close

Enter

Log in using OpenID

目 次 - Direkter Kontakt mit Gott

embedDownload
・1・目
次
私
た
ち
へ
の
連
絡
方
法
出
版
物
の
紹
介
ビ
ー
ガ
ン
へ
の
グ
ッ
ド
ニ
ュ
ー
ス
ビ
ー
ガ
ン
は
世
界
的
水
危
機
を
解
決
す
る
最
良
の
方
法
一
一 八 八 八
〇 八 五 二
動
物
の
苦
難
/
聖
人
と
菜
食
主
義
の
人
々
/
質
疑
応
答
健
康
と
栄
養
/
エ
コ
ロ
ジ
ー
と
環
境
/
世
界
の
飢
餓
ビ
ー
ガ
ン
(
完
全
菜
食
)
が
も
た
ら
す
利
益
五
つ
の
指
針
印
心
―
観
音
法
門
六 五 五
〇 八 五
超
世
界
の
一 ス 奥
九 プ 義
九
二
年
六
月
二
十
六
日
ニ
ュ
ー
ヨ
ー
ク
国
連
本
部
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
の
講
演
ス 序
プ
リ 文
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
の
プ
ロ
フ
ィ
ー
ル
目
次
一
一 八 三
小冊子無料ダウンロードサイト
即刻開悟の鍵(80 カ国語以上)
http://sb.godsdirectcontact.net/(Formosa) /(U.S.A.)
http://www.direkter-kontakt-mit-gott.org/download(Austria)
即刻開悟の鍵
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
い
け
ま
せ
ん
。
あ
な
た
の
心
の
中
に
神
が
い
る
こ
と
を
忘
れ
て
は
い
け
ま
せ
ん
。
が
備
わ
っ
て
い
る
こ
と
を
忘
れ
て
は
い
け
ま
せ
ん
。
あ
な
た
の
体
に
神
が
宿
っ
て
い
る
こ
と
を
忘
れ
て
スプリームマスター チンハイ ・2・
ら
に
知
識
や
智
慧
や
平
和
を
手
に
入
れ
る
こ
と
で
し
ょ
う
。
あ
な
た
の
内
面
に
あ
な
た
本
来
の
善
良
さ
シ
ョ
ン
を
す
る
の
で
す
。
そ
う
す
れ
ば
、
あ
な
た
は
自
分
自
身
と
こ
の
世
界
に
役
立
て
る
た
め
に
、
さ
こ
と
、
心
を
込
め
て
そ
れ
を
行
う
と
い
う
こ
と
で
す
。
責
任
を
持
ち
、
そ
し
て
ま
た
毎
日
メ
デ
ィ
テ
ー
私
た
ち
の
教
え
と
い
う
の
は
、
あ
な
た
が
こ
の
世
界
で
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
こ
と
は
何
で
も
行
う
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
地
位
に
い
た
と
し
て
も
、
私
た
ち
は
決
し
て
満
足
す
る
こ
と
は
で
き
ま
せ
ん
。
す
。
こ
れ
ら
を
手
に
入
れ
な
け
れ
ば
、
た
と
え
ど
れ
だ
け
お
金
や
権
力
が
あ
っ
て
も
、
ど
ん
な
に
高
い
そ
れ
は
私
た
ち
の
永
遠
の
調
和
、
永
遠
の
智
慧
、
そ
し
て
万
能
の
パ
ワ
ー
を
内
面
で
認
識
す
る
こ
と
で
や
天
国
の
願
望
を
満
足
さ
せ
た
り
、
実
現
さ
せ
た
り
す
る
も
の
す
べ
て
が
神
の
王
国
か
ら
来
る
の
で
す
。
内
面
の
平
和
を
得
る
こ
と
に
よ
り
、
私
た
ち
は
他
の
す
べ
て
の
も
の
を
得
る
で
し
ょ
う
。
こ
の
世
界
で
構
い
ま
せ
ん
。
何
で
も
結
構
で
す
。
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
そ
れ
を
仏
教
、
カ
ト
リ
ッ
ク
、
道
教
と
呼
ん
で
も
、
あ
る
い
は
あ
な
た
の
好
き
な
ど
ん
な
名
前
で
呼
ん
私
は
仏
教
に
も
カ
ト
リ
ッ
ク
に
も
属
し
ま
せ
ん
。
私
は
真
理
に
属
し
、
真
理
を
伝
え
て
い
る
の
で
す
。
・3・ 序
文
ジ
ア
生
ま
れ
で
す
が
、
多
く
の
西
洋
人
は
、
自
分
た
ち
の
救
世
主
は
彼
ら
西
洋
人
の
よ
う
に
見
え
る
こ
と
を
期
の
仏
教
徒
や
そ
の
他
の
人
々
も
、
女
性
は
仏
陀
に
な
れ
な
い
と
い
う
迷
信
を
信
じ
て
い
る
の
で
す
。
彼
女
は
ア
待
し
て
い
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
私
た
ち
は
世
界
中
の
さ
ま
ざ
ま
な
国
か
ら
来
て
、
異
な
る
宗
教
背
景
を
持
っ
て
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
、
在
世
の
聖
人
と
し
て
広
く
認
め
ら
れ
に
く
い
方
で
す
。
彼
女
は
女
性
で
す
。
多
く
そ
の
う
ち
の
一
人
が
、
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
な
の
で
す
。
今
日
、
私
た
ち
の
そ
ば
に
い
る
の
で
す
。
け
れ
ど
も
、
ほ
と
ん
ど
の
人
は
彼
ら
の
存
在
を
ま
だ
知
り
ま
せ
ん
。
性
の
偉
大
さ
も
、
道
徳
的
な
純
粋
さ
も
、
人
類
を
向
上
さ
せ
る
力
も
ま
っ
た
く
過
去
の
聖
人
と
同
じ
人
々
が
、
な
言
葉
が
使
わ
れ
て
い
ま
す
が
、
本
質
的
に
は
す
べ
て
同
じ
も
の
で
す
。
同
じ
神
の
源
か
ら
や
っ
て
来
た
、
霊
悟
り
、
解
脱
あ
る
い
は
覚
醒
と
い
う
こ
と
を
、
私
た
ち
に
提
供
す
る
た
め
に
や
っ
て
来
た
の
で
す
。
さ
ま
ざ
ま
神
な
る
母
、
メ
ッ
セ
ン
ジ
ャ
ー
、
導
師
(
グ
ル
)
、
在
世
の
聖
人
な
ど
で
す
。
彼
ら
は
い
わ
ゆ
る
開
悟
、
救
済
、
ま
ざ
ま
な
名
前
で
呼
ば
れ
ま
し
た
。
マ
ス
タ
ー
、
神
仏
の
化
身
、
悟
っ
た
人
、
救
世
主
キ
リ
ス
ト
、
メ
シ
ア
、
ま
り
知
ら
れ
て
い
な
い
人
や
、
無
名
の
ま
ま
の
人
も
い
ま
し
た
。
こ
の
人
た
ち
は
さ
ま
ざ
ま
な
国
や
時
代
で
さ
し
た
。
こ
の
三
人
は
大
変
有
名
で
す
が
、
名
前
の
知
ら
な
い
人
も
た
く
さ
ん
い
ま
す
。
公
に
教
え
て
い
て
も
あ
る
稀
有
な
人
々
が
い
ま
し
た
。
釈
迦
牟
尼
仏
、
マ
ホ
メ
ッ
ト
と
と
も
に
、
イ
エ
ス
・
キ
リ
ス
ト
も
そ
の
一
人
で
い
つ
の
時
代
に
も
、
人
類
の
霊
性
の
向
上
と
い
う
た
っ
た
一
つ
の
目
的
の
た
め
に
、
私
た
ち
の
も
と
を
訪
れ
序
文
即刻開悟の鍵
す
る
人
々
だ
け
が
到
達
で
き
る
と
い
う
も
の
で
は
な
い
と
言
っ
て
い
ま
す
。
彼
女
の
仕
事
は
、
私
た
ち
が
普
通
言
っ
て
い
ま
す
。
そ
し
て
、
開
悟
と
は
、
奥
義
で
も
手
の
届
か
な
い
も
の
で
も
な
く
、
ま
た
、
社
会
か
ら
隠
遁
現
世
で
本
当
に
幸
福
に
な
る
た
め
に
は
、
自
身
の
内
な
る
神
の
存
在
を
発
見
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
と
彼
女
は
スプリームマスター チンハイ ・4・
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
、
内
在
の
静
観
や
祈
り
の
修
行
法
の
重
要
性
を
教
え
て
い
ま
す
。
け
と
な
る
こ
と
を
願
っ
て
、
こ
の
入
門
書
を
提
供
し
ま
す
。
ち
の
マ
ス
タ
ー
を
通
し
て
で
あ
ろ
う
と
な
か
ろ
う
と
、
あ
な
た
自
身
が
少
し
で
も
神
の
至
福
を
体
験
で
き
る
助
無
上
の
マ
ス
タ
ー
の
弟
子
、
ま
た
は
、
彼
女
の
法
門
(
観
音
法
門
)
の
修
行
仲
間
で
あ
る
私
た
ち
は
、
私
た
な
ら
、
お
許
し
く
だ
さ
い
。
私
た
ち
は
見
た
こ
と
、
知
っ
て
い
る
こ
と
を
、
黙
っ
て
い
る
の
が
難
し
い
の
で
す
。
こ
に
あ
る
こ
と
を
私
た
ち
は
知
っ
て
い
ま
す
。
私
た
ち
が
熱
狂
的
す
ぎ
て
、
あ
な
た
の
理
性
的
な
心
を
害
し
た
の
解
決
策
は
、
私
た
ち
の
内
に
あ
り
、
私
た
ち
が
気
づ
く
の
を
待
っ
て
い
る
の
で
す
。
天
国
は
ま
さ
に
す
ぐ
そ
こ
の
朗
報
が
あ
ま
り
広
く
知
ら
れ
て
い
な
い
こ
と
を
残
念
に
思
い
ま
す
。
人
生
に
お
い
て
も
が
い
て
い
る
こ
と
ワ
ー
を
体
験
し
た
私
た
ち
は
、
人
生
に
は
そ
れ
以
上
の
も
の
が
あ
る
こ
と
を
知
っ
て
い
る
の
で
す
。
そ
れ
で
、
ツ
、
テ
レ
ビ
や
最
新
の
ス
キ
ャ
ン
ダ
ル
な
ど
に
関
心
を
寄
せ
る
の
で
す
。
内
面
で
神
と
直
接
交
流
し
、
愛
の
パ
ち
は
自
分
の
生
活
や
愛
す
る
者
が
で
き
る
だ
け
快
適
に
な
る
よ
う
に
働
き
、
時
間
が
あ
れ
ば
、
政
治
、
ス
ポ
ー
人
々
は
生
計
を
立
て
、
物
質
的
な
要
求
を
満
た
す
た
め
に
、
ほ
と
ん
ど
の
時
間
を
費
や
し
て
い
ま
す
。
私
た
さ
ら
に
時
間
や
注
意
力
も
必
要
で
す
が
、
そ
の
他
に
は
何
も
い
り
ま
せ
ん
。
っ
て
い
ま
す
。
あ
な
た
が
こ
の
こ
と
を
知
る
に
は
、
偏
見
の
な
い
思
考
と
、
心
か
ら
の
誠
実
さ
が
必
要
で
す
。
い
ま
す
が
、
彼
女
を
知
り
、
彼
女
の
教
え
に
従
う
よ
う
に
な
り
、
み
な
彼
女
が
誰
で
ど
う
い
う
人
で
あ
る
か
知
・5・ 序
文
り
ま
せ
ん
。
彼
女
が
受
け
取
る
の
は
、
あ
な
た
の
苦
し
み
、
悲
し
み
、
痛
み
だ
け
で
す
が
、
そ
れ
も
あ
な
た
が
た
ち
に
与
え
る
た
め
に
こ
こ
に
い
る
の
で
す
。
そ
の
教
え
、
援
助
、
印
心
に
対
し
て
、
ど
ん
な
報
酬
も
受
け
取
望
ん
だ
場
合
だ
け
で
す
。
に
も
先
に
も
い
な
い
、
こ
の
世
の
誰
よ
り
も
最
良
の
友
達
な
の
で
す
。
彼
女
は
受
け
取
る
た
め
で
は
な
く
、
私
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
人
々
に
と
っ
て
、
母
で
あ
り
、
父
で
あ
り
、
最
愛
の
人
で
す
が
、
少
な
く
と
も
、
後
た
が
直
接
に
彼
女
に
会
う
の
が
一
番
完
璧
で
す
。
ら
の
情
報
媒
体
の
方
が
、
は
る
か
に
豊
か
に
彼
女
を
感
じ
さ
せ
て
く
れ
る
こ
と
で
し
ょ
う
。
も
ち
ろ
ん
、
あ
な
ル
の
テ
ー
プ
を
聞
く
か
、
ビ
デ
オ
テ
ー
プ
を
見
る
こ
と
を
ぜ
ひ
お
薦
め
し
ま
す
。
文
章
上
の
言
葉
よ
り
、
こ
れ
訳
さ
れ
、
そ
し
て
出
版
の
た
め
に
編
集
さ
れ
た
も
の
で
あ
る
こ
と
に
ご
注
意
く
だ
さ
い
。
そ
こ
で
、
オ
リ
ジ
ナ
お
よ
び
引
用
文
は
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
が
話
し
た
も
の
で
す
が
、
そ
れ
が
記
録
さ
れ
、
転
写
さ
れ
、
時
に
は
翻
こ
の
小
冊
子
は
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
の
教
え
の
入
門
書
で
す
。
こ
の
本
の
講
義
、
コ
メ
ン
ト
て
自
ら
の
悟
り
を
提
供
し
て
い
る
の
で
す
。
は
自
分
に
従
う
よ
う
要
求
し
ま
せ
ん
。
人
々
が
自
分
自
身
で
完
全
な
解
脱
が
で
き
る
よ
う
に
、
た
だ
手
本
と
し
か
、
と
い
う
人
生
の
目
的
を
私
た
ち
に
思
い
出
さ
せ
る
た
め
に
、
時
々
、
誰
か
が
や
っ
て
来
る
の
で
す
」
。
彼
女
か
、
な
ぜ
神
や
仏
陀
、
あ
る
い
は
宇
宙
の
最
高
の
パ
ワ
ー
で
あ
る
と
思
う
人
は
誰
で
も
信
じ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
か
ら
、
な
ぜ
真
理
を
見
つ
け
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
か
、
な
ぜ
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
を
修
行
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
い
ま
す
。
「
つ
ま
り
、
私
た
ち
は
み
な
真
理
を
知
っ
て
い
ま
す
が
、
た
だ
そ
れ
を
忘
れ
た
だ
け
な
の
で
す
。
で
す
の
生
活
を
送
り
な
が
ら
、
私
た
ち
の
内
な
る
神
の
存
在
を
思
い
起
こ
さ
せ
る
こ
と
で
す
。
彼
女
は
こ
う
述
べ
て
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ ・6・
す 使 そ
。 う の
こ 島
と と
で 人
、 々
そ の
の 美
土 し
地 さ
と を
住 よ
人 り
に 完
霊 全
性 に
の 表
上 し
昇 て
と い
福 ま
報 す
を 。
も マ
た ス
ら タ
す ー
と は
感 こ
じ れ
て ら
い の
る 名
の 称
で を
ベ
ト
ナ
ム
の
古
称
で
「
幸
福
」
を
意
味
し
ま
す
。
ま
た
、
フ
ォ
ル
モ
サ
は
「
美
」
を
意
味
し
、
を
「
オ
ゥ
ラ
ッ
ク
」
、
台
湾
を
「
フ
ォ
ル
モ
サ
」
と
呼
ん
で
い
る
の
で
す
。
オ
ゥ
ラ
ッ
ク
は
美
を
表
現
す
る
こ
と
を
こ
よ
な
く
愛
し
て
い
ま
す
。
そ
う
い
う
わ
け
で
、
彼
女
は
ベ
ト
ナ
ム
霊
性
の
師
で
あ
り
、
芸
術
作
家
で
も
あ
る
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
、
内
面
の
メ
ッ
セ
ー
ジ
・7・ 甘露法語
の
電
話
は
切
ら
れ
た
ま
ま
な
の
で
す
。
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
っ
て
い
ま
す
。
神
は
毎
日
電
話
を
か
け
て
い
ま
す
が
、
私
た
ち
に
は
神
と
話
す
時
間
が
な
く
、
神
か
ら
り
に
忙
し
け
れ
ば
、
誰
も
あ
な
た
と
連
絡
が
取
れ
ま
せ
ん
。
神
と
の
間
で
も
こ
の
よ
う
な
こ
と
が
起
こ
が
あ
な
た
に
話
し
か
け
て
も
、
電
話
が
鳴
り
続
け
て
も
、
あ
な
た
が
料
理
や
、
他
の
人
と
の
お
し
ゃ
べ
私
た
ち
は
神
か
ら
引
き
離
さ
れ
て
い
ま
す
が
、
そ
れ
は
、
私
た
ち
が
忙
し
す
ぎ
る
か
ら
で
す
。
誰
か
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
が
あ
る
の
か
理
解
し
、
死
後
、
何
が
待
ち
受
け
て
い
る
の
か
が
わ
か
る
方
法
を
提
供
す
る
だ
け
で
す
。
見
つ
け
出
し
、
こ
の
地
球
で
の
使
命
を
思
い
出
し
、
宇
宙
の
秘
密
を
発
見
し
、
な
ぜ
こ
ん
な
に
も
苦
難
に
改
心
さ
せ
た
り
は
し
ま
せ
ん
。
私
は
た
だ
、
あ
な
た
が
自
分
自
身
を
知
り
、
ど
こ
か
ら
来
た
の
か
を
私
た
ち
の
道
は
宗
教
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
私
は
誰
を
も
カ
ト
リ
ッ
ク
や
仏
教
や
他
の
何
々
主
義
と
か
そ
れ
だ
け
で
す
。
そ
れ
が
マ
ス
タ
ー
の
唯
一
の
役
割
な
の
で
す
。
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
タ
ー
で
あ
り
、
あ
な
た
と
神
も
ま
た
一
体
で
あ
る
こ
と
を
認
識
す
る
手
助
け
を
し
て
く
れ
る
の
で
す
。
マ
ス
タ
ー
と
は
、
あ
な
た
が
マ
ス
タ
ー
に
な
る
た
め
の
鍵
を
持
っ
て
い
る
人
で
す
。
あ
な
た
も
マ
ス
即刻開悟の鍵
遂
げ
ま
し
た
。
達
法
を
探
し
出
し
た
の
で
す
。
ヒ
マ
ラ
ヤ
で
隠
遁
し
、
熱
心
に
観
音
法
門
を
修
行
し
た
後
、
彼
女
は
完
全
な
開
悟
を
長
い
年
月
の
試
練
、
困
難
、
苦
難
を
経
て
、
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
つ
い
に
ヒ
マ
ラ
ヤ
で
、
観
音
法
門
―
神
の
伝
スプリームマスター チンハイ ・8・
く
さ
ん
の
国
々
を
旅
し
て
回
り
ま
し
た
。
法
で
あ
る
と
認
識
し
た
の
で
す
。
こ
の
た
だ
一
つ
の
目
的
を
胸
に
、
彼
女
は
悟
り
を
得
る
完
璧
な
方
法
を
求
め
て
た
解
す
る
よ
う
に
な
り
ま
し
た
。
そ
し
て
ま
た
、
彼
女
自
身
が
完
全
に
開
悟
す
る
こ
と
が
、
人
々
を
助
け
る
最
良
の
方
た
。
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
一
人
の
人
間
が
人
間
の
苦
し
み
を
助
け
よ
う
と
す
る
こ
と
は
無
用
の
行
為
で
あ
る
と
理
し
求
め
ら
れ
る
限
り
の
師
や
マ
ス
タ
ー
の
指
示
の
下
で
、
様
々
な
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
法
や
精
神
修
行
を
学
び
ま
し
得
て
、
幼
い
頃
か
ら
の
理
想
を
実
現
す
る
た
め
、
悟
り
を
求
め
て
結
婚
生
活
を
後
に
し
ま
し
た
。
当
時
、
彼
女
は
探
女
は
赤
十
字
社
で
働
き
、
ド
イ
ツ
人
の
科
学
者
と
結
婚
し
ま
し
た
。
二
年
の
幸
せ
な
結
婚
生
活
の
後
、
夫
の
同
意
を
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
十
八
歳
の
時
イ
ギ
リ
ス
に
留
学
し
、
そ
の
後
フ
ラ
ン
ス
、
ド
イ
ツ
へ
と
渡
り
ま
し
た
。
彼
き
物
に
対
し
て
並
々
な
ら
ぬ
慈
悲
に
溢
れ
た
態
度
を
示
し
て
い
ま
し
た
。
女
は
幼
い
頃
か
ら
、
哲
学
や
宗
教
の
教
え
に
つ
い
て
並
外
れ
た
興
味
を
持
っ
て
い
ま
し
た
。
同
時
に
、
す
べ
て
の
生
療
法
医
で
し
た
。
彼
女
は
カ
ト
リ
ッ
ク
教
徒
と
し
て
育
ち
ま
し
た
が
、
仏
教
の
基
礎
は
祖
母
か
ら
学
び
ま
し
た
。
彼
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
オ
ゥ
ラ
ッ
ク
(
ベ
ト
ナ
ム
)
の
裕
福
な
家
に
生
ま
れ
、
父
親
は
と
て
も
評
判
の
高
い
自
然
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
の
プ
ロ
フ
ィ
ー
ル
・9・ プロフィール
チ
ュ
ア
ル
な
指
導
を
し
て
い
ま
す
。
学
び
、
修
行
し
た
い
と
誠
実
に
願
う
人
々
に
対
し
、
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
喜
ん
で
印
心
を
授
け
、
さ
ら
に
ス
ピ
リ
と
訪
れ
て
来
て
い
ま
す
。
彼
女
自
ら
が
無
上
の
も
の
と
な
る
こ
と
を
実
証
し
た
、
即
刻
開
悟
の
方
法
―
観
音
法
門
を
今
日
、
ま
す
ま
す
多
く
の
真
理
の
追
究
者
た
ち
が
、
彼
女
の
無
上
の
智
慧
を
求
め
て
、
国
や
宗
教
を
超
え
て
続
々
求
道
者
に
対
し
て
印
心
を
与
え
ま
し
た
。
よ
っ
て
、
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
世
界
中
で
講
演
を
す
る
よ
う
に
な
り
ま
し
た
。
そ
し
て
、
何
万
も
の
誠
実
な
精
神
を
ず
っ
と
隠
し
続
け
て
い
ま
し
た
。
フ
ォ
ル
モ
サ
(
台
湾
)
、
ア
メ
リ
カ
の
初
期
の
弟
子
た
ち
の
強
い
懇
願
と
努
力
に
ま
し
た
。
本
来
恥
ず
か
し
が
り
屋
で
、
人
々
が
彼
女
の
教
え
と
印
心
を
探
し
求
め
て
や
っ
て
来
る
ま
で
、
そ
の
宝
物
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
悟
り
を
開
い
た
後
、
数
年
は
仏
教
の
尼
僧
と
し
て
静
か
に
目
立
た
な
い
生
活
を
送
っ
て
い
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・10・
世界は苦悩にあふれている
私だけがあなたで満たされている
あなたがこの世界にいれば
すべての苦悩は消えてしまうだろう
でも、世界は苦悩であふれているから
あなたに居場所を見つけてあげられない
私は、この宇宙の
太陽も月も星もみな売ってしまった
ただ、あなたの美しいまなざしを買うために
ああ、限りなき光の師よ
恵み深き方よ
渇望している私の心に光を放ってください
世間の人々は夜ごと歌に踊りに出かける
世俗の光と音のもとへと
私だけひとり恍惚の中に座り
内在の光とメロディーに身を任せている
ああ神よ、あなたの栄光を知ってから
私はこの世の何も愛せない
私を抱きしめて
あなたの愛の恵みの中で
永遠に! アーメン
詩集~沈黙の涙より
スプリームマスター チンハイ
・11・ 超世界の奥義
事
で
す
。
け
れ
ど
も
、
そ
れ
ほ
ど
多
く
の
人
が
経
典
に
明
記
さ
れ
た
こ
の
よ
う
な
境
界
(
き
ょ
う
が
い
)
に
到
達
界
、
異
な
る
意
識
レ
ベ
ル
、
内
在
の
神
の
王
国
、
仏
性
が
あ
る
と
述
べ
ら
れ
て
い
ま
す
が
、
こ
れ
ら
は
超
世
界
の
私
た
ち
は
み
な
、
そ
の
事
に
つ
い
て
さ
ま
ざ
ま
な
種
類
の
宗
教
の
聖
典
や
経
典
で
知
っ
て
い
ま
す
。
七
つ
の
天
学
的
で
論
理
に
か
な
っ
て
い
て
、
そ
の
上
、
非
常
に
重
要
な
も
の
で
す
。
そ
れ
は
、
先
程
私
の
弟
子
が
話
し
た
神
秘
的
な
体
験
や
、
信
じ
難
い
幻
想
の
よ
う
な
も
の
で
は
な
く
、
非
常
に
科
を
超
え
た
も
の
が
存
在
す
る
の
で
す
。
こ
こ
に
来
ら
れ
た
方
全
員
が
知
り
た
い
と
思
っ
て
い
る
こ
と
で
し
ょ
う
。
て
は
、
み
な
さ
ん
す
べ
て
ご
存
じ
で
す
か
ら
、
こ
れ
以
上
話
し
た
い
と
は
思
い
ま
せ
ん
。
け
れ
ど
も
、
こ
の
世
界
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
今
日
の
講
演
の
テ
ー
マ
は
、
「
超
世
界
の
奥
義
」
で
す
。
こ
の
世
界
の
事
に
つ
い
す
よ
う
に
。
望
む
も
の
は
す
べ
て
与
え
ら
れ
る
と
信
じ
て
い
ま
す
。
聖
書
に
そ
う
あ
り
ま
す
か
ら
。
軍
人
、
各
国
政
府
の
指
導
者
、
も
ち
ろ
ん
国
連
の
指
導
者
の
望
み
も
か
な
い
ま
す
よ
う
に
。
共
に
平
和
に
暮
せ
ま
ち
足
り
て
い
な
い
人
々
に
も
、
私
た
ち
と
同
様
に
与
え
ら
れ
ま
す
よ
う
に
。
世
界
中
の
難
民
、
戦
争
の
犠
牲
者
、
祈
り
く
だ
さ
い
。
私
た
ち
が
所
有
し
て
い
る
も
の
、
与
え
ら
れ
た
も
の
に
心
か
ら
感
謝
い
た
し
ま
す
。
ま
た
、
満
み
な
さ
ん
、
よ
う
こ
そ
国
連
に
い
ら
っ
し
ゃ
い
ま
し
た
。
ど
う
ぞ
、
ご
自
分
の
信
仰
の
仕
方
で
私
と
一
緒
に
お
超
世
界
の
奥
義
ニ
ュ
ー
ヨ
ー
ク
国
連
本
部
に
お
け
る
英
語
の
講
演
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
一
九
九
二
年
六
月
二
十
六
日
即刻開悟の鍵
ル
に
到
達
で
き
る
の
だ
そ
う
で
す
。
高
い
知
識
と
智
慧
を
も
た
ら
し
て
く
れ
る
そ
う
で
す
か
ら
、
と
て
も
素
晴
ら
こ
の
種
の
機
械
は
あ
な
た
を
リ
ラ
ッ
ク
ス
さ
せ
、
精
神
状
態
を
リ
ラ
ッ
ク
ス
さ
せ
て
、
そ
れ
で
高
い
I
Q
レ
ベ
入
り
た
い
と
い
う
怠
け
者
の
た
め
の
機
械
で
す
。
ご
存
じ
な
け
れ
ば
簡
単
に
紹
介
し
ま
し
ょ
う
。
スプリームマスター チンハイ ・12・
四
〇
〇
ド
ル
か
ら
七
〇
〇
ド
ル
で
す
。
こ
れ
は
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
は
し
た
く
な
い
が
、
す
ぐ
に
サ
マ
デ
ィ
ー
に
と
が
あ
り
ま
す
か
。
今
、
ア
メ
リ
カ
で
売
り
出
し
中
で
、
値
段
は
み
な
さ
ん
の
望
む
レ
ベ
ル
に
よ
っ
て
異
な
り
、
最
近
、
ア
メ
リ
カ
で
サ
マ
デ
ィ
ー
に
入
る
た
め
の
機
械
が
発
明
さ
れ
た
そ
う
で
す
が
、
み
な
さ
ん
は
使
っ
た
こ
方
法
が
わ
か
り
さ
え
す
れ
ば
、
私
た
ち
は
そ
こ
に
到
達
で
き
る
の
で
す
。
ら
、
古
代
の
人
々
は
そ
れ
を
天
国
と
呼
び
ま
し
た
が
、
科
学
的
に
は
高
い
レ
ベ
ル
の
知
識
と
智
慧
と
言
え
ま
す
。
神
の
王
国
と
い
う
と
非
常
に
宗
教
的
で
す
が
、
実
際
は
高
い
、
あ
る
意
識
レ
ベ
ル
の
事
に
す
ぎ
ま
せ
ん
。
で
す
か
そ
れ
は
ま
さ
に
、
私
た
ち
に
は
そ
れ
ら
す
べ
て
が
あ
る
の
で
、
あ
と
は
神
の
王
国
を
心
配
す
る
だ
け
だ
か
ら
で
す
。
ら
げ
る
家
が
あ
り
、
愛
す
る
家
族
が
い
る
に
も
か
か
わ
ら
ず
、
な
ぜ
神
の
王
国
の
事
が
気
に
な
る
の
で
し
ょ
う
。
そ
れ
で
は
神
の
王
国
と
は
ど
ん
な
所
で
し
ょ
う
。
私
た
ち
に
は
す
で
に
こ
の
世
で
の
仕
事
や
職
業
が
あ
り
、
安
見
た
こ
と
が
あ
る
の
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
超
世
界
か
ら
戻
っ
て
来
た
人
が
書
い
た
本
を
読
ん
だ
こ
と
が
あ
る
か
、
あ
る
い
は
、
彼
ら
自
身
神
の
王
国
を
垣
間
本
人
が
撮
っ
た
映
画
も
全
部
フ
ィ
ク
シ
ョ
ン
だ
と
い
う
こ
と
で
も
あ
り
ま
せ
ん
。
そ
う
い
う
人
々
は
、
お
そ
ら
く
る
で
し
ょ
う
。
ま
た
、
ア
メ
リ
カ
人
が
撮
っ
た
映
画
は
す
べ
て
が
フ
ィ
ク
シ
ョ
ン
だ
と
い
う
わ
け
で
は
な
く
、
日
い
の
で
す
。
あ
な
た
が
ア
メ
リ
カ
に
い
る
な
ら
、
超
世
界
の
事
を
書
い
た
多
く
の
本
を
読
む
機
会
が
た
く
さ
ん
あ
と
比
較
し
て
も
、
内
在
の
神
の
王
国
に
到
達
し
た
人
や
、
い
わ
ゆ
る
「
超
世
界
」
を
経
験
し
た
人
は
非
常
に
少
な
す
る
わ
け
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
全
く
い
な
い
と
は
言
え
ま
せ
ん
が
、
そ
れ
ほ
ど
多
く
あ
り
ま
せ
ん
。
世
界
の
人
口
・13・ 超世界の奥義
界
へ
入
る
方
法
で
す
。
上
げ
ま
す
。
雑
音
も
な
く
、
故
障
も
な
く
、
お
金
も
か
か
り
ま
せ
ん
し
、
不
快
感
も
あ
り
ま
せ
ん
。
こ
れ
が
超
世
ら
か
の
光
で
輝
き
ま
す
し
、
音
も
聞
こ
え
ま
す
。
そ
の
音
は
振
動
力
の
一
種
で
、
私
た
ち
を
高
い
レ
ベ
ル
に
押
し
放
た
れ
ま
す
。
で
す
か
ら
、
私
た
ち
が
高
速
で
超
世
界
へ
入
る
時
も
、
私
た
ち
は
光
を
放
ち
ま
す
。
え
え
、
い
く
常
に
大
き
な
推
進
力
が
必
要
で
す
。
そ
し
て
、
ロ
ケ
ッ
ト
が
と
て
も
速
い
速
度
で
飛
行
す
る
時
に
も
多
少
の
光
が
そ
れ
は
物
理
の
法
則
と
同
じ
だ
と
思
い
ま
す
。
ロ
ケ
ッ
ト
が
地
球
の
引
力
か
ら
脱
出
す
る
時
、
背
後
か
ら
の
非
超
世
界
へ
と
押
し
上
げ
ら
れ
、
よ
り
深
い
意
識
レ
ベ
ル
に
入
っ
て
行
け
る
の
で
す
。
の
天
国
の
音
楽
で
あ
り
、
内
在
の
天
国
の
音
で
す
。
こ
の
音
楽
、
内
在
の
音
と
光
の
強
さ
に
応
じ
て
、
私
た
ち
は
想
像
で
き
ま
す
か
。
本
物
は
超
世
界
の
も
の
で
す
が
、
接
触
し
た
い
な
ら
、
誰
に
で
も
可
能
で
す
。
こ
れ
が
内
在
I
Q
を
高
め
る
こ
と
が
で
き
る
の
で
す
か
ら
、
本
物
な
ら
私
た
ち
の
智
慧
に
対
し
て
ど
れ
ほ
ど
の
助
け
に
な
る
か
ム
に
な
り
、
売
れ
行
き
も
い
い
そ
う
で
す
。
こ
う
い
っ
た
人
工
の
も
の
で
さ
え
、
私
た
ち
を
リ
ラ
ッ
ク
ス
さ
せ
、
使
う
は
ず
で
す
。
私
は
新
聞
で
読
ん
だ
だ
け
で
試
し
た
こ
と
は
あ
り
ま
せ
ん
が
。
そ
う
い
う
理
由
で
非
常
に
ブ
ー
た
と
え
人
工
の
光
と
音
楽
で
あ
っ
て
も
、
こ
ん
な
に
も
リ
ラ
ッ
ク
ス
さ
せ
、
賢
く
す
る
の
で
す
か
ら
、
人
々
は
る
必
要
も
な
く
、
機
械
の
故
障
の
心
配
や
修
理
の
必
要
も
あ
り
ま
せ
ん
。
続
し
ま
す
。
そ
し
て
、
バ
ッ
テ
リ
ー
の
充
電
や
電
気
も
必
要
な
く
、
コ
ン
セ
ン
ト
を
差
し
込
ん
だ
り
抜
い
た
り
す
と
て
も
安
い
で
す
。
け
れ
ど
も
、
私
た
ち
の
サ
マ
デ
ィ
ー
は
も
っ
と
安
く
、
費
用
は
か
か
り
ま
せ
ん
。
し
か
も
永
イ
ヤ
ホ
ン
と
目
隠
し
、
サ
マ
デ
ィ
ー
に
必
要
な
も
の
は
そ
れ
だ
け
で
す
。
と
て
も
い
い
で
す
ね
。
四
〇
〇
ド
ル
は
れ
か
ら
、
弱
い
電
流
を
流
し
て
そ
の
刺
激
を
受
け
、
閃
光
を
見
る
そ
う
で
す
。
で
す
か
ら
、
目
隠
し
も
必
要
で
す
。
し
い
と
感
じ
る
で
し
ょ
う
。
選
ば
れ
た
何
曲
か
の
外
在
の
音
楽
を
使
い
ま
す
の
で
、
イ
ヤ
ホ
ン
が
必
要
で
す
。
そ
即刻開悟の鍵
え
な
い
も
の
が
見
え
る
こ
と
も
あ
り
ま
す
。
少
な
く
と
も
六
種
類
の
超
能
力
が
あ
り
ま
す
。
普
通
の
境
界
(
き
ょ
の
超
能
力
に
誘
惑
さ
れ
、
そ
れ
を
手
に
入
れ
る
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
そ
う
す
れ
ば
、
病
気
を
治
せ
て
、
他
人
の
見
ス
ト
ラ
ル
界
で
は
、
た
く
さ
ん
の
い
わ
ゆ
る
超
能
力
を
目
に
す
る
で
し
ょ
う
。
そ
し
て
、
お
そ
ら
く
私
た
ち
は
そ
スプリームマスター チンハイ ・14・
あ
り
ま
す
。
そ
れ
は
大
学
の
授
業
へ
の
理
解
度
を
表
し
て
い
て
、
徐
々
に
卒
業
へ
と
向
か
っ
て
い
く
の
で
す
。
ア
ょ
う
ど
私
た
ち
が
大
学
に
進
む
の
と
同
じ
で
す
。
大
学
を
卒
業
す
る
ま
で
、
進
級
の
過
程
で
そ
れ
ぞ
れ
の
学
年
が
の
レ
ベ
ル
が
あ
り
、
各
レ
ベ
ル
が
一
つ
の
世
界
を
造
り
、
そ
れ
が
私
た
ち
の
意
識
レ
ベ
ル
を
表
し
て
い
ま
す
。
ち
し
高
い
世
界
の
事
を
、
「
ア
ス
ト
ラ
ル
(
阿
修
羅
)
世
界
」
と
言
い
ま
す
。
ア
ス
ト
ラ
ル
界
だ
け
で
も
一
〇
〇
以
上
で 場 の 回 体 あ 給 誰 ど す
私 す 合 で 、 験 な 料 も も べ 私
た 。 そ 、 あ し た だ 私 、 て た
ち
れ 努 る た を け た 私 で ち
の
ほ 力 い 人 満 を ち た す の
世
ど し は の 腹 あ の ち 。 世
界
長 な 数 話 に な 代 は い 界
を
く く 日 は さ た わ そ っ よ
超
は て は 聞 せ に り れ た り
え
続 も 体 け ら あ に を ん 素
る
き 、 験 ま れ げ 体 根 体 晴
と
ま と が す る た 験 気 験 ら
、
せ て あ が 人 り す よ す し
た
ん も る 、 な し る く れ い
く
。 自 か そ ど な こ 持 ば 超
さ
で 然 も こ い い と 続 わ 世
ん
す に し か ま の は さ か 界
の
か 光 れ ら せ と で せ り と
異
ら を ま は ん 同 き 、
本 ま は
な
じ な 当 す 何
、 見 せ さ 。
で
る
私 た ん ほ す こ い に 。 で
世
た り が ど か と の 誠 実 し
界
ち 、 、 多 ら で で 実 際 ょ
が
は 音 そ く 、 す す に 、 う
あ
自 を れ の 修 。 。 な 誰 。
り
分 聞 は 体 行 同 誰 ら 一 私
ま
で い 神 験 は 様 も な 人 た
す
体 た を を 自 に あ け 正 ち
。
験 り 体 得 分 、 な れ 確 が
例
し す 験 る で あ た ば に 想
え
、 る し こ し な の い 話 像
ば
修 か た と な た 代 け す で
、
行 も 人 は け の わ ま こ き
私
し し の で れ 代 り せ と る
た
な れ パ き ば わ に ん は も
ち
け ま ワ ま な り 国 。 で の
の
れ せ ー せ ら に 連
そ き 、
世
ば ん に ん な 食 で
う ま で
界
な が よ 。 い 事 仕
す せ き
よ
ら 、 る 一 の を 事
る ん な
を
り
な 多 も 回 で し し 以 。 い
も
い く の か す て て 外 け も
少
の の な 二 。 、 、 、 れ の
・15・ 超世界の奥義
や
キ
ャ
ン
デ
ィ
ー
や
食
べ
た
こ
と
の
な
い
も
の
に
つ
い
て
ま
で
聞
く
必
要
は
な
い
で
し
ょ
う
。
で
す
か
ら
、
私
は
も
ち
ろ
ん
、
時
間
の
関
係
で
す
べ
て
を
お
話
し
す
る
こ
と
は
で
き
ま
せ
ん
し
、
す
べ
て
の
美
し
い
も
の
、
ケ
ー
キ
さ
て
、
よ
り
高
い
レ
ベ
ル
へ
行
く
と
、
私
た
ち
は
さ
ら
に
多
く
の
も
の
を
見
た
り
、
手
に
入
れ
た
り
し
ま
す
。
と
で
す
。
気
が
付
け
ば
動
き
出
し
、
使
う
こ
と
が
で
き
ま
す
。
こ
れ
が
第
一
界
の
ち
ょ
っ
と
し
た
情
報
で
す
。
は
、
実
際
に
は
神
の
贈
り
物
で
は
な
く
、
本
来
私
た
ち
に
備
わ
っ
て
い
る
も
の
で
、
そ
れ
に
気
付
い
た
だ
け
の
こ
す
。
こ
の
よ
う
な
事
は
実
に
物
質
的
利
益
で
す
が
、
第
一
界
の
意
識
レ
ベ
ル
で
得
ら
れ
ま
す
。
こ
う
い
っ
た
も
の
は
一
例
で
す
が
、
今
ま
で
は
プ
ロ
の
作
家
で
は
あ
り
ま
せ
ん
で
し
た
が
、
今
は
筆
を
下
ろ
せ
ば
文
が
書
け
る
の
で
し
な
か
っ
た
の
で
す
。
こ
れ
が
第
一
界
で
す
。
そ
し
て
、
美
し
い
詩
や
文
章
が
書
け
る
よ
う
に
な
り
ま
す
。
こ
れ
に
な
り
、
今
ま
で
で
き
な
か
っ
た
事
が
で
き
る
よ
う
に
な
り
ま
す
。
前
は
そ
の
よ
う
な
事
が
で
き
る
と
は
考
え
も
智
慧
、
時
に
は
他
の
多
く
の
も
の
だ
っ
た
り
し
ま
す
。
私
た
ち
は
詩
を
書
い
た
り
、
絵
を
描
い
た
り
で
き
る
よ
う
ら
さ
れ
ま
す
。
多
く
の
能
力
は
天
か
ら
の
贈
り
物
の
よ
う
な
も
の
で
、
時
に
は
経
済
的
に
、
時
に
は
仕
事
上
で
の
る
こ
と
が
で
き
ま
す
。
ま
た
、
他
人
の
知
ら
な
い
た
く
さ
ん
の
事
を
知
り
、
た
く
さ
ん
の
も
の
が
私
た
ち
に
も
た
が
第
一
界
に
到
達
す
る
と
、
た
く
さ
ん
の
能
力
が
身
に
付
き
、
以
前
に
は
な
か
っ
た
文
学
的
な
才
能
を
発
達
さ
せ
な
い
た
く
さ
ん
の
レ
ベ
ル
が
あ
り
ま
す
。
例
え
ば
、
印
心
の
後
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
を
し
て
、
私
た
ち
の
レ
ベ
ル
こ
の
第
一
界
に
は
す
で
に
お
話
し
し
ま
し
た
よ
う
に
、
も
っ
と
た
く
さ
ん
の
異
な
る
レ
ベ
ル
、
言
葉
で
は
表
せ
た
ち
が
神
の
王
国
の
第
一
界
に
到
達
し
た
時
で
す
。
を
見
抜
き
、
何
を
考
え
て
い
る
か
わ
か
る
こ
と
も
あ
り
ま
す
。
時
々
、
こ
う
し
た
パ
ワ
ー
が
得
ら
れ
る
の
は
、
私
は
距
離
の
制
限
を
受
け
ま
せ
ん
。
こ
れ
が
、
い
わ
ゆ
る
天
耳
、
天
眼
と
い
う
も
の
で
す
。
そ
し
て
、
他
人
の
考
え
う
が
い
)
を
超
え
た
境
界
を
見
る
こ
と
が
で
き
、
時
空
の
制
限
を
超
え
た
音
を
聞
く
こ
と
が
で
き
ま
す
。
私
た
ち
即刻開悟の鍵
で
す
か
ら
、
誰
も
こ
の
能
力
を
自
慢
す
べ
き
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
過
去
、
現
在
、
未
来
が
見
え
て
も
、
そ
れ
は
未
来
が
見
え
、
完
全
な
弁
舌
能
力
が
つ
い
た
だ
け
で
す
。
ま
だ
、
神
の
王
国
の
終
点
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
ら
し
く
思
い
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
実
際
は
第
二
界
に
到
達
し
た
だ
け
で
す
。
そ
れ
は
、
見
た
い
人
の
過
去
、
現
在
、
スプリームマスター チンハイ ・16・
常
に
傲
慢
に
な
る
で
し
ょ
う
。
え
え
、
自
分
が
生
き
仏
で
あ
る
と
自
認
し
、
弟
子
た
ち
は
彼
を
仏
陀
と
呼
び
、
誇
い
の
人
は
開
悟
し
た
人
を
仏
陀
と
呼
び
ま
す
。
そ
の
人
が
ま
だ
第
二
界
を
超
え
て
い
な
か
っ
た
ら
、
お
そ
ら
く
非
な
さ
ん
に
仏
陀
だ
け
を
紹
介
す
る
つ
も
り
は
あ
り
ま
せ
ん
。
も
っ
と
た
く
さ
ん
あ
り
ま
す
。
で
す
か
ら
、
た
い
て
陀
の
レ
ベ
ル
は
、
ま
さ
に
そ
う
い
う
こ
と
で
す
。
こ
れ
で
終
わ
り
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
ま
だ
あ
り
ま
す
。
私
は
み
な
り
ま
す
。
「
仏
陀
(
ブ
ッ
ダ
)
」
と
い
う
言
葉
は
、
「
菩
提
(
ブ
ッ
デ
ィ
)
」
か
ら
き
て
い
ま
す
。
で
す
か
ら
、
仏
は
、
こ
の
レ
ベ
ル
を
知
性
の
レ
ベ
ル
を
意
味
す
る
、
「
菩
提
」
と
呼
び
ま
す
。
菩
提
に
到
達
し
た
ら
、
「
仏
陀
」
に
私
た
ち
の
内
に
本
来
備
わ
っ
て
い
る
智
慧
、
神
秘
的
な
パ
ワ
ー
、
天
の
パ
ワ
ー
が
開
か
れ
る
の
で
す
。
イ
ン
ド
で
そ
の
人
の
知
能
は
非
常
に
高
い
レ
ベ
ル
に
通
じ
て
い
る
か
ら
で
す
。
肉
体
の
頭
脳
が
発
達
す
る
だ
け
で
は
な
く
、
普
通
の
頭
脳
を
持
っ
た
一
般
の
人
の
知
能
は
平
凡
で
す
か
ら
、
こ
の
種
の
人
を
敵
に
す
る
こ
と
は
で
き
ま
せ
ん
。
り
、
そ
の
知
力
は
最
高
に
達
し
て
い
る
か
ら
で
す
。
界
に
達
し
た
人
に
、
口
で
勝
て
る
人
は
い
な
い
で
し
ょ
う
。
な
ぜ
な
ら
、
彼
に
は
優
れ
た
弁
舌
の
パ
ワ
ー
が
備
わ
つ
き
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
第
二
界
で
最
も
顕
著
に
上
達
す
る
も
の
は
「
雄
弁
さ
」
で
す
。
討
論
能
力
で
す
。
第
二
す
る
た
め
で
す
。
第
二
界
に
行
く
と
、
超
能
力
も
含
め
て
、
第
一
界
に
い
た
時
以
上
の
た
く
さ
ん
の
能
力
が
身
に
さ
あ
、
こ
の
レ
ベ
ル
を
少
し
超
え
る
と
第
二
界
へ
行
き
ま
す
。
「
第
二
界
」
と
呼
ぶ
の
は
、
た
だ
わ
か
り
や
す
く
物
の
食
べ
物
を
提
供
し
ま
し
ょ
う
。
え
え
、
み
な
さ
ん
が
そ
れ
を
食
べ
た
い
場
合
だ
け
で
す
。
ほ
ん
の
少
し
お
知
ら
せ
す
る
だ
け
で
す
。
み
な
さ
ん
が
自
分
で
味
わ
い
た
い
な
ら
、
ま
た
別
の
話
で
す
。
後
で
本
・17・ 超世界の奥義
後
か
ら
私
た
ち
を
傷
つ
け
よ
う
と
し
た
り
す
る
の
は
、
そ
れ
は
誤
解
か
、
私
た
ち
が
そ
の
人
に
何
か
失
礼
な
こ
と
て
も
簡
単
な
事
で
す
。
私
た
ち
が
知
ら
な
か
っ
た
と
し
て
も
、
隣
人
が
私
た
ち
に
反
抗
し
て
い
た
り
、
時
に
は
背
例
え
ば
、
今
ま
で
は
無
意
識
に
隣
人
を
傷
つ
け
て
い
た
と
し
て
も
、
今
な
ら
わ
か
り
ま
す
。
い
い
で
す
か
。
と
生
活
は
良
く
な
り
ま
す
。
直
し
、
私
た
ち
の
犯
し
た
過
去
の
間
違
い
を
清
算
す
る
こ
と
が
で
き
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
間
違
い
を
正
す
と
れ
た
の
で
、
あ
ら
ゆ
る
情
報
に
ア
ク
セ
ス
で
き
、
過
去
や
現
在
か
ら
必
要
な
も
の
を
取
り
出
し
て
調
整
し
、
や
り
ど
の
よ
う
に
通
じ
る
か
が
わ
か
る
か
ら
で
す
。
そ
し
て
、
私
た
ち
の
知
性
、
あ
る
い
は
「
菩
提
」
の
智
慧
が
開
か
癒
し
と
、
私
た
ち
の
生
活
を
も
っ
と
順
調
に
し
、
良
く
す
る
こ
と
が
で
き
る
よ
う
な
手
配
を
与
え
て
く
れ
る
源
と
、
す
べ
て
の
奇
跡
が
私
た
ち
の
身
に
起
こ
り
ま
す
。
な
ぜ
な
ら
、
私
た
ち
の
智
慧
が
開
か
れ
た
の
で
、
よ
り
高
度
な
か
ら
で
す
。
そ
し
て
、
形
容
し
難
い
多
く
の
事
が
わ
か
り
ま
す
。
望
む
、
望
ま
な
い
に
か
か
わ
ら
ず
、
い
わ
ゆ
る
、
い
し
た
も
の
で
す
。
素
晴
ら
し
い
で
す
。
す
で
に
在
世
仏
で
す
。
な
ぜ
な
ら
、
「
菩
提
」
の
智
慧
が
開
か
れ
て
い
る
第
二
界
の
意
識
レ
ベ
ル
で
は
も
っ
と
多
く
の
事
が
得
ら
れ
ま
す
。
何
は
と
も
あ
れ
、
第
二
界
に
達
し
た
ら
、
た
人
の
記
録
を
解
釈
で
き
ま
す
。
に
、
第
二
界
に
到
達
し
た
人
な
ら
理
解
で
き
る
の
で
す
。
自
叙
伝
を
見
る
よ
う
に
、
非
常
に
は
っ
き
り
と
、
そ
の
ら
の
言
語
が
わ
か
れ
ば
、
そ
の
国
で
何
が
起
こ
っ
て
い
る
か
が
わ
か
り
ま
す
。
い
い
で
す
か
。
で
す
か
ら
、
同
様
イ
ツ
語
な
ど
何
で
も
あ
り
ま
す
。
あ
な
た
の
近
く
の
図
書
館
に
も
、
す
べ
て
の
言
語
の
も
の
が
あ
り
ま
す
。
こ
れ
様
、
そ
こ
に
は
あ
ら
ゆ
る
言
語
が
揃
っ
て
い
ま
す
。
ア
ラ
ビ
ア
語
、
ロ
シ
ア
語
、
中
国
語
、
英
語
、
フ
ラ
ン
ス
語
ド
想
を
し
て
い
る
人
な
ら
、
み
な
そ
の
事
を
理
解
し
て
い
ま
す
。
そ
れ
は
一
種
の
図
書
館
で
、
国
連
に
あ
る
の
と
同
西
洋
の
言
葉
で
、
よ
く
ご
存
じ
の
「
ア
カ
シ
ッ
ク
・
レ
コ
ー
ド
」
に
す
ぎ
な
い
の
で
す
。
ヨ
ー
ガ
や
あ
る
種
の
瞑
即刻開悟の鍵
ん
の
事
を
学
ぶ
必
要
は
な
い
か
ら
で
す
。
さ
も
な
い
と
、
頭
が
痛
く
な
り
ま
す
。
ル
か
ら
次
へ
と
素
早
く
通
り
過
ぎ
る
だ
け
で
す
。
あ
な
た
が
マ
ス
タ
ー
に
な
ら
な
い
の
な
ら
、
そ
ん
な
に
た
く
さ
な
る
と
、
非
常
に
長
い
時
間
が
か
か
り
ま
す
。
で
す
か
ら
、
時
々
マ
ス
タ
ー
は
み
な
さ
ん
を
連
れ
て
、
あ
る
レ
ベ
スプリームマスター チンハイ ・18・
た
く
さ
ん
の
レ
ベ
ル
に
た
く
さ
ん
の
付
属
の
レ
ベ
ル
が
あ
る
の
で
、
各
レ
ベ
ル
で
止
ま
り
、
す
べ
て
を
調
べ
る
と
が
わ
か
り
ま
す
。
秘
密
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
け
れ
ど
も
、
ご
存
じ
の
よ
う
に
そ
れ
は
非
常
に
長
く
か
か
り
ま
す
。
ん
の
で
、
簡
単
に
紹
介
し
ま
す
。
と
に
か
く
、
天
国
へ
行
っ
た
こ
と
が
あ
る
マ
ス
タ
ー
に
同
行
す
れ
ば
、
す
べ
て
第
二
界
に
も
異
な
る
レ
ベ
ル
が
た
く
さ
ん
あ
り
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
天
国
の
秘
密
は
詳
し
く
は
説
明
で
き
ま
せ
校
や
大
学
で
学
ぶ
、
非
常
に
複
雑
な
数
学
の
問
題
よ
り
も
簡
単
な
事
で
す
。
れ
も
学
べ
る
の
で
す
。
非
常
に
不
思
議
な
気
が
し
ま
す
が
、
高
い
レ
ベ
ル
に
な
る
ほ
ど
単
純
で
す
。
私
た
ち
が
高
法
)
に
よ
り
ま
す
か
ら
、
私
た
ち
は
何
で
も
学
べ
ま
す
。
違
い
ま
す
か
。
こ
れ
は
超
世
界
の
科
学
の
一
種
で
、
こ
た
だ
、
か
な
り
進
ん
で
い
て
、
そ
の
方
法
を
知
っ
て
い
る
の
で
す
。
ア
メ
リ
カ
で
は
す
べ
て
の
事
は
ノ
ウ
ハ
ウ
(
方
的
な
人
、
あ
る
い
は
E
T
(
異
星
人
)
だ
と
考
え
る
必
要
は
あ
り
ま
せ
ん
。
彼
ら
も
私
た
ち
と
同
じ
地
球
人
で
す
。
で
す
か
ら
、
私
が
説
明
す
る
こ
と
は
非
常
に
科
学
的
で
論
理
的
な
事
で
す
。
ヨ
ー
ガ
や
瞑
想
を
す
る
人
を
神
秘
な
ど
は
最
小
限
に
な
り
、
第
二
界
に
到
達
す
る
と
、
も
う
そ
れ
だ
け
で
素
晴
ら
し
い
事
な
の
で
す
。
そ
れ
で
、
私
た
ち
の
生
活
は
良
く
な
り
、
生
活
上
の
た
く
さ
ん
の
事
故
や
望
ま
し
く
な
い
状
況
や
不
都
合
な
条
件
し
、
無
言
で
処
理
し
ま
す
。
ま
た
、
私
た
ち
の
助
け
と
な
る
パ
ワ
ー
の
源
と
通
じ
て
、
そ
れ
ら
を
処
理
し
ま
す
。
の
で
す
。
同
様
に
、
私
た
ち
が
い
っ
た
ん
菩
提
の
レ
ベ
ル
を
手
に
入
れ
る
と
、
無
意
識
に
す
べ
て
の
事
柄
を
理
解
簡
単
で
す
。
私
た
ち
は
隣
人
を
訪
問
す
る
か
、
電
話
を
す
る
か
、
パ
ー
テ
ィ
ー
に
招
待
し
て
誤
解
を
解
け
ば
い
い
を
し
た
か
ら
で
す
。
そ
れ
が
今
は
わ
か
る
の
で
す
。
そ
の
起
こ
っ
た
理
由
が
わ
か
る
の
で
す
。
で
す
か
ら
非
常
に
・19・ 超世界の奥義
思
い
ま
す
が
、
違
い
ま
す
か
。
で
す
か
ら
、
も
う
お
わ
か
り
だ
と
思
い
ま
す
が
、
同
じ
事
で
す
。
私
た
ち
も
隣
の
隣
国
の
状
況
が
わ
か
る
の
と
同
じ
事
で
す
。
み
な
さ
ん
方
国
連
の
大
部
分
の
人
は
、
ア
メ
リ
カ
出
身
で
は
な
い
と
で
す
。
ち
ょ
う
ど
、
あ
な
た
が
ア
メ
リ
カ
国
民
か
、
世
界
の
ど
こ
の
国
民
で
も
、
い
ろ
い
ろ
な
国
を
旅
行
す
れ
ば
、
世
界
に
い
な
が
ら
、
同
時
に
他
の
世
界
の
知
識
を
得
ら
れ
る
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
そ
れ
は
旅
行
の
お
か
げ
旅
行
に
は
二
つ
の
方
法
が
あ
り
ま
す
。
そ
れ
は
非
常
に
論
理
的
で
わ
か
り
や
す
い
も
の
で
す
。
私
た
ち
は
こ
の
遠
い
旅
、
肉
体
の
旅
に
代
わ
る
心
霊
の
旅
と
い
う
だ
け
の
も
の
で
す
。
わ
な
い
の
で
し
ょ
う
か
。
私
は
そ
れ
が
不
思
議
な
事
だ
と
は
思
い
ま
せ
ん
。
そ
う
で
し
ょ
う
。
た
だ
少
し
ば
か
り
世
界
に
行
き
、
隣
の
惑
星
が
ど
ん
な
様
子
か
、
そ
こ
の
人
々
が
ど
う
や
っ
て
暮
ら
し
て
い
る
か
見
て
み
よ
う
と
思
行
き
ま
す
が
、
せ
い
ぜ
い
海
水
浴
を
す
る
く
ら
い
で
す
。
そ
れ
な
ら
、
な
ぜ
時
に
は
こ
の
世
界
を
超
え
て
違
っ
た
こ
っ
て
い
る
か
見
た
い
と
思
っ
た
と
し
ま
す
。
私
た
ち
は
た
く
さ
ん
の
お
金
を
使
っ
て
フ
ロ
リ
ダ
の
マ
イ
ア
ミ
に
や
ど
こ
の
ビ
ー
チ
も
す
っ
か
り
知
り
尽
く
し
て
し
ま
い
ま
し
た
。
そ
こ
で
、
私
た
ち
は
宇
宙
に
行
っ
て
、
何
が
起
で
は
も
う
他
に
行
く
場
所
は
ど
こ
に
も
あ
り
ま
せ
ん
。
マ
ン
ハ
ッ
タ
ン
、
ロ
ン
グ
ビ
ー
チ
、
「
シ
ョ
ー
ト
」
ビ
ー
チ
同
様
に
、
私
た
ち
が
こ
の
世
界
を
超
越
し
た
い
の
な
ら
、
例
え
ば
、
冗
談
で
す
が
、
私
た
ち
は
ニ
ュ
ー
ヨ
ー
ク
生
に
な
れ
る
の
で
す
。
そ
う
で
し
ょ
う
。
で
す
か
ら
、
双
方
の
協
力
が
必
要
で
す
。
で
す
。
そ
れ
が
本
当
の
大
学
で
、
あ
な
た
が
手
続
き
を
し
た
な
ら
、
す
ぐ
に
あ
な
た
が
本
当
に
望
ん
で
い
る
大
学
れ
ま
す
が
、
ま
だ
博
士
に
は
な
れ
ま
せ
ん
。
六
年
か
四
年
後
、
あ
る
い
は
十
二
年
後
に
よ
う
や
く
卒
業
で
き
る
の
に
す
ぎ
ず
、
入
学
手
続
き
の
よ
う
な
も
の
で
す
。
初
日
に
大
学
の
入
学
手
続
き
を
す
れ
ば
、
す
ぐ
に
大
学
生
に
な
か
り
、
時
に
は
一
生
涯
を
費
や
す
こ
と
も
あ
り
ま
す
。
悟
り
は
す
ぐ
手
に
入
り
ま
す
が
、
そ
れ
は
ほ
ん
の
始
ま
り
で
す
か
ら
、
私
は
た
だ
み
な
さ
ん
を
ま
っ
す
ぐ
に
天
国
に
連
れ
帰
る
だ
け
で
す
。
そ
れ
で
さ
え
長
い
時
間
が
か
即刻開悟の鍵
を
受
け
ず
、
故
障
も
な
く
、
よ
り
速
く
よ
り
高
く
飛
べ
る
の
で
す
。
ら
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
そ
う
す
れ
ば
問
題
は
起
き
な
い
の
で
す
。
そ
し
て
、
私
た
ち
の
乗
り
物
は
ダ
メ
ー
ジ
越
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
肉
体
が
あ
り
、
ま
だ
こ
の
世
で
生
き
て
い
る
間
は
、
で
き
る
限
り
こ
の
法
則
を
守
スプリームマスター チンハイ ・20・
し
ま
せ
ん
。
そ
の
時
私
た
ち
は
自
由
に
な
り
、
自
由
人
に
な
り
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
自
由
に
な
る
に
は
そ
れ
を
超
が
あ
り
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
私
た
ち
の
世
界
、
こ
の
物
質
的
世
界
を
超
越
す
る
と
、
そ
こ
に
は
法
則
は
存
在
路
で
の
制
限
速
度
は
ど
れ
ぐ
ら
い
か
、
な
ど
で
す
。
で
す
か
ら
、
宇
宙
の
物
質
的
世
界
に
は
非
常
に
単
純
な
法
則
を
知
ら
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
と
同
じ
で
、
赤
は
止
ま
れ
、
青
は
進
め
、
車
は
左
側
通
行
、
ま
た
は
右
、
高
速
道
宇
宙
に
は
知
っ
て
お
く
べ
き
、
い
く
つ
か
の
法
則
が
あ
り
ま
す
。
ち
ょ
う
ど
車
を
運
転
す
る
時
に
、
交
通
法
規
教
会
へ
連
れ
て
行
っ
た
り
は
し
ま
せ
ん
。
例
え
話
を
す
る
だ
け
で
す
。
て
簡
単
に
説
明
し
ま
し
ょ
う
。
い
い
で
す
ね
。
私
は
牧
師
で
は
あ
り
ま
せ
ん
の
で
、
ご
心
配
な
く
。
み
な
さ
ん
を
は
と
て
も
簡
単
に
避
け
ら
れ
ま
す
。
興
味
が
あ
れ
ば
、
私
た
ち
が
そ
の
方
法
を
お
教
え
し
ま
し
ょ
う
。
例
を
あ
げ
調
和
を
乱
し
た
り
し
て
、
霊
魂
に
ダ
メ
ー
ジ
を
与
え
た
い
と
思
わ
な
い
限
り
、
決
し
て
故
障
も
し
ま
せ
ん
。
そ
れ
る
必
要
も
あ
り
ま
せ
ん
。
自
給
自
足
で
き
る
か
ら
で
す
。
私
た
ち
が
宇
宙
の
戒
律
に
背
い
た
り
、
天
国
と
地
球
の
す
。
警
察
も
い
ま
せ
ん
し
、
交
通
渋
滞
な
ど
何
も
あ
り
ま
せ
ん
。
ア
ラ
ブ
が
石
油
を
売
ら
な
く
な
る
日
を
心
配
す
ち
自
身
の
魂
で
、
霊
魂
と
呼
ぶ
こ
と
も
あ
り
ま
す
。
私
た
ち
は
こ
れ
を
使
っ
て
燃
料
な
し
で
飛
ぶ
こ
と
が
で
き
ま
い
で
す
ね
。
私
た
ち
の
内
面
に
は
ど
ん
な
U
F
O
よ
り
も
速
く
飛
べ
る
、
あ
る
装
置
が
あ
り
ま
す
。
そ
れ
は
私
た
U
F
O
が
飛
ん
で
行
け
な
い
ほ
ど
遠
い
世
界
も
あ
り
ま
す
。
U
F
O
と
は
未
確
認
飛
行
物
体
の
こ
と
で
す
。
い
い
て
行
く
こ
と
も
、
ロ
ケ
ッ
ト
を
使
っ
て
も
、
た
と
え
U
F
O
に
乗
っ
た
と
し
て
も
た
ど
り
つ
け
ま
せ
ん
。
惑
星
や
他
の
レ
ベ
ル
を
理
解
す
る
た
め
に
旅
行
が
で
き
る
の
で
す
。
た
だ
、
距
離
が
あ
ま
り
に
も
遠
い
の
で
、
歩
・21・ 超世界の奥義
食
べ
て
も
よ
い
と
は
言
い
ま
せ
ん
で
し
た
。
そ
う
で
す
。
神
は
ま
た
、
「
私
は
す
べ
て
の
食
べ
物
を
創
造
し
た
。
野
ま
た
、
動
物
の
た
め
に
も
、
そ
れ
ぞ
れ
異
な
っ
た
食
べ
物
を
創
造
し
た
と
言
っ
て
い
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
動
物
を
前
た
ち
の
友
と
し
、
お
前
た
ち
を
助
け
よ
う
。
お
前
た
ち
は
動
物
を
治
め
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
」
と
言
っ
て
い
ま
す
。
び
耳
を
傾
け
た
り
し
な
い
の
で
す
。
例
え
ば
、
旧
約
聖
書
の
第
一
章
で
、
神
は
「
あ
ら
ゆ
る
動
物
を
創
造
し
て
、
お
し
て
な
い
の
で
す
。
で
す
か
ら
、
当
た
り
障
り
の
な
い
も
の
に
な
り
、
注
意
を
促
し
た
り
、
よ
り
深
い
真
意
に
再
解
し
た
り
し
て
い
な
い
か
、
お
そ
ら
く
、
自
分
の
見
方
で
理
解
し
よ
う
と
し
て
い
る
だ
け
で
、
真
の
意
味
で
理
解
実
際
、
ほ
と
ん
ど
の
人
が
こ
う
い
っ
た
戒
律
を
読
ん
で
は
い
て
も
、
そ
れ
に
つ
い
て
深
く
考
え
た
り
、
深
く
理
と
で
す
ね
」
と
言
う
で
し
ょ
う
。
は
あ
り
ま
せ
ん
。
み
な
さ
ん
は
「
も
う
知
っ
て
い
ま
す
。
わ
か
っ
て
い
ま
す
。
聖
書
で
読
み
ま
し
た
。
十
戒
の
こ
て
印
心
の
時
に
も
っ
と
詳
し
く
説
明
し
ま
し
ょ
う
。
今
は
こ
う
い
っ
た
戒
律
で
み
な
さ
ん
を
う
ん
ざ
り
さ
せ
た
く
た
い
の
な
ら
、
も
っ
と
注
意
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
み
な
さ
ん
が
興
味
を
持
っ
た
な
ら
、
細
か
い
点
に
つ
い
で
す
か
ら
、
私
た
ち
が
そ
れ
以
上
に
速
く
高
く
飛
び
た
い
の
な
ら
、
ロ
ケ
ッ
ト
や
U
F
O
よ
り
も
速
く
高
く
飛
び
す
時
、
科
学
者
は
い
く
つ
か
の
定
理
を
守
ら
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
そ
れ
だ
け
の
こ
と
で
す
。
い
い
で
す
か
。
よ
り
速
く
、
よ
り
高
く
飛
び
た
い
な
ら
、
物
理
の
定
理
の
よ
う
な
物
質
の
法
則
が
必
要
で
す
。
ロ
ケ
ッ
ト
を
飛
ば
頭
脳
に
霊
修
行
の
旅
を
忘
れ
さ
せ
、
物
質
的
快
楽
に
執
着
さ
せ
る
も
の
が
含
ま
れ
て
い
ま
す
。
私
た
ち
が
安
全
に
、
明
さ
れ
る
の
を
知
っ
て
い
て
、
「
麻
薬
も
ダ
メ
」
と
言
っ
た
の
で
し
ょ
う
。
そ
の
中
に
は
ギ
ャ
ン
ブ
ル
全
般
な
ど
、
さ
れ
ま
せ
ん
。
ま
た
飲
酒
も
麻
薬
も
い
け
ま
せ
ん
。
お
そ
ら
く
、
仏
陀
は
二
〇
世
紀
に
コ
カ
イ
ン
の
た
ぐ
い
が
発
単
な
も
の
は
、
他
人
を
傷
つ
け
た
り
、
殺
し
た
り
し
な
い
と
い
う
「
不
殺
生
」
で
す
。
さ
ら
に
邪
淫
も
盗
み
も
許
で
す
か
ら
、
キ
リ
ス
ト
教
、
仏
教
、
ヒ
ン
ズ
ー
教
の
経
典
に
は
こ
の
法
則
が
書
か
れ
て
い
る
の
で
す
。
最
も
簡
即刻開悟の鍵
例
え
ば
、
車
は
本
来
何
キ
ロ
も
走
っ
て
、
私
た
ち
を
会
社
に
送
り
届
け
、
友
人
を
訪
ね
、
景
色
の
よ
い
他
の
場
所
り
物
の
よ
う
な
も
の
で
す
が
、
私
た
ち
は
時
々
そ
れ
を
傷
つ
け
、
正
し
い
目
的
で
使
わ
な
い
こ
と
が
あ
り
ま
す
。
同
様
に
、
私
た
ち
の
体
も
こ
こ
か
ら
永
遠
の
地
へ
、
非
常
に
高
い
科
学
的
智
慧
の
レ
ベ
ル
へ
飛
ん
で
行
け
る
乗
スプリームマスター チンハイ ・22・
あ
り
ま
す
。
そ
う
で
す
ね
。
少
し
走
る
と
す
ぐ
に
故
障
し
て
し
ま
う
で
し
ょ
う
。
適
切
な
方
法
で
車
の
点
検
を
し
な
い
と
、
爆
発
す
る
こ
と
も
も
、
た
ぶ
ん
す
ぐ
に
故
障
し
て
し
ま
い
ま
す
。
ま
た
、
エ
ン
ジ
ン
オ
イ
ル
が
汚
れ
て
い
て
も
交
換
し
な
け
れ
ば
、
っ
た
か
ら
で
す
。
あ
る
い
は
、
ガ
ソ
リ
ン
の
中
に
水
が
混
じ
っ
て
い
た
ら
ど
う
で
し
ょ
う
。
し
ば
ら
く
は
走
っ
て
て
し
ま
う
で
し
ょ
う
。
こ
れ
は
車
が
悪
い
の
で
は
な
く
、
私
た
ち
の
ミ
ス
で
す
。
間
違
っ
た
燃
料
を
入
れ
て
し
ま
間
違
え
た
ら
ど
う
な
る
で
し
ょ
う
か
。
何
が
起
こ
る
で
し
ょ
う
。
お
そ
ら
く
数
メ
ー
ト
ル
走
っ
た
だ
け
で
止
ま
っ
せ
ん
。
例
え
ば
、
車
を
一
台
持
っ
て
い
る
と
し
ま
す
。
み
な
さ
ん
は
運
転
し
ま
す
ね
。
も
し
、
ガ
ソ
リ
ン
を
入
れ
か
ら
、
少
し
で
も
長
く
安
全
に
こ
の
乗
り
物
を
使
い
た
け
れ
ば
、
正
し
い
方
法
で
手
入
れ
を
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
く
な
っ
て
い
く
の
で
す
。
そ
れ
は
私
た
ち
の
乗
り
物
、
飛
行
道
具
の
U
F
O
を
傷
つ
け
て
い
る
か
ら
で
す
。
で
す
り
ま
せ
ん
。
生
ま
れ
た
時
は
と
て
も
輝
い
て
聡
明
で
あ
っ
て
も
、
日
増
し
に
鈍
く
な
り
、
老
い
て
ま
す
ま
す
ひ
ど
す
。
多
く
の
人
が
病
気
に
な
り
、
老
化
が
早
く
な
り
、
疲
れ
や
す
く
、
い
わ
ゆ
る
鈍
く
な
る
の
も
不
思
議
で
は
あ
の
器
官
、
胃
腸
や
歯
な
ど
す
べ
て
科
学
的
に
は
ビ
ー
ガ
ン
食
(
完
全
菜
食
)
の
た
め
だ
け
に
造
ら
れ
て
い
る
の
で
科
学
的
に
よ
り
深
く
研
究
す
れ
ば
、
私
た
ち
は
肉
食
に
は
向
い
て
い
な
い
こ
と
が
わ
か
り
ま
す
。
私
た
ち
の
体
の
信
奉
者
の
多
く
は
い
ま
だ
に
肉
を
食
べ
続
け
て
い
ま
す
。
神
の
真
意
を
理
解
し
て
い
な
い
か
ら
で
す
。
と
な
る
」
と
言
い
ま
し
た
。
け
れ
ど
も
、
こ
の
点
に
注
意
を
向
け
る
人
は
あ
ま
り
い
ま
せ
ん
。
で
す
か
ら
、
聖
書
の
草
、
樹
の
果
実
、
い
ず
れ
も
お
い
し
く
、
私
た
ち
の
目
を
楽
し
ま
せ
て
く
れ
る
。
こ
れ
ら
が
お
前
た
ち
の
食
べ
物
・23・ 超世界の奥義
読
む
だ
け
で
、
こ
の
言
葉
の
重
大
さ
を
理
解
せ
ず
、
追
及
し
よ
う
と
も
し
な
い
の
で
す
。
そ
れ
で
、
私
の
弟
子
は
な
に
す
ご
い
こ
と
で
、
ど
れ
ほ
ど
意
味
深
い
こ
と
な
の
か
想
像
で
き
ま
す
か
。
け
れ
ど
も
、
多
く
の
人
は
さ
っ
と
っ
て
い
ま
す
。
聖
霊
も
同
じ
こ
と
で
す
。
私
た
ち
の
内
に
聖
霊
や
全
能
の
神
が
宿
っ
て
い
る
な
ら
、
そ
れ
が
ど
ん
で
聖
書
で
は
、
「
お
前
が
神
の
殿
堂
で
あ
り
、
そ
の
内
に
全
能
の
神
が
い
る
こ
と
を
お
前
は
知
ら
な
い
の
か
」
と
言
で
す
か
ら
、
私
た
ち
の
体
は
貴
重
で
す
。
そ
こ
に
は
マ
ス
タ
ー
(
主
人
)
が
内
在
し
て
い
る
か
ら
で
す
。
そ
れ
飛
ん
で
い
る
だ
け
な
ら
、
時
間
の
無
駄
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
国
費
の
浪
費
で
す
。
な
の
で
は
な
く
、
宇
宙
飛
行
士
と
目
的
地
が
重
要
な
の
で
す
。
ロ
ケ
ッ
ト
が
ロ
ン
グ
ア
イ
ラ
ン
ド
を
グ
ル
グ
ル
と
ど
も
、
中
の
宇
宙
飛
行
士
が
重
要
で
す
。
ロ
ケ
ッ
ト
は
彼
を
目
的
地
に
連
れ
て
行
き
ま
す
が
、
ロ
ケ
ッ
ト
が
重
要
が
物
理
の
法
則
に
背
か
ず
、
ロ
ケ
ッ
ト
の
手
入
れ
を
よ
く
す
れ
ば
、
ロ
ケ
ッ
ト
は
安
全
に
速
く
飛
べ
ま
す
。
け
れ
あ
る
か
ら
で
す
。
宇
宙
飛
行
士
が
ロ
ケ
ッ
ト
に
乗
っ
て
い
る
よ
う
な
も
の
で
、
ロ
ケ
ッ
ト
は
彼
の
道
具
で
す
。
彼
と
そ
の
世
話
を
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
そ
の
体
の
中
に
は
、
こ
の
世
を
超
え
て
飛
ん
で
行
け
る
別
の
道
具
が
同
様
に
、
こ
の
肉
体
が
あ
る
か
ら
こ
そ
、
私
た
ち
は
こ
の
世
で
生
き
て
い
け
る
の
で
す
。
で
す
か
ら
、
き
ち
ん
を
楽
し
め
た
の
で
す
が
、
あ
な
た
は
た
だ
、
自
分
の
車
と
お
金
を
無
駄
に
し
た
の
で
す
。
を
課
す
わ
け
で
も
あ
り
ま
せ
ん
。
本
来
な
ら
遠
く
ま
で
行
っ
て
、
た
く
さ
ん
の
も
の
を
見
て
、
い
ろ
い
ろ
な
風
景
だ
け
で
す
。
そ
う
い
う
こ
と
で
す
。
あ
な
た
を
責
め
る
人
も
い
な
け
れ
ば
、
そ
の
こ
と
で
警
察
が
あ
な
た
に
罰
金
り
ま
す
か
。
け
れ
ど
も
、
そ
れ
で
は
車
を
買
っ
た
目
的
か
ら
外
れ
、
お
金
と
時
間
と
エ
ネ
ル
ギ
ー
の
浪
費
に
な
る
ち
ょ
っ
と
芝
生
の
中
を
走
り
、
裏
庭
を
グ
ル
グ
ル
回
る
だ
け
に
な
り
ま
す
。
そ
れ
も
ま
た
い
い
で
し
ょ
う
。
わ
か
や
い
ろ
い
ろ
な
手
入
れ
を
怠
る
と
、
そ
れ
ほ
ど
速
く
走
り
ま
せ
ん
し
、
長
く
使
う
こ
と
も
で
き
ま
せ
ん
。
た
だ
、
に
連
れ
て
行
っ
て
く
れ
ま
す
が
、
手
入
れ
を
怠
た
り
、
間
違
っ
た
燃
料
を
入
れ
、
オ
イ
ル
交
換
を
せ
ず
、
冷
却
水
即刻開悟の鍵
ば
、
私
た
ち
は
上
が
っ
て
は
行
け
ま
せ
ん
。
そ
れ
は
、
ち
ょ
う
ど
あ
な
た
が
ど
こ
か
の
国
の
犯
罪
者
だ
と
し
た
ら
、
を
完
全
に
清
算
し
て
い
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
わ
か
り
ま
す
か
。
も
し
、
こ
の
物
質
世
界
の
王
に
借
り
が
あ
れ
い
わ
ゆ
る
第
三
界
は
よ
り
高
い
段
階
で
す
。
第
三
界
に
行
こ
う
と
す
る
人
は
、
少
な
く
て
も
こ
の
世
で
の
借
金
スプリームマスター チンハイ ・24・
ワ
ー
が
身
に
つ
き
ま
す
。
み
な
さ
ん
が
決
心
し
努
力
す
れ
ば
第
三
界
に
行
け
ま
す
。
に
、
こ
こ
に
一
日
中
座
っ
て
い
る
わ
け
に
は
い
き
ま
せ
ん
。
第
二
界
を
過
ぎ
る
と
、
私
た
ち
に
は
よ
り
大
き
な
パ
う
ね
。
は
い
。
で
は
第
二
界
を
後
に
し
ま
し
ょ
う
。
す
べ
て
話
し
終
わ
っ
て
は
い
ま
せ
ん
が
、
お
わ
か
り
の
よ
う
教
え
ら
れ
ま
す
か
ら
。
そ
う
で
し
ょ
う
。
と
に
か
く
み
な
さ
ん
は
た
ぶ
ん
興
味
が
あ
っ
て
、
行
き
た
い
の
で
し
ょ
ん
が
そ
の
国
に
行
っ
た
こ
と
が
な
く
て
も
、
そ
こ
に
行
っ
た
こ
と
が
あ
る
人
な
ら
、
少
な
く
と
も
そ
こ
の
状
況
を
し
ま
す
)
み
な
さ
ん
、
楽
に
全
部
知
り
た
い
の
で
す
ね
。
(
マ
ス
タ
ー
笑
う
)
い
い
で
し
ょ
う
。
た
と
え
み
な
さ
さ
て
、
と
に
か
く
、
今
第
二
界
で
し
た
ね
。
も
っ
と
前
に
話
を
進
め
ま
す
か
。
(
聴
衆
答
え
る
:
は
い
、
お
願
い
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
た
ち
は
自
分
で
時
間
を
か
け
て
そ
の
中
に
入
っ
て
行
き
、
私
た
ち
が
持
っ
て
い
る
も
の
を
一
つ
ひ
と
つ
チ
ェ
ッ
ク
そ
の
扉
を
開
く
手
助
け
を
し
、
本
来
私
た
ち
に
備
わ
っ
て
い
る
も
の
を
教
え
て
く
れ
る
人
で
す
。
け
れ
ど
も
、
私
こ
と
さ
え
忘
れ
て
し
ま
っ
て
い
る
の
で
す
。
そ
れ
だ
け
の
こ
と
で
す
。
で
す
か
ら
、
い
わ
ゆ
る
マ
ス
タ
ー
と
は
、
そ
の
鍵
の
あ
り
か
を
知
ら
な
い
の
で
、
長
い
間
そ
の
家
に
は
鍵
が
か
か
っ
た
ま
ま
で
、
今
で
は
こ
の
宝
物
が
あ
る
見
つ
け
さ
え
す
れ
ば
、
す
べ
て
が
私
た
ち
の
も
の
に
な
る
の
で
す
。
も
と
も
と
私
た
ち
に
内
在
し
て
い
る
の
に
、
き
る
か
ら
で
す
。
私
た
ち
の
内
側
は
も
っ
と
美
し
く
、
自
由
で
、
聡
明
で
す
。
そ
れ
と
通
じ
合
う
適
切
な
方
法
を
し
た
り
す
る
こ
と
は
さ
て
お
き
、
自
分
た
ち
に
内
在
す
る
も
の
を
見
つ
け
、
超
世
界
に
あ
る
も
の
が
何
か
理
解
で
喜
ん
で
私
の
教
理
に
従
う
の
で
す
。
私
た
ち
の
日
々
の
努
力
、
つ
ま
り
、
お
金
を
稼
い
だ
り
、
現
実
問
題
を
解
決
・25・ 超世界の奥義
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
修
行
で
得
た
パ
ワ
ー
で
、
こ
の
世
界
で
の
使
命
を
果
た
す
ま
で
ゆ
っ
く
り
と
支
払
う
彼
ら
と
は
借
り
が
あ
る
だ
け
で
良
い
縁
は
何
も
あ
り
ま
せ
ん
。
カ
ル
マ
を
借
り
て
き
て
、
そ
し
て
そ
れ
を
支
払
う
り
て
来
る
の
で
す
。
過
去
に
こ
う
い
っ
た
人
々
と
縁
が
あ
っ
た
の
で
、
少
し
だ
け
カ
ル
マ
を
借
り
ら
れ
た
の
で
す
。
さ
て
、
で
す
か
ら
、
私
た
ち
は
慈
悲
で
、
あ
る
い
は
神
の
天
命
を
受
け
て
、
再
び
戻
っ
て
来
た
い
と
思
っ
て
降
ま
い
で
す
が
、
そ
こ
を
超
え
て
も
た
く
さ
ん
の
レ
ベ
ル
が
あ
り
ま
す
。
い
い
で
す
ね
。
遠
く
、
い
ろ
い
ろ
な
レ
ベ
ル
が
あ
り
ま
す
が
、
少
な
く
と
も
第
五
界
に
帰
り
ま
す
。
そ
の
五
界
は
マ
ス
タ
ー
の
住
れ
た
り
と
い
う
こ
と
を
繰
り
返
し
、
や
が
て
、
あ
な
た
の
住
ま
い
で
あ
る
天
国
に
帰
る
の
で
す
。
そ
こ
は
非
常
に
あ
っ
た
と
し
ま
す
。
あ
な
た
は
何
世
代
も
何
百
年
も
の
間
、
こ
の
世
界
で
い
ろ
い
ろ
な
人
に
与
え
た
り
、
与
え
ら
ス
タ
ー
笑
う
)
そ
れ
は
可
能
で
す
。
例
え
ば
、
あ
な
た
は
こ
の
世
界
に
来
る
ず
っ
と
前
に
、
こ
こ
に
い
た
こ
と
が
界
か
ら
降
り
て
来
る
マ
ス
タ
ー
も
い
ま
す
。
カ
ル
マ
を
借
り
る
と
聞
い
て
、
み
な
さ
ん
は
ど
う
思
い
ま
す
か
。
(
マ
で
す
か
ら
、
誰
で
も
未
来
の
マ
ス
タ
ー
に
な
れ
る
の
で
す
。
そ
れ
に
、
時
に
は
カ
ル
マ
を
借
り
て
、
よ
り
高
い
世
て
来
る
人
。
も
う
一
つ
は
私
た
ち
の
よ
う
に
普
通
の
人
で
す
が
、
修
行
に
よ
り
カ
ル
マ
を
清
算
す
る
タ
イ
プ
で
す
。
マ
ス
タ
ー
に
は
異
な
る
二
つ
の
タ
イ
プ
が
あ
り
ま
す
。
一
つ
は
、
カ
ル
マ
が
な
い
の
に
他
人
の
カ
ル
マ
を
借
り
カ
ル
マ
な
し
で
は
、
私
た
ち
は
現
世
で
は
存
在
で
き
な
い
か
ら
で
す
。
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
残
っ
て
い
る
過
去
と
現
在
の
カ
ル
マ
を
返
済
す
る
の
で
す
。
と
い
う
の
は
、
過
去
の
け
れ
ば
第
三
界
に
行
く
こ
と
は
で
き
ま
せ
ん
。
け
れ
ど
も
、
第
二
界
に
い
る
時
か
ら
、
私
た
ち
は
返
済
し
始
め
る
質
生
活
の
も
の
も
あ
る
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
ち
ょ
う
ど
税
関
を
通
過
す
る
よ
う
に
、
そ
れ
ら
す
べ
て
を
清
算
し
な
世
界
の
債
務
の
中
に
は
、
私
た
ち
が
過
去
、
現
在
に
作
っ
て
し
ま
っ
た
多
く
の
も
の
だ
け
で
は
な
く
、
未
来
の
物
そ
の
記
録
が
残
っ
て
い
る
の
で
、
国
境
を
越
え
て
他
の
国
に
出
て
行
け
な
い
の
と
同
じ
で
す
。
で
す
か
ら
、
こ
の
即刻開悟の鍵
の
で
す
か
」
と
質
問
す
る
か
も
し
れ
ま
せ
ん
ね
。
そ
れ
は
大
丈
夫
で
す
。
証
明
で
き
ま
す
。
み
な
さ
ん
が
私
と
一
そ
う
し
た
ら
、
み
な
さ
ん
は
「
で
は
第
二
界
や
第
三
界
、
第
四
界
の
話
を
し
た
の
に
、
ど
う
や
っ
て
証
明
す
る
か
ら
、
証
明
で
き
る
こ
と
だ
け
を
話
す
こ
と
に
し
ま
し
ょ
う
。
スプリームマスター チンハイ ・26・
明
で
き
な
い
の
で
触
れ
な
い
こ
と
に
し
ま
し
ょ
う
。
そ
う
で
な
い
と
、
神
を
冒
涜
し
た
と
言
わ
れ
て
し
ま
い
ま
す
し
違
っ
て
い
て
、
も
う
少
し
長
く
、
よ
り
厳
密
で
、
よ
り
わ
か
り
や
す
い
も
の
で
し
た
。
と
に
か
く
、
ま
あ
、
証
ま
す
。
生
活
の
あ
ら
ゆ
る
面
に
ブ
ロ
ー
カ
ー
が
存
在
し
て
い
る
の
で
す
。
ご
存
じ
の
よ
う
に
、
本
当
の
聖
書
は
少
い
る
人
々
が
か
か
わ
っ
た
の
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
あ
ら
ゆ
る
方
面
で
売
買
を
し
て
い
る
人
々
、
ブ
ロ
ー
カ
ー
が
い
の
い
わ
ゆ
る
指
導
者
に
検
閲
さ
れ
、
政
策
に
都
合
よ
く
削
除
さ
れ
て
し
ま
い
ま
し
た
。
も
ち
ろ
ん
霊
修
行
を
し
て
短
い
も
の
で
し
た
。
そ
の
た
め
、
聖
書
に
は
詳
し
い
説
明
は
あ
り
ま
せ
ん
。
し
か
も
聖
書
の
多
く
の
版
は
、
当
時
聖
書
は
マ
ス
タ
ー
で
あ
る
イ
エ
ス
・
キ
リ
ス
ト
の
教
え
を
短
く
し
た
も
の
で
す
が
、
と
に
か
く
、
彼
の
生
命
も
が
、
「
ま
い
た
種
は
刈
り
取
ら
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
」
と
あ
り
ま
す
。
こ
れ
は
同
じ
事
で
す
。
マ
で
す
。
サ
ン
ス
ク
リ
ッ
ト
語
で
い
う
「
因
果
応
報
」
で
す
。
聖
書
で
は
カ
ル
マ
に
つ
い
て
は
触
れ
て
い
ま
せ
ん
け
ば
オ
レ
ン
ジ
を
収
穫
し
、
リ
ン
ゴ
を
ま
け
ば
リ
ン
ゴ
を
収
穫
す
る
と
い
う
こ
と
で
す
。
そ
れ
が
い
わ
ゆ
る
カ
ル
せ
ん
。
カ
ル
マ
と
は
、
「
ま
い
た
種
は
刈
り
取
ら
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
」
と
い
う
法
則
で
す
。
オ
レ
ン
ジ
の
種
を
ま
そ
れ
で
、
今
、
私
た
ち
が
第
三
界
に
行
き
た
い
の
な
ら
、
す
べ
て
の
カ
ル
マ
を
完
全
に
消
さ
な
け
れ
ば
な
り
ま
ま
す
。
同
様
に
、
そ
う
い
う
種
類
の
マ
ス
タ
ー
も
い
る
の
で
す
。
授
に
な
る
よ
う
な
も
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
古
く
か
ら
の
教
授
も
い
れ
ば
、
卒
業
し
た
て
の
新
米
教
授
も
い
こ
こ
で
す
ぐ
に
マ
ス
タ
ー
に
な
る
タ
イ
プ
で
す
。
ち
ょ
う
ど
大
学
に
教
授
と
学
生
が
い
て
、
学
生
が
卒
業
後
に
教
の
で
す
。
で
す
か
ら
、
こ
れ
が
借
金
返
済
型
の
マ
ス
タ
ー
で
す
。
も
う
一
つ
は
、
こ
の
世
界
で
修
行
し
卒
業
し
て
、
・27・ 超世界の奥義
と
に
か
く
、
第
三
界
を
超
え
た
と
し
た
ら
、
次
は
何
で
し
ょ
う
か
。
も
ち
ろ
ん
、
さ
ら
に
高
い
レ
ベ
ル
の
第
四
わ
わ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
で
す
。
も
の
、
素
晴
ら
し
い
海
、
心
地
よ
い
気
候
、
親
切
な
人
々
な
ど
、
本
で
は
経
験
で
き
な
い
あ
ら
ゆ
る
雰
囲
気
を
味
ま
せ
ん
。
私
た
ち
は
そ
こ
に
行
か
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
し
、
そ
こ
で
楽
し
い
こ
と
を
体
験
し
、
出
さ
れ
る
食
べ
ス
ペ
イ
ン
や
テ
ネ
リ
フ
ェ
島
や
ギ
リ
シ
ャ
に
つ
い
て
知
っ
て
い
て
も
、
そ
れ
は
映
画
や
本
か
ら
の
も
の
に
す
ぎ
た
く
さ
ん
あ
り
ま
す
が
、
そ
れ
で
も
私
た
ち
は
実
際
に
そ
こ
へ
行
き
た
い
の
で
す
。
も
の
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
そ
う
で
し
ょ
う
。
で
す
か
ら
、
世
界
に
は
さ
ま
ざ
ま
な
国
の
旅
行
の
ガ
イ
ド
ブ
ッ
ク
が
そ
れ
ほ
ど
詳
し
い
も
の
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
あ
る
国
に
つ
い
て
の
本
を
読
ん
だ
と
し
て
も
、
そ
れ
は
そ
の
国
そ
の
た
こ
と
は
ご
く
一
部
分
に
す
ぎ
ま
せ
ん
。
ち
ょ
っ
と
し
た
旅
行
記
に
す
ぎ
ず
、
み
な
さ
ん
に
関
連
し
た
一
部
分
で
、
て
い
ま
す
。
そ
う
で
す
。
そ
し
て
第
三
界
を
超
え
て
も
、
決
し
て
こ
れ
が
す
べ
て
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
私
が
話
し
す
が
、
彼
ら
に
は
こ
う
い
っ
た
体
験
が
あ
り
ま
す
。
今
、
私
が
話
し
た
こ
と
の
一
部
、
ま
た
は
す
べ
て
を
体
験
し
験
あ
る
導
き
手
と
一
緒
に
歩
か
な
く
て
は
な
り
ま
せ
ん
。
こ
の
会
場
に
は
い
ろ
い
ろ
な
国
か
ら
来
た
弟
子
が
い
ま
う
説
明
し
よ
う
と
も
、
私
に
は
実
体
験
が
な
い
こ
と
に
な
り
ま
す
。
そ
う
で
し
ょ
う
。
で
す
か
ら
、
私
た
ち
は
経
例
え
ば
、
私
が
国
連
の
こ
の
会
場
に
来
た
こ
と
が
な
け
れ
ば
、
た
と
え
、
み
な
さ
ん
が
こ
の
会
場
に
つ
い
て
ど
す
べ
て
を
教
え
て
く
だ
さ
い
」
な
ど
と
は
言
え
な
い
の
で
す
。
そ
れ
は
で
き
ま
せ
ん
。
行
く
の
な
ら
、
あ
な
た
は
私
と
一
緒
に
歩
か
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
そ
う
し
な
い
で
、
「
私
の
代
わ
り
に
歩
い
て
界
中
に
証
明
で
き
る
何
十
万
の
弟
子
が
い
ま
す
の
で
、
知
っ
て
い
る
事
を
言
え
る
の
で
す
。
例
え
ば
、
私
た
ち
が
り
証
明
で
き
ま
せ
ん
。
当
然
の
こ
と
で
す
。
で
す
か
ら
、
証
明
で
き
る
の
で
私
は
あ
え
て
こ
う
言
う
の
で
す
。
世
緒
に
同
じ
道
を
歩
け
ば
、
同
じ
も
の
を
見
る
は
ず
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
け
れ
ど
も
、
こ
の
道
を
歩
か
な
い
限
即刻開悟の鍵
か
り
ま
す
か
。
け
れ
ど
も
、
そ
れ
は
ベ
ン
ツ
そ
の
も
の
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
ば
い
け
ま
せ
ん
。
ベ
ン
ツ
を
持
っ
て
い
る
人
や
ベ
ン
ツ
の
事
を
知
っ
て
い
る
人
は
、
同
じ
こ
と
を
言
い
ま
す
。
わ
メ
ル
セ
デ
ス
ベ
ン
ツ
に
、
誰
が
ど
の
よ
う
に
違
っ
た
説
明
が
で
き
る
で
し
ょ
う
。
そ
う
で
す
ね
。
同
じ
で
な
け
れ
スプリームマスター チンハイ ・28・
ス
タ
ー
笑
う
)
た
だ
し
、
実
際
の
内
面
の
喜
び
は
自
分
自
身
で
体
験
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
で
す
。
例
え
ば
、
な
こ
と
を
聞
い
た
人
も
い
る
と
思
い
ま
す
が
、
私
は
こ
れ
と
別
の
説
明
が
で
き
る
マ
ス
タ
ー
を
知
り
ま
せ
ん
。
(
マ
す
。
こ
れ
が
い
わ
ゆ
る
「
生
き
な
が
ら
死
ぬ
」
と
い
う
こ
と
で
す
。
み
な
さ
ん
の
中
に
は
、
今
ま
で
に
こ
の
よ
う
つ
の
で
す
。
そ
れ
は
、
私
た
ち
が
次
に
行
く
所
が
わ
か
っ
て
い
る
か
ら
で
す
。
生
き
て
い
る
う
ち
に
わ
か
る
の
で
は
や
焦
り
や
不
安
を
感
じ
た
り
し
ま
せ
ん
。
た
だ
穏
や
か
に
辛
抱
強
く
、
こ
の
地
上
で
の
使
命
が
終
わ
る
の
を
待
わ
り
、
な
ぜ
仕
事
を
変
え
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
か
が
わ
か
り
ま
す
。
生
命
の
目
的
が
わ
か
っ
て
い
る
の
で
、
も
分
の
仕
事
に
さ
え
、
違
っ
た
意
義
が
生
じ
ま
す
。
な
ぜ
、
こ
う
い
う
ふ
う
に
仕
事
を
し
、
な
ぜ
そ
の
仕
事
に
か
か
て
き
ま
す
。
生
命
に
対
し
て
違
っ
た
見
方
を
し
、
違
っ
た
歩
き
方
を
し
、
違
っ
た
働
き
方
を
し
ま
す
。
日
々
の
自
別
の
世
界
に
到
達
す
る
と
、
私
た
ち
は
精
神
面
だ
け
で
は
な
く
、
心
身
、
知
力
、
そ
し
て
生
活
全
般
が
変
化
し
ー
と
一
緒
な
ら
そ
こ
を
通
過
で
き
ま
す
。
さ
も
な
け
れ
ば
、
私
た
ち
は
そ
の
世
界
で
道
を
見
つ
け
出
せ
ま
せ
ん
。
断
の
都
市
」
で
す
。
神
の
真
理
に
到
達
す
る
前
に
、
私
た
ち
は
暗
や
み
に
阻
ま
れ
ま
す
が
、
経
験
の
あ
る
マ
ス
タ
ま
す
か
。
そ
れ
よ
り
も
暗
い
の
で
す
。
光
に
到
達
す
る
前
は
、
そ
れ
よ
り
も
暗
い
の
で
す
。
そ
こ
は
一
種
の
「
禁
停
電
し
た
ニ
ュ
ー
ヨ
ー
ク
の
夜
よ
り
暗
い
の
で
す
。
み
な
さ
ん
、
都
会
の
真
っ
暗
や
み
を
体
験
し
た
こ
と
が
あ
り
う
か
ら
で
す
。
と
い
う
の
は
、
そ
の
世
界
は
非
常
に
美
し
い
の
で
す
が
、
非
常
に
暗
い
部
分
も
あ
っ
て
、
そ
れ
は
の
境
界
(
き
ょ
う
が
い
)
に
つ
い
て
説
明
で
き
ま
せ
ん
。
そ
れ
は
、
そ
の
世
界
の
主
に
失
礼
の
な
い
よ
う
に
と
思
界
へ
行
き
ま
す
。
第
四
界
は
、
は
る
か
に
け
た
外
れ
の
レ
ベ
ル
で
す
。
簡
単
な
言
葉
だ
け
で
は
、
世
間
の
人
に
こ
・29・ 超世界の奥義
は
消
せ
る
の
で
し
ょ
う
か
。
そ
の
人
に
は
ど
ん
な
影
響
が
あ
る
の
で
し
ょ
う
か
。
Q
マ
ス
タ
ー
は
人
々
の
カ
ル
マ
を
借
り
ら
れ
る
と
お
っ
し
ゃ
い
ま
し
た
が
、
そ
の
場
合
、
借
り
た
人
の
カ
ル
マ
質
疑
応
答
で
は
、
質
問
を
お
受
け
し
ま
し
ょ
う
。
う
。
ど
う
し
て
も
、
時
々
神
に
つ
い
て
間
違
っ
た
概
念
が
生
じ
て
し
ま
い
ま
す
か
ら
。
印
心
の
後
み
な
さ
ん
に
も
う
少
し
準
備
が
で
き
て
か
ら
、
想
像
で
き
な
い
よ
う
な
事
に
つ
い
て
お
話
し
し
ま
し
ょ
な
さ
ん
が
混
乱
し
て
し
ま
う
の
で
は
な
い
か
と
心
配
で
す
の
で
、
別
の
機
会
に
お
話
し
し
ま
し
ょ
う
。
あ
る
い
は
、
第
五
界
を
超
え
る
と
、
そ
こ
に
は
神
の
さ
ま
ざ
ま
な
様
相
が
見
ら
れ
ま
す
。
そ
れ
は
理
解
し
難
い
こ
と
で
す
。
み
ル
が
第
五
界
よ
り
高
く
て
も
、
彼
ら
は
そ
こ
に
と
ど
ま
っ
て
い
て
、
そ
こ
が
マ
ス
タ
ー
の
住
居
に
な
っ
て
い
ま
す
。
タ
ー
の
住
居
で
あ
る
第
五
界
で
す
。
す
べ
て
の
マ
ス
タ
ー
は
そ
こ
か
ら
や
っ
て
来
ま
し
た
。
た
と
え
彼
ら
の
レ
ベ
さ
て
、
そ
の
後
は
よ
り
高
い
レ
ベ
ル
に
行
き
ま
す
。
第
四
界
の
後
は
よ
り
高
い
レ
ベ
ル
へ
と
進
み
ま
す
。
マ
ス
せ
ん
。
そ
し
て
、
必
ず
し
も
彼
ら
全
員
が
最
高
レ
ベ
ル
に
到
達
す
る
わ
け
で
は
な
い
の
で
す
。
人
た
ち
の
こ
と
を
読
ん
で
み
て
も
、
一
人
で
修
行
す
る
の
は
危
険
や
多
く
の
問
題
が
な
か
っ
た
わ
け
で
は
あ
り
ま
で
成
功
し
た
人
で
す
。
ま
た
、
グ
ル
ジ
ェ
フ
も
ず
っ
と
一
人
で
修
行
し
、
自
力
で
成
功
し
た
よ
う
で
す
が
、
そ
の
証
さ
れ
る
こ
と
も
な
い
の
で
安
全
と
は
言
え
ま
せ
ん
。
過
去
の
人
々
、
例
え
ば
、
ス
ウ
ェ
ー
デ
ン
ボ
ル
グ
は
自
力
り
安
全
で
す
。
一
人
き
り
の
修
行
で
は
百
万
分
の
一
の
可
能
性
し
か
な
く
、
危
険
や
リ
ス
ク
を
伴
い
、
結
果
が
保
自
身
で
体
験
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
こ
と
で
、
努
力
と
誠
実
さ
、
そ
し
て
導
き
手
が
必
要
で
す
。
そ
う
す
れ
ば
よ
で
す
か
ら
、
私
が
ご
く
普
通
の
言
葉
で
み
な
さ
ん
に
話
し
て
い
て
も
、
そ
れ
は
普
通
の
こ
と
で
は
な
く
、
自
分
即刻開悟の鍵
ま
せ
ん
。
た
と
え
そ
れ
が
似
合
わ
な
く
て
も
。
ダ
イ
バ
ー
は
酸
素
マ
ス
ク
や
ダ
イ
バ
ー
ス
ー
ツ
を
身
に
着
け
る
と
、
こ
の
世
界
で
は
働
け
ま
せ
ん
。
海
に
潜
る
ダ
イ
バ
ー
と
同
じ
で
、
酸
素
マ
ス
ク
な
ど
の
準
備
を
し
な
け
れ
ば
な
り
界
に
や
っ
て
来
る
に
は
、
第
二
界
を
通
ら
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
し
、
こ
の
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
ー
を
着
け
な
け
れ
ば
、
スプリームマスター チンハイ ・30・
質
世
界
に
仕
事
を
し
に
や
っ
て
来
ま
す
。
い
い
で
す
か
。
た
と
え
マ
ス
タ
ー
で
あ
っ
て
も
、
第
五
界
か
ら
物
質
世
第
二
界
の
産
物
だ
か
ら
で
す
。
私
た
ち
は
は
る
ば
る
よ
り
高
い
次
元
の
世
界
か
ら
、
あ
ら
ゆ
る
方
法
で
、
こ
の
物
MQ り MQ
す
べ
て
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
第
二
界
ま
で
で
す
。
な
ぜ
な
ら
、
私
た
ち
の
頭
脳
―
こ
の
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
ー
は
で
は
、
カ
ル
マ
は
す
べ
て
の
レ
ベ
ル
に
あ
る
の
で
し
ょ
う
か
。
、
自
身
の
智
慧
を
理
解
し
、
現
世
で
よ
り
良
い
人
間
に
な
る
こ
と
で
す
。
何
が
目
的
か
、
で
す
か
。
お
話
し
し
ま
せ
ん
で
し
た
か
。
そ
れ
は
超
世
界
に
思
い
を
は
せ
、
神
の
王
国
に
戻
修
行
の
目
的
は
何
で
し
ょ
う
か
。
だ
と
し
て
も
、
ど
れ
ほ
ど
で
し
ょ
う
。
前
世
は
ど
う
で
し
ょ
う
。
わ
か
り
ま
す
か
。
っ
て
行
け
る
理
由
で
す
。
そ
う
で
な
け
れ
ば
、
ど
う
や
っ
て
帰
れ
る
の
で
し
ょ
う
か
。
た
と
え
現
世
で
は
き
れ
い
マ
を
残
さ
れ
、
現
世
で
や
ら
な
け
れ
ば
い
け
な
い
事
を
行
う
の
で
す
。
そ
れ
が
済
め
ば
終
わ
り
で
す
。
こ
れ
が
帰
カ
ル
マ
だ
け
を
消
さ
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
そ
れ
で
そ
の
人
は
き
れ
い
に
な
り
、
現
世
の
た
め
に
少
し
の
カ
ル
と
、
す
ぐ
死
ん
で
し
ま
い
ま
す
。
カ
ル
マ
が
な
け
れ
ば
こ
こ
で
は
生
き
ら
れ
ま
せ
ん
。
マ
ス
タ
ー
は
蓄
積
さ
れ
た
現
世
の
カ
ル
マ
だ
け
を
残
し
ま
す
。
で
す
か
ら
、
私
た
ち
は
こ
の
世
で
生
活
し
続
け
ら
れ
る
の
で
す
。
さ
も
な
い
マ
も
消
す
こ
と
が
で
き
ま
す
。
実
際
、
弟
子
が
印
心
す
る
時
、
過
去
の
カ
ル
マ
の
す
べ
て
が
消
さ
れ
ま
す
。
た
だ
、
マ
ス
タ
ー
(
以
下
M
)
え
え
、
で
き
ま
す
。
マ
ス
タ
ー
が
そ
う
す
る
こ
と
を
選
ん
だ
な
ら
、
ど
ん
な
人
の
カ
ル
・31・ 超世界の奥義
と
無
罪
と
い
う
概
念
に
縛
ら
れ
て
い
る
の
で
す
。
で
す
か
ら
、
こ
の
世
の
人
々
と
互
い
に
影
響
し
あ
う
時
に
、
私
や
、
い
ろ
い
ろ
な
国
々
の
た
く
さ
ん
の
法
律
、
風
俗
、
習
慣
の
た
め
に
、
私
た
ち
は
こ
の
い
わ
ゆ
る
善
悪
、
有
罪
っ
ぱ
ら
れ
、
山
に
登
る
の
が
困
難
に
な
る
の
と
同
じ
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
こ
の
世
の
た
く
さ
ん
の
道
徳
規
範
が
私
た
ち
に
重
く
の
し
か
か
り
ま
す
。
ち
ょ
う
ど
、
た
く
さ
ん
の
ゴ
ミ
や
荷
物
が
あ
る
と
重
力
の
法
則
で
下
に
引
す
が
、
時
々
悪
い
事
を
し
て
し
ま
う
の
で
す
。
で
す
か
ら
、
そ
れ
を
カ
ル
マ
と
呼
ん
で
い
る
の
で
す
。
そ
の
悪
事
学
ん
だ
経
験
の
こ
と
で
す
。
私
た
ち
に
は
い
わ
ゆ
る
良
心
が
あ
る
の
で
、
良
い
事
を
す
べ
き
だ
と
わ
か
っ
て
い
ま
ル
マ
で
す
。
カ
ル
マ
と
は
何
で
し
ょ
う
か
。
善
悪
の
経
験
や
そ
れ
へ
の
反
応
、
多
く
の
生
ま
れ
変
わ
り
を
通
し
て
た
ち
に
は
カ
ル
マ
が
あ
る
の
で
す
。
悪
い
事
も
良
い
事
も
、
す
べ
て
こ
こ
に
記
録
し
ま
す
。
そ
れ
が
い
わ
ゆ
る
カ
ピ
ュ
ー
タ
ー
、
頭
脳
が
あ
る
た
め
で
す
。
そ
れ
は
物
質
世
界
の
あ
ら
ゆ
る
経
験
を
記
録
し
ま
す
。
で
す
か
ら
、
私
M 解 Qじ 要 に る 本 う カ
そ
う
で
す
。
記
録
す
る
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
ー
が
な
い
か
ら
で
す
。
私
た
ち
に
カ
ル
マ
が
あ
る
の
は
、
こ
の
コ
ン
消
し
、
き
れ
い
に
す
る
と
お
っ
し
ゃ
い
ま
し
た
が
、
そ
れ
は
前
世
と
現
世
の
カ
ル
マ
の
こ
と
で
す
か
。
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
、
マ
ス
タ
ー
。
第
二
界
を
通
過
す
る
時
、
す
べ
て
の
カ
ル
マ
を
置
い
て
行
く
か
、
こ
と
で
す
。
そ
し
て
、
彼
本
来
の
姿
に
戻
り
ま
す
。
そ
う
で
し
ょ
う
。
が
な
い
か
ら
で
す
。
岸
に
着
い
た
ダ
イ
バ
ー
が
、
酸
素
マ
ス
ク
や
潜
る
た
め
の
す
べ
て
の
道
具
を
外
す
の
と
同
行
く
時
に
は
、
私
た
ち
は
こ
の
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
ー
を
置
い
て
い
か
な
く
て
は
な
り
ま
せ
ん
。
そ
こ
で
は
も
う
必
に
は
、
私
た
ち
は
完
全
装
備
を
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
で
す
か
ら
、
第
二
界
を
経
て
、
も
っ
と
高
い
次
元
当
の
あ
な
た
と
比
べ
た
ら
と
て
も
醜
い
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
仕
事
を
す
る
た
め
に
こ
の
世
界
へ
深
く
潜
で
な
け
れ
ば
、
私
た
ち
は
完
璧
に
美
し
い
の
で
す
。
た
と
え
、
あ
な
た
が
今
自
分
を
美
し
い
と
思
っ
て
い
て
も
、
エ
ル
の
よ
う
に
見
え
ま
す
ね
。
こ
の
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
ー
と
体
が
障
害
に
な
る
こ
と
が
あ
る
の
も
同
じ
で
す
。
そ
即刻開悟の鍵
人
間
に
は
神
が
宿
っ
て
い
る
の
で
、
神
と
一
体
に
な
れ
る
た
め
の
あ
ら
ゆ
る
装
置
が
あ
り
ま
す
が
、
天
使
に
は
あ
スプリームマスター チンハイ ・32・
MQや MQMQこ た MQ
超
え
ま
せ
ん
。
人
間
に
な
ら
な
い
限
り
超
え
ら
れ
ま
せ
ん
。
彼
ら
は
非
常
に
人
間
を
う
ら
や
ん
で
い
ま
す
。
彼
ら
は
第
二
界
を
超
え
な
い
の
で
す
か
。
信
望
も
少
な
く
、
そ
こ
で
私
た
ち
に
仕
え
て
い
ま
す
。
あ
あ
、
守
護
天
使
で
す
ね
。
彼
ら
は
第
二
界
ま
で
行
け
ま
す
。
天
使
の
レ
ベ
ル
は
人
間
よ
り
も
低
く
、
威
光
守
護
天
使
で
す
。
天
使
の
レ
ベ
ル
で
す
か
。
そ
れ
は
そ
の
天
使
の
種
類
に
も
よ
り
ま
す
が
。
天
使
に
つ
い
て
お
伺
い
し
た
い
の
で
す
が
。
天
使
の
レ
ベ
ル
は
何
で
し
ょ
う
か
。
と
も
で
き
ま
す
。
い
い
で
す
か
。
あ
な
た
次
第
で
す
。
の
車
に
一
〇
〇
リ
ッ
ト
ル
の
ガ
ソ
リ
ン
を
入
れ
た
と
し
ま
す
。
速
く
目
的
地
に
着
け
ま
す
し
、
ゆ
っ
く
り
行
く
い
い
え
。
私
た
ち
に
は
速
く
走
る
か
、
ゆ
っ
く
り
走
る
か
選
べ
る
自
由
意
志
が
あ
り
ま
す
。
例
え
ば
、
あ
な
私
た
ち
が
生
ま
れ
る
時
に
、
そ
の
一
生
で
到
達
で
き
る
レ
ベ
ル
は
決
ま
っ
て
い
る
の
で
し
ょ
う
か
。
そ
れ
は
こ
の
概
念
、
す
な
わ
ち
先
入
観
の
た
め
で
す
。
は
上
に
フ
ワ
ッ
と
昇
っ
て
行
け
る
ほ
ど
自
由
で
も
な
く
、
十
分
に
軽
い
わ
け
で
も
あ
り
ま
せ
ん
。
わ
か
り
ま
す
か
。
界
か
、
も
う
少
し
高
い
世
界
に
縛
り
つ
け
て
い
る
の
で
す
。
そ
れ
ほ
ど
高
い
世
界
で
は
あ
り
ま
せ
ん
が
。
私
た
ち
っ
て
し
ま
い
ま
す
。
そ
れ
は
、
常
に
こ
こ
に
記
録
さ
れ
ま
す
。
そ
れ
が
私
た
ち
を
輪
廻
転
生
さ
せ
、
こ
の
物
質
世
そ
し
て
、
そ
れ
が
習
慣
に
な
り
、
あ
る
事
を
す
る
と
罪
悪
感
を
覚
え
、
ま
た
、
あ
る
事
を
す
る
と
悪
い
人
だ
と
思
た
ち
は
そ
の
国
の
風
俗
、
習
慣
、
法
律
に
よ
っ
て
、
善
悪
、
有
罪
や
無
罪
を
経
験
す
る
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
・33・ 超世界の奥義
常
に
遠
く
ま
で
行
け
る
も
の
、
終
点
ま
で
行
け
る
も
の
も
あ
り
ま
す
。
そ
れ
を
比
較
す
る
の
に
、
私
は
若
い
頃
か
世
界
に
到
達
す
る
に
は
、
た
く
さ
ん
の
い
ろ
い
ろ
な
方
法
が
あ
り
ま
す
。
あ
ま
り
遠
く
へ
は
行
け
な
い
も
の
、
非
Mし は と Q
こ
の
体
を
離
れ
て
前
に
進
む
た
め
に
で
す
か
。
そ
の
方
法
を
知
れ
ば
で
き
ま
す
。
こ
の
体
を
捨
て
去
り
、
超
ょ
う
か
。
さ
ら
に
早
く
前
に
進
む
に
は
、
ど
の
よ
う
な
態
度
や
考
え
が
必
要
で
し
ょ
う
か
。
、
以
前
は
別
の
レ
ベ
ル
に
、
も
っ
と
高
い
レ
ベ
ル
に
い
た
の
で
し
ょ
う
か
。
そ
れ
と
も
、
こ
の
レ
ベ
ル
な
の
で
が
で
き
な
か
っ
た
と
い
う
こ
と
で
し
ょ
う
か
。
私
た
ち
は
常
に
こ
の
レ
ベ
ル
に
い
る
の
で
し
ょ
う
か
。
あ
る
い
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
、
私
た
ち
に
は
今
、
体
が
あ
り
ま
す
が
、
そ
れ
は
前
世
の
過
ち
の
た
め
に
解
脱
す
る
こ
上
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
い
い
で
す
か
。
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
ー
は
決
し
て
人
間
に
は
な
れ
な
い
の
で
す
。
か
。
そ
れ
は
、
あ
な
た
に
仕
え
る
目
的
で
作
ら
れ
た
も
の
で
、
た
と
え
あ
な
た
よ
り
優
れ
て
い
て
も
、
あ
な
た
以
で
き
ま
せ
ん
。
け
れ
ど
も
、
そ
れ
は
あ
な
た
よ
り
も
優
れ
て
い
る
と
い
う
意
味
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
わ
か
り
ま
す
優
れ
て
い
ま
す
。
そ
れ
は
座
っ
た
ま
ま
で
す
べ
て
を
制
御
で
き
る
の
で
す
が
、
人
間
の
力
で
は
そ
う
す
る
こ
と
は
に
発
明
し
た
も
の
で
、
あ
な
た
の
役
に
立
つ
だ
け
の
も
の
に
す
ぎ
ま
せ
ん
。
そ
れ
は
あ
る
面
で
は
、
あ
な
た
よ
り
っ
た
ま
ま
、
家
や
庭
の
明
り
や
、
テ
レ
ビ
の
ス
イ
ッ
チ
を
す
べ
て
操
作
で
き
た
と
し
て
も
、
そ
れ
は
自
分
の
た
め
ら
す
た
め
の
も
の
を
作
っ
た
と
し
ま
す
。
た
と
え
そ
れ
が
非
常
に
素
晴
ら
し
い
も
の
だ
と
し
て
も
、
例
え
ば
、
座
ま
す
が
、
時
に
は
改
良
で
き
な
い
も
の
が
造
ら
れ
る
こ
と
が
あ
る
の
で
す
。
例
え
ば
、
あ
な
た
が
家
で
快
適
に
暮
ち
に
仕
え
る
た
め
に
造
ら
れ
た
の
で
す
。
彼
ら
は
第
二
界
を
超
え
る
必
要
は
な
い
の
で
す
。
超
え
る
こ
と
も
で
き
た
も
の
で
す
。
さ
ま
ざ
ま
な
天
使
が
そ
う
で
す
。
例
え
ば
、
天
使
が
神
に
よ
っ
て
創
造
さ
れ
た
も
の
な
ら
、
私
た
り
ま
せ
ん
。
非
常
に
複
雑
な
事
な
の
で
、
別
の
日
に
説
明
し
ま
し
ょ
う
。
彼
ら
も
私
た
ち
が
使
う
た
め
に
造
ら
れ
即刻開悟の鍵
M こ Q
あ
な
た
の
現
在
の
カ
ル
マ
に
で
す
か
。
か
ら
来
る
の
で
し
ょ
う
。
次
に
、
前
世
は
ど
の
よ
う
に
カ
ル
マ
に
関
係
す
る
の
で
す
か
。
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
、
二
つ
質
問
が
あ
り
ま
す
。
ま
ず
、
あ
な
た
に
前
世
の
記
憶
が
あ
る
な
ら
、
そ
れ
は
ど
スプリームマスター チンハイ ・34・
め
な
ら
そ
う
す
る
こ
と
も
で
き
ま
す
。
か
ら
、
奥
の
方
に
行
く
こ
と
が
必
ず
し
も
重
要
で
、
お
勧
め
で
き
る
と
は
限
り
ま
せ
ん
。
け
れ
ど
も
、
冒
険
の
た
外
に
あ
る
発
電
室
に
入
っ
て
行
っ
た
と
し
た
ら
、
感
電
し
て
、
そ
こ
で
死
ん
で
し
ま
う
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
で
す
の
中
に
は
さ
ま
ざ
ま
な
も
の
が
た
く
さ
ん
あ
っ
て
も
、
常
に
重
要
だ
と
は
限
り
ま
せ
ん
。
さ
ら
に
建
物
の
裏
や
屋
と
奥
ま
で
の
ぞ
い
て
見
よ
う
と
思
い
入
っ
て
行
く
と
、
偶
然
ゴ
ミ
が
置
い
て
あ
る
場
所
に
出
た
り
し
ま
す
ね
。
家
客
間
に
招
か
れ
、
そ
こ
に
座
り
、
冷
た
い
飲
み
物
や
お
い
し
い
物
を
い
た
だ
き
ま
す
。
そ
し
て
、
家
の
中
を
も
っ
す
が
、
実
際
は
そ
う
で
も
あ
り
ま
せ
ん
。
例
え
ば
、
私
た
ち
が
美
し
い
邸
宅
に
行
っ
た
と
し
ま
す
。
そ
の
主
人
の
づ
け
ま
す
が
、
そ
れ
は
常
に
楽
し
い
と
は
限
り
ま
せ
ん
。
私
た
ち
は
い
つ
も
高
け
れ
ば
高
い
ほ
ど
良
い
と
考
え
ま
あ
な
た
を
一
人
で
行
か
せ
る
の
で
す
。
そ
し
て
、
第
五
界
を
超
越
す
る
と
、
私
た
ち
は
神
の
さ
ま
ざ
ま
な
面
に
近
て
い
る
法
門
は
、
あ
な
た
を
第
五
界
へ
連
れ
て
行
き
、
そ
の
後
、
あ
な
た
を
自
在
に
し
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
の
な
ど
た
く
さ
ん
あ
り
ま
す
が
、
第
五
界
ま
で
行
け
る
も
の
は
そ
れ
ほ
ど
多
く
あ
り
ま
せ
ん
。
私
た
ち
が
修
行
し
は
ア
ス
ト
ラ
ル
界
に
行
け
る
も
の
や
、
第
二
界
に
行
け
る
も
の
、
も
っ
と
遠
く
の
第
三
界
や
第
四
界
へ
行
け
る
も
到
達
で
き
る
の
で
す
。
他
に
も
た
く
さ
ん
の
法
門
が
あ
り
ま
す
が
、
望
む
な
ら
経
験
で
き
ま
す
。
マ
ー
ケ
ッ
ト
に
こ
と
で
、
私
た
ち
の
法
門
が
現
在
最
高
の
も
の
で
、
最
も
遠
い
境
界
(
き
ょ
う
が
い
)
に
到
達
し
、
終
点
に
ま
で
ら
あ
ら
ゆ
る
探
求
を
し
て
き
ま
し
た
。
今
も
若
く
見
え
ま
す
が
、
そ
の
時
は
も
っ
と
若
か
っ
た
の
で
す
。
と
い
う
・35・ 超世界の奥義
心
を
ひ
か
れ
ま
す
。
す
べ
て
が
そ
う
い
う
こ
と
で
す
。
味
を
感
じ
る
に
違
い
あ
り
ま
せ
ん
。
た
と
え
あ
な
た
が
今
科
学
者
で
な
く
て
も
、
や
は
り
ど
ん
な
科
学
研
究
に
も
た
が
前
世
で
、
あ
る
科
学
分
野
に
お
い
て
何
か
専
門
的
な
研
究
を
し
て
い
た
な
ら
、
現
世
で
も
同
様
に
そ
れ
に
興
し
ょ
う
。
特
に
長
い
階
段
で
下
の
方
が
暗
い
時
、
降
り
る
か
ど
う
か
と
葛
藤
す
る
で
し
ょ
う
。
あ
る
い
は
、
あ
な
こ
は
暗
く
て
誰
も
助
け
て
く
れ
な
か
っ
た
と
し
ま
す
。
す
る
と
、
今
で
も
階
段
を
降
り
る
時
少
し
怖
い
と
思
う
で
な
た
は
非
常
に
怖
が
り
ま
す
。
例
え
ば
、
前
世
で
あ
な
た
が
偶
然
に
階
段
か
ら
落
ち
て
ひ
ど
い
け
が
を
し
て
、
そ
同
様
に
、
前
世
で
あ
ま
り
に
も
不
愉
快
な
事
を
経
験
し
て
い
る
と
、
そ
の
経
験
に
よ
く
似
た
も
の
を
見
る
と
、
あ
た
め
だ
と
言
え
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
あ
な
た
が
前
世
で
吸
収
し
た
す
べ
て
が
、
現
在
の
生
活
に
影
響
し
ま
す
。
ど
う
関
連
す
る
か
と
い
う
質
問
で
し
た
ね
。
そ
れ
は
私
た
ち
が
学
ん
だ
経
験
で
あ
り
、
現
在
の
生
活
に
対
処
す
る
そ
れ
は
高
い
レ
ベ
ル
の
完
全
な
記
録
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
そ
れ
で
、
前
世
の
こ
う
し
た
経
験
が
現
在
の
カ
ル
マ
に
を
読
む
こ
と
が
で
き
ま
す
。
第
一
界
で
も
場
合
に
よ
っ
て
は
、
あ
る
人
の
前
世
を
垣
間
見
る
こ
と
が
で
き
ま
す
が
、
ま
す
。
こ
こ
の
関
係
者
だ
か
ら
で
す
。
で
す
か
ら
、
同
様
に
、
私
た
ち
が
第
二
界
に
到
達
し
た
時
は
前
世
の
記
録
演
に
招
か
れ
て
い
る
か
ら
で
す
。
そ
う
で
す
ね
。
誰
で
も
入
れ
る
わ
け
で
は
あ
り
ま
せ
ん
が
、
み
な
さ
ん
は
入
れ
れ
ま
す
。
誰
で
も
国
連
の
図
書
館
に
入
れ
る
わ
け
で
は
あ
り
ま
せ
ん
が
、
私
は
大
丈
夫
で
す
。
今
日
国
連
か
ら
講
レ
コ
ー
ド
」
に
あ
る
の
で
す
。
第
二
界
の
図
書
館
の
よ
う
な
も
の
で
、
そ
こ
に
た
ど
り
着
け
た
人
な
ら
誰
で
も
入
M QMQ
前
世
の
記
録
は
読
む
こ
と
が
で
き
、
そ
れ
は
確
か
な
こ
と
で
す
。
そ
れ
は
お
話
し
た
よ
う
に
「
ア
カ
シ
ッ
ク
・
前
世
の
記
録
で
す
。
そ
う
で
す
。
非
常
に
関
係
が
あ
り
ま
す
。
最
初
の
質
問
は
「
カ
ル
マ
は
ど
こ
か
ら
来
る
か
」
で
す
ね
。
現
在
の
カ
ル
マ
と
人
の
現
在
の
考
え
で
す
。
そ
れ
ら
は
超
過
手
荷
物
の
よ
う
な
も
の
で
す
か
。
即刻開悟の鍵
拘
束
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
条
件
と
し
て
経
験
は
何
も
い
り
ま
せ
ん
。
事
前
に
ヨ
ー
ガ
や
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
スプリームマスター チンハイ ・36・
Mの Q
ま
ず
、
す
べ
て
が
無
料
で
何
も
拘
束
さ
れ
ま
せ
ん
。
あ
な
た
が
修
行
を
続
け
た
い
と
思
う
時
だ
け
、
自
分
を
で
し
ょ
う
か
。
印
心
の
条
件
は
明
確
に
は
ど
う
い
う
こ
と
で
す
か
。
印
心
を
し
た
ら
、
日
々
ど
の
よ
う
に
修
行
し
た
ら
い
い
人
が
戻
る
選
択
を
し
た
時
は
、
第
三
界
か
ら
来
る
こ
と
も
あ
り
ま
す
。
み
な
優
秀
で
天
才
で
す
。
の
よ
う
な
人
は
、
超
世
界
、
ア
ス
ト
ラ
ル
界
や
第
二
界
の
よ
う
な
世
界
か
ら
来
た
専
門
家
で
す
。
時
に
は
、
そ
の
の
世
で
の
学
習
と
超
世
界
で
の
学
習
と
、
二
つ
の
方
法
が
あ
り
ま
す
。
生
ま
れ
な
が
ら
に
し
て
才
能
の
あ
る
天
才
よ
う
な
発
明
で
す
。
い
い
で
す
か
。
彼
ら
は
す
で
に
そ
れ
を
見
た
こ
と
も
、
学
ん
だ
こ
と
も
あ
る
か
ら
で
す
。
こ
い
よ
う
な
事
で
す
。
あ
る
種
の
並
外
れ
た
発
明
力
で
、
他
の
人
に
は
理
解
で
き
ま
せ
ん
。
夢
に
も
思
い
つ
か
な
い
た
ぐ
い
ま
れ
な
科
学
的
、
音
楽
的
、
文
学
的
才
能
や
各
種
の
発
明
力
が
あ
る
の
で
す
。
そ
れ
は
他
の
人
が
知
ら
な
わ
る
前
に
、
ア
ス
ト
ラ
ル
界
や
第
二
界
か
ら
多
く
の
事
を
学
ん
で
い
ま
す
。
で
す
か
ら
、
彼
ら
に
は
生
ま
れ
つ
き
楽
を
続
け
た
い
と
強
く
望
ん
だ
か
ら
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
こ
の
よ
う
な
人
々
は
、
再
び
こ
の
世
に
生
ま
れ
変
過
去
の
音
楽
的
才
能
か
ら
学
ん
だ
す
べ
て
の
経
験
が
彼
の
と
こ
ろ
に
戻
っ
て
き
た
の
で
す
。
そ
れ
は
死
ぬ
時
、
音
て
る
こ
と
に
満
足
し
て
い
な
か
っ
た
の
で
す
。
音
楽
を
愛
し
て
い
た
か
ら
で
す
。
そ
れ
で
彼
は
戻
っ
て
来
ま
し
た
。
涯
で
音
楽
的
な
頂
点
に
達
す
る
前
に
死
ん
で
し
ま
い
ま
し
た
。
で
す
か
ら
、
生
涯
を
閉
じ
、
そ
の
キ
ャ
リ
ア
を
捨
楽
の
練
習
を
し
て
い
た
か
ら
で
す
。
で
も
、
彼
は
そ
の
後
死
ん
で
し
ま
っ
た
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
彼
の
生
な
り
、
現
在
に
至
っ
て
も
な
お
有
名
で
す
。
彼
は
天
才
で
し
た
。
そ
れ
は
マ
イ
ス
タ
ー
に
な
る
ま
で
何
世
代
も
音
モ
ー
ツ
ァ
ル
ト
が
天
才
だ
っ
た
の
は
そ
う
い
う
わ
け
で
す
。
四
才
に
し
て
ピ
ア
ノ
の
才
能
を
発
揮
し
、
有
名
に
・37・ 超世界の奥義
課
す
る
以
外
に
は
、
何
の
条
件
も
あ
り
ま
せ
ん
。
修
行
を
続
け
れ
ば
日
々
生
活
は
良
く
な
り
、
い
ろ
い
ろ
な
奇
跡
も
の
で
す
。
こ
れ
で
満
足
で
し
ょ
う
か
。
(
質
問
者
:
は
い
)
生
涯
を
通
し
て
、
あ
な
た
が
自
分
自
身
に
修
行
を
間
を
無
駄
に
し
て
い
ま
す
。
ロ
ン
グ
ア
イ
ラ
ン
ド
ま
で
ド
ラ
イ
ブ
す
る
代
わ
り
に
、
裏
庭
を
走
っ
て
い
る
よ
う
な
費
や
す
時
間
を
減
ら
せ
ば
、
た
く
さ
ん
の
時
間
を
節
約
で
き
ま
す
。
実
際
、
時
間
は
た
く
さ
ん
あ
り
ま
す
が
、
時
し
て
み
ま
し
ょ
う
。
テ
レ
ビ
を
見
た
り
、
世
間
話
を
し
た
り
、
電
話
を
か
け
た
り
、
新
聞
を
読
ん
だ
り
す
る
の
に
夜
に
あ
と
一
時
間
か
三
十
分
し
ま
す
。
そ
し
て
、
朝
一
時
間
早
く
起
き
れ
ば
い
い
の
で
す
。
生
活
を
も
っ
と
調
整
な
い
時
は
、
一
時
間
の
昼
休
み
は
ど
こ
か
に
隠
れ
て
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
で
き
ま
す
。
そ
れ
で
も
う
一
時
間
で
す
。
き
ま
し
ょ
う
。
就
寝
前
に
二
時
間
、
昼
休
み
に
三
十
分
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
を
し
ま
す
。
私
が
こ
こ
で
講
演
を
し
し
ま
す
。
そ
う
し
な
い
な
ら
、
そ
れ
ま
で
で
す
。
毎
日
二
時
間
半
の
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
を
し
ま
す
。
朝
早
く
起
わ
せ
た
り
は
で
き
ま
せ
ん
か
ら
。
あ
な
た
が
引
き
続
き
修
行
し
、
私
の
助
け
が
必
要
な
時
だ
け
、
ず
っ
と
手
助
け
印
心
後
、
真
剣
に
行
う
な
ら
、
家
で
修
行
を
続
け
ま
す
。
真
剣
に
行
わ
な
い
な
ら
、
強
要
し
た
り
、
こ
れ
以
上
煩
意
識
レ
ベ
ル
に
引
き
上
げ
ま
す
。
サ
マ
デ
ィ
ー
の
味
わ
い
、
つ
ま
り
深
い
安
ら
ぎ
と
喜
び
を
理
解
す
る
で
し
ょ
う
。
印
心
の
時
、
あ
な
た
は
神
の
光
と
音
を
体
験
し
ま
す
。
い
い
で
す
か
。
こ
の
霊
性
の
音
楽
は
、
あ
な
た
を
高
い
悟
で
は
な
い
に
し
て
も
、
即
刻
証
明
は
あ
り
ま
し
た
ね
。
(
笑
い
)
い
う
事
を
知
っ
て
い
ま
す
か
。
(
あ
る
人
が
答
え
る
:
は
い
)
知
っ
て
い
る
の
で
す
か
。
す
ご
い
で
す
ね
。
即
刻
開
い
わ
ゆ
る
ブ
ー
ド
ゥ
ー
教
の
人
は
、
卵
を
使
っ
て
霊
に
取
り
つ
か
れ
た
人
々
か
ら
霊
を
引
き
出
す
の
で
す
。
こ
う
ま
せ
ん
。
否
定
的
な
パ
ワ
ー
を
引
き
付
け
る
傾
向
が
あ
る
か
ら
で
す
。
そ
れ
で
黒
魔
術
や
白
魔
術
を
操
る
人
や
、
殺
生
し
な
け
れ
ば
す
べ
て
大
丈
夫
で
す
が
、
卵
は
半
殺
生
に
な
り
ま
す
の
で
、
た
と
え
無
精
卵
で
あ
っ
て
も
い
け
ン
の
知
識
も
必
要
あ
り
ま
せ
ん
。
け
れ
ど
も
、
生
涯
ビ
ー
ガ
ン
を
貫
か
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
卵
は
ダ
メ
で
す
。
即刻開悟の鍵
で
ど
う
感
じ
る
か
は
、
あ
な
た
に
し
か
わ
か
り
ま
せ
ん
。
こ
う
い
う
こ
と
を
説
明
す
る
の
は
本
当
に
難
し
い
の
で
に
処
理
で
き
、
問
題
の
解
決
も
上
手
に
な
り
ま
す
。
物
質
レ
ベ
ル
に
さ
え
利
益
が
及
ぶ
の
で
す
。
あ
な
た
の
内
面
何
も
心
配
い
り
ま
せ
ん
。
日
常
生
活
の
す
べ
て
の
事
が
よ
く
わ
か
る
よ
う
に
な
り
ま
す
。
前
よ
り
も
物
事
を
上
手
スプリームマスター チンハイ ・38・
理
解
を
し
、
違
っ
た
感
じ
方
を
し
ま
す
。
た
だ
確
実
に
安
ら
ぎ
と
平
穏
と
喜
び
に
満
た
さ
れ
る
の
を
感
じ
ま
す
。
は
難
し
い
の
で
す
。
さ
ら
に
別
の
高
い
意
識
レ
ベ
ル
に
到
達
す
れ
ば
、
そ
の
悟
り
も
異
な
っ
て
き
ま
す
。
違
っ
た
象
的
な
も
の
は
説
明
し
に
く
い
の
で
す
が
、
や
っ
て
み
ま
し
た
。
こ
れ
は
一
種
の
悟
り
の
こ
と
で
、
説
明
す
る
の
の
で
す
。
学
べ
ば
学
ぶ
ほ
ど
理
解
が
深
く
な
り
、
そ
れ
で
卒
業
し
て
い
き
ま
す
。
こ
れ
で
満
足
で
し
ょ
う
か
。
抽
ん
の
事
が
あ
り
ま
す
。
意
識
の
レ
ベ
ル
と
は
一
種
の
理
解
度
の
違
い
で
、
ち
ょ
う
ど
大
学
を
卒
業
す
る
よ
う
な
も
の
か
、
超
世
界
に
は
何
が
あ
る
の
か
、
こ
の
世
の
住
人
以
外
に
誰
が
い
る
の
か
、
本
当
に
わ
か
り
ま
す
。
た
く
さ
そ
れ
が
本
性
で
す
。
こ
の
本
性
、
い
わ
ゆ
る
智
慧
を
い
っ
た
ん
開
け
ば
、
自
分
は
誰
な
の
か
、
な
ぜ
こ
こ
に
い
る
今
ま
で
は
知
ら
な
か
っ
た
こ
の
世
の
事
を
知
っ
た
り
、
わ
か
ら
な
か
っ
た
た
く
さ
ん
の
事
を
理
解
す
る
こ
と
で
す
。
と
は
一
種
の
智
慧
の
事
で
、
あ
な
た
が
あ
る
事
を
今
ま
で
よ
り
も
っ
と
理
解
し
た
り
、
超
世
界
の
事
を
知
っ
た
り
、
MQ
本
性
で
す
ね
、
わ
か
り
ま
し
た
。
説
明
す
る
の
は
難
し
い
で
す
が
、
知
識
を
使
え
ば
想
像
で
き
ま
す
。
本
性
本
性
と
は
何
で
し
ょ
う
。
説
明
し
て
く
だ
さ
い
。
真
剣
に
修
行
し
て
い
る
か
ら
で
す
。
ず
っ
と
修
行
し
て
い
る
の
で
す
。
と
い
う
の
は
、
彼
ら
は
ど
ん
ど
ん
良
い
体
験
を
し
て
い
る
か
ら
で
す
。
本
当
に
上
で
の
天
国
と
は
ど
ん
な
も
の
か
体
験
す
る
の
で
す
。
そ
う
や
っ
て
、
何
十
万
も
の
弟
子
が
私
に
つ
い
て
何
年
も
を
体
験
し
ま
す
。
願
う
こ
と
な
く
自
然
に
起
こ
る
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
あ
な
た
が
本
当
に
真
剣
な
ら
、
地
・39・ 超世界の奥義
護
送
隊
が
そ
っ
く
り
必
要
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
当
時
、
ト
ラ
ッ
ク
が
あ
っ
た
と
し
て
も
大
型
が
必
要
だ
っ
た
が
あ
り
ま
し
た
。
そ
の
上
、
一
文
字
一
文
字
彫
っ
て
い
か
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
一
組
の
聖
書
を
運
ぶ
に
は
、
そ
の
斧
は
す
ぐ
に
ダ
メ
に
な
り
、
使
い
も
の
に
な
ら
ず
、
石
で
研
が
な
く
て
は
な
り
ま
せ
ん
し
、
い
ろ
い
ろ
問
題
を
印
刷
す
る
に
は
、
ま
ず
粗
末
な
斧
で
木
を
切
り
倒
し
、
小
さ
く
切
ら
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
で
し
た
。
し
か
も
、
オ
の
情
報
網
が
あ
り
、
各
種
の
書
籍
が
あ
り
、
大
量
の
本
を
わ
ず
か
な
時
間
で
印
刷
で
き
ま
す
。
昔
は
一
冊
の
本
し
て
い
る
こ
と
を
知
っ
て
い
ま
す
。
と
い
う
の
は
、
現
代
は
幸
運
に
も
マ
ス
メ
デ
ィ
ア
が
あ
り
、
テ
レ
ビ
や
ラ
ジ
要
性
で
決
ま
る
の
で
す
。
た
だ
、
現
在
私
た
ち
は
以
前
よ
り
も
多
く
の
さ
ま
ざ
ま
な
レ
ベ
ル
の
マ
ス
タ
ー
が
出
現
た
。
け
れ
ど
も
、
い
つ
の
時
代
も
だ
い
た
い
一
人
か
ら
五
人
く
ら
い
の
マ
ス
タ
ー
は
い
ま
し
た
。
そ
の
時
代
の
必
の
マ
ス
タ
ー
自
身
の
選
択
、
伝
授
す
る
こ
と
を
望
ん
だ
か
ど
う
か
、
ま
た
一
般
大
衆
と
の
縁
に
よ
っ
て
違
い
ま
し
と
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
も
ち
ろ
ん
、
何
人
か
は
他
の
マ
ス
タ
ー
よ
り
近
づ
き
や
す
か
っ
た
の
で
す
。
そ
れ
は
、
そ
の
情
報
を
得
る
こ
と
が
で
き
ま
す
。
過
去
に
は
マ
ス
タ
ー
が
存
在
し
な
か
っ
た
と
か
、
探
し
難
か
っ
た
と
い
う
こ
Mそ 彼 と Q
え
え
も
ち
ろ
ん
。
現
代
の
情
報
伝
達
は
発
達
し
て
い
ま
す
の
で
、
私
た
ち
は
マ
ス
タ
ー
に
つ
い
て
よ
り
多
く
の
こ
と
に
つ
い
て
話
し
て
い
た
だ
け
ま
す
か
。
ら
は
す
ぐ
に
学
べ
る
機
会
を
与
え
て
く
れ
て
い
ま
す
が
、
過
去
に
お
い
て
は
と
て
も
難
し
か
っ
た
の
で
す
か
。
に
つ
い
て
お
話
し
い
た
だ
け
ま
す
か
。
今
、
地
球
上
に
た
く
さ
ん
の
マ
ス
タ
ー
が
い
る
の
は
な
ぜ
で
し
ょ
う
か
。
敬
愛
な
る
マ
ス
タ
ー
、
ご
教
示
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
。
よ
ろ
し
け
れ
ば
私
が
心
の
中
で
感
じ
て
い
る
こ
他
の
誰
に
も
わ
か
り
ま
せ
ん
。
す
。
あ
な
た
が
愛
す
る
女
性
と
結
婚
す
る
よ
う
な
も
の
で
、
そ
の
感
覚
は
あ
な
た
自
身
に
し
か
わ
か
り
ま
せ
ん
。
即刻開悟の鍵
す
。
あ
な
た
の
智
慧
が
開
い
て
い
れ
ば
(
マ
ス
タ
ー
は
額
を
指
差
す
)
、
レ
ベ
ル
の
高
い
修
行
者
に
こ
の
よ
う
な
光
の
あ
る
人
に
は
そ
の
光
が
見
え
る
の
で
、
後
光
が
さ
し
て
い
る
イ
エ
ス
や
、
光
に
包
ま
れ
た
仏
陀
を
描
い
た
の
で
を
修
行
す
れ
ば
、
あ
な
た
も
イ
エ
ス
の
絵
に
あ
る
の
と
同
じ
光
を
放
ち
、
人
々
に
は
そ
れ
が
見
え
ま
す
。
超
能
力
スプリームマスター チンハイ ・40・
う
で
す
ね
。
で
す
か
ら
、
聖
人
に
は
み
な
後
光
が
さ
し
て
い
る
の
で
す
。
そ
れ
が
す
な
わ
ち
光
で
す
。
こ
の
法
門
ど
、
海
に
潜
る
の
に
酸
素
マ
ス
ク
な
ど
装
備
一
式
が
必
要
な
の
と
同
じ
で
す
。
そ
れ
ぞ
れ
目
的
が
違
い
ま
す
。
そ
ん
が
、
そ
う
い
う
こ
と
で
す
。
天
国
へ
通
じ
る
た
め
に
は
光
と
音
を
備
え
て
い
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
ち
ょ
う
た
に
即
座
に
光
と
音
を
与
え
る
こ
と
が
で
き
な
い
人
は
、
真
の
マ
ス
タ
ー
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ら
試
し
て
み
る
べ
き
で
し
ょ
う
。
な
ぜ
な
ら
、
光
と
音
は
真
の
マ
ス
タ
ー
を
測
る
基
準
に
な
る
か
ら
で
す
。
あ
な
え
な
い
で
く
だ
さ
い
。
け
れ
ど
も
、
も
し
ま
だ
疑
っ
て
い
る
な
ら
、
私
が
言
う
光
と
音
の
体
験
を
し
て
い
な
い
な
タ
ー
に
非
常
に
執
着
し
、
深
く
信
じ
て
い
る
の
な
ら
、
す
で
に
そ
の
マ
ス
タ
ー
が
一
番
だ
と
信
じ
て
い
る
な
ら
代
だ
け
印
心
を
授
け
ま
す
。
そ
う
で
な
け
れ
ば
、
前
の
マ
ス
タ
ー
か
ら
離
れ
な
い
方
が
い
い
で
し
ょ
う
。
前
の
マ
ス
Mタ Q
私
の
方
が
他
の
人
よ
り
も
っ
と
速
く
、
よ
り
高
い
レ
ベ
ル
に
連
れ
て
行
け
る
と
、
本
当
に
信
じ
て
い
る
人
に
ー
か
ら
印
心
を
受
け
て
い
る
人
に
も
印
心
を
伝
授
な
さ
い
ま
す
か
。
私
の
質
問
で
す
が
、
マ
ス
タ
ー
は
シ
ョ
ッ
ピ
ン
グ
の
お
話
を
さ
れ
ま
し
た
が
、
あ
な
た
は
す
で
に
他
の
マ
ス
で
き
ま
す
。
「
こ
れ
が
い
い
」
と
か
、
「
あ
ち
ら
の
方
が
好
き
だ
」
「
恐
そ
う
な
顔
だ
」
「
あ
っ
ち
は
醜
い
」
な
ど
と
。
と
言
っ
て
み
な
さ
ん
を
だ
ま
せ
る
人
は
誰
も
い
ま
せ
ん
。
み
な
さ
ん
は
比
較
し
、
智
慧
を
使
い
、
聡
明
な
判
断
が
が
い
い
の
で
す
。
シ
ョ
ッ
ピ
ン
グ
が
で
き
、
欲
し
い
も
の
が
選
べ
る
の
は
大
変
良
い
こ
と
で
す
。
「
私
が
一
番
だ
」
で
し
ょ
う
。
と
い
う
こ
と
で
、
私
た
ち
は
た
く
さ
ん
の
マ
ス
タ
ー
を
知
っ
て
い
る
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
運
・41・ 超世界の奥義
Q
MQす MQMQMQ
あ
な
た
が
ま
だ
そ
の
法
門
を
信
じ
る
な
ら
、
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
を
続
け
る
べ
き
で
す
。
多
少
は
あ
な
た
の
か
は 。 そ
い
れ
。
で
パ
ワ
ー
が
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
で
す
ね
。
ま
た
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
を
す
べ
き
で
す
。
ど
う
で
今
は
見
え
ま
せ
ん
。
も
う
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
を
し
て
い
ま
せ
ん
か
ら
。
今
は
見
え
な
い
の
で
す
か
。
時
々
は
見
え
ま
す
か
。
私
が
見
た
の
も
オ
ー
ラ
だ
っ
た
と
思
い
ま
す
。
当
時
、
私
は
あ
ま
り
知
識
が
な
か
っ
た
の
で
。
ラ
ー
ジ
ャ
ヨ
ー
ガ
で
す
ね
。
質
問
で
は
な
い
の
で
す
が
、
私
は
以
前
し
ば
ら
く
ラ
ー
ジ
ャ
ヨ
ー
ガ
の
修
行
を
し
て
い
ま
し
た
。
・
小
冊
子
に
五
つ
の
指
針
と
あ
り
ま
し
た
が
。
い
っ
た
ん
印
心
し
た
ら
、
五
つ
の
指
針
を
守
ら
な
く
て
は
な
ら
助
け
に
な
っ
て
い
ま
す
。
害
で
は
な
い
で
し
ょ
う
。
い
い
で
す
ね
。
・
な
い
の
で
し
ょ
う
か
。
修
行
の
レ
ベ
ル
が
高
い
人
の
非
常
に
強
い
オ
ー
ラ
を
見
た
時
は
、
そ
の
違
い
が
わ
か
り
ま
す
。
そ
う
で
す
ね
。
に
は
コ
ー
ヒ
ー
色
、
ま
た
黄
色
や
赤
な
ど
で
、
そ
の
時
の
そ
の
人
の
気
分
に
よ
っ
て
決
ま
り
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
MQが
そ
う
で
す
か
。
で
も
オ
ー
ラ
は
光
と
は
違
い
ま
す
。
オ
ー
ラ
に
は
い
ろ
い
ろ
な
色
が
あ
り
、
時
に
は
黒
、
時
オ
ー
ラ
が
見
え
ま
す
。
あ
る
の
が
見
え
ま
す
。
多
く
の
人
に
見
え
ま
す
。
誰
か
見
え
る
人
は
い
ま
す
か
。
あ
な
た
は
何
が
見
え
ま
す
か
。
即刻開悟の鍵
だ
か
ら
だ
と
思
い
ま
す
。
自
分
や
他
人
を
笑
う
こ
と
も
、
こ
の
人
生
の
ば
か
げ
た
事
を
笑
う
こ
と
も
で
き
ま
す
。
スプリームマスター チンハイ ・42・
Mに Q
あ
あ
、
わ
か
り
ま
し
た
。
マ
ス
タ
ー
た
ち
は
本
当
に
幸
せ
で
リ
ラ
ッ
ク
ス
し
て
い
て
、
何
に
対
し
て
も
陽
気
は
ど
ん
な
関
係
が
あ
る
の
で
す
か
。
多
く
の
霊
修
行
の
マ
ス
タ
ー
に
は
、
素
晴
ら
し
い
ユ
ー
モ
ア
が
あ
る
と
気
付
き
ま
し
た
。
修
行
と
ユ
ー
モ
ア
な
い
方
が
い
い
の
で
す
。
パ
ー
ト
ナ
ー
を
傷
つ
け
る
こ
と
に
な
る
か
ら
で
す
。
し
、
再
び
繰
り
返
し
て
は
い
け
な
い
の
で
す
。
そ
れ
だ
け
で
す
。
こ
の
こ
と
は
あ
な
た
の
パ
ー
ト
ナ
ー
に
は
話
さ
に
す
み
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
事
実
を
知
っ
た
ら
傷
つ
き
ま
す
。
で
す
か
ら
、
私
た
ち
は
自
分
で
問
題
を
解
決
し
て
家
に
ゴ
ミ
を
持
ち
帰
っ
て
、
人
に
食
べ
さ
せ
る
の
で
し
ょ
う
か
。
知
ら
ず
に
い
れ
ば
、
そ
れ
ほ
ど
苦
し
ま
ず
す
が
、
そ
れ
は
ば
か
げ
た
こ
と
で
す
。
よ
く
あ
り
ま
せ
ん
。
あ
な
た
は
す
で
に
過
ち
を
犯
し
て
い
る
の
に
、
ど
う
し
た
ら
、
家
に
帰
っ
て
す
べ
て
を
妻
や
夫
に
告
白
す
る
こ
と
が
賢
明
で
正
直
な
こ
と
だ
と
思
っ
て
い
る
人
が
い
ま
え
ば
傷
つ
け
る
だ
け
で
す
。
た
だ
黙
っ
て
ゆ
っ
く
り
解
決
し
て
、
告
白
し
て
は
い
け
ま
せ
ん
。
な
か
に
は
浮
気
を
る
人
に
対
し
て
は
な
お
さ
ら
で
す
。
す
で
に
愛
す
る
人
が
い
る
な
ら
、
そ
の
人
に
は
言
っ
て
は
い
け
ま
せ
ん
。
言
ち
は
誰
に
対
し
て
も
、
感
情
的
、
肉
体
的
、
ま
た
精
神
的
な
争
い
や
苦
痛
を
避
け
る
よ
う
努
め
ま
す
。
特
に
愛
す
傷
つ
け
る
か
ら
で
す
。
私
た
ち
は
た
と
え
人
の
感
情
で
あ
ろ
う
と
傷
つ
け
ま
せ
ん
。
そ
う
い
う
意
味
で
す
。
私
た
た
の
生
活
を
複
雑
に
せ
ず
、
も
っ
と
シ
ン
プ
ル
に
し
て
、
感
情
的
な
口
げ
ん
か
を
な
く
す
の
で
す
。
人
の
感
情
を
MQM
あ
な
た
に
夫
が
い
る
な
ら
、
二
人
目
は
探
し
て
は
い
け
な
い
と
い
う
こ
と
で
す
。
非
常
に
簡
単
で
す
。
あ
な
私
に
は
邪
淫
を
し
て
は
な
ら
な
い
と
い
う
意
味
が
わ
か
ら
な
い
の
で
す
が
。
え
え
、
そ
う
で
す
。
そ
れ
は
宇
宙
の
法
則
で
す
。
・43・ 超世界の奥義
も
聞
く
人
は
い
ま
せ
ん
。
時
間
の
無
駄
で
す
。
聴
衆
笑
う
)
み
な
さ
ん
の
た
め
に
も
そ
う
で
あ
る
こ
と
を
望
み
ま
す
。
悟
り
を
開
い
て
い
な
い
人
の
話
を
二
時
間
答
え
る
:
は
い
。
笑
い
と
拍
手
)
そ
れ
な
ら
、
私
も
き
っ
と
何
か
の
マ
ス
タ
ー
な
の
で
し
ょ
う
。
(
マ
ス
タ
ー
と
生
ま
れ
る
の
で
す
。
そ
う
い
う
こ
と
だ
と
私
は
思
い
ま
す
。
私
に
ユ
ー
モ
ア
の
セ
ン
ス
が
あ
る
の
で
す
か
。
(
聴
衆
く
な
り
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
私
た
ち
は
自
然
に
リ
ラ
ッ
ク
ス
し
ま
す
。
そ
う
や
っ
て
ユ
ー
モ
ア
の
セ
ン
ス
は
し
て
仕
事
を
し
な
い
と
い
う
の
で
し
ょ
う
。
悟
っ
た
後
は
私
た
ち
の
生
活
は
も
っ
と
楽
に
な
り
、
何
の
心
配
も
な
や
災
害
の
被
災
者
や
す
べ
て
の
人
を
助
け
る
こ
と
が
で
き
ま
す
。
私
た
ち
は
多
芸
多
才
な
の
に
、
い
っ
た
い
ど
う
ら
の
寄
付
も
受
け
ま
せ
ん
。
私
の
稼
ぐ
お
金
は
人
々
を
助
け
ら
れ
る
ほ
ど
多
額
に
な
る
こ
と
も
あ
り
ま
す
。
難
民
ま
す
か
。
例
え
ば
、
私
も
仕
事
を
し
て
い
ま
す
。
絵
を
描
き
、
手
工
芸
な
ど
で
生
活
費
を
稼
い
で
い
ま
す
。
誰
か
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
す
る
と
い
う
こ
と
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
私
た
ち
は
仕
事
を
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
わ
か
り
け
た
り
し
ま
せ
ん
。
命
を
大
切
に
す
る
こ
と
は
も
ち
ろ
ん
良
い
こ
と
で
す
が
、
そ
れ
は
一
日
中
針
の
む
し
ろ
で
メ
ち
は
自
分
自
身
や
命
で
さ
え
重
視
し
ま
せ
ん
。
そ
れ
を
維
持
す
る
た
め
に
、
あ
ら
ゆ
る
苦
悩
や
苦
痛
を
く
ぐ
り
抜
く
さ
ん
の
も
の
を
得
た
な
ら
、
た
だ
人
々
の
利
益
の
た
め
に
、
愛
す
る
人
の
利
益
の
た
め
に
提
供
し
ま
す
。
私
た
こ
の
世
に
執
着
を
感
じ
な
く
な
り
、
何
を
得
て
も
失
っ
て
も
、
も
は
や
何
の
意
味
も
な
く
な
り
ま
す
。
も
し
、
た
そ
れ
で
私
た
ち
は
何
も
怖
く
な
く
な
り
、
恐
れ
た
り
、
心
配
し
た
り
し
な
く
な
り
ま
す
。
そ
れ
で
リ
ラ
ッ
ク
ス
し
、
ま
せ
ん
。
悟
り
を
得
る
と
、
ど
ん
な
状
況
で
も
自
分
の
面
倒
を
見
る
の
に
十
分
な
智
慧
と
能
力
が
備
わ
り
ま
す
。
こ
と
で
す
。
す
べ
て
を
失
っ
た
ら
失
っ
た
で
、
そ
れ
も
い
い
で
し
ょ
う
し
、
す
べ
て
を
得
た
な
ら
、
そ
れ
も
構
い
る
と
リ
ラ
ッ
ク
ス
し
、
そ
れ
ほ
ど
深
刻
に
は
な
り
ま
せ
ん
。
明
日
死
ぬ
な
ら
死
に
、
生
き
る
な
ら
生
き
る
と
い
う
多
く
の
人
が
深
刻
で
緊
張
し
て
、
真
剣
に
し
が
み
つ
い
て
い
る
時
に
笑
え
る
の
で
す
。
私
た
ち
が
少
し
修
行
を
す
即刻開悟の鍵
刺
激
的
な
も
の
を
学
ぶ
た
め
で
す
。
ハ
ラ
ハ
ラ
す
る
よ
う
な
体
験
が
好
き
な
人
も
い
ま
す
。
例
え
ば
、
王
子
は
宮
お
そ
ら
く
あ
な
た
は
ず
っ
と
前
、
最
初
に
こ
こ
に
い
る
こ
と
を
選
ん
だ
の
で
し
ょ
う
。
も
っ
と
ス
リ
ル
の
あ
る
か
を
選
べ
る
の
で
す
。
スプリームマスター チンハイ ・44・
に
は
自
由
意
志
が
あ
り
ま
す
。
天
国
に
と
ど
ま
る
か
、
ど
こ
か
他
の
場
所
へ
行
き
、
自
分
の
た
め
に
経
験
を
積
む
に
似
て
い
ま
す
。
そ
れ
で
、
彼
は
ど
こ
か
行
き
た
い
時
だ
け
、
そ
の
場
所
へ
行
く
の
で
す
。
と
に
か
く
、
私
た
ち
ま
す
か
。
王
子
は
国
王
に
似
て
い
ま
す
。
あ
る
面
に
お
い
て
、
多
少
な
り
と
も
国
王
に
、
あ
る
い
は
未
来
の
国
王
ち
を
無
理
に
こ
こ
に
と
ど
め
て
お
く
こ
と
は
で
き
ま
せ
ん
。
い
わ
ゆ
る
神
の
子
は
神
自
身
に
似
て
い
ま
す
。
違
い
な
た
は
こ
こ
に
い
る
の
が
好
き
な
の
で
し
ょ
う
。
私
た
ち
は
神
の
子
で
す
か
ら
、
そ
う
で
な
け
れ
ば
、
誰
も
私
た
い
)
こ
れ
に
関
し
て
私
は
専
門
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
二
番
目
の
、
「
な
ぜ
こ
こ
に
い
る
か
」
で
す
が
、
た
ぶ
ん
あ
ー
ク
の
禅
マ
ス
タ
ー
の
一
人
を
訪
ね
て
聞
い
て
く
だ
さ
い
。
イ
エ
ロ
ー
ペ
ー
ジ
で
捜
せ
ば
見
つ
か
り
ま
す
。
(
笑
M
ユ
ー
モ
ア
が
湧
い
て
き
ま
し
た
。
(
笑
い
と
拍
手
)
「
私
は
誰
か
」
と
い
う
質
問
に
関
し
て
は
、
ニ
ュ
ー
ヨ
ょ
う
か
。
こ
う
い
っ
た
質
問
で
す
。
た
め
で
し
ょ
う
。
私
が
実
際
に
そ
こ
に
戻
る
必
要
が
な
い
な
ら
、
そ
の
世
界
は
私
と
ど
ん
な
関
係
が
あ
る
の
で
し
以
上
行
く
こ
と
が
重
要
だ
と
は
限
ら
な
い
と
話
さ
れ
ま
し
た
が
、
そ
れ
な
ら
、
そ
の
上
に
世
界
が
あ
る
の
は
何
の
た
の
で
し
ょ
う
か
。
ま
た
家
に
帰
る
の
は
な
ぜ
重
要
な
事
な
の
で
し
ょ
う
。
マ
ス
タ
ー
は
第
五
界
に
帰
り
、
そ
れ
家
に
帰
ら
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
よ
う
な
苦
境
に
追
い
込
ま
れ
た
の
か
」
で
す
。
私
た
ち
は
ど
う
や
っ
て
家
を
離
れ
り
で
す
。
そ
れ
で
、
私
は
あ
な
た
の
見
解
が
聞
き
た
い
の
で
す
が
。
ま
ず
、
「
私
た
ち
は
誰
か
。
私
は
誰
か
。
な
ぜ
Q
魂
の
探
求
を
し
て
い
る
と
、
常
に
浮
か
ん
で
く
る
疑
問
が
あ
り
ま
す
が
、
得
ら
れ
る
の
は
理
論
や
故
事
ば
か
・45・ 超世界の奥義
で
な
い
の
か
」
で
す
が
、
そ
れ
は
あ
な
た
次
第
で
す
。
第
五
界
を
超
え
れ
ば
、
行
き
た
い
所
ど
こ
に
で
も
行
け
ま
は
こ
れ
だ
け
で
す
。
そ
れ
か
ら
、
「
な
ぜ
家
に
帰
ら
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
か
。
な
ぜ
第
五
界
で
あ
っ
て
、
第
六
界
息
し
ま
す
。
そ
し
て
、
再
び
冒
険
の
旅
に
出
る
か
ど
う
か
考
え
る
の
で
す
。
い
い
で
す
か
。
今
、
私
が
言
え
る
の
学
び
た
い
事
は
何
も
な
い
、
旅
す
る
こ
と
に
疲
れ
た
と
感
じ
た
か
ら
で
す
。
休
み
た
い
の
で
家
に
帰
り
、
ま
ず
休
た
の
で
帰
ろ
う
と
思
っ
て
い
る
の
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
こ
の
世
界
か
ら
は
十
分
に
学
ん
で
し
ま
っ
た
の
で
、
も
う
ら
、
あ
な
た
は
た
ぶ
ん
、
し
ば
ら
く
の
間
こ
こ
に
い
る
こ
と
を
選
ん
だ
の
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
そ
し
て
時
間
が
来
二
、
三
ヶ
月
と
か
、
ち
ょ
う
ど
わ
が
ま
ま
な
妻
が
夫
か
ら
逃
げ
出
す
よ
う
に
。
そ
れ
が
私
の
選
択
で
す
。
で
す
か
演
は
私
の
義
務
で
す
か
ら
、
そ
れ
ほ
ど
頻
繁
に
は
逃
げ
出
せ
な
く
な
り
ま
し
た
が
、
た
ま
に
は
逃
げ
出
し
ま
す
。
講
演
の
時
以
外
、
私
は
非
常
に
恥
ず
か
し
が
り
屋
で
す
。
人
々
が
私
を
見
つ
け
出
し
、
有
名
に
な
っ
て
か
ら
講
は
誰
も
私
を
知
ら
な
い
所
に
行
っ
て
み
た
い
か
ら
で
す
。
ま
す
。
私
は
そ
う
す
る
の
が
好
き
で
す
。
と
い
う
の
は
、
ど
こ
に
行
っ
て
も
誰
か
に
見
ら
れ
て
い
る
の
で
、
時
に
さ
な
無
煙
の
オ
ー
ト
三
輪
を
運
転
し
ま
す
。
充
電
し
て
時
速
一
〇
マ
イ
ル
で
、
い
い
え
、
時
速
一
〇
キ
ロ
で
走
り
す
。
ど
こ
に
行
く
に
も
喜
ん
で
車
を
運
転
し
て
く
れ
る
の
で
す
が
、
時
に
は
自
分
で
運
転
し
た
く
な
り
、
私
は
小
目
に
は
少
し
も
優
雅
で
は
あ
り
ま
せ
ん
が
、
そ
う
す
る
の
が
好
き
な
の
で
す
。
例
え
ば
、
私
に
は
運
転
手
が
い
ま
を
借
り
ず
、
全
身
ケ
チ
ャ
ッ
プ
ま
み
れ
に
な
り
、
あ
た
り
一
面
を
油
で
汚
し
て
も
そ
れ
が
楽
し
い
の
で
す
。
見
た
の
で
す
。
ち
ょ
う
ど
皇
室
の
人
が
自
分
た
ち
の
た
め
に
料
理
を
作
り
た
く
な
る
よ
う
な
も
の
で
す
。
従
者
の
助
け
に
は
す
べ
て
が
整
い
、
サ
ー
ビ
ス
も
充
実
し
て
い
る
か
ら
で
す
。
そ
れ
で
私
た
ち
は
自
分
で
何
か
を
し
た
く
な
る
ま
せ
ん
。
そ
う
い
う
こ
と
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
私
た
ち
は
天
国
で
は
非
常
に
退
屈
な
の
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
そ
こ
殿
に
い
ら
れ
ま
す
が
、
大
自
然
の
中
を
探
検
す
る
の
が
好
き
な
ら
、
ジ
ャ
ン
グ
ル
の
中
を
歩
き
回
る
に
違
い
あ
り
即刻開悟の鍵
お
考
え
で
す
か
。
あ
る
い
は
、
私
た
ち
に
は
こ
の
世
の
苦
し
み
を
軽
減
す
る
義
務
が
あ
る
と
思
い
ま
す
か
。
ま
た
、
た
、
こ
の
世
を
超
越
す
る
と
い
う
こ
と
は
、
私
た
ち
に
と
っ
て
忘
れ
た
も
の
を
思
い
出
せ
ば
、
そ
れ
で
十
分
だ
と
し
よ
う
と
す
る
人
々
に
対
し
、
あ
な
た
は
ど
の
よ
う
な
考
え
を
お
持
ち
な
の
か
、
私
は
知
り
た
い
の
で
す
が
。
ま
スプリームマスター チンハイ ・46・
を
し
た
い
と
い
う
人
々
や
、
こ
れ
ら
の
環
境
に
対
抗
す
る
、
す
な
わ
ち
彼
ら
を
取
り
巻
く
あ
ら
ゆ
る
破
壊
に
対
抗
Q
私
た
ち
の
周
り
で
は
動
物
の
虐
待
な
ど
の
環
境
破
壊
が
多
く
目
に
つ
き
ま
す
。
こ
の
世
か
ら
の
精
神
的
解
脱
あ
ま
り
に
強
す
ぎ
て
、
引
き
裂
か
れ
る
よ
う
に
感
じ
る
こ
と
も
あ
り
ま
す
。
え
る
の
で
す
。
レ
ベ
ル
が
違
え
ば
、
神
か
ら
の
愛
の
程
度
も
異
な
り
ま
す
。
い
い
で
す
か
。
け
れ
ど
も
、
時
に
は
す
。
そ
れ
は
私
た
ち
が
受
け
入
れ
ら
れ
る
程
度
に
よ
っ
て
決
ま
り
ま
す
。
神
は
私
た
ち
に
程
度
の
異
な
る
愛
を
与
も
、
愛
の
力
に
も
激
し
い
も
の
、
強
い
も
の
、
穏
や
か
な
も
の
、
中
庸
な
も
の
な
ど
た
く
さ
ん
の
種
類
が
あ
り
ま
様
相
が
あ
り
ま
す
。
私
た
ち
は
レ
ベ
ル
が
高
く
な
れ
ば
な
る
ほ
ど
、
愛
の
力
も
強
く
な
る
と
思
い
ま
す
。
け
れ
ど
は
思
わ
な
い
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
そ
れ
だ
け
で
す
。
神
に
は
私
た
ち
が
想
像
で
き
な
い
ほ
ど
た
く
さ
ん
の
な
場
所
な
の
で
、
あ
な
た
の
家
に
と
て
も
貢
献
し
て
い
る
場
所
に
も
か
か
わ
ら
ず
、
あ
な
た
は
そ
こ
に
い
た
い
と
が
な
い
と
い
う
よ
う
な
も
の
で
す
。
ま
た
、
あ
な
た
の
家
の
発
電
室
は
発
電
機
が
う
な
り
を
あ
げ
、
熱
く
て
危
険
な
た
の
家
で
さ
え
そ
う
で
す
。
あ
る
い
は
、
山
は
高
い
所
ほ
ど
景
色
も
美
し
い
で
す
が
、
高
い
山
に
は
休
む
場
所
場
所
に
よ
っ
て
は
そ
こ
が
ト
イ
レ
だ
っ
た
り
す
る
と
、
そ
こ
で
ず
っ
と
休
み
た
い
と
は
思
わ
な
い
で
し
ょ
う
。
あ
っ
て
み
る
こ
と
が
で
き
て
も
、
そ
こ
で
休
も
う
と
は
し
な
い
で
し
ょ
う
。
例
え
ば
、
あ
な
た
の
家
が
き
れ
い
で
も
、
も
快
適
で
中
立
の
所
で
す
。
も
っ
と
上
に
昇
る
と
あ
ま
り
に
も
力
が
強
く
な
り
す
ぎ
て
し
ま
い
、
し
ば
ら
く
は
行
す
。
そ
の
上
に
も
た
く
さ
ん
の
レ
ベ
ル
が
あ
り
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
け
れ
ど
も
、
第
五
界
は
住
む
に
は
と
て
・47・ 超世界の奥義
す
。
こ
の
世
界
の
苦
し
み
か
ら
人
々
を
救
う
た
め
に
、
私
た
ち
は
こ
の
よ
う
な
仕
事
も
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
さ
ん
と
同
様
働
か
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
で
す
。
こ
う
い
う
こ
と
の
他
に
、
私
た
ち
は
精
神
面
で
の
援
助
も
し
ま
ぐ
必
要
が
あ
る
の
で
す
。
私
は
寄
付
に
頼
っ
て
生
活
し
た
い
と
思
い
ま
せ
ん
。
出
家
者
も
、
弟
子
も
み
な
、
み
な
た
ち
も
物
質
面
で
援
助
し
ま
す
。
こ
れ
が
私
た
ち
の
や
っ
て
い
る
事
で
す
。
そ
う
い
う
わ
け
で
、
私
は
お
金
を
稼
面
で
の
援
助
を
求
め
な
い
人
々
も
い
る
か
ら
で
す
。
彼
ら
は
た
だ
物
質
的
な
援
助
を
必
要
と
し
て
い
る
の
で
、
私
精
神
と
物
質
の
両
面
か
ら
世
界
の
道
徳
基
準
を
向
上
さ
せ
よ
う
と
努
め
て
い
ま
す
。
と
い
う
の
は
、
私
か
ら
精
神
環
境
を
で
き
る
限
り
き
れ
い
に
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
で
す
か
ら
、
私
た
ち
は
苦
し
ん
で
い
る
人
々
を
助
け
、
す
か
ら
、
あ
な
た
が
尋
ね
た
こ
と
は
す
べ
て
行
っ
て
い
ま
す
。
そ
の
た
め
に
私
た
ち
は
こ
こ
に
い
る
の
で
す
か
ら
、
銭
面
で
彼
ら
の
援
助
を
し
て
い
ま
す
が
、
国
連
の
同
意
が
あ
れ
ば
彼
ら
の
住
む
所
を
探
す
こ
と
も
で
き
ま
す
。
で
す
る
な
ら
、
何
は
と
も
あ
れ
、
私
た
ち
は
全
力
を
尽
く
し
ま
す
。
わ
か
っ
て
い
た
だ
け
ま
し
た
か
。
私
た
ち
は
金
負
担
を
援
助
す
る
た
め
に
、
オ
ゥ
ラ
ッ
ク
難
民
の
救
済
活
動
を
し
て
い
ま
す
。
国
連
が
私
た
ち
の
援
助
を
必
要
と
ま
し
た
。
他
に
も
、
オ
ゥ
ラ
ッ
ク
(
ベ
ト
ナ
ム
)
や
中
国
の
洪
水
被
災
者
の
救
援
を
し
ま
し
た
。
現
在
は
国
連
の
し
た
の
で
お
答
え
す
る
の
で
す
。
例
え
ば
、
去
年
私
た
ち
は
フ
ィ
リ
ピ
ン
の
ピ
ナ
ツ
ボ
火
山
の
被
災
者
を
救
援
し
に
お
金
を
届
け
た
り
し
て
い
ま
す
。
こ
う
い
う
事
を
少
し
も
自
慢
し
た
い
と
は
思
い
ま
せ
ん
が
、
あ
な
た
が
質
問
て
い
く
つ
も
り
で
す
。
す
で
に
お
話
し
し
た
よ
う
に
、
私
た
ち
は
い
ろ
い
ろ
な
団
体
や
い
ろ
い
ろ
な
国
の
被
災
地
私
が
ち
ょ
う
ど
取
り
組
ん
で
い
る
事
で
す
。
前
か
ら
や
っ
て
き
ま
し
た
し
、
今
も
や
っ
て
い
ま
す
。
今
後
も
や
っ
ば
、
少
な
く
と
も
私
た
ち
は
安
心
で
き
ま
す
。
私
も
全
く
同
じ
事
を
し
て
い
ま
す
。
あ
な
た
が
尋
ね
た
こ
と
は
、
Mそ
あ
り
ま
す
。
自
分
が
良
い
事
を
し
、
同
胞
の
苦
し
み
を
軽
減
さ
せ
る
の
に
最
善
を
尽
く
し
て
い
る
と
感
じ
れ
の
た
め
に
何
か
良
い
方
法
は
あ
り
ま
す
か
。
即刻開悟の鍵
不
満
に
な
り
、
忍
耐
が
続
か
な
く
な
り
ま
す
が
、
自
分
に
忍
耐
と
い
う
も
の
を
教
え
込
ま
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
り
ま
せ
ん
。
た
と
え
私
た
ち
に
走
る
能
力
が
あ
っ
て
も
、
子
ど
も
と
共
に
歩
く
の
で
す
。
そ
れ
で
時
に
私
も
欲
求
た
ら
、
そ
の
子
は
つ
ま
ず
い
て
転
ん
で
し
ま
う
で
し
ょ
う
。
で
す
か
ら
、
私
た
ち
は
忍
耐
強
く
な
ら
な
け
れ
ば
な
スプリームマスター チンハイ ・48・
は
速
く
走
れ
ま
せ
ん
。
あ
な
た
が
い
く
ら
急
い
で
も
、
走
ら
せ
よ
う
と
思
っ
て
も
ダ
メ
で
す
。
そ
ん
な
こ
と
を
し
さ
せ
な
い
た
め
に
も
、
私
た
ち
は
こ
の
世
界
の
ペ
ー
ス
で
仕
事
を
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
例
え
ば
、
子
ど
も
か
と
い
う
こ
と
で
す
ね
。
い
い
え
、
と
ん
で
も
あ
り
ま
せ
ん
。
私
に
は
忍
耐
力
が
あ
り
ま
す
。
こ
の
世
界
を
混
乱
た
だ
神
に
祈
る
だ
け
な
の
か
、
超
能
力
を
使
っ
て
、
ち
ょ
っ
と
指
で
ボ
タ
ン
を
押
す
か
の
よ
う
に
物
事
を
動
か
す
が
複
雑
に
な
り
、
事
が
ス
ム
ー
ズ
に
運
ば
な
い
場
合
、
ど
う
や
っ
て
そ
れ
を
我
慢
す
る
か
と
い
う
こ
と
で
す
ね
。
Mた て か え す だ Q
わ
か
り
ま
す
。
あ
な
た
が
お
っ
し
ゃ
る
の
は
、
自
分
に
物
事
を
改
善
す
る
能
力
が
あ
る
の
に
、
周
囲
の
物
事
だ
け
ま
す
か
。
、
も
し
そ
の
パ
ワ
ー
を
使
っ
た
と
し
た
ら
、
ど
う
な
る
の
で
し
ょ
う
か
。
私
の
言
い
た
い
こ
と
を
わ
か
っ
て
い
で
き
な
い
の
で
し
ょ
う
か
。
そ
れ
と
も
、
問
題
の
改
善
や
早
期
解
決
の
た
め
に
何
か
を
な
さ
い
ま
す
か
。
そ
し
ば
、
あ
る
物
事
が
世
俗
的
な
や
り
方
で
ゆ
っ
く
り
と
進
め
ら
れ
る
の
を
目
に
し
た
時
、
あ
な
た
は
祈
る
こ
と
し
る
の
で
し
ょ
う
か
。
も
し
使
わ
な
か
っ
た
ら
、
周
囲
で
起
こ
る
事
に
ど
の
よ
う
に
耐
え
る
の
で
し
ょ
う
か
。
例
さ
い
ま
し
た
。
今
、
も
し
そ
の
パ
ワ
ー
に
気
付
い
た
時
、
そ
れ
を
使
う
か
、
使
わ
な
い
か
を
ど
う
や
っ
て
決
定
人
が
あ
る
レ
ベ
ル
に
達
す
る
と
、
意
識
を
覚
醒
さ
せ
る
パ
ワ
ー
を
持
っ
て
い
る
こ
と
に
気
付
く
と
お
話
し
く
り
を
開
い
た
者
)
で
あ
り
、
こ
こ
で
は
必
要
と
さ
れ
ま
せ
ん
。
(
笑
い
)
一
日
中
サ
マ
デ
ィ
ー
の
中
に
浸
り
、
楽
し
み
を
享
受
し
て
い
る
の
で
は
な
い
の
で
す
。
そ
れ
は
利
己
的
な
仏
陀
(
悟
・49・ 超世界の奥義
な
さ
ん
を
た
た
え
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
誰
も
救
出
す
る
こ
と
が
で
き
ず
、
全
世
界
の
力
を
動
員
し
て
も
救
出
連
の
一
員
だ
と
思
い
ま
す
。
私
自
身
も
国
連
の
仕
事
を
し
て
い
ま
す
。
人
質
救
出
の
努
力
と
能
力
に
関
し
て
、
み
で
起
こ
っ
て
い
る
多
く
の
紛
争
や
戦
争
を
減
ら
し
て
い
ま
す
。
国
連
の
本
を
読
む
と
、
私
た
ち
一
人
ひ
と
り
が
国
の
存
在
は
私
た
ち
に
と
っ
て
非
常
に
有
益
で
す
。
ま
だ
完
全
に
は
な
く
す
こ
と
は
で
き
な
い
と
は
い
え
、
世
界
中
で
す
か
ら
、
あ
ま
り
詳
し
く
は
説
明
し
ま
せ
ん
で
し
た
。
と
こ
ろ
で
、
み
な
さ
ん
に
言
っ
て
お
き
ま
す
が
、
国
連
が
と
て
も
聡
明
で
あ
る
と
信
じ
て
い
ま
す
。
み
な
さ
ん
は
世
界
各
国
か
ら
選
び
抜
か
れ
て
き
た
エ
リ
ー
ト
で
す
。
い
た
だ
け
な
い
な
ら
、
ど
う
ぞ
お
っ
し
ゃ
っ
て
く
だ
さ
い
。
も
う
少
し
詳
し
く
説
明
で
き
ま
す
。
私
は
み
な
さ
ん
子
ど
も
は
速
く
走
れ
ま
せ
ん
。
そ
う
で
し
ょ
う
。
私
の
答
え
に
満
足
し
て
い
た
だ
け
ま
し
た
か
。
ま
だ
満
足
し
て
ご
く
自
然
に
起
こ
る
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
無
理
強
い
を
す
れ
ば
、
何
事
に
よ
ら
ず
悪
い
結
果
に
な
り
ま
す
。
り
ま
せ
ん
。
け
れ
ど
も
、
修
行
者
の
周
り
で
は
奇
跡
が
起
こ
る
こ
と
が
あ
り
ま
す
。
そ
れ
は
意
図
的
に
で
は
な
く
、
力
は
使
う
べ
き
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
私
は
今
ま
で
に
生
活
の
中
で
意
図
的
に
超
能
力
を
使
っ
た
こ
と
は
一
度
も
あ
自
ら
進
ん
で
行
い
、
協
力
し
合
う
と
い
う
知
識
を
彼
ら
に
分
け
与
え
る
の
で
す
。
そ
れ
が
最
良
の
方
法
で
、
超
能
け
れ
ど
も
、
私
た
ち
は
精
神
面
の
癒
し
と
修
行
で
得
た
智
慧
や
理
解
で
、
人
々
の
意
識
を
向
上
さ
せ
ら
れ
ま
す
。
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
力
を
使
う
と
、
こ
の
世
に
災
難
を
引
き
起
こ
し
て
し
ま
い
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
そ
れ
は
自
然
に
ま
か
せ
な
け
能
力
を
使
っ
て
国
連
を
動
か
し
た
り
は
し
ま
せ
ん
。
そ
ん
な
こ
と
は
す
べ
き
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
物
質
的
な
超
能
通
さ
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
「
シ
ー
ザ
ー
の
も
の
は
、
シ
ー
ザ
ー
に
与
え
よ
」
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
私
は
超
い
の
で
す
。
た
と
え
私
た
ち
が
全
財
産
を
、
数
百
万
、
数
億
ド
ル
を
差
し
出
し
た
く
て
も
、
複
雑
な
シ
ス
テ
ム
を
そ
う
い
う
わ
け
で
、
私
は
各
国
の
大
統
領
に
、
難
民
収
容
に
つ
い
て
一
件
一
件
お
願
い
に
行
か
な
く
て
は
な
ら
な
即刻開悟の鍵
有
利
な
雇
用
機
会
と
居
住
環
境
と
安
全
保
証
を
得
ら
れ
る
よ
う
に
す
べ
き
で
す
。
こ
う
し
て
各
地
域
が
同
じ
に
な
る
の
は
、
ご
く
自
然
な
こ
と
で
す
。
で
す
か
ら
、
人
口
過
剰
を
心
配
す
る
必
要
は
な
く
、
世
界
の
人
々
が
も
っ
と
が
保
証
さ
れ
雇
用
の
機
会
が
整
え
ば
、
人
々
は
そ
こ
へ
行
く
は
ず
で
す
。
人
々
が
生
計
と
安
全
性
を
得
よ
う
と
す
スプリームマスター チンハイ ・50・
彼
ら
が
こ
こ
に
集
ま
っ
て
い
る
の
は
、
簡
単
に
仕
事
が
見
つ
け
ら
れ
る
か
、
安
全
だ
か
ら
で
す
。
各
地
域
の
安
全
地
域
に
就
業
の
機
会
を
作
り
、
雇
用
を
確
保
す
れ
ば
、
人
々
は
そ
こ
へ
行
き
、
そ
こ
の
仕
事
に
就
く
で
し
ょ
う
。
人
々
は
ニ
ュ
ー
ヨ
ー
ク
に
好
ん
で
集
ま
っ
て
い
ま
す
。
(
笑
い
)
か
な
り
面
白
い
場
所
で
す
か
ら
ね
。
政
府
が
各
す
。
手
つ
か
ず
の
島
々
、
広
々
と
し
た
高
原
な
ど
、
そ
こ
に
は
緑
豊
か
な
森
林
以
外
何
も
あ
り
ま
せ
ん
。
例
え
ば
、
そ
れ
だ
け
の
こ
と
で
す
。
ま
だ
ま
だ
、
使
用
さ
れ
て
い
な
い
未
開
墾
の
荒
れ
た
広
大
な
土
地
が
た
く
さ
ん
あ
り
ま
り
が
問
題
で
す
。
世
界
の
あ
る
特
定
の
地
域
に
人
口
が
集
中
し
、
別
の
場
所
に
移
動
し
よ
う
と
し
な
い
の
で
す
。
ば
騒
が
し
く
な
り
、
ま
す
ま
す
面
白
く
な
り
ま
す
。
実
際
、
人
口
過
剰
が
問
題
な
の
で
は
な
く
、
人
口
分
布
の
偏
Mす っ に Q
こ
の
世
に
と
っ
て
人
が
多
い
の
は
と
て
も
良
い
事
で
す
。
悪
い
事
で
は
な
い
で
し
ょ
う
。
混
み
合
っ
て
く
れ
か
。
そ
れ
と
も
、
未
来
の
カ
ル
マ
を
作
っ
て
い
る
こ
と
に
な
る
の
で
す
か
。
て
く
る
と
思
い
ま
す
。
人
口
増
加
に
関
し
て
お
考
え
を
お
持
ち
で
し
ょ
う
か
。
こ
れ
は
世
界
共
通
の
カ
ル
マ
で
関
す
る
質
問
が
あ
り
ま
す
。
人
口
増
加
に
伴
い
、
乱
開
発
に
よ
る
環
境
破
壊
や
食
糧
需
要
の
増
加
が
問
題
に
な
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
、
私
た
ち
に
智
慧
を
お
分
け
く
だ
さ
り
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
。
世
界
の
人
口
増
加
仕
事
は
山
ほ
ど
あ
り
、
戦
争
や
あ
ら
ゆ
る
事
が
あ
り
ま
す
。
そ
れ
で
国
連
は
非
常
に
有
益
な
の
で
す
。
問
題
が
あ
り
、
み
な
さ
ん
は
一
、
二
〇
〇
万
の
難
民
の
責
任
を
担
っ
て
い
る
と
聞
い
て
い
ま
す
が
、
そ
う
で
す
か
。
で
き
な
か
っ
た
も
の
を
、
国
連
の
委
員
は
や
り
遂
げ
た
の
で
す
。
災
害
救
助
や
難
民
な
ど
に
関
す
る
た
く
さ
ん
の
・51・ 超世界の奥義
の
理
想
は
も
っ
と
早
く
実
現
す
る
は
ず
で
す
。
彼
ら
は
教
理
を
理
解
し
、
戒
律
を
理
解
し
て
い
る
の
で
、
ど
の
よ
誠
実
な
政
府
が
必
要
で
す
。
多
く
の
人
々
が
、
大
多
数
の
人
が
、
あ
る
い
は
す
べ
て
の
人
が
修
行
を
す
れ
ば
、
こ
の
奨
励
が
得
ら
れ
れ
ば
問
題
は
な
く
な
り
ま
す
。
私
た
ち
に
は
優
秀
な
指
導
者
や
優
れ
た
経
済
機
構
や
人
材
管
理
、
め
に
で
は
な
く
大
衆
に
奉
仕
す
る
意
志
が
あ
れ
ば
、
私
た
ち
に
恩
恵
が
も
た
ら
さ
れ
る
の
で
す
。
あ
ら
ゆ
る
政
府
な
り
ま
せ
ん
。
多
く
の
国
家
政
府
の
奨
励
が
必
要
に
な
り
ま
す
。
真
心
と
清
廉
さ
と
気
高
い
精
神
と
、
自
分
の
た
り
し
ま
せ
ん
。
そ
う
し
て
い
る
の
は
私
た
ち
な
の
で
す
。
で
す
か
ら
、
考
え
直
し
て
組
織
を
立
て
直
さ
な
け
れ
ば
の
無
駄
使
い
が
問
題
な
の
で
あ
っ
て
、
食
糧
不
足
が
問
題
な
の
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
神
は
私
た
ち
を
飢
え
さ
せ
た
ち
を
養
う
こ
と
が
で
き
る
」
と
言
っ
て
い
ま
す
。
そ
う
な
れ
ば
素
晴
ら
し
い
こ
と
で
す
。
世
界
各
地
の
天
然
資
源
し
ま
し
た
。
彼
は
「
三
〇
万
ド
ル
あ
れ
ば
、
ス
リ
ラ
ン
カ
の
六
〇
万
の
貧
し
い
人
や
、
栄
養
不
良
の
人
や
母
親
た
私
は
米
ぬ
か
か
ら
栄
養
食
品
や
乳
製
品
さ
え
作
り
出
せ
る
人
を
知
っ
て
い
ま
す
。
前
回
私
は
こ
う
い
う
こ
と
を
話
私
た
ち
が
ビ
ー
ガ
ン
食
を
食
べ
れ
ば
、
世
界
に
飢
餓
は
な
く
な
る
そ
う
で
す
。
私
た
ち
は
組
織
化
す
べ
き
で
す
。
自
身
や
動
物
の
た
め
だ
け
で
は
な
く
、
全
世
界
の
助
け
と
な
る
で
し
ょ
う
。
あ
る
雑
誌
の
研
究
報
告
に
よ
る
と
、
域
の
人
口
を
助
け
る
こ
と
に
は
な
っ
て
い
ま
せ
ん
。
食
べ
物
を
平
均
に
分
配
し
、
ビ
ー
ガ
ン
に
な
れ
ば
、
私
た
ち
の
多
く
の
国
で
は
、
高
た
ん
ぱ
く
質
の
ビ
ー
ガ
ン
食
品
を
安
い
値
段
で
提
供
さ
れ
て
い
ま
す
が
、
こ
れ
は
他
の
地
て
い
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
そ
れ
を
人
々
が
直
接
食
べ
る
こ
と
は
で
き
な
い
の
で
し
ょ
う
か
。
第
三
世
界
諸
国
れ
て
い
ま
す
。
私
た
ち
は
あ
ま
り
に
も
多
く
の
野
菜
や
エ
ネ
ル
ギ
ー
、
電
気
や
薬
を
無
駄
に
し
て
動
物
を
飼
育
し
全
菜
食
)
は
世
界
の
資
源
を
維
持
保
存
し
、
地
球
の
全
人
口
を
養
う
に
十
分
な
最
良
の
方
法
の
一
つ
だ
と
述
べ
ら
ぜ
な
ら
、
ア
メ
リ
カ
に
は
ど
の
よ
う
に
世
界
を
保
護
す
る
か
に
関
し
て
の
資
料
が
た
く
さ
ん
あ
り
、
ビ
ー
ガ
ン
(
完
れ
ば
、
人
口
過
剰
の
問
題
は
な
く
な
り
ま
す
。
食
糧
問
題
に
つ
い
て
は
、
あ
な
た
の
方
が
ご
存
じ
で
し
ょ
う
。
な
即刻開悟の鍵
と
、
マ
ス
タ
ー
が
部
分
的
に
そ
の
パ
ワ
ー
を
取
り
去
っ
て
し
ま
う
の
で
す
。
そ
う
す
れ
ば
、
そ
れ
を
悪
用
し
た
り
、
を
維
持
す
る
」
の
は
難
し
い
の
で
す
。
私
た
ち
の
法
門
で
は
戒
律
を
き
ち
ん
と
守
ら
ず
、
道
徳
性
に
欠
け
て
く
る
の
よ
う
に
し
て
生
ま
れ
た
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
で
す
か
ら
、
「
悟
り
を
得
る
」
の
は
簡
単
で
す
が
、
「
悟
り
スプリームマスター チンハイ ・52・
ば
、
た
と
え
力
が
あ
っ
て
も
役
に
は
立
た
ず
、
そ
れ
は
黒
魔
術
に
な
り
悪
用
さ
れ
て
し
ま
い
ま
す
。
黒
魔
術
は
こ
た
ち
は
こ
の
力
を
ど
ん
な
所
に
使
う
か
を
知
ら
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
愛
や
慈
悲
や
正
し
い
道
徳
感
が
な
け
れ
ら
、
私
た
ち
の
こ
の
団
体
で
は
、
ま
ず
人
々
に
指
針
を
守
る
こ
と
を
教
え
ま
す
。
指
針
は
非
常
に
重
要
で
す
。
私
は
力
を
悪
い
方
面
に
使
用
し
、
コ
ン
ト
ロ
ー
ル
で
き
な
く
な
る
こ
と
も
あ
る
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
で
す
か
を
体
験
で
き
、
サ
マ
デ
ィ
ー
も
得
ら
れ
る
で
し
ょ
う
。
け
れ
ど
も
、
あ
な
た
に
道
徳
的
規
律
が
な
け
れ
ば
、
時
に
そ
れ
が
人
々
に
は
欠
け
て
い
る
の
で
す
。
も
ち
ろ
ん
電
子
器
具
を
使
え
ば
、
少
し
の
光
と
耳
鳴
り
の
よ
う
な
音
楽
で
す
か
ら
、
私
た
ち
が
す
べ
き
事
は
、
こ
の
霊
性
の
メ
ッ
セ
ー
ジ
を
広
め
、
戒
律
を
遵
守
さ
せ
る
こ
と
な
の
で
す
。
け
れ
ば
な
ら
ず
、
枝
葉
か
ら
で
は
解
決
し
ま
せ
ん
。
根
本
は
魂
の
安
定
に
あ
り
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
(
拍
手
)
M問 熱 し ま Q考 う
そ
う
で
す
。
世
界
の
す
べ
て
の
問
題
は
そ
れ
ぞ
れ
関
連
が
あ
り
ま
す
。
唯
一
の
解
決
法
は
根
本
か
ら
行
わ
な
題
と
関
連
し
て
い
ま
す
。
帯
雨
林
の
破
壊
で
す
。
土
地
に
枯
葉
剤
が
散
布
さ
れ
、
そ
の
結
果
水
害
が
起
こ
り
ま
す
。
こ
れ
と
人
口
過
剰
の
い
生
活
方
式
が
必
要
に
な
り
ま
す
。
ブ
ラ
ジ
ル
の
ジ
ャ
ン
グ
ル
で
も
環
境
問
題
が
起
き
て
い
ま
す
。
森
林
破
壊
、
す
。
例
え
ば
、
人
口
が
増
加
す
れ
ば
さ
ら
に
多
く
の
居
住
空
間
や
家
屋
な
ど
、
二
〇
世
紀
の
私
た
ち
に
ふ
さ
わ
そ
れ
は
と
て
も
難
し
い
事
だ
と
思
い
ま
す
。
今
日
の
多
く
の
環
境
問
題
は
、
み
な
人
口
問
題
と
関
連
し
て
い
え
、
私
た
ち
の
生
活
も
立
て
直
す
こ
と
が
で
き
る
で
し
ょ
う
。
わ
か
り
ま
す
か
。
に
誠
実
で
清
廉
に
な
る
か
わ
か
り
ま
す
。
自
分
の
智
慧
の
使
い
方
も
わ
か
り
ま
す
。
仕
事
を
す
る
時
は
周
到
に
・53・ 超世界の奥義
ん
の
ご
幸
運
を
お
祈
り
し
ま
す
。
仕
事
や
願
い
や
夢
、
日
々
の
目
標
に
神
の
恵
み
が
あ
り
ま
す
よ
う
に
。
い
で
し
ょ
う
か
。
こ
れ
で
終
わ
り
に
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
ご
清
聴
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
み
な
さ
か
ら
、
そ
の
根
本
的
な
解
決
法
と
は
、
智
慧
と
魂
の
修
行
を
す
る
こ
と
で
す
。
悟
り
を
開
き
ま
し
ょ
う
。
よ
ろ
し
あ
な
た
の
指
摘
し
た
土
地
乱
用
の
件
も
、
た
だ
彼
ら
に
智
慧
が
欠
如
し
て
い
る
こ
と
と
関
係
し
て
い
ま
す
。
で
す
れ
し
く
思
い
ま
す
。
本
当
に
知
的
で
す
ね
。
人
々
が
こ
う
い
う
事
を
す
る
の
は
智
慧
が
不
足
し
て
い
る
か
ら
で
す
。
ン
ト
ロ
ー
ル
で
き
る
の
で
す
。
マ
ス
タ
ー
パ
ワ
ー
で
す
。
い
い
で
す
ね
。
み
な
さ
ん
の
知
的
な
質
問
を
と
て
も
う
社
会
で
悪
事
を
働
く
こ
と
は
で
き
ま
せ
ん
。
わ
か
り
ま
す
か
。
他
の
法
門
と
そ
こ
が
違
い
ま
す
。
マ
ス
タ
ー
が
コ
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ ・54・
・55・ 印
ド
、
タ
オ
、
音
流
、
ナ
ー
ム
、
あ
る
い
は
天
上
の
音
楽
な
ど
と
も
呼
ば
れ
て
い
ま
す
。
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
っ
た
」
(
ヨ
ハ
ネ
)
と
記
さ
れ
て
い
ま
す
。
こ
の
言
こ
と
ば
が
内
在
の
音
で
あ
り
、
ロ
ゴ
ス
、
シ
ャ
ブ
聖
書
に
は
「
初
め
に
言
こ
と
ば
が
あ
っ
た
。
言
こ
と
ば
は
神
と
共
に
あ
っ
た
。
言
こ
と
ば
は
神
で
あ
)
は
「
そ
れ
は
す
べ
て
の
命
あ
る
も
の
の
中
で
振
動
し
、
宇
宙
全
体
を
支
え
て
い
る
も
の
で
す
。
こ
の
内
な
る
旋
(
律
は
あ
ら
ゆ
る
傷
を
癒
し
、
あ
ら
ゆ
る
望
み
を
満
た
し
、
あ
ら
ゆ
る
世
俗
の
渇
き
を
癒
す
こ
と
が
で
き
る
の
で
)
す
。
そ
れ
は
非
常
に
全
能
で
あ
り
、
愛
そ
の
も
の
で
す
。
な
ぜ
な
ら
、
私
た
ち
は
こ
の
音
か
ら
創
ら
れ
て
い
る
)
の
で
、
交
流
す
る
と
心
に
平
安
と
満
足
感
が
も
た
ら
さ
れ
る
の
で
す
。
こ
の
音
を
聞
く
と
、
私
た
ち
個
人
の
す
(
べ
て
が
変
わ
り
、
人
生
観
が
大
き
く
変
わ
り
ま
す
」
と
述
べ
て
い
ま
す
。
(
内
在
の
光
と
神
の
光
と
は
、
「
悟
り
」
と
い
う
言
葉
で
呼
ば
れ
る
同
じ
光
を
指
し
て
い
ま
す
。
そ
の
光
の
強
)
さ
は
、
か
す
か
な
光
か
ら
何
百
万
個
の
太
陽
の
輝
き
に
も
及
ぶ
も
の
で
す
。
内
在
の
光
と
音
を
通
し
て
、
私
(
た
ち
は
神
を
認
識
す
る
の
で
す
。
1:1
観
音
法
門
の
印
心
は
秘
密
の
儀
式
と
か
、
新
し
い
宗
教
に
入
る
た
め
の
式
典
と
い
っ
た
も
の
で
は
あ
り
ま
心
代
よ
り
世
界
中
の
さ
ま
ざ
ま
な
宗
教
的
文
献
や
ス
ピ
リ
チ
ュ
ア
ル
な
文
献
に
何
度
も
述
べ
ら
れ
て
き
ま
し
た
。
に
は
内
在
の
「
光
」
と
「
音
」
の
双
方
を
観
る
こ
と
が
含
ま
れ
て
い
ま
す
。
こ
う
し
た
内
な
る
体
験
は
、
古
観
音
法
門
を
伝
授
し
て
い
ま
す
。
中
国
語
の
「
観
音
」
と
は
音
の
振
動
を
観
る
と
い
う
意
味
で
、
こ
の
法
門
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
真
理
を
知
り
た
い
と
心
か
ら
望
む
誠
実
な
人
々
に
、
印
心
を
通
し
て
印
心
―
観
音
法
門
即刻開悟の鍵
ま
た
神
性
に
達
す
る
の
で
す
。
日
々
の
修
行
を
怠
る
と
、
悟
っ
た
こ
と
を
ま
っ
た
く
忘
れ
て
し
ま
い
、
普
通
よ
り
強
く
し
て
い
く
こ
と
で
し
ょ
う
。
そ
し
て
、
結
局
は
、
あ
な
た
自
身
が
最
も
高
い
悟
り
の
レ
ベ
ル
に
、
け
な
い
よ
う
に
す
る
た
め
の
指
標
と
な
る
も
の
で
す
。
こ
う
し
た
実
行
が
最
初
の
悟
り
の
体
験
を
よ
り
深
く
、
こ
と
と
五
つ
の
指
針
を
守
る
こ
と
だ
け
で
す
。
指
針
と
は
、
あ
な
た
自
身
と
他
の
あ
ら
ゆ
る
生
き
物
も
傷
つ
スプリームマスター チンハイ ・56・
印
心
を
受
け
た
あ
と
で
課
せ
ら
れ
る
こ
と
は
、
毎
日
観
音
法
門
の
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
(
座
禅
)
を
す
る
印
心
は
無
料
で
提
供
さ
れ
ま
す
。
を
貫
く
こ
と
が
、
印
心
を
受
け
る
た
め
に
必
要
な
条
件
な
の
で
す
。
し
か
し
な
が
ら
、
ビ
ー
ガ
ン
(
完
全
菜
食
)
に
な
る
こ
と
が
求
め
ら
れ
ま
す
。
生
涯
を
通
し
て
ビ
ー
ガ
ン
さ
れ
る
こ
と
も
、
現
在
の
生
活
に
そ
ぐ
わ
な
い
方
法
で
活
動
す
る
よ
う
求
め
ら
れ
る
こ
と
も
あ
り
ま
せ
ん
。
い
る
宗
教
を
変
え
る
必
要
も
な
け
れ
ば
、
信
仰
を
変
え
る
必
要
も
あ
り
ま
せ
ん
。
組
織
に
入
る
こ
と
を
要
請
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
、
さ
ま
ざ
ま
な
背
景
や
宗
教
を
持
つ
人
の
印
心
も
受
け
入
れ
ま
す
。
現
在
信
じ
て
た
め
、
「
即
刻
開
悟
」
と
呼
ば
れ
ま
す
。
印
心
の
最
中
に
即
座
に
内
在
の
音
を
聞
く
こ
と
が
で
き
た
り
、
内
在
の
光
を
見
る
こ
と
が
で
き
た
り
す
る
は
あ
り
ま
せ
ん
。
き
な
い
重
要
な
部
分
で
す
。
マ
ス
タ
ー
の
恩
恵
な
く
し
て
、
方
法
そ
れ
自
体
何
ら
利
益
を
も
た
ら
す
も
の
で
が
そ
の
場
に
い
る
必
要
は
あ
り
ま
せ
ん
。
こ
の
ス
ピ
リ
チ
ュ
ア
ル
な
伝
達
は
法
門
に
と
っ
て
欠
く
こ
と
の
で
聖
な
体
験
は
沈
黙
の
内
に
行
わ
れ
ま
す
。
あ
な
た
の
た
め
に
こ
の
ド
ア
を
開
け
る
の
に
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
が
指
示
さ
れ
ま
す
。
そ
し
て
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
が
ス
ピ
リ
チ
ュ
ア
ル
な
伝
達
を
し
ま
す
。
こ
の
最
初
の
神
せ
ん
。
印
心
の
間
に
内
在
の
光
と
内
在
の
音
の
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
(
座
禅
)
に
つ
い
て
特
別
な
注
意
事
項
・57・ 印
心
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
(
座
禅
)
の
修
行
の
誠
実
さ
だ
け
を
受
け
入
れ
る
の
で
す
。
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
あ
な
た
の
日
々
の
生
活
に
お
い
て
の
誠
実
さ
と
、
聖
人
へ
と
向
上
し
た
い
と
い
う
す
る
必
要
は
ま
っ
た
く
あ
り
ま
せ
ん
。
も
あ
り
ま
せ
ん
。
お
金
や
贈
り
物
を
受
け
取
ら
ず
、
礼
拝
さ
れ
る
こ
と
も
望
み
ま
せ
ん
。
そ
う
し
た
こ
と
を
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
は
追
随
者
や
崇
拝
者
、
弟
子
を
求
め
て
い
る
わ
け
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
会
費
制
の
組
識
で
私
た
ち
誰
も
が
自
分
で
で
き
る
法
門
を
教
え
て
い
る
の
で
す
。
何
の
小
道
具
も
、
装
置
も
い
り
ま
せ
ん
。
マ
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
の
目
的
は
、
私
た
ち
に
自
力
で
成
し
遂
げ
る
こ
と
を
教
え
る
こ
と
で
す
。
で
す
か
ら
、
の
意
識
レ
ベ
ル
に
戻
っ
て
し
ま
い
ま
す
。
即刻開悟の鍵
テ
レ
ビ
ゲ
ー
ム
な
ど
、
心
身
に
悪
影
響
を
与
え
る
も
の
は
用
い
な
い
こ
と
。
スプリームマスター チンハイ ・58・
五
四
三
二
一
酒
を
飲
ま
な
い
邪
淫
を
し
な
い
盗
み
を
し
な
い
嘘
を
つ
か
な
い
殺
生
を
し
な
い
酒
類
、
麻
薬
、
タ
バ
コ
、
ギ
ャ
ン
ブ
ル
、
ポ
ル
ノ
、
過
度
の
暴
力
映
画
や
書
物
、
卵
(
有
精
卵
、
無
精
卵
も
)
は
食
べ
て
は
い
け
な
い
。
ビ
ー
ガ
ン
(
完
全
菜
食
)
を
守
る
こ
と
。
肉
類
、
乳
製
品
、
魚
介
類
、
家
禽
類
、
五
つ
の
指
針
・59・ 甘露法語
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
た
ち
を
援
助
し
て
く
れ
ま
す
。
玉
座
は
私
た
ち
が
そ
こ
に
君
臨
す
る
た
め
に
用
意
さ
れ
て
い
る
の
で
す
。
守
護
天
使
は
私
た
ち
を
助
け
て
く
れ
る
で
し
ょ
う
。
そ
の
瞬
間
、
全
宇
宙
は
私
た
ち
の
も
の
と
な
り
、
私
私
た
ち
の
行
い
、
言
葉
、
考
え
が
清
ら
か
で
あ
れ
ば
、
た
と
え
そ
れ
が
一
瞬
で
も
、
あ
ら
ゆ
る
神
や
、
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
え
え
、
私
は
わ
か
っ
て
い
ま
す
。
私
が
ビ
ー
ガ
ン
な
の
は
、
内
な
る
神
が
そ
う
し
た
い
か
ら
で
す
。
な
い
。
そ
し
て
、
ど
う
し
て
ビ
ー
ガ
ン
(
完
全
菜
食
)
に
な
ら
な
け
れ
ば
い
け
な
い
の
」
と
言
う
の
で
す
。
す
。
「
あ
あ
し
て
は
い
け
な
い
」
。
自
分
自
身
に
対
し
て
、
「
あ
あ
し
て
は
い
け
な
い
。
こ
う
し
て
は
い
け
た
が
っ
て
い
る
の
に
、
ど
う
す
れ
ば
い
い
の
か
わ
か
ら
な
い
の
で
す
。
た
だ
、
他
の
人
に
こ
う
言
う
の
で
た
ち
に
内
在
し
て
い
る
の
に
、
私
た
ち
が
神
を
制
限
し
て
い
る
の
で
す
。
私
た
ち
自
身
は
楽
し
み
、
遊
び
神
は
こ
う
す
べ
き
だ
と
、
自
分
自
身
で
制
限
し
て
苦
し
ん
で
い
ま
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
実
際
、
神
は
私
ま
す
。
い
ろ
い
ろ
な
物
事
を
重
視
し
す
ぎ
て
、
そ
れ
に
応
じ
て
自
分
と
他
人
を
判
定
し
て
い
る
の
で
す
。
る
の
は
、
他
で
も
な
い
神
で
あ
る
こ
と
を
、
私
た
ち
は
信
じ
な
い
の
で
す
。
罪
と
善
を
分
け
て
考
え
て
い
事
を
し
た
り
す
る
の
で
す
。
楽
し
ん
だ
り
、
経
験
し
た
り
す
る
た
め
に
、
す
べ
て
を
手
配
し
て
く
れ
て
い
り
、
私
た
ち
は
今
の
と
こ
ろ
た
だ
半
分
の
人
間
な
の
で
す
。
た
め
ら
い
な
が
ら
行
動
し
た
り
、
エ
ゴ
で
物
完
全
な
聖
人
と
は
、
完
全
な
人
間
の
こ
と
で
す
。
完
全
な
人
間
と
は
、
完
全
な
神
の
こ
と
で
す
。
つ
ま
即刻開悟の鍵
環
境
、
倫
理
、
動
物
へ
の
被
害
、
そ
し
て
世
界
の
飢
餓
な
ど
の
問
題
に
よ
る
も
の
で
す
。
他
に
も
あ
り
ま
す
。
そ
れ
ら
は
す
べ
て
一
般
常
識
に
基
づ
い
て
い
ま
す
。
つ
ま
り
、
個
人
の
健
康
、
栄
養
、
生
態
、
霊
的
観
点
か
ら
肉
食
に
反
対
し
て
い
る
人
々
も
い
ま
す
が
、
ビ
ー
ガ
ン
で
な
け
れ
ば
い
け
な
い
大
き
な
理
由
は
ょ
う
。
そ
れ
は
み
な
さ
ん
が
支
払
わ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
わ
ず
か
な
代
償
よ
り
素
晴
ら
し
い
価
値
が
あ
り
ま
す
。
スプリームマスター チンハイ ・60・
マ
が
少
な
く
な
る
に
つ
れ
て
生
活
の
質
も
向
上
し
、
新
し
い
内
在
の
体
験
に
よ
る
天
国
へ
の
扉
が
開
か
れ
る
で
し
ビ
ー
ガ
ン
で
あ
る
こ
と
は
、
実
は
自
分
自
身
へ
の
プ
レ
ゼ
ン
ト
で
す
。
私
た
ち
は
心
地
よ
く
感
じ
、
重
い
カ
ル
カ
ル
マ
の
負
債
を
支
払
わ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
で
す
。
た
す
た
め
に
、
他
の
人
に
殺
生
さ
せ
た
時
、
み
な
さ
ん
は
そ
の
カ
ル
マ
の
負
債
を
背
負
い
、
そ
し
て
、
結
局
そ
の
「
汝
の
ま
い
た
種
は
、
自
ら
刈
ら
ね
ば
な
ら
な
い
」
の
で
す
。
殺
生
す
る
時
や
、
肉
を
食
べ
た
い
と
い
う
願
望
を
満
時
に
、
私
た
ち
自
身
に
と
っ
て
も
利
益
に
な
り
ま
す
。
と
い
う
の
は
カ
ル
マ
の
法
則
に
基
づ
い
て
い
る
か
ら
で
す
。
殺
生
し
な
い
こ
と
、
他
の
生
命
を
傷
つ
け
な
い
こ
と
は
、
も
ち
ろ
ん
動
物
に
と
っ
て
も
良
い
こ
と
で
す
が
、
同
て
の
生
き
と
し
生
け
る
も
の
の
命
を
奪
わ
な
い
こ
と
、
す
な
わ
ち
、
「
汝
殺
生
す
る
な
か
れ
」
と
い
う
こ
と
で
す
。
そ
の
理
由
は
い
ろ
い
ろ
あ
り
ま
す
が
、
最
も
重
要
な
理
由
は
、
第
一
の
指
針
か
ら
き
て
い
ま
す
。
つ
ま
り
、
す
べ
う
ビ
ー
ガ
ン
と
は
、
植
物
性
食
品
を
食
べ
る
こ
と
で
す
。
卵
を
含
む
動
物
性
食
品
は
一
切
食
べ
て
は
い
け
ま
せ
ん
。
生
涯
ビ
ー
ガ
ン
で
あ
る
こ
と
は
、
観
音
法
門
の
入
門
で
あ
る
印
心
の
た
め
の
絶
対
前
提
条
件
で
す
。
こ
こ
で
い
情
報
は
ア
ソ
シ
エ
ー
シ
ョ
ン
メ
ン
バ
ー
に
よ
る
編
集
ビ
ー
ガ
ン
(
完
全
菜
食
)
が
も
た
ら
す
利
益
・61・ ビーガンがもたらす利益
肉
類
の
コ
レ
ス
テ
ロ
ー
ル
と
飽
和
脂
肪
は
、
心
臓
血
管
の
病
気
を
引
き
起
こ
し
ま
す
。
こ
の
病
気
は
ア
メ
リ
カ
れ
て
い
る
よ
う
に
便
秘
は
直
腸
ガ
ン
、
痔
を
引
き
起
こ
し
ま
す
。
謝
の
機
能
は
低
下
し
ま
す
。
さ
ら
に
、
肉
に
は
繊
維
質
が
少
な
い
た
め
便
秘
に
な
り
や
す
い
の
で
す
。
よ
く
知
ら
く
質
が
含
ま
れ
ま
す
が
、
も
し
、
生
き
て
い
る
細
胞
を
液
体
ウ
ロ
キ
ナ
ー
ゼ
た
ん
ぱ
く
質
に
浸
け
た
ら
、
新
陳
代
腎
臓
機
能
を
壊
し
ま
す
。
一
ポ
ン
ド
(
約
四
五
〇
グ
ラ
ム
)
の
牛
肉
に
は
十
四
グ
ラ
ム
の
ウ
ロ
キ
ナ
ー
ゼ
た
ん
ぱ
肉
類
に
は
た
く
さ
ん
の
ウ
ロ
キ
ナ
ー
ゼ
た
ん
ぱ
く
質
と
尿
素
が
含
ま
れ
て
い
る
の
で
、
腎
臓
の
負
担
が
増
加
し
、
は
肝
硬
変
、
さ
ら
に
は
肝
臓
ガ
ン
を
引
き
起
こ
す
の
で
す
。
ン
の
原
因
と
も
な
り
、
ま
た
解
毒
作
用
が
あ
る
肝
臓
の
負
担
と
な
り
、
出
血
を
も
引
き
起
こ
し
ま
す
。
肝
臓
出
血
物
よ
り
長
い
の
で
、
肉
を
食
べ
る
と
肉
が
長
時
間
腸
に
と
ど
ま
る
た
め
、
毒
素
が
発
生
し
、
そ
の
毒
素
は
結
腸
ガ
小
腸
は
折
り
た
た
む
よ
う
に
納
ま
っ
て
、
腸
壁
は
滑
ら
か
で
は
な
く
、
波
状
の
ひ
だ
に
な
っ
て
い
ま
す
。
肉
食
動
人
間
は
他
の
草
食
動
物
と
同
じ
で
、
小
腸
と
大
腸
が
長
く
、
そ
の
長
さ
は
合
わ
せ
て
約
八
・
五
メ
ー
ト
ル
で
す
。
に
時
間
が
か
か
ら
な
い
の
で
す
。
で
す
か
ら
、
肉
食
動
物
の
腸
は
草
食
動
物
よ
り
短
い
の
で
す
。
い
う
の
は
、
肉
類
は
繊
維
質
が
少
な
く
、
た
ん
ぱ
く
質
の
含
有
量
が
多
い
た
め
、
腸
は
そ
の
栄
養
を
吸
収
す
る
の
ら
か
な
の
が
特
徴
で
す
。
対
照
的
に
、
草
食
動
物
は
小
腸
、
大
腸
と
も
に
長
い
と
同
氏
は
指
摘
し
て
い
ま
す
。
と
博
士
の
比
較
解
剖
論
文
の
中
に
書
か
れ
て
い
ま
す
。
肉
食
動
物
の
小
腸
と
大
腸
は
短
く
、
大
腸
は
ま
っ
す
ぐ
で
滑
人
間
の
体
の
構
造
は
肉
食
に
は
適
し
て
い
ま
せ
ん
。
こ
の
点
は
コ
ロ
ン
ビ
ア
大
学
の
G
・
S
・
ハ
ン
テ
ィ
ン
ト
ン
人
類
の
祖
先
が
も
と
も
と
ベ
ジ
タ
リ
ア
ン
だ
っ
た
こ
と
は
、
人
類
進
化
の
研
究
が
す
で
に
証
明
し
て
い
ま
す
。
健
康
と
栄
養
即刻開悟の鍵
植
物
で
あ
る
。
ほ
と
ん
ど
の
動
物
は
み
な
寿
命
が
短
く
、
ほ
と
ん
ど
の
人
間
の
病
気
は
他
の
動
物
に
も
発
生
し
て
い
動
物
性
の
食
べ
物
よ
り
も
直
接
的
な
栄
養
源
と
な
っ
て
い
る
。
人
間
は
動
物
を
食
べ
る
が
、
そ
の
動
物
の
栄
養
源
は
け
で
あ
っ
て
、
健
康
を
維
持
で
き
る
の
は
食
べ
物
が
あ
っ
て
こ
そ
だ
」
と
言
い
ま
し
た
。
「
植
物
性
の
食
べ
物
は
、
食
を
続
け
ま
し
た
。
彼
は
、
「
近
代
科
学
の
お
陰
で
医
学
は
飛
躍
的
に
進
歩
し
た
が
、
医
学
は
病
気
を
治
療
す
る
だ
スプリームマスター チンハイ ・62・
ォ
ル
モ
サ
で
開
業
し
て
四
十
年
間
、
彼
が
創
立
し
た
病
院
で
は
患
者
は
も
ち
ろ
ん
の
こ
と
、
職
員
た
ち
も
み
な
菜
菜
食
す
る
と
栄
養
不
良
に
な
る
と
心
配
す
る
人
が
い
ま
す
。
ア
メ
リ
カ
人
の
外
科
医
で
あ
る
ミ
ラ
ー
博
士
は
フ
能
性
が
あ
り
ま
す
。
っ
て
い
る
抗
生
物
質
は
、
人
間
が
病
気
の
時
、
病
院
で
調
合
さ
れ
る
抗
生
物
質
が
ま
っ
た
く
効
か
な
く
さ
せ
る
可
べ
る
と
、
そ
の
抗
生
物
質
が
体
内
に
吸
収
さ
れ
て
し
ま
う
こ
と
は
、
す
で
に
報
告
さ
れ
て
い
ま
す
。
肉
の
中
に
入
薬
品
が
動
物
の
飼
料
に
添
加
さ
れ
た
り
、
直
接
注
射
さ
れ
た
り
し
て
い
る
の
で
す
。
人
間
が
そ
の
動
物
の
肉
を
食
こ
の
他
に
飼
料
の
問
題
も
あ
り
ま
す
。
抗
生
物
質
に
加
え
、
ス
テ
ロ
イ
ド
や
成
長
ホ
ル
モ
ン
を
含
む
そ
の
他
の
が
ど
ん
な
病
気
で
死
ん
だ
の
か
心
配
す
る
必
要
は
な
い
の
だ
。
楽
し
い
食
事
が
で
き
る
の
で
あ
る
」
と
言
い
ま
し
た
。
有
名
な
菜
食
者
で
医
師
で
あ
る
J
・
H
・
ケ
ロ
ッ
グ
博
士
は
「
私
た
ち
が
菜
食
料
理
を
食
べ
る
時
、
そ
の
食
べ
物
り
落
と
し
ま
す
。
問
題
の
あ
る
部
分
だ
け
を
切
り
捨
て
て
、
残
り
を
ま
た
売
っ
て
い
る
の
で
す
。
と
は
と
て
も
困
難
で
す
。
今
の
食
肉
業
者
は
、
頭
部
に
問
題
が
あ
れ
ば
そ
こ
を
切
り
捨
て
、
疾
患
が
あ
る
足
を
切
毎
日
扱
っ
て
い
る
牛
や
豚
や
ニ
ワ
ト
リ
の
数
は
非
常
に
多
く
、
一
匹
ず
つ
ガ
ン
が
あ
る
か
ど
う
か
を
検
査
す
る
こ
ほ
と
ん
ど
の
人
は
、
食
肉
が
衛
生
的
、
安
全
で
、
当
然
食
肉
処
理
場
で
検
査
さ
れ
て
い
る
と
思
っ
て
い
ま
す
が
、
れ
ば
、
肉
類
を
焼
く
と
発
ガ
ン
物
質
メ
チ
ル
コ
ラ
ン
ス
レ
ン
が
発
生
し
ま
す
。
と
フ
ォ
ル
モ
サ
(
台
湾
)
で
現
在
死
因
の
第
一
位
に
な
っ
て
い
ま
す
。
ガ
ン
は
死
因
の
第
二
位
で
す
。
実
験
に
よ
・63・ ビーガンがもたらす利益
を
す
る
者
こ
そ
が
健
康
な
体
で
、
頭
も
さ
え
、
そ
し
て
純
粋
な
生
活
を
楽
し
め
る
こ
と
を
、
実
例
と
し
て
示
し
た
い
す
べ
て
の
記
録
を
破
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
。
五
十
六
才
の
こ
の
女
性
は
、
「
こ
の
こ
と
か
ら
、
完
全
な
菜
食
の
食
事
で
あ
る
バ
ー
バ
ラ
・
ム
ー
ア
医
師
は
、
一
一
〇
マ
イ
ル
を
二
十
七
時
間
三
十
分
で
完
走
し
、
若
い
男
性
の
出
し
た
多
く
の
マ
ラ
ソ
ン
選
手
は
試
合
の
前
は
ビ
ー
ガ
ン
食
か
菜
食
で
す
。
ビ
ー
ガ
ン
と
菜
食
の
セ
ラ
ピ
ー
の
専
門
家
上
、
四
人
が
二
時
間
以
上
、
さ
ら
に
一
人
の
菜
食
者
は
三
時
間
以
上
も
我
慢
で
き
た
の
で
す
。
三
十
二
人
の
菜
食
者
の
う
ち
二
十
二
人
が
十
五
分
か
ら
三
十
分
間
、
十
五
人
が
三
十
分
以
上
、
九
人
が
一
時
間
以
の
肉
食
者
の
う
ち
た
っ
た
二
人
だ
け
が
十
五
分
か
ら
三
十
分
間
腕
を
上
げ
て
い
ら
れ
ま
し
た
。
そ
れ
に
引
き
替
え
、
久
力
が
あ
る
こ
と
を
明
ら
か
に
し
ま
し
た
。
実
験
は
腕
を
で
き
る
だ
け
長
く
上
げ
て
い
る
こ
と
で
し
た
。
十
五
人
ィ
ッ
シ
ャ
ー
教
授
が
三
十
二
人
の
菜
食
者
と
十
五
人
の
肉
食
者
に
対
す
る
実
験
か
ら
、
菜
食
者
は
肉
食
者
よ
り
持
肉
食
者
は
菜
食
者
よ
り
強
い
と
、
よ
く
誤
解
さ
れ
て
い
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
エ
ー
ル
大
学
の
ア
ー
ビ
ン
グ
・
フ
菜
食
は
健
康
的
そ
し
て
栄
養
的
な
食
事
で
あ
る
」
と
発
表
し
ま
し
た
。
一
九
八
八
年
三
月
に
A
D
A
(
ア
メ
リ
カ
栄
養
学
会
)
は
「
A
D
A
の
見
解
と
し
て
は
、
適
切
に
組
合
せ
れ
ば
、
全
た
ん
ぱ
く
質
に
す
る
こ
と
が
で
き
る
の
で
す
。
全
た
ん
ぱ
く
質
が
あ
り
ま
す
。
そ
し
て
、
い
く
つ
か
の
不
完
全
た
ん
ぱ
く
質
の
食
べ
物
を
組
み
合
わ
せ
る
と
、
完
は
完
全
た
ん
ぱ
く
質
で
、
後
者
は
不
完
全
た
ん
ぱ
く
質
だ
か
ら
で
す
。
実
は
、
植
物
性
た
ん
ぱ
く
質
の
中
に
も
完
大
多
数
の
人
は
、
動
物
性
の
た
ん
ぱ
く
質
の
方
が
植
物
性
の
も
の
よ
り
優
れ
て
い
る
と
思
っ
て
い
ま
す
。
前
者
を
摂
っ
て
も
、
十
分
に
健
康
を
保
持
で
き
る
栄
養
が
摂
れ
る
と
提
案
し
ま
し
た
。
接
栄
養
を
摂
り
入
れ
よ
う
と
し
な
い
の
だ
ろ
う
」
と
言
っ
て
い
ま
す
。
ミ
ラ
ー
博
士
は
穀
物
、
豆
類
、
野
菜
類
だ
け
る
。
人
間
の
病
気
の
原
因
は
、
病
気
の
動
物
の
肉
を
食
べ
る
こ
と
に
よ
る
も
の
だ
。
ど
う
し
て
人
々
は
植
物
か
ら
直
即刻開悟の鍵
墾
さ
れ
ま
し
た
。
た
っ
た
一
〇
〇
グ
ラ
ム
か
そ
こ
ら
の
ハ
ン
バ
ー
ガ
ー
を
作
る
た
め
に
、
約
五
平
方
メ
ー
ト
ル
の
一
九
六
〇
年
以
来
、
中
南
米
の
熱
帯
雨
林
の
二
五
%
が
、
肉
牛
を
飼
育
す
る
牧
場
を
造
る
た
め
に
焼
か
れ
て
開
地
、
水
、
エ
ネ
ル
ギ
ー
、
人
力
と
い
っ
た
地
球
の
資
源
が
効
率
的
に
使
わ
れ
な
い
か
ら
で
す
。
砂
漠
化
、
エ
ネ
ル
ギ
ー
資
源
の
浪
費
、
そ
し
て
世
界
的
飢
餓
を
招
き
ま
す
。
そ
れ
は
食
肉
を
生
産
す
る
た
め
に
土
スプリームマスター チンハイ ・64・
肉
を
食
べ
る
た
め
に
動
物
を
飼
育
す
る
こ
と
は
、
熱
帯
雨
林
の
破
壊
、
地
球
温
暖
化
、
水
の
汚
染
、
水
不
足
、
エ
コ
ロ
ジ
ー
と
環
境
肉
食
は
、
喫
煙
を
除
い
て
最
も
個
人
の
健
康
に
危
険
を
も
た
ら
す
の
で
す
。
胃
ガ
ン
、
低
血
糖
、
便
秘
、
多
発
性
憩
室
症
、
高
血
圧
、
骨
粗
鬆
症
、
卵
巣
ガ
ン
、
痔
、
肥
満
、
瑞
息
で
す
。
前
立
線
ガ
ン
、
糖
尿
病
、
消
化
性
腫
瘍
、
胆
石
、
過
敏
性
腸
症
候
群
、
関
節
炎
、
歯
周
病
、
に
き
び
、
膵
臓
ガ
ン
、
関
係
が
あ
る
こ
と
は
す
で
に
証
明
さ
れ
て
い
ま
す
。
低
脂
肪
の
ビ
ー
ガ
ン
食
で
防
ぎ
、
治
せ
る
病
気
は
腎
臓
結
石
、
飽
和
脂
肪
の
高
い
肉
や
動
物
性
の
食
べ
物
を
食
べ
す
ぎ
る
こ
と
と
、
心
疾
患
、
乳
ガ
ン
、
結
腸
ガ
ン
、
卒
中
に
え
る
の
で
す
。
病
、
あ
ら
ゆ
る
ガ
ン
を
避
け
ら
れ
る
お
ま
け
つ
き
で
す
。
で
す
か
ら
、
ビ
ー
ガ
ン
は
明
ら
か
に
優
れ
た
選
択
と
い
を
す
る
の
は
と
て
も
簡
単
な
こ
と
で
す
。
そ
し
て
、
高
脂
肪
の
食
事
が
引
き
起
こ
す
多
く
の
病
気
、
例
え
ば
心
臓
ぱ
く
質
で
、
ブ
ロ
ッ
コ
リ
ー
は
四
五
%
、
米
は
八
%
で
す
。
肉
を
食
べ
な
く
て
も
、
た
ん
ぱ
く
質
が
豊
富
な
食
事
ロ
リ
ー
の
四
・
五
%
は
た
ん
ぱ
く
質
か
ら
摂
る
こ
と
を
勧
め
て
い
ま
す
。
小
麦
粉
の
カ
ロ
リ
ー
の
一
七
%
は
た
ん
ビ
ー
ガ
ン
食
で
十
分
な
た
ん
ぱ
く
質
が
摂
れ
る
で
し
ょ
う
か
。
W
H
O
(
世
界
保
健
機
構
)
は
、
毎
日
摂
る
カ
の
で
す
」
と
語
り
ま
し
た
。
・65・ ビーガンがもたらす利益
死
し
て
い
ま
す
。
そ
の
う
ち
ほ
と
ん
ど
が
子
ど
も
で
す
。
に
も
か
か
わ
ら
ず
、
世
界
の
農
産
物
収
穫
の
三
分
の
一
こ
の
地
球
で
は
、
現
在
十
億
人
近
く
の
人
々
が
飢
餓
と
栄
養
不
良
に
苦
し
ん
で
い
ま
す
。
毎
年
四
千
万
人
が
餓
世
界
の
飢
餓
く
な
る
で
し
ょ
う
。
は
必
要
な
分
だ
け
食
べ
、
余
分
を
減
少
さ
せ
、
毎
回
食
事
す
る
時
に
生
き
物
が
死
な
ず
に
す
む
な
ら
、
気
分
も
良
ビ
ー
ガ
ン
に
な
る
こ
と
は
、
み
な
さ
ん
に
も
っ
と
地
球
を
慎
重
に
歩
か
せ
る
こ
と
で
す
。
そ
の
上
、
み
な
さ
ん
う
た
め
の
農
地
に
変
え
た
な
ら
、
世
界
の
資
源
は
も
っ
と
有
効
に
利
用
で
き
る
は
ず
で
す
。
十
倍
も
得
ら
れ
ま
す
。
こ
の
よ
う
な
比
較
統
計
は
た
く
さ
ん
あ
り
ま
す
。
家
畜
に
使
用
さ
れ
る
土
地
を
人
間
を
養
コ
リ
ー
を
生
産
し
た
場
合
、
同
じ
面
積
で
牛
肉
を
生
産
す
る
よ
り
、
た
ん
ぱ
く
質
、
カ
ロ
リ
ー
、
ナ
イ
ア
シ
ン
は
養
う
よ
り
も
、
た
ん
ぱ
く
質
は
八
倍
、
カ
ロ
リ
ー
は
二
十
五
倍
も
得
ら
れ
、
ま
た
一
エ
ー
カ
ー
の
土
地
で
ブ
ロ
ッ
ー
カ
ー
(
約
四
、
〇
四
八
平
方
メ
ー
ト
ル
)
の
土
地
で
麦
を
生
産
し
た
場
合
、
そ
れ
で
人
間
を
養
う
と
、
肉
牛
を
肉
牛
を
飼
育
す
る
資
源
が
穀
物
の
生
産
に
使
わ
れ
た
ら
、
さ
ら
に
多
く
の
人
を
養
う
こ
と
が
で
き
ま
す
。
一
エ
の
水
量
が
、
肉
牛
や
他
の
家
畜
の
飼
育
に
よ
っ
て
消
耗
さ
れ
て
い
る
の
で
す
。
粒
粉
パ
ン
の
生
産
に
は
五
二
六
リ
ッ
ト
ル
の
水
が
使
わ
れ
る
に
す
ぎ
ま
せ
ん
。
つ
ま
り
、
ア
メ
リ
カ
の
ほ
ぼ
半
分
を
必
要
と
し
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
一
ポ
ン
ド
の
ト
マ
ト
の
生
産
に
は
た
っ
た
三
・
七
リ
ッ
ト
ル
、
一
ポ
ン
ド
の
全
こ
し
ま
す
。
ま
た
一
ポ
ン
ド
(
約
四
五
〇
グ
ラ
ム
)
の
牛
肉
を
生
産
す
る
た
め
に
、
約
九
三
二
七
リ
ッ
ト
ル
の
水
き
起
こ
す
三
種
類
の
ガ
ス
の
発
生
を
促
進
さ
せ
る
一
因
と
も
な
っ
て
い
ま
す
。
牛
の
飼
育
は
水
の
汚
染
を
引
き
起
熱
帯
雨
林
が
破
壊
さ
れ
る
こ
と
に
な
り
ま
す
。
そ
の
上
、
牛
を
飼
育
す
る
の
は
あ
る
意
味
で
、
地
球
温
暖
化
を
引
即刻開悟の鍵
シ
ャ
神
話
と
ユ
ダ
ヤ
神
話
で
は
、
人
類
が
果
実
類
を
食
べ
て
い
た
こ
と
を
描
写
し
て
い
ま
す
。
古
代
エ
ジ
プ
ト
聖
最
も
古
い
歴
史
的
記
録
を
見
て
も
、
野
菜
は
人
類
の
自
然
な
食
べ
物
だ
っ
た
こ
と
が
わ
か
り
ま
す
。
古
代
ギ
リ
聖
人
と
そ
の
他
の
仲
間
た
ち
スプリームマスター チンハイ ・66・
に
何
を
し
た
の
か
と
い
う
事
に
は
気
づ
か
ず
に
、
社
会
に
流
さ
れ
、
肉
食
の
習
慣
を
身
に
つ
け
て
き
た
の
で
す
。
厳
密
な
基
準
で
あ
る
」
。
私
た
ち
の
ほ
と
ん
ど
は
殺
生
を
許
し
ま
せ
ん
が
、
い
つ
も
食
べ
て
い
る
肉
、
食
べ
た
動
物
レ
オ
・
ト
ル
ス
ト
イ
は
言
い
ま
し
た
。
「
食
肉
処
理
場
が
あ
る
限
り
戦
場
が
あ
る
。
菜
食
は
人
道
主
義
を
は
か
る
と
言
わ
れ
て
い
る
の
で
す
。
見
る
こ
と
の
な
い
事
実
で
す
。
そ
れ
で
、
「
誰
で
も
食
肉
処
理
場
を
訪
れ
れ
ば
、
一
生
ビ
ー
ガ
ン
に
な
る
だ
ろ
う
」
ら
肉
へ
変
換
さ
れ
る
機
械
の
よ
う
に
扱
わ
れ
て
い
ま
す
。
そ
れ
は
私
た
ち
の
ほ
と
ん
ど
が
、
決
し
て
自
分
の
目
で
大
限
の
動
物
を
生
産
す
る
た
め
に
設
計
さ
れ
て
い
ま
す
。
動
物
た
ち
は
密
集
し
て
い
る
た
め
、
変
形
し
、
飼
料
か
西
洋
諸
国
で
は
ほ
と
ん
ど
の
動
物
が
「
飼
育
工
場
」
で
飼
育
さ
れ
て
い
ま
す
。
設
備
は
、
最
小
限
の
費
用
で
最
ア
メ
リ
カ
で
は
毎
日
十
万
頭
以
上
の
牛
が
食
肉
用
と
し
て
殺
さ
れ
て
い
る
の
を
知
っ
て
い
ま
す
か
。
動
物
の
苦
難
消
耗
さ
れ
て
い
る
の
で
す
。
も
し
、
家
畜
の
代
わ
り
に
人
を
養
っ
た
ら
、
飢
え
る
人
は
い
な
く
な
る
で
し
ょ
う
。
以
上
は
、
人
間
で
は
な
く
家
畜
の
た
め
に
使
わ
れ
て
い
ま
す
。
ア
メ
リ
カ
で
は
農
産
物
の
七
割
が
家
畜
に
よ
っ
て
・67・ ビーガンがもたらす利益
が
た
の
祈
り
を
聞
く
だ
ろ
う
。
さ
も
な
い
と
私
は
顔
を
横
に
向
け
る
だ
ろ
う
。
と
い
う
の
は
、
あ
な
た
が
た
の
手
は
雄
牛
と
雌
山
羊
を
殺
し
、
私
に
捧
げ
よ
と
教
え
た
の
か
。
罪
な
き
血
を
こ
れ
以
上
流
す
な
。
そ
う
す
れ
ば
、
あ
な
た
な
ら
な
い
、
生
命
は
そ
の
血
に
あ
る
か
ら
だ
」
(
旧
約
聖
書
、
創
世
記
9:4
)
イ
エ
ス
の
使
徒
の
一
人
で
あ
る
聖
パ
ウ
ロ
は
、
ロ
ー
マ
人
に
当
て
た
手
紙
の
中
で
「
肉
も
食
血
に
満
ち
あ
ふ
れ
て
い
る
か
ら
だ
。
悔
い
改
め
な
さ
い
、
そ
う
す
れ
ば
あ
な
た
が
た
を
許
す
だ
ろ
う
」
。
(
旧
約
聖
書
、
)
「
神
は
言
っ
た
。
誰
が
あ
な
た
が
た
に
約
聖
書
、
創
世
記
1:29
)
と
書
き
ま
し
た
。
イ
ザ
ヤ
書
1:11-6
べ
な
け
れ
ば
、
ぶ
ど
う
酒
も
飲
ま
ず
」
(
新
訳
聖
書
、
ロ
ー
マ
書
14:21
最
近
、
歴
史
学
者
た
ち
は
古
書
を
た
く
さ
ん
発
見
し
ま
し
た
。
そ
の
中
に
、
イ
エ
ス
の
生
活
と
教
え
に
つ
い
て
)
。
聖
書
の
中
に
肉
食
を
禁
止
す
る
別
の
例
が
あ
り
ま
す
。
「
血
を
含
ん
だ
肉
を
食
べ
て
は
与
え
た
。
し
か
し
、
野
性
の
動
物
と
す
べ
て
の
鳥
た
ち
に
は
、
食
べ
物
と
し
て
草
と
葉
の
多
い
植
物
を
与
え
た
」
(
旧
さ
れ
て
い
ま
す
。
「
神
は
言
い
ま
し
た
。
私
は
あ
な
た
が
た
に
食
べ
る
た
め
の
あ
ら
ゆ
る
穀
物
、
あ
ら
ゆ
る
果
実
を
多
く
の
早
期
の
道
教
徒
、
キ
リ
ス
ト
教
徒
、
ユ
ダ
ヤ
教
徒
た
ち
は
菜
食
で
し
た
。
こ
の
点
は
聖
書
の
中
に
記
録
る
。
―
そ
し
て
絶
え
ず
こ
の
よ
う
に
続
く
の
だ
。
ど
う
や
っ
て
幻
の
三
界
か
ら
脱
出
で
き
よ
う
か
」
食
者
は
互
い
に
殺
し
合
い
、
食
べ
合
う
の
で
あ
る
。
―
現
世
で
私
は
あ
な
た
を
食
べ
、
来
世
で
あ
な
た
は
私
を
食
べ
で
、
肉
へ
の
欲
望
は
生
ま
れ
つ
き
の
も
の
で
は
な
い
」
「
肉
食
者
は
彼
ら
の
内
在
の
偉
大
な
慈
悲
の
種
を
断
つ
」
「
肉
ら
に
お
び
え
る
よ
う
に
な
る
か
ら
で
す
。
釈
迦
牟
尼
仏
は
次
の
こ
と
を
観
察
し
ま
し
た
。
「
肉
食
は
後
天
的
な
習
慣
理
を
強
調
し
ま
し
た
。
肉
を
食
べ
て
は
い
け
な
い
と
弟
子
に
警
告
し
ま
し
た
。
さ
も
な
い
と
、
他
の
生
き
物
が
彼
そ
し
て
、
イ
ン
ド
で
は
、
釈
迦
牟
尼
仏
は
不
殺
生
の
重
要
性
、
生
き
と
し
生
け
る
も
の
を
害
さ
な
い
と
い
う
道
オ
ゲ
ネ
ス
、
そ
し
て
ソ
ク
ラ
テ
ス
は
菜
食
主
義
を
提
唱
し
て
い
ま
し
た
。
職
者
は
決
し
て
肉
を
食
べ
ま
せ
ん
で
し
た
。
多
く
の
ギ
リ
シ
ャ
の
偉
大
な
哲
学
者
、
例
え
ば
、
プ
ラ
ト
ン
、
デ
ィ
即刻開悟の鍵
ル
イ
ス
、
パ
ー
ヴ
ォ
・
ヌ
ル
ミ
、
エ
ド
ウ
ィ
ン
C
・
モ
ー
ゼ
ス
、
ジ
ョ
ル
ジ
ア
・
フ
マ
ン
テ
ィ
、
ト
ビ
ー
・
マ
グ
カ
ラ
ー
ム
、
ヤ
ネ
ス
・
ド
ル
ノ
ウ
シ
ェ
ク
、
マ
ル
チ
ナ
・
ナ
ブ
ラ
チ
ロ
ワ
(
ビ
ー
ガ
ン
、
テ
ニ
ス
)
、
カ
ー
ル
・
ス
ラ
、
レ
オ
ナ
ル
ド
・
ダ
ビ
ン
チ
、
ベ
ン
ジ
ャ
ミ
ン
・
フ
ラ
ン
ク
リ
ン
、
マ
ハ
ト
マ
・
ガ
ン
ジ
ー
、
ア
ブ
ド
ゥ
ル
・
ズ
・
ダ
ー
ウ
ィ
ン
、
ア
ル
ベ
ル
ト
・
ア
イ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
、
ア
ル
ベ
ル
ト
・
シ
ュ
ヴ
ァ
イ
ツ
ァ
ー
、
ニ
コ
ラ
・
テ
スプリームマスター チンハイ ・68・
ラ
ビ
ー
ン
ド
ラ
ナ
ー
ト
・
タ
ゴ
ー
ル
、
レ
オ
・
ト
ル
ス
ト
イ
、
サ
ー
・
ア
イ
ザ
ッ
ク
・
ニ
ュ
ー
ト
ン
、
チ
ャ
ー
ル
オ
ー
ビ
ッ
ド
、
ペ
ト
ラ
ル
カ
、
ピ
タ
ゴ
ラ
ス
、
ソ
ク
ラ
テ
ス
、
ウ
ィ
リ
ア
ム
・
シ
ェ
ー
ク
ス
ピ
ア
、
ボ
ル
テ
ー
ル
、
エ
ス
・
キ
リ
ス
ト
、
モ
ハ
メ
ッ
ド
、
ツ
ォ
ン
カ
パ
、
ア
リ
ス
ト
テ
レ
ス
、
バ
ー
ジ
ル
、
ホ
ラ
チ
ウ
ス
、
プ
ラ
ト
ン
、
ち
は
菜
食
か
ビ
ー
ガ
ン
で
し
た
。
以
下
の
人
は
み
な
熱
心
に
菜
食
主
義
を
受
け
入
れ
ま
し
た
。
釈
迦
牟
尼
仏
、
イ
多
く
の
有
名
な
哲
学
者
、
科
学
者
、
著
名
な
指
揮
者
、
ア
ス
リ
ー
ト
、
作
家
、
芸
術
家
と
い
っ
た
優
秀
な
人
た
な
く
、
ま
さ
し
く
地
獄
の
屑
に
な
る
だ
け
」
妻
と
子
に
食
べ
さ
せ
る
。
己
れ
を
生
か
す
が
為
、
他
の
命
を
殺
す
必
要
が
な
ぜ
あ
る
。
こ
れ
は
天
国
と
の
良
縁
で
は
中
国
の
偉
大
な
禅
師
、
寒
山
も
肉
食
に
反
対
す
る
強
烈
な
詩
を
書
い
て
い
ま
す
。
「
慌
た
だ
し
く
肉
と
魚
を
買
い
、
イ
ス
ラ
ム
教
の
聖
典
、
コ
ー
ラ
ン
も
「
死
ん
だ
動
物
、
血
や
肉
を
食
べ
る
こ
と
」
を
禁
じ
て
い
ま
す
。
を
避
け
な
さ
い
」
(
ヒ
ン
ズ
ー
教
規
)
き
ま
い
。
生
き
と
し
生
け
る
も
の
を
傷
つ
け
る
も
の
は
、
永
遠
に
神
の
加
護
を
得
ら
れ
な
い
だ
ろ
う
。
だ
か
ら
肉
食
イ
ン
ド
の
宗
教
も
肉
食
を
避
け
て
い
ま
す
。
「
人
々
は
生
き
物
を
殺
す
こ
と
な
し
に
、
そ
の
肉
を
得
る
こ
と
は
で
肉
を
食
べ
る
の
と
同
じ
だ
」
墓
を
造
る
。
あ
な
た
が
た
に
正
直
に
伝
え
る
。
殺
す
も
の
は
殺
さ
れ
る
。
殺
生
し
て
肉
を
食
う
者
は
、
即
ち
死
者
の
新
し
い
理
解
を
与
え
る
も
の
が
あ
り
ま
す
。
イ
エ
ス
は
言
い
ま
し
た
。
「
動
物
の
肉
を
食
べ
る
人
は
、
彼
ら
自
身
の
・69・ ビーガンがもたらす利益
べ
て
く
れ
る
よ
う
誘
い
、
そ
れ
に
よ
っ
て
種
を
広
い
範
囲
に
ま
い
て
も
ら
う
と
い
う
目
的
を
達
成
し
よ
う
と
し
て
果
物
に
つ
い
て
は
も
う
言
う
ま
で
も
あ
り
ま
せ
ん
。
果
物
は
熟
す
と
香
り
を
放
ち
、
美
し
い
色
、
味
な
ど
で
食
る
の
で
す
。
ま
す
。
で
す
か
ら
、
園
芸
家
は
花
や
木
を
常
に
刈
り
込
ん
で
こ
そ
よ
り
大
き
く
、
よ
り
美
し
く
育
つ
と
言
っ
て
い
れ
ば
、
か
え
っ
て
無
性
生
殖
を
促
す
こ
と
に
な
り
ま
す
。
そ
の
結
果
、
実
際
に
は
植
物
に
と
っ
て
は
有
益
に
な
り
な
い
ほ
ど
低
い
の
で
す
。
そ
の
上
、
私
た
ち
が
食
べ
る
多
く
の
野
菜
に
対
し
て
、
根
を
切
ら
な
い
で
枝
や
葉
を
切
な
い
生
物
を
選
ん
で
食
べ
ま
し
ょ
う
。
植
物
は
九
〇
%
以
上
が
水
分
で
、
そ
の
意
識
レ
ベ
ル
も
苦
痛
を
感
じ
ら
れ
く
た
め
に
は
、
食
べ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
で
す
。
最
も
意
識
が
低
く
、
最
も
苦
痛
も
あ
ま
り
感
じ
な
い
ほ
ど
少
の
で
、
毎
日
二
時
間
半
の
メ
デ
ィ
テ
ー
シ
ョ
ン
を
す
れ
ば
、
カ
ル
マ
を
取
り
除
く
こ
と
が
で
き
ま
す
。
生
き
て
い
MQ
植
物
を
食
べ
る
の
は
も
ち
ろ
ん
殺
生
で
あ
り
、
カ
ル
マ
も
あ
り
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
カ
ル
マ
は
か
な
り
軽
い
動
物
を
食
べ
る
の
は
も
ち
ろ
ん
殺
生
に
な
り
ま
す
が
、
植
物
で
も
殺
生
に
違
い
な
い
の
で
は
あ
り
ま
せ
ん
か
。
質
疑
応
答
類
は
菜
食
を
す
べ
き
で
す
」
。
歴
史
上
の
多
く
の
偉
人
や
賢
人
が
共
通
し
て
助
言
し
て
い
る
こ
と
で
す
。
に
多
く
の
利
益
を
も
た
ら
し
ま
す
。
ゆ
え
に
、
菜
食
は
人
類
に
と
っ
て
非
常
に
幸
運
な
、
平
和
な
こ
と
で
す
。
人
ア
イ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
は
言
い
ま
し
た
。
「
菜
食
が
も
た
ら
す
情
緒
面
で
の
変
化
と
浄
化
は
、
人
類
に
対
し
て
非
常
ン
・
グ
リ
ー
ン
、
ジ
ョ
ン
・
ロ
ビ
ン
ス
(
活
動
家
、
作
家
)
な
ど
が
い
ま
す
。
ワ
イ
ア
(
ビ
ー
ガ
ン
)
、
ナ
タ
リ
ー
・
ポ
ー
ト
マ
ン
、
レ
オ
ナ
・
ル
イ
ス
、
マ
イ
ケ
ル
・
ジ
ャ
ク
ソ
ン
、
ブ
ラ
イ
ア
即刻開悟の鍵
リ
に
な
る
た
め
の
生
ま
れ
つ
き
の
生
命
力
を
持
っ
て
い
ま
す
。
私
た
ち
は
、
卵
は
先
天
的
な
生
命
力
を
持
っ
て
い
ニ
ワ
ト
リ
に
な
る
と
い
う
自
然
の
目
的
を
遂
げ
る
こ
と
が
で
き
ま
せ
ん
。
ニ
ワ
ト
リ
に
な
ら
な
く
て
も
、
ニ
ワ
ト
い
よ
う
に
思
わ
れ
ま
す
が
、
正
し
く
あ
り
ま
せ
ん
。
受
精
の
た
め
の
適
切
な
環
境
が
整
わ
な
か
っ
た
と
き
、
卵
は
る
卵
は
み
な
受
精
し
て
い
な
い
卵
な
の
で
、
食
べ
て
も
殺
生
に
な
ら
な
い
と
い
う
人
が
い
ま
す
が
、
こ
れ
は
正
し
スプリームマスター チンハイ ・70・
MQ い り 動 て は た M い Q
い
け
ま
せ
ん
。
私
た
ち
が
も
し
卵
を
食
べ
れ
ば
、
や
は
り
殺
生
に
な
り
ま
す
。
現
在
市
場
で
販
売
さ
れ
て
い
菜
食
者
は
卵
を
食
べ
て
も
い
い
の
で
し
ょ
う
か
。
で
す
か
。
長
生
き
で
す
か
。
こ
の
点
み
な
さ
ん
は
は
っ
き
り
と
わ
か
っ
て
い
る
と
思
い
ま
す
。
ま
せ
ん
し
、
平
均
寿
命
は
非
常
に
短
い
の
で
す
。
エ
ス
キ
モ
ー
は
肉
食
を
主
と
し
て
い
ま
す
が
、
彼
ら
は
大
き
物
の
本
能
と
資
質
に
染
め
ら
れ
て
し
ま
う
で
し
ょ
う
。
肉
食
者
に
つ
い
て
い
う
と
、
必
ず
し
も
大
き
い
と
は
限
い
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
肉
食
動
物
は
凶
暴
で
役
に
立
っ
て
い
ま
せ
ん
。
人
間
も
た
く
さ
ん
の
動
物
を
食
べ
れ
ば
、
野
菜
と
果
物
し
か
食
べ
ま
せ
ん
。
彼
ら
は
肉
食
動
物
よ
り
も
強
く
、
そ
し
て
お
と
な
し
く
、
人
間
の
役
に
立
っ
く
ま
し
く
な
り
ま
す
。
大
き
い
動
物
を
ご
覧
な
さ
い
。
例
え
ば
、
ゾ
ウ
、
ウ
シ
、
キ
リ
ン
、
カ
バ
、
ウ
マ
な
ど
菜
食
の
人
が
や
せ
て
い
て
小
柄
だ
と
は
限
り
ま
せ
ん
。
食
事
の
バ
ラ
ン
ス
が
取
れ
て
い
れ
ば
、
同
じ
よ
う
に
ま
す
が
、
そ
う
で
し
ょ
う
か
。
ほ
と
ん
ど
の
人
が
、
菜
食
の
人
は
比
較
的
小
柄
で
や
せ
て
お
り
、
肉
食
の
人
は
背
が
高
く
大
き
い
と
考
え
て
で
す
か
ら
、
野
菜
と
果
物
を
食
べ
る
事
は
、
一
種
の
自
然
の
成
り
ゆ
き
で
、
彼
ら
に
苦
痛
を
与
え
な
い
の
で
す
。
し
ょ
う
。
木
の
下
に
落
ち
て
腐
っ
て
し
ま
い
、
そ
の
種
も
そ
の
木
で
太
陽
の
光
を
遮
ら
れ
、
枯
れ
て
し
ま
い
ま
す
。
い
ま
す
。
も
し
、
私
た
ち
が
採
っ
て
食
べ
な
か
っ
た
ら
、
果
物
は
熟
し
過
ぎ
て
土
に
落
ち
て
、
腐
っ
て
し
ま
う
で
・71・ ビーガンがもたらす利益
M 物 Q
そ
れ
は
お
か
し
な
考
え
で
す
。
私
た
ち
が
動
物
を
殺
す
時
、
動
物
に
殺
さ
れ
た
い
か
と
か
、
食
べ
ら
れ
た
い
で
い
っ
ぱ
い
に
な
っ
て
し
ま
う
の
で
は
あ
り
ま
せ
ん
か
。
動
物
は
本
来
人
類
の
食
用
と
な
る
た
め
に
生
ま
れ
る
の
で
あ
り
、
も
し
、
こ
れ
を
食
べ
な
け
れ
ば
世
界
中
動
は
非
合
法
的
な
こ
と
で
す
。
る
権
利
を
奪
う
こ
と
は
で
き
ま
せ
ん
。
香
港
の
法
律
は
自
殺
を
犯
罪
と
規
定
し
て
い
る
く
ら
い
で
す
か
ら
、
殺
生
の
生
き
物
に
は
み
な
生
存
す
る
権
利
が
あ
り
ま
す
。
ど
ん
な
人
間
で
あ
れ
、
生
き
と
し
生
け
る
も
の
か
ら
生
存
す
M い Q
人
間
も
父
母
に
大
き
く
育
て
ら
れ
る
の
で
す
。
父
や
母
に
子
ど
も
を
食
べ
る
権
利
は
あ
り
ま
す
か
。
す
べ
て
け
な
い
の
で
し
ょ
う
か
。
豚
、
牛
、
ニ
ワ
ト
リ
、
ア
ヒ
ル
な
ど
の
動
物
は
、
人
間
が
飼
育
し
て
大
き
く
し
た
の
に
、
な
ぜ
、
食
べ
て
は
は
そ
の
病
気
の
患
者
の
大
部
分
が
卵
を
食
べ
て
い
る
こ
と
を
知
っ
て
い
ま
す
。
病
気
は
す
で
に
フ
ォ
ル
モ
サ
、
ア
メ
リ
カ
で
第
一
の
死
亡
原
因
に
な
っ
て
い
ま
す
。
疑
う
ま
で
も
な
く
、
私
た
ち
非
常
に
高
い
コ
レ
ス
テ
ロ
ー
ル
が
含
ま
れ
て
い
て
、
心
臓
血
管
の
病
気
を
引
き
起
こ
す
最
大
の
原
因
で
す
。
こ
の
毎
回
の
食
事
は
一
皿
の
野
菜
と
ご
飯
だ
け
で
し
た
が
、
八
十
歳
と
い
う
長
寿
で
し
た
。
そ
の
上
、
卵
の
黄
味
に
は
古
今
の
高
僧
に
は
肉
や
卵
を
食
べ
な
く
て
も
、
長
寿
だ
っ
た
人
は
た
く
さ
ん
い
ま
す
。
例
え
ば
、
印
光
大
師
は
ン
は
ジ
ャ
ガ
イ
モ
な
ど
の
多
く
の
野
菜
か
ら
摂
取
で
き
ま
す
。
間
の
体
に
と
っ
て
欠
か
せ
な
い
栄
養
を
含
む
と
い
う
の
な
ら
、
た
ん
ぱ
く
質
は
豆
腐
か
ら
摂
取
で
き
ま
す
し
、
リ
る
こ
と
を
知
っ
て
い
ま
す
。
そ
う
で
な
け
れ
ば
、
な
ぜ
卵
は
受
精
で
き
る
唯
一
の
種
類
の
細
胞
な
の
で
す
か
。
人
即刻開悟の鍵
に
、
よ
り
偉
大
に
、
よ
り
幸
福
に
、
そ
し
て
無
限
に
し
て
く
れ
ま
す
。
よ
ろ
し
い
で
す
か
。
て
あ
ら
ゆ
る
生
き
と
し
生
け
る
も
の
す
べ
て
の
生
命
に
ま
で
広
げ
ら
れ
る
の
で
す
。
そ
れ
は
私
た
ち
を
よ
り
高
貴
る
こ
と
を
意
味
し
て
い
ま
す
。
私
た
ち
の
生
命
は
こ
の
肉
体
だ
け
に
限
ら
れ
て
い
る
の
で
は
な
く
、
動
物
、
そ
し
ん
。
そ
れ
は
私
た
ち
を
制
限
す
る
こ
と
を
意
味
す
る
の
で
は
な
く
、
私
た
ち
の
生
命
を
す
べ
て
の
生
命
ま
で
広
げ
スプリームマスター チンハイ ・72・
反
す
る
か
ら
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
殺
生
す
る
こ
と
は
自
分
自
身
を
苦
し
め
る
こ
と
で
す
。
し
て
は
い
け
ま
せ
で
す
。
自
分
を
傷
つ
け
て
は
い
け
ま
せ
ん
。
同
様
に
殺
生
し
て
は
い
け
ま
せ
ん
。
と
い
う
の
は
、
生
命
の
法
則
に
な
り
、
結
局
自
分
を
苦
し
め
る
の
で
す
。
他
の
人
に
対
し
て
行
う
す
べ
て
の
こ
と
が
、
自
分
自
身
を
苦
し
め
る
の
と
思
っ
て
い
ま
す
。
そ
れ
で
、
私
た
ち
が
他
の
人
々
に
そ
の
よ
う
な
行
動
を
取
る
と
、
自
分
自
身
に
背
く
こ
と
に
さ
れ
た
く
な
い
と
い
う
宇
宙
の
法
則
に
反
す
る
こ
と
で
す
。
自
分
自
身
は
殺
さ
れ
た
く
な
い
、
盗
ま
れ
た
く
な
い
MQ
私
は
ビ
ー
ガ
ン
で
す
。
そ
れ
は
、
私
の
内
在
の
神
が
そ
う
し
た
い
か
ら
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
肉
食
は
殺
な
ぜ
ビ
ー
ガ
ン
で
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
で
し
ょ
う
か
。
切
な
量
に
維
持
さ
れ
る
こ
と
に
つ
な
が
り
ま
す
。
さ
れ
る
場
合
に
は
、
急
激
に
動
物
の
数
が
減
少
し
ま
す
。
こ
れ
は
動
物
の
数
を
保
っ
て
い
る
の
で
す
。
人
口
が
適
し
ょ
う
か
。
生
き
物
は
自
然
の
生
態
上
の
バ
ラ
ン
ス
を
保
っ
て
い
ま
す
。
食
料
が
ほ
と
ん
ど
な
く
、
空
間
も
制
限
前
に
は
、
す
で
に
多
く
の
種
類
の
動
物
が
存
在
し
て
い
ま
し
た
。
動
物
は
地
球
上
に
い
っ
ぱ
い
に
な
り
す
ぎ
た
で
い
の
で
し
ょ
う
か
。
人
類
が
こ
の
地
球
上
に
存
在
し
て
か
ら
た
っ
た
数
万
年
で
す
。
け
れ
ど
も
、
人
類
が
現
れ
る
も
ト
ラ
に
食
べ
ら
れ
た
く
は
あ
り
ま
せ
ん
。
そ
れ
な
の
に
、
な
ぜ
動
物
は
私
た
ち
に
食
べ
ら
れ
な
け
れ
ば
な
ら
な
か
と
聞
い
た
り
し
ま
す
か
。
生
き
物
は
み
な
生
き
た
い
と
望
ん
で
い
て
、
死
ぬ
こ
と
を
恐
れ
て
い
ま
す
。
私
た
ち
・73・ ビーガンがもたらす利益
水
の
供
給
、
人
力
、
車
、
ト
ラ
ッ
ク
、
道
路
建
設
、
そ
し
て
何
百
何
千
エ
ー
カ
ー
の
土
地
が
浪
費
さ
れ
て
い
る
の
人
間
の
一
回
分
の
食
事
と
し
て
提
供
で
き
る
ま
で
牛
を
飼
育
す
る
の
に
、
ど
れ
ほ
ど
の
た
ん
ぱ
く
質
、
医
薬
品
、
お
わ
か
り
の
よ
う
に
、
牛
を
飼
育
す
る
こ
と
に
よ
っ
て
、
私
た
ち
の
食
料
供
給
は
破
産
に
追
い
込
ま
れ
ま
し
た
。
そ
し
て
ビ
ー
ガ
ン
が
ど
ん
な
に
世
界
平
和
に
貢
献
し
て
い
る
か
と
い
う
こ
と
も
。
さ
ん
の
本
や
雑
誌
が
あ
り
、
そ
れ
ら
は
み
な
さ
ん
に
ビ
ー
ガ
ン
に
つ
い
て
の
情
報
や
事
実
を
提
示
し
て
く
れ
ま
す
。
そ
し
て
事
業
を
失
い
ま
し
た
が
、
彼
は
真
理
の
た
め
に
そ
う
し
た
の
で
す
。
と
て
も
い
い
本
で
す
。
他
に
も
た
く
て
を
捨
て
、
彼
の
家
の
家
風
と
家
業
に
反
す
る
ビ
ー
ガ
ン
の
本
を
書
き
ま
し
た
。
彼
は
た
く
さ
ん
の
お
金
、
名
声
、
ん
で
も
結
構
で
す
。
彼
は
と
て
も
有
名
な
ア
イ
ス
ク
リ
ー
ム
大
富
豪
で
す
。
彼
は
ビ
ー
ガ
ン
に
な
る
た
め
、
す
べ
を
読
む
こ
と
が
で
き
ま
す
。
ジ
ョ
ン
・
ロ
ビ
ン
ス
が
書
い
た
「
ダ
イ
エ
ッ
ト
フ
ォ
ー
ニ
ュ
ー
ア
メ
リ
カ
」
を
読
た
の
で
す
。
み
な
さ
ん
は
ど
の
本
屋
に
行
っ
て
も
、
ビ
ー
ガ
ン
の
調
査
や
食
品
の
生
産
過
程
調
査
に
つ
い
て
の
本
こ
れ
は
私
が
言
っ
て
い
る
こ
と
で
は
な
く
、
あ
る
ア
メ
リ
カ
市
民
が
こ
れ
に
つ
い
て
の
調
査
を
一
冊
の
本
に
し
世
界
的
な
飢
餓
を
引
き
起
こ
し
て
い
る
の
で
す
。
少
な
く
て
も
第
三
世
界
の
国
々
に
お
い
て
は
そ
う
で
す
。
牛
や
動
物
を
飼
育
す
る
こ
と
は
、
あ
ら
ゆ
る
面
に
お
い
て
私
た
ち
の
経
済
を
破
綻
さ
せ
る
原
因
に
な
っ
て
い
ま
す
。
と
を
研
究
し
た
り
す
れ
ば
、
ビ
ー
ガ
ン
は
と
て
も
い
い
と
い
う
こ
と
が
わ
か
る
で
し
ょ
う
。
肉
の
供
給
の
た
め
に
国
内
の
経
済
困
難
は
さ
ら
に
切
迫
し
た
も
の
に
な
り
ま
す
。
時
間
を
か
け
て
雑
誌
を
読
ん
だ
り
、
ビ
ー
ガ
ン
の
こ
ょ
う
。
飢
餓
が
起
き
た
り
、
食
料
不
足
に
な
っ
た
り
、
各
国
家
間
の
食
料
配
分
が
不
均
等
で
あ
っ
た
り
す
る
と
、
M 話 Q
は
い
。
ご
存
じ
の
よ
う
に
、
世
界
の
戦
争
の
ほ
と
ん
ど
が
経
済
的
理
由
か
ら
起
こ
り
ま
す
。
考
え
て
み
ま
し
く
だ
さ
い
ま
せ
ん
か
。
ビ
ー
ガ
ン
(
完
全
菜
食
)
の
食
事
の
こ
と
と
、
こ
の
こ
と
が
ど
の
よ
う
に
世
界
平
和
に
貢
献
す
る
の
か
、
お
即刻開悟の鍵
MQ
あ
な
た
が
こ
の
よ
う
な
質
問
を
し
て
く
れ
て
と
て
も
う
れ
し
い
で
す
。
と
い
う
の
は
、
あ
な
た
が
精
神
面
の
私
た
ち
が
ビ
ー
ガ
ン
に
な
っ
て
得
ら
れ
る
、
精
神
面
の
利
益
と
は
何
で
し
ょ
う
か
。
非
難
し
な
い
で
く
だ
さ
い
。
スプリームマスター チンハイ ・74・
れ
は
調
査
に
よ
る
も
の
で
、
私
が
勝
手
に
言
っ
て
い
る
こ
と
で
は
あ
り
ま
せ
ん
の
で
、
ご
了
承
く
だ
さ
い
。
私
を
が
高
く
な
い
の
か
、
自
問
し
て
み
て
く
だ
さ
い
。
彼
ら
は
そ
れ
ほ
ど
肉
が
な
い
か
ら
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
こ
の
は
、
ア
メ
リ
カ
人
は
た
く
さ
ん
の
牛
肉
を
食
べ
る
か
ら
で
す
。
な
ぜ
、
中
国
や
社
会
主
義
国
で
は
ガ
ン
の
比
率
が
エ
イ
ズ
に
最
も
苦
し
ん
で
い
る
の
か
自
問
し
て
く
だ
さ
い
。
ア
メ
リ
カ
は
世
界
で
一
番
ガ
ン
の
罹
病
率
が
高
い
に
ガ
ン
、
結
核
、
そ
し
て
エ
イ
ズ
を
含
む
様
々
な
不
治
の
病
か
ら
の
苦
し
み
を
作
る
の
で
す
。
な
ぜ
、
ア
メ
リ
カ
こ
の
罪
は
意
識
的
で
あ
れ
、
無
意
識
で
あ
れ
、
私
た
ち
の
良
心
の
重
荷
と
な
る
で
し
ょ
う
。
そ
れ
は
、
私
た
ち
で
す
。
私
た
ち
は
動
物
に
つ
い
て
だ
け
話
し
て
い
る
の
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
わ
か
り
ま
す
か
。
で
す
。
人
間
一
人
の
体
を
養
う
た
め
に
、
私
た
ち
は
多
く
の
生
き
物
を
殺
し
、
私
た
ち
人
間
を
も
飢
え
さ
せ
る
の
な
ぜ
隣
国
が
苦
し
ん
で
い
る
の
か
、
そ
の
原
因
を
知
り
ま
せ
ん
。
そ
れ
は
、
私
た
ち
の
味
覚
や
食
欲
に
よ
る
も
の
気
の
毒
な
こ
と
で
す
ね
。
私
た
ち
は
こ
ん
な
に
も
聡
明
で
、
文
明
化
さ
れ
て
い
る
の
に
、
私
た
ち
の
ほ
と
ん
ど
は
、
に
誰
か
を
殺
し
た
ら
、
私
た
ち
は
後
で
食
べ
物
の
た
め
に
、
何
か
別
の
形
で
次
回
、
次
世
代
に
殺
さ
れ
る
の
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
「
汝
の
ま
い
た
種
は
、
自
ら
刈
ら
ね
ば
な
ら
な
い
」
の
で
す
。
も
し
、
私
た
ち
が
食
べ
物
の
た
め
け
れ
ば
な
ら
な
く
な
る
で
し
ょ
う
。
長
い
目
で
見
れ
ば
、
こ
の
こ
と
は
悪
い
結
果
と
報
い
を
生
み
出
す
で
し
ょ
う
。
で
す
か
ら
、
あ
る
国
が
食
料
を
必
要
と
す
る
な
ら
、
自
分
の
国
民
を
救
う
た
め
、
お
そ
ら
く
他
の
国
を
侵
略
し
な
か
わ
か
り
ま
す
か
。
こ
れ
ら
の
物
が
均
等
に
開
発
途
上
国
に
配
分
さ
れ
た
ら
、
飢
餓
問
題
は
解
決
す
る
で
し
ょ
う
。
・75・ ビーガンがもたらす利益
ど
私
た
ち
が
結
婚
す
る
前
に
相
手
の
お
嬢
さ
ん
が
ど
の
よ
う
な
人
な
の
か
知
る
べ
き
で
あ
る
よ
う
な
も
の
で
す
。
な
い
な
ら
、
な
ぜ
神
を
拝
む
の
で
し
ょ
う
か
。
ど
う
し
て
盲
目
的
に
信
じ
る
の
で
し
ょ
う
か
。
そ
れ
は
、
ち
ょ
う
言
い
ま
し
た
。
で
す
か
ら
、
私
た
ち
は
神
よ
り
良
く
な
る
こ
と
も
あ
る
の
で
す
。
も
し
、
神
に
つ
い
て
何
も
知
ら
神
の
子
だ
か
ら
で
す
。
そ
し
て
、
ま
た
イ
エ
ス
は
、
私
た
ち
は
イ
エ
ス
が
し
た
こ
と
よ
り
良
い
こ
と
が
で
き
る
と
ん
か
。
彼
が
彼
の
父
と
一
つ
な
ら
、
私
た
ち
も
彼
の
父
と
一
体
に
な
れ
る
は
ず
で
す
。
と
い
う
の
は
、
私
た
ち
も
一
体
で
あ
る
こ
と
を
認
識
す
る
の
で
す
。
イ
エ
ス
は
「
私
と
私
の
父
は
一
つ
で
あ
る
」
と
言
っ
た
で
は
あ
り
ま
せ
ー
シ
ョ
ン
す
る
の
は
神
を
拝
む
こ
と
で
は
な
く
、
あ
な
た
が
神
に
な
る
こ
と
を
意
味
し
て
い
ま
す
。
自
分
が
神
と
で 神 神
治 世 物 言 く 康 利
再 す を に そ す 話 は っ 非 、 益
び 。 理 質 う る を 私 た 暴 ダ だ
神
解 問 い と 頼 た の 力 イ け
の
で を う き み ち で 的 エ に
よ
き す こ 、 ま の は で ッ 注
う
ま る と 彼 せ 友 な す ト 目
に
す こ で ら ん 達 く 。 の し
、
か と 、 を で で 、 神 方 、
本
。 は 神 殺 し 、 こ が に 関
来
で あ が し た 私 の 私 関 心
の
す り 言 、 か た 世 た 心 を
あ
か ま わ 食 。 ち の ち が 持
な
ら せ れ べ 神 の 生 に あ っ
た
、 ん た た は 手 き 、
「 る た
に
神 。 こ り 、 助 物 汝 の か
、
を 神 と し
け す 殺 で ら
ま 彼
唯
理 は が
ら を べ 生 す で
わ
す
一
解 は か か の し て す 。 す
無
す っ っ 。 世 て を る ビ 。
二
る き た そ 話 く 殺 な ー ほ
の
た り で し を れ し か ガ と
あ
め 語 し て せ る て れ ン ん
な
に り ょ 、 よ の は 」 に ど
た
、 ま う ま 、 だ い と な の
に
み し 。 わ 彼 と け 言 る 人
な
な た 私 り ら 言 な っ こ は
る
さ 。 た に を い い た と ビ
よ
ん け ち 誰 支 ま と の は ー
う
は れ は も 配 せ 言 は 精 ガ
お
神 ど そ い せ ん っ 、 神 ン
勧
に も う な よ で た 人 面 に
め
な 、 し い と し の 間 に つ
し
ら 神 な 王 言 た で を と い
ま
な 以 け 様 い か す 殺 っ て
す
け 外 れ に ま 。 。 し て 質
。
れ に ば な し 私 神 て 、 問
神
ば い な る た た は は 大 す
に
い っ り の 。 ち す い 変 る
メ
け た ま で 国 に べ け 汚 と
デ
な い せ す 民 彼 て な れ き
ィ
い 誰 ん か を ら の い が 、
テ
の が 。 。 統 の 動 と な 健
即刻開悟の鍵
ロ
リ
ー
が
失
わ
れ
て
し
ま
い
ま
す
。
で
す
か
ら
、
ビ
ー
ガ
ン
は
肉
食
よ
り
も
効
率
よ
く
、
経
済
的
で
す
。
さ
せ
て
食
肉
に
す
る
と
、
た
っ
た
が
生
産
す
る
エ
ネ
ル
ギ
ー
は
キ
ロ
カ
ロ
リ
ー
し
か
生
産
で
き
ま
せ
ん
。
そ
の
過
程
で
カ
ロ
リ
ー
で
す
が
、
も
し
こ
れ
ら
の
植
物
性
の
食
べ
物
を
動
物
に
食
べ
八
〇
二 〇
〇 キ
〇 ロ
六
〇
〇
キ
ロ
カ
スプリームマスター チンハイ ・76・
で
動
物
の
飼
料
を
生
産
す
る
よ
り
十
四
倍
も
多
く
の
穀
物
を
供
給
で
き
る
の
で
す
。
一
エ
ー
カ
ー
あ
た
り
の
植
物
MQ
い
い
え
、
そ
ん
な
こ
と
は
あ
り
ま
せ
ん
。
食
糧
用
の
穀
物
を
生
産
す
る
た
め
に
土
地
を
使
う
と
、
同
じ
土
地
も
し
、
み
ん
な
が
植
物
を
食
べ
た
ら
、
食
糧
不
足
に
な
っ
て
し
ま
う
の
で
は
な
い
で
す
か
。
同
じ
法
門
を
修
行
し
な
く
て
も
、
自
分
自
身
の
た
め
、
こ
の
世
界
の
た
め
、
ビ
ー
ガ
ン
に
な
っ
て
く
だ
さ
い
。
ょ
う
。
ビ
ー
ガ
ン
に
な
り
ま
し
ょ
う
。
こ
れ
ら
す
べ
て
の
理
由
の
た
め
に
、
た
と
え
私
に
従
わ
な
く
て
も
、
こ
の
年
一
、
六
〇
〇
万
人
の
飢
え
た
人
々
を
救
う
こ
と
が
で
き
る
の
で
す
。
と
い
う
こ
と
で
、
ヒ
ー
ロ
ー
に
な
り
ま
し
西
側
の
人
た
ち
、
そ
し
て
ア
メ
リ
カ
の
人
た
ち
が
も
し
一
週
間
に
一
回
だ
け
ビ
ー
ガ
ン
の
食
事
を
す
れ
ば
、
毎
き
で
す
。
同
時
に
、
こ
の
世
界
を
救
う
た
め
に
私
た
ち
は
ビ
ー
ガ
ン
で
あ
る
べ
き
で
す
。
理
由
で
、
私
た
ち
は
ビ
ー
ガ
ン
で
あ
る
べ
き
で
す
。
あ
ら
ゆ
る
慈
悲
の
理
由
で
、
私
た
ち
は
ビ
ー
ガ
ン
で
あ
る
べ
康
上
の
理
由
か
ら
も
、
私
た
ち
は
ビ
ー
ガ
ン
で
あ
る
べ
き
で
す
。
あ
ら
ゆ
る
科
学
的
理
由
で
、
あ
ら
ゆ
る
経
済
的
す
か
ら
、
聖
書
で
は
っ
き
り
述
べ
ら
れ
て
い
る
よ
う
に
、
私
た
ち
は
ビ
ー
ガ
ン
で
あ
る
べ
き
で
す
。
あ
ら
ゆ
る
健
こ
と
を
わ
か
る
よ
う
に
求
め
る
権
利
が
あ
り
ま
す
。
ど
の
神
に
従
い
た
い
か
を
選
択
す
る
権
利
が
あ
り
ま
す
。
で
私
た
ち
は
盲
目
的
に
神
を
信
頼
し
、
拝
む
の
で
し
ょ
う
か
。
私
た
ち
に
は
、
神
が
現
れ
る
よ
う
に
、
そ
し
て
神
の
今
日
で
は
、
相
手
と
デ
ー
ト
す
る
前
に
は
結
婚
し
な
い
の
が
習
慣
に
な
っ
て
い
ま
す
。
そ
れ
な
の
に
、
ど
う
し
て
・77・ ビーガンがもたらす利益
M で Q
い
け
ま
せ
ん
。
例
え
ば
、
食
べ
物
を
毒
に
漬
け
取
り
出
し
た
ら
、
そ
れ
は
毒
だ
と
思
い
ま
す
か
。
そ
れ
と
も
は
な
く
、
肉
料
理
に
混
ざ
っ
て
い
る
野
菜
を
取
り
出
し
て
食
べ
る
こ
と
で
す
)
い
わ
ゆ
る
、
ご
都
合
主
義
の
ベ
ジ
タ
リ
ア
ン
に
な
る
だ
け
で
構
い
ま
せ
ん
か
。
(
そ
れ
は
厳
し
く
肉
を
絶
つ
の
い
た
め
、
私
た
ち
の
振
動
力
も
そ
れ
に
影
響
さ
れ
、
智
慧
の
発
達
に
悪
影
響
が
及
ぶ
の
で
す
。
さ
せ
、
肉
の
中
に
残
っ
て
、
人
間
が
食
べ
る
と
害
を
及
ぼ
し
ま
す
。
動
物
の
振
動
周
波
数
は
人
間
よ
り
か
な
り
低
あ
り
ま
せ
ん
。
動
物
は
殺
さ
れ
る
時
、
極
度
の
苦
痛
、
恐
れ
、
憤
り
に
襲
わ
れ
ま
す
。
こ
の
こ
と
が
毒
素
を
発
生
動
物
は
憎
悪
を
抱
い
て
死
に
ま
す
。
こ
の
よ
う
な
小
さ
く
弱
い
も
の
を
い
じ
め
る
人
間
は
、
紳
士
と
い
う
資
格
は
と
言
っ
て
い
ま
す
。
人
間
は
動
物
よ
り
知
能
が
高
い
の
で
、
武
器
を
使
い
、
動
物
を
抵
抗
で
き
な
く
さ
せ
る
の
で
、
ば
ず
。
そ
の
苦
し
む
声
を
聞
け
ば
其
の
肉
を
食
う
に
忍
ば
ず
。
是
を
以
て
本
当
の
君
子
は
厨
房
を
遠
ざ
く
る
な
り
」
は
自
分
自
身
を
善
良
だ
と
主
張
で
き
る
の
か
」
と
言
い
ま
し
た
。
孟
子
も
「
其
の
生
を
見
れ
ば
其
の
死
を
見
る
に
忍
べ
る
。
こ
の
世
の
中
に
こ
の
人
よ
り
も
っ
と
残
酷
で
、
陰
険
で
凶
悪
な
人
は
誰
も
い
な
い
」
「
そ
れ
で
、
ど
う
し
て
彼
す
。
善
良
な
人
に
こ
ん
な
こ
と
が
で
き
る
で
し
ょ
う
か
。
か
つ
て
蓮
池
大
師
は
「
そ
の
身
を
殺
し
て
そ
の
肉
を
食
で
い
る
の
を
見
た
り
、
食
べ
た
り
す
る
こ
と
に
耐
え
ら
れ
な
い
で
し
ょ
う
。
肉
を
食
べ
る
の
は
無
慈
悲
な
こ
と
で
M 理 QMQ
本
当
に
思
い
や
り
の
あ
る
人
な
ら
、
ど
う
し
て
他
の
生
き
物
の
肉
を
食
べ
る
の
で
し
ょ
う
。
彼
ら
が
苦
し
ん
が
あ
り
ま
す
か
。
人
間
と
し
て
善
良
な
心
が
あ
れ
ば
、
ビ
ー
ガ
ン
に
な
る
ま
で
も
な
い
と
言
う
人
が
い
ま
す
が
、
こ
れ
に
は
道
魚
を
食
べ
た
け
れ
ば
食
べ
て
も
構
い
ま
せ
ん
が
、
菜
食
を
し
た
い
の
な
ら
、
魚
は
野
菜
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
ベ
ジ
タ
リ
ア
ン
は
魚
を
食
べ
て
も
い
い
で
し
ょ
う
か
。
即刻開悟の鍵
眼
」
が
そ
う
で
す
。
こ
の
キ
ノ
コ
が
バ
ラ
モ
ン
の
言
語
で
「
豚
の
足
」
「
豚
の
喜
び
」
と
な
る
の
は
、
豚
と
関
係
が
の
名
前
が
つ
い
て
い
な
く
て
も
、
実
際
は
ベ
ジ
タ
リ
ア
ン
の
食
べ
物
だ
と
い
う
こ
と
が
た
く
さ
ん
あ
り
ま
す
。
「
龍
り
ま
せ
ん
。
そ
れ
は
、
ち
ょ
う
ど
私
た
ち
が
あ
る
果
物
を
指
し
て
「
龍
眼
」
と
言
う
の
と
同
じ
こ
と
で
す
。
植
物
す
バ
ラ
モ
ン
の
言
語
を
直
訳
す
る
と
「
豚
の
足
」
と
な
る
の
で
す
。
け
れ
ど
も
、
そ
れ
は
本
当
の
豚
の
足
で
は
あ
スプリームマスター チンハイ ・78・
M 言 Q
絶
対
あ
り
得
ま
せ
ん
。
釈
迦
牟
尼
仏
は
キ
ノ
コ
の
一
種
を
食
べ
て
亡
く
な
り
ま
し
た
が
、
そ
の
キ
ノ
コ
を
表
っ
た
の
を
聞
い
た
こ
と
が
あ
り
ま
す
。
そ
れ
は
本
当
で
す
か
。
私
は
以
前
に
他
の
マ
ス
タ
ー
が
、
「
釈
迦
牟
尼
仏
が
豚
足
を
食
べ
て
、
お
な
か
を
こ
わ
し
て
亡
く
な
っ
た
」
と
こ
と
は
言
う
ま
で
も
あ
り
ま
せ
ん
。
れ
ば
な
ら
な
い
こ
と
を
誰
も
が
知
っ
て
お
り
、
ま
た
、
ほ
と
ん
ど
の
人
々
に
と
っ
て
、
布
施
で
き
る
肉
な
ど
な
い
が
菜
食
を
し
て
い
ま
す
。
彼
ら
は
黄
色
の
僧
衣
を
着
た
人
が
食
べ
物
を
求
め
に
来
る
と
、
菜
食
の
布
施
を
し
な
け
典
の
勉
強
不
足
か
、
経
典
を
理
解
し
て
い
な
い
こ
と
か
ら
き
て
い
る
誤
解
で
す
。
イ
ン
ド
で
は
九
〇
%
以
上
の
人
が
あ
っ
た
ら
彼
も
肉
を
食
べ
た
な
ど
と
言
う
人
も
い
ま
す
。
こ
れ
は
ま
っ
た
く
根
拠
の
な
い
作
り
話
で
あ
り
、
経
ま
す
。
け
れ
ど
も
、
釈
迦
牟
尼
仏
を
誹
謗
し
て
、
釈
迦
牟
尼
仏
は
ご
都
合
主
義
の
菜
食
を
し
て
い
た
、
肉
の
布
施
も
あ
り
ま
せ
ん
。
こ
の
話
か
ら
、
釈
迦
牟
尼
仏
と
弟
子
た
ち
が
菜
食
を
し
て
い
た
と
い
う
こ
と
も
簡
単
に
わ
か
り
は
水
で
洗
わ
な
け
れ
ば
食
べ
て
は
い
け
な
い
こ
と
が
わ
か
り
ま
す
。
ま
し
て
、
肉
を
食
べ
る
こ
と
な
ど
言
う
ま
で
で
洗
い
流
し
、
肉
と
分
け
た
後
な
ら
食
べ
て
も
よ
ろ
し
い
」
と
答
え
ま
し
た
。
こ
の
こ
と
か
ら
、
肉
と
一
緒
の
野
菜
べ
ら
れ
ま
す
か
。
何
か
浄
化
す
る
方
法
は
あ
り
ま
す
か
」
と
釈
迦
牟
尼
仏
に
聞
き
ま
し
た
。
釈
迦
牟
尼
仏
は
「
水
毒
で
は
な
い
で
す
か
。
涅
槃
経
で
迦
葉
が
、
「
い
た
だ
い
た
食
べ
物
が
肉
と
混
じ
っ
て
い
る
時
、
こ
の
食
べ
物
は
食
・79・ ビーガンがもたらす利益
植
物
に
殺
虫
剤
を
た
く
さ
ん
か
け
る
の
で
、
そ
れ
が
我
々
の
健
康
を
害
す
る
と
言
う
人
が
い
ま
す
が
、
そ
う
な
の
Q
植
物
そ
の
も
の
は
、
尿
酸
や
ウ
ロ
キ
ナ
ー
ゼ
な
ど
の
有
害
物
を
生
成
し
ま
せ
ん
が
、
果
物
や
青
果
は
業
者
が
さ
え
、
殺
生
が
あ
ま
り
に
も
多
い
こ
と
に
よ
り
引
き
起
こ
さ
れ
る
の
で
す
。
と
言
っ
て
い
ま
す
。
殺
生
が
あ
ま
り
に
も
多
い
の
で
、
天
災
や
人
災
が
私
た
ち
に
降
り
か
か
る
の
で
す
。
戦
争
で
ば
、
殺
生
は
起
こ
ら
な
い
。
だ
か
ら
、
肉
を
食
べ
る
側
も
殺
生
す
る
側
も
同
様
の
罪
を
犯
し
て
い
る
こ
と
に
な
る
」
と
い
う
こ
と
を
わ
か
っ
て
も
ら
い
た
い
の
で
す
。
楞
伽
経
の
中
で
釈
迦
牟
尼
仏
は
、
「
肉
を
食
べ
る
人
が
い
な
け
れ
M を Q
こ
れ
は
不
幸
な
間
違
い
で
す
。
肉
を
食
べ
た
い
人
が
い
る
た
め
に
食
肉
処
理
場
の
職
員
が
殺
生
す
る
の
だ
、
犯
し
た
こ
と
に
は
な
ら
な
い
と
い
う
人
が
い
ま
す
が
、
こ
れ
は
正
し
い
で
す
か
。
肉
が
好
き
な
人
た
ち
は
、
食
肉
処
理
場
の
職
員
が
殺
し
た
動
物
な
ら
買
っ
て
き
て
食
べ
て
も
、
殺
生
の
戒
律
牟
尼
仏
を
「
肉
を
む
さ
ぼ
る
仏
陀
」
に
し
て
し
ま
っ
た
の
で
す
。
こ
れ
は
と
て
も
悲
し
む
べ
き
こ
と
で
す
。
り
ず
、
ま
た
そ
の
由
来
を
正
し
く
理
解
し
て
い
な
か
っ
た
た
め
に
、
後
世
の
人
の
誤
解
を
招
い
て
し
ま
い
、
釈
迦
と
言
う
の
で
す
。
こ
の
二
つ
の
名
前
は
同
じ
種
類
の
キ
ノ
コ
の
こ
と
を
指
し
ま
す
が
、
翻
訳
す
る
時
慎
重
さ
が
足
べ
る
の
で
す
。
豚
の
大
好
物
な
の
で
、
イ
ン
ド
で
は
そ
の
種
の
キ
ノ
コ
の
こ
と
を
「
豚
の
足
」
と
か
「
豚
の
喜
び
」
た
豚
を
使
っ
て
探
さ
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
豚
は
鼻
で
そ
の
場
所
を
か
ぎ
だ
し
、
足
で
土
か
ら
掘
り
出
し
て
食
は
地
表
で
は
見
つ
か
ら
ず
、
地
下
に
生
え
る
も
の
な
の
で
探
す
時
は
、
必
ず
こ
の
種
の
キ
ノ
コ
が
好
き
な
年
老
い
し
た
。
そ
れ
で
誠
意
の
あ
る
人
が
そ
れ
を
取
っ
て
き
て
、
釈
迦
牟
尼
仏
に
供
養
し
た
の
で
す
。
そ
の
種
の
キ
ノ
コ
あ
る
か
ら
で
す
。
そ
の
種
の
キ
ノ
コ
は
古
代
イ
ン
ド
で
は
見
つ
け
に
く
く
、
し
か
も
山
海
の
珍
味
と
な
っ
て
い
ま
即刻開悟の鍵
も
っ
と
純
粋
で
す
。
研
究
に
よ
る
と
、
そ
れ
ら
の
合
成
添
加
物
は
ガ
ン
、
そ
の
他
の
病
気
や
胎
児
の
奇
形
を
引
き
ツ
類
、
豆
、
コ
ー
ン
の
た
ん
ぱ
く
質
は
、
水
に
溶
解
し
な
い
不
純
物
を
五
六
%
も
含
む
肉
の
た
ん
ぱ
く
質
よ
り
も
、
そ
の
上
、
動
物
は
ワ
ク
チ
ン
を
注
射
さ
れ
、
そ
れ
も
ま
た
肉
に
残
る
で
し
ょ
う
。
こ
れ
に
対
し
て
、
果
物
、
ナ
ッ
同
様
、
肉
食
者
の
健
康
に
と
っ
て
大
き
な
危
険
性
が
隠
さ
れ
て
い
る
」
と
報
道
し
ま
し
た
。
スプリームマスター チンハイ ・80・
物
に
は
、
鮭
の
中
に
あ
る
細
菌
、
残
留
殺
虫
剤
、
防
腐
剤
、
ホ
ル
モ
ン
、
抗
生
物
質
並
び
に
他
の
合
成
添
加
物
と
と
て
も
高
い
の
で
す
。
一
九
七
一
年
七
月
十
八
日
、
ニ
ュ
ー
ヨ
ー
ク
・
タ
イ
ム
ズ
は
「
肉
の
中
の
見
え
な
い
汚
染
的
で
ほ
と
ん
ど
の
飼
料
に
化
学
薬
品
が
使
わ
れ
て
い
ま
す
。
例
え
ば
、
硝
酸
塩
か
ら
作
ら
れ
た
防
腐
剤
は
毒
性
が
物
を
飼
育
す
る
過
程
で
、
早
く
成
長
さ
せ
た
り
、
肉
の
色
や
味
や
身
の
締
り
具
合
を
変
え
た
り
、
ま
た
防
腐
の
目
と
も
発
見
さ
れ
ま
し
た
。
実
際
に
は
、
肉
に
含
ま
れ
る
毒
性
物
質
は
、
単
に
殺
虫
剤
だ
け
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
動
食
者
で
あ
る
こ
と
を
示
し
ま
し
た
。
ま
た
、
菜
食
者
の
体
内
殺
虫
剤
含
有
量
は
、
肉
食
者
の
半
分
以
下
で
あ
る
こ
り
ま
す
。
ア
イ
オ
ワ
大
学
で
行
わ
れ
た
実
験
で
は
、
人
体
の
内
か
ら
殺
虫
剤
が
発
見
さ
れ
た
の
は
、
ほ
と
ん
ど
肉
か
ら
で
す
。
こ
う
し
て
み
る
と
、
食
物
連
鎖
の
中
で
ト
ッ
プ
に
立
つ
消
費
者
は
、
最
も
被
害
を
受
け
る
こ
と
に
な
中
に
堆
積
し
た
農
薬
は
ど
う
し
よ
う
も
あ
り
ま
せ
ん
。
殺
虫
剤
は
累
積
す
る
の
で
、
蓄
積
過
程
が
で
き
て
し
ま
う
果
物
、
野
菜
、
ま
た
は
穀
物
の
十
三
倍
で
す
。
果
物
の
表
面
の
農
薬
は
ま
だ
洗
い
流
せ
ま
す
が
、
動
物
の
脂
肪
の
に
蓄
積
さ
れ
た
他
の
毒
物
を
同
時
に
食
べ
る
こ
と
に
な
り
ま
す
。
動
物
に
含
ま
れ
る
こ
れ
ら
の
毒
性
蓄
積
物
は
、
貯
え
ら
れ
ま
す
。
そ
う
す
る
と
、
肉
を
食
べ
る
時
に
は
、
そ
れ
ら
の
濃
縮
さ
れ
た
殺
虫
剤
と
、
動
物
の
そ
の
脂
肪
て
肝
臓
病
を
引
き
起
こ
し
ま
す
。
D
D
T
の
よ
う
な
毒
性
物
質
が
脂
肪
に
浸
透
し
て
い
き
、
通
常
動
物
の
脂
肪
に
M で
す
殺 か
虫 。
剤
や
他
の
毒
性
の
高
い
化
学
薬
物
、
例
え
ば
D
D
T
が
使
わ
れ
た
農
産
物
は
、
ガ
ン
、
不
妊
症
、
そ
し
・81・ ビーガンがもたらす利益
ミ
ネ
ラ
ル
を
摂
取
で
き
る
の
で
す
。
は
、
ビ
ー
ガ
ン
に
な
る
こ
と
が
最
善
で
す
。
豆
か
ら
た
ん
ぱ
く
質
を
、
そ
し
て
果
物
と
野
菜
か
ら
は
ビ
タ
ミ
ン
と
起
こ
し
ま
す
。
で
す
か
ら
、
妊
娠
し
た
女
性
に
と
っ
て
胎
児
の
肉
体
的
、
精
神
的
な
健
康
を
確
実
に
す
る
た
め
に
即刻開悟の鍵
肉
類
の
生
産
に
用
い
ら
れ
る
水
の
五
%
に
す
ぎ
な
い
)
値
以
下
な
ら
、
直
ち
に
対
策
が
取
ら
れ
る
で
あ
ろ
う
)
ム
の
水
が
必
要
と
さ
れ
る
。
(
そ
の
効
率
は
〇
・
〇
一
%
以
下
で
あ
る
。
通
常
、
工
業
用
水
の
効
率
が
こ
の
数
*
穀
物
飼
育
で
産
出
さ
れ
る
食
用
肉
は
、
一
キ
ロ
グ
ラ
ム
を
生
産
す
る
た
め
に
一
万
~
一
・
五
万
キ
ロ
グ
ラ
に
、
世
界
中
の
水
資
源
が
も
は
や
使
い
果
た
さ
れ
よ
う
と
し
て
い
る
。
*
こ
こ
数
十
年
間
、
食
物
の
増
産
量
は
人
口
増
加
に
ま
さ
り
、
現
在
、
よ
り
多
く
の
食
物
を
生
産
す
る
た
め
た
驚
く
べ
き
事
実
で
す
。
以
下
は
、
二
〇
〇
四
年
八
月
一
六
日
~
二
十
日
、
S
I
W
I
主
催
の
年
次
世
界
水
週
間
会
議
で
報
告
さ
れ
せ
て
い
る
と
、
ス
ト
ッ
ク
ホ
ル
ム
国
際
水
協
会
S
I
W
I
は
述
べ
て
い
ま
す
。
)
*
一
キ
ロ
グ
ラ
ム
の
穀
物
を
生
産
す
る
に
は
、
四
〇
〇
~
三
千
キ
ロ
グ
ラ
ム
の
水
で
十
分
で
あ
る
。
(
こ
れ
は
(
る * *
。 オ 管
ー 理
ス 用
ト 水
ラ の
リ 九
ア 〇
の %
よ は
う 食
な 物
水 の
不 生
足 産
の に
国 使
で 用
は さ
、 れ
実 て
際 い
、 る
肉 。
の
生
産
の
た
め
に
大
量
の
水
が
使
わ
れ
て
い
スプリームマスター チンハイ ・82・
人
類
が
そ
の
水
資
源
を
過
度
に
使
用
し
た
た
め
に
、
す
で
に
次
世
代
を
こ
の
貴
重
な
資
源
の
危
機
に
直
面
さ
水
は
地
球
上
の
す
べ
て
の
生
物
が
生
存
し
て
い
く
上
で
、
必
要
不
可
欠
な
も
の
で
す
。
し
か
し
な
が
ら
、
ビ
ー
ガ
ン
は
世
界
的
水
危
機
を
解
決
す
る
最
良
の
方
法
・83・ ビーガンは世界的水危機を解決する最良の方法
世
界
を
養
っ
て
い
か
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
ビ
ー
ガ
ン
こ
そ
ま
さ
に
こ
の
ニ
ー
ズ
に
適
合
し
て
い
ま
す
。
で
す
か
ら
、
世
界
的
水
資
源
の
消
耗
を
有
効
的
に
低
下
さ
せ
る
た
め
に
は
、
人
類
は
新
し
い
方
法
で
こ
の
資
源
が
効
率
的
に
使
わ
れ
な
い
か
ら
で
す
」
(
小
冊
子
『
即
刻
開
悟
の
鍵
』
「
ビ
ー
ガ
ン
の
利
益
」
よ
り
引
用
)
飢
餓
を
招
き
ま
す
。
そ
れ
は
食
肉
を
生
産
す
る
た
め
に
土
地
、
水
、
エ
ネ
ル
ギ
ー
、
人
力
と
い
っ
た
地
球
の
林
の
破
壊
、
地
球
温
暖
化
、
水
質
汚
染
、
水
不
足
、
砂
漠
化
、
エ
ネ
ル
ギ
ー
資
源
の
浪
費
、
そ
し
て
世
界
的
産
は
環
境
に
影
響
を
及
ぼ
す
と
話
し
て
い
ま
す
。
「
肉
を
食
べ
る
た
め
に
動
物
を
飼
育
す
る
こ
と
は
、
熱
帯
雨
ほ
と
ん
ど
の
修
行
仲
間
は
覚
え
て
い
る
と
思
い
ま
す
が
、
マ
ス
タ
ー
は
数
年
前
の
講
演
で
、
肉
食
品
の
生
る
な
ら
、
さ
ら
に
効
率
的
に
な
る
こ
と
は
間
違
い
あ
り
ま
せ
ん
。
こ
の
大
豆
は
食
用
牛
の
飼
料
と
し
て
消
費
さ
れ
て
い
る
の
で
あ
っ
て
、
も
し
こ
の
大
豆
を
直
接
人
間
が
食
べ
培
の
た
め
に
ま
す
ま
す
多
く
の
熱
帯
雨
林
が
開
発
さ
れ
て
い
る
と
報
告
さ
れ
て
い
ま
す
。
し
か
し
な
が
ら
、
ま
た
、
さ
ら
に
注
目
す
べ
き
こ
と
に
、
S
I
W
I
の
報
告
以
外
に
も
、
近
年
ア
マ
ゾ
ン
で
は
、
大
豆
の
栽
リ
ッ
ト
ル
(
千
百
ガ
ロ
ン
)
も
の
水
を
使
用
し
て
い
る
。
(
2004.8.23 Guardian
http://www.worldwatercouncil.org/
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/3559542.stm
http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/2943946.stm
関
連
レ
ポ
ー
ト
は
以
下
の
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
を
参
照
し
て
く
だ
さ
い
。
紙
に
よ
る
レ
ポ
ー
ト
)
*
発
展
途
上
国
で
は
、
菜
食
者
は
毎
日
千
~
二
千
リ
ッ
ト
ル
の
水
を
使
用
す
る
の
に
対
し
、
肉
食
者
は
五
千
スプリームマスター チンハイ ・84・
即刻開悟の鍵
http://www.suprememastertv.com/bbs/board.php?bo_table=featured&wr_ id=129
出
典
・85・ ビーガンへのグッドニュース
り
肉
な
ど
の
植
物
性
た
ん
ぱ
く
質
食
材
を
使
う
以
外
に
は
、
肉
料
理
を
す
る
の
と
ま
っ
た
く
同
じ
で
す
。
例
ビ
ー
ガ
ン
料
理
の
調
理
は
、
本
物
の
肉
の
代
わ
り
に
ビ
ー
ガ
ン
鶏
肉
、
ビ
ー
ガ
ン
ハ
ム
、
ビ
ー
ガ
ン
薄
切
な
い
と
し
て
も
、
大
豆
を
食
べ
れ
ば
十
分
に
長
生
き
で
き
る
こ
と
だ
ろ
う
」
と
も
言
っ
て
い
ま
す
。
い
肉
で
あ
る
」
、
ま
た
「
大
豆
の
栄
養
価
は
と
て
も
高
く
、
も
し
人
が
た
っ
た
一
種
類
の
食
物
し
か
食
べ
ら
れ
り
さ
え
す
れ
ば
、
健
康
維
持
に
必
要
な
栄
養
は
摂
取
で
き
る
と
い
う
こ
と
で
す
。
博
士
は
「
豆
腐
は
骨
の
な
診
療
を
行
な
っ
た
方
で
す
。
ミ
ラ
ー
博
士
に
よ
る
と
、
私
た
ち
が
穀
物
、
豆
類
、
野
菜
、
果
物
を
十
分
に
摂
ミ
ラ
ー
博
士
は
生
涯
菜
食
を
貫
き
、
医
学
を
学
び
、
台
湾
で
四
〇
年
間
も
貧
し
い
人
々
の
た
め
に
病
気
の
質
を
含
ん
だ
も
の
で
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
め
を
食
べ
て
い
れ
ば
い
い
と
い
う
わ
け
で
は
な
く
、
人
が
必
要
と
す
る
栄
養
を
満
た
す
た
め
に
、
た
ん
ぱ
く
エ
ン
ド
ウ
豆
な
ど
が
、
お
も
な
植
物
性
た
ん
ぱ
く
源
で
す
。
ビ
ー
ガ
ン
食
と
い
う
の
は
、
た
だ
単
に
野
菜
炒
た
ん
ぱ
く
質
に
は
動
物
性
た
ん
ぱ
く
質
と
植
物
性
た
ん
ぱ
く
質
の
二
種
類
あ
り
ま
す
。
大
豆
、
ヒ
ヨ
コ
豆
、
い
よ
う
、
特
に
注
意
を
払
わ
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
健
康
的
で
す
。
け
れ
ど
も
、
栄
養
の
バ
ラ
ン
ス
を
考
え
、
体
に
不
可
欠
な
植
物
性
た
ん
ぱ
く
質
が
不
足
し
な
ビ
ー
ガ
ン
(
完
全
菜
食
)
は
私
た
ち
の
精
神
修
行
に
と
っ
て
大
い
に
役
立
つ
ば
か
り
で
は
な
く
、
と
て
も
~
必
要
不
可
欠
な
植
物
性
た
ん
ぱ
く
質
~
ビ
ー
ガ
ン
へ
の
グ
ッ
ド
ニ
ュ
ー
ス
即刻開悟の鍵
http://www.GodsDirectContact.org.tw/eng1/food/restaurant
ラ
ビ
ン
グ
ハ
ッ
ト
東
京
http://www.lovinghut.com/index.php
http://lovinghut.jp/
東
京
都
千
代
田
区
神
田
神
保
町
1
‐
5
4
岡
田
ビ
ル
2
F
Loving Hut Tokyo
T
E
L
‥
0
3
‐
5
5
7
7
‐
6
8
8
0
スプリームマスター チンハイ ・86・
世
界
各
国
の
ビ
ー
ガ
ン
/
ベ
ジ
タ
リ
ア
ン
レ
ス
ト
ラ
ン
の
リ
ス
ト
は
以
下
の
サ
イ
ト
か
ら
入
手
で
き
ま
す
。
考
に
し
て
く
だ
さ
い
。
ソ
シ
エ
ー
シ
ョ
ン
発
行
の
「
ス
プ
リ
ー
ム
キ
ッ
チ
ン
」
や
、
そ
の
他
の
ビ
ー
ガ
ン
ク
ッ
キ
ン
グ
ブ
ッ
ク
を
参
ビ
ー
ガ
ン
料
理
の
作
り
方
に
つ
い
て
は
、
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
イ
ン
タ
ー
ナ
シ
ョ
ナ
ル
ア
考
ま
で
に
、
入
手
方
法
と
ビ
ー
ガ
ン
レ
ス
ト
ラ
ン
情
報
を
提
供
し
ま
す
。
ー
チ
ン
ハ
イ
イ
ン
タ
ー
ナ
シ
ョ
ナ
ル
ア
ソ
シ
エ
ー
シ
ョ
ン
の
地
域
セ
ン
タ
ー
に
ご
連
絡
く
だ
さ
れ
ば
、
参
あ
な
た
の
お
住
ま
い
の
地
域
で
植
物
性
た
ん
ぱ
く
質
食
材
の
入
手
が
困
難
で
し
た
ら
、
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
と
セ
ロ
リ
炒
め
」
「
わ
か
め
と
ゆ
ば
の
ス
ー
プ
」
を
作
れ
ば
い
い
の
で
す
。
え
ば
、
「
細
切
り
肉
と
セ
ロ
リ
炒
め
」
と
か
「
わ
か
め
と
卵
の
ス
ー
プ
」
な
ら
、
代
わ
り
に
「
細
切
り
菜
食
肉
・87・ 詩-沈黙の涙
師の愛が私の魂に注がれた時
私は生まれ変わった
どうしてなのかはわからない
わけは愛の論理ではないのだから
私は宇宙万物の代弁者
はっきり口に出して言いましょう
常に回り続ける生死の輪の中で
輪廻する万物の悲しみと苦しみを
慈しみ深い師よ
どうか、急いで終止符を打ってください
あなたの祝福は、どんなものにも力を注ぎ込む
良いものにも悪いものにも
美しいものにも醜いものにも
誠実なものにも
価値のないものにも同様に
ああ師よ、私はあなたへの讃美を歌えなかった
あなたの愛を胸に抱き
毎夜一緒に眠るのです
詩集~沈黙の涙より
スプリームマスター チンハイ
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・88・
出版物の紹介
日々の生活において、私たちの霊性の上昇と霊感を得るために、スプリームマスター
チンハイの教理の貴重な出版物を、書籍、ビデオテープ、音楽カセット、DVD、MP
3、CDとして入手できます。
出版されている書籍、テープに加えて、インターネットで多種多様なマスターの教理
に、無料でアクセスできます。例えば、いくつかのウェブサイトでは、頻繁に発行され
ているニュースマガジンを紹介しています。
(下記の「観音ウェブサイト」をご覧くだ
さい)他のオンライン出版物はマスターの詩、霊性を鼓舞させる甘露法語、ビデオ、オ
ーディオの講義もあります。
更に広く、出版物が供給されていて、現在インターネットから80カ国語以上が入手
できます。それはマスターの紹介の小冊子です。どうぞ、下記のウェブサイトにアクセ
スしてください。
http://sb.godsdirectcontact.net/ (Formosa) (U.S.A.)
http://www.direkter-kontakt-mit-gott.org/download(Austria)
書
即刻開悟の鍵
籍
スプリームマスター チンハイの講演集
オゥラック語(1~15 巻)中国語(1~10 巻)韓国語(1~11 巻)タイ語(1~6 巻) 英
語(1~5 巻)インドネシア語(1~5 巻)日本語(1~4 巻)スペイン語(1~3 巻) モ
ンゴル語(1,6 巻)ドイツ語 ポルトガル語 ポーランド語 フランス語(1~2 巻)ハ
ンガリー語 チベット語 スウェーデン語 フィンランド語(各 1 巻)
即刻開悟の鍵 問答集
スプリームマスター チンハイの問答による講演集
オゥラック語 韓国語(1~4 巻)中国語 インドネシア語(1~3 巻)
英語(1~2 巻) 日本語 フランス語 ドイツ語 ポルトガル語 ポーランド語
・89・出版物の紹介
ロシア語 ブルガリア語 チェコ語 ハンガリー語(各 1 巻)
即刻開悟の鍵 特別編 1993 年 世界講演ツアー
1993 年スプリームマスター チンハイ世界講演ツアーの講演集 全6巻
英語 中国語(各 1~6 巻)
即刻開悟の鍵 特別編 禅七 1992 年フォルモサ三地門、禅七での講演集
英語 オゥラック語
即刻開悟の鍵 マスターと弟子の往復書簡
中国語(1~3 巻) オゥラック語(1~2 巻)英語 スペイン語(各 1 巻)
即刻開悟の鍵 神奇感應
マスターが話す「物語」
中国語 オゥラック語(1~2 巻)
中国語 英語 オゥラック語 日本語 韓国語 スペイン語 タイ語
生命を彩るために 霊性の教理精選集
中国語 英語 オゥラック語
神はすべての面倒を見る スプリームマスターチンハイによる智慧の漫画集
オゥラック語 中国語 英語 日本語 フランス語 韓国語
光輪がきつすぎる! スプリームマスターチンハイ 悟りの笑い話集 CD付
中国語/英語
気軽に修行する秘訣
中国語 英語 オゥラック語
平和への道 神と直接つながる
1999 年スプリームマスター チンハイ ヨーロッパ講演ツアー講演集 英語 中国語
神と人間と 聖書物語からの洞察
この特別な選集は、様々な機会にマスターが話された13話の聖書物語が含まれている
中国語 英語
健康を理解するー自然な正しい生き方に戻る
英語 中国語
I Have Come To Take You Home マスターの特別な講義の引用集
英語 ドイツ語 ポーランド語 韓国語 オゥラック語 イタリア語 ハンガリー語 イ
ンドネシア語 ブルガリア語 フランス語 チェコ語 トルコ語 スペイン語 中国語
ギリシャ語 アラビア語 ルーマニア語 ロシア語 モンゴル語
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・90・
甘露法語1 マスターによる永遠の智慧の宝石
中国語/英語 韓国語/英語 日本語/英語 ドイツ語/フランス語
スペイン語/ポルトガル語
甘露法語2 マスターによる永遠の智慧の宝石
中国語/英語
スプリームキッチン1 世界のベジタリアン料理集
英語/中国語 日本語訳(別冊) オゥラック語
スプリームキッチン2 家庭料理集 英語/中国語
音楽を通して、平和な一つの世界を ロサンゼルスでの慈善コンサートの
インタビューとミュージカル作品集
中国語/英語/オゥラック語
スプリームマスター チンハイ 芸術創作集
セレスチャルクローズ集(6)
ドッグ イン マイライフ1,2
中国語/英語
英語/中国語(1~6 巻)
マスターが彼女の犬の仲間について愉快な実生活を出版
2冊の本は 500 ページ
オゥラック語 英語 中国語 日本語 韓国語 スペイン語 ポーランド語 ドイツ語
バード イン マイライフ
美しいイラスト集 マスターは動物の霊性世界を開かせる秘密を示す
英語 中国語 オゥラック語 フランス語 ドイツ語 韓国語 モンゴル語 ロシア語 イ
ンドネシア語 アラビア語
気高い野生動物
マスター自ら愛情込めて撮影した写真によって構成 美しい詩、
素晴しい写真が満載
奥深い記録物語の中で彼女の湖畔探索を話し、
動物の友が生まれ持つ気高い品性につ
いて啓示
英語 中国語 オゥラック語 フランス語 ドイツ語 韓国語 モンゴル語
セレスチャルアート
セレスチャルアートは作者が真実と徳、天上の美を反映するため、スピリチュアルな
視点から芸術創作を解き明した卓越した作品集です 読者はスプリームマスターチ
ンハイによるアートの無限の世界へと招待され、
神の共鳴を通して引き上げられます
詩人としての奥深い感情、画家としての精妙な筆使い、デザイナーとしての独創的な
・91・出版物の紹介
アイディア、そして音楽家としてのロマンチックな心に、深い感銘を受けます。何に
もまして霊性の師としての智慧と慈悲心とを祝福と共に知るでしょう 中国語/英語
危機から平和へ
オゥラック語 中国語 英語 オランダ語 韓国語 フランス語 ハンガリー語 インドネ
シア語 日本語 ノールウェイ語 スペイン語 スウェーデン語 タイ語 ポルトガル語
ポーランド語 ロシア語 ルーマニア語
Thoughts on Life and Consciousness
Dr. Janez 著 中国語
The Real Love
英語/中国語
詩
集
<書
籍>
沈黙の涙 マスター著作の詩集
ドイツ語/フランス語 中国語/英語 オゥラック語 英語 スペイン語 ポルトガ
ル語 韓国語 フィリピン語
無子詩
マスター著作の詩集
オゥラック語 中国語 英語
胡蝶の夢
マスター著作の詩集
オゥラック語 中国語 英語
過去の足跡 マスター著作の詩集
オゥラック語 中国語 英語
懐かしき日々 マスター著作の詩集
オゥラック語 中国語 英語
Pebble and Gold マスター著作の詩集
オゥラック語 中国語 英語
失われた思い出 マスター著作の詩集
オゥラック語 中国語 英語
世紀を超えた愛の人 マスター著作の詩集
オゥラック語 中国語 英語 フランス語 ドイツ語 韓国語 モンゴル語 スペイン語
<CD&DVD>
時空を超えて(オゥラック語の歌唱) CD&DVD
A Touch of Fragrance(著名な歌手によるオゥラック語の歌唱)CD
That and This Day(オゥラック語の朗読) CD
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・92・
夜の夢(オゥラック語の歌唱) CD&DVD
T-C-L Please(オゥラック語の歌唱) CD
Please keep Forever(オゥラック語の朗読) CD
スプリームマスターチンハイ歌曲集 英語 オゥラック語 中国語 CD
愛の歌
英語 オゥラック語DVD
Good Night Baby
英語 CD
珠玉の詩(著名なオゥラック語の詩から オゥラック語の朗読) CD1、2 DVD1、2
黄金の蓮(オゥラック語の朗読) CD&DVD
スプリームマスター チンハイの美声を通して、Thich Man Giacの美しい詩の世界に
誘う 黄金の蓮、さよならの2曲を朗読
Ancient Love(オゥラック語の朗読) CD&DVD
過去の足跡(オゥラック語の朗読)オーディオテープ&CD1、2、3
ビデオテープ
1、2(17 カ国語字幕)
A Path to Love Legends オーディオテープ&CD1、2、3 ビデオテープ 1、2
(著名なオゥラックの詩 オゥラック語の朗読)
*A Path to Love Legends、
Ancient Love、
時空を超えて、
夜の夢、
Please keep Forever、
That and This Day、過去の足跡、珠玉の詩、黄金の蓮、T-C-L Please は、彼女自身曲を
つけ、歌唱している
音楽カセットテープ&CD
マスターから私たちへの音楽の贈り物は、琴、琵琶などの伝統楽器で演奏された、仏
讃、詩、オリジナル曲が含まれます。多くの音楽曲や講義はカセットテープやCD共に
入手できます
仏讃 CD1、2、3(メディテーション 仏讃)
Holy Chanting Hallelujah
マスターの作曲による作品集 CD1 -9 オリジナル曲はdulcimer ハープ、
ピアノ、中国琴、電子ピアノなどで演奏されています
・93・出版物の紹介
日本語字幕付き DVD
№
題名
講演日
講演場所
1022
地球の資源を節約する
2003/7/15
ヨーロッパ
1049
私達の世界から原初宇宙へ:真の愛は不変
2014/5/29
アメリカ・ロサンゼルス
(1,2)
652
私達の存在の真の本質
1999/5/24
ハンガリー・ブタペスト
1020
菜食主義のパワーは地球全体に満ちている
2013/7/10,11
ヨーロッパ
2013/7/8
ヨーロッパ
(1,2)
1019
良いメディテーションのために少食にすべ
きである
1018
心が肯定的であるのは常に良いことである
2013/7/7
ヨーロッパ
1048
帰郷の喜び: マスターの原初宇宙の再発見
2014/1/26
アメリカ・ロサンゼルス
(1~3)
1010
ミュージカル:沈黙の涙を愛して(1~4) 2012/10/27
1017
無条件の愛こそがいちばん
2013/7/6
ヨーロッパ
1016
神と悟りだけに集中する
2013/7/5
ヨーロッパ
1015
常により愛を広める
2013/7/2
ヨーロッパ
1014
農夫になれば自然と幸せを感じる(1,2)
2013/6/30
ヨーロッパ
488
強欲な王様
1995/7/11,13
フォルモサ(台湾) 西湖
1013
より高い宇宙領域へのマスターの旅(1,2)
2013/6/16
アメリカ・ロサンゼルス
989
愛は全てを征する(1,2)
2007/5/31
スロベニア
1012
全ての平和プランがなされる(1,2)
2013/4/14
アメリカ・ロサンゼルス
992
良い目的に捧げる
2007/3/26
ヨーロッパ
アメリカ・ロサンゼルス
2008/2/25
2008/12/8
991
愛すべき動物達の話
2008/8/21,29
ヨーロッパ
990
無条件の愛は大変な高揚力
2007/5/27
オーストリア
987
霊修は輝かしき手本
2007/2/21
フォルモサ(台湾) 西湖
即刻開悟の鍵
984
愛するマスターと迎える謹賀新年
スプリームマスター チンハイ・94・
2008/1/1
ヨーロッパ
2009/1/25
988
神の宮殿
2007/2/26
フォルモサ(台湾) 西湖
961
「セレスチャルアート」「世紀を超えた愛
2011/5/29
タイ
スーフィーの教えと観音法門の驚くべき本
2007/12/28
ヨーロッパ
質
2009/1/10
ルーミーの話す話:動物の言葉を学ぼうと
2008/1/1
フランス・パリ
の人」のオゥラック(ベトナム)語版 先行発
表記念コンサート(1~3)
985
983
した男
967
道教 最初の弟子の話(1,2)
2008/9/5,9/9
ヨーロッパ
982
布袋和尚の話
2008/9/8
ヨーロッパ
981
勤勉な修行で自身と他者を守る
2007/2/22
フォルモサ(台湾) 西湖
2011/1/12
952
「世紀を超えた愛の人」-愛は無限コンサ
2011/4/10
アメリカ・ロサンゼルス
ート(1~3)
979
驚くべき奇跡の逸話
2008/8/30
ヨーロッパ
978
仕立屋と二人の禅師
2008/9/6
ヨーロッパ
977
強情な王女の物語
2009/1/24
ヨーロッパ
975
マスターと弟子との大切な時間
2008/8/27
ヨーロッパ
9/9
12/29
2009/1/11
976
マスターの教えの重要性
2008/8/24,25
ヨーロッパ
2009/2/21
1011
人間の真の標準を生きる(1,2)
2012/12/22
アメリカ・ロサンゼルス
1009
愛深く 思いやりあれ(2)
2012/4/27.28
オーストリア
悪霊を払う葛玄
2008/9/9
ヨーロッパ
-2
972
2009/3/3
・95・出版物の紹介
1009
愛深く 思いやりあれ(1)
2012/4/27,28
オーストリア
世界を高揚させる(4,5)
2014/4/7
ヨーロッパ
愛の贈り物:スプリームマスターチンハイ
2008/6/12
との簡単で栄養のある料理 暑い夏の日の
7/3.6.10.14.1
さわやかな料理
5
995
平和で愛ある食物
2012/3/23
ヨーロッパ
964
孟子と斉王
2008/9/9
ヨーロッパ
1008
霊修行によって愛と慈悲を発展させる(2) 2014/4/8
ヨーロッパ
-1
1007
-4&5
933
-2
971
ルーミーの詩:果樹園に雨が降るように
2008/8/22
1008
霊修行によって愛と慈悲を発展させる(1) 2014/4/8
ヨーロッパ
ヨーロッパ
-1
920
2010/12/11
メキシコ・カンクン
世界を高揚させる(3)
2014/4/7
ヨーロッパ
世界を高揚させる(2)
2014/4/7
ヨーロッパ
「真実の愛」 ミュージカル&ドンマクリー
2010/8/27
アメリカ
スプリームマスターチンハイへのインタビ
ュー(1,2)
1007
-3
1007
-2
999
ンコンサート(1~3)
918
グーリーネスト ヒーローズ ガーラ(1~3)
2010/12/5
メキシコ・カンクン
1007
世界を高揚させる(1)
2014/4/7
ヨーロッパ
970
真の弟子になるために
2008/25-27
ヨーロッパ
1006
この恩恵の期間にできる限りメディテーシ
2012/4/6
ヨーロッパ
2009/1/16,17
ヨーロッパ
-1
ョンをする
969
執着についての話
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・96・
,19 7/16
928
愛の贈り物:スプリームマスターチンハイ
2008/2/7
との簡単で栄養のある料理 バレンタイン
5/13
デーのための甘くロマンチックな特別なビ
2009/2/4,24
ーガン料理
3/4
1001
共に世界を救う:愛の成功譚
2012/3/29
ヨーロッパ
966
地球を救う臨界量のへの到達
2008/8/31
ヨーロッパ
1002
より多くメディテーションして地球救済の
2012/3/30
ヨーロッパ
パワーを認識する
1004
資源を節約し 生活を簡素にする
2012/4/2
ヨーロッパ
1003
常に神を思い出す努力をする
2012/3/31
ヨーロッパ
965
趙州禅師の智慧
2008/9/10
ヨーロッパ
963
善意の行いは良い結果を得る
2008/9/8
ヨーロッパ
2009/1/15
994
独りでいることは孤独ではない
2012/3/22
ヨーロッパ
1005
楽園は思うより早く実現しつつある
2012/4/3
ヨーロッパ
997
天国を受け入れ 信じる
2012/3/25
ヨーロッパ
993
慈悲の新年:スプリームマスターチンハイ
2011/12/31
アメリカ・ロサンゼルス
の特別メッセージ及びさようならスプリー
2012/1/2
ムマスターテレビジョン
998
奇跡の道の途上で
2012/3/26
936
愛の贈り物:スプリームマスターチンハイ
2008/9/14
との簡単で栄養ある料理
ヨーロッパ
中秋節のご馳
走 再会への切なる思い
1000
自らの幸運を思い肯定的であれ
2012/3/28
ヨーロッパ
996
天と地を変える
2012/3/24
ヨーロッパ
962
愛深い心無くして聖人になることはできな
2008/12/17
ヨーロッパ
2011/6/4
メキシコ
い
951
危機から平和へ:全宇宙が私達を祝福して
・97・出版物の紹介
いる(1,2)
955
全ての動物は本来善良である
948
すべての悪行を止める:他者の自立を助け
メキシコシティ
2008/12/26
ヨーロッパ
2009/7/9-10
2009/7/11
ヨーロッパ
る
931
968
愛の贈り物:スプリームマスターチンハイ
2008/10/18,2
との簡単で栄養ある料理 美味しくて面白
1
いハッピーな子供達のビーガン食(1,2)
2009/4/15,21
スプリームマスターチンハイ新刊発表会
2011/1/1
中国語版「世紀を超えた愛」&テレビ会議
8/16
11/21
フォルモサ(台湾)
第10 代,11 代副総統呂秀蓮とともに
959
自身の万能の力に接触する
2009/2/1
958
愛はとても重要
2009/2/13,14
ヨーロッパ
953
常に神のごとくあれ
2010/12/11
メキシコ・カンクン
956
道徳の規範に厳格で正しくあれ
2008/12/6
ヨーロッパ
949
真の我が家は天国にある
2009/2/28
ヨーロッパ
947
スプリームマスターチンハイと祝う中秋節
2009/10/3
ヨーロッパ
946
観音法門と気食主義の違い(1,2)
2010/12/18-2
メキシコ・カンクン
943
霊性の目覚めラジオのジェームスビーン氏
ヨーロッパ
8/23
1
2011/4/26
アメリカ
2010/12/11,1
メキシコ・カンクン
のスプリームマスターチンハイへのインタ
ビュー
954
一つになって働く:地球を救うために
950
スプリームマスターチンハイの詩集「世紀
3
2011/4/22
モンゴル・ウランバートル
2011/8/24
アメリカ・ロサンゼルス
を超えた愛の人」モンゴル語版出版会(1,
2)
974
指導者の新本部のための吉祥地 世界平和
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・98・
への恩恵
922
2010/12/18
メキシコ・カンクン
2011/7/16
アメリカ・ロサンゼルス
2010/12/7
アラブ首長国連邦・ドバイ
メキシコメディアのスプリームマスターチ
2010/12/12,1
メキシコ・カンクン
ンハイインタビュー テレビサ TV 及びフ
3
スプリームマスターチンハイとの気候変動
に関する記者会見
960
指導者が背負う否定的な影響:地獄への道
裏口及び低い世界への道(1,2)
917
第一回中東ベジタリアン会議 (MEVEG)
会議(1,2)
921
ランス通信社
927
愛の贈り物:スプリームマスターチンハイ
2008/10/29
との簡単で栄養ある料理 新年の炉辺での
2009/1/22
団欒
957
霊的加護の扉と天国と地獄への門
2011/7/2
アメリカ・ロサンゼルス
945
簡素な生き方:私達の霊修行を向上させる
2010/12/15
メキシコ・カンクン
方法
929
愛の贈り物:スプリームマスターチンハイ
2007/4/5-7,1
との簡単で栄養ある料理 香りのよりかま
5,17 8/10
ど料理(1,2)
923
常に無私で無条件であれ(1,2)
2009/12/9,16
メキシコ・カンクン
944
ピラミッドとミステリーサークルの謎を解
2011/4/27
アメリカ・ロサンゼルス
2011/2/9
アメリカ・ロサンゼルス
2008/8/20
ヨーロッパ
く(1,2)
924
神品性 そして人類を救うマスターの道
(1,2)
942
天の意図に従って生きればすべて可能
9/8
916
新年の願い:より神に近づくこと(1,2)
2011/1/1
926
愛の贈り物:スプリームマスターチンハイ
2007/11/20
との簡単で栄養ある料理 幸せなクリスマ
2008/12/17
アメリカ・ロサンゼルス
・99・出版物の紹介
スのビーガン料理
692
内在で自らの本性に耳を傾ける
2000/5/5
フォルモサ・桃園
898
スプリームマスターチンハイの著書 ドッ
2009/9/12
ペルー・リマ
メキシコメディアのスプリームマスターチ
2010/11/22
メキシコ・カンクン
ンハイインタビュー ラジオフィルムラ
12/9
グインマイライフ スペイン語版の出版先
行発表会
919
エンカデナTV 及びノベダデス新聞社
334
まず神の王国を探し求めよ
1993/3/17
オーストラリア・シドニー
885
LOVE でわが家を守ろう(1~3)
2009/10/8,11
フォルモサ(台湾)・臺中
914
全てを包み込むマスターの愛
2008/12/8,11
ヨーロッパ
907
ビーガン主義は思いやりあるエネルギーを
2009/7/26
ヨーロッパ
発する
8/2 9/20
644
沈黙の中で神を知る
1999/5/5
スペイン・マドリード
910
ヒキガエルと結婚した男
2008/12/10,2
ヨーロッパ
915
私達の未来を守る指導者達:気候変動の速
8 2009/1/19
2010/11/3
イギリス・ロンドン
度と優先事項(1~3)
925
楽園の鳥達
869
有機ビーガンになり 地球を救う(1~3)
2009/5/9
トーゴ共和国・ロメ
905
愛心品性を発展させる
2009/8/15
ヨーロッパ
10/18
903
自身を高めて他に奉仕する(1,2)
2008/8/27
ヨーロッパ
12/13-15
2009/1/12
899
アイリッシュドックジャーナルのスプリー
2009/12/16
アイルランド
ムマスターチンハイへのインタビュー
913
恵み深き太陽と宇宙の驚くべき事実(1,2)
2010/10/3
アメリカ・ロサンゼルス
896
霊修行と誠心誠意が地球を救う
2009/8/3
ヨーロッパ
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・100・
904
私達の考えは宇宙を変えられる
2009/2/13
ヨーロッパ
906
私達の愛深い本性への回帰
2009/2/17
ヨーロッパ
790
閻魔大王の審判
8/30
2008/12/14,2
ヨーロッパ
2,27
911
在世のマスターの計り知れない愛と無尽蔵
2010/8/1
アメリカ・ロサンゼルス
の智慧(1,2)
895
彩玄女の伝説
2009/1/26
ヨーロッパ
909
平和の贈り物 スプリームマスターテレビ
2010/9/7
アメリカ・ロサンゼルス
2008/8/29
ヨーロッパ
ジョン4 周年記念祝賀(1,2)
901
希望も恐れもなく
9/8 12/8
830
スーフィーの道
2008/12/8,31
ヨーロッパ
2009/1/2
884
地球温暖化:そう 解決策はある(1,2)
2009/9/12
ペルー・リマ
892
希望をもって地球を救う
2009/8/2 9/6
ヨーロッパ
908
国王と百官(1~6)
900
功徳の真相:いかに得ていかに失うか(1,2)
2010/7/7
アメリカ・ロサンゼルス
891
私達は本来 純粋である
2009/1/3
ヨーロッパ
883
スプリームマスターチンハイのオゥラック
2/7,27
2009/8/18
タイ・ノンタブリー
2008/11/26
アメリカ・ロサンゼルス
2009/11/8
アメリカ・ワシントンDC
2009/9/26
ヨーロッパ
語版「ドッグインマイライフ」と「気高い
野生動物」出版記念先行発表会(1,2)
857
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
偉大なる使命-地球を救うこと(1,2)
818
黄金時代への人類の跳躍 ワシントンDC
気候変動会議(1~3)
893
偉大な真我たる振舞い
10/11
・101・出版物の紹介
882
地球の団結:共に生命を救う(1~3)
2009/10/3
香港
887
神を信頼すれば必要なものがもたらされる
2008/12/21,2
ヨーロッパ
888
開悟したマスターの高次の任務
2008/12/15
ヨーロッパ
877
美しい地球のための解決法(1~3)
2009/8/15
タイ・ノンタブリー
890
気高い理想を抱く
2008/12/9
ヨーロッパ
4,26
2009/1/5
2/21 3/22
791
スプリームマスターチンハイ環境を語る
2008/7/13
アメリカ・ニューヨーク カ
ベジになって エコを実践 善い行いをし
8/24
ナダ・バンクーバー
スプリームマスターチンハイとのインタビ
2009/7/12,16
アイルランド アメリカ
ュー ベン マーネン記者 日曜版アイル
8/8
イギリス
ましょう
786
ランド紙発行(1,2)
851
「セレスチャルアート」新刊発表会
2008/12/13
フォルモサ(台湾)
889
自己に打ち勝つためにエゴを捨てなさい
2009/1/4,31
ヨーロッパ
2/1
842
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
2008/7/31
アメリカ・ロサンゼルス
2009/9/21
韓国・済州島
2009/2/8,22
ヨーロッパ
愛の法と調和し 高潔なライフスタイルに
導く
881
「子供達の健康と持続可能な地球」 済州
国際会議(1~3)
876
地上に天国を創る
3/14 7/17,26
9/21
886
私達が一人で祈る時
2008/12/7,10
ヨーロッパ
,16
894
スプリームマスターテレビジョン三周年記
念コンサート 「緑の地球と平和な日々を
2009/9/7
アメリカ・ロサンゼルス
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・102・
祝う」(1,2)
840
2008/7/24
タイ・バンコク
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
2009/7/18
ヨーロッパ
全力を尽くして地球を救わなければならな
8/8
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
人間は本質的に同情的で愛深い
875
い
873
ビーガン世界へのビーガンアースデー
2009/6/21
アメリカ・カリフォルニア
880
神の保護の下に入る
2008/8/21,23
ヨーロッパ
,26
874
878
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
2009/1/4 3/8
殺生は絶対正しくない
7/25
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
2009/8/29
アメリカ・ロサンゼルス
2008/7/10
アメリカ・サンノゼ
ヨーロッパ
金星の秘密(1,2)
792
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
肯定的な展望と態度を持つ
879
キツネの恩返し
2009/1/2,9
ヨーロッパ
839
崇高な目標を持ち心を変えれば地球を救え
2008/7/20
オゥラック(ベトナム)
2008/7/18
ドイツ・ハンブルグ
る
799
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
私達の地球に大いなる安らぎと持続可能性
をもたらす
865
平和のためのジュース断食
2009/3/7
アメリカ・カリフォルニア
855
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
2008/8/19
ニュージーランド・オークラ
高潔な方向へ向かう
ンド
788
平和に天国に戻る
2007/2/18
フォルモサ(台湾) 西湖
870
高い境界の加持力
2008/12/10
ヨーロッパ
2009/1/11
867
地球を救おう会議 2009(1~3)
2009/4/26
韓国・ソウル
871
無私を修行する:持戒波羅蜜と禅定波羅蜜
2008/12/29
ヨーロッパ
・103・出版物の紹介
2009/1/9
864
神を信頼する
2008/12/16
ヨーロッパ
872
変化を生み出そう ~環境を守ろう
2009/6/4
メキシコ・ベラクレス
868
賢者 ナスルディン師の滑稽な話
2008/8/20,21
ヨーロッパ
,23 12/19
846
SOS ストップ地球温暖化:今 行動の時
2008/10/11
タイ・バンコク
866
エゴは最大の敵
2008/8/20
ヨーロッパ
9/1
12/6
12/22
862
スプリームマスターチンハイとフィリピン
2009/2/21
フォルモサ(台湾)
2008/12/13,1
ヨーロッパ
前大統領フィデル・ラモス氏のテレビ会議
「今こそ行動の時!より平和で安全な世界
のために」
859
道教徒の長寿の物語
8
863
2009/3/6
メキシコ・ハラパ
2009/1/27
モンゴル
2008/8/22
ヨーロッパ
2008/8/17
オーストラリア・シドニー
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
2008/6/12
イギリス・サリー アメリ
パート1-菜食を通して地上にエデンを パ
7/6
カ・シアトル
2008/5/22
韓国・ソウル
2009/1/18
アメリカ・ロサンゼルス
スプリームマスターチンハイとのテレビ会
議:SOS-地球を救おう(1,2)
861
モンゴルから「世界を救おう」コンサート
(1,2)
850
心の純粋さが多くの奇跡を生む
802
祖国への愛
849
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
慈悲は慈悲を招く
835
ート2-菜食の解決策を広める
826
SOS!地球温暖化国際会議:生命を守り地球
を救う(1,2)
856
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・104・
火星からの慈悲深いメッセージ 高潔にな
り地球を救う
848
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
2008/8/2
フォルモサ(台湾) 澎湖
2008/6/29
フォルモサ(台湾) 台北
良心と愛で人生を送る
837
2008 重大局面 地球を救うために私
に何ができるか(1,2)
834
セレスチャルアート(2) 天国の美
833
セレスチャルアート(1) 西湖センター
フォルモサ ( 台湾)
西湖センター
847
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
2008/8/9
韓国・ソウル
2008/6/13
イギリス・ロンドン
2008/2/17,31
フォルモサ(台湾) 台北
ベジになろう 運命を変えて地球を救う
836
スプリームマスターチンハイ環境を語る:
菜食は世界を救う解決策
825
国際ベストセラー作家 スプリームマスタ
ーチンハイ著書「高尚なる野生」出版発表
会
516
成功の鍵
1995/12/17
フォルモサ 西湖
843
SOS:ストップ地球温暖化セミナー
2008/7/27
日本・東京
823
全ての聖人を称える休日
2007/12/24,2
フランス・パリ
817
美しく徳ある世界を一緒に創り出す
2007/12/26
フランス・パリ
665
スプリームマスターチンハイとのハロウィ
1999/10/30,3
アメリカ・ロサンゼルス
8
ーン週末(1,2)
1
820
カビールと真の聖者精神
2007/12/27
フランス・パリ
819
悟りのある笑い
2007/12/27
フランス・パリ
567
人生における三つの基本的な事
1995/12/10
フォルモサ 苗栗・西湖
805
神は人間を助けるために動物を創った(1,2)
2007/10/25
フ ラ ン ス ・ パ リ
812
ある開悟したマスターの全てを網羅した献
2007/12/23,2
フォルモサ・台北
フランス・パリ
・105・出版物の紹介
身
4
822
天国への途上を笑いましょう
2007/12/28
フランス・パリ
588B
過去と未来の秘密
1997/7/19
アメリカ・CA ロサンゼルス
814
全ての平和的宗教は一つの生き方へと導く
2007/12/25
フランス・パリ
787
愛の饗宴 第13 回チンハイデー祝典(1,2)
2007/2/18
フォルモサ 苗栗・西湖
824
喜びの中で生きる
2007/12/28
フランス・パリ
821
死の上に立つ
2007/12/28
フランス・パリ
675
暖かい火を囲んで歌を分かち合って
1998/5/14
韓国・ヨンドンセンター
697
魚苺
2000/5/10
韓国・ヨンドンセンター
816
霊修行者の真の所有物(1,2)
2007/12/25
フランス・パリ
813
建設的な仕事を通して地上を修復する(1,
2007/12/24,2
フランス・パリ
2)
5
702
真の進歩とは世界平和である
2000/5/11,14
韓国・ヨンドンセンター
698
変装したマスター
2000/5/12
韓国・ヨンドンセンター
811
向上精神の世界
2007/12/24
フランス・パリ
708
愛の話
2000/7/15
日本
801
太古の愛
-
-
828
愛で世界を変える
2008/3/1,2
715
黙って謙虚に修行する
2000/5/15,16
韓国・ヨンドンセンター
807
困難な時にこそ信心を維持する
2007/10/26
フランス・パリ
724
誠心誠意と心の純粋さ
2001/6/12,16
アメリカ・フロリダセンター
808
魂のための食べ物
2007/10/27
フランス・パリ
725
慎ましい生き方
2001/12/22,2
アメリカ・フロリダセンター
オーストリア
3
809
出家の心
2007/10/27
フランス・パリ
804
メディテーションの無限の加護
2007/10/24,2
フランス・パリ
5
827
環境危機の解決に皆 乗り出せ
2008/2/28
オーストリア・クラゲンフルト
810
天国の愛の応援
2007/10/28
フランス・パリ
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・106・
752
愛の集い
2002/9/15
オゥラック(ベトナム)
796
神が人間に授けた守護天使
2007/8/24
フランス・パリ
734
マスターのひと触れ
2001/12/26,2
アメリカ・フロリダセンター
7
785
心に神を覚えていれば運命は向上する
2007/2/25
フォルモサ 苗栗・西湖
730
愛でコミュニケーションをする
2001/12/25,2
アメリカ・フロリダセンター
6
797
神の意思はマスターを通してなされる
2007/8/25
フランス・パリ
732
肯定的な考えは大いなるパワーを生む
2001/12/30
アメリカ・フロリダセンター
700
在世の聖者
2000/5/11
韓国・ヨンドンセンター
795
笑いは皆さんに良い
2007/8/23
フランス・パリ
793
簡素で高尚な生き方
2007/8/21,24
フランス・パリ
738
質素な生活
2001/4/26
アメリカ・フロリダセンター
798
「バード・イン・マイ・ライフ」
2007/8/24
フォルモサ(台湾) ・ 台北
フランス・パリ
800
高貴なる野性動物
-
-
717
良い隣人の徳
2001/6/11
アメリカ フロリダセンター
781
いつも純粋で満ち足りた心でいる
2007/2/20
フォルモサ 苗栗・西湖
713
愛こそがマスターである
2001/6/5
アメリカ・フロリダセンター
782
善良さに戻ることの福報
2007/2/20,24
フォルモサ 苗栗・西湖
400
情熱的な夕べ
1994/1/1
タイ・バンコク
794
高貴なる品性の国々
2007/8/22,24
フランス・パリ
745
この世界に貢献する
2002/7/21
ロ サンゼ ルスセ ンター
2002/7/28
ヒ ュース トンセ ンター
2002/8/11
シンガポールセンター
731
たくさんの心が集まると強い
2001/12/25
アメリカ・フロリダセンター
777
感謝が世界に栄光をもたらす
2006/11/26~
タイ・パタヤ
748
謙虚さの始まり
12/2
2002/8/24
韓 国・ソ ウルセ ンター
・107・出版物の紹介
2002/8/31
オーストラリア・シドニー
753
全衆生への愛
2002/9/1,7
アメリカ・インディアナ
735
変わる勇気
2001/12/28
アメリカ・フロリダセンター
776
愛は山を動かし加護は海を埋める (1,2)
2006/11/28
タイ・パタヤ
768
神の声に耳を傾ければ人生はより単純にな
2002/12/26,2
アメリカ・フロリダセンター
る (1,2)
8
767
マスターの役割
2002/12/25
アメリカ・フロリダセンター
783
夜を徹して 神は私達を呼んでいる
2007/2/21,24
フォルモサ・西湖
746
私達の愛する存在は天国へ行く
2002/8/4
カナダ・トロントセンター
763
霊修行において自己を律する
2002/9/28
アメリカ・ボストンセンター
2002/10/6
インドネシア・ジャカルタセ
2002/10/7
ンター ドイツ・ハンブルグ
センター
779
春の民族歌
2007/2/24
フォルモサ・西湖
784
生き 生かし合う
2007/2/22
フォルモサ・西湖
775
一人が大差を生み出す
2006/11/26
タイ・パタヤ
720
修行は苦行で始める (1,2)
2001/6/4
アメリカ・フロリダセンター
531
前世の跡 (2)
1996/2/23
フォルモサ・西湖
747
龍と妖精の子供達
2002/5/11,13
アメリカ・フロリダセンター
655
子供時代の無邪気さに戻る (1,2)
1999/5/31
スウェーデン・ストックホルム
532
前世の跡 (2)
1996/2/23
フォルモサ・西湖
714
犬 素晴らしき衆生
2001/6/6
アメリカ・フロリダセンター
778
霊的成長は日々の生活に反映される
2006/11/30
タイ・パタヤ
780
私の人生における犬達と鳥達
-
-
774
肯定的な思いが平和な世界を導く
2006/11/25-2
タイ・パタヤ
9
729
偉大さとは理想に従うこと
2001/4/18
アメリカ・フロリダセンター
703
マスターとの内的テレパシー
2000/5/16
韓国・ヨンドンセンター
518
シバ神 瞑想定義112 条 (1)
1995/12/24
フォルモサ・西湖
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・108・
772
笑い続けの人生
2006/6/15
-
773
無条件の献身
2006/6/12-7/
-
771
若い頃の情熱
2006/6/12
-
740
調和して生きる事を学ぶ
2002/5/11
アメリカ・フロリダセンター
733
高貴なる目的を持って生きる
2001/6/10
アメリカ・フロリダセンター
645
自分と神を結びつける(1,2)
1999/5/17
ポルトガル・リスボン
770
黄金の蓮
-
高僧 ティック・マン・ザック
7
をしのんで
721
智慧眼
2001/6/4
アメリカ・フロリダセンター
736
人生の幻想のゲーム
2002/5/11
アメリカ・フロリダセンター
728
愛深い思いの加護
2001/12/26
アメリカ・フロリダセンター
656
霊性は逆境の中で輝く
1999/6/7
アイルランド・ダブリン
765
時空を超えて
764
夜の夢
690
真の幸福は私達の本性を認識すること
2000/5/2
香港
562
神意識は万物に存在する
1996/7/26
カンボジア
762
カルマを処理する
2002/9/8&29
メキシコ&コスタリカ
726
無私の動機
2001/12/23
アメリカ・フロリダセンター
TV-1
聖人の道をゆく
760
真の英雄
1991/5/19
アメリカ・カリフォルニア
761*
愛の歌
2005/2/28
ハンガリー
681
子供の心
1999/12/27-2
タイ・バンコク
658
音楽を通して一つの平和な世界を
TV-4
境界を超えた愛
474*
759
&28
9
1998/12/18
アメリカ・CA ロサンゼルス
あなたの心に従いなさい(上・下)
1995/4/28
フランス・パリ
オゥラックの昔
1991/3/1
アメリカ・テキサス
・109・出版物の紹介
ヒューストン
758#
悟り伝授のパワー
756
正直さの価値
2003/1/18.24
アメリカ・フロリダセンター
.27
2003/2/16 &
アメリカ・フロリダセンター
18
757#
マスターの境界の真理
2003/1/29-30
アメリカ・フロリダセンター
.2/5
755
笑う聖人達
2003/2/3
アメリカ・フロリダセンター
754#
霊的開悟のはしご
203/1/31.2/4
アメリカ・フロリダセンター
588*
マスターのヒマラヤ巡礼の旅(上・下)
1997/7/7
アメリカ・CA ロサンゼルス
401
因果の謎
1994/1/2
タイ・バンコク
356
私たちを通して神に奉仕させる
1993/4/12
スイス・ジュネーブ 国連
184
弥勒菩薩と六人の子供達
1991/8/4.9/1
フォルモサ・西湖
719
悪習慣を克服する
2001/6/9
アメリカ・フロリダセンター
712
動物の神的知性
2001/6/5
アメリカ・フロリダセンター
691
幻想とは本物の反映である
2000/5/3
フィリピン・マニラ
662
勇気を持って人生に立ち向かう
1999/6/9
イギリス・ロンドン
626
それぞれの魂の選択
1998/6/7
アメリカ・CA ロサンゼルス
600
不殺生の真の意味
1997/11/22-2
インド・プーナ
718
愛はいつでも素晴らしい
2001/6/7
アメリカ・フロリダセンター
638
最高の自分を引き出す
1998/10/4
アメリカ・フロリダセンター
705
夢から目覚める
2000/5/17
韓国・ソウル
716
神を愛する自然な方法
2001/6/8
アメリカ・フロリダセンター
512
複雑な社会での修行方法
1995/11/5
フォルモサ・西湖
677
天使の笑顔
1999/12/28
タイ・バンコク
680
存在の空を超越する
1999/12/27
タイ・バンコク
668
不可視の通路
1999/11/26
南アフリカ・ダーバン
744*
ずっとあなたを愛していたから
2002/12/1
3
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・110・
743*
仏陀の悲しみ
2002/12/1
493
印心の真価に感謝しなさい
1995/8/25
ドイツ・ハンブルグ
701
大いなる教えを伝授するために
2000/5/12
韓国・ヨンドン
665A
心を静める
1999/11/20
トルコ・イスタンブール
608
霊修向上のこつ
1997/12/24
アメリカ・ワシントンD.C
711
人生という名のホテル
2001/6/23
アメリカ・CA フレズノ
582
霊修の道に決然とあれ
1997/5/9
オーストラリア・シドニー
667
神の灯の掲げ手になる
1999/11/25
南アフリカ・ヨハネスブルグ
674
愛と笑いの中をゆく
1999/11/28
南アフリカ・ケープタウン
676
世界宗教会議
1999/12/1
南アフリカ・ケープタウン
693
智慧と集中
2000/5/7
日本・東京
389
スプリームマスター チンハイ 創作歌曲
1993/11/1
集
694
命は永遠に続く
2000/5/8
韓国・ソウル
673
感情を超越する
1999/11/28
南アフリカ・ケープタウン
671
悟りを開く
1999/11/21
イスラエル・テルアビブ
240
世界を新時代に導く
1992/4/10
フォルモサ・西湖
670
完全無欠なる本性
1999/9/26
アメリカ・フロリダセンター
696
肉体と心を超えた自由
2000/5/9
韓国・ヨンドン
709
スターとの夕べ
688
愛こそが命の真の本質
2000/4/30
マレーシア・クアラルンプール
689
悟りと無知
2000/5/1
ネパール・カトマンズ
467
この世の苦しみは無知から生じる
1995/1/10
シンガポール
695*
霊性と知性の交流(上・下)
2000/5/6
フォルモサ・台北 台北中央
260
超世界の奥義
1992/6/26
アメリカ・CA ロサンゼルス
研究院での会議
アメリカ・NY 国連
・111・出版物の紹介
観音Web サイト
God’s direct contact—スプリームマスターチンハイインターナショナルアソシエーション世界
各国のインターネットは
http://www.Godsdirectcontact.org.tw/eng/links/links.htm
このポータルサイトでは各国の言語による観音ウェブサイトのご案内を提供しています。また
24 時間視聴可能な TV 番組霊性と芸術、
「即刻開悟の鍵」多言語サンプル小冊子のダウンロー
ドサイト、
スプリームマスターチンハイニュースマガジンをeブック、
印刷版のダウンロード、
定期購読の申し込みが可能です。
書籍の購入
全ての出版物がほぼ原価でお求め頂けます。出版物の購入や注文をご希望の方は、まず最寄り
の当協会センターに連絡されるか、適宜担当者にお問い合わせください。購入可能な出版物の
リストを希望される方は最寄りの当協会センターに連絡されるか、以下のサイトへアクセスを
お願いいたします。
http://www.godsdirectcontact.org.tw/multilang/
http://smchbooks.com/new-c/cover/cover.htm
http://magazine.godsdirectcontact.net/
更にオンラインニュースの多くに近刊の書籍やテープのリストを掲載しています。リトリート
の展示エリアはマスターの書籍やテープ、写真、絵画及びジュエリーを直にみることのできる
素晴らしい場所です。御希望なら台湾本部に直接、注文することが可能です。(中華民国苗栗西
湖郵政九號信箱)
御希望の方には詳細なカタログも御用意しております。
スプリームマスター チンハイ ・112・
即刻開悟の鍵
そ
れ
は
何
も
な
い
か
ら
で
す
。
わ
か
り
ま
す
か
。
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
す
こ
と
さ
え
で
き
ま
せ
ん
。
み
な
さ
ん
は
語
る
こ
と
も
、
思
い
出
す
こ
と
も
、
想
像
す
る
こ
と
さ
え
で
き
ま
せ
ん
。
た
り
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
で
す
。
し
か
し
、
至
高
の
神
な
ら
、
そ
れ
が
真
に
無
上
な
も
の
な
ら
、
言
葉
で
表
お
し
ゃ
べ
り
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
比
較
し
た
り
、
評
価
し
た
り
、
特
定
し
た
り
、
何
も
か
も
名
前
を
つ
け
人
間
の
言
葉
で
は
無
意
味
な
こ
と
し
か
話
せ
ま
せ
ん
。
い
つ
も
、
い
ろ
い
ろ
な
こ
と
に
つ
い
て
、
ベ
ラ
ベ
ラ
と
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
私
た
ち
に
カ
ル
マ
を
渡
す
人
は
祝
福
さ
れ
る
の
で
す
。
私
た
ち
は
そ
の
人
々
を
助
け
る
こ
と
が
幸
せ
な
の
で
す
。
マ
を
軽
減
さ
せ
ま
す
。
私
た
ち
が
光
明
を
広
げ
、
暗
闇
を
追
い
や
る
た
め
に
修
行
を
す
る
の
は
こ
の
た
め
で
す
。
周
り
の
人
々
か
ら
カ
ル
マ
を
受
け
取
り
ま
す
。
こ
の
よ
う
に
し
て
、
私
た
ち
は
人
々
を
祝
福
し
、
そ
の
人
の
カ
ル
私
た
ち
は
、
他
の
人
を
見
た
り
、
そ
の
人
の
こ
と
を
考
え
た
り
、
そ
の
人
と
本
や
食
べ
物
を
分
け
合
う
こ
と
で
、
れ
ま
し
た
。
し
か
も
、
無
料
で
無
条
件
で
す
。
ス
プ
リ
ー
ム
マ
ス
タ
ー
チ
ン
ハ
イ
大
な
恩
恵
を
ど
う
伝
え
て
よ
い
か
わ
か
り
ま
せ
ん
。
神
は
私
に
、
こ
れ
を
あ
な
た
に
分
配
す
る
権
利
を
与
え
て
く
し
ょ
う
。
印
心
後
、
あ
な
た
は
本
当
に
私
の
言
う
意
味
が
わ
か
る
で
し
ょ
う
。
私
は
神
が
与
え
て
く
れ
た
こ
の
偉
し
、
あ
な
た
を
こ
の
よ
う
な
楽
し
い
気
分
に
引
き
上
げ
て
ほ
し
い
の
で
す
。
そ
う
す
れ
ば
、
あ
な
た
は
信
じ
る
で
た
に
も
信
じ
て
ほ
し
い
と
思
う
こ
と
し
か
で
き
ま
せ
ん
。
私
の
エ
ネ
ル
ギ
ー
が
、
あ
な
た
の
心
に
い
く
ら
か
影
響
る
で
し
ょ
う
。
こ
れ
は
無
限
の
恩
恵
で
す
。
言
葉
で
は
う
ま
く
伝
え
ら
れ
ま
せ
ん
。
私
は
そ
れ
を
賛
美
し
、
あ
な
永
遠
の
宝
物
を
見
つ
け
て
ご
ら
ん
な
さ
い
。
そ
う
す
れ
ば
、
無
尽
蔵
の
源
か
ら
そ
れ
を
引
き
出
す
こ
と
が
で
き
・113・私たちへの連絡方法
私たちへの連絡方法
スプリームマスター チンハイ インターナショナルアソシエーション
中華民国 36899 苗栗西湖郵政九號信箱
P.O.Box730247, San Jose, CA95173-0247, U.S.A
以下のURLに世界各国のセンター、連絡先が掲載されています。お住まいの地域に連絡員
がいない場合は、私たちの本部、または最寄りの事務所にご連絡ください。この情報は常に
更新されています。
http://godsdirectcontact.org.tw/eng/cp/index.htm (英語)
★日本
群馬 高橋律子 81-5-1054-9567 81-278-23-9529 81-90-1605-6863
[email protected]
東京 呉 学鋒 81-3-3292-9555 81-80-50195888
高橋映子 81-90-71971478
[email protected]
[email protected]
大阪 Le Khac Duong(レ カック デュオン)81-80-37894078 [email protected]
スプリームマスターテレビジョン
E メール: [email protected]
Tel: 1-626-444-4385 / Fax: 1-626-444-4386
http://www.suprememastertv.com/
スプリームマスター チンハイ インターナショナルアソシエーション出版社
フォルモサ・台北
E メール: [email protected]
Tel: (886) 2-23759688 / ...886-2-23757689
即刻開悟の鍵
スプリームマスター チンハイ・114・
http://www.smchbooks.com
書籍部
E メール: [email protected]
マスターの出版物を各国言語に翻訳してくださる方を大歓迎いたします
ニュースグループ
E メール: [email protected]
スピリチュアルインフォーメーションデスク
E メール: [email protected]
・89・私たちへの連絡方法
オンラインショップ
Celestial Shop: http://www.theCelestialShop.com (English)
Eden Rules: http://www.EdenRules.com (Chinese)
S.M. セレスチャル社
Eメール: [email protected]; [email protected]
Tel: 886-3-4601391 / Fax: 886-3-4602857
http://www.smcelestial.com/http://www.sm-celestial.com
ラビングハット インターナショナルカンパニー
Tel: (886) 2-2239-4556 / Fax: (886) 2-2239-5210
Eメール: [email protected]
http://www.lovinghut.com/tw/
・115・
即刻開悟の鍵
小冊子
作
者
スプリームマスター チンハイ
発
行
スプリームマスター チンハイ
インターナショナル アソシエーション出版社
住
所
中華民国福爾摩沙台北中正區忠孝西路一段72號8樓之16
Tel: 886-2-23759688 / Fax:886-2-23757689
E-mail: [email protected]
翻
訳
日本翻訳グループ
第一版発行
1993 年 4 月
第二版発行
1993 年 7 月
第三版発行
2001 年 8 月
第四版発行
2004 年 11月
第五版発行
2005 年 8 月
第六版発行
2010 年 4 月
第七版発行
2015 年 4 月
The Supreme Master Ching Hai ©1990~2015
無断転写、転載を禁じます。
出版社への事前許可取得後、本書の内容の転載を歓迎します。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
3 682 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content