障害
非行
保健・育成他
総 数
658( 3.5%)
2,613( 13.8%)
1,697( 9.0%)
18,885(100.0%)
7,046( 38.8%)
648( 3.6%)
2,494( 13.7%)
1,569( 8.6%)
18,169(100.0%)
7,081( 38.1%)
6,833( 36.7%)
478( 2.6%)
2,685( 14.4%)
1,521( 8.2%)
18,598(100.0%)
平成19年度
7,307( 38.6%)
6,964( 36.8%)
187( 1.0%)
2,604( 13.8%)
1,860( 9.8%)
18,922(100.0%)
平成20年度
7,674( 39.9%)
6,490( 33.8%)
181( 0.9%)
2,967( 15.4%)
1,908( 9.9%)
19,220(100.0%)
平成21年度
7,473( 38.7%)
6,709( 34.8%)
142( 0.7%)
3,224( 16.7%)
1,750( 9.1%)
19,298(100.0%)
平成22年度
8,670( 42.7%)
6,311( 31.1%)
138( 0.7%)
3,173( 15.6%)
2,010( 9.9%)
20,302(100.0%)
平成23年度
8,838( 43.6%)
6,231( 30.7%)
276( 1.4%)
3,175( 15.6%)
1,769( 8.7%)
20,289(100.0%)
平成24年度
9,700( 46.7%)
5,825( 28.0%)
197( 1.0%)
3,092( 14.9%)
1,963( 9.4%)
20,777(100.0%)
※平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
平成24年度 保護理由別件数
保健・育成
他
1,963件
(9.4%)
非行
3,092件
(14.9%)
障害
197件
(1.0%)
総数
20,777件
虐待以外
の養護
5,825件
(28.0%)
児童虐待
9,700件
(46.7%)
児童虐待の割合
児童虐待
0
3,000
6,000
9,000
12,000
その他
15,000
H16
6,214件(32.9%)
12,671件(67.1%)
H17
6,412件(35.3%)
11,757件(64.7%)
11,517件(61.9%)
H18
7,081件(38.1%)
H19
7,307件(38.6%)
H20
7,674件(39.9%)
11,546件(60.1%)
H21
7,473件(38.7%)
11,825件(61.3%)
H22
8,670件(42.7%)
H23
H24
8,838件(43.6%)
9,700件(46.7%)
児童虐待
その他
18,000
21,000
11,615件(61.4%)
11,632件(57.3%)
11,451件(56.4%)
11,077件(53.3%)
39
一時保護所の現状について
1日当たり保護人員及び平均在所日数
年間平均入所率
○ 保護人員、平均在所日数ともに増加傾向
○ 年間平均入所率は保護所により様々
(人)
(日)
30
1日当たり保護人員(人)
平均在所日数(日)
25
20
24.3
22.4
1,158 1,207
25.9
1,320
26.7
1,384
28.0 28.6 27.7 27.7 28.4
1,475
1,511 1,540 1,541
2,000
1,618
1,500
1,000
15
10
500
H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24
※平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県を除いて集計した数値
【出典】福祉行政報告例(厚生労働省大臣官房統計情報部)
入所率
1%~
20%
17カ所
(13%)
入所率
21%~
40%
34カ所
(26%)
入所率
41%~
60%
27カ所
(21%)
入所率
100%超
4カ所
(3%)
入所率
81%~
入所率 100%
61%~ 23カ所
80% (18%)
25カ所
(19%)
※H24.1~12の間の一時保護所(130カ所)の平均入所率
【厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課調べ】
虐待重大事例の検証報告書に学ぶ
41
子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第9次報告)の概要
社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会
対
(平成25年7月)
象
厚生労働省が、都道府県、指定都市及び児童相談所設置市(以下「都道府県等」という。)に対する調査
により把握した、平成23年4月1日から平成24年3月31日までの12か月間に発生し、又は表面化した
児童虐待による死亡85事例(99人)を対象とした。
第9次報告
心中以外の
虐待死
心中による
虐待死
(参考) 第8次報告
計
(未遂を含む)
心中以外の
虐待死
心中による
虐待死
計
(未遂を含む)
例数
56
29
85
45
37
82
人数
58
41
99
51
47
98
調査・分析方法
調査票による調査の後、関係都道府県等において検証が実施された事例の中で、関係機関の関与があった一部の事
例について、ヒアリングを実施した。
調査票等に
よる調査
集計結果による分析
事例の事実確認・分析
課題・提言
個別ヒアリングによる分析
都道府県等の検証
方法の確認・分析
42
事
例
の
分
析
集計結果による分析
-「心中以外の虐待死」・「心中による虐待死」の事例-
1
心中以外の虐待死
○
死亡した子どもの年齢は、0歳が25人(43.1%)と最も多く、0歳から2歳を合わせると
39人(67.2%)と大部分を占めた。
○ 虐待の種類は、身体的虐待が38人(65.5%)、ネグレクトが16人(27.6%)。直接死因
は、 「頭部外傷」15人(25.9%)、 「頚部絞厄以外による窒息」8人(13.8%)、 「頚
部絞厄による窒息」6人(10.3%)であった。
○ 主たる加害者は、「実母」が33人(56.9%)と最も多く、次いで「実父」が11人(19.
0%)、「実母と実父」が5人(8.6%)であった。
○ 実母の抱える問題(複数回答)として、 「妊婦健康診査未受診」、 「望まない妊娠」、 「若
年(10代)妊娠」が多かった。
○ 加害の動機としては、3歳未満の事例では、「保護を怠ったことによる死亡」と「泣きやまな
いことにいらだったため」が多かった。
2
心中による虐待死(未遂を含む)
○
○
死亡した子どもの年齢は、0歳から17歳までの各年齢に分散している傾向。
直接死因は、 「中毒(火災によるものを除く)」が15人(36.6%)と最も多く、次いで
「頚部絞厄による窒息」が13人(31.7%)であった。
○ 主たる加害者は、「実母」が33人(80.5%)と最も多く、次いで「実母と母方祖父母」が3
人(7.3%)であった。
○ 加害の動機(複数回答)としては、「保護者自身の精神疾患、精神不安」が14人(34.
1%)と多かった。関係機関が関与していても、動機やきっかけが不明のケースが多かった。
3
関係機関の関与
○
児童相談所の関与は、心中以外の虐待死事例が17例(30.4%)、心中による虐待死事例が
5例(17.2%) であり、市町村(児童福祉担当部署)の関与は、心中以外の虐待死事例が16
例(28.6%)、 心中による虐待死事例が4例(13.8%)であった。
○ 要保護児童対策地域協議会で取り扱われていた事例は、心中以外の虐待死事例で14例
(25.0%)、心中による虐待死事例で1例(3.4%)であった。
4
○
○
0歳児の「心中以外の虐待死」
日齢0日の死亡が7人、月齢0か月の死亡が4人、月齢1~11か月の死亡が14人であった。
0日・0か月児の事例では、実母の抱える問題(複数回答)として、 「妊婦健康診査未受
診」が9例、「母子健康手帳の未発行」が8例であった。
○ 月齢1~11か月児事例では、14例のうち13例で関係機関で何らかの関与があった。
個別ヒアリング調査結果の分析
要保護児童対策地域協議会が関与していた4事例から
1 安全確認の在り方
目視確認のみに偏り、子どもの養育されてい
る状況を総合的に判断できなかったことや過去
にできていた安全確認ができなくなったことに
危機意識をもつことがなかったことが認められ
た
2 精神疾患のある保護者等の養育に支援を要す
る家庭への支援
関係機関で連絡体制を整え、十分な情報共有
をしておかなかった
3 要保護児童対策地域協議会を軸とする複数の
関係機関の協働によるリスクアセスメントの実
施
関係機関が保有する情報を相互に交換し、保
護を要する状況についての判断を的確に行い、
それぞれの支援を促進することができなかった
4 児童相談所及び市区町村の役割分担と連携の
強化
児童相談所と市区町村の間で共通の認識を有
した上での役割分担と連携ができなかった
5 転居を伴う事例への対応
転居前の自治体と転居後の自治体の間で情報
共有がスムーズに図れなかった
6 きょうだい事例への対応
きょうだいを一時保護をした場合、残された
きょうだいに対して虐待のリスクが高まること
を認識して、対処することができなかった
7 市区町村の児童福祉担当部署の職員の専門性
の向上
子どもと家族を全体として理解し支援すると
いう視点が欠けていた
8 関係自治体の協働による検証の実施と検証報
告の効果的活用
過去の事例における検証結果や指摘されてい
た課題が生かされなかった
43
課
題
と
提
言
地方公共団体への提言
1 虐待の発生及び深刻化予防
○ 望まない妊娠について相談体制の充実及び周知、経済的支援制度、
里親・養子縁組制度等の周知と関係機関の連携の強化
○ 妊娠期・出産後早期から養育支援を必要とする家庭への医療機
関等の関係機関と連携・協働した支援の充実
○ 養育支援を必要とする家庭の妊娠期からの把握及び支援のための保
健機関(母子保健担当部署)の質の向上と体制整備
※ 妊婦健康診査を受けていない妊婦の把握、通常の相談業務等を通じた家庭状況の
把握等
○ 乳幼児健康診査や予防接種等を受けていない家庭等への対応
○ 養育支援のための子育て支援事業の周知と活用促進
○ 通告義務・通告先・相談窓口等についての広報・啓発の充実
○ 若年者に向けた養育や虐待に関する知識等の広報・啓発
○ 家庭や子どもに関わる機関の職員への虐待の早期発見・早期の適切
な対応等に関する啓発の促進
2 虐待の早期の適切な対応と支援の充実
○ 児童相談所と市町村における専門性の確保及び体制整備
○ 地域の実情に合わせた児童相談所と市町村との役割分担と連
携・協働の強化
○ 管轄が違う地域の関係機関の連携・協働
○ 通告があったものの居住実態が把握できない家庭・子どもに
対する安全確認の確実な実施
○ 措置解除時の関係機関による支援体制の確保
○ 要保護児童対策地域協議会の活用促進と調整機関の機能強化
3 検証の実施と活用による再発防止
○ 地方公共団体における検証の対象範囲の拡大
○ 児童相談所、市町村など関係機関が関与したすべての事例に
対する検証の実施
○ 地域をまたがる事例の検証における地方公共団体間の協力
○ 検証報告の積極的な活用
国への提言
1 虐待の発生及び深刻化予防
○ 望まない妊娠について相談体制の充実及び周知、里親・養子
縁組制度等の周知と関係機関の連携の強化
○ 妊娠期・出産後早期から養育支援を必要とする家庭への保健
機関(母子保健担当部署)と医療機関等の関係機関との連携・
協働した支援の充実
○ 乳幼児健康診査や予防接種等を受けていない家庭等への対応
○ 養育支援のための子育て支援事業の周知と活用促進
○ 通告義務・通告先・相談窓口等についての広報・啓発の充実
○ 若年者に向けた養育や虐待に関する広報・啓発
2 虐待の早期の適切な対応と支援の充実
○ 児童相談所と市町村における専門性の確保及び体制整備
○ 地域の実情に合わせた児童相談所と市町村との役割分担と
連携・協働の強化
○ 管轄が違う地域の関係機関の連携・協働
○ 通告があったものの居住実態が把握できない家庭・子どもへの
安全確認の確実な実施
○ 要保護児童対策地域協議会(子どもを守る地域ネットワーク)
を活用した連携の促進
3 検証の実施と活用による再発防止
○ 地方公共団体における検証の確実な実施及び地方公共団体間の
協力の促進
○ 検証報告の積極的な活用の促進
44
子ども虐待による死亡事例等を防ぐために
これまでの報告にみられたリスクとして留意すべきポイント
養育者の側面
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
妊娠の届出がなされておらず、母子健康
手帳が未発行である
妊婦健康診査が未受診である又は受診回
数が極端に少ない
関係機関からの連絡を拒否している
(途中から関係が変化した場合も含む)
望まない妊娠
医師、助産師の立会いなく自宅等で出産
した
乳幼児健康診査が未受診である
(途中から受診しなくなった場合も含む)
精神疾患や強い抑うつ状態がある
過去に自殺企図がある
子どもの発達等に関する強い不安や悩みを
抱えている
子どもを保護してほしい等、養育者が自ら
相談してくる
虐待が疑われるにもかかわらず養育者が
虐待を否定
訪問等をしても子どもに会わせない
多胎児を含む複数人の子どもがいる
子どもの側面
○
○
○
○
子どもの身体、特に、顔や首、頭等に
外傷が認められる
子どもが保育所等に来なくなった
施設等への入退所を繰り返している
きょうだいに虐待があった
生活環境等の側面
○
○
○
○
児童委員、近隣住民等から様子が気にかか
る旨の情報提供がある
生活上に何らかの困難を抱えている
転居を繰り返している
孤立している
援助過程の側面
○
○
関与している機関が単独で関与して情報の
共有・役割分担ができていない
要保護児童対策地域協議会(子どもを守る
地域ネットワーク)の進行管理会議は行わ
れていたが関係機関が危機意識を共有し、
協働して子どもの状況や家族の全体像につ
いてのアセスメントができていなかった
※子どもが低年齢である場合や離婚等による一人親の場合であって、上記ポイントに該当するときには、
特に注意して対応する必要がある。
45
児童虐待による死亡事例(児童数)の推移
~「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について」(第1次報告~第9次報告)~
160人
142人
140人
120人
64人
100人
86人
80人
58人
60人
40人
20人
128人
126人
61人
65人
30人
128人
88人
47人
99人
41人
39人
8人
25人
-
25人
50人
56人
61人
78人
67人
81人
49人
58人
0人
心中以外の虐待死
心中による虐待死
注1)平成15年~平成19年までは暦年。平成20年度以降は年度
注2)平成15年はH15.7.1~H15.12.31の6か月間
注3)平成19年はH19.1.1~H20.3.31の15か月間
46
(2)心中以外の虐待死の子ども・年齢別構成人数・割合
(第1次報告~第9次報告の累計:495人)
12歳, 2人
10歳, 4人
13歳, 3人
14歳, 1人
17歳, 2人
不明, 7人
15歳, 2人
11歳, 6人
9歳, 6人
16歳, 5人
8歳, 3人
7歳, 12人
6歳, 9人
5歳, 21人
4歳, 35人
0歳, 218人
3歳, 53人
2歳, 44人
区分
人数
総数
495
0歳(再掲)
1歳, 62人
構成割合
/495人
100%
218
44.0%
0か月(再掲)
100
20.2%
0日(再掲)
83
16.8%
47
加害の動機
~心中以外の虐待死(全年齢)
区分
第2次
人数 構成割合
第3次
人数 構成割合
第4次
人数 構成割合
第5次
人数 構成割合
第6次
人数 構成割合
第7次
人数 構成割合
第8次
人数 構成割合
第9次
人数
構成割合
総数
しつけのつもり
9
18.0%
9
16.1%
7
11.5%
9
11.5%
10
14.9%
8
16.3%
3
5.9%
10
17.2%
65
子どもがなつかない
0
0.0%
5
8.9%
2
3.3%
1
1.3%
1
1.5%
1
2.0%
0
0.0%
0
0.0%
10
パートナーへの愛情を独占されたなど、
子どもに対する嫉妬心
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
1
1.5%
1
2.0%
0
0.0%
1
1.7%
3
パートナーへの怒りを子どもに向ける
0
0.0%
2
3.6%
1
1.6%
1
1.3%
0
0.0%
1
2.0%
0
0.0%
2
3.4%
7
慢性の疾患や障害の苦しみから子ども
を救おうという主観的意図
0
0.0%
0
0.0%
2
3.3%
2
2.6%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
1
1.7%
5
精神症状による行為(妄想などによる)
3
6.0%
5
8.9%
4
6.6%
7
9.0%
2
3.0%
1
2.0%
2
3.9%
2
3.4%
26
子どもの暴力などから身を守るため
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
MSBP(代理ミュンヒハウゼン氏症候
群)
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
3
4.5%
0
0.0%
0
0.0%
1
1.7%
4
保護を怠ったことによる死亡
3
6.0%
5
8.9%
18
29.5%
13
16.7%
4
6.0%
8
16.3%
11
21.6%
9
15.5%
71
子どもの存在の拒否・否定
0
0.0%
5
8.9%
5
8.2%
6
7.7%
8
11.9%
10
20.4%
2
3.9%
3
5.2%
39
泣きやまないことにいらだったため
0
0.0%
0
0.0%
4
6.6%
13
16.7%
5
7.5%
5
10.2%
6
11.8%
7
12.1%
40
アルコール又は薬物依存に起因した精
神症状による行為
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
0.0%
0
その他
23
46.0%
6
10.7%
1
1.6%
2
2.6%
10
14.9%
3
6.1%
7
13.7%
9
15.5%
61
不明
12
24.0%
19
33.9%
17
27.9%
24
30.8%
23
34.3%
11
22.4%
20
39.2%
13
22.4%
139
50
100%
56
100%
61
100%
78
100%
67
100%
49
100%
51
100%
58
100% 48 470
計
妊娠期・周産期の問題(複数回答)
~心中以外の虐待死(全年齢)
区分
切迫流産・切迫早産
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
喫煙の常習
アルコールの常習
マタニティブルーズ
望まない妊娠/計画していない妊娠
若年(10代)妊娠
母子健康手帳の未発行
妊婦健康診査未受診
胎児虐待
その他(胎児期の母体側の問題)
墜落分娩
陣痛が微弱であった
帝王切開
救急車で来院
医療機関から連絡
その他(出産時の母体側の問題)
低体重
多胎
新生児仮死
その他の疾患・障害
出生時の退院の遅れによる母子分離
NICU入院
第3次 (56人)
人数 構成割合
1
1.8%
2
3.6%
1
1.8%
2
3.6%
1
1.8%
7
12.5%
4
7.1%
6
10.7%
4
7.1%
1
1.8%
2
3.6%
0
0.0%
2
3.6%
1
1.8%
2
3.6%
0
0.0%
2
3.6%
1
1.8%
第4次 (61人)
人数 構成割合
6
9.8%
1
1.6%
1
1.6%
1
1.6%
0
0.0%
10
16.4%
8
13.1%
9
14.8%
9
14.8%
2
3.3%
5
8.2%
1
1.6%
2
3.3%
4
6.6%
0
0.0%
4
6.6%
4
6.6%
4
6.6%
5
8.2%
第5次 (78人)
人数 構成割合
1
1.3%
2
2.6%
3
3.8%
2
2.6%
0
0.0%
11
14.1%
12
15.4%
11
14.1%
10
12.8%
2
2.6%
5
6.4%
1
1.3%
8
10.3%
6
7.7%
1
1.3%
0
0.0%
2
2.6%
3
3.8%
3
3.8%
第6次 (67人)
人数 構成割合
4
6.0%
2
3.0%
7
10.4%
5
7.5%
1
1.5%
21
31.3%
15
22.4%
20
29.9%
21
31.3%
0
0.0%
9
13.4%
1
1.5%
4
6.0%
9
13.4%
4
6.0%
0
0.0%
0
0.0%
6
9.0%
2
3.0%
第7次 (49人)
人数 構成割合
5
10.2%
0
0.0%
4
8.2%
1
2.0%
0
0.0%
11
22.4%
7
14.3%
9
18.4%
7
14.3%
2
4.1%
2
4.1%
1
2.0%
7
14.3%
8
16.3%
1
2.0%
4
8.2%
3
6.1%
5
10.2%
4
8.2%
第8次(51人)
人数 構成割合
4
7.8%
2
3.9%
7
13.7%
1
2.0%
0
0.0%
10
19.6%
14
27.5%
9
17.6%
11
21.6%
5
9.8%
2
3.9%
0
0.0%
7
13.7%
7
13.7%
3
5.9%
0
0.0%
0
0.0%
3
5.9%
1
2.0%
第9次(58人)
人数
構成割合
2
3.4%
1
1.7%
8
13.8%
2
3.4%
0
0.0%
18
31.0%
14
24.1%
9
15.5%
21
36.2%
8
13.8%
1
1.7%
5
8.6%
2
3.4%
12
20.7%
4
6.9%
5
8.6%
3
5.2%
8
13.8%
0
0.0%
1
1.7%
4
6.9%
5
8.6%
4
6.9%
総数
23
10
31
14
2
88
74
73
83
20
1
30
6
42
4
5
3
43
11
9
13
28
20
49
0日・0か月死亡事例の実母の年齢
(第1時~第9次報告合計)
0日・0か月死亡事例の実母が抱える問題
(第1次~第9次報告の集計)
望まない妊娠が7割。0日事例に特に多い。若年出産経験も多い。
死亡事例検証報告から学ぶ必要な取り組み
(その1)
○妊娠期からの支援が必要ーとりわけ望まな
い妊娠に対する相談体制の充実
○若年者への性、妊娠、出産、虐待に関する知
識の啓発が必要ー命と性の教育
○乳幼児健診、予防接種を受けていない家庭
を把握して支援につなぐ必要
○養育支援のための子育て支援事業の周知と
活用促進
死亡事例検証報告から学ぶ必要な取り組み
(その2)
○転居の場合の情報提供ー転居先でも切れ目
なく支援につなぐ必要
○きょうだいの状況のアセスメントと支援
○児童相談所と市区町村の専門性の確保と体
制整備
○児童相談所と市区町村の役割分担のルール
化と協働
○医療機関との連携ー要保護児童対策地域協
議会への加入促進
これからの子ども虐待対応
54
児童虐待対策の現状と今後の方向性
【 現 状 】
○児童虐待相談対応件数の増加
⇒ 平成24年度の虐待対応件数は
66,701件
⇒ 統計を取り始めて毎年増加
⇒ 平成11年度の約5.7倍
○相次ぐ児童虐待による
死亡事件
⇒ 多数の死亡事例が発生
(平成23年度 56例・58人)
⇒ 死亡した子どもは0歳児が4割強
【 課 題 】
1.発生予防
○虐待に至る前に、気になるレベルで
適切な支援が必要(育児の孤立化、
育児不安の防止)
2.早期発見・早期対応
○虐待が深刻化する前の早期発見・
早期対応が必要
○児童相談所、市町村での
相談体制の不足
【必要な施策】
○子育て支援事業の普及・推進
・乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤
ちゃん事業)
・養育支援訪問事業
・集いの場(地域子育て支援拠点事業)
○虐待防止意識の啓発
○相談しやすい体制の整備
○虐待に関する通告の徹底
○児童相談所全国共通ダイヤルの周知0
570-064-000
○児童相談所の体制強化(職員の質・量)
○市町村の体制強化(職員の質・量)
○研修やノウハウの共有による専門性の
強化
○子どもを守る地域ネットワーク(要保護
児童対策地域協議会)による連携の強
化
3.子どもの保護・支援、保護者支援
○社会的養護体制の不足
⇒ 約4割の自治体で、定員を超えて
一時保護を実施
⇒ 児童養護施設の入所率の増加
平成10年度 平成24年度
82.8% → 85.8%
○子どもの安全を守るための適切な一時
保護が必要
○親子再統合に向けた保護者への支援
○社会的養護体制の質・量ともに拡充
が必要
○一時保護所の拡充・混合処遇の改善
○社会的養護体制の質・量ともに拡充
・家庭的な養育環境、施設における小
規模化の推進
・適切なケアを行うための人員配置基
準の引き上げ等の見直し
・自立支援策の拡充
○親子再統合に向けた保護者への支援
○親権に係る制度の適切な運用
5
5
妊娠・出産・子育て等に係る相談体制等の整備について
○平成15年7月~平成22年3月までの児童虐待による死亡事例386人のうち77人(19.9%)が、日齢0日児(67人)又は
日齢1日以上の月齢0か月児(10人)であり、その大部分が関係機関が関与する機会がないか極めて少ないケースであるこ
とから、妊娠等について相談しやすい体制や、関わりのある機会を見逃さない体制の整備が必要。
○平成23年7月27日付けで「妊娠期からの妊娠・出産・子育て等に係る相談体制等の整備について」(雇用均等・児
童家庭局総務課長・家庭福祉課長・母子保健課長通知)を都道府県市に通知し、体制整備を推進
○妊娠等に悩む人たちからの相談に対し、各相談機関が、相互に連携して適切な対応を行えるようにするとともに、
社会的養護による支援制度について、各相談機関等に周知し、必要とする人への的確な情報提供と活用の促進を図
り、児童虐待の防止を図ることが必要。
産科等医療機関
相談窓口
妊娠等に関する相談窓口
女性健康
支援センター
保護・
支援制度
助産施設
NPO、各団体等
妊娠等に関する相談(望まない妊娠含む)
児童相談所
里親
※各都道府県で設置、周知。 相談内容に応じて他の相談機関を紹介し連携
保健所
養子縁組
(特別養子縁組・
普通養子縁組)
市町村保健
センター
乳児院
福祉事務所
母子生活支援
施設
婦人相談所
婦人保護施設
56
妊娠・出産・育児期に養育支援を特に必要とする家庭に係る
保健・医療・福祉の連携体制の整備について
○児童虐待による死亡事例は、乳児期の子どもが多く占めており、その背景には、母親が妊娠期から一人で悩みを抱えていた
り、産前産後の心身の不調や家庭環境の問題がある。そのため、妊娠等について相談しやすい体制や、関わりのある機会
を見逃さない体制の整備が必要。
○平成23年7月27日付けで「妊娠・出産・育児期に養育支援を特に必要とする家庭に係る保健・医療・福祉の連
携体制の整備について」(雇用均等・児童家庭局総務課長・母子保健課長通知)を都道府県市に通知し、体制整備を
推進
○妊娠・出産・育児期に関わる関係機関が、養育支援を特に必要とする母親(家庭)を早期に把握し、各関係機関が
連携し早期から養育支援を行うことが必要。
医療機関
地域で継続し
た支援体制
出産
妊娠に関する相談
妊婦健診
妊娠
早期に養育支援が必要な妊産婦や
子どもがいる家庭について、市町
村へ情報提供
市町村と連携して医療の提供
家庭に対し、地域の母子保健サー
ビスや窓口の情報提供
産後健診
出産
妊娠の届出
行
政
機
関
妊婦訪問
養育支援訪問
妊娠届け時に面接し、妊婦の身体的、精神
的、経済的状態などを把握し、支援の要否を
確認
支援が必要な場合は、特定妊婦として妊娠
期から関係機関と連携し早期から支援
子育てスタート
乳児家庭全戸訪問
(こんにちは赤ちゃん)
新生児訪問
未熟児訪問
養育支援訪問
57
児童虐待の発生予防と早期発見・早期対応のための連携
※乳児家庭全戸訪問事業、養育支援訪問事業、地域子育て支援拠点事業は、平成21年4月より法定化・努力義務化
乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)
養育支援訪問事業
【平成24年度実施率:94.1%】
【平成24年度実施率:67.3%】
要保護児童対策地域協議会
(子どもを守る地域ネットワーク)
訪問内容
【平成23年度設置率:99.7%】
ケース対応会議
・ 子育て支援の情報提供
・ 母親の不安や悩みに耳
を傾ける
・ 養育環境の把握
訪問者
特に
必要な
ケース
調整機関
(養育支援訪問事業
中核機関)
訪問内容
保護者の育児、家事等
養育能力を向上させる
ための支援
進行管理
訪問者
進行管理
保健師・助産師・看護師、保育
士、愛育班員、母子保健推進
員、児童委員、子育て経験者
等について、人材発掘 ・研修を
行い、幅広く登用
保健師・助産師・看護
師・保育士等
連 携
その他の支援
ケース対応会議
母子保健法に基づく訪問事業
(児童相談所による対応等)
58
乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)及び
養育支援訪問事業の実施率の推移
・養育支援訪問事業について、平成20年度以前は育児支援家庭訪問事業の実施率を掲載。
・乳児家庭全戸訪問事業について、平成20年度以前は生後4ヶ月までの全戸訪問事業の実施率を掲載。
・平成17年度~20年度の実施率は次世代育成支援対策交付金の交付決定ベース。
・平成21年度以降の実施率は、雇用均等・児童家庭局総務課調。
59
地域子育て支援拠点事業
背
景
課
題
地域子育て支援拠点の設置
・3歳未満児の約7~8割は
家庭で子育て
・核家族化、地域のつながりの希薄化
・男性の子育てへの関わりが少ない
・子育てが孤立化し、
子育ての不安感、負担感
・子どもの多様な大人・子ども
との関わりの減
・児童数の減少
地 域 子 育 て 支 援 拠 点
子育て中の親子が気軽に集い、
相互交流や子育ての不安・悩み
を相談できる場を提供
解消
○ 公共施設や保育所、児童館等の地域の身近な場所で、
乳幼児のいる子育て中の親子の交流や育児相談、情報提供等を実施
育児不安
○ NPOなど多様な主体の参画による地域の支え合い、
子育て中の当事者による支え合いにより、地域の子育て力を向上
事 業 内 容
① 交流の場の提供・交流促進
② 子育てに関する相談・援助
③ 地域の子育て関連情報提供
④ 子育て・子育て支援に関する講習等
平成24年度実施か所数
(交付決定ベース)
地域で子育てを支える
5,968か所
60
最近発出された通知(平成24年秋以降)
○「住民基本台帳の一部の写しの閲覧及び住民票の写し等の交付並びに戸籍の附票の写しの交
付における児童虐待の被害者等の保護のための措置」について(平成24 年9月26日付厚生労働
省雇用均等・児童家庭局総務課長通知)
○「措置解除等に伴い家庭復帰した児童の安全確保の徹底について」(平成24年11月1日付厚生
労働省雇用均等・児童家庭局総務課長通知)
○「養育支援を特に必要とする家庭の把握及び支援について」(平成24年11月30日付厚生労働省
雇用均等児童家庭局総務課長母子保健課長通知)
○「児童虐待の防止等のための医療機関との連携強化に関する留意事項について」(平成24年11
月30日付厚生労働省雇用均等児童家庭局総務課長母子保健課長通知)
○「養育支援を特に必要とする家庭の把握及び支援の徹底について」(平成25年6月11日付厚生
労働省雇用均等児童家庭局総務課長母子保健課長通知)
○ 「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第9次報告)」 を踏まえた対応について
( 平成25年7月25日付 厚生労働省雇用均等・児童家庭局 総務課長 母子保健課長通知)
61
養育支援を特に必要とする家庭の把握及び支援の流れ
居住実態が把握できない家庭など、虐待発生リスクが高い家庭について市町村の関係部門・関係機関間で速やかな情報共有を図ることが必要
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
就学後
予防接種
3・4
か
月
児
健
診
3
歳
児
健
診
1歳
6か月
児
健
診
就
学
時
健
診
教育委員会
乳児
家庭
全戸
訪問
事業
出
生
届
未受診等
母子保健部門
虐待対応部門
市
町
村
○家庭訪問や電話、文書等により受診勧奨
○同時に未受診等の理由、背景等を調査
行政の関与に拒否的な家庭
勧奨に合理的な理由なく応じない家庭
未受診の理由や背景等が把握できない家庭 等
情報提供
・
対応協議
情報共有
居住実態が把握できない家庭
支援について検討が必要な家庭
→ 保健・福祉サービス等の提供状況、関係機関の関与状況等の調査
他の市町村へ転出を把握
要保護児童対策地域協議会で情報を共有
○ 居住実態が把握できない家庭
→ 家庭の実態把握
◆住民基本台帳や戸籍の記載事項、生活保護、児童手当・児童扶養手当等の受給状況等の詳細な調査
◆児童相談所の関与の確認
連絡
結果報告
・
通告
実態が把握できない場合や虐待が疑われる場
確認依頼
・
相談
合など、児童相談所の対応が必要な場合
児童
相談所
○
○出頭要求、臨検・捜索を活用した児童の安全確認・安全確保
○他の児童相談所の関与の確認
行方不明届の提出
について相談
警 察
所在不明の場合
転出先市町村
 児童相談所の関与の確認
 情報収集、家庭の居住状
況や児童の所在確認
62
養育支援を特に必要とする家庭の把握及び支援の徹底について
平成25年6月11日
厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長・母子保健課長通知
1.乳幼児等を対象とする保健・福祉サービスを受
けていない家庭など、虐待発生のリスクが高い家
庭への対応について、児童虐待担当部門と速やか
に情報共有を図る。
2.居住実態が把握できない家庭に関する情報共
有について、児童の情報を取り扱う部門と児童虐
待担当部門とが情報共有を図る。
3.自治体間の情報交換について、転出先の市町
村へ情報提供を行い、転出先自治体で継続的に対
応する。
63
「居住実態が把握できない児童」に関する調査について
○ 「養育支援を特に必要とする家庭の把握及び支援について」(平成24年11月30日付け厚生労働省雇用均
等・児童家庭局長通知)では、居住実態が把握できない家庭を含む養育支援を特に必要とする家庭(虐待
発生のリスクが考えられる家庭)の把握及び支援の取組を地方公共団体に要請。
○ 通知の施行から一定期間経過したことを踏まえ、「居住実態が把握できない児童」の実態や市町村におけ
る所在把握のための取組状況などを調査(→ とりまとめ次第公表)
○ 義務教育諸学校における居所不明の児童生徒の把握等を所管する文部科学省とともに実施
調査票1

調査票2
平成26年5月1日時点における「居住実態が把握
できない児童」の数〔把握の端緒別、把握の時期
別、年齢別〕
 「居住実態が把握できない児童」の所在を把握の
ために市町村が行った調査の状況H25.4~H26.4)
 要保護児童対策地域協議会での対応状況
など
【平成26年6月末までに厚生労働省へ報告】

H26.1~H26.4に市町村が把握した「居住実態が
把握できない児童」の所在把握のために市町村が
行った調査の状況(H26.1~H26.10)
 所在把握ができた(目視により確認できた)児童
の数、所在把握に繋がった調査の状況(H26.1~
H26.10)
 虐待リスクが高いと考えられる家庭への対応状
況(目視による確認の状況)
 要保護児童対策地域協議会での対応状況
 「居住実態が把握できない児童」への対応上の課
題、工夫している点 など
【平成26年11月末までに厚生労働省へ報告】
調査結果を踏まえ、更なる取組方針を検討
児童虐待防止における児童相談所・市区町村と医療機関との連携強化について
○平成24年11月30日付けで「児童虐待防止等のための医療機関との連携強化に関する留意事項について」(雇用均等・児童
家庭局総務課長、母子保健課長通知)を都道府県市に通知。都道府県市に対し、虐待が疑われる家庭や養育支援を特に必要
とする家庭の支援のために医療機関との積極的な連携及び情報共有を推進すること、臓器提供に係る児童について児童相談
所の関与の有無等の照会があった場合の対応に備えること等を要請。
○医療機関の主な役割や具体的な取組については以下のとおり。
医療機関の主な役割
◎医療機関は、児童相談所や市区町村に養育支援が特に必要な家庭の情報提供や虐待に関する通告を行い、支援につなぐ。
・ 子どもだけではなく、親の状況にも着目する必要。
・ 小児科のほか、産科や精神科、歯科等の役割も重要。
◎児童相談所や市区町村と情報を共有し、支援方針等を検討、連携して必要な支援を行う。
発生予防
○ 養育支援が特に必要な家庭
(要支援児童、特定妊婦)の情報
提供
早期発見・早期対応
等
支援
○ 虐待があったと疑われる子ども、
虐待を受けた 子どもの通告
等
○ 虐待による身体的・精神的問題
の評価・治療
○ 治療を通した見守り
(養育環境の把握など)
等
※守秘義務と個人情報保護との関係
児童虐待の防止や対応のために児童相談所や市区町村に必要かつ相当な範囲で行う「情報提供」や、児童相談所や市区町村への「通告」は、正当な
行為や第三者提供禁止の除外規定に該当し、基本的に守秘義務や個人情報保護に係る規定違反とはならない。
医療機関の具体的な取組
○市区町村の要保護児童対策地域協議会に参加することや児童相談所・市区町村と連携した対応をとること。
 平素からの連携・情報共有(情報提供するケースの目安や虐待が疑われる場合の対応などについて認識を共有)。
 支援につなげるべきケースの情報提供、通告。
 個別ケースへの支援(個別ケース検討会議で支援方針、役割分担を協議し、連携して支援)。
 要保護児童対策地域協議会に参加できない場合(広域から患者が受診する医療機関等)は、近隣の市区町村等と
個別ケースに関する情報提供・共有の枠組みづくりに協力すること。
○個別ケースにおいて、患者本人等から「診療情報」等の個人情報の提供等を求められた場合の取扱いについて児童相談所・
市区町村と協議しておくこと。
○児童相談所・市区町村の虐待対応の調査に協力すること。
○医療機関内の虐待対応の体制を整えること。
(「児童虐待の防止等のための医療機関との連携強化に関する留意事項について」厚生労働省
雇用均等・児童家庭局総務課長、母子保健課長通知より)
65
市区町村における子ども家庭相談
援助システム
66
要保護児童対策地域協議会(子どもを守る地域ネットワーク)について
果たすべき機能
要保護児童等(要支援児童や妊婦を含む。)の早期発見や適切な保護や支援を図るためには、
・ 関係機関が当該児童等に関する情報や考え方を共有し、
・ 適切な連携の下で対応していくことが重要
であり、市町村(場合によっては都道府県)が、要保護児童対策地域協議会(子どもを守る地域ネットワーク)
を設置し、
① 関係機関相互の連携や役割分担の調整を行う機関を明確にするなどの責任体制を明確化すると
ともに、
② 個人情報保護の要請と関係機関における情報共有の在り方を明確化することが必要
市町村
保健機関
警 察
学校・教育委員会
・ 協議会参加者の守秘義務(児童福祉法第25条の5)
医療機関
民生・児童委員
・ 支援内容を一元的に把握する機関の選定
保育所
弁護士会
児童相談所
民間団体
67
地域での児童虐待防止のシステム
○ 従来の児童虐待防止対策は、児童相談所のみで対応する仕組みであったが、平成16年の児童虐待防止法等の
改正により、「市町村」も虐待の通告先となり、「市町村」と「児童相談所」が二層構造で対応する仕組みとなっている
○ 市町村虐待相談対応件数
平成17年度 40,222件 → 平成24年度 73,200件
○ 各市町村単位で、要保護児童対策地域協議会(子どもを守る地域ネットワーク)の設置が進んでいる(平成24年4
月1日現在、98.4%の市町村で設置(任意設置の虐待防止ネットワークを含むと99.7%))。
○ 平成20年の児童福祉法改正法により、21年4月より、協議会の支援対象について、これまでの要保護児童に加
え、乳児家庭全戸訪問事業等で把握した養育支援を必要とする児童や出産前から支援を行うことが特に必要である
妊婦も追加された。
子ども
・
家庭
都道府県・福祉事務所
相談・通告
送致等
送致・支援等
相談・通告
市町村
関係機関
保育所・幼稚園
学校・教育委員会
警
通告等
(要保護児童
対策調整機関)
措置等
児童養護施設
里親委託 等
報告等
送致等
支援等
察
医療機関
児童相談所
相談・通告
207か所
送致・通告等
(平成25年4
月30日現在)
家庭裁判所
保健所
要保護児童対策地域協議会
(子どもを守る地域ネットワーク)
申立て・送致等
68
市町村相談体制の現状
○ 平成16年の児童虐待防止法等の改正により、市町村も児童虐待の通告先となった。
○ 子どもを守る地域ネットワーク(要保護児童対策地域協議会)は、平成16年の児童福祉法改正により法定化、平成19年
の児童福祉法改正により設置の努力義務化。平成24年4月1日現在、全市町村の98.4%が設置(任意設置の虐待防止
ネットワークを含むと99.7%) 。
○ 全国の調整機関の職員6,077人のうち、
児童福祉司と同様の専門職の割合は、平成24年4月1日現在1,156人(19.0%)であり、配置の促進が課題
(これに、保健師・助産師・看護師等の一定の専門資格を有する者を含めると3,460人(56.9%))。
子どもを守る地域ネットワーク設置率・調整機関担当職員の資格保有率と市町村虐待相談対応件数
100.0%
94.1%
ネットワーク設置率
職員の児童福祉司資格等保有者率
80.0%
職員の保健師等を含む一定の資格保有者率
市町村虐待相談対応件数
60.0%
50.0%
39.8%
40.0%
30.0%
98.7%
84.1%
90.0%
70.0%
97.6%
51.0%
69.0%
48,457
40,222
49,895
50.0%
52,282
51.0%
56,606
52.4%
99.5%
67,232
70,102
53.8%
55.9%
99.7%
73,200
70,000
60,000
56.9%
50,000
40,000
30,000
30.1%
21.7%
20.0%
10.9%
12.3%
14.2%
15.4%
20.3%
19.0%
20,000
10,000
10.0%
0.0%
0
H14
H15
H16
H17
H18
H19
H20
H21
H22
H23
H24
※1 ネットワーク設置率・資格保有者率は年度当初、虐待相談対応件数は年度計
※2 平成22年度の虐待相談対応件数は、東日本大震災の影響により、岩手県、宮城県(仙台市を除く)の一部及び福島県を除いて集計した数値
69
子どもを守る地域ネットワーク(要保護児童対策地域協議会)の運営のイメージ
○協議事項や地域の実情に応じて会議を設定し、効果的な情報交換、意見交換を進める。
代表者会議
協議会の構成員の代表者による会議であり、実際の担当者で構成される実務者会議が円滑に運営されるための環境整備を目的と
して、年に1~2回程度開催される。
① 要保護児童等の支援に関するシステム全体の検討
② 実務者会議からの協議会の活動状況の報告と評価
実務者会議
実際に活動する実務者から構成される会議であり、会議における協議事項としては例えば次のようなものが考えられる。
①
②
③
④
定例的な情報交換や、個別ケース検討会議で課題となった点の更なる検討
定期的に(例えば3か月に1度)、全ての虐待ケースについての状況確認、主担当機関の確認、援助方針の見直し等を実施
要保護児童等対策を推進するための啓発活動
協議会の年間活動方針の策定、代表者会議への報告
個別ケース検討会議
※ 個別の要保護児童等について、直接関わりを有している担当者や今後関わりを有する可能性がある関係機関等の担当者により、
当該要保護児童等に対する具体的な支援の内容等を検討するために適時開催される。
※ 会議における協議事項としては次のようなものが考えられる。
①
②
③
④
要保護児童等の状況の把握や問題点の確認(危険度や緊急度の判断)
援助方針の確立と役割分担の決定及びその認識の共有
ケースの主担当機関とキーパーソン(主たる援助者)の決定
実際の援助、介入方法(支援計画)の検討
※ 各関係機関の役割分担や次回会議の日程等、個別ケース検討会議で決定した事項については、記録するとともに、その内容を関
係機関等で共有することが重要
※ 協議会は、関係機関等に対し、資料又は情報の提供、意見の開陳その他必要な協力を求めることができる。
※ この協力要請は、協議会の構成員以外の関係機関等に対して行うことも可能。
70
「要保護児童対策地域協議会」機能強化等の主な取組について
年度
制度・運用
予算事業
要保護児童対策地域協議会の法定化
〔児童福祉法の一部改正、H17.4.1施行〕
平成16年
「要保護児童対策地域協議会設置・運営指針」
(通知)の発出
〔H17.2.25厚生労働省雇用均等・児童家庭局長通知〕
「スタートアップマニュアル」の作成・周知
平成19年
協議会の設置・運営に当たり、まず必要となる知
識、ノウハウなどを全国の自治体へ周知
〔H19.5.18厚生労働省〕
要保護児童対策地域協議会設置の努力義務
市町村及び民間団体との連携強化事業(メニューの追加)
要保護児童対策地域協議会に児童相談所OBな
ど児童家庭相談の専門家の派遣・配置を行う取組を
支援
〔児童虐待防止対策支援事業〕
〔児童福祉法の一部改正、H20.4.1施行〕
要保護児童対策地域協議会の機能強化
平成20年
• 協議対象を、養育支援が特に必要である児童やそ
の保護者、妊婦に拡大
• 調整機関に一定の資格を有する職員を配置するこ
と(努力義務)
要保護児童対策地域協議会機能強化事業の創設
調整機関職員や協議会構成員の専門性強化を図
る取組(研修の開催など)を支援
〔次世代育成支援対策交付金〕
〔児童福祉法の一部改正、H21.4.1施行〕
要保護児童対策地域協議会強化事業の充実
協議会関係機関の連携強化を図るための取組
(ケース記録や進行管理台帳の電子化など)を支援
平成22年
平成24年
「要保護児童対策地域協議会実践事例集」の作
成・周知
効果的に活用している7自治体の事例を紹介
〔H24.12.24厚生労働省〕
71
「要保護児童対策地域協議会」の実践事例集【概要】
(平成24年12月14日公表)
<目的>
要保護児童対策地域協議会は、現在ほぼ全ての市町村で設置されている。しかし、必ずしも
十分に活用されていない協議会も見られることから、活用促進や機能強化が求められている。
そのため、協議会を積極的に活用している7自治体に調査し実際の取組を紹介。
<事例を紹介する自治体>
東京都世田谷区、神奈川県横須賀市、大阪府枚方市、静岡県沼津市、福岡県糸島市、
長野県伊那市、長野県須坂市
(要保護児童対策地域協議会に登録されている件数、人口規模、調整機関の体制等を踏まえ抽出。)
<調査方法>
平成23年2月~3月に調査票
を用いた調査とヒアリングを実施。
※要保護児童対策地域協議会につ
いては、平成19年に設置・運営に当
たり必要となる基本的な知識、方法
論をまとめた「スタートアップマニュア
ル」を作成している。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodo
mo/dv14/
自治体の概要
東京都
神奈川県
大阪府
静岡県
福岡県
長野県
長野県
世田谷区
横須賀市
枚方市
沼津市
糸島市
伊那市
須坂市
人口(人)
( H2 3 . 4 時点)
837,000
423,000
411,000
206,000
100,000
71,000
53,000
子どもの数( 人)
( H2 3 . 4 時点)
119,000
64,000
71,000
32,000
17,000
13,000
9,000
児童福祉担当
部署
福祉、保健部門
福祉部門
福祉部門
福祉部門
福祉部門
教育部門
教育部門
調整機関
児童福祉担当部署 児童福祉担当部 児童福祉担当部署 児童福祉担当部署 児童福祉担当部署 児童福祉担当部署 児童福祉担当部署
と同一
署と同一
と同一
と同一
と同一
と同一
と同一
要保護児童対
策地域協議会
の設置
H18 .1
H17.7
H17.4
H18.7
H16.10
H18.9
H18.10
要保護児童ケー
ス 登録数( H2 2
年度)
909
88
331
339
63
148
18
要支援ケース 登
録数
( H2 2 年度)
0
20
150
186
272
0
2
特定妊婦
ケース 登録数
( H2 2 年度)
8
14
11
24
6
0
0
登録ケース 数合
計
917
122
492
549
341
148
20
72
2 調整機関の機能を
向上させるための取組
1 協議会に設置する会議とその運営
協議会に設置する会議
調整機関への専門職等の配置
3層の会議を基本とし、地域の実情に応じて独自の構成。
①協議会を補完する会議の開催(枚方市)
②児童虐待対策以外の施策も含めて対応(人口規模が比較
的小さい自治体の工夫)(須坂市)
③地区に分けて対応(人口規模が比較的大きい自治体の工
夫(世田谷区)
開催時期・参加者に応じた会議内容の工夫
人事異動の時期や参加者に応じて会議内容を選択
調整機関職員の資質向上に向けた工夫
①児童相談所職員との合同研修
②児童相談所へ長期派遣し研修
③児童相談所OBの配置による日常的なスーパー
バイズ体制
マニュアルの作成(改訂)を通じた関
係機関との関係づくり
関係機関の対応力を高めるための
取組を通じた連携体制づくり
虐待防止マニュアル作成にあたり、関係機
関のニーズを把握し実行可能な内容とすると
ともに、関係機関に直接依頼し関係づくりの
機会とする。(枚方市)
関係機関に対して調整機関の役割や活動内容、担当者
を知ってもらう機会として、研修等を活用。
①学校や保育所の職員への研修(伊那市)
②児童委員や学校関係者等への研修(枚方市)
③関係機関の職員を集めた事例検討会(世田谷区)
情報提供とフィードバックが必要な関係機
関をリストアップし、対応したその日のうち
に連絡。(伊那市)
術の活用)
専門職の配置又は連携により、機能強化をはかる。特
に、母子保健分野で経験を積んだ保健師の配置は発
生予防に効果大。他に、保育士、心理職、社会福祉主
事、指導主事を配置。
4 関係機関の積極的な関わりを促す工夫
“調整機関と関係機関との間で双方向の
情報の流れ”をつくる取組
3 情報を管理・
共有するための
工夫(情報通信技
ケースの情報を自治
体内で共有できる電
子ネットワークシス
テムを用いて調整機
関が情報を随時共
有。(世田谷区)
5 児童相談所との協働
児童相談所と共通の
アセスメントシートを使用
アセスメントの手続きを児童相談
所と同じ視点で行うため共通様式
のシートを用いて一緒にアセスメ
ントし、ケース登録。
二者会議の開催
進行管理会議への教員の参加
各学校から教員が参加することで、理解が深まり教育
機関との連携強化へつながる。
多忙な児童相談所職員との顔合
わせの機会と捉え、「実務者会
議」終了後に二者(児童相談所と
調整機関)で会議を実施。
73
1 ケースの登録基準
2 「実務者会議」の運営上の工夫
「要保護児童」ケースの登録基準
「実務者会議」の実施形態
市町村で虐待相談として受けたケース、協議会によるネッ
トワークで支援が必要と判断されたケース、など
「要支援児童」ケースの登録基準
養育支援訪問事業の支援計画と評価のための会議を開
催したケース、など
「特定妊婦」ケースの登録基準
育児支援分科会(実務者会議)での検討により登録、など
①2部構成で実施(世田谷区)
②既存の行政単位に基づき実施(横
須賀市)
③対象者・テーマ別に部会を設置
(糸島市)
④既存の仕組み(会議等)の活用
(沼津市)
⑤自治体内の関係部署の積極的な
参加(伊那市)
3 ケースの進行管理上の工夫
ケースの進行管理を
効果的に行うための工夫
①報告の対象とするケースの選定(沼
津市)
②進行管理を行うための会議を重層的
に開催(枚方市)
ケース検討・報告を効果的に行
うための工夫(世田谷区)
報告する項目を定め、それに基づき報
告。会議ではケースの検討頻度も確認。
「実務者会議」の開催準備
ケースを定期的に進行管理
するための工夫(横須賀市)
これまでの支援経過を記載した進行管
理台帳を資料とし、支援の見落としを防
ぐ。
ケースを終結する際の
手続きの工夫
「実務者会議」の決定などによる終結の判
断とともに、再発した場合に対応できるよ
う体制を確保
①「運営会議」の開催(枚方市)
②会議資料の準備(須坂市、世田谷
区)
例 沼津市の要保護児童対策地
域協議会の構成
4 対応した実際の事例
事例①
父親(夫)から母子への虐待事例
への対応
事例②
施設退所後の子どもに対する母親
による虐待事例への対応
事例③
父母によるネグレクト事例への対
応
事例④
父母に精神疾患があり、産後の養
育に不安がある(特定妊婦)事例へ
の対応
74
社会的養護の現状と課題
75
1.社会的養護の現状
(1)施設数、里親数、児童数等
保護者のない児童、被虐待児など家庭環境上養護を必要とする児童などに対し、公的な責任として、社会的に養護を行う。対
象児童は、約4万7千人。
里親
家庭における養育を
親に委託
区分
(里親は
重複登
録有り)
里
養 育 里 親
専 門 里 親
養子縁組里親
親 族 里 親
登録里親数
委託里親数
委託児童数
9,392世帯
3,487世帯
4,578人
7,505世帯
632世帯
2,445世帯
471世帯
2,763世帯
162世帯
218世帯
465世帯
3,498人
197人
213人
670人
ファミリー
ホーム
養育者の住居において家庭養護
を行う(定員5~6名)
ホ ー ム 数
184か所
委託児童数
829人
乳児院
児童養護施設
情緒障害児
短期治療施設
児童自立支援
施設
母子生活支援
施設
自立援助
ホーム
対象児童
乳児(特に必要な場
合は、幼児を含む)
保護者のない児童、
虐待されている児童
その他環境上養護
を要する児童(特に
必要な場合は、乳児
を含む)
軽度の情緒障害を
有する児童
不良行為をなし、又
はな す おそ れの あ
る児童及び家庭環
境その他の環境上
の理由により生活
指導 等を 要する児
童
配偶者のない女子
又はこれに準ずる
事情にあ る女子及
びその者の監護す
べき児童
義務教育を終了し
た児童であって、児
童養護施設等を退
所した児童等
施設数
130か所
589か所
38か所
58か所
263か所
99か所
定員
3,853人
34,252人
1,779人
3,854人
5,265世帯
656人
現員
3,000人
29,399人
1,286人
1,525人
3,714世帯
児童6,028人
390人
職員総数
4,088人
15,575人
948人
1,801人
1,972人
372人
施設
小規模グループケア
809か所
地域小規模児童養護施設
243か所
※里親数、ファミリーホーム数、委託児童数は福祉行政報告例(平成25年3月末現在)
※施設数、自立援助ホーム数、定員、現員、小規模グループケア、地域小規模児童養護施設
のか所数は家庭福祉課調べ(平成24年10月1日現在)
※職員数(自立援助ホームを除く)は、社会福祉施設等調査報告(平成23年10月1日現在)
※自立援助ホームの職員数は家庭福祉課調べ(平成24年3月1日現在)
※児童自立支援施設は、国立2施設を含む
76
(4)虐待を受けた児童の増加
児童虐待の増加等に伴い、児童虐待防止対策の一層の強化とともに、虐待を受けた子どもなどへの対応として、社会的養
護の量・質ともに拡充が求められている。
○ 全国の児童相談所における児童虐待に関する相談件数は、児童
虐待防止法施行前の平成11年度に比べ、平成24年度 には約6
倍に増加。
(件数)
70,000
○
児童養護施設に入所している子どものうち、半数以上
は、虐待を受けている。
0%
66,701
20%
40%
60%
80%
100%
65,000
59,919
60,000
55,000
56,384
50,000
44,211
42,664
40,639
37,323
34,472
33,408
40,000
35,000
30,000
25,000
26,569
23,738 ※平成22年度の件数は、福
23,274
島県を除いた数
20,000
0
乳児院
61.5%
53.4%
32.3%
7.0%
40.8%
63.4%
情緒障害児
短期治療施設
4.3%
71.6%
26.7% 1.7%
65.9%
児童自立支援施設
5.8%
26.5%
7.6%
17,725
15,000
5,000
31.5%
児童養護施設
45,000
10,000
里親
11,631
1,171 1,611 2,722
6,932
1,101 1,372 1,961
5,352
4,102
H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H
福祉行政報告例
41.4%
母子生活支援施設
被虐待体験有
あり
なし
3.8%
54.3%
なし
不明・不詳
不明・不詳
児童養護施設入所児童等調査結果(平成20年2月1日)
77
・施設の小規模化と家庭的養護の推進
社会的養護が必要な児童を、可能な限り家庭的な環境において安定した人間関係の下で育てることができるよう、施設のケ
ア単位の小規模化、里親やファミリーホームなどを推進
より家庭的な養育環境
児童養護施設
地域小規模児童養護施設
(グループホーム)
大舎(20人以上)
中舎(13~19人)
小舎(12人以下)
本体施設の支援のもと地域の民間住宅などを活用し
て家庭的養護を行う
1歳~18歳未満(必要な
場合0歳~20歳未満)
職員は施設長等のほか
就学児童5.5:1
3歳以上 4:1
3歳未満2:1
589か所
定員34,252人
現員29,399人
乳児院
定員6人
職員2人+非常勤1人+管理宿直
24年度243か所→26年度目標300か所
小規模グループケア
(分園型)
(本園ユニットケア)
本体施設や地域で、小規模なグループで家庭的養護を行う
1グループ6~8人 (乳児院は4~6人)
職員1人+管理宿直 を加算
小規模住居型児
童養育事業
(ファミリーホーム)
養育者の住居で養育
を行う家庭養護
定員5~6人
養育者及び補助者 合
わせて3人
24年度184か所
→26年度目標
140か所達成済
→将来像1000か所
24年度809か所→
26年度目標 800か所達成済(乳児院等を含む)
乳児(0歳)、必要な場合幼児(小学校就学前)
130か所
定員3,853人、現員3,000人
里親等
=
委託率
里親+ファミリーホーム
養護+乳児+里親+ファミリーホーム
25年3月末 14.8% →26年度目標 16%
→将来像は、本体施設、グループホーム、里親等を各概ね3分の1
児童養護施設の本体施設は、全て小規模グループケアに
里親
家庭における養育を里親に委
託する家庭養護
児童4人まで
登録里親数 9,392世帯
うち養育里親
7,505世帯
専門里親
632世帯
養子縁組里親 2,445世帯
親族里親
471世帯
委託里親数
委託児童数
3,487世帯
4,578人
→26年度目標
養育里親登録 8,000世帯
専門里親登録 800世帯
児童自立生活援助事業
(自立援助ホーム)
児童養護施設等退所後、就職する
児童等が共同生活を営む住居に
おいて自立支援
24年度99か所
→26年度目標 160か所
※「26年度目標」は、子ども子育てビジョン
ファミリーホームの数、登録里親数、委託里親数、委託児童数は、平成25年3月末福祉行政報告例。
施設数、定員、現員、小規模グループケア、地域小規模児童養護施設、自立援助ホームの数は、平成24年10月1日家庭福祉課調べ。
78
社会的養護の整備量の将来像
○日本の社会的養護は、現在、9割が乳児院や児童養護施設で、1割が里親やファミリーホームであるが、これを、今後、十数
年をかけて、
(a) 概ね3分の1が、里親及びファミリーホーム
(b) 概ね3分の1が、グループホーム
(c) 概ね3分の1が、本体施設(児童養護施設は全て小規模ケア)
という姿に変えていく。
<現在>
施設9割、里親等1割
本体施設
グループホーム
家庭養護
<想定される将来像>
本体施設・グループホーム・里親等をそれぞれ概ね3分の1に
本体施設
乳児院
児童養護
3,000人程度
11,000人程度
計 14,000人 程度
(37%) ~ (32%)
3,200人程度
グループホー 地域小規模児童養護
ム
小規模ケアのグループホーム型
9,000人程度
計12,200人程度
(32%) ~ (28%)
家庭養護
里親
7,100人程度 ~ 12,500人程度
ファミリーホーム
5,000人程度
計 12,100人 程度 ~ 17,500人程度
(32%) ~ (40%)
38,300人 ~ 43,700人
児童数合計
(人口比例で1割縮小の場合) (縮小しない場合)
(人数は一定の条件での試算)
79
里親等委託率の推移
○里親制度は、家庭的な環境の下で子どもの愛着関係を形成し、養護を行うことができる制度
○里親等委託率は、平成14年の7.4%から、平成25年3月末には14.8%に上昇
○子ども・子育てビジョン(平成22年1月閣議決定)において、家庭的養護の推進を図るため、ファミリーホームを含めた里親等
委託率を、平成26年度までに16%に引き上げる目標
児童養護施設
年度
乳児院
里親等※1
合計
入所児童数
(人)
割合
(%)
入所児童数
(人)
割合
(%)
委託児童数
(人)
割合
(%)
児童数
(人)
割合
(%)
平成14年度末
28,903
84.7
2,689
7.9
2,517
7.4
34,109
100
平成15年度末
29,214
84.0
2,746
7.9
2,811
8.1
34,771
100
平成16年度末
29,750
83.3
2,942
8.2
3,022
8.5
35,714
100
平成17年度末
29,765
82.5
3,008
8.4
3,293
9.1
36,066
100
平成18年度末
29,808
82.2
3,013
8.3
3,424
9.5
36,245
100
平成19年度末
29,823
81.8
2,996
8.2
3,633
10.0
36,452
100
平成20年度末
29,818
81.3
2,995
8.2
3,870
10.5
36,683
100
平成21年度末
29,548
80.8
2,968
8.1
4,055
11.1
36,571
100
平成22年度末
29,114
79.9
2,963
8.1
4,373
12.0
36,450
100
平成23年度末
28,803
78.6
2,890
7.9
4,966
13.5
36,659
100
平成24年度末
28,233
77.2
2,924
8.0
5,407
14.8
36,564
100
※1 「里親等」は、平成21年度から制度化されたファミリーホーム(養育者の家庭で5~6人の児童を養育)を含む。
ファミリーホームは、平成24年度末で184か所、委託児童829人。多くは里親、里親委託児童からの移行。
※2 平成22年度は福島県分を加えた数値。
(資料)福祉行政報告例及び家庭福祉課調べ(各年度末現在)
里親等委託率
80
里親等委託率の最近8年間の増加幅の大きい自治体
○最近8年間で、福岡市が6.9%から31.5%へ増加するなど、里親等委託率を大幅に伸ばした県・市も多い。
○これらの自治体では、児童相談所への専任の里親担当職員の設置や、里親支援機関の充実、体験発表会や、
市町村と連携した広報、NPOや市民活動を通じた口コミなど、様々な努力が行われている。
増加幅
(16→24比較)
里親等委託率
平成16年度末
平成24年度末
1
福
岡
市
24.6%増加
6.9%
31.5%
2
大
分
県
20.4%増加
7.4%
27.8%
3
静
岡
県
14.5%増加
10.6%
4
新
潟
県
12.8%増加
26.4%
5
滋
賀
県
12.8%増加
20.3%
33.1%
6
鳥
取
県
11.5%増加
10.2%
21.7%
7
福
岡
県
11.4%増加
4.0%
15.4%
8
佐
賀
県
11.2%増加
1.2%
12.4%
9
徳
島
県
11.1%増加
4.7%
15.8%
10
沖
縄
県
10.9%増加
22.7%
33.6%
25.1%
(静岡市・浜松市分を含む)
39.2%
(新潟市分を含む)
※宮城県、岩手県及び仙台市については、増加幅が大きい(宮城県:25.3%増(8.0%→33.3%)、岩手県17.8%増(10.4%
→28.2%)、仙台市:16.0%増(11.6%→27.6%))が、東日本大震災の影響により親族による里親が増えたことによる
ものであるため、除いている。
里親委託推進の取組事例
具体的な取り組み事例(福岡市)
○平成16年当時、福岡市内の児童養護施設は満杯。児童養護施設を新設するにしてもお金も時間もかかる。
いっぱいなので、行き先確保のために里親を増やそう」
「施設が
○平成16年12月、日本子どもの虐待防止研究会福岡大会が開催。子どもの課題に取り組むネットワークづくりを行っているN
PO法人が市民フォーラムを関連事業として開催。2日間で1,000人の市民が集まる。それを目の当たりにした行政は「里親開
拓にNPO法人のネットワークを活用できないか?」と考え、「里親制度普及促進事業」を委託
児童相談所
NPO
○最初にイメージを作る。事業名を「新しい絆プロジェクト」、実行委員会の名称
を「ファミリーシップふくおか」(「里親=暗いイメージ」を払しょくし、明るく、素晴ら
しいイメージに。→プロのデザイナーとコピーライターに依頼)
○里親を知ってもらう市民フォーラムの開催。広報啓発は分かりやすく、親しみ
やすいイメージで統一、感動でつながっていく仕組みづくり(音楽・絵本の朗読から、
里親の体験談に)、里親だけでなく協力者も募集(協力者になることで市民意識が醸成)、
子どもプログラム(子どもが参加したいと大人も付いてくる)
⇒参加者に、「子どもは、みんな社会の子」という認識がうまれた。
社会的養護の社会化 がはかられる。
○児相職員の意識の変化
「まず里親を探そう」
職員の「里親に委託して良かった」とい
う成功体験によって、里親委託優先の意
識が高まる。
しかし、施設には、心理士などの専門職
がいるが、里親家庭の場合はすべて児
童相談所が行うことになるため、里親委
託は大変。
○里親委託率が上がると、里親への委託児童数が増える。
里親家庭内において、子どもや里親の様々な問題や課題が頻回に発生。児相では、毎日、毎週が里親、里子のニーズに
沿った相談支援の連続になった。里親家庭への支援体制が欠かせない。このため、児相に里親支援の専従班をつくり、里
親制度だけに専念できる組織及びケース数に応じた相談支援職員を配置し、体制を整備。
まとめ
NPOの力を活用して感動やイメージづくりを行い、協力者を募集するなど市民参加型の普及活動を広く市民に働きかけると
ともに、児童相談所に里親支援専従班を配置するなどの支援体制の強化を行うことにより、里親委託率の増加を行った。
82
具体的な取り組み事例(大分県)
○平成12年~13年当時、児童養護施設等が満杯。県として、要保護児童の措置先の選択肢の乏しさや集団生活に適応
できない子の存在があった。平成14年の国による里親制度の改革があり、「子どもの最善の利益を確保する」という児童の
権利条約に基づいた視点から、児童相談所内で里親制度の有効性を取りまとめることとなった。
○里親委託の成功体験を共有。里親委託してみると子どもたちの表情などに変化が見られ、有効と考えるようになった。こ
れが児童相談所全体にとって「里親委託の成功体験」につながった。大分県では、児童福祉司を専門職にしていないが、児
童相談の経験を持つ者をスーパーバイザーの立場で再度赴任させるなど、児童相談所の専門性の確保に努め、組織的に
里親委託を推進した。
○施設との連携・相互理解を県の事業展開の大きな柱
に。乳児院や児童養護施設の理解を得るとともに施設
による里親への支援が不可欠と考え、児相の呼び掛け
で施設職員が里親研修に参加。里親への肯定的理解
が高まる。
○大分県では、一中学校区に一里親家庭を目標に、平成17年度
から里親制度説明会を全市町村で継続的に開催。市町村広報の
2~3週間後に説明会を実施すると人が集まりやすい。真剣に考
えて里親になってくれる人にしっかりとした情報を届ける。併せて
市町村へ継続的にアプローチ。
○里親支援を丁寧に行う。里親制度にかかわる児童相談所の人員を増やし体制強化(里親専任職員の配置)
里親専任職員を置くことで専門性の向上、里親研修やレスパイトケア、里親登録証の発行など。
○里親の社会的養護の担い手としての意識を高める。里親会への里親サロンの委託や措置費の請求を里親自身が行う取
り組み。
まとめ
里親になることを真剣に考える人に対象を絞り、参加者の興味や理解にあわせて情報を届ける活動および里親専任職員を
置くなどの児童相談所の里親支援体制の強化を、10年間かけて、着実かつ継続的に行うことにより、里親委託率の増加を
行った。
83
里親委託の推進と里親支援機関
○里親に委託される社会的養護の子どもは、虐待を受けた経験があり、心に傷を持つ子どもが多く、様々な形で育てづらさが
出る場合が多い。養育里親には、研修、相談、里親同士の相互交流、レスパイト(里親の休養)など、里親支援を行い、里親
の孤立化の防止が重要。
○里親支援機関は、里親会や、児童家庭支援センター、児童養護施設、乳児院、NPOなど、それぞれの特色に応じて、多方
面から支援することが重要であり、里親支援機関の好取組事例の普及を図る。
○市町村と連携し、地域の子育て支援事業も活用。
→平成24年度から、児童養護施設と乳児院に、里親
支援専門相談員を設置し、
児童相談所の里親担当職員、里親委託等推進員と
ともに、里親委託の推進と里親支援を行う
児童相談所
市町村
・児童福祉司、里親担当職員
里親支援
機関
里親会
里親支援
機関
児童家庭支
援センター
公益法人
NPO 等
里親支援機関事業
里親支援
機関
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
里
親
児童養護施設
乳児院
・家庭支援専門相談員
・里親支援専門相談員
実施主体
・都道府県・指定都市・児相設置市
・里親会、児童家庭支援センター、乳児院、
児童養護施設、NPO等に委託可能
里親制度普 普及啓発
及促進事業 養育里親研修
専門里親研修
里親委託推 里親委託支援等
進・支援等 里親家庭への訪問支援
事業
里親による相互交流
地域の様々な子育て支援事業
84
「子ども・子育てビジョン」
子どもと子育てを応援する社会
(平成22年1月29日閣議決定)
家族や親が子育てを担う
≪個人に過重な負担≫
社会全体で子育てを支える
≪個人の希望の実現≫
●子どもが主人公(チルドレン・ファースト) ●「少子化対策」から「子ども・子育て支援」へ ●生活と仕事と子育ての調和
基本的考え方
3つの大切な姿勢
1 社会全体で子育てを支える
2 「希望」がかなえられる
○ 子どもを大切にする
○ ライフサイクル全体を通じて社会的に支える
○ 地域のネットワークで支える
◎ 生命(いのち)と育ちを大切にする
○ 生活、仕事、子育てを総合的に支える
○ 格差や貧困を解消する
○ 持続可能で活力ある経済社会が実現する
◎ 困っている声に応える
◎ 生活(くらし)を支える
目指すべき社会への政策4本柱と12の主要施策
1.子どもの育ちを支え、若者が安心して成長できる社会へ
(1)子どもを社会全体で支えるとともに、教育機会の確保を
・子ども手当の創設
・高校の実質無償化、奨学金の充実等、学校の教育環境の整備
(2)意欲を持って就業と自立に向かえるように
・非正規雇用対策の推進、若者の就労支援(キャリア教育・ジョブ・カード
等)
(3)社会生活に必要なことを学ぶ機会を
・学校・家庭・地域の取組、地域ぐるみで子どもの教育に取り組む環境整備
2.妊娠、出産、子育ての希望が実現できる社会へ
(4)安心して妊娠・出産できるように
・早期の妊娠届出の勧奨、妊婦健診の公費負担
・相談支援体制の整備(妊娠・出産、人工妊娠中絶等)
・不妊治療に関する相談や経済的負担の軽減
(5)誰もが希望する幼児教育と保育サービスを受けられるように
・潜在的な保育ニーズの充足も視野に入れた保育所待機児童の解消
(余裕教室の活用等)
・新たな次世代育成支援のための包括的・一元的な制度の構築に向けた
検討
・幼児教育と保育の総合的な提供(幼保一体化)
・放課後子どもプランの推進、放課後児童クラブの充実
(6)子どもの健康と安全を守り、安心して医療にかかれるように
・小児医療の体制の確保
(7)ひとり親家庭の子どもが困らないように
・児童扶養手当を父子家庭にも支給、生活保護の母子加算
(8)特に支援が必要な子どもが健やかに育つように
・障害のある子どもへのライフステージに応じた一貫した支援の強化
・児童虐待の防止、家庭的養護の推進(ファミリーホームの拡充等)
3.多様なネットワークで子育て力のある地域社会へ
(9)子育て支援の拠点やネットワークの充実が図られるように
・乳児の全戸訪問等(こんにちは赤ちゃん事業等)
・地域子育て支援拠点の設置促進
・ファミリー・サポート・センターの普及促進
・商店街の空き店舗や学校の余裕教室・幼稚園の活用
・NPO法人等の地域子育て活動の支援
(10)子どもが住まいやまちの中で安全・安心にくらせるように
・良質なファミリー向け賃貸住宅の供給促進
・子育てバリアフリーの推進(段差の解消、子育て世帯にやさしいトイレの
整備等)
・交通安全教育等の推進(幼児二人同乗用自転車の安全利用の普及等)
4.男性も女性も仕事と生活が調和する社会へ(ワーク・ライフ・バランスの実
現)
(11)働き方の見直しを
・「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」及び「行動指針」に
基づく取組の推進
・長時間労働の抑制及び年次有給休暇の取得促進
・テレワークの推進
・男性の育児休業の取得促進(パパ・ママ育休プラス)
(12)仕事と家庭が両立できる職場環境の実現を
・育児休業や短時間勤務等の両立支援制度の定着
・一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法)の策定・公表の促進
・次世代認定マーク(くるみん)の周知・取組促進
・入札手続等における対応の検討
85
「子ども・子育てビジョン」(平成22年1月29日閣議決定)の数値目標(児童虐待・社会的養護関係)
項
社会的養護の充実
里親の拡充
目
現
状
目標(平成26年度)
里親等委託率
13.5%(H23年度末)
16%
専門里親登録者数
602世帯(H23年度末)
800世帯
養育里親登録者数
7,001世帯(H23年度末)
8,000世帯
小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)
157か所(H23年度末)
140か所
児童養護施設
584か所(H23年度末)
610か所
650か所(H23.10)
800か所
地域小規模児童養護施設
221か所(H23.10)
300か所
児童自立生活援助事業(自立援助ホーム)
82か所(H23.10)
160か所
656か所
(H23年度交付決定ベース)
870か所
87か所(H23.10)
120か所
情緒障害児短期治療施設
37か所(H23年度末)
47か所
子どもを守る地域ネットワーク(要保護児童対策地域協議会)の調
整機関に専門職員(※)を配置している市町村の割合
69.2%(H24.4)
80%(市はすべて配置)
52か所(H25.4)
全都道府県・指定都市
・児童相談所設置市
乳児家庭全戸訪問事業
1,639市町村(H24.7)
全市町村
養育支援訪問事業
1,172市町村(H24.7)
全市町村での実施を目指す
(専門里親登録者数を除く)
小規模グループケア
ショートステイ事業
児童家庭支援センター
個別対応できる児童相談所一時保護所の環境改善
(※)専門職員とは、保健師、助産師、看護師、保育士、教育職員免許法に規定する普通免許状を有する者、児童福祉施設最低基準第21条第3項に規定する
児童指導員 [児童福祉法施行規則第25条の28第2項]
86
26年度予算その他
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
虐待防止に関する啓発
・児童虐待防止月間(11月)において集中的な啓発活動を行うほか、民間団体(NPO法人
児童虐待防止全国ネットワーク)等が中心となって行うオレンジリボン運動を後援
・平成26年11月24日に「子どもの虐待防止推進全国フォーラム」を和歌山県和歌山市で開催予定
(平成25年度は、11月16日に「子どもの虐待防止推進全国フォーラムinおおいた」
を大分県別府市で開催)
オレンジリボン憲章
①
②
③
④
☆
私たちは、子どものいのちと心を守ります
私たちは、家族の子育てを支援します
私たちは、里親と施設の子育てを支援します
私たちは、地域の連帯を拡げます
あなたにできること・・・
□
□
□
□
□
まずは身近な自分の子育てを振り返ってみてほしい
もし、子育てに悩んでいる人がいたら、ひとりで抱え込まずに相談してほしい
もし、虐待で苦しんでいる子どもたちがいたら、がまんしないで打ち明けてほしい
自分の周囲で虐待が疑われる事実を知ったときは、躊躇なく通報してほしい
虐待を受けた子どもたちの自立に向けた支援の輪に加わってほしい(寄付でも、 ボランティア
でも)
□ もし、可能なら、虐待を受けた子どもたちのための親代わり(里親)になってみてほしい
99
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
47
File Size
9 819 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content