京浜地区のCFS・倉庫を利用するお客様向けの新海貨管理システムを

年(平成年)
3月日
木曜日
第11104号
月曜~金曜発行(祝日を除く)
購読料:1カ月
,


円+税
(昭和年9月日 第三種郵便物認可)
http://www.daily-cargo.com/
代
︶
で
政
府
活
動
報
告
を
行

推
進
が
示
さ
れ
た
全
人
代
で
﹁
一
帯
一
路
﹂

日
ま
で
開
催
さ
れ
た
つ
ま
り
一
帯
一
路
は

発
展
と
い
う

サ
ポ

ト
ベ
ル
ト
﹂
で
支
え
る
た
鉄
道
局
の
身
勝
手
な
運
行
体
貨
車
不
足

何
よ
り
解
体
さ
れ
て
い
る
上
海
自
由
貿
易
区
の
現
優
遇
策
が
一
部
企
業
に
集
中
し
長
鈍
化
を
認
識
し

中
7
%
前
後
と
し
た

成
昨
年
比
0
・
5

減
の
今
年
の
成
長
率
目
標
は
だ

こ
れ
を
踏
ま
え

ぶ
り
の
低
水
準
に
沈
ん
は
7
・
4
%
と


年
産
︵
G
D
P
︶
成
長
率
長
江
経
済
ベ
ル
ト
の
﹁
三
つ
の
京
津
冀
︵
北
京
・
天
津
・
河
北
︶

ウ
イ
グ
ル
自
治
区
阿
拉
山
口
︶

沿
線
︵
江
蘇
省
連
雲
港

新
疆
ラ
ン
ド
ブ
リ

ジ
の
基
幹
路
線
煮
詰
ま

た
地
域
を
チ

イ
ナ
和
感
が
読
み
取
れ
る

こ
れ
ら
海
部
や
東
北
地
区
の
経
済
の
飽
境
の
処
理
能
力
や
カ
ザ
フ
側
の
の
コ
ン
テ
ナ
が
滞
留
し
た

国
万
本
以
上
と
も
い
わ
れ
た
大
量
山
東
省
青
島
で
一
時
的
に
計
1
ザ
フ
ス
タ
ン
国
境
や
連
雲
港

的
に
ス
タ

ト
し
た

年

カ
中
欧
大
陸
横
断
鉄
道
が
本
格
え
な
い
か

り
に
利
用
で
き
る
の
か

通
関
口
﹂
は
民
間
企
業
が
額
面
ど
お
異
な
る

設
置
す
る
﹁
単
一
窓
れ
ば
担
当
者
レ
ベ
ル
で
運
用
が
の
税
関
は
各
地
で

突
き
詰
め
化
を
進
め
る
と
し
た

こ
の
国
ル
ト

広
東
地
区
で
通
関
一
体
し 支 き な
た 局 そ ら
︶ ・ う 
蓮 だ そ
見  の
将 ︵ 終
行 お 着
が わ 地
担 り は
当  見
し 上 え
ま 海 て
大
言
壮
語
を
有
言
実
行
で
き
た
ベ
ル
で
の
課
題
を
取
り
除
き

見
え
る

積
み
上
が
る
現
場
レ
色
が
に
じ
み
出
て
い
る
よ
う
に
ろ

大
国
の
政
治
的
な

紅
い

﹁
B
r
e
a
k
b
u
l
k
C
つ ・ を
 重 推
量 進
物 し
は て
主 い
要 る
テ 
 プ
マ ラ
の ン
一 ト
に
グ
ル

プ
各
社
の
連
携
強
化
1
3
年
か
ら
戦
略
テ

マ
ご
と
大
会
堂

中
国
の
国
会
に
あ
た
昨
年
の
実
質
国
内
総
生
理
由
が
あ
る

同
国
の
ら
は

先
ん
じ
て
成
長
し
た
沿
の
﹁
四
大
重
点
地
区
﹂
か
区
で
持
続
的
な
発
展
を
支
援
主
席
が
編
み
出
し
た
秘
策
と
い
な
ら
な
い

一
帯
一
路
は

習
の
希
望
を
創
り
出
さ
な
け
れ
ば
で
あ
り
続
け
る
な
ら

将
来
へ
年
中
に
京
津
冀

長
江
経
済
ベ
し
た
税
関
改
革
方
案
で
は

今
大
通
関
制
度
を
創
設
す
る
と
る
が

ど
う
な
る
か

不
透
明
な
滞
留
に
対
策
を
講
じ
壮
大
な
白
地
図
に
は
今
の
と
こ

世
紀
版
シ
ル
ク
ロ

ド

好
調
で
も
な
さ
そ
う
だ

実
に
伸
び
る
が

既
存
路
線
は
は
新
規
開
通
の
た
め
物
量
は
確
数
%
だ
﹂

内
陸
の
鉄
道
路
線
減

う
ち
欧
州
ま
で
運
ぶ
の
は
E
U
で
前
年
よ
り
2
万
T
E
U
と
し
て
の
認
知
度
を
高
め
る

総
合
サ

ビ
ス
プ
ロ
バ
イ
ダ

に

プ
ラ
ン
ト
・
重
量
物
輸
送
の
携
を
さ
ら
に
強
化
す
る
と
と
も
ド
に
よ

て
グ
ル

プ
内
の
連
提
供
し
て
い
る

統
一
ブ
ラ
ン
ニ
ア
リ
ン
グ
サ

ビ
ス
事
業
の
強
化
に
向
け
て

2
0
3
月
5
日

北
京
市
・
人
民
ロ
ジ

ク
ト
を
速
め
る
﹂
大
言
壮
語
の
理
由
と
課
題
策
︶

国
際
物
流
大
動
脈
の
プ
か
ら
通
関
一
体
化
を
図
る
政
税
関
の
単
一
窓
口
化
で
沿
海
部
子
税
関
シ
ス
テ
ム
を
創
設
し

を
推
進
し

﹃
大
通
関
﹄
︵
電
の
︵
周
辺
国
と
の
︶
共
同
建
設
み
を
構
築
す
る

﹃
一
帯
一
路
﹄
﹁
対
外
開
放
の
新
た
な
枠
組
今

一
帯
一
路
を
掲
げ
る
に
は
し
か
し

だ

中
国
政
府
が
政
策
提
案
を
提
出
し
た

の
代
表
団
は
競

て
関
連
す
る
り

全
土
か
ら
集
ま

た
各
地
代
の
重
要
な
キ

ワ

ド
と
な
﹁
一
帯
一
路
﹂
は
今
年
の
全
人
た
李
克
強
首
相
は
強
調
し
た

交
通
網
基
盤
の
振
興

東
部
地
業
基
地
の
復
興

中
部
地
区
で
ジ

ク
ト

東
北
地
区
で
旧
工
れ
た

西
部
地
区
で
大
型
プ
ロ

ト
ベ
ル
ト
﹂
戦
略
も
述
べ
ら
重
点
地
区
﹂
と
﹁
三
つ
の
サ
ポ
政
府
活
動
報
告
で
は
﹁
四
大
わ
れ
る

で
も

成
長
こ
そ
が
国
家
基
盤
策
定
が
命
題
だ

た
と
え
中
速
か
ら
の
第

次
5
カ
年
計
画
の
平
政
権
は
今
年

2
0
1
6
年
で
稼
ぐ
下
地
も
つ
く
る

習
近
進
出
︶
﹂
さ
せ

企
業
が
国
外
自
国
企
業
を
﹁
走
出
去
︵
海
外
を
週
2
便
で
開
始
す
る
な
ど

末

カ
ザ
フ
向
け
専
用
定
期
便
会
社
の
中
哈
国
際
物
流
が
同
月
資
に
よ
る
同
タ

ミ
ナ
ル
運
営
中
国

カ
ザ
フ
両
国
の
折
半
出
ン
テ
ナ
タ

ミ
ナ
ル
を
完
成

【下】
宇
徳
は
自
社
の
京
浜
地
区
の
C
F
S
・
倉
庫
を
利
用
す
る
N
V
O
C
C
向
け
に

輸
出
入
コ
ン
テ
ナ
貨
物
の
ス
テ

タ
ス
情
報
庫
内
作
業
﹁
見
え
る
化
﹂
へ
宇
徳

N
V
O
C
C
向
け
新
シ
ス
テ
ム
画
像
・
貨
物
情
報
を
連
動
さ
ら
に
周
辺
国
に
向
け
て
イ
ン
を
拡
大
す
る
目
論
見
な
の
だ

け

周
辺
国
も
含
め
て
経
済
圏
つ
沿
海
部
を
貿
易
で
ひ
も
づ
著
し
い
内
陸
部
と
鈍
化
が
目
立
れ
有
し
て
い
る

﹁
U
N
O
S
﹂
5
﹂
に
輸
出
C
F
S
を
そ
れ
ぞ
1
﹂
に
輸
入
C
F
S

﹁
D
|
か

横
浜
港
本
牧
ふ
頭
﹁
B
|
ン
テ
ナ
を
取
り
扱

て
い
る
ほ
1
0
0
0
本
程
度
の
輸
出
入
コ
︵
T
F
C
︶
﹂
を
構
え

月
間
﹁
東
京
フ
レ

ト
セ
ン
タ

は

大
井
ふ
頭
に
基
幹
C
F
S
て
き
た

現
在
も
京
浜
地
区
で
C
L
貨
物
を
ハ
ン
ド
リ
ン
グ
し
を
受
託
し

長
年
に
わ
た
り
L
後
地
で
同
社
か
ら
C
F
S
業
務
ル
が
あ
る
東
京
港
大
井
ふ
頭
背
井
の
専
用
コ
ン
テ
ナ
タ

ミ
ナ
を
手
掛
け
る
宇
徳
は

商
船
三
運
送
や
プ
ラ
ン
ト
・
物
流
事
業
商
船
三
井
グ
ル

プ
で
港
湾
ト
イ
直
通
貨
物
列
車
の
専
用
コ
月
ま
で
に

カ
ザ
フ
・
ア
ル
マ
通

ま
た
連
雲
港
で
は
今
年
2
カ
シ

ガ
ル
の
両
国
境
が
開
ウ
イ
グ
ル
自
治
区
ホ
ル
ゴ
ス

そ
の
後

代
替
と
な
る
新
疆
制
が
理
由
だ

た

て
い
る
こ
と
が
あ
る

宇
徳
の
徳
グ
ル

プ
で
一
括
し
て
行

運
営
か
ら
現
場
作
業
ま
で
を
宇
で
き
る
背
景
に
は

C
F
S
の
同
シ
ス
テ
ム
を
宇
徳
が
構
築
ア
ク
セ
ス
も
可
能
だ

ス
テ
ム
の
た
め

海
外
か
ら
の
で
き
る

ウ

ブ
ベ

ス
の
シ
ど
貨
物
の
状
態
を
画
像
で
確
認
タ
イ
ム
で

ダ
メ

ジ
状
況
な
の
進
捗
と
と
も
に
ほ
ぼ
リ
ア
ル
L
番
号
を
入
力
す
れ
ば

作
業
に
よ
り

N
V
O
C
C
は
B
/
シ
ス
テ
ム
に
反
映
す
る

こ
れ

ル
し
た
携
帯
端
末
で
撮
影
し
を

専
用
ア
プ
リ
を
イ
ン
ス
ト
物
に
つ
い
て
は
複
数
枚
の
写
真
度
の
写
真
を

L
C
L
の
各
貨
両
作
業
時
に
そ
れ
ぞ
れ

枚
程
グ

輸
入
の
デ
バ
ン
ニ
ン
グ
の
F
S
内
で
の
輸
出
の
バ
ン
ニ
ン
コ
ン
テ
ナ
作
業
に
つ
い
て

C
以
降

L
C
L
・
F
C
L
の
全
だ

同
シ
ス
テ
ム
の
リ
リ

ス
閲
覧
で
き
る
の
が
大
き
な
特
徴
ド
さ
れ
る
当
該
貨
物
の
写
真
を
業
現
場
か
ら
適
宜
ア

プ
ロ

ス
情
報
の
確
認
と
同
時
に

作
庫
管
理

コ
ン
テ
ナ
ス
テ

タ
号
や
コ
ン
テ
ナ
番
号
に
よ
る
在
﹁
U
N
O
S
﹂
は
B
/
L
番
提
供
す
る

に
対
し

無
償
で
サ

ビ
ス
を
O
C
C
お
よ
び
作
業
委
託
業
者
C
F
S
に
指
定
し
て
い
る
N
V
す
る

こ
れ
ら
の
拠
点
を
自
社
計
4
拠
点
で
サ

ビ
ス
を
開
始
3
﹂
の
F
C
L
倉
庫
を
加
え
た
C
F
S
に

本
牧
ふ
頭
﹁
B
|
は
当
初

こ
の
京
浜
地
区
の
3
M
W

フ


ド

H
P

台
点
で
同
路
線
の
太
宗
荷
主
は
B
ス

度
ま
で
と
激
し
い

現
時
は
夏
の

度
か
ら
冬
の
マ
イ
ナ
中
欧
鉄
道
沿
線
の
平
均
気
温
状
が
思
い
起
こ
さ
れ
る

社
程
度
の
N
V
O
C
C
の
ほ
を
C
F
S
に
指
定
し
て
い
る

は

京
浜
地
区
で
宇
徳
の
拠
点
﹁
U
N
O
S
﹂
の
貨
物
情
報
る
﹂
︵
渋
谷
部
長
︶

テ

ジ
に
な
る
可
能
性
が
あ
る
点
が
﹁
営
業
上
の
ア
ド
バ
ン

ジ
状
況
を
荷
主
に
開
示
で
き
じ
て
作
業
工
程
や
貨
物
の
ダ
メ
行
う
際

﹁
U
N
O
S
﹂
を
通
主
か
ら
受
託
す
る
べ
く
提
案
を
F
C
L
貨
物
の
取
り
扱
い
を
荷
V
O
C
C
・
作
業
委
託
業
者
が

え
ば
宇
徳
と
契
約
し
て
い
る
N
を
提
供
で
き
る
点
に
あ
る

例
業
に
も
条
件
付
き
で
貨
物
情
報
で
な
く

そ
の
両
者
の
顧
客
企
貨
物
情
報
を
閲
覧
で
き
る
だ
け
V
O
C
C
・
作
業
委
託
業
者
が
倉
庫
を
直
接
利
用
し
て
い
る
N
の
特
徴
は

宇
徳
の
C
F
S
・
﹁
U
N
O
S
﹂
の
も
う
一
つ
え
た
﹂
と
話
す

社
に
な
い
強
み
に
し
よ
う
と
考
通
じ
た
作
業
の
可
視
化
を

他
る

こ
の
た
め

シ
ス
テ
ム
を
業
品
質
に
自
信
を
持

て
い
蓄
積
し
て
き
た
ノ
ウ
ハ
ウ
・
作
F
S
作
業
の
受
託
以
来

長
年
て
い
る
う
え

商
船
三
井
の
C
プ
全
体
で
作
業
品
質
を
維
持
し
担
当
し
て
お
り

宇
徳
グ
ル

の
C
F
S
作
業
は
宇
徳
港
運
が
り
た
が
ら
な
い

だ
が

当
社
た
め

多
く
の
作
業
会
社
は
や
業
ノ
ウ
ハ
ウ
の
公
開
に
等
し
い
グ
の
作
業
工
程
の
開
示
は

作
﹁
バ
ン
ニ
ン
グ
・
デ
バ
ン
ニ
ン
O
S
﹂
開
発
の
背
景
に
つ
い
て

渋
谷
昭
雄
施
設
部
長
は
﹁
U
N
複
数
に
な
る
た
め

﹁
﹃
U
N
が

L
C
L
の
場
合
は
荷
主
が
か
は
両
者
の
判
断
に
委
ね
る

ン
テ
ナ
情
報
を
提
供
す
る
か
否
客
企
業
に
﹁
U
N
O
S
﹂
の
コ
荷
主
が
1
社
で
あ
る
た
め

顧
要
に
な
る

F
C
L
の
場
合
は
に
申
請
し

宇
徳
の
承
認
が
必
特
定
し
た
う
え
で
シ
ス
テ
ム
側
報
の
範
囲
は

両
者
の
判
断
で
の
顧
客
企
業
が
閲
覧
で
き
る
情
N
V
O
C
C
・
作
業
委
託
業
者
場
合
は
一
定
の
課
金
を
す
る

両
者
の
顧
客
企
業
が
閲
覧
す
る
無
償
で
閲
覧
で
き
る

一
方

用
し
て
い
る
作
業
委
託
業
者
が
か

当
該
倉
庫
を
継
続
的
に
使
検
討
し
て
い
く
﹂
︵
同
︶

な
が
ら
対
象
エ
リ
ア
の
拡
張
も
開
な
ど

4
拠
点
の
反
応
を
見
い
る
大
手
荷
主
の
倉
庫
へ
の
展
保
管
業
務
な
ど
を
請
け
負

て
宇
徳
の
物
流
営
業
部
が
個
別
に
む
国
内
他
倉
庫
へ
の
展
開
や

﹁
今
後
は
例
え
ば
西
日
本
も
含
に
サ

ビ
ス
を
提
供
す
る
が

の
京
浜
地
区
の
4
拠
点
を
対
象
同
シ
ス
テ
ム
は
当
面

前
記
谷
部
長
︶

テ


は
担
保
で
き
る
﹂
︵
渋
限
を
か
け
る
た
め

セ
キ

リ
な
い
よ
う

シ
ス
テ
ム
側
で
制
第
三
者
に
把
握
さ
れ
る
こ
と
の
O
S
﹄
を
通
じ
て
貨
物
情
報
を
イ
テ
ク
製
品
や
電
子
部
品
な
ど
製
造
︶
各
社
な
ど
で
貨
物
は
ハ
湾
系
E
M
S
︵
電
子
製
品
受
託
工
事
な
ど
の
プ
ラ
ン
ト
エ
ン
を ジ
サ

ビ
ス
③
据
え
付
け
・
組
立
輸
送

通
関
な
ど
の
総
合
物
流

ワ

デ

ン
グ

沿
岸
・
陸
上
る
海
上
輸
送
②
航
空
・
海
上
フ
O
R
O
船
・
コ
ン
テ
ナ
船
に
よ
ル

プ
各
社
が
①
在
来
船
・
R
量
物
輸
送
分
野
で

本
体
と
グ
た ゴ a P の プ 商   v r 統 の 商
船
を y o 一 プ 船
三
制 j ブ ラ 三 商
井
定 C e ラ ン 井 船
は
し a c ン ト は 三
プ
r t ド ・ 
た g ﹁ 重 日 井
ラ
と o & M 量  グ
ン
発 ﹂ O 物 グ ル
ト
表  H L 輸 ル 
・
重
し ロ e 送  プ
﹁
B
r
e
a
k
b
を
ウ

ブ
上
で
画
像
と
と
も
に
ほ
ぼ
リ
ア
ル
タ
イ
ム
に
閲
覧
で
き
る
独
自
シ
ス
テ
ム
﹁
U
N
O
S
︵
U
T
O
C
N
V
O
C
C
フ
ラ
整
備
を
盾
に
鉄
道
な
ど
の
新システム「UNOS」のコンテナ写真表示画面
も
多
い

厳
寒
に
耐
え
る
輸
送
u
l
k
C
H
I
O
p
a
r
a
t
i
n
g
S
y
s
t
e
m
︶
﹂
を
開
発
し

4
月
か
ら
運
用
を
開
始
す
る

貨
物
情
報
を
画
像
と
連
動
さ
せ
て
確
速
成
長
へ
の
移
行
設
備
も
必
要
だ

N
A
2
0
1
認
で
き
る
シ
ス
テ
ム
は
前
例
が
な
く

こ
の
ほ
ど
特
許
を
申
請
し
た

新
シ
ス
テ
ム
は
こ
の
点
を
生
か
し

L
C
L
︵
海
上
混
載
︶
を
前
提
と
し
た
連
雲
港
集
団
の
幹
部
は
明
か
5
﹂
に
は

商
船
三
・
F
C
L
の
両
貨
物
に
つ
い
て

グ
レ

ゾ

ン
に
な
り
が
ち
な
バ
ン
ニ
ン
グ
・
デ
バ
ン
ニ
ン
グ
の
作
業
工
程
を
写
真
で
細
か
く
﹁
新
常
態
︵
ニ

す

﹁
﹃
海
鉄
連
運
﹄
︵
海
運
井

商
船
三
井
ロ
開
示
す
る
の
が
特
徴
だ

こ
れ
に
よ
り

作
業
の
透
明
性
を
求
め
る
顧
客
の
需
要
に
応
え

同
業
他
社
と
の
差
別
化
を
図
る

特

ノ

マ
ル
︶
﹂
か
ら
鉄
道
へ
接
続
す
る
︶
コ
ン
ジ
ス
テ

ク
ス

に
﹁
デ
バ
ン
後
の
貨
物
の
ダ
メ

ジ
状
況
を
早
期
に
把
握
し
た
い
﹂
と
の
要
望
が
多
い
輸
入
L
C
L
を
扱
う
N
V
O
C
C
に
対
し

と
い
う
言
葉
が
使
テ
ナ
取
扱
量
は
昨
年
が

万
T
商
船
三
井
グ す o y P 同 近 宇
ル る ﹂ & r で 海 徳
  と C o ﹁ の 
プ
し
H j M 4 商
は
て a e e O 社 船
物
出 r a c L が 三
流
展 g v t 共 井
デ
バ
ン
後
の
全
貨
物
の
画
像
を
B
/
L
単
位
で
提
供
で
き
る
よ
う
に
な
る
効
果
が
大
き
い

京浜地区のCFS・倉庫の作業工程を開示す
る(写真は東京フレートセンターでの作業)
送
の
国
際
展
示
会
ン
ト
・
重
量
物
輸
開
催
さ
れ
る
プ
ラ
に
中
国
・
上
海
で
け
今 る
月 

︶

で

日
受
ド
レ
ス
︵
project
[email protected]
oup.com
H
I
N
A
2
0
1
5
﹂
の
ブ

ス
デ
ザ
イ
ン
る
全
国
人
民
代
表
大
会
︵
全
人
統
一
ブ
ラ
ン
ド
制
定
き
各
社
と
共
通
ア
重
量
物
輸
送
の
積
も
り
は
引
き
続
問
い
合
わ
せ
・
見