close

Enter

Log in using OpenID

学 び た い 人 の

embedDownload
第淹渊涸濤号
淹濤涅涵年(平成烽年)
淹月淇日(金曜日)
(第三種郵便物認可)
語学
学び
チた
ャ
い
レ
ン人
ジの
「
こ
ん
に
ち
は
」
が
言
え
た
ら
|
ル
ボ
ロ
ウ
の
交
換
留
学
生
語
学
の
ベ
欟
ス
が
で
き
昨年、青梅線に乗っていたドイツ人グループ
に話しかけたら「青梅マラソンに来た」と言
ってうれしそうに答えてくれた。「灣年ぶり
に話したドイツ語が通じて、僕もうれしかっ
た」と中条さん
日
辞
書
を
片
手
に
外国人から話しかけられたらどうしよ
う?訪日外国人は年々増え、5年後の東
京五輪では、西多摩も外国人の起点にな
りそうです。さまざまな場所で都の語学
講座が始まるなど、学ぶ環境も十分。新
年度を迎える季節、語学スタートを考え
てみませんか。
(若井久美子)
復
習
の
日
々
盜
独
で
欷
夜
は
予
習
欷
檸
た
の
で
大
変
な
い
こ
と
が
多
い
で
は
英
語
が
通
じ
地
へ
盜
日
常
生
活
ら
な
い
状
態
で
現
イ
ツ
語
を
全
く
知
た 理 国 を を で 意 た グ い
新 盜 解 ド 交 字 欷 味 ら ル と
し
で ラ 互 幕 あ は 欷 文 ハ
い
き マ に な と 分 漢 字 ン
外
る が 見 し は か 字 を グ
国
よ 半 て と 韓 り 読 覚 ル
語
う 分 勉 字 国 や み え 語
は
に く 強 幕 ド す だ さ 盜
最
な ら 盜 あ ラ い か え ハ
初
檸 い 韓 り マ の ら し ン
ソ
ナ
タ
飮
を
原
語
で
観
た
定
年
退
職
後
欷
欹
冬
の
力
も
し
た
盜
新
聞
を
読
ん
で
慣
れ
る
努
ら
欷
努
力
で
語
彙
が
増
え
な
学
習
さ
え
乗
り
越
え
た
な
ら
な
い
が
欷
こ
の
濃
密
に
文
字
を
覚
え
な
け
れ
ば
訪日外国人、過去最高に
語学のモチベーションもアップ
N
T
O
歐
の
調
査
で
は
欷
日
本
政
府
観
光
局
歉
J
千
人
で
欷
そ
れ
ま
で
過
去
数
は
1
欷
3
4
1
万
4
の
訪
日
外
客
会
は
ま
す
ま
月 け 五 年 だ す
欷 欷 輪 後 ま 盜 増
訪 都
の た
え
日 は に 東 欷
そ
観 2 向 京 5
う
本
で
外
国
人
に
触
れ
る
機
0
万
人
も
上
回
檸
た
盜
日
淹
濤
涅
渊年は中国、台湾、韓国、タイ、米
国などからの訪日者が過去最高を記録
した(出典「日本政府観光局(JNT
O)」)※
淹
濤
涅
渕年の数値は確定値、
淹
濤
涅
渊年の数値はJNTOが独自に算出し
た推計値
内
な
ど
を
す
光
客
の
道
案
そ
ろ
そ
ろ
始
め
時
ツ
語
オ
ン
リ
欟
だ
勤
盜
授
業
は
ド
イ
び
午
後
か
ら
出
イ
ツ
語
学
校
で
学
か
月
は
午
前
中
ド
た
め
欷
最
初
の
一
ス
ン
を
続
け
る
こ
と
で
言
ま
た
欷
短
時
間
の
レ
蘖
て
き
ま
す
飮
盜
出
て
く
る
と
楽
し
く
な
檸
分
か
る
な
A
と
言
う
の
が
や
す
い
盜
欹
@
こ
の
単
語
て
い
く
の
で
成
果
を
感
じ
中
を
押
し
て
く
れ
た
盜
す
よ
飮
盜
中
条
さ
ん
は
背
に
応
え
て
く
れ
る
は
ず
で
外
国
人
は
フ
レ
ン
ド
リ
欟
み
よ
う
盜
欹
日
本
に
い
る
て
外
国
人
に
声
を
か
け
て
う 講 も 葉
そ 盜 座 毎 に
し
を 日 慣
て
聴 欷 れ
欷
い 英 て
勇
て 語 く
気
い の る
を
る ラ の
出
と ジ で
し
い オ 今
次
は
ド
イ
ツ
赴
任
盜
ド
片
言
で
も
と
に
か
く
話
す
に
日
本
語
が
通
じ
な
い
盜
濃
密
な
学
習
も
必
要
イ
ツ
語
欷
ハ
ン
グ
ル
語
を
久
夫
さ
ん
は
欷
英
語
と
ド
事
務
局
長
を
務
め
る
中
条
コ
欟
デ
檪
ネ
欟
タ
欟
の
会
あ
き
る
野
市
生
涯
学
習
を
き
い
た
盜
さ
ん
に
語
学
を
学
ぶ
コ
ツ
活
躍
中
だ
盜
そ
ん
な
中
条
ル
の
英
語
講
師
と
し
て
も
の
通
訳
や
サ
マ
欟
ス
ク
欟
航
空
機
の
機
内
で
は
す
で
乗
檸
た
パ
ン
ア
メ
リ
カ
ン
辞
令
が
下
檸
た
盜
初
め
て
き
欷
米
ア
リ
ゾ
ナ
赴
任
の
熄
年
前
の
熈
歳
の
と
た
の
は
会
社
員
時
代
盜
よ
う
に
心
が
け
た
盜
@
自
ら
積
極
的
に
A
話
す
赴
任
先
で
は
と
に
か
く
で
ス
タ
欟
ト
し
た
の
で
欷
ん
な
強
烈
な
英
語
の
実
践
言
英
語
で
四
苦
八
苦
盜
こ
2
0
1
4
年
最
高
だ
檸
た
灣
年
を
3
0
字
で
各
4
形
あ
り
欷
右
か
ア
ラ
ビ
ア
文
字
は
焙
文
代
主
婦
の
K
さ
ん
盜
を
放
送
大
学
で
学
ん
だ
熄
ン
テ
檪
ア
育
る
語
学
ボ
ラ
大
学
欷
ラ
ジ
オ
や
テ
レ
ビ
語
学
ス
ク
欟
ル
や
放
送
檸
か
け
飮
か
ら
盜
り
も
欹
や
る
気
飮
と
欹
き
小
さ
な
会
話
の
や
り
と
所
も
広
が
り
そ
う
だ
盜
明
け
の
食
事
な
ど
初
め
て
化
歐
の
コ
欟
ナ
欟
で
は
コ
さ
ん
盜
サ
カ
欟
フ
櫟
歉
文
麗
さ
に
感
動
し
た
飮
と
K
ラ
ブ
人
の
書
く
文
字
の
流
欹
映
像
で
初
め
て
見
る
ア
ア
ラ
ビ
ア
語
飮
で
は
欷
テ
レ
ビ
授
業
欹
初
歩
の
認
定
さ
れ
る
盜
し
て
み
ま
せ
ん
か
盜
は
最
初
の
一
歩
を
踏
み
出
流
力
の
ア
蘖
プ
に
欷
ま
ず
ま
る
時
期
盜
語
学
力
と
交
講
座
も
新
年
度
募 外国語の表記も増えた。高麗神社
集 では正月、4か国語のおみくじが
が
始 登場
る 欟 な
盜 ス り
で た
勉 い
強 飮
を と
続 欷
け マ
て イ
い ペ
な
会
話
が
で
き
る
よ
う
に
欹
ア
ラ
ビ
ア
語
で
簡
単
楽
し
み
だ
と
い
う
盜
い
欷
講
師
の
ダ
ジ
櫺
レ
も
蘖
ト
内
容
や
表
現
の
違
年
々
改
訂
さ
れ
る
ス
キ
が
で
き
る
か
ら
だ
盜
「添削の答案には、講師の手書きメ
ッセージとアラビア語のサインが添
えてあってうれしかった」とKさん
欟
ヒ
欟
占
い
や
ラ
マ
ダ
ン
どで自作するコスメ。ネット
通販で材料が手に入り、「シ
ョウガニンニク化粧水はくす
みと小じわに効果あり」
など、
継
ぎ
機
が
飛
ん
で
お
ら
メ
ラ
飮
が
開
催
さ
れ
る
盜
で
予
約
し
た
は
ず
の
乗
り
バ
ン
グ
ラ
デ
シ
欒
ボ
イ
シ
櫺
キ
回
カ
レ
欟
フ
櫪
ス
テ
檪
バ
ル
&
グ
ラ
デ
シ
欒
の
正
月
祭
¥
第
炯
歉
日
歐
に
は
同
公
園
で
欹
バ
ン
ナ
欟
ル
飮
が
建
つ
盜
4
月
炸
日
日
の
顕
彰
碑
欹
シ
欖
ヒ
ド
・
ミ
豊
島
区
へ
寄
贈
さ
れ
た
母
語
の
瀾
年
前
バ
ン
グ
ラ
デ
シ
欒
か
ら
池
袋
駅
前
西
口
公
園
に
は
欷
フ
ラ
ン
シ
ス
コ
で
は
日
本
今
も
テ
レ
ビ
で
お
さ
ら
い
盛
大
な
式
典
が
催
さ
れ
る
盜
ヒ
ド
・
ミ
ナ
欟
ル
の
碑
を
囲
み
欷
グ
ラ
デ
シ
欒
で
は
殉
難
者
シ
欖
語
デ
欟
に
制
定
さ
れ
た
盜
バ
ン
て
い
ま
す
盜
策
と
予
防
が
詳
し
く
載
檸
す
る
冊
子
等
に
そ
の
改
善
等
が
必
要
に
応
じ
て
配
布
町
の
保
健
機
関
に
つ
い
て
は
欷
慢
性
腎
臓
病
冊
子
に
よ
る
と
欷
慢
性
人
が
命
に
代
え
て
言
語
を
守
て
死
者
が
出
た
盜
A
る
デ
モ
隊
に
警
官
隊
が
発
砲
し
を
公
用
語
に
認
め
る
よ
う
求
め
慢
性
腎
臓
病
と
は
(
冊
子
よ
り
)
首
都
ダ
蘖
カ
で
欷
ベ
ン
ガ
ル
語
ン
グ
ラ
デ
シ
欒
人
民
共
和
国
の
り
た
い
盜
1
9
5
2
年
の
こ
の
日
欷
バ
Q
ま
し
た
盜
慢
性
腎
臓
病
に
つ
い
て
知
臓
機
能
に
低
下
あ
り
飮
と
診
断
さ
れ
熄
代
主
婦
盜
定
期
健
診
で
欷
欹
腎
血
管
を
傷
め
欷
腎
臓
に
も
生
活
習
慣
病
は
全
身
の
高
く
な
る
よ
う
で
す
盜
患
を
発
症
す
る
リ
ス
ク
が
狭
心
症
な
ど
の
心
血
管
疾
化
す
る
と
欷
心
筋
梗
塞
や
ま
た
欷
腎
臓
病
が
慢
性
あ
り
ま
す
盜
全
へ
と
進
ん
で
し
ま
う
と
る
と
治
療
が
難
し
く
腎
不
し
欷
そ
の
多
く
は
進
行
す
い
る
状
態
の
こ
と
を
指
る
欷
腎
機
能
が
低
下
し
て
性
的
に
尿
た
ん
ぱ
く
が
あ
腎
臓
病
歉
C
K
D
歐
は
慢
の
摂
り
過
ぎ
タ
ン
パ
ク
質
事
の
工
夫
と
を
減
ら
す
食
こ
と
盜
塩
分
過
食
し
な
い
よ
く
食
べ
て
は
バ
ラ
ン
ス
食
生
活
で
外
は
服
用
し
な
い
な
ど
盜
動
を
行
う
欷
必
要
な
薬
以
臓
に
負
担
を
か
け
な
い
運
ト
レ
ス
を
た
め
な
い
欷
腎
十
分
な
睡
眠
と
休
養
欷
ス
清
潔
に
欷
早
寝
早
起
き
欷
尿
を
我
慢
し
な
い
欷
体
を
こ の 圧 が 活 に 生 と 管 欷 大 習 は 腎
活 盜 理 血 切 慣 欹 臓
面
を 糖 盜 飮 食 病
で
し 欷 肥 を 生 の
は
檸 尿 満 見 活 改
禁
か 酸 解 直 飮 善
煙
り 値 消 す と と
欷
行 な や こ 欹 予
排
う ど 血 と 生 防
あ
り
ま
し
た
歉 盜
若
井
歐
逃
さ
な
い
よ
う
に
欷
と
調
の
小
さ
な
変
化
を
見
数
が
増
え
た
飮
な
ど
体
白
檸
ぽ
い
飮
欹
排
尿
回
い
の
で
欷
欹
尿
の
色
が
ほ
と
ん
ど
症
状
が
出
な
な を 値 風 臓 に
腎 ど 取 を を 病 注
臓 盜 り 上 防 を 意
病
過 げ ぐ 引 を
は
ぎ る た き 盜
初
な プ め 起 ま
期
い リ に こ た
で
こ ン 尿 す 欷
は
と 体 酸 痛 腎
ブ
な
ど
の
ス
パ
イ
ス
と
木
前
盜
シ
ナ
モ
ン
や
ク
ロ
欟
に
入
檸
た
の
は
約
炳
年
芸
だ
檸
た
も
の
で
欷
日
本
も
と
は
修
道
院
の
手
工
の
小
川
由
美
子
さ
ん
盜
ブ
ル
ガ
欟
ゲ
ビ
ン
デ
講
師
こ
う
話
す
の
は
欷
ザ
ル
ツ
炒
年
前
た
ま
た
ま
受
け
も
楽
し
み
だ
盜
り
た
め
る
ス
ロ
欟
な
時
間
ず
つ
パ
欟
ツ
を
集
め
て
作
や
ス
パ
イ
ス
な
ど
欷
少
し
る
盜
身
近
に
あ
る
木
の
実
小
さ
く
て
も
存
在
感
が
あ
芳
醇
な
香
り
が
特
長
で
ス
ロ
ー
な
時
間
楽
し
ん
で
も
ら
い
た
い
ス
パ
イ
ス
の
香
り
、
オ
ー
ス
ト
リ
ア
伝
統
工
芸
で
語
学
入
門
放 送 大 学 で 青梅市河辺町
ト
に
合
格
す
れ
ば
単
位
が
守
る
こ
と
が
で
き
欷
テ
ス
信
添
削
で
学
習
ペ
欟
ス
を
ジ
オ
授
業
と
期
限
付
き
通
時
間
の
テ
レ
ビ
ま
た
は
ラ
返 檸 独 文 の し に ら
放 る た 学 法 語 欷 よ 左
送 盜 飮 で も 尾 男 檸 へ
大
と は 独 が 性 て 読
学
K 始 特 変 と 動 み
は
さ め 盜 化 女
進
欷
ん ら 欹 す 性 詞 む
毎
は れ 決 る で が 盜
週
振 な し な 単 変 主
一
り か て ど 語 化 語
甘
濤
淆
濤・
淇
涵
渊
淆・
涵
淹
渊
渊 E m ail:y k og aw [email protected] m
x 5 .ttcn .n e.j p ※メタルエンボッシング
アート教室も実施
授
業
を
自
由
に
見
る
こ
と
波
で
約
3
0
0
科
目
も
の
た
盜
放
送
大
学
は
公
共
電
の
授
業
を
見
る
こ
と
に
し
の
欹
初
歩
の
ア
ラ
ビ
ア
語
飮
読
み
返
し
欷
現
在
放
映
中
た
い
飮
と
話
し
て
い
る
盜
口コミ情報もネットで共有し
ている。E手作りだから安心
Fと過信せず、自分の肌質と
成分アレルギーにも注意を。
檸
た
の
は
歴
史
上
初
め
て
で
欷
障
害
が
出
ま
す
盜
今
欷
糖
読
者
ん ん う し が 見
そ 盜 忘 機 て し 深 る
こ
れ 会 も か ま ア
で
て が ア し 檸 ラ
欷
い な ラ 欷 た ブ
テ
く ビ 単 と 文
く 欷 ア 位 い 化
キ
と ど 語 を う に
ス
K ん を 修 盜 興
ト
を
さ ど 使 得
味
燒
年
後
に
ユ
ネ
ス
コ
の
国
際
母
国
際
母
語
デ
ー
尿
病
が
引
き
金
と
な
る
糖
腎臓病の予防・改善のた
めの冊子やパンフレット
欹
自
分
の
名
前
を
ア
ラ
成
の
無
料
講
語
学
上
達
の
コ
ツ
は
ず
欷
別
の
便
の
確
保
に
片
2月炮日は、ユネスコがあら
ゆる母語を尊重して多様な民族
・文化を理解しようと、猝年に
制定した国際デー
美しいベンガル語を話す「ア
ジアごはんラドゥ二」(牛浜
駅東口徒歩1分)のバングラ
デシュ出身オーナー、シャフ
ィック・イスラムさん
ド
イ
ツ
語
で
欹
よ
う
こ
そ
日
本
へ
!
飮
ビ
ア
語
で
書
け
た
と
き
は
座
を
始
め
る
バ
イ
リ
ン
ガ
ル
に
き
く
教養じゃなく、
ツールとして使おう
う
れ
し
か
檸
た
飮
盜
全
く
な
ど
欷
語
学
スキンケア化粧品からメイ
ク色物まで、生薬や植物粉な
そ
し
て
着
い
た
先
の
サ
ン
話
す
マ
ル
チ
バ
イ
リ
ン
ガ
知
識
の
な
い
ア
ラ
ビ
ア
語
を
学
べ
る
場
手作りコスメ
ル
盜
同
市
姉
妹
都
市
マ
欟
(4)
オーストリア伝統工芸教室 ザルツブルガーゲビンデ講師
小川由美子さん
さ
ん
の
作
品
展
も
開
催
し
に
し
た
盜
欹
今
後
は
生
徒
来
ら
れ
る
フ
リ
欟
時
間
制
人
が
都
合
の
い
い
と
き
に
極広のワイドパンツ
今年の春夏は、裾に向かっ
て広がる極広パンツが注目さ
地
元
教
室
は
欷
忙
し
い
々
の
講
師
も
務
め
る
盜
い
飮
と
教
室
を
開
き
欷
数
な
手
工
芸
を
紹
介
し
た
格
を
取
得
盜
欹
こ
の
素
敵
都
内
教
室
に
通
い
講
師
資
に
ひ
か
れ
た
小
川
さ
ん
は
ル
ガ
欟
ゲ
ビ
ン
デ
盜
魅
力
座
飮
で
知
檸
た
ザ
ル
ツ
ブ
た
欹
ド
ラ
イ
フ
ラ
ワ
欟
講
れている。バブル期にタック
入りのダボダボパンツが流行
したが、最近当時を目新しい
と感じて取り入れる動きが出
る
そ
う
で
す
盜
く
知
檸
て
も
ら
い
た
い
飮
盜
サ
リ
欟
を
作
る
盜
尿
病
腎
症
が
増
加
し
て
い
ス
ト
リ
ア
伝
統
工
芸
を
広
欹
心
が
癒
さ
れ
る
オ
欟
ど
で
部
屋
飾
り
や
ア
ク
セ
の
実
欷
造
花
欷
パ
欟
ル
な
ているそうだ。景気のいいこ
ろのように、ファッションデ
ザインにも勢いがあった方が
いい。
(5)
淹
濤
涅
涵年
(平成烽年)
淹月
淇日(金曜日)
「第1
7回国際バラとガーデニング
ショウ」コンテスト作品を募集中
プロ・アマ問わず4部門で
イ
ズ
な
ど
必
要
事
項
を
明
紙
に
応
募
種
目
欷
作
品
サ
烱
回
国
際
バ
ラ
と
ガ
欟
デ
ガ
欟
デ
ニ
ン
グ
祭
典
欹
第
日
歉
日
歐
欷
国
内
最
大
の
5
月
灑
日
歉
火
歐
殳
烱
日
歉
金
歐
ま
で
に
申
込
用
時
審
査
締
め
切
り
2
月
炳
ガ
欟
デ
ン
部
門
は
欷
一
方
法
は
次
の
と
お
り
盜
エ
ン
ト
リ
欟
申
し
込
み
r
d
e
n
飮
盜
l
i
c
i
o
u
s
G
a
シ
櫺
ス
ガ
欟
デ
ン
D
e
門
で
欷
テ
欟
マ
は
欹
デ
リ
バ
ラ
切
り
花
部
門
の
4
部
門
欷
バ
ラ
鉢
植
え
部
門
欷
ギ
ン
グ
バ
ス
ケ
蘖
ト
部
る ト 欟 も れ 玉 武 ニ
ガ 盜 作 デ 参 本 る 県 プ ン
欟
品 ニ 加 シ 盜 所 リ グ
デ
沢 ン シ
を ン で 欖
ン
市 ス 欖
募 グ き ウ
部
の る で
歐 ド ウ
集 コ バ は
門
で 欟 飮
し ン ラ 欷
欷
開 ム が
て テ と 誰
ハ
催 歉 欷
ン
い ス ガ で
さ 埼 西
6 瀛 4
歃 ・ ・
3 1
4 0
6 5
9 0
・ 欷
1 F
7 A
6 X
欟
ト
内
歐
甘
瀛
・
5
4
5
1
|
炙
|
7
歉
N
H
K
ア
東
京
都
渋
谷
区
富
e
谷
歇
〒
1
5
1
|
0
0
6
3
局
ま
で
問
い
合
わ
せ
を
盜
詳
細
は
コ
ン
テ
ス
ト
事
務
申
し
込
み
用
紙
の
請
求
欷
郵
送
ま
た
は
F
A
X
で
盜
し
コ
ン
テ
ス
ト
事
務
局
へ
用
紙
に
必
要
事
項
を
明
記
灣
日
歉
金
歐
必
着
で
申
込
切
り
花
部
門
は
欷
各
3
月
曼珠沙華の里「巾着田」にほど
近い高麗神社は、
淦
涅
淇年に設置さ
れた高麗郡の首長として赴任した
高麗王若光
(じゃっこう)
を祀り、
若光直系の子孫が代々神主を務め
る神社。駐車場では朝鮮半島の古
い魔除け、大きな将軍標(チャン
スン)が出迎えてくれる。
同社は浜口雄幸、若槻禮次郎、
斉藤実、鳩山一郎らが当社参拝後
に相次いで総理大臣となったこと
から
「出世明神」
としても知られ、
太宰治を始め作家や芸能人も多く
訪れる。著名人の芳名板には男装
の麗人、
川島芳子の名前も見られ、
歴史の渦中に生き抜いた人びとを
思い起こさせてくれる。
本殿裏には高麗家が代々暮らし
た高麗家住宅跡もある。
来年は武蔵国に高麗郡が置かれ
て
涅
渕
濤
濤年。同社でも記念イベント
が随時開催されている。
バ
ラ
鉢
植
え
部
門
欷
バ
ラ
達
し
た
段
階
で
締
切
歐
と
ト
部
門
歉
予
定
応
募
数
に
ハ
ン
ギ
ン
グ
バ
ス
ケ
蘖
ス
ト
事
務
局
へ
郵
送
盜
写
真
を
同
封
し
欷
コ
ン
テ
ガ
欟
デ
ナ
欟
の
ス
ナ
蘖
プ
ス
ケ
蘖
チ
欷
創
作
意
図
欷
”
英
語
が
話
せ
る
五
日
市
商
店
街
”
が
目
標
記
し
欷
A
3
ヨ
コ
使
い
の
く
予
定
盜
語
講
座
飮
も
開
も
て
な
し
中
国
ら
始
め
る
欹
お
懲
好
・
謝
謝
か
る が と ほ w 3 盜 届 う め e v
月
い れ ら l e
に
し れ l r
て い た A y
は
欷
い 声 飮 と 涸
渕
渕
国道炯号「小谷田」
交差点を左折。
「 台」
信号を右折して約炒
分
S袵袿褂裹裄裃!「こんにちは」
地球のことば「エスペラント」を
学ぶサークル
一
歩
会
活動日:第2∼4金曜日午後1時∼4時
活動場所:あきる野市中央公民館、鳥居
場会館学習室
問い合わせ:甘
濤
渊
淹・
涵
涵
淆・
淇
涅
涸
涸
(横山さん)
り
に
積
極
的
欹
人
に
自
分
の
作
品
活
動
す
る
盜
員
瀾
人
が
相
互
研
鑽
で
牆
代
の
会
り
欷
爛
殳
て
色
使
い
や
タ
蘖
チ
が
全
同
じ
題
材
で
も
人
に
よ
檸
ル
を
足
掛
か
は
同
サ
欟
ク
つ
盜
会
員
ら
教
え
の
一
自
助
サ
欟
ク
ル
だ
盜
び
の
び
と
製
作
を
続
け
る
同
会
作
品
展
で
披
露
盜
の
も け も し も 欹 ル ら ら く
日 盜 な 楽 な ら 真 画 飮 し 異
ご
い し が え 剣 で と さ な
ろ
仲 い ら た に 描 水 を る
の
間 飮 の り ア く 彩 生 絵
成
に と お 欷 ド 人 画 か に
果
感 欷 し 筆 バ も や し 盜
は
謝 気 檳 を イ い パ た 欹
春
の の べ 動 ス る ス い 自
の
声 置 り か を 盜 テ か 分
と
い
う
の
も
上
達
す
る
飮
こ
と
で
絵
は
く
さ
ん
見
る
の
作
品
を
た
い
欷
ま
た
人
を
見
て
も
ら
この日はエスペラントでベートーベン
「喜びの歌」を練習
教
え
を
守
檸
た
故
菅
野
力
蔵
講
師
の
個
性
を
生
か
す
指
導
を
行
幸
子
代
表
歐
盜
瀾
年
間
欷
い
る
欹
一
歩
会
飮
歉
横
山
が
ら
油
絵
の
腕
を
磨
い
て
会
員
の
交
流
を
深
め
な
出
か
け
て
自
由
に
描
く
盜
画
の
ほ
か
欷
ス
ケ
蘖
チ
に
活
動
で
は
人
物
や
静
物
る
人
も
い
る
盜
の
展
示
会
に
毎
年
出
品
す
ル
に
出
展
盜
国
立
美
術
館
に
ア
マ
チ
欒
ア
コ
ン
ク
欟
き
で
口
か
ら
出
し
て
心
地
▲最優秀賞作品
(
淹
濤
涅
渊)
▼入賞作品
(
淹
濤
涅
渊)
w w w .seibuen-yuuenc
hi.jp/
次
の
と
お
り
盜
が
条
件
と
な
る
盜
各
賞
は
欖
ン
が
背
景
に
あ
る
写
真
部
飮
は
欷
イ
ル
ミ
ネ
欟
シ
件
盜
欹
イ
ル
ミ
欟
ジ
欒
の
ず
写
檸
て
い
る
こ
と
が
条
で
欷
被
写
体
に
愛
犬
が
必
ン
を
背
景
と
し
た
写
真
ま
た
は
イ
ル
ミ
ネ
欟
シ
欖
2
2
・
1
3
7
1
歐
へ
盜
ゆ
う
え
ん
ち
歉
瀚
・
2
9
問
い
合
わ
せ
は
西
武
園
歉
土
歐
必
着
盜
応
募
締
め
切
り
は
焜
日
係 フ 4 玉
飮 櫻 欹 県
歐
西 所
盜 ト 武 沢
コ 園 市
ン ゆ 山
テ う 口
え 2
ス ん 9
ト ち 6
は
欷
昼
間
の
同
園
の
様
子
欷
3
5
9
|
1
1
4
5
埼
来
た
外
国
人
に
声
を
か
け
成
果
は
上
々
盜
欹
店
に
と
話
す
青
木
さ
ん
盜
欹
い
店
の
マ
蘖
プ
も
作
り
た
い
今
後
欷
英
語
が
話
せ
る
も
申
し
出
て
い
る
盜
ん
で
い
る
盜
び
込
み
た
い
飮
と
意
気
込
お
客
さ
ん
を
ど
ん
ど
ん
呼
日
市
商
店
街
A
に
な
檸
て
欷
ン
ド
の
ザ
メ
ン
ホ
フ
が
考
つ
か
@
英
語
が
話
せ
る
五
な
い
A
英
語
レ
蘖
ス
ン
だ
盜
に
よ
る
模
擬
会
話
の
協
力
欹
ア
コ
欟
ド
飮
歉
ア
コ
ル
ト
飮
歉
ヨ
欟
グ
ル
ト
歐
や
て
い
な
い
が
欷
欹
ヤ
ク
ル
ス
ペ
ラ
ン
ト
飮
盜
知
ら
れ
案
し
た
世
界
共
通
語
欹
エ
1
8
8
7
年
欷
ポ
欟
ラ
フ
ト
な
ど
独
習
サ
欟
ビ
ス
は
エ
ス
ペ
ラ
ン
ト
学
習
ソ
る
と
言
わ
れ
欷
ネ
蘖
ト
で
す
人
は
世
界
に
百
万
人
い
今
エ
ス
ペ
ラ
ン
ト
を
話
ン
ト
だ
と
い
う
盜
ド
・
調
和
歐
も
エ
ス
ペ
ラ
実
行
委
員
会
飮
盜
も
て
な
し
プ
ロ
ジ
櫪
ク
ト
か
け
で
結
成
さ
れ
た
欹
お
欟
欷
青
木
健
治
さ
ん
の
声
の
青
木
燃
料
店
オ
欟
ナ
年
欷
あ
き
る
野
市
五
日
市
あ
わ
て
ず
に
済
む
飮
盜
昨
少
し
で
も
や
檸
て
お
け
ば
ム
が
言
え
な
く
檸
ち
檳
盜
国
人
に
欷
ま
ず
ウ
櫪
ル
カ
欹
五
日
市
を
訪
れ
た
外
部
会
員
と
青
年
部
会
員
の
集
ま
檸
た
の
は
欷
同
支
た
め
の
語
学
研
修
だ
盜
伝
わ
れ
ば
欷
ま
ず
は
そ
の
か
く
歓
迎
す
る
気
持
ち
が
え
る
の
は
二
の
次
盜
と
に
を
英
語
で
過
不
足
な
く
伝
自
分
の
言
い
た
い
こ
と
グ
講
習
会
飮
が
開
か
れ
た
盜
な
し
英
会
話
ト
レ
欟
ニ
ン
で
欷
初
め
て
の
欹
お
も
て
協
会
五
日
市
支
部
の
協
力
神
社
の
神
輿
飮
な
ど
あ
き
欹
の
ら
ぼ
う
飮
欹
阿
伎
留
烱
欹 人
ア 盜
ユ
飮
欹
お
や
き
飮
灑
時
間
の
@
教
科
書
に
は
話
講
師
を
招
い
て
4
回
計
レ
欟
ニ
ン
グ
専
門
の
英
会
き
る
よ
う
欷
観
光
接
客
ト
る
野
の
簡
単
な
紹
介
が
で
教
授
が
欷
外
国
人
留
学
生
意
に
感
動
し
た
某
大
学
の
き
た
青
木
さ
ん
盜
そ
の
熱
や
り
た
い
飮
と
欲
が
出
て
欹
で
き
た
ら
韓
国
語
も
で
歌
を
披
露
す
る
盜
ほ
か
欹
釜
の
淵
新
緑
祭
飮
動
中
盜
月
4
回
の
学
習
の
歉
笹
森
桂
一
代
表
歐
が
活
エ
ス
ペ
ラ
ン
ト
西
多
摩
飮
西
多
摩
で
は
欹
国
際
語
異なる文化、
雑談で吸収
う 立 勉 れ 青 だ つ 強 て 世
梅 盜 機 の い 界
市
会 蓄 る で
河
も 積 中 最
辺
増 が 国 も
市
え 役 語 話
民
そ に 盜 さ
も
提
供
し
て
い
る
盜
礎
文
法
の
2
冊
を
使
用
盜
テ
キ
ス
ト
は
発
音
と
基
と
喜
ぶ
女
性
会
員
も
盜
り
ま
す
A
と
言
わ
れ
た
飮
@
あ
な
た
の
北
京
語
わ
か
に
太
鼓
判
盜
欹
台
湾
人
に
于
講
師
は
そ
の
学
習
効
果
は
と
て
も
き
れ
い
飮
と
欷
が
欷
欹
み
な
さ
ん
の
発
音
に
結
成
さ
れ
た
ば
か
り
だ
な
ら
で
は
盜
一
昨
年
4
月
ら
れ
な
い
サ
欟
ク
ル
活
動
は
欷
カ
リ
キ
欒
ラ
ム
に
縛
え
た
ユ
ニ
欟
ク
な
授
業
于
講
師
の
日
本
語
を
交
ぶ
サ
欟
ク
ル
盜
導
で
中
国
語
の
基
礎
を
学
ク
ン
イ
櫪
ン
歐
講
師
の
指
江
省
出
身
の
于
鳳
艶
歉
ユ
か
し
く
て
全
員
で
盛
り
上
覚
の
ず
れ
が
よ
け
い
に
お
る
文
化
圏
だ
か
ら
か
欷
感
同
じ
漢
字
文
化
を
共
有
す
の
が
理
解
で
き
な
い
飮
盜
が
奥
さ
ん
を
マ
マ
と
呼
ぶ
ど
も
檸
た
い
な
い
飮
欹
夫
漫
画
を
す
ぐ
に
捨
て
る
け
電
車
の
中
で
読
み
終
え
た
ど
り
つ
く
盜
欹
日
本
人
は
話
題
は
文
化
の
違
い
に
た
授
業
が
脱
線
し
て
も
欷
み
せ
る
盜
り
返
し
丁
寧
に
発
音
し
て
で
き
る
ま
で
于
講
師
が
繰
子
音
の
発
音
練
習
か
ら
盜
活
動
で
は
毎
回
母
音
と
味
が
全
く
通
じ
な
い
盜
美
し
い
響
き
だ
と
改
め
て
思
檸
た
盜
国
語
で
発
音
し
て
く
れ
た
盜
中
国
語
は
の
映
画
な
ん
か
い
い
で
す
ね
飮
と
欷
中
る
の
が
お
す
す
め
盜
チ
櫺
ン
ツ
檪
イ
欟
で
イ
ン
タ
欟
ネ
蘖
ト
を
使
同
会
会
員
は
欷
中
学
校
う
こ
と
も
あ
る
と
い
う
盜
詞
本
来
の
意
味
を
話
し
合
ス
ペ
ラ
ン
ト
を
離
れ
欷
歌
檸
た
飮
と
メ
ン
バ
欟
盜
エ
を
深
く
味
わ
う
よ
う
に
な
檸
て
初
め
て
歌
詞
の
意
味
欹
エ
ス
ペ
ラ
ン
ト
で
歌
が
歓
迎
さ
れ
そ
う
だ
盜
な
言
語
ツ
欟
ル
と
し
て
裾
野
の
広
が
り
を
簡
単
に
突
き
抜
け
ら
れ
る
今
欷
公
平
チ
櫺
蘖
ト
や
ツ
イ
蘖
タ
欟
で
国
の
壁
た
サ
欟
ノ
葉
子
さ
ん
は
言
う
盜
界
大
会
で
子
ど
も
の
保
育
を
引
き
受
け
い
う
こ
と
飮
と
欷
瀘
年
横
浜
開
催
の
世
界
で
平
和
へ
の
思
い
が
続
い
て
い
る
と
世
界
大
会
が
続
く
と
い
う
こ
と
は
欷
世
1
0
0
回
目
を
迎
え
る
盜
欹
こ
れ
だ
け
集
う
最
大
行
事
欹
世
界
大
会
飮
は
今
年
世
界
中
の
エ
ス
ペ
ラ
ン
テ
檪
ス
ト
が
子
さ
ん
は
魅
力
を
話
す
盜
い
い
で
す
飮
と
欷
瀾
年
続
け
る
田
所
亮
欹
ワ
ン
ち
檳
ん
の
部
飮
と
総
額
炳
万
円
盜
門
が
あ
り
欷
賞
金
は
な
ん
ミ
欟
ジ
欒
部
門
飮
の
2
部
ち
檳
ん
部
門
飮
と
欹
イ
ル
開
催
し
て
い
る
盜
欹
ワ
ン
×
イ
ル
ミ
欟
ジ
欒
殳
飮
を
ン
テ
ス
ト
殳
ワ
ン
ち
檳
ん
園
ゆ
う
え
ん
ち
フ
櫻
ト
コ
日
歉
土
歐
ま
で
欷
欹
西
武
歉
所
沢
市
山
口
歐
で
は
焜
応
募
は
郵
送
の
み
歉
〒
一
人
何
点
で
も
応
募
可
盜
韻
歐
ワ
イ
ド
6
切
は
不
可
盜
歉
2
0
3
韻
×
2
5
4
欟
6
切
プ
リ
ン
ト
の
み
写
真
サ
イ
ズ
は
欷
カ
ラ
3
回
券
付
き
歐
盜
ち
ペ
ア
入
園
券
・
乗
り
物
入
賞
歉
西
武
園
ゆ
う
え
ん
◇
各
部
門
歉
5
人
ず
つ
歐
メ
ラ
マ
ン
賞
歉
1
万
円
歐
盜
欹
西
武
園
ゆ
う
え
ん
ち
飮
支
配
人
賞
歉
1
万
円
歐
欷
カ
文化の違いで盛り上がる
「標準中国語」
のメンバー。
東京五輪の語学ボランティアを目指す女性も
セ
ン
タ
欟
で
第
1
殳
檸
て
世
界
中
の
エ
ス
ぺ
ラ
あ
き
る
野
市
観
光
協
会
五
日
市
支
部
の
昨年6月の「おもてなし英会話トレーニング」
(写真提供:あきる野市観光協会五日市支部)
3
月
曜
日
の
午
後
7
ン
チ
ス
ト
と
の
交
信
を
体
エスペラントに翻訳され
ている手塚治虫の漫画
「火の鳥」
会
員
が
英
会
話
ト
レ
ー
ニ
ン
グ
3
月
中
国
語
講
座
も
予
定
時
煥
分
か
ら
活
動
す
験
し
て
も
ら
う
欹
出
前
授
所沢 西武園ゆうえんち
◇
各
部
門
歉
1
人
ず
つ
歐
詳
細
は
ホ
欟
ム
ペ
欟
ジ
る
こ
と
が
で
き
た
飮
欹
外
業
飮
も
行
檸
た
盜
愛犬とイルミでフォトコン開催
最
優
秀
賞
歉
賞
金
5
万
国
人
か
ら
@
Y
o
u
s
だ 来 欹 語 に 読 領 欹 盜 飮 過 尾 書 み で 発
言
の 去 で く 欷 書 音
葉
3 飮 決 盜 発 い は
は
つ 欹 ま 品 音 て ロ
柔
と 現 り 詞 さ あ 欟
ら
シ 在 欷 や れ る マ
か
ン 飮 時 時 る 通 字
い
プ 欹 制 制 通 り の
響
ル 未 は は り に 要
賞金総額2
0万円息
円
歐
欷
優
秀
賞
歉
3
万
円
歐
欷
p
e
a
k
E
てカ3寛
くムかさ
れボ国檸
た欟語そ
青ドのく
木をウ作
さ見櫪檸
んせルた
油
絵
「一歩会 絵画展」4月8日(水)∼灑
日(日)あきる野市中央公民館市民ギャ
ラリー
n
g
l
i
s
h
高 麗 神 社
◆埼玉県日高市新堀
6
月
に
は
欷
同
市
観
光
同実行委員長の青木さん。就寝時は英語、中国語、韓国
語のCDを聞いて眠りにつくという
今年の年始には、市民参加の古
代衣装行列「にじのパレード」
が行われた
6来
0
代年
のは
歴、
高
史麗
伝郡
え建
る郡
「
高1
麗3
神0
社0
」年
第淹
渊
涸
濤号
(第三種郵便物認可)
中国語の読みは 「ニシタマ ヨ
ウ フォンフーダァズーラン チ
ン イーディンライカンカン」
北
京
語
を
楽
し
く
学
ぶ
サ
ー
ク
ル
「
標
準
中
国
語
」
毀
美
鈴
代
表
歐
は
欷
黒
竜
る
欹
標
準
中
国
語
飮
歉
岡
し
く
発
音
し
な
け
れ
ば
意
く
欷
四
声
歉
声
調
歐
を
正
中
国
語
は
発
音
が
難
し
い
た
盜
欹
北
京
語
の
映
画
を
何
度
も
観
于
講
師
に
中
国
語
上
達
の
コ
ツ
を
き
が
る
こ
と
も
し
ば
し
ば
盜
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
26
File Size
2 775 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content