close

Enter

Log in using OpenID

学部・大学院からの検索 共通教育科目からの検索 すべての

embedDownload
金沢大学SYLLABUS
学域からの検索
学域/学部検索
学部・大学院からの検索
科目名検索
共通教育科目からの検索
教員名検索
すべての科目からの検索
過去のシラバスからの検
索
キーワード検索
TOP > すべての科目からの検索 > 教員名検索 > 検索結果一覧 > 科目詳細
◆印刷プレビュー
共通教育科目 > 総合科目a(現代を読み解く・世界を読み解く) > 地域の個性と異文化理解
授業科目名[英文名] / Course Title
金沢入門-自然と風土-[Introducing Kanazawagraphy - Nature and Environment -] 過去の同一科目[英文名]
金沢学入門2 [An Introduction to Study of Kanazawa 2] 担当教員名[ローマ字表記] / Instructor
塚脇 真二 [TSUKAWAKI, Shinji]
科目ナンバー / Numbering Code
時間割番号 / Course Number
70154 科目ナンバリングとは
科目区分 / Category
総合a(現代を読み解く・世界
を読み解く) 講義形態 / Lecture Form
対象学生 / Assigned Year
全学生 適正人数 / Class Size
150 開講学期 / Semester
後期 曜日・時限 / Day ・Period
金曜・1限
単位数 / Credit
2 金沢,北陸,風土,自然,文化,地質,化石,古生物,地形,火山,日本海,動物,植生,海産物,イカ,雪,黄砂,大気,大気汚染,開発,地
盤災害,土木建造物,まちづくり,歴史資産,金沢人
キーワード / Keywords
Kanazawa, Hokuriku, Nature and Environment, Culture, Geology, Fossils, Landscape, Volcanoes, Sea of Japan, Birds,
Mammals, Vegetation, Marine Products, Snow, Kosa, Air Pollution, Land Deformation, Infrastructures, Community
Development, Cultural Heritage, People in Kanazawa
●「共通教育科目」の時間割番号は、平成17年度以前入学者は頭の数字を「7」ではなく「9」として履修登録してください。
授業の主題 / Topic
金沢を特徴づけるのは文化ばかりではない.金沢には豊かで変化に富んだ気候があり自然がある.このような風土があってこそはぐくまれた金沢の
文化であるともいえる.そこでこの授業では,風土と文化との密接なかかわりを金沢という地で学び考えることを主題とする.自然科学のさまざま
な視点から金沢の風土をまず学び考えたうえで,金沢の文化を自分なりにとらえてもらいたい.そして,それぞれに自分なりの金沢像をみつけても
らいたい.
In spite of Kanazawa is a famous city due to its unique traditional cultures in Japan, there is a rich and variegated natural environment. In other words,
the unique culture of Kanazawa has been created on the basis of various natural environments in and around the city. In order to understand the
cultural background of the city, this course provides a sound knowledge of natural environment from various scientific fields. Topics related to human
activities will be explained. Finally, culture and characteristics of the people of Kanazawa will be offered to help students grasp the cultural
background of the city.
授業の目標 / Objective
この授業の目標を「金沢をとりまく自然をさまざまな視点から紹介し,金沢の文化をはぐくんだ風土の理解を求める」とする.
The main aim of this course is to enable students to gain a basic knowledge of the natural environment of the area of Kanazawa and Hokuriku on the
basis of various scientific topics. It aims also to help students obtain a sound knowledge of background of the culture and characteristics of the
people of Kanazawa.
学生の学習目標 / Learning Outcomes
この授業における学生の学習目標を「自分たちの生活の基盤といえる金沢の風土について,自然科学のさまざまな視点から学び考える」とする.
At the end of this course, students should have a sound knowledge of natural environment of Kanazawa on the basis of various scientific topics and
information. Further, they will understand culture of the city and characteristics of the people which could be created by variegated natural
http://sab.adm.kanazawa-u.ac.jp/[2015/03/10 9:49:38]
金沢大学SYLLABUS
environment.
授業の概要 / Outline
第1週:授業の概要
第2週:金沢の文化と風土
第3週:金沢の地質
第4週:金沢の火山
第5週:金沢の古生物
第6週:金沢の植物
第7週:北陸の海の幸
第8週:北陸の野鳥
第9週:金沢の動物
第10週:金沢の雪
第11週:金沢と黄砂
第12週:金沢の大気汚染
第13週:金沢の地盤と土木建造物
第14週:金沢の歴史的資産を活かしたまちづくり
第15週:北陸の風土と金沢人
Week
Week
Week
Week
Week
Week
Week
Week
Week
Week
Week
Week
Week
Week
Week
1: Guidance and Introduction
2: Nature and Culture of Kanazawa
3: Geology of Kanazawa
4: Volcanoes in Kanazawa
5: Fossils of Kanazawa
6: Vegetation of Kanazawa
7: Marine Products of Hokuriku
8: Wild birds in Hokuriku
9: Animals in Kanazawa
10: Snow of Kanazawa
11: Kanazawa and Kosa
12: Air Pollution of Kanazawa
13: Ground and Buildings in Kanazawa
14: Community Development of Kanazawa
15: Nature of Hokuriku and People in Kanazawa
講義スケジュール / Schedule
第1回
回数
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回
第16回
テーマ
お知らせ事項
担当教員名
所属
塚脇 真二
長田 哲也
環日本海域環境研究センター 北陸放送㈱ 神谷 隆宏
自然システム学類 塚脇 真二
酒寄 淳史
木下 栄一郎
鈴木 信雄
木村 一也
水野 昭憲
竹井 巖
古内 正美
松木 篤
高原 利幸
小林 史彦
長田 哲也
塚脇 真二
環日本海域環境研究センター 学校教育学類 環日本海域環境研究センター 環日本海域環境研究センター 地域連携推進センター 石川県自然史資料館 北陸大学 環境デザイン学類 環日本海域環境研究センター 環境デザイン学類 環境デザイン学類 北陸放送㈱ 環日本海域環境研究センター 評価の方法 / Grading Method
※成績評価
Performance rating:
次項の項目及び割合で総合評価し、次のとおり判定する。
「S(達成度90%~100%)」、「A(同80%~90%未満)」、
「B(同70%~80%未満)」、「C(同60%~70%未満)」を合格とし、
「不可(同60%未満)」を不合格とする。(標準評価方法)
Grade will be decided holistically as below, based on the following terms/rates.
「S(Academic achievement 90%~100%)」,「A(over80%, less than90%)」,
「B(over 70%, less than80%)」, and「C(over60%, less than70%)」 are indicators of passing,
「不可(less than 60%)」is an indicator of failure.(Standard rating method)
評価の割合 / Grading Rate
授業には、3分の2以上の出席を必要とする。/Attendance to at least two-thirds of classes is required.
レポート/Report
80 %
出席状況/Attendance rate
20 %
http://sab.adm.kanazawa-u.ac.jp/[2015/03/10 9:49:38]
金沢大学SYLLABUS
テキスト・教材・参考書等 / Teaching Materials
●図書館検索ページへのリンク / The search page on the website of Kanazawa Univ. Library
必要な資料はプリントで配付する.
Handouts will be provided.
その他履修上の注意事項や学習上の助言 / Others
オフィスアワー等(学生からの質問への対応方法等) / Consultation Time
いつでも対応するが電子メールで事前に連絡すること.
Office hours are by appointment. Students are welcome to make an appointment.
Room 679 at the General Education Hall 2, Email: [email protected]
受講者数調整の方法 / Method for adjusting class size
抽選/Drawing lots
開放科目 / Subject of open
特記事項 / Special note
▲ページの先頭へ
4
担当部署:金沢大学・学生部・学務課
http://sab.adm.kanazawa-u.ac.jp/[2015/03/10 9:49:38]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
141 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content