close

Enter

Log in using OpenID

初めて子犬を飼う方に

embedDownload
初めて子犬を飼う方に
子犬が健康で快適な生活を送るために、きちんとワクチン接種などの病気の予防をしましょう。
伝染病の予防とワクチン接種
犬にはたくさんの伝染病があります。子犬は母犬から譲り受けた病気に対する免疫力がなくなる頃
病気にかかりやすいのでこの時期にきちんとワクチンを接種しましょう。
生後2ヶ月目 第1回 混合ワクチン接種
月
日頃
生後3ヶ月目 第1回 混合ワクチン接種
月
日頃
検便を行いますので、便をお持ち下さい。
狂犬病のワクチン接種
狂犬病は現在、国内では発生していませんが、人に感染する恐ろしい伝染病です。
感染すると潜伏期間後、食欲が減退し、神経過敏になり人に噛み付いたりします。
その後、うつ状態になり死に至ります。
生後3ヶ月を経た犬は年1回の予防接種が法律で義務付けられています。
狂犬病予防接種を受けると鑑札が生涯に一度だけ交付されます。
この番号は日本中であなたの犬だけが持つ番号です。
迷子になった時に、名前が分からなくとも飼い主の名前がすぐに分かりますので、
鑑札を首輪につけてあげましょう。
月
日頃
フィラリア症
犬には蚊に刺される事によって感染するフィラリアという寄生虫がいます。
フィラリアは心臓に寄生してとても重い病気を引き起こします。
毎日1回の予防薬を飲ませれば確実に予防できるので、
6月から12月までの7ヶ月間きちんと飲ませてください。
日 から飲ませましょう
ノミの寄生
お散歩に出るようになるとノミが身体に寄生してしまうかも知れません。
毎日皮膚をよく観察して下さい。
また、犬が急に皮膚をかゆがりはじめたら、ノミの寄生を疑って下さい。
動物病院で、正しくノミの退治法や駆除薬をだしてもらいましょう。
食事の与え方
良質のドックフードを与えましょう。
子犬の時は子犬用のドライフードをお湯でふやかし柔らかくして与えると良いでしょう。
ドックフードには子犬に必要な栄養素がバランスよく含まれています。
ドックフード以外のものを与えれば逆に栄養のバランスが崩れてしまう事になるのです。
与える量は一日分が子犬の頭1個分くらい。成長期なので少しずつ増やして下さい。
良質のドックフードはそれだけでパーフェクトフードなのです。
小型犬から中型犬の例
(子犬用フード)
離乳期
~ 生後2ヶ月まで
生後2ヶ月 ~ 生後4ヶ月まで
生後6ヶ月 ~ 生後12ヶ月まで
(成犬用フード)
生後12ヶ月以降
・・・
・・・
・・・
1日4~5回
1日3~4回
1日 ~2回
・・・
1日1~2回
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
41 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content