close

Enter

Log in using OpenID

猫の痤瘡(毛嚢炎)について 下顎や口唇に限局した分泌過剰や面皰

embedDownload
猫の痤瘡(毛嚢炎)について
下顎や口唇に限局した分泌過剰や面皰、炎症を主徴とする多因性の皮膚疾患です。
1、原因
1)特発性
2)毛包の角化異常
3)皮脂腺の過形成
4)感染:ウイルス、皮膚糸状菌、毛包虫
5)アトピー
6)刺激性接触皮膚炎
7)ストレス
2、機序
皮脂やケラチン性残屑で毛包が膨張し、面皰を生じます。これにより、毛包狭部の閉塞が起こ
り、さらに皮脂分泌物の貯留を促します。この毛包が破裂すると、異物反応が起こり炎症が
惹起されます。毛嚢内には、細菌感染が多く起こり、さらに炎症を助長します。
3、症状
1)症状を伴わない分泌物(黒色微小ブツや茶色液状)や小さい面皰
2)紅斑性痂皮性丘疹や毛嚢炎、フルンケルを発症し、痛みや痒み、瘢痕を生じます。
3)脱毛や発赤、浮腫、重度の腫脹、擦過傷を呈します。
4)下顎や下口唇に多く発症しますが、上口唇や顔面に及ぶ場合もあります。
4、診断
1)病歴や病変、症状で診断は可能である。
2)皮膚掻把検査や分泌物の検査
3)細菌・真菌培養検査、感受性試験
4)生検による病理組織検査
5、治療
完治は不可能ですが、治療と日常のケアによって維持することが可能です。
1)積極的な治療
a、 基礎疾患の治療:皮膚糸状菌や毛包虫に対する治療
b、 抗菌・毛包の洗浄:剃毛
消毒・清拭
過酸化ベンゾイルシャンプー 1日おきに薬浴・洗浄、その後週2回
(本来は、外用薬の効果が高いが、使用が難しい)
効果は劣るが、クロルヘキシジン、サルファ・サリチル酸の使用も可能
c、 抗菌:ムピロシンの外用 1日3~4回 症状が軽快するまで
クラブラン酸アモキシシリン、セファレキシンの内服 1日2回 2~6週間
d、 重度の炎症:副腎皮質ホルモン プレドニゾロンの内服 1日1回 10~14 日間
e、 面皰溶解:ビタミン A の外用 1日おき、その後週2回
f、 皮脂活性の低下と毛包内角化異常の制御:合成ビタミン A イソトレチノインの内服 1日1回
2)維持治療
a、 抗菌・毛包の洗浄:消毒用アルコール(70%エタノール) 1日3~4回 徐々に減 週2回
過酸化ベンゾイルシャンプー 週2回
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
103 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content