close

Enter

Log in using OpenID

フゼール(Füzér)

embedDownload
フゼール(
zér
r)
フゼール(Füz
フゼールの
フゼールの基本データ
基本データ
地域:
北ハンガリー
県: ボルショド・アバウイ・ゼン
プレーン県(Borsod-Abaúj-Zemplén
megye)
面積:
37, 50 平方キロメートル
人口:
470 人 (2010 年)
フゼール(Füzér)は北ハンガリーのボルショド・アバウイ・ゼンプレーン県
(Borsod-Abaúj-Zemplén megye)にある小さい村です。村にハンガリーで一番古い
城の一つが建っています。フゼールという名前は、ビショー川を花綵(はなづな:
ハンガリー語で「フゼール」)のように囲む木々の状態にちなんで名付けれれまし
た。
フゼールへ行く方法は 2 つあ
ります。一番簡単なのは、電車
とバスに乗って行くことです。
まず、ブダペストの東駅からシ
ャートルアルヤウーイヘイ
(Sátoraljaújhely)まで行き
ます。4 時間くらいかかります。
そしてシャートルアルヤウーイ
ヘイ駅でホッローハーザ
(Hollóháza)行きのバス
(3900 番のバス)に乗り換えて、
「Füzér községháza」という
バスストップで降ります。
40 分くらいかかります。。車で行けば、シャートルアルヤウーイヘイから北西に 26
キロメートルのところにあります。はやり40分くらいかかります。ただし、車で
ブダペストから行くと4時間ぐらいでつきます。
フゼールの
フゼールの歴史
1205 年から 1209 年までバーンク・バーン1 はアバウイ県の郡長でした。それで、
フゼール村はバーンク・バーンが所有していました。
フゼールとフゼール城の歴史は繋がっています。お城はハンガリーのモンゴル襲
撃(1241 年 - 1242 年)の前に建てられた可能性が高いです。城の名前が初めて記録
に載ったのは 1264 年ですが、1270 年に書かれた記録よると、13 世紀の初めにお城
はコンポルト氏族2 のアンドルニコッスの物でした。しかし、アンドラーシュ 2 世3
は 1235 年にアンドルニコッスから城を買いました。それで、城の隣にある村は全部
王土になりました。その後、アンドラーシュ 2 世の息子、ベーラ 4 世(在位:1235
年 - 1270 年)は 1263 年ごろに城を自分の娘(アンナ姫)に与えました。ベーラ 4 世
の息子、イシュトヴァーン(イシュトヴァーン 5 世、在位:1270 年 - 1272 年)は父
親の保守的な政治が気に入らず、父親と戦いました。その結果、1264 年に彼はアン
ナ姫の城を撃って、この地域と城を手に入れました。これに対して、ベーラ 4 世も
城を攻めてこれを奪い返そうとしましたが、できませんでした。1270 年にイシュト
ヴァーン 5 世は城と付属領域(フゼール、カヤタ、コムローシュ、ニーリ、カーポ
ルナ、テルキバーニャ、そして今はもう存在しいない村々)をロシュド氏族4 のミハ
ーユ武将(フゼール城のキャプテン)とミハーユの兄(デメテル)にあたえました。
しかし、そのフゼーリー家(ミハーユは名字をフゼーリーに変えました)1285 年に
死絶してしまいました。
その後、フゼール城の運命はよくわかっていませんが、おそらく近くにある他の
城のように、1285 年の後アバ・アマデー5 の領土であった可能性が高いです。ロズゴ
ニュの戦い(1312 年)の後、この領土はふたたび王土となって、アンジュー朝6 のと
きにはアバウイ県の郡長がこの地を治めました。
1389 年にジギスムント7 は城をペレーニ家に与えました。このため城は 1389 年か
ら 1567 年までペレーニ家8 の領土になりました。しかし、1567 年にペレーニ家は死
1
12 世紀から 13 世紀にかけてのハンガリー王国の大貴族
アバ氏族の分家
3
ハンガリー王国アールパード朝の国王、在位:1205 年 - 1235 年
4
ハンガリーの旧族の一つ
5
1240 年-1311 年、ハンガリー王国のナードル。ナードルは国王の次の最高の高官
6
ハンガリー王国を支配した王朝、1308 年-1395 年
7
ルクセンブルク朝の神聖ローマ皇帝・在位:1410 年 - 1437 年、ルクセンブルク公・在位:1378 年 1388 年、ブランデンブルク選帝侯・在位:1378 年 - 1388 年、1411 年 - 1415 年、ボヘミア王・在位:
1419 年 - 1437 年、ハンガリー王・在位:1387 年 - 1437 年
8
家族はハンガリーの貴顕紳士だった
2
絶してしまいました。そしてバートリ家9 がペレーニ家と 1519 年に作った継承契約
によって、城の領土は 1568 年にバートリ家の物になりました。
1605 年のバートリ・イシュトヴァーン10 の死後、城の領土は彼の姪子、バート
リ・エルジェーベト11 の物になりました。このようにして 1654 年までナーダシュヂ
家の領土になりました。しかし、ナーダシュヂ・フェレンツは城と城の領土(フゼ
ール、ヴィユ、パールハーザとフィルケハーザ)を 1668 年から 1700 年までボーニ
シュ・フェレンツにあげました。しかし、ナーダシュヂ・フェレンツとボーニシ
ュ・フェレンツは 1670 年のヴェッシェレーニ陰謀に携わったとして処刑されてしま
ったため、フゼール城と村は土になりました。
1672 年になるとブイドショー達12 のグループの一つが城の隣にある村たちを襲い、
フゼール城にも攻め込みました。これに対し 1676 年にカッシャの隊長は城がブイド
ショー達の手に入ると危険になると考えたので、自ら城を火で燃やしてしまいまし
た。その後、近くに住む人たちは焼け落ちた城跡を採石場のように使用しました。
その後、1686 年になってフゼール城と領土はカーロリ家の領土になりました。
ラーコーツィの独立戦争(1703 年 - 1711 年)の後、疫病のせいでフゼール村は寒
村になりましたが、数年の後には人が戻って来ました。トリアノン条約(1920 年)
では、スロバキアとハンガリーの国境線をフゼール村の中にひく予定でしたが、カ
ーロリ伯爵のおかげで、村は助かりました。1944 年にソヴィエトの軍隊はフゼール
を占領し、村を奪い取りました。
現在フゼールの人口の 78%はハンガリー人、16%はロマ(ジプシー)、6%はスロ
バキア人です。
9
ハンガリー貴族家
国の判官、国王とナードルの次の最高の高官
11
ナーダシュディ・フェレンツの寡婦
12
負けた独立戦争や戦闘の後で隠れた兵士達
10
フゼールの
フゼールの名所
フゼール城
zéri
ri vár
フゼール城(Füz
v r)
1970 年から考古学者は廃虚を研究しはじめました。城の中、例えば教会堂や楼門
など色々な面白いところがあります。
1992 年から城の復元作業が行なわれています。
城を守るため、住民が「Füzéri Várvédı Egyesület」というグループを創立し、
毎年夏に色々伝統的なプログラム、例えば馬上槍試合を開催しております。フゼー
ルで行っているプログラムについて後でご紹介します。
開館時間:
3 月 15 日から 10 月 25 日まで
午前 9 時から午後 6 時まで
11 月 26 日から 3 月 14 日まで
午前 10 時から午後 3 時まで
聖イシュトヴァーン公教会
イシュトヴァーン公教会(
公教会(Szent István
Istv n Római
R mai Katolikus Templom)
Templom)
この教会は 13 世紀にロマネスク様式で建てられましたが、現在残っている塔と祭
殿は 1808 年にバロック様式でできたものです。
1998 年の復元作業のときロマネスクの壁画とドアが見つかりました。その壁画は
十字架の道へ進む場面の1つを表しています。
この教会の二つの天井画は 1526-1524 年にフゼール城で守った聖イシュトヴァー
ンの王冠と 1676 年に死んだチェペッレーニ・ジェルジ殉難者を記念して描かれまし
た。
フゼールの
zéri
ri Református
フゼールの改革派教会(
改革派教会(Füz
Reform tus Templom)
Templom)
フゼールの改革派教会は 1785 年に建てられまし。教会の中の天井画は 1832 年に
描かれたものです。
田舎家(
jház
田舎家(Tájh
jh z)
村の中心にある田舎家は 1879 年に建てられました。その家の建築様式と家具・道
具類は 19 世紀の Hegyköz(ヘジコズ)の特徴的をよく表しています。その田舎家で
毎年色々な伝統的なプログラムが行なわれております。
プログラム
毎年 8 月 19 日から 22 日まで城の日という伝統的なプログラムを開催しておりま
す。例えば、民踊フェスティバルや演劇などのプログラムがあります。22 日に城で
馬上槍試合、中世のときの踊りと歌、コンサートなど色々な面白いものが行ってお
ります。
フゼールから 3 キロメートルにホッローハーザ(Hollóháza)である磁製の博物
館があります。ホッローハーザの磁製は世界的なものですから、ぜひ博物館をご覧
ください。他の面白い所は例えば、パールハーザ森林鉄道(Pálházi Erdei
Vasút)に乗ることやフゼールラドバーニ(Füzérradvány)の屋敷へ行くことで
す。
ホテル
コロナオール宿屋
)とレストラン
コロナオール宿屋(
宿屋(Koronaır Vendégház)
フゼールの中心で聖イシュトヴァーン公教会の近くに
あります。
住所:3996 Füzér, Dózsa György utca 2.
価格:4000 フォリント/名/泊
電話:+36/47/340-020, 06-30-351-9540
ホームページ:
http://www.koronaor.hu/magyar/oldalak/koronaor_vendeg
haz/
ヴァールラック
)
ヴァールラック宿屋
ールラック宿屋(
宿屋(Várlak Vendégház)
フゼール城の近くにある宿屋。ベッドル
ームは 4 つあります。
住所:3996 Füzér Kossuth utca 15.
電話:+36/47/340-130, 06-70-772-2679
メール:[email protected]
1. フゼール城
)
フゼール城(Füzéri vár)
2. 聖イシュトヴァーン公教会
イシュトヴァーン公教会(
公教会(Szent István
Istv n Római
R mai Katolikus Templom)
Templom)
3. フゼールの
zéri
ri Református
フゼールの改革派教会(
改革派教会(Füz
Reform tus Templom)
Templom)
4. 田舎家(
jház
田舎家(Tájh
jh z)
5. コロナオール宿屋
)
コロナオール宿屋(
宿屋(Koronaır Vendégház)
6. ヴァールラック宿屋
)
ヴァールラック宿屋(
宿屋(Várlak Vendégház)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
812 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content