close

Enter

Log in using OpenID

Aptima™ HBV Quant

embedDownload
Aptima
™
Aptima HBV Quant アッセイ
™
体外 診断用。
米国からの輸出専用。
全般情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
使用目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
テストの要約と説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
手順の原理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
警告と予防 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
試薬の保存と取り扱い要件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
試料の採取および保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
Panther System に搭載されたサンプル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
試料の輸送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
Panther System . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
提供される試薬および部材 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
別途購入が必要な部材 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
オプション部材 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
Panther System テスト手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
手順ノート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
標準物質 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
アッセイのキャリブレーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
陰性および陽性コントロール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
内部キャリブレータ / 内部コントロール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
結果の解釈 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
制約事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
WHO3 次国際標準を使用する検出限界 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
HBV 遺伝子型間の検出限界 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
線形範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
HBV 遺伝子型間の線形性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
WHO3 次国際標準を使用する定量の下限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
HBV 遺伝子型間での定量の下限の決定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
再現性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
干渉する可能性がある物質 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
特異度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
分析的特異度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
臨床試料の再現性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
試料希釈液を使用するサンプルの希釈 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
メソッド相関 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
キャリーオーバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
参考文献 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
Aptima HBV Quant アッセイ
1
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
全般情報
™
全般情報
使用目的
Aptima HBV Quant アッセイは、完全に自動化した Panther® システムでヒト血漿および血清の
B 型肝炎ウイルス (HBV) の DNA を定量化する体外 核酸増幅試験です。
血漿はエチレンジアミン四酢酸 (EDTA)、クエン酸デキストロース (ACD) 溶液、および血漿分
離用採血管 (PPT) で調製することができます。血清は血清チューブおよび血清分離用採血管
(SST) で調製することができます。試料は自動試料処理、増幅、検出、および定量を行う完全
に自動化された Panther® System を使用してテストされます。アッセイで HBV 遺伝子型 A、B、
C、D、E、F、G、および H を含む検体を定量化するためバリデートします。
Aptima HBV Quant アッセイは慢性 HBV 感染者の HBV 抗ウイルス薬物療法を実施している管
理の補助として使用されます。このアッセイは、ベースラインおよび治療中の HBV DNA レベ
ルを測定し、薬物療法に対するウイルス反応評価の補助として使用できます。Aptima HBV
Quant アッセイからの結果はすべての関連する臨床および検査の診断のコンテクスト内で解釈
する必要があります。
Aptima HBV Quant アッセイは、血液または血液製剤の HBV のスクリーニングテストとして、
または HBV 感染の有無を確認する診断テストとして使用することはできません。
テストの要約と説明
肝炎を引き起こすウイルスの 1 つである B 型肝炎ウイルス (HBV) は、生涯の HBV 感染症、肝
硬変、肝臓癌、肝不全、そして死亡の原因となっています。世界保健機関 (WHO) は、世界で
最も多い感染性疾患の 1 つとして HBV を挙げています。HBV の感染率および感染経路は、世
界各地によって大きく異なります。世界の人口の約 3 分の 1 が過去または現在 HBV に感染し
たことを示す血清学的証拠を示し、3 億 5000 万を超える人々が慢性 HBV 感染症に罹患してい
ます。1,2,3 HBV に感染すると肝代償不全、肝硬変、および肝細胞がん (HCC) のリスクが上昇し、
世界で年間 50 万~ 120 万の人々が死亡、肝移植の割合が 5 ~ 10% がとなっています。4,5 診断
後適切な治療、介入、経過観察を行わない場合、5 年間の肝硬変の累積発症率は 8 ~ 20% で
す。肝硬変を発症すると、肝細胞がん (HCC) の年間リスクは 2 ~ 5% です。6
HBV は約 3200 塩基対で構成された、環状不完全二重鎖 DNA ウイルスで、4 つの読み取り枠
(ORF) が部分的に重なっており、ポリメラーゼ、外被蛋白、プレコア / コア蛋白、X 蛋白をコー
ドします。ポリメラーゼ ORF は、他の 3 つの ORF と重複し、重要なウイルス複製蛋白質、ポ
リメラーゼをコードします。外被 ORF はウイルスの形態形成、肝細胞への浸入、宿主の免疫
反応の誘導に不可欠な 3 つの蛋白質を発現します。7 HBV の遺伝子型は 8 種類 (A ~ H) あり、
通常異なる場所に発現します。現在、HBV DNA を定量化して、治療が必要な慢性感染症患者
を確認し、薬物治療への効果を観察、薬物耐性を示す可能性のあるウイルス負荷の回復を評価
します。5
Aptima HBV Quant アッセイは、Panther System でリアルタイム核酸増幅 (TMA) 法を使用す
る in vitro / 体外診断法で、HBV DNA、遺伝子型 A、B、C、D、E、F、G、および H を定量化
します。Aptima HBV Quant アッセイは、ポリメラーゼおよび外被遺伝子の 2 つの高保存領域
を標的とします(変異に対する耐性増加のため)
。このアッセイは、B 型肝炎ウイルスの WHO
3 次国際標準に準拠しています(NIBSC コード:10/264)
。
手順の原理
Aptima HBV Quant アッセイには 3 つの主なステップがあり、それはすべて Panther System
の 1 つのチューブで行われます。標的捕捉、TMA による標的増幅、および蛍光ラベルプロー
ブ(トーチ)による増幅産物(アンプリコン)の検出です。
Aptima HBV Quant アッセイ
2
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
全般情報
™
標的捕捉中、ウイルス DNA は試料から隔離されます。試料は洗浄剤で処理され、ウイルスエ
ンベロープを可溶化し、たんぱく質を変性し、ウイルスゲノム DNA を放出します。テスト試
料に存在する可能性がある HBV DNA の高度に保存された領域にオリゴヌクレオチドハイブリ
ダイズを捕捉します。ハイブリダイズされた標的は磁界で試料から分離した磁気微粒子に捕捉
されます。洗浄ステップは反応チューブから余分な成分を取り除きます。
標的増幅は、2 種の酵素、モロニーマウス白血病ウイルス (MMLV) 逆転写酵素および T7 RNA ポ
リメラーゼを利用する核酸増幅法である TMA (transcription-mediated nucleic acid amplification
method) によって行われます。逆転写酵素は標的シーケンンスの DNA コピー(T7 RNA ポリメ
ラーゼ用のプロモーターシーケンスを含む)を生成するために使用されます。T7 RNA ポリメ
ラーゼは DNA コピーテンプレートから RNA アンプリコンの複数コピーを生成します。Aptima
HBV Quant アッセイでは TMA 法を使用して HBV ゲノムの 2 つの領域(ポリメラーゼ遺伝子お
よび外被遺伝子)を増幅します。これらの領域の増幅には、HBV 遺伝子型 A、B、C、D、E、F、
G、および H を増幅するようデザインされた特殊なプライマーを使用します。高度に保存され
た領域を標的とするプライマーを使用したデュアル・ターゲット領域アプローチにより、HBV
DNA を正確に定量化します。
検出は標的の増幅中に存在し特にリアルタイムでアンプリコンにハイブリダイズされる一本鎖
核酸トーチを使用して達成されます。各トーチには蛍光色素分子およびクエンチャーがありま
す。トーチがアンプリコンにハイブリダイズされない場合、クエンチャーは蛍光色素分子の近
接にあり蛍光発光を抑制します。トーチがアンプリコンに結合されると、クエンチャーは蛍光
色素分子からさらに遠くへ移動し、光源によって励起されると特定波長の信号を放射します。よ
り多くのトーチがアンプリコンにハイブリダイズされるほど、より高い蛍光信号が生成されま
す。蛍光信号が特定のしきい値に達するまでの時間は HBV 濃縮の開始に比例します。各反応に
は内部キャリブレータ / 内部コントロール (IC) があり試料処理、増幅、および検出の変動に対
してコントロールします。
サンプルの濃度は各反応に対して HBV および IC 信号を使用してキャ
リブレーション情報と比較する Panther System ソフトウェアによって決定されます。
警告と予防
A. 体外 診断専用。
B. 無効な結果が得られる危険を減少するためには、このアッセイを実行する前に添付文書お
よび Panther System オペレータマニュアル 全体を熟読してください。
C. qHBV 標的エンハンサー試薬 (TER) は腐食性です。
• H302 - 飲み込むと危険です。
• H314 - 重度の熱傷や目の損傷を引き起こします。
施設関連
D. 注意:このアッセイのコントロールにはヒトの血漿が含まれます。血漿は、アメリカ食品
医薬局認可手順でテストする場合、B 型肝炎表面抗原 (HBsAg)、HCV の抗体、HIV-1 およ
び HIV-2 の抗体、および HIV 抗原に対して陰性です。さらに、血漿はプールされたサンプ
ルを使用する認可された核酸テストでテストされた場合、HBV DNA、HCV RNA および
HIV-1 RNA に対して非反応です。ヒト血液由来の物質はすべて感染の可能性があり、普遍
的予防策で取り扱ってください。8,9,10
E. Aptima HBV Quant アッセイの使用および感染の可能性がある物質の処理に関して十分に
訓練されたスタッフのみがこの手順を実行してください。こぼれが生じた場合、適切な現
場手順に従って直ちに消毒してください。
F. 支給された、または指定された廃棄可能施設作業着のみを使用してください。
Aptima HBV Quant アッセイ
3
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
全般情報
™
G. 施設の定常的な予防策を使用してください。口を使用してピペットしないでください。指
定された作業領域では飲食または喫煙しないでください。試料およびキット試薬を扱う場
合は、廃棄可能でパウダーフリーの手袋、保護用めがねおよび施設用上着を着用してくだ
さい。試料およびキット試薬を扱った後は完全に両手を洗浄してください。
H. 作業表面、ピペット、およびその他の機器は定期的に 2.5% ~ 3.5%(0.35 M ~ 0.5 M) の次
亜塩素酸ナトリウム溶液で除染する必要があります。
I.
検体および試薬に触れたものはすべて、国、地域の規制に従って廃棄してください。8,9,10,11
すべての作業面は完全に清掃および消毒してください。
J. コントロールには保存剤としてアジ化ナトリウムが含まれています。試薬の搬送には金属
管を使用しないでください。アジ化ナトリウム成分を含む溶液を配管システムに廃棄する
場合は、大量の流水で希釈し洗浄してください。これらの予防策を推奨するのは金属パイ
プ内に爆発条件が生じる可能性がある堆積物の蓄積を避けるためです。
K. 分子研究施設に対する適正実施規準には環境モニタリングがあります。検査環境をモニ
ターするには、以下の手順を推奨します:
1. 綿棒スワブを入手し Aptima 試料アリコートチューブ (SAT) と組み合わせます。
2.
3.
4.
5.
適切に各 SAT をラベル表示します。
各 SAT に 1 mL の Aptima 試料希釈液を満たします。
表面サンプルを収集するには、ヌクレアーゼフリー脱イオン水でスワブを軽く湿らせます。
上から下への垂直動作で対象表面をスワブします。その場所をスワブしながらスワブを
約半回転します。
6. 直ちにスワブサンプルをチューブに入れて、静かに希釈液中でスワブを振りスワブされた
可能性のある物質を抽出します。輸送チューブ側のスワブを押して可能な限り多く液体を
抽出します。スワブを廃棄し、チューブに蓋をします。
7. 残りのスワブサンプルに対してステップを繰り返します。
8. 分子アッセイを使用してスワブをテストします。
試料関連
L. 試料は感染している可能性があります。このアッセイを実行する場合は、普遍的予防策を
とってください 8,9,10。国、地域の規制に従い、正しい取扱方法および廃棄方法を確立する必
要があります。11 Aptima HBV Quant アッセイの使用のために十分に訓練された、および感
染物質の取り扱いを訓練されたスタッフのみがこの手順を実行してください。
M. 試料の輸送中は適切な保存状態を維持して試料の完全性を保証します。推奨している以外
の輸送条件では試料の安定性は評価されていません。
N. 試料の処理ステップ中の二次汚染を避けてください。試料のキャップを緩めるか外す際の
エアロゾルの拡散による汚染を避けるため、特に注意してください。試料には極度に高い
レベルの組織が含まれている可能性があります。試料容器が相互に接触しないようにし、空
の容器に移さないで使用した物質を廃棄します。試料と接触した場合は手袋を交換します。
アッセイ関連
O. 有効期限の過ぎた試薬キット、キャリブレーター、またはコントロールは使用しないでく
ださい。
P. アッセイ試薬を異なったマスターロット番号のキットからの試薬と交換、混和、または組
み合わせないでください。アッセイ液状試薬はさまざまなロット番号を使用することがで
きます。コントロールおよびキャリブレーターはさまざまなロット番号を使用することが
できます。
Aptima HBV Quant アッセイ
4
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
全般情報
™
Q. 試薬の微生物およびヌクレアーゼ汚染を避けてください。
R. 指定された温度ですべてのアッセイ試薬に封をして保存してください。アッセイの性能は
不適切に保存したアッセイ試薬によって影響を受ける可能性があります。詳細は試薬の保
存と取り扱い要件および Panther System テスト手順 を参照してください。
S. 特に指示がない場合、アッセイ試薬または液状試薬を組み合わせないでください。アッセ
イ試薬または液状試薬を満タンにしないでください。Panther System は試薬レベルを確認
します。
T. 標的エンハンサー試薬が皮膚、眼、および粘膜に接触しないようにしてください。この試
薬が接触した箇所は水で洗浄してください。この試薬がこぼれた場合、水で希釈し、施設
の手順に従ってください。
試薬の保存と取り扱い要件
A. 次の表は試薬、コントロール、およびキャリブレーターの保存条件および安定性を示します。
キット開封(再溶解済み)
試薬
未開封保存
保存
安定性
2°C ~ 8°C
30 日間 a
2°C ~ 8°C
30 日間 a
qHBV 増幅試薬
2°C ~ 8°C
qHBV 増幅再溶解溶液
2°C ~ 8°C
qHBV 酵素試薬
2°C ~ 8°C
qHBV 酵素再溶解溶液
2°C ~ 8°C
qHBV プロモーター試薬
2°C ~ 8°C
qHBV プロモーター酵素再溶解溶液
2°C ~ 8°C
2°C ~ 8°C
30 日間 a
qHBV 標的捕捉試薬
2°C ~ 8°C
2°C ~ 8°C
30 日間 a
qHBV PCAL(陽性キャリブレーター)
-15°C ~ -35°C
15°C ~ 30°C
単回使用 24 時間以内に
使用
qHBV NC コントロール –(陰性コント
ロール)
-15°C ~ -35°C
15°C ~ 30°C
単回使用 24 時間以内に
使用
qHBV LPC コントロール +(低陽性コント
ロール)
-15°C ~ -35°C
15°C ~ 30°C
単回使用 24 時間以内に
使用
qHBV HPC コントロール +(高陽性コント
ロール)
-15°C ~ -35°C
15°C ~ 30°C
単回使用 24 時間以内に
使用
15°C ~ 30°C
15°C ~ 30°C
30 日間 a
qHBV 標的エンハンサー試薬
a
試薬が Panther System から取り除かれると、直ちに適切な保存温度に戻してください。
B. 不使用の再溶解試薬および標的捕捉試薬 (TCR)、標的エンハンサー試薬 (TER) は 30 日経過
後またはマスターロットの期限日後のいずれか早い方で廃棄します。
Aptima HBV Quant アッセイ
5
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
全般情報
™
C. Panther System 上に保存した試薬は 72 時間のオンボード安定性があります。
試薬は Panther
System に最高 5 回までロードできます。Panther System は試薬がロードされるたびに記
録します。
D. キャリブレーターを融解した後は、溶液は透明でなければなりません。濁っていたり、沈
殿していてはなりません。
E. プロモーター試薬および再溶解したプロモーター試薬は感光性です。保存中および使用の
ため調製中は光からこれらの試薬を保護してください。
F. qHBV 標的エンハンサー試薬は使用前に 15°C ~ 30°C で保管してください。
試料の採取および保存
注:試料にはすべて病原体が含まれる可能性があるものとして扱ってください。普遍的予防策
を使用してください。
注:サンプルの処理ステップ中は二次汚染を避けるよう注意します。例えば、使用済みの物質
は空のチューブに移さないで廃棄します。
以下のガラスまたはプラスチックチューブに採取した全血試料は使用可能です:
• EDTA または ACD 抗凝固剤を含むチューブ
• 血漿分離用採血管 (PPT)
• 血清チューブ
• 血清分離用採血管 (SST)
血清の場合、処理を進める前に凝固が形成される場合があります。
A. 試料採取
全血は 2°C ~ 30°C で保存が可能で試料採取から 24 時間以内に遠心分離する必要がありま
す。使用するチューブのメーカーからの指示に従ってペレットされた赤血球から血漿また
は血清を分離します。血漿または血清はプライマリチューブで Panther System を使用して
テストするか、またはセカンダリ Aptima 試料アリコートチューブ (SAT) に移動すること
ができます。500 µL の反応容量を取得するには、プライマリ収集チューブの血清または血
漿の最小容量は 1200 µL で、SAT では最小容量は 700 µL です。
すぐにテストするのでなければ、血漿と血清は以下の仕様に従って保存できます。SAT に
移動すると、血漿または血清は -20°C で凍結します。凍結 - 融解は 3 サイクルを超えない
でください。試料を EDTA、ACD、または血清プライマリ採取チューブで凍結させないで
ください。
B. 試料保存条件
1. EDTA および ACD 血漿試料
全血は 2°C ~ 30°C で保存が可能で試料採取から 24 時間以内に遠心分離する必要があ
ります。血漿は以下の条件の 1 つで保存できます:
• 2°C ~ 30°C でプライマリ収集チューブまたは SAT 内に最長 24 時間
• 2°C ~ 8°C でプライマリ収集チューブまたは SAT 内に最長 5 日間
• -20°C で SAT 内に最長 60 日間。
Aptima HBV Quant アッセイ
6
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
™
ⴊẏ㧔
߅ࠃ߮
全般情報
㧕
ోⴊ
30 °C
2 °C
෼㓸ᓟ 24ᤨ㑆એౝߦ㆙ᔃಽ㔌
৻ᰴ⹜ᢱ
2 °C
SAT
৻ᰴ⹜ᢱ
30 °C
8 °C
2 °C
24ᤨ㑆એౝ
SAT
30 °C
2 °C
5ᣣ㑆એౝ
2 °C
24ᤨ㑆એౝ
SAT
8 °C
-15 °C
-35 °C
5ᣣ㑆એౝ
60ᣣ㑆એౝ
図 1. EDTA/ACD チューブの保存条件
2. PPT 試料
全血は 2°C ~ 30°C で保存が可能で試料採取から 24 時間以内に遠心分離する必要があ
ります。血漿は以下の条件の 1 つで保存できます:
• 2°C ~ 30°C で PPT または SAT 内に最長 24 時間
• 2°C ~ 8°C で PPT または SAT 内に最長 5 日間、または
• -20°C で PPT または SAT 内に最長 60 日間。
.
ోⴊ
30 °C
2 °C
෼㓸ᓟ 24ᤨ㑆એౝߦ㆙ᔃಽ㔌
PPT
PPT
30 °C
2 °C
24ᤨ㑆એౝ
SAT
8 °C
2 °C
5ᣣ㑆એౝ
SAT
30 °C
2 °C
PPT߹ߚߪSAT
8 °C
2 °C
24ᤨ㑆એౝ
5ᣣ㑆એౝ
-15 °C
-35 °C
60ᣣ㑆એౝ
図 2. PPT への保存条件
3. 血清チューブ試料
全血は 2°C ~ 30°C で保存が可能で試料採取から 24 時間以内に遠心分離する必要があ
ります。血清は以下のいずれかの条件で保存できます。
• 2°C ~ 30°C で血清チューブまたは SAT 内に最長 24 時間
• 2°C ~ 8°C で血清チューブまたは SAT 内に最長 5 日間、または
• -20°C で SAT 内に最長 60 日間。
Aptima HBV Quant アッセイ
7
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
全般情報
™
.
ోⴊ
30 °C
2 °C
෼㓸ᓟ 24ᤨ㑆એౝߦ㆙ᔃಽ㔌
ⴊᷡ࠴ࡘ࡯ࡉ
SAT
ⴊᷡ࠴ࡘ࡯ࡉ
8 °C
30 °C
2 °C
2 °C
24ᤨ㑆એౝ
SAT
24ᤨ㑆એౝ
-15 °C
-35 °C
2 °C
2 °C
5ᣣ㑆એౝ
SAT
8 °C
30 °C
5ᣣ㑆એౝ
60ᣣ㑆એౝ
図 3. 血清チューブでの保存条件
4. SST 試料
全血は 2°C ~ 30°C で保存が可能で試料採取から 24 時間以内に遠心分離する必要があ
ります。血清は以下のいずれかの条件で保存できます。
• 2°C ~ 30°C で SST または SAT 内に最長 24 時間
• 2°C ~ 8°C で SST または SAT 内に最長 5 日間、または
• -20°C で SST または SAT 内に最長 60 日。
.
ోⴊ
30 °C
2 °C
෼㓸ᓟ 24ᤨ㑆એౝߦ㆙ᔃಽ㔌
SST
SST
2 °C
24ᤨ㑆એౝ
SAT
8 °C
30 °C
SAT
30 °C
2 °C
2 °C
5ᣣ㑆એౝ
SST߹ߚߪSAT
8 °C
2 °C
24ᤨ㑆એౝ
5ᣣ㑆એౝ
-15 °C
-35 °C
60ᣣ㑆એౝ
図 4. 保存条件 SST
C. 長期間凍結保存
血漿または血清サンプルは -70°C で SAT では最長 60 日間保存できます。
D. 血漿および血清試料の希釈
血漿および血清試料は Panther System でのテストのために SAT で希釈されます。詳細は
下の Panther System テスト手順、ステップ E.6 を参照してください。
注:試料を希釈したら、希釈後すぐにテストしてください。希釈した試料は凍結させないでください。
Panther System に搭載されたサンプル
サンプルは開封して最長 8 時間 Panther System に保留できます。オンボードの合計時間が
Panther System でサンプルのピペットの前に 8 時間を超えなければ Panther System から取り
除きテストできます。
Aptima HBV Quant アッセイ
8
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
全般情報
™
試料の輸送
試料の採取および保存で説明したようにサンプルの保存条件を維持してください。
注:試料は適用される国家、国際、および地域の輸送規制に従って輸送する必要があります。
Aptima HBV Quant アッセイ
9
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
Panther System
™
Panther System
Aptima HBV Quant アッセイの試薬は Panther System に対して以下にリスト表示されます。試
薬識別記号も試薬名の横にリスト表示されています。
提供される試薬および部材
注:試薬に関係する危険および注意記述に関する情報は www.hologic.com/sds の安全データ
シートライブラリを参照してください。
Aptima HBV Quant アッセイキット、100 テスト(カタログ番号 PRD-03424)
(アッセイボックス ×1、キャリブレーターキット ×1、コントロールキット ×1、標的エンハン
サー試薬ボックス ×1)
追加のキャリブレーターおよびコントロールは別途注文できます。以下の各カタログ番号をご
確認ください。
Aptima HBV Quant アッセイボックス
(入手後 2°C ~ 8°C で保存してください)
記号
コンポーネント
量
A
qHBV 増幅試薬
1 バイアル
バッファされた溶液内で乾燥した非感染核酸。
E
qHBV 酵素試薬
HEPES バッファ溶液内で乾燥させた逆転写酵素および RNA ポリメ
1 バイアル
ラーゼ。
PRO
qHBV プロモーター試薬
バッファされた溶液内で乾燥した非感染核酸。
AR
qHBV 増幅再溶解溶液
1 バイアル
1 x 7.2 mL
グリセロールおよび保存剤を含む水性溶液。
ER
qHBV 酵素再溶解溶液
1 x 5.8 mL
界面活性剤およびグリセロールを含む HEPES バッファ溶液。
PROR
qHBV プロモーター酵素再溶解溶液
1 x 4.5 mL
グリセロールおよび保存剤を含む水性溶液。
TCR
qHBV 標的捕捉試薬
1 x 72.0 mL
固相、非感染核酸、および内部キャリブレーターを含むバッファ食塩
水内の核酸。
3
再溶解カラー
1 シート
マスターロットバーコードシート
Aptima HBV Quant アッセイ
10
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
Panther System
™
Aptima HBV Quant キャリブレーターキット(カタログ番号 PRD-03425)
(入手後 -15°C ~ -35°C で保存してください)
記号
PCAL
コンポーネント
量
qHBV 陽性キャリブレーター
5 x 2.5 mL
バッファされた溶液内の Plasmid DNA
—
キャリブレーターバーコードラベル
Aptima HBV Quant コントロールキット(カタログ番号 PRD-03426)
(入手後 -15°C ~ -35°C で保存してください)
記号
コンポーネント
NC
量
qHBV 陰性コントロール
5 x 0.8 mL
ゲンタマイシンおよび保存剤としての 0.2% のアジ化ナト
リウムを含む HBV 陰性の脱繊維素ヒト血漿
LPC
qHBV 低陽性コントロール
5 x 0.8 mL
ゲンタマイシンおよび保存剤としての 0.2% のアジ化ナト
リウムを含む脱繊維素ヒト血漿の不活化 HBV 陽性血漿
HPC
qHBV 高陽性コントロール
5 x 0.8 mL
ゲンタマイシンおよび保存剤としての 0.2% のアジ化ナト
リウムを含む脱繊維素ヒト血漿の不活化 HBV 陽性血漿
バーコードラベルのコントロール
—
Aptima HBV Quant 標的エンハンサー試薬ボックス
(入手後 15°C ~ 30°C で保存してください)
記号
TER
コンポーネント
量
qHBV 標的エンハンサー試薬
1 x 46.0 mL
水酸化リチウム溶液の濃縮液
Aptima HBV Quant アッセイ
11
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
Panther System
™
別途購入が必要な部材
注:他に指定されなければ、Hologic からの部材にはリスト表示されたカタログ番号があります。
部材
カタログ番号
Panther System
—
リアルタイムアッセイ用 Panther 測定キット(リアルタイムアッセイ専用)PRD-03455
(5000 回テスト)
Aptima アッセイ液状試薬キット(共通液状試薬キットとしても知られる)
には Aptima 洗浄液、増幅産物処理 Aptima 試薬、および Aptima オイル
試薬が含まれます。
303014
(1000 回テスト)
マルチチューブユニット (MTU)
104772-02
Panther 廃液バッグキット
902731
Panther 廃液ビンカバー
504405
または、Panther System 測定キット
303096
(リアルタイム TMA アッセイと併用して非リアルタイム TMA アッセイを実行
(5000 回テスト)
する場合)
MTU、廃液バッグ、廃液ビンカバー、自動検出、およびアッセイ液状試薬が含
まれます。
チップ、1000 μL 導電性、液体感知
10612513 (Tecan)
漂白剤、5% ~ 7% (0.7 M ~ 1.0 M) 次亜塩素酸ナトリウム溶液
—
廃棄可能、パウダーフリー手袋
—
交換用非浸透キャップ
103036A
試薬交換キャップ
増幅、酵素、およびプロモーター試薬再溶解
ボトル
TCR ボトル
TER ボトル
CL0041(100 キャップ)
CL0040(100 キャップ)
903302(100 キャップ)
プラスチックで裏打ちされた施設ベンチカバー
—
糸くずの出ない布
—
ピペッター
—
チップ
—
以下の寸法のプライマリ採取チューブを使用できます:
—
13 mm × 100 mm
13 mm × 75 mm
16 mm × 100 mm
遠心分離機
—
ボルテックスミキサー
—
Aptima HBV Quant アッセイ
12
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
Panther System
™
オプション部材
部材
カタログ番号
Aptima 試料アリコートチューブ (SAT) (100 パック)
503762
輸送用チューブキャップ(100 パック)SAT 用キャップ
504415
Aptima 試料希釈液
PRD-03003
Aptima 試料希釈液キット
には試料希釈液、100 個の SAT および 100 個のキャップが含まれます。
PRD-03478
搬送ピペット
—
市販のパネル、例:
—
分子診断用の標準物質による HBV パネル (QCMD)
綿棒スワブ
—
チューブロッカー
—
Panther System テスト手順
注:追加の手順情報は Panther System オペレータマニュアルをご覧ください。
A. 作業場所の準備
1. 試薬が調製される場所の作業表面を清掃します。2.5% ~ 3.5% (0.35 M ~ 0.5 M) の次
亜塩素酸ナトリウム溶液で作業表面を拭います。次亜塩素酸ナトリウム溶液を表面に最
短 1 分間接触させ、その後脱イオン (DI) 水で洗い流します。次亜塩素酸ナトリウム溶
液を乾燥させないでください。プラスチックで裏打ちされた清潔な実験用吸収性ベンチ
カバーで表面を覆ってください。
2. サンプルが調製される場所の別の作業表面を清掃します。上述の手順を使用します
(ステップ A.1)。
3. ピペッタも清掃します。上述の清掃手順を使用します(ステップ A.1)
。
B. キャリブレーターおよびコントロールの調製
以下の処理の前にキャリブレーターとコントロールが15°C~30°Cに達するようにします:
1. 保存状態 (-15°C ~ -35°C) からキャリブレーターとコントロールを取り外し、15°C ~
30°C に放置します。融解プロセスでは、静かに各チューブを反転して完全に混和させ
ます。使用する前にチューブの内容物が完全に融解していることを確認します。
オプション。キャリブレーターおよびコントロールチューブは完全に混和させるために
チューブロッカーに置くことができます。使用する前にチューブの内容物が完全に融解
していることを確認します。
注:キャリブレーターとコントロールを反転させる場合、過剰な泡が生じないようにし
ます。泡は Panther System のレベル感度を悪化させます。
2. チューブ内容物を融解する場合、チューブの外側を清潔な、乾燥した使い捨て布で乾燥
させます。
3. 汚染を防止するには、このときチューブを開けないでください。
Aptima HBV Quant アッセイ
13
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
Panther System
™
C. 試薬の再溶解 / 新しいキットの調製
注:試薬の再溶解は Panther System での作業を開始する前に実行してください。
1. 標的捕捉試薬 (TCR) の調製は、以下を実行します:
a. TCR を保存 (2°C ~ 8°C) から取り外します。TCR ボトルのロット番号をチェックし、
マスターロットバーコードシートのロット番号に一致していることを確認します。
b. 直ちに TCR ボトルを厳密に 10 回振ります。TCR ボトルが 15°C ~ 30°C に留まる
ようにして、最低 45 分間暖めます。この期間に、TCR ボトルを振り、最短 10 分
ごとに反転します。
オプション。TCR ボトルは以下の手順でチューブロッカーで調製できます:TCR を
保存 (2°C ~ 8°C) から取り外し、直ちに厳密に 10 回振ります。TCR ボトルをチュー
ブロッカーに置き、TCR を 15°C ~ 30°C の温度にして最低 45 分間暖めます。
c. 使用する前にすべての析出物が溶液中にあり、磁気粒子が浮遊していることを確認
します。
2. 増幅産物、酵素、およびプロモーター試薬を再溶解するために、以下を実行します:
a. 凍結乾燥させた試薬および対応する再溶解溶液を保存 (2°C ~ 8°C) から取り出しま
す。各再溶解溶液を凍結乾燥させた試薬と合わせます。
b. 再溶解溶液と凍結乾燥させた試薬が同じ一致したラベルの色であるか確認します。
マスターロットバーコードシートのロット番号をチェックし、適切な試薬が組み合
わされていることを確認します。
i.
金属シールおよびゴムストッパを取り除いて凍結乾燥させた試薬バイアルを開
けます。
ii. 再溶解カラー(黒)のノッチのある端をバイアルにしっかりと挿入します(図 5、
ステップ 1)。
iii. マッチングした再溶解溶液ボトルを開けて、キャップを清潔なカバーのある作
業表面セットします。
iv. 再溶解ボトルを安定な表面に置きます(例、ベンチ)。その後、凍結乾燥させた
試薬バイアルを再溶解溶液ボトルの上で反転させて、しっかりとカラーを再溶
解溶液ボトルに取り付けます(図 5、ステップ 2)。
v. 組み合わせた両ボトル(溶液ボトルに取り付けたバイアル)をゆっくりと反転
させ、溶液がガラスバイアルに流れ込ませます(図 5、ステップ 3)。
vi. 組み合わせた両ボトルをピックアップし、組み合わせた両ボトルを最低 10 秒間
振ります(図 5、ステップ 4)。
vii. 凍結乾燥させた試薬が溶液内に入るように最低 30 分間待ちます。
viii. 凍結乾燥させた試薬が溶液中に入ると、最低 10 秒間組み合わせた 2 つのボトル
を振り、その後ガラス内の溶液をわずかに前後に振り完全に混和させます。
c. 組み合わせたボトルを再びゆっくりと振りすべての溶液を再溶解溶液ボトルに流
れ込ませます(図 5、ステップ 5)
。
d. 注意して再溶解カラーおよびガラスバイアルを取り外します(図 5、ステップ 6)。
e. ボトルに再びキャップをします。ラベル上にオペレータのイニシャルと再溶解日を
記録します(図 5、ステップ 7)。
f.
再溶解カラーおよびガラスバイアルを廃棄します(図 5、ステップ 8)。
Aptima HBV Quant アッセイ
14
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
Panther System
™
警告 : 試薬を再溶解する場合は過剰な泡が生成されないようにします。泡は Panther
System のレベル感度を悪化させます。
図 5. 試薬再溶解プロセス
3. 保管庫 (15°C ~ 30°C) から qHBV 標的エンハンサー試薬を取り出します。オペレーター
のイニシャルと、開封日をラベルに記録します。TER ボトルのロット番号をチェック
し、マスターロットバーコードシートのロット番号に一致していることを確認します。
D. 前に調製した試薬の試薬調製
1. 前に調製した試薬を保存 (2°C ~ 8°C) から取り出します。前に調製した増幅産物、プロ
モーター試薬、およびTCRはアッセイの開始前に15°C~30°Cに達する必要があります。
2. TER を保管庫 (15°C ~ 30°C) から取り外します。
3. 前に調製した TCR に対しては、システムにロードする前に上記のステップ C.1 を実行
します。
4. 増幅産物、酵素、およびプロモーター試薬を振り、システムにロードする前に完全に混
和します。試薬を反転する場合は過剰な泡が生成されないようにします。
5. 試薬ボトルを満タンにしないでください。満タンになったボトルは、Panther System が
認識して却下します。
E. 試料の取り扱い
1. 凍結した試料は完全に融解してください。融解した試料を 3 ~ 5 秒間ボルテックスして
完全に混和します。
2. 処理する前に試料が 15°C ~ 30°C に達するようにします。
オンボードの詳細は Panther
System に搭載されたサンプル を参照してください。
3. 各プライマリ収集チューブには最低 1200 μL の試料が含まれることを確認します。各
Aptima 試料アリコートチューブ (SAT) には最低 700 µL の試料が含まれることを確認し
ます。試料の希釈が必要な場合は、詳細について下のステップ E.6 を参照してください。
4. SAT 内の試料を 3 ~ 5 秒間ボルテックスして完全に混和します。
5. 試料のサンプルラックへのロードのすぐ前に、各試料を 10 分間 1000 ~ 3000g で遠心
分離してください。キャップを取り外さないでください。チューブ内の泡は Panther
System のレベル感度を悪化させます。
ラックのロードおよびキャップの取り外しに関する情報は、下のシステムの準備、ス
テップ F.2 を参照してください。
Aptima HBV Quant アッセイ
15
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
Panther System
™
6. SAT 内の試料の希釈
試料は Panther System でのテストのために SAT で希釈されます。
注:試料が希釈されると、希釈後はすぐにテストしてください。
a. 低容量試料の希釈
試料の容量は Aptima 試料希釈液を使用して必要とする最小容量 (700 μL) まで増や
すことができます。最低 240 µL の試料で 2 パート試料希釈液 (1:3) を使用して以下
のように希釈できます:
i.
SAT に 240 µL の試料を入れます。
ii. 480 µL の試料希釈液を追加します。
iii. チューブにキャップをします。
iv. 静かに 5 回反転して混和します。
1:3 で希釈した試料は Panther System の 1:3 オプションを使用してテストできます
(詳細は Panther System オペレータマニュアル を参照してください)
。ソフトウェ
アは自動的に希釈係数を適用してニート結果を報告します。これらの試料には希釈
した試料としてフラグ表示されます。
b. 高力価試料の希釈
試料の結果が定量上限 (ULoQ) を超える場合は、以下のように 99 倍の Aptima 試料
希釈液による希釈 (1:100) をすることができます。
i.
SAT に 30 µL の試料を入れます。
ii. 2970 µL の試料希釈液を追加します。
iii. チューブにキャップをします。
iv. 静かに 5 回反転して混和します。
1:100 で希釈した試料は Panther System の 1:100 オプションを使用してテストでき
ます(詳細は Panther System オペレータマニュアルを参照してください)。ソフト
ウェアは自動的に希釈係数を適用してニート結果を報告します。これらの試料
には希釈した試料としてフラグ表示されます。
注:試料を ULoQ を超えるニート濃度で希釈した場合、結果は科学的記数法で報告
されます。
F. システムの準備
1. システムを Panther System オペレータマニュアル および手順ノートの説明に従って
セットアップします。適当なサイズの試薬ラックおよび TCR アダプタが使用されるこ
とを確認します。
2. サンプルラックにサンプルをロードします。各サンプルチューブ(試料、および必要が
あれば、キャリブレーターとコントロール)に対して以下のステップを実行します:
a. 1 つのサンプルチューブを緩めますが、まだ取り外さないでください。
注: エアロゾルの拡散によって汚染が起こらないように特に注意してください。サ
ンプルのキャップを静かに緩めます。
b. サンプルラックにサンプルチューブをロードします。
c. 残りのサンプルについて、ステップ 2.a および 2.b を繰り返します。
Aptima HBV Quant アッセイ
16
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
Panther System
™
d. サンプルがサンプルラックにロードされた後は、1 つのサンプルラック内の各サン
プルチューブキャップを外して廃棄します。汚染を避けるには、他のサンプルラッ
クまたはサンプルチューブのキャップを流用しないでください。
e. 必要に応じて、新しい廃棄可能搬送ピペットを使用してバブルまたは泡を取り除き
ます。
f.
最後のキャップが取り外されると、サンプルラックをサンプルベイにロードします。
注:同時に他のアッセイとサーキュレータタイプを測定する場合、サンプルラックをサ
ンプルベイにロードする前にサンプル保持器を固定します。
g. 次のサンプルラックについて、ステップ 2.a および 2.f を繰り返します。
手順ノート
A. キャリブレーターとコントロール
1. qHBV 陽性キャリブレーター、qHBV 低陽性コントロール、qHBV 高陽性コントロール、
qHBV 陰性コントロールチューブはサンプルラックの任意の位置および Panther
System の任意の検体ベイレーンにロードできます。以下の 2 つの条件のうちの 1 つが
満たされたとき、試料のピペッティングが開始されます。
a. キャリブレーターとコントロールが現在、システムによって処理されている。
b. システムにコントロール / キャリブレーターの有効な結果が登録されている。
2. キャリブレーターとコントロールチューブがピペット済みで Aptima HBV Quant アッ
セイ試薬キットに対して処理中である場合、試料は関連する再溶解されたキットで最長
24 時間テストできます。そうでない場合:
a. キャリブレーター結果またはコントロールが無効である。
b. 関連するアッセイ試薬キットがシステムから取り外されている。
c. 関連するアッセイ試薬キットが安定性の限度を超過した。
3. キャリブレーターおよび各コントロールチューブは 1 回のみ使用できます。1 回を超え
るチューブの使用は、処理エラーになる可能性があります。
B. 手袋パウダー
他の試薬システムと同じように、手袋によっては過剰なパウダーは開けたチューブの汚染
の原因になります。パウダーフリーの手袋をお勧めします。
Aptima HBV Quant アッセイ
17
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
標準物質
™
標準物質
測定または試料結果は、技術的、オペレータ的、または機器の困難がアッセイの実行中および
ドキュメント中に観測されると、オペレータによって無効にできます。この場合、試料を再テ
ストする必要があります。
アッセイのキャリブレーション
有効な結果を生成するには、アッセイキャリブレーションを完了する必要があります。1 つの
陽性キャリブレーターは試薬キットが Panther System にロードされるたびに 3 回測定されま
す。確立されると、キャリブレーションは 24 時間有効です。Panther System のソフトウェア
はキャリブレーションが必要な場合にオペレータに警告します。オペレータは試薬キットに添
付されるマスターロットバーコードシートにあるキャリブレーション係数をスキャンします。
処理中、キャリブレーターの受け入れ基準は Panther System のソフトウェアによって検証さ
れます。キャリブレーター多重検体が 2 つ以上有効でなければ、ソフトウェアは自動的に測定
を無効化します。無効にされた測定のサンプルは新しく調製したキャリブレーターおよび新し
く調製したコントロールを使用して再テストが必要です。
陰性および陽性コントロール
有効な結果を生成するには、アッセイコントロールのセットをテストする必要があります。
1 つの陰性コントロールの多重検体、低陽性コントロール、および高陽性コントロールは試薬
キットを Panther System にロードするたびにテストする必要があります。確立されると、コ
ントロールは最長 24 時間有効です。Panther System のソフトウェアはコントロールが必要な
場合にオペレータに警告します。
処理中、コントロールの受け入れ基準は Panther System のソフトウェアによって自動的に検
証されます。有効な結果を生成するには、陰性コントロールが「非検出」の結果を示し、陽性コ
ントロールは規定済みのパラメータ内の結果を得る必要があります。コントロールの 1 つが無
効な結果である場合、ソフトウェアは自動的に測定を無効にします。無効にされた測定のサン
プルは新しく調製したキャリブレーターおよび新しく調製したコントロールを使用して再テ
ストが必要です。
内部キャリブレータ / 内部コントロール
各サンプルには内部キャリブレータ / 内部コントロール (IC) が含まれます。処理中、IC の受け
入れ基準は自動的に Panther System ソフトウェアによって検証されます。IC 結果が無効であ
る場合、サンプル結果は無効にされます。無効な IC 結果を有するすべてのサンプルは有効な
結果を得るために再テストする必要があります。
Panther System ソフトウェアは手順がこの添付文書および Panther System のオペレータ マ
ニュアルで提供される説明に従って実行される場合、正確にプロセスを検証するよう設計され
ています。
Aptima HBV Quant アッセイ
18
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
結果の解釈
™
結果の解釈
Panther System は試料の HBV DNA 濃度を自動的に決定し、結果をキャリブレーション曲線
と比較してコントロールします。HBV DNA 濃度は IU/mL および log10 IU/mL でレポートされ
ます。結果の解釈は表 1 で提供されます。希釈した試料に希釈オプションが使用される場合、
Panther System は自動的に希釈濃度と希釈係数を蒸散してニート試料の HBV 濃度を計算し、
希釈した試料を希釈済みとしてフラグを付けます。
注:希釈した試料では、「Not Detected(非検出)」または「<10 detected(検出)」は、上記の
濃度で試料を希釈して生成可能だが、LoD または LLoQ(検出限界または定量下限)に近くしま
す。定量的結果が得られない場合は、他のニート試料を採取してテストすることを推奨します。
表 1: 結果の説明
レポートされた Aptima HBV Quant アッセイ結果
解釈
IU/mL
log10 Valuea
非検出
非検出
HBV DNA は検出されません。
<10 検出
<1.0
HBV DNA は検出されますが LLoQ を下回るレベル
です。
10 ~ 1,000,000,000
1.0 ~ 9.0
HBV DNA 濃度は 10 ~ 1,000,000,000 IU/mL の線形
範囲内です。
>1,000,000,000
>9.0
HBV DNA 濃度が ULoQ を上回ります。
無効 b
無効 b
結果の生成でエラーがありました。試料を再検査し
てください。
a
b
値は少数位 2 桁に省略されています。
無効な結果は青色のフォントで表示されます。
注:試料を ULoQ を超えるニート濃度で希釈した場合、結果は科学的記数法で報告されます。
Aptima HBV Quant アッセイ
19
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
制約事項
™
制約事項
A. このアッセイの使用は手順のトレーニングを受けた担当者に制限されます。この添付文書
の指示に従わない場合はエラーのある結果になります。
B. 信頼できる結果は十分な試料採取、輸送、保存および処理に依存します。
C. 稀ですが、Aptima HBV Quant アッセイのプライマーおよび / またはプライマーで覆われたウ
イルスゲノムの高度な保存領域内の突然変異はウイルス検出の過小定量化または失敗という
結果になる可能性があります。
Aptima HBV Quant アッセイ
20
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
性能
WHO3 次国際標準を使用する検出限界
アッセイの検出限界 (LoD) は、CLSI EP17-A2 に従う 95% 以上の確率で検出される HBV DNA
の濃度として定義されます。12
LoD は HBV 陰性ヒト血漿および血清に希釈した B 型肝炎ウイルス DNA の WHO3 次国際標準
(NIBSC 10/264) のパネルをテストして決定されました。各希釈の最小 36 多重検体が希釈当た
り最小 108 の多重検体に対する 3 つの試薬ロットでテストされました。プロビット分析が予測
された検出限界を生成するために実行されました。表 2 に表示された LoD 値は最高に予測し
た検出限界の試薬ロットからの結果です。WHO3 次国際標準を使用する Aptima HBV Quant
アッセイに対する LoD は血漿では 5.58 IU/mL で血清では 4.29 IU/mL です。
表 2: HBV に対して WHO3 次国際標準を使用する検出限界
予測検出限界
濃度 (IU/mL)
血漿
血清
10%
0.16
0.19
20%
0.27
0.30
30%
0.39
0.42
40%
0.55
0.56
50%
0.75
0.73
60%
1.02
0.96
70%
1.42
1.29
80%
2.09
1.81
90%
3.58
2.91
95%
5.58
4.29
Aptima HBV Quant アッセイ
21
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
HBV 遺伝子型間の検出限界
LoD は HBV 陰性のヒト血漿および血清に希釈した遺伝子型 A、B、C、D、E、F、G、および
H の HBV 陽性試料をテストして決定しました。濃度は CE マークの比較アッセイを使用して
決定されました。各パネルメンバーの最小 24 多重検体がパネルメンバー当たり最小 48 の多重
検体に対する 2 つの試薬ロットでテストされました。プロビット分析が 50% および 95% の予
測した検出限界を生成するために実行されました。表 3 に表示された LoD 値は最高に予測し
た検出限界の試薬ロットからの結果です。
表 3: 臨床試料を使用する HBV 遺伝子型間の検出限界
遺伝子型
A
B
C
D
E
F
G
H
Aptima HBV Quant アッセイ
濃度 (IU/mL)
予測検出限界
50%
血漿
0.48
血清
0.88
95%
3.05
3.95
50%
0.59
0.69
95%
3.00
4.97
50%
0.79
0.93
95%
5.32
4.78
50%
0.82
1.37
95%
4.61
7.29
50%
0.93
1.01
95%
4.80
4.90
50%
0.75
0.69
95%
3.13
3.30
50%
0.52
0.62
95%
2.86
3.05
50%
1.05
1.36
95%
6.44
6.31
22
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
線形範囲
線形範囲は CLSI EP06-A に従い HBV 陰性のヒト血漿および血清に希釈した HBV DNA のパネ
ルをテストして確立されました。13 パネルの濃度は 0.86 log IU/mL ~ 9.26 log IU/mL の範囲で
す。Aptima HBV Quant アッセイは図 6 示すように 9 log IU/mL の定量上限 (ULoQ) でテスト
された範囲にわたって線形性を示しました。
Aptima HBV Quant࢔ࢵࢭ࢖(log IU/mL)
10.0
9.0
8.0
7.0
6.0
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
0.0
0.0
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
7.0
⾑₢
R2 = 0.9980
⾑Ύ
R2 = 0.9972
8.0
9.0
10.0
ᶆⓗ⃰ᗘ(log IU/mL)
図 6. 血漿と血清の線形性
Aptima HBV Quant アッセイ
23
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
HBV 遺伝子型間の線形性
遺伝子型 A、B、C、D、E、F、G、および H の線形応答は、1.44 log IU/mL ~ 8.44 log IU/mL
の範囲の濃度のバッファで希釈した HBV DNA のパネルをテストして確認されました。線形性
は図 7 に示すようにすべての遺伝子型に対してテストした範囲にわたって実証されました。
10.0
Aptima HBV Quant࢔ࢵࢭ࢖(log IU/mL)
9.0
8.0
7.0
6.0
5.0
㑇ఏᏊᆺA
㑇ఏᏊᆺB
4.0
㑇ఏᏊᆺC
㑇ఏᏊᆺD
3.0
㑇ఏᏊᆺE
㑇ఏᏊᆺF
2.0
㑇ఏᏊᆺG
1.0
㑇ఏᏊᆺH
0.0
0.0
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
7.0
8.0
9.0
10.0
ᶆⓗ⃰ᗘ(log IU/mL)
図 7. HBV 遺伝子型 A ~ H 間の線形性
WHO3 次国際標準を使用する定量の下限
定量の下限 (LLoQ) は HBV DNA が CLSI EP17-A2 に従う総合エラー内で正確に定量化される
最小濃度として定義されます。12 総合エラーは 2 つの方法で推定されます:総合分析エラー
(TAE) = | バイアス | + 2SD、および総合エラー (TE) = SQRT(2) x 2SD。測定の正確さと精度
を保証するために、Aptima HBV Quant アッセイの総合エラーは 1 log IU/mL に設定されまし
た(つまり、LLoQ において、1 log IU/mL を超える 2 つの測定間の差が統計的に重要です)
。
LLoQ は HBV 陰性ヒト血漿および血清に希釈した B 型肝炎ウイルス RNA の WHO3 次国際標準
(NIBSC 10/264) のパネルをテストして決定されました。各希釈の最小 45 多重検体が希釈当たり
最小 135 の多重検体に対する 3 つの試薬ロットでテストされました。
3 つの試薬ロットの結果を、
血漿について表 4 に、血清について表 5 に示します。100% 検出の精度の目標(TE ≤ 1 log IU/mL
および TAE ≤ 1 log IU/mL)を達成した最低濃度の結果は、いずれの表でも網掛けしています。
要約を表 6 に示します。
Aptima HBV Quant アッセイ
24
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
B 型肝炎ウイルスの WHO3 次国際標準で計算した LLoQ は血漿が 4.80 IU/mL、血清が 6.34 IU/mL
で、3 つの試薬ロットで算出した最高濃度に基づいています。血漿については、算出した LLoQ が
算出した LoD の 5.58 IU/mL を下回っているため、血漿の LLoQ は、EP 17-A2 に従い、WHO3 次
国際標準の 5.58 IU/mL です。
表 4: 血漿で希釈した HBV の WHO3 次国際標準を使用した LLoQ の決定
標的濃度
試薬ロット
1
2
3
Aptima HBV
Quant
SD
| バイアス |
推定 TE
推定 TAE
(IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
7
0.85
0.63
0.27
0.22
0.75
0.75
8
0.90
0.68
0.28
0.22
0.78
0.77
9
0.95
0.79
0.25
0.17
0.70
0.66
7
0.85
0.48
0.20
0.37
0.57
0.77
8
0.90
0.47
0.18
0.44
0.51
0.79
9
0.95
0.61
0.19
0.34
0.54
0.73
7
0.85
0.53
0.21
0.32
0.59
0.74
8
0.90
0.52
0.21
0.38
0.61
0.81
9
0.95
0.70
0.23
0.25
0.65
0.71
SD = 標準偏差
表 5: 血清で希釈した HBV の WHO3 次国際標準を使用した LLoQ の決定
標的濃度
試薬ロット
1
2
3
Aptima HBV
Quant
SD
| バイアス |
推定 TE
推定 TAE
(IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
(log IU/mL)
7
0.85
0.77
0.38
0.08
1.06
0.83
8
0.90
0.80
0.31
0.10
0.88
0.72
9
0.95
0.91
0.27
0.05
0.77
0.59
7
0.85
0.57
0.20
0.28
0.57
0.68
8
0.90
0.70
0.22
0.20
0.63
0.64
9
0.95
0.69
0.23
0.27
0.66
0.73
7
0.85
0.65
0.24
0.20
0.67
0.67
8
0.90
0.65
0.24
0.25
0.68
0.73
9
0.95
0.67
0.22
0.28
0.63
0.73
SD = 標準偏差
表 6: WHO3 次国際標準を使用して計算した HBV の LLoQ の要約
血漿 LLoQ
試薬ロット
血清 LLoQ
(log IU/mL)
(IU/mL)
(log IU/mL)
(IU/mL)
1
0.68
4.80
0.80
6.34
2
0.61
4.09
0.57
3.72
3
0.52
3.34
0.65
4.51
SD = 標準偏差
Aptima HBV Quant アッセイ
25
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
HBV 遺伝子型間での定量の下限の決定
LLoQ は HBV 陰性のヒト血漿および血清に希釈した遺伝子型 A、B、C、D、E、F、G、および
H の HBV 陽性試料をテストして決定しました。各パネルメンバーの最小 36 多重検体がパネルメ
ンバー当たり最小 72 の多重検体に対する 2 つの試薬ロットでテストされました。100% 検出の
精度の目標(TE ≤ 1 log IU/mL および TAE ≤ 1 log IU/mL)を達成した最高濃度の試薬ロットの
結果について、表 7(血漿)および表 8(血清)に示します。100% 検出の精度の目標を達成し
た最低濃度の結果については、いずれの表でも網掛けしています。要約を表 9 に示します。血漿
および血清中の遺伝子型 A、B、C、D、E、F、G、および H について計算した LLoQ を表 9 に
示します。これは 10 IU/mL としてアッセイに対して全 LLoQ を確立します。
表 7: 血漿における遺伝子型間の LLoQ
標的濃度
遺伝子型
A
B
C
D
E
F
G
H
Aptima HBV
Quant
SD
| バイアス |
推定 TE
推定 TAE
(IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
7
0.85
0.86
0.71
0.02
2.01
1.44
8
0.90
0.76
0.34
0.14
0.96
0.82
9
0.95
0.95
0.27
0.01
0.76
0.55
7
0.85
0.85
0.36
0.01
1.01
0.72
8
0.90
0.93
0.24
0.03
0.67
0.51
9
0.95
0.94
0.23
0.01
0.64
0.46
7
0.85
0.62
0.22
0.23
0.62
0.67
8
0.90
0.65
0.25
0.25
0.70
0.75
9
0.95
0.70
0.21
0.26
0.59
0.67
8
0.90
0.47
0.19
0.43
0.53
0.81
9
0.95
0.58
0.17
0.38
0.48
0.72
10
1.00
0.64
0.24
0.36
0.69
0.85
7
0.85
0.59
0.19
0.25
0.53
0.63
8
0.90
0.59
0.23
0.31
0.66
0.78
9
0.95
0.68
0.28
0.27
0.80
0.83
7
0.85
0.92
0.26
0.07
0.74
0.59
8
0.90
1.09
0.29
0.18
0.83
0.77
9
0.95
1.04
0.31
0.09
0.89
0.72
7
0.85
0.81
0.27
0.04
0.75
0.57
8
0.90
0.91
0.26
0.01
0.72
0.52
9
0.95
0.83
0.26
0.12
0.74
0.64
7
0.85
0.65
0.25
0.19
0.71
0.69
8
0.90
0.67
0.24
0.23
0.68
0.71
9
0.95
0.62
0.21
0.33
0.59
0.75
SD = 標準偏差
Aptima HBV Quant アッセイ
26
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
表 8: 血清における遺伝子型間の LLoQ の決定
標的濃度
遺伝子型
Aptima HBV
Quant
SD
| バイアス |
推定 TE
推定 TAE
(IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
(log IU/ml)
7
0.85
0.67
0.28
0.18
0.79
0.74
8
0.90
0.80
0.34
0.10
0.96
0.78
9
0.95
0.83
0.26
0.12
0.74
0.65
7
0.85
0.56
0.19
0.29
0.54
0.67
8
0.90
0.71
0.22
0.20
0.62
0.63
9
0.95
0.59
0.21
0.36
0.59
0.78
7
0.85
0.64
0.27
0.20
0.77
0.75
8
0.90
0.75
0.25
0.15
0.70
0.64
9
0.95
0.79
0.21
0.16
0.58
0.57
8
0.90
0.42
0.14
0.48
0.40
0.76
9
0.95
0.47
0.18
0.49
0.51
0.84
10
1.00
0.60
0.23
0.40
0.64
0.85
7
0.85
0.56
0.24
0.29
0.69
0.78
8
0.90
0.63
0.18
0.27
0.50
0.63
9
0.95
0.67
0.25
0.28
0.70
0.78
7
0.85
0.88
0.21
0.03
0.60
0.46
8
0.90
0.90
0.29
0.01
0.81
0.58
9
0.95
0.98
0.24
0.02
0.67
0.49
A
B
C
D
E
F
G
H
7
0.85
0.82
0.24
0.03
0.67
0.50
8
0.90
0.90
0.25
0.01
0.70
0.50
9
0.95
1.01
0.23
0.05
0.64
0.51
8
0.90
0.69
0.29
0.21
0.81
0.78
9
0.95
0.77
0.26
0.19
0.74
0.71
10
1.00
0.78
0.28
0.22
0.80
0.79
SD = 標準偏差
表 9: 血漿および血清における遺伝子型間の LLoQ の要約
遺伝子型
血漿 LLoQ
血清 LLoQ
(log IU/mL)
(IU/mL)
(log IU/mL)
(IU/mL)
A
0.95
8.90
0.83
6.79
B
0.93
8.60
0.56
3.59
C
0.62
4.14
0.64
4.38
D
0.64
4.32
0.60
4.01
E
0.59
3.91
0.56
3.60
F
0.92
8.25
0.88
7.56
G
0.81
6.42
0.82
6.55
H
0.62
4.20
0.78
6.01
Aptima HBV Quant アッセイ
27
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
再現性
再現性を評価するため、HBV 陰性の血漿または血清に HBV 陽性の試料(遺伝子型 A および C)
を希釈するか HBV DNA(遺伝子型 A および C)を混ぜるかして 28 メンバーパネルを作製し
ました。
パネルは 3 人のオペレータによって 20 日間以上にわたって 3 つの Panther System で
3 つの試薬を使用してテストされました。
表 10 および表 11 は装置間、オペレータ間、ロット間、測定間、測定内、および全体でのアッセ
イ結果(log IU/mL で)の再現性を示します。全体のばらつきはは主として測定内のばらつきに
よります(すなわち、ランダムエラーです)
。
表 10: 遺伝子型 A に対する Aptima HBV Quant アッセイの再現性
マトリックス
N
血漿
161
血漿
162
血漿
平均濃度
(log IU/mL)
オペレータ間
測定器間
ロット間
測定内
測定間
合計
SD
CV (%)
SD
CV (%)
SD
CV (%)
SD
CV (%)
SD
CV (%)
SD
CV (%)
1.24
0.02
1.96
0.02
1.75
0.10
7.88
0.02
1.50
0.21
16.80
0.23
18.80
1.97
0.01
0.75
0.01
0.71
0.08
3.84
0.02
0.76
0.14
7.36
0.17
8.40
162
3.23
0.01
0.29
0.01
0.24
0.04
1.39
0.01
0.22
0.08
2.47
0.09
2.87
血漿
162
4.14
0.03
0.76
0.01
0.28
0.04
0.90
0.01
0.15
0.06
1.38
0.08
1.84
血漿
162
5.75
0.02
0.39
0.01
0.20
0.06
0.97
0.01
0.13
0.09
1.51
0.11
1.85
血漿
162
6.98
0.05
0.79
0.03
0.48
0.06
0.91
0.01
0.11
0.09
1.35
0.13
1.87
血漿
162
7.69
0.03
0.38
0.02
0.23
0.01
0.15
0.01
0.12
0.10
1.30
0.11
1.39
血清
160
1.17
0.02
1.93
0.02
1.71
0.06
5.54
0.02
1.64
0.20
17.07
0.21
18.21
血清
162
1.82
0.02
1.15
0.01
0.79
0.10
5.43
0.01
0.72
0.15
8.13
0.18
9.90
血清
162
3.16
0.01
0.26
0.02
0.62
0.09
2.78
0.02
0.59
0.11
3.38
0.14
4.47
血清
162
4.06
0.01
0.19
0.01
0.22
0.04
0.99
0.01
0.15
0.07
1.68
0.08
1.98
血清
162
5.60
0.02
0.36
0.01
0.24
0.06
1.15
0.01
0.22
0.13
2.40
0.15
2.70
血清
162
6.30
0.03
0.49
0.03
0.42
0.01
0.17
0.01
0.16
0.11
1.77
0.12
1.90
血清
162
7.48
0.05
0.62
0.03
0.36
0.02
0.25
0.02
0.23
0.08
1.09
0.10
1.35
CV = 変動係数、SD = 標準偏差
注:いくつかの要素からのばらつきは負になることがありますが、これはこれらの要素によるばらつきが非常に小さいために生
じることがあります。これが生じると、SD および CV は 0 として示されます。
Aptima HBV Quant アッセイ
28
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
表 11: 遺伝子型 C に対する Aptima HBV Quant アッセイの再現性
オペレータ間
測定器間
ロット間
測定内
測定間
合計
マトリックス
N
平均濃度
(log IU/mL)
SD
CV (%)
SD
CV (%)
SD
CV (%)
SD
CV (%)
SD
CV (%)
SD
CV (%)
血漿
161
1.28
0.02
1.73
0.02
1.40
0.07
5.39
0.02
1.28
0.18
14.32
0.20
15.52
血漿
162
1.98
0.02
0.79
0.01
0.68
0.08
4.02
0.01
0.61
0.14
6.91
0.16
8.08
血漿
162
3.23
0.01
0.31
0.01
0.39
0.05
1.49
0.01
0.18
0.06
1.97
0.08
2.52
血漿
162
4.13
0.01
0.18
0.01
0.29
0.04
0.90
0.01
0.15
0.07
1.69
0.08
1.95
血漿
162
5.78
0.01
0.14
0.02
0.41
0.06
1.04
0.01
0.16
0.10
1.70
0.12
2.05
血漿
162
6.83
0.01
0.20
0.03
0.42
0.03
0.42
0.01
0.08
0.06
0.93
0.08
1.13
血漿
162
7.75
0.03
0.33
0.02
0.19
0.02
0.24
0.01
0.08
0.07
0.94
0.08
1.04
血清
160
1.20
0.02
1.54
0.02
1.55
0.05
4.24
0.02
1.78
0.18
14.74
0.19
15.59
血清
162
1.90
0.02
1.20
0.02
0.87
0.05
2.73
0.01
0.72
0.15
8.10
0.17
8.71
血清
162
3.19
0.03
0.93
0.03
0.92
0.05
1.68
0.00
0.05
0.07
2.34
0.10
3.16
血清
162
4.04
0.01
0.14
0.01
0.31
0.04
0.94
0.00
0.12
0.05
1.30
0.07
1.64
血清
162
5.69
0.01
0.16
0.02
0.36
0.05
0.88
0.01
0.13
0.09
1.50
0.10
1.78
血清
162
6.32
0.04
0.64
0.03
0.45
0.04
0.66
0.01
0.14
0.10
1.57
0.12
1.87
血清
162
7.23
0.04
0.55
0.02
0.25
0.05
0.68
0.01
0.13
0.10
1.42
0.12
1.69
CV = 変動係数、SD = 標準偏差
注:いくつかの要素からのばらつきは負になることがありますが、これはこれらの要素によるばらつきが非常に小さいために生
じることがあります。これが生じると、SD および CV は 0 として示されます。
Aptima HBV Quant アッセイ
29
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
干渉する可能性がある物質
Aptima HBV Quant アッセイの内因性物質の増加レベルによるか、または HBV 感染の個人に
普通に処方した医薬による干渉の感度が評価されました。HBV 陰性血漿サンプルおよび HBV
DNA 濃度が 4.3 log IU/mL の HBV でスパイクしたサンプルがテストされました。
アッセイの性能への干渉がアルブミン (90 mg/mL)、ヘモグロビン (5 mg/mL)、トリグリセリド
(30 mg/mL)、または非結合ビリルビン (0.2 mg/mL) の存在下で観測されませんでした。
定義した物質の増加したレベルを持つ患者からまたは表 12 にリスト表示した病気を持つ患者
からの臨床血漿試料が Aptima HBV Quant アッセイでテストされました。アッセイの性能への
干渉は観測されませんでした。
表 12: テストされた臨床試料タイプ
臨床試料タイプ
1
抗核抗体 (ANA)
2
リウマチ因子 (RF)
3
Alcoholic cirrhosis(アルコール性肝硬変)(AC)
4
アルコール性肝炎
5
非アルコール性肝炎
6
自己免疫性肝炎
7
Elevated alanine aminotransferase(アラニン・
アミノトランスフェラーゼの上昇)(ALT)
8
Hepatocellular carcinoma(肝細胞がん)(HCC)
9
Multiple sclerosis(多発性硬化症)(MS)
10
Systemic lupus erythematosus(全身性エリテマ
トーデス)(SLE)
11
Hyperglobulinemia(高グロブリン血症)
12
Rheumatoid arthritis(リウマチ性関節炎)(RA)
13
抗 Jo-1 抗体 (JO-1)
14
Multiple myeloma(多発性骨髄腫)(MM)
15
Hemolyzed (elevated hemoglobin)(溶血)
(ヘモグロビン上昇)
16
Icteric (elevated bilirubin)(黄疸)
(ビルビリン値
上昇)
17
Lipemic (elevated lipid)(高脂血症)
18
蛋白質上昇
19
HBV 抗体(ワクチン接種)
20
HCV 抗体
21
HIV-1 および HIV-2 抗体
Aptima HBV Quant アッセイ
30
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
濃度が少なくとも Cmax(ヒト血漿)の 3 倍の表 13 にリスト表示した外因性物質の存在下で
アッセイの性能への干渉が観測されませんでした。
表 13: 外因性物質
外因性物質プール
テストした外因性物質
1
サキナビル、リトナビル、アンプレナビル、インジナビル、ロピナビル、ネルフィナビ
ルメシル
2
クラリスロマイシン、バルガンシクロビル塩酸塩、エファビレンツ、ネビラピン
3
パロキセチン塩酸、エンフビルチド、ジドブジン、ジダノシン、アバカビル硫酸
4
バビリン、エンテカビル、アデホビルジピボキシル、フマル酸テノホビルジソプロキシ
ル、ラミブジン、ガンシクロビル、アシクロビル
5
スタブジン、シプロフロキサシン、フルオキセチン、アジスロマイシン、バラシクロビ
ル、セルトラリン、ザルシタビン
6
interferon alpha -2a(インターフェロンアルファ 2a)
、Interferon alpha -2b(インターフェ
ロンアルファ 2b)
、pegylated interferon alpha-2b(ペグインターフェロンアルファ 2b)
特異度
特異度は 292 の新鮮および 747 の凍結 HBV 陰性臨床試料を用いて決定されました。合計で 521
の血漿および 518 の血清試料がテストされました。特異度は「非検出」の結果を持つ HBV 陰性
サンプルの割合として計算されました。1038 の試料に HBV DNA は検出されませんでした。特
異度は 99.9% でした (1038/1039, 95% CI: 99.5-100%)。
表 14: 血漿および血清臨床試料の特異度
新鮮血漿
凍結血漿
血漿合計
新鮮血清
凍結血清
血清合計
総合計
有効多重検体 (n)
145
376
521
147
371
518
1,039
非検出
145
376
521
147
370
517
1,038
100%
100%
100%
100%
99.7%
99.8%
99.9%
(97.4-100)
(99.0-100)
(99.3-100)
(97.5-100)
(98.5-100)
(98.9-100)
(99.5-100)
特異度 (95% CI)
CI = 信頼区間
Aptima HBV Quant アッセイ
31
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
分析的特異度
表 15 にリスト表示した病原体に対する交差活性の可能性が 4.3 log IU/mL HBV DNA の有無で
HBV 陰性のヒト血漿で評価されました。細菌汚染した血漿、または他の血液由来病原体に感染
した被験者あるいは HBV ワクチンおよびインフルエンザワクチンを接種した被験者から採取
した試料に交差反応または干渉は認められませんでした。
表 15: 分析的特異度のテストをした病原体
細菌 / 病原体
採取元
細菌 / 病原体
採取元
培養液
Hepatitis C virus(C 型肝炎ウイルス)
試料
ヒトヘルペスウイルス 8 型
Hepatitis A virus(A 型肝炎ウイルス)
試料
Japanese encephalitis virus(日本脳
炎ウイルス)
HBV ワクチン接種
試料
Murray Valley encephalitis virus(マー 細胞溶解物
レーバレー脳炎ウイルス)
HIV-1 および HIV-2
試料
St. Louis encephalitis virus(セントル
イス脳炎ウイルス)
Human T-cell lymphotropic virus-type 1
and 2(ヒト T セルリンホトロピックウ
イルスタイプ 1 および 2)
試料
Vaccinia virus(ワクシニアウイルス) 細胞溶解物
Parvovirus B19(パルボウイルス B19)
試料
Yellow fever virus(黄熱病ウイルス)
培養液
Cytomegalovirus(サイトメガロウイ
ルス)
試料
Candida albicans(カンジダアルビカ
培養
Dengue virus type1-4(デングウイルス
1 ~ 4 型)
試料
Chlamydia trachomatis(クラミジア・
Epstein-Barr virus(エプスタイン・バー・
ウイルス)
試料
インフルエンザワクチン接種
試料
Human Papillomavirus(ヒトパピロー
マウイルス)
試料
単純ヘルペスウイルス 1 および 2
腹水
培養液
ンス)
培養
トラコマチス)
Corynebacterium diphtheriae(ジフテ
培養
リア菌)
培養
試料
Mycobacterium gordonae(マイコバ
クテリウム ‐ ゴルドネ)
Mycobacterium smegmatis(スメグ
マ菌)
Neisseria gonorrhoeae(淋菌)
Rubella virus(風疹ウイルス)
試料
Propionibacterium acnes(プ ロピオ
培養
Varicella zoster virus(水痘帯状ヘルペ
スウイルス)
試料
Staphylococcus aureus(黄色ブドウ
West Nile virus(西ナイルウイルス)
試料
Staphylococcus epidermidis(表皮ブ
培養
培養
ニバクテリア・アクネス)
培養
球菌)
培養
ドウ球菌)
BK human polyomavirus(ヒトポリオー 細胞溶解物
マウイルス)
Streptococcus pneumoniae(連鎖球
Human herpesvirus 6B(ヒトヘルペス
ウイルス 6B)
Trichomonas vaginalis(膣トリコモ
Aptima HBV Quant アッセイ
培養
菌肺炎)
培養液
培養
ナス)
32
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
臨床試料の再現性
再現性は自然感染した HBV 陽性血漿および血清の臨床試料の 3 つの多重検体をテストして評
価されました。テストされた血漿および血清サンプルの平均濃度および標準偏差については、
それぞれ表 16 および 17 を参照してください。
表 16: 臨床血漿試料の再現性
表 17: 臨床血清試料の再現性
血漿試料
平均濃度
(log IU/mL)
SD
血清試料
平均濃度
(log IU/mL)
SD
1
2.08
0.09
1
1.93
0.17
2
2.98
0.01
2
2.29
0.09
3
2.45
0.09
3
2.78
0.05
4
2.32
0.06
4
1.98
0.06
5
2.58
0.08
5
2.53
0.07
6
3.60
0.06
6
3.53
0.06
7
3.45
0.04
7
3.38
0.03
8
3.95
0.04
8
3.77
0.02
9
3.81
0.05
9
3.45
0.17
10
4.26
0.03
10
4.26
0.04
11
5.65
0.07
11
6.31
0.02
12
6.32
0.06
12
5.45
0.04
13
6.79
0.06
13
5.74
0.08
14
7.40
0.05
14
7.44
0.04
15
8.17
0.02
15
8.47
0.03
SD = 標準偏差
Aptima HBV Quant アッセイ
SD = 標準偏差
33
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
試料希釈液を使用するサンプルの希釈
Aptima 試料希釈液で希釈したサンプルの HBV DNA の回復を評価するために、線形範囲にあ
る血漿および血清サンプルが Aptima 試料希釈液で 1:3 に希釈されました。さらに、自然感染
した高力価臨床試料および ULoQ を超える濃度の HBV DNA でスパイクしたサンプルが Aptima
試料希釈液を使用して 1:100 に希釈されました。各サンプルはニートおよび希釈(1:3 または
1:100)で 3 回テストされました。平均レポート濃度(希釈されたサンプル結果に適用した希
釈係数)と平均ニート濃度の差は血漿については 表 18、血清については 表 19 を参照してく
ださい。サンプル濃度は希釈したサンプルで正確に再生されました。
表 18: Aptima 試料希釈液によるサンプルの希釈 – 血漿
希釈
1:3
平均ニート濃度
(log IU/mL)
平均レポート濃度 a
(log IU/mL)
差異 (log IU/mL)
2.08
1.71
-0.37
2.98
3.02
0.04
2.45
2.30
-0.15
2.32
2.06
-0.26
2.58
2.46
-0.12
3.60
3.62
0.02
3.45
3.36
-0.09
3.95
3.91
-0.04
3.81
3.72
-0.09
4.26
4.24
-0.02
5.65
5.50
-0.15
6.32
6.08
-0.24
6.79
6.40
-0.39
7.40
7.06
-0.34
8.17
8.05
-0.12
8.17
7.82
-0.35
>9.00b (10.20c)
10.40
0.20
1:100
a
レポートされた濃度は希釈係数を適用後に計算された値です。
スパイクした試料。
c
ULoQ を超えた標的濃度。
b
Aptima HBV Quant アッセイ
34
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
表 19: Aptima 試料希釈液によるサンプルの希釈 – 血清
希釈
1:3
平均ニート濃度
(log IU/mL)
平均レポート濃度 a
(log IU/mL)
差異 (log IU/mL)
1.93
1.50
-0.43
2.29
2.00
-0.29
2.78
2.45
-0.33
1.98
1.50
-0.48
2.53
2.23
-0.30
3.53
3.59
0.06
3.38
3.21
-0.17
3.77
3.68
-0.09
3.45
3.35
-0.10
4.26
4.16
-0.10
6.31
5.98
-0.33
5.45
5.24
-0.21
5.74
5.62
-0.12
7.44
7.19
-0.25
8.47
8.31
-0.16
8.47
8.19
-0.28
>9.00b (10.20c)
10.43
0.23
1:100
a
レポートされた濃度は希釈係数を適用後に計算された値です。
スパイクした試料。
c
ULoQ を超えた標的濃度。
b
Aptima HBV Quant アッセイ
35
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
性能
™
メソッド相関
Aptima HBV Quant アッセイの性能は、HBV 感染患者から採取した希釈していない試料をテス
トし、CE マークのコンパレータアッセイと比較して評価しました。図 8 に示す通り、線形回
帰には両方のアッセイに共通する線形範囲内の 614 例の試料を使用しました。
9.0
Aptima HBV Quant࢔ࢵࢭ࢖(log IU/mL)
8.0
y = -0.14 + 1.05x
R2 = 0.988
7.0
6.0
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
0.0
0.0
1.0
2.0
3.0
5.0
4.0
6.0
ࢥࣥࣃ࣮ࣞࢱ(log IU/mL)
7.0
8.0
9.0
図 8. Aptima HBV Quant アッセイとコンパレータアッセイ間の相関
キャリーオーバー
キャリーオーバーの汚染で起こる偽陽性結果のリスクを、Panther System により最小限にす
ることを確立するために、3 つの Panther System でスパイクしたパネルを使用して研究が実
行されました。キャリーオーバーは、碁盤パターンの HBV 陰性サンプル間で分散した高力価
の HBV DNA スパイク血漿サンプル (8 log IU/mL) を使用して評価されました。テストは 15 を
超える測定で実行されました。全キャリーオーバー率は 0.0% (0/705) でした。
Aptima HBV Quant アッセイ
36
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
参考文献
™
参考文献
1.
Lok AS, McMahon BJ. AASLD Practice Guideline Update. Chronic Hepatitis B: Update 2009. Hepatology. 2009; 50(3):661-662;1-36.
2.
Aspinall EJ, Hawkins G, Fraser A, Hutchinson SJ, Goldberg D. Hepatitis B prevention, diagnosis, treatment and care: a review.
Occupational Medicine 2011; 61(8):531-540.
3.
Centers for Disease Control and Prevention/National Institutes of Health. Early Identification and Linkage to Care of Persons
with Chronic Hepatitis B Virus Infection - Three U.S. Sites, 2012-2014. May 9, 2014, 63(18);399-401.
4.
Liaw YF, Chu CM. Hepatitis B virus infection. Lancet. 2009; 373(9663):582-92.
5.
European Association for the Study of the Liver. EASL Clinical Practice Guidelines: Management of chronic hepatitis B virus
infection. Journal of Hepatology 2012; 57:167-185.
6.
International Agency for Research on Cancer. Hepatitis B Virus. IARC Monographs 2012; 100B:93-133.
7.
Price, J. An Update on Hepatitis B, D, and E Viruses. Topics in Antiviral Medicine 2014; 21(5):157-163.
8.
Clinical and Laboratory Standards Institute. 2005. Collection, Transport, Preparation, and Storage of Specimens for Molecular
Methods; Approved Guideline. CLSI Document MM13-A. Wayne, PA.
9.
29 CFR Part 1910.1030. Occupational Exposure to Bloodborne Pathogens; current version.
10. Centers for Disease Control and Prevention/National Institutes of Health. Biosafety in Microbiological and Biomedical
Laboratories (BMBL); current version.
11. Clinical and Laboratory Standards Institute. 2002. Clinical Laboratory Waste Management. CLSI Document GP5-A2. Villanova, PA.
12. Clinical and Laboratory Standards Institute (CLSI). 2012. Evaluation of Detection Capability for Clinical Laboratory Measurement
Procedures; Approved Guideline—Second Edition. CLSI Document EP17-A2. Clinical and Laboratory Standards Institute, Wayne, PA.
13. Clinical and Laboratory Standards Institute (CLSI). 2003. Evaluation of the Linearity of Quantitative Measurement Procedures:
A Statistical Approach; Approved Guideline. CLSI document EP06-A. Clinical and Laboratory Standards Institute, Wayne, PA.
Aptima HBV Quant アッセイ
37
AW-13182-1201 改訂 001
Aptima
参考文献
™
Hologic, Inc.
10210 Genetic Center Drive
San Diego, CA 92121 USA
カスタマサポート:
+1 844 Hologic (+1 844 465 6442)
[email protected]
テクニカルサポート:
+1 888 484 4747
[email protected]
詳細は www.hologic.com をご覧ください。
EMERGO EUROPE
Molenstraat 15
2513 BH The Hague
The Netherlands
Hologic、Aptima、Panther は米国および / または他の国における Hologic, Inc. および / またはその下部組織の商標および / または登録商標です。
この添付文書にある他のすべての商標はそれぞれの所有者の財産です。
本製品は www.hologic.com/patents で特定される 1 つ以上の米国特許でカバーされています。
© 2015 Hologic, Inc. All rights reserved.
AW-13182-1201 改訂 001
2015-11
Aptima HBV Quant アッセイ
38
AW-13182-1201 改訂 001
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
783 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content