close

Enter

Log in using OpenID

府中市生活困窮者子どもの学習支援事業概要書(PDF:164KB)

embedDownload
別紙1
府中市生活困窮者子どもの学習支援事業概要書
1. 件
名
2. 実施期間
府中市生活困窮者子どもの学習支援事業
平成 27 年 5 月 1 日から平成 28 年 3 月 31 日まで
5 月 1 日から 6 月 30 日までを学習支援を希望する子ども及び学習ボランテ
ィア等の募集期間とし、7 月 1 日から学習支援を開始する。
3. 施行場所
東京都府中市内の文化センター等
4. 業務概要
生活困窮世帯及び生活保護世帯(以下「対象世帯」という。)の、貧困の連
鎖を防止するため、学習室を開設し、対象世帯の中学生(以下「対象者」と
いう。)の学習を支援する。
5. 支援内容
(1) 学習室では、一人ひとりの能力に応じた学習の機会(場)を提供し、学習習慣や考
える力を獲得するよう支援する。
(2) 対象者が、学習をとおして将来「自立して生きる力」を身につけられるよう、「生
活すること」、「働くこと」などについて学ぶ機会を提供する。
(3) 進路相談及び高校中退防止相談等を行う。
(4) いきいきプラザや信愛泉苑で開催される行事に参加するなど、知識や交流を広める
機会を持つ。
6. 業務実施態勢等
(1) 学習室の開催曜日、場所及び定員
開催曜日
施設名称
住所
定員
火曜日
新町文化センター
新
町 1 の 66
15 人
水曜日
特別養護老人ホーム信愛泉苑
武蔵台 1 の 10
10 人
木曜日
いきいきプラザ
分梅町 1 の 31
20 人
金曜日
是政文化センター
是
政 2 の 20
15 人
1
学習室の場所は、市が用意する。
予算の範囲で、特別教室等を実施することができる。
(2) 学習時間
原則として午後 6 時から 8 時 45 分までとする。
(3) 職員配置
5及び6の(1)の支援内容が実現できるよう、必要な職員等を配置
する。
(4) 募集業務
受託者は、市が行う対象者の募集業務に協力する。
(5) 支援開始
受託者は、支援開始に当たり対象者及び保護者と面接を行い、申込
書を受理する。
(6) 支援計画
受託者は、対象者のアセスメントを行い、支援計画を立て、対象者
に説明するとともに、市に支援計画書を提出する。
必要に応じて支援内容について市と協議する。
(7) 評
価
受託者は、学習支援の効果を評価し市に提出する。
(8) 活動報告
受託者は、毎月指定された日までに前月の活動報告書を提出する。
(9) 休 止 等
受託者は、悪天候等(各種警報の発令)により事故が危惧されると
きは学習室を休止し、また、帰宅することが危険な状況では学習室
で待機するなど安全対策を最優先に運営すること。
(10) 連絡会議
受託者は、毎月、市との連絡会議を開催し、情報共有を図ること。
必要に応じて、生活困窮者支援調整会議に参加して意見を述べるこ
と。
(11) 施設管理
受託者は、いきいきプラザを利用する際、学習室終了時に全員が退
館したことを確認して施錠する等の施設管理を行う。
2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
165 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content