close

Enter

Log in using OpenID

神戸税関・神戸通関業会特集

embedDownload
2016年6月10日(金曜日)
(第三種郵便物認可)
神戸税関の歴史
⚄ᡞ⛯㛵䛾⟶㎄༊ᇦ
㻝㻤㻢㻤 䠄៞ᛂ㻟䠅ᖺ
㻝㻤㻣㻞 䠄᫂἞㻡䠅ᖺ
㻝㻤㻣㻟 䠄᫂἞㻢䠅ᖺ
๓㌟䛾රᗜ㐠ୖᡤ䛜㛤タ
㐠ୖᡤ䜢䛂⛯㛵䛃䛻࿧⛠⤫୍
⚄ᡞ⛯㛵䛻ᨵ⛠
ึ௦ᗇ⯋᏶ᡂ
㻝㻤㻥㻜䠄᫂἞㻞㻟䠅ᖺ
㻝㻤㻥㻥䠄᫂἞㻟㻞䠅ᖺ
ᒣ㝧䚸ᒣ㝜䚸ᅄᅜ䛾ἢᓊ㻞㻜䜹ᅜ䛾ἢᓊ䛜⟶㎄༊ᇦ䛻
⟶㎄༊ᇦ䛜ἢᓊㅖᅜ䛾䛩䜉䛶䛻ᣑ኱
࿘㜵䚸㛗㛛䛾㻞ᅜ䜢㛗ᓮ⛯㛵䠄ᙜ᫬䠅䛻⛣⟶
ซ㻌㻌㻌㻌౛
ቃ
὾⏣
㫽ྲྀ
⨫
ᨭ⨫ฟᙇᡤ
✵ ฟᙇᡤ
┘
ど
⨫
ᑽᓮ
ᮏ㛵
ᮾ᧛☻
ጲ㊰
ර㻌ᗜ㻌┴
┦⏕
∦ୖ
㧗ᯇ
ᆏฟ
୸ட
ル㛫
୕ᓥ
㤶㻌ᕝ㻌┴
ᦶ⪨ᇧ㢌
神
戸
税
関
の
歴
史
は
1
8
6
8
年

兵
は
神
戸
港
を
含
め

の
外
国
貿
易
港
︵
開
と
全
国
の
9
税
関
で
も
最
長
だ

管
内
に
く

海
岸
線
の
総
延
長
は
約
7
1
0
0

神
戸
税
関
の
管
轄
区
域
︵
て
親
し
ま
れ
て
い
る

れ


み
な
と
神
戸

の
シ
ン
ボ
ル
と
し
関
庁
舎
は
﹁
神
戸
建
築
百
選
﹂
に
も
選
ば
に
対
し

紙
巻
き
た
ば
こ
や
ウ
イ
ス
キ

0
8
億
円

原
動
機
な
ど
が
減
少
し
た
の
出
額
は
前
年
比
1
・
2
%
増
の
5
兆
5
5
海
岸
線
総
延
長
は
全
国
最
長
現
状
と
取
り
組
み
を
紹
介
す
る

︵
梶
原
幸
絵
︶
者
を
取
り
巻
く
環
境
変
化
の
ス
ピ

ド
は
加
速
し
て
い
る

神
戸
税
関

神
戸
通
関
業
会
の
業
会
だ

輸
出
入
申
告
官
署
の
自
由
化
な
ど
貿
易

通
関
業
制
度
の
一
大
改
正
に
向
け

両
な
る
拡
大
が
期
待
さ
れ
て
い
る

そ
の
屋
台
骨
と
な

て
い
る
の
が
神
戸
税
関
と
神
戸
通
関
が
日
夜
輸
出
入
貨
物
1
0
0
0
人
の
職
員
官
署
が
置
か
れ

約
2
監
視
署
の
計

の

支
署


出
張
所

最
多

本
関
の
ほ
か
官
署
の
数
も
全
国
1
を
占
め
て
い
る

港
の
お
よ
そ
4
分
の
源
価
格
下
落
の
影
響
が
大
き
い

原
油
お
円
で
3
年
ぶ
り
の
減
少
だ
が

こ
れ
は
資
入
額
は

・
3
%
減
の
8
兆
4
0
4
3
億
料
品

電
気
計
測
機
器
も
増
加
し
た

輸
自
動
車
輸
出
の
好
調
が
続
い
た
ほ
か

食
ラ
ス
だ

た

鉄
鋼
な
ど
が
減
少
し
た
が

の

兆
4
7
6
5
億
円
と
3
年
連
続
の
プ

年
の
管
内
の
輸
出
額
は
1
・
1
%
増
字

輸
出
港
神
戸
の
特
色
が
表
れ
て
い
る

貿
易
収
支
は
2
兆
2
8
4
6
億
円
の
黒
は
2
・
2
%
増
の
8
兆
8
1
7
0
億
円
で

医
薬
品
な
ど
も
増
加
し
た

輸
出
入
総
額
無
機
化
合
物
が
過
去
最
高
額
を
更
新
し

2
億
円

輸
送
用
機
器
が
減
少
し
た
一
方

輸
入
額
は
4
・
0
%
増
の
3
兆
2
6
6
去
最
高
を
記
録
し
た

ウ
ム
合
金

ニ

ケ
ル
︶
が
い
ず
れ
も
過
用
分
析
機
器
︶

非
鉄
金
属
︵
ア
ル
ミ
ニ
な
ど
の
食
料
品

電
気
計
測
機
器
︵
医
療
ス
で

・
2
%

阪
神
港
内
で
の
神
戸
港
の
清
酒
輸
出
の
全
国
シ

ア
は
金
額
ベ

新
し
た

大
阪
港
な
ど
を
含
め
た
阪
神
港
金
額
と
も
に
6
年
連
続
で
過
去
最
高
を
更
は

・
6
%
増
の

億
円
と
な
り

数
量


・
9
%
増
の
8
5
0
4



輸
出
額
り


年
の
神
戸
港
の
清
酒
の
輸
出
量
は
な
ど
か
ら
の
清
酒
輸
出
も
活
発
化
し
て
お
最
近
は
日
本
一
の
酒
ど
こ
ろ

灘
五
郷
プ
し
て
い
る

年
以
来


年
連
続
で
全
国
1
位
を
キ

ニ
ム
の
統
計
計
上
が
始
ま

た
1
9
8
8

ア
は
数
量

金
額
と
も
に

%
超

デ
は

・
3
%
増
の
1
1
7
億
円
で
全
国
シ
1
%
増
の
1
8
0
0
万
平
方


輸
出
額

年
の
デ
ニ
ム
の
輸
出
量
は
前
年
比
1
・
場
産
業
と
な

て
い
る

神
戸
港
か
ら
の
山
県
倉
敷
市

広
島
県
福
山
市
な
ど
の
地
産
は
古
く
か
ら
綿
織
物
産
業
の
盛
ん
な
岡
業
や
工
場
も
多
く

中
で
も
デ
ニ
ム
の
生
ど
研
修
を
拡
充
し
て
い
る

な
ど
の
科
目
に
原
産
地
規
則
を
加
え
る
な
り

今
年
度
か
ら
は
﹁
通
関
従
業
者
研
修
﹂
会
も
専
門
人
材
の
育
成
に
力
を
入
れ
て
お
る
な
ど
力
を
入
れ
て
い
る

神
戸
通
関
業
ナ

は
﹁
基
礎
編
﹂
﹁
中
級
編
﹂
に
分
け
目
分
類

原
産
地
規
則

関
税
評
価
セ
ミ
中
で
も
輸
入
者
向
け
の
品
く
の
セ
ミ
ナ

を
実
施

や
輸
出
入
者
を
対
象
に
多
神
戸
税
関
は
通
関
業
者
予
想
さ
れ
る

対
す
る
ニ

ズ
の
拡
大
が
知
識
を
持
つ
通
関
業
者
に
規
則
や
品
目
分
類
の
専
門
針
も
示
さ
れ
て
い
る

に
通
関
関
係
書
類
を
原
則
電
子
化
す
る
方

年
度
の
次
期
N
A
C
C
S
の
稼
働
ま
で
設
は
許
可
制
か
ら
届
出
制
に
な
る
ほ
か

れ
る

A
E
O
通
関
業
者
の
営
業
所
の
新
よ
う
に
な
り

需
給
調
整
条
項
も
廃
止
さ
関
業
許
可
に
よ

て
全
国
で
営
業
で
き
る
る

通
関
業
者
は
財
務
大
臣
か
ら
得
た
通
は
基
本
的
に
財
務
大
臣
に
一
本
化
さ
れ
撤
廃
さ
れ

通
関
業
に
関
わ
る
許
可
権
者
業
者
を
管
轄
す
る
﹁
営
業
区
域
制
限
﹂
が
正

全
国
九
つ
の
税
関
が
そ
れ
ぞ
れ
通
関
こ
れ
に
伴
い

通
関
業
法
の
一
部
も
改
も
認
め
ら
れ
る

業
者
に
限

て
は
非
蔵
置
官
署
へ
の
申
告
㧗▱
㡲ᓮ
大
し
た

同
港
の
輸
も
に
3
年
連
続
で
拡
出

輸
入

総
額
と
貿
易
額
も

年
は
輸
る

要
の
神
戸
港
の
調
に
推
移
し
て
い
貿
易
は
お
お
む
ね
好
5
年
ま
で
の
管
内
の
に
よ
る
と

2
0
1
神
戸
税
関
の
発
表
て
い
る

れ
る

主
要
貿
易
品
目
は
表
の
と
お
り

ラ
エ
テ

に
富
ん
で
い
る
こ
と
が
挙
げ
ら
造
業
が
立
地
し
て
お
り

貿
易
品
目
が
バ
管
内
の
特
色
と
し
て

多
種
多
様
な
製
7
2
2
億
円
の
黒
字
だ

た

年
ぶ
り
の
マ
イ
ナ
ス

貿
易
収
支
は
2
兆
4
・
3
%
減
の

兆
8
8
0
9
億
円
と
3
な
ど
の
減
少
が
響
い
た

輸
出
入
総
額
は
よ
び
粗
油

天
然
ガ
ス
お
よ
び
製
造
ガ
ス
の
シ

ア
は
数
量

金
額
と
も
に
約

%
鋼

石
油
化
学
な
車

造
船
所

鉄
が
目
立
ち

自
動
無
機
化
合
物
な
ど
ル お 品 非 は
プ よ  金 有

織 属 機
金 び
化
く 物
属 ず 用 鉱 合
製  繊 物 物
品

 パ 維 製
品
な
ど

四
国
で
化
合
物

金
属
製
置

鉄
鋼

有
機
半
導
体
等
製
造
装
動
車
関
連

船
舶

自
国
の
原
材
料
や
生
産
行
為
と
み
な
せ
る
各
国
の
原
材
料
や
生
産
行
為
を
累
積
し

す
る

T
P
P
で
は
原
産
地
規
則
で
域
内
そ
4
割
を
占
め
る
巨
大
な
経
済
圏
が
誕
生
人

発
効
す
れ
ば
世
界
の
G
D
P
の
お
よ
い

域
内
人
口
は
世
界
の
1
割
の
約
8
億
と
り
わ
け
T
P
P
へ
の
期
待
は
大
き
6
カ
国
・
地
域
と
交
渉
が
行
わ
れ
て
い
る

の
国
・
地
域
は

と
な

た
ほ
か

現
在
効

日
本
と
の
間
で
E
P
A
が
発
効
済
み
今
月
7
日
に
は
日
モ
ン
ゴ
ル
E
P
A
が
発
だ

今
年
2
月
に
T
P
P
が
署
名
さ
れ

P
P
な
ど
の
経
済
連
携
協
定
の
広
が
り
そ
う
し
た
な
か
で
期
待
さ
れ
る
の
が
T
た
︵
速
報
値
︶

億
円
と
い
ず
れ
も
7
カ
月
連
続
で
減
少
し
億
円

総
額
は

・
0
%
減
の
6
8
2
9
ス

輸
入
額
は

・
1
%
減
の
2
3
6
2
4
6
6
億
円
と
2
カ
月
連
続
の
マ
イ
ナ
輸
出
額
は
前
年
同
月
比
9
・
6
%
減
の
4
響
が
出
始
め
て
い
る

4
月
の
神
戸
港
の
近
い
中
国
な
ど
ア
ジ
ア
経
済
の
減
速
の
影
貿
易
に
陰
り
も
見
え
て
い
る

地
理
的
に
た
だ

こ
れ
ま
で
堅
調
だ

た
管
内
の
に
達
し
て
い
る

海
運

大
成
海
運

築
港

中
国
シ

ピ
運
輸

新
水
マ
リ
ン

泉
洋
港
運

大
王
回
漕
店

五
洋
港
運

佐
野
運
輸

三
洋
上
組

川
西
倉
庫

義
勇
海
運

後
藤
∧
認
定
通
関
業
者
︵

者
︶
∨
運
輸

三
ツ
子
島
埠
頭

森
本
倉
庫
兵
食

マ
ツ
ダ
ロ
ジ
ス
テ

ク
ス

三
島
コ

ル
セ
ン
タ


日
本
ポ

ト
産
業


デ

ア

波
方
タ

ミ
ナ
ル

新
居
浜
王
海
運

太
陽
石
油

高
松
商
運

ト
レ
上
組

川
西
倉
庫

後
藤
回
漕
店

大
∧
特
定
保
税
承
認
者
︵

者
︶
∨
村
元
工
作
所

ナ
ル

三
井
物
産
テ
ク
ノ
プ
ロ
ダ
ク
ツ

ツ
ダ

マ
ツ
ダ
モ

タ

イ
ン
タ

ナ
シ
富
士
貿
易

古
河
A
S

古
野
電
気

マ
日
本
電
気
硝
子

任
天
堂

富
士
通
テ
ン

田
通
商

日
亜
化
学
工
業

日
本
触
媒

人
フ
ロ
ン
テ

ア

ト
ク
セ
ン
工
業

長
商
事

ダ
イ
ハ
ツ
工
業

太
陽
石
油

帝
コ
ベ
ル
コ
建
機

シ
ス
メ

ク
ス

神
鋼
藤
忠
丸
紅
鉄
鋼

兼
松

川
崎
重
工
業

J
F
E
商
事

K
C
M

N
T
N

伊
∧
特
定
輸
出
者
︵

者
︶
∨

ル
ド
プ
ロ
ダ
ク
シ

ン
パ

ト
ナ

ズ
気
硝
子

ハ
ヤ
ミ
通
商

古
河
A
S

ワ
ロ
ン
テ

ア

ナ
イ
カ
イ
企
業

日
本
電
ダ
イ
ハ
ツ
工
業

太
陽
石
油

帝
人
フ
∧
特
例
輸
入
者
︵
8
者
︶
∨
の
と
お
り
︵
6
月
2
日
時
点
︶

た
A
E
O
事
業
者
数
は

者

概
要
は
次
大
を
進
め
て
お
り

神
戸
税
関
が
承
認
し
戸
税
関
と
神
戸
通
関
業
会
も
A
E
O
の
拡
る
A
E
O
制
度
に
取
り
組
ん
で
い
る

神
間
企
業
と
パ

ト
ナ

シ

プ
を
構
築
す
な
い

そ
の
た
め
に
関
税
局
・
税
関
は
民
確
保
と
貿
易
の
円
滑
化
の
両
立
が
欠
か
せ
貿
易
の
拡
大
に
は
セ
キ

リ
テ


の
み
を
増
し
て
い
る

神
戸
税
関
と
神
戸
通
関
業
会
の
役
割
は
重
の
情
勢
が
め
ま
ぐ
る
し
く
変
わ
る
中
で

方
空
港
で
の
対
応
も
急
が
れ
る

国
内
外
ン
ド
の
受
け
入
れ
の
た
め

地
方
港
・
地
次
々
に
発
生
す
る

急
増
す
る
イ
ン
バ
ウ
品
の
取
り
締
ま
り
で
も

新
た
な
手
口
が
偽
ブ
ラ
ン
ド
品
な
ど
知
的
財
産
侵
害
物
化
し
て
い
る

な
ど
を
進
め

水
際
で
の
摘
発
体
制
を
強
報
を
蓄
積
し
た
税
関
シ
ス
テ
ム
の
活
用

客
に
関
す
る
事
前
情
報
の
活
用
④
各
種
情
港
の
監
視
・
巡
回
の
強
化
③
積
み
荷

旅
し
た
通
関
検
査
体
制
の
強
化
②
港
湾

空
正
薬
物
・
爆
発
物
探
知
装
置
な
ど
を
活
用
輸
を
阻
止
す
べ
く
①
X
線
検
査
装
置

不
だ

神
戸
税
関
で
は
銃
器
や
爆
発
物
の
密
な
く

テ
ロ
の
未
然
防
止
も
大
き
な
課
題
貿
易

通
関
業
制
度
の
改
正
ば
か
り
で
る ど 会
 地 も
方 地
会 方
員 で
へ 意
の 見
支 交
換
援 会
を を
強 開
化 催
し す
て る
い な
を
と

て
い
る

同
様
に

神
戸
通
関
業
を
下
げ
る
た
め

手
厚
い
サ
ポ

ト
体
制
税
関
長

地
方
の
通
関
業
者
の
ハ

ド
ル
を
取

て
い
た
だ
き
た
い
﹂
と
菊
川
正
博
丁
寧
に
対
応
す
る

ぜ
ひ
と
も
A
E
O

て
は
当
関
か
ら
訪
問
す
る
な
ど
親
切

に
地
方
の
通
関
業
者
も
多
い
﹁

場
合
に
よ
神
戸
税
関
の
管
轄
区
域
は
広
大
な
だ
け

て
い
る

を

年
と

年
に
増
員
し
て
対
応
に
当
た
が
加
速

神
戸
税
関
で
は
担
当
ス
タ

フ
の
間
で
は
A
E
O
の
取
得
を
目
指
す
動
き
ア

プ
さ
れ
る
よ
う
に
な
り

通
関
業
者
業
会
の
錦
織
一
男
理
事
長
︶
が
ク
ロ

ズ
テ
ロ
の
未
然
防
止
に
注
力
庫
開
港
と
同
時
に
徳
川
幕
府
に
よ

て
来 開

の
通
関
や
密
輸
の
取
䝫䞊䝖䜰䜲䝷䞁䝗
ど
の
重
工
業
が
集
﹁
累
積
原
産
地
制
度
﹂
が
導
入
さ
れ
る
た
設
さ
れ
た
兵
庫
運
上
所
に
始
ま
る

以
භ⏥䜰䜲䝷䞁䝗
積
し
て
い
る
こ
と
が
わ
か
る

日
本
の
近
代
化
と
歩
調
を
合
わ
せ

神
戸
り
締
ま
り
に
当
た

ᮏ㛵
地
域
別
に
み
る
と

中
国
地
方
で
は
自
繊
維
関
連
の
企
港
と
と
も
に
発
展
を
遂
げ
て
き
た

旧
庁
港
︶
と
五
つ
の
国
際
国 あ 空
の り 港
開  ︵
港 そ 税
・ の 関
空
税 数 港
関 は ︶
空 全 が
ᚨ㻌ᓥ㻌┴
ᑠᯇᓥ
᪂ᒃ὾
㧗㻌▱㻌┴
௒἞
ឡ㻌፾㻌┴
ᒸᒣ✵ 
Ᏹ㔝
Ỉᓥ
⚟ᒣ
➉ཎ
り本
関
数庁
々舎
の
建旧
築庁
賞舎
をを
受保
賞全
し再
て生
いし
るて
お
ᑿ㐨⣒ᓮ
⌧ᅾ䛾㻟௦┠ᗇ⯋╔ᕤ
㻟௦┠ᗇ⯋᏶ᡂ
ᅉᓥ
ᯇᒣ
㻝㻥㻥㻢 䠄ᖹᡂ㻤䠅ᖺ
㻝㻥㻥㻥䠄ᖹᡂ㻝㻝䠅ᖺ
࿋
ᨭ
ᒸ㻌ᒣ㻌┴
ᗈᓥ✵  ᗈ㻌ᓥ㻌┴
Ᏹ࿴ᓥ
㛵すᅜ㝿✵ 䛾㛤 䛻క䛔䚸ఀ୹ᕷ䛜⚄ᡞ⛯㛵䛻
⟶㎄ኚ᭦
㛵
ᮏ㛵ฟᙇᡤ
ᓥ㻌᰿㻌┴
୹ᚋᅜ䜢኱㜰⛯㛵䛻⛣⟶
⟶㎄༊ᇦ䛜⌧ᅾ䛾㻥┴䛻
඲ᅜึ䛾ዪᛶ᳨ᰝᐁ䛾グ㘓
㻞௦┠ᗇ⯋᏶ᡂ
➨㻞ḟୡ⏺኱ᡓ䛷⛯㛵㛢㙐䚹ᾏ㐠ᒁ䛻ᴗົᘬ䛝⥅䛞
⛯㛵෌㛤
኱㜰ᅜ㝿䠄ఀ୹䠅✵ 䜢኱㜰⛯㛵䛜⟶㎄䛩䜛䛣䛸䛻䛺
䜚䚸රᗜ┴ఀ୹ᕷ䛜ྠ⛯㛵䛻⟶㎄ኚ᭦
㻝㻥㻥㻠 䠄ᖹᡂ㻢䠅ᖺ
ᮏ
㫽㻌ྲྀ㻌┴
ᗈᓥ
㻝㻥㻜㻥䠄᫂἞㻠㻞䠅ᖺ
㻝㻥㻝㻣 䠄኱ṇ㻢䠅ᖺ
㻝㻥㻞㻞䠄኱ṇ㻝㻝䠅ᖺ
㻝㻥㻞㻣 䠄᫛࿴㻞䠅ᖺ
㻝㻥㻠㻟䠄᫛࿴㻝㻤䠅ᖺ
㻝㻥㻠㻢䠄᫛࿴㻞㻝䠅ᖺ
㻝㻥㻡㻥䠄᫛࿴㻟㻠䠅ᖺ
す㒓
舎
か
ら
受
け
継
ぐ
時
計
塔
の
そ
び
え
る
本
A
E
O
通
関
業
者
が
急
増
取
得
し
な
い
デ
メ
リ

ト
﹂
︵
神
戸
通
関
こ
の
一
大
改
正
に
よ

て
﹁
A
E
O
を
図
参
照
︶
は
広
輸
出
額
は
3
年
連
続
で
増
加
し
て
お
り

T
P
P
な
ど
の
経
済
連
携
協
定
の
広
が
り
で
さ
ら
心
に
重
工
業
か
ら
デ
ニ
ム

清
酒
産
業
ま
で
多
様
な
製
造
業
が
集
積

2
0
1
5
年
の
管
内
庫
県

山
口
県
を
除
く
中
国
地
方

四
国
4
県
に
及
ぶ

管
内
に
は
瀬
戸
内
海
沿
岸
部
を
中
特 集 (4)
神
戸
税
関
は
日
本
を
代
表
す
る
貿
易
港

神
戸
港
を
管
内
に
擁
し

そ
の
管
轄
地
域
は
兵
神
戸
税
関
・
神
戸
通
関
業
会
特
集

年
輸
出
額

3
年
連
続
増
管
内
に
多
様
な
産
業
集
積
表 神戸港と神戸税関管内の主要貿易品目と貿易額(2015年)
䠄༢఩䠖ⓒ୓෇䚸䠂䠅
㍺ฟ
୺せရ┠
㍺ධ
౯᱁
㻟㻡㻜㻘㻢㻤㻟
㻝㻜㻞㻚㻢
㻢㻚㻟㻌
୺せရ┠
⾰㢮ཬ䜃
ྠ௜ᒓရ
㻟㻜㻠㻘㻥㻞㻝
㻝㻜㻡㻚㻣
㻡㻚㻡㻌
䛯䜀䛣
㻞㻢㻡㻘㻥㻞㻞
㻥㻡㻚㻥
㻞㻠㻡㻘㻤㻞㻞
㻡㻘㻡㻡㻜㻘㻣㻥㻣
㻝㻘㻝㻠㻤㻘㻞㻜㻟
㻝㻘㻝㻞㻥㻘㻤㻜㻞
㻤㻡㻚㻢
㻝㻜㻝㻚㻞
㻝㻞㻞㻚㻥
㻥㻞㻚㻥
㻢㻣㻞㻘㻢㻟㻤
㻥㻤㻚㻤
㻡㻠㻢㻘㻞㻡㻡
㻝㻜㻘㻠㻣㻢㻘㻡㻟㻥
㻥㻞㻚㻝
㻝㻜㻝㻚㻝
要
が
あ
る
た
め

原
産
地
な
ど
を
理
解
し
て
お
く
必
輸
出
入
者
も
原
産
地
規
則
告
方
式
が
原
則
と
な
る

な
ど
が
証
明
す
る
自
己
申
で
は
原
産
地
を
輸
出
入
者
に
な
り
そ
う
だ

T
P
P
と
連
携
し
て
T
P
P
を
含
税
関
と
し
て
は
関
係
機
関
リ

ト
が
大
き
い

神
戸
め

企
業
に
と

て
は
メ
輸
入
者

特
定
輸
出
者
︶
と
A
E
O
通
関
能
に
な
る
が

A
E
O
輸
出
入
者
︵
特
例
物
の
蔵
置
官
署
あ
て
の
輸
出
入
申
告
が
可
は
全
国
ど
こ
の
通
関
営
業
所
か
ら
で
も
貨
通
関
業
制
度
の
改
正
が
あ
る

新
制
度
で
輸
出
入
申
告
官
署
の
自
由
化
な
ど
貿
易

し た 業 る 通 背 た が 者  関 こ 平 ∧
景   は 神 業 の 野 特
に
今  戸 者 中 ロ 定
は
年 年 税 ︶ で ジ 保

6 時 関 の も ス 税
年
月 点 が 認 A テ 運
秋
2 で 認 定 E  送
に
日 7 定 は O ク 者
予
に 者 し 大 通 ス ︵
1
定
は に た き 関
者
さ
 過 A く 業
︶
れ
者 ぎ E 伸 者
∨
て
に な O び ︵
い
拡 か 通 て 認
る
大  関 い 定
蓉
海
運

丸
亀
組
ア

日
東
物
流

兵
機
海
運

兵
食

芙
ン
グ
エ

ジ

ン
シ
イ
ズ

ト
レ

デ

䝥䝷䝇䝏䝑䜽
⧊≀⏝⣒ཬ䜃
⧄⥔〇ရ
ઋૺ௃
੕પூ੏৞ ᘓタ⏝䞉㖔ᒣ⏝
ᶵᲔ
ཎືᶵ
㍺ฟ㢠ィ
⮬ື㌴
㕲㗰
ઋૺઘঢ়ଵ৔ 㻌
⯪⯧
੕પூ੏৞
᭷ᶵ໬ྜ≀
㍺ฟ㢠ィ
๓ᖺẚ ᵓᡂẚ
㻠㻚㻤㻌 ᭷ᶵ໬ྜ≀
౯᱁
๓ᖺẚ ᵓᡂẚ
㻞㻝㻡㻘㻤㻢㻣
㻝㻜㻠㻚㻞
㻢㻚㻢㻌
㻝㻠㻢㻘㻣㻝㻡
㻝㻜㻥㻚㻝
㻠㻚㻡㻌
㻝㻟㻝㻘㻝㻤㻥
㻥㻥㻚㻡
㻠㻚㻜㻌
㻠㻚㻠㻌 㠀㕲㔠ᒓ
㻝㻜㻜㻘㻣㻝㻣 㻝㻜㻟㻚㻝
㻟㻚㻝㻌
㻝㻜㻜㻚㻜㻌 ㍺ධ㢠ィ
㻟㻘㻞㻢㻢㻘㻞㻟㻥 㻝㻜㻠㻚㻜 㻝㻜㻜㻚㻜㻌
㻝㻝㻚㻜㻌 ཎἜཬ䜃⢒Ἔ
㻥㻡㻞㻘㻥㻝㻥
㻢㻜㻚㻡
㻝㻝㻚㻟㻌
㻝㻜㻚㻤㻌 㠀㕲㔠ᒓ㖔
㻢㻥㻞㻘㻟㻥㻤
㻥㻣㻚㻝
㻤㻚㻞㻌
ኳ↛䜺䝇ཬ䜃
㻢㻚㻠㻌 〇㐀䜺䝇
㻢㻤㻢㻘㻜㻞㻢
㻣㻠㻚㻞
㻤㻚㻞㻌
㻡㻚㻞㻌
▼Ⅳ
㻡㻜㻝㻘㻣㻥㻣
㻥㻝㻚㻝
㻢㻚㻜㻌
㻝㻜㻜㻚㻜㻌 ㍺ධ㢠ィ
㻤㻘㻠㻜㻠㻘㻟㻝㻞
㻤㻥㻚㻣 㻝㻜㻜㻚㻜㻌
ฟᡤ䠖⚄ᡞ⛯㛵Ⓨ⾲㈨ᩱ䜘䜚సᡂ
P
は
ビ
ジ
ネ
ス
チ

ン
ス
E
P
A
の
広
が
り
や
T
P
通
関
業
者
に
と

て
も
考
え
だ

利
用
を
後
押
し
し
て
い
く
ミ
ナ

な
ど
を
開
催
し

め
た
E
P
A
に
関
す
る
セ
(5)
特 集 2016年6月10日(金曜日)
神
戸
通
関
業
会
理
事
長
︵
日
本
包
装
運
輸
社
長
︶
錦
織
一
男
氏
(第三種郵便物認可)
向
で
輸
出
港
で
あ
る
神
戸
の
貨
て
い
る

こ
こ
数
年
の
円
安
傾
8
年
以
降
は
横
ば
い
で
推
移
し
る

当
会
の
会
員
数
も
2
0
0
量
は
厳
し
い
状
況
が
続
い
て
い
ン
・
シ


ク
も
あ

て
貨
物
ジ
を
受
け

そ
の
後
の
リ

マ
淡
路
大
震
災
で
大
き
な
ダ
メ

ブ
港
だ

た
神
戸
港
は
阪
神
・
と
こ
ろ
が

世
界
有
数
の
ハ
と
も
に
歩
み

成
長
し
て
き
た

か

た
が

当
会
は
神
戸
港
と
員
数
は
1
2
8
店
社
に
過
ぎ
な
社

終
戦
後
の

年
当
時
の
会
時
点
の
会
員
数
は
2
5
1
店
在
に
至

て
い
る

4
月
1
日
戸
通
関
業
会
﹂
と
改
称
し
て
現
と
し
て
発
足
し


年
に
﹁
神
戸
税
関
貨
物
取
扱
人
同
盟
会
﹂
当
会
は
1
9
1
0
年
に
﹁
神
が
行
わ
れ
て
い
る
と
は
い
え
地
当
関
の
管
内
で
は
多
様
な
貿
易
る

神
戸
港
ば
か
り
で
は
な
い

は
中
国
経
済
の
減
速
と
み
ら
れ
が
出
て
い
る

背
景
に
あ
る
の
最
近
に
な

て
伸
び
悩
む
傾
向

年
の
輸
出
入
総
額
は
2
・
7
1
億
円
に
急
減
し
た

シ


ク
で

年
は
6
兆
4
8
円
を
超
え
た
が

リ

マ
ン
・
準
を
回
復
し


年
に
は
9
兆
額
は
7
兆
円
超
と
震
災
前
の
水
ち
込
ん
だ

2
0
0
4
年
に
総
減
の
4
兆
3
3
9
7
億
円
に
落
出
入
総
額
は
前
年
比

・
4
%
だ

た

神
戸
港
の

年
の
輸
9
4
年
の
阪
神
・
淡
路
大
震
災
タ

ニ
ン
グ
ポ
イ
ン
ト
は
1
9
神
戸
港
の
貿
易
に
と

て

注
目
を
集
め
て
お
り

A
E
O
が
話
題
に
上
る
な
ど
国
際
的
に
A
E
O
の
二
国
間
の
相
互
承
認
盟
︵
I
F
C
B
A
︶
の
総
会
で
団
体

通
関
業
連
合
会
国
際
連
で
行
わ
れ
た
通
関
業
者
の
国
際
A
E
O
制
度
だ

5
月
に
上
海
に
重
要
性
を
増
し
て
い
る
の
が
立
に
努
め
て
い
る

そ
の
た
め
と
荷
主
の
間
で
そ
の
二
つ
の
両
滑
な
協
力
関
係
を
築
き

税
関
戸
通
関
業
会
は
神
戸
税
関
と
円
め
ら
れ
て
お
り

わ
れ
わ
れ
神
の
確
保
と
貿
易
の
円
滑
化
が
求
テ
ロ
以
降

セ
キ

リ
テ


世
界
的
に
は
米
国
の
9
・

続
け
て
い
る
状
況
だ

し
た
中
で
も
各
社
営
業
努
力
を
少
傾
向
を
示
し
て
お
り

そ
う
に
よ
り
輸
出
入
貨
物
総
量
が
減
一
方

中
国
経
済
減
速
の
影
響
と
日
本
の
F
T
A
化
率
は

%
A

そ
し
て
T
P
P
を
含
め
る
に
発
効
し
た
日
モ
ン
ゴ
ル
E
P
拡
大
を
目
指
し
て
お
り

7
日
日
本
も
E
P
A
な
ど
で
貿
易
の
% % T は
だ  A 

こ 中 化 %
率 
れ 国
は
対
ら  は
し
主 % 
% て
要   
国 韓 E 米
と 国 U 国
同 は は の
様
   F
が
占
め
る
比
率
︵
F
T
A
化
率
︶
て
い
る
国
・
地
域
と
の
貿
易
額
ち

そ
う
し
た
協
定
が
発
効
し
ろ
だ

日
本
の
貿
易
総
額
の
う
の
広
が
り
も
期
待
さ
れ
る
と
こ
T
P
P
な
ど
経
済
連
携
協
定
発
化
す
る
と
期
待
し
て
い
る

て
く
れ
ば

管
内
の
貿
易
も
活
中
国
な
ど
の
経
済
が
盛
り
返
し
の
ウ
エ

ト
が
高
い

今
後

ア
ジ
ア
圏

中
で
も
中
国
貿
易
理
的
に
ア
ジ
ア
に
近
い
の
で

速
し
て
い
る

当
会
の
ア
ン
ケ
れ

取
得
を
目
指
す
動
き
が
加
常
に
前
向
き
な
傾
向
が
見
て
取
の
間
で
は
A
E
O
に
対
し
て
非
定
を
受
け
た
の
は

社

会
員
り

そ
の
う
ち
神
戸
税
関
で
認
E
O
通
関
業
者
と
な

て
お
で
は
5
月
末
時
点
で

社
が
A
に
な

て
い
る

当
会
の
会
員
で
も
A
E
O
通
関
業
者
が
焦
点
と
す
る
制
度
改
正
を
控
え

中
申
告
官
署
の
自
由
化
を
は
じ
め
国
内
で
は
来
年
秋
に
輸
出
入
度
は
向
上
し
て
い
る

事
業
者
の
ス
テ

タ
ス
の
認
知
類
に
関
す
る
高
度
な
専
門
的
知
伴
い

原
産
地
規
則
や
品
目
分
F
T
A
・
E
P
A
の
拡
大
に
報
の
発
信
に
努
め
て
い
く

り

今
後
も
T
P
P
を
含
め
情
て
説
明
会
な
ど
を
実
施
し
て
お
ト
ロ

財
務
局
な
ど
と
連
携
し
税
関
で
は
商
工
会
議
所
や
ジ

解
し
活
用
し
て
も
ら
う
よ
う

A
・
E
P
A
の
メ
リ

ト
を
理
ど
ま

て
い
る

そ
こ
で

F
大
企
業
に
比
べ
て
低
水
準
に
T と
F
T
A
・
E
P
A
の
利
用
率
が
た
だ
し
現
状

中
小
企
業
の
利
な
貿
易
を
展
開
で
き
る

こ
な
さ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
中
人
員
が
少
な
く

一
人
何
役
も
り
し
た
も
の
を
求
め
ら
れ
る

も
業
務
面
で
も
か
な
り
し

か
A
E
O
の
認
定
に
は
組
織
面
で
員 約 県

そ 半 に
広
の 数
は
多 兵 が

く
て
は 庫
県 お
中 外 り
小 の 
企 地 会
業 方 員
だ
 会 の
除
く
中
国
地
方
4
県

四
国
4
の
会
員
は
兵
庫
県

山
口
県
を
は
重
要
と
考
え
て
い
る

当
会
特
に
地
方
会
員
の
サ
ポ

ト
大
を
後
押
し
し
て
い
る

極
的
に
支
援
し

A
E
O
の
拡
局
・
税
関
に
よ
る
説
明
会
も
積
だ
け
で
も

新
制
度
の
円
滑
な
私
が
着
任
し
た
昨
年
7
月
以
降
応
し
て
い
か
ね
ば
な
ら
な
い

な
意
思
疎
通
を
し

的
確
に
対
は
難
し
い
が

事
業
者
と
十
分
こ
の
変
動
を
予
測
す
る
こ
と
も
あ
る
だ
ろ
う

申
告
件
数
が
変
動
す
る
可
能
性
す
る
か
で
全
国
的
に
各
官
署
の
リ

ト
を
事
業
者
が
ど
う
活
用
た
メ
リ

ト
が
あ
り

そ
の
メ
択
で
き
る
よ
う
に
な
る
と
い

業
者
に
申
告
官
署
を
自
由
に
選
い
る

新
制
度
で
は
A
E
O
事
な
い
制
度
改
正
も
予
定
さ
れ
て
秋
の
制
度
改
正
に
よ

て
他
地
れ
て
い
る
会
員
も
い
る

来
年
専
属
に
近
い
か
た
ち
で
営
業
さ
港
湾
の
背
後
地
の
メ

カ

の
業
が
多
く
立
地
し
て
お
り

各
瀬
戸
内
海
沿
岸
を
中
心
に
製
造
神
戸
税
関
の
管
轄
地
域
で
は
を
設
定
す
る
よ
う
に
し
た

ら
は
地
方
で
も
研
修
会
場
な
ど
支
援
す
る
の
に
加
え

昨
年
か
会
な
ど
に
参
加
し
や
す
い
よ
う
地
方
会
員
が
神
戸
で
行
う
研
修
向
上
に
も
力
を
注
い
で
い
る

だ
け
埋
め
る
た
め

利
便
性
の
地
方
と
神
戸
の
差
を
で
き
る
め

当
関
で
は

年
秋
に
A
E
そ
の
ニ

ズ
に
応
え
る
た
7
割
以
上
を
占
め
て
い
る

談
の
う
ち
通
関
業
者
の
案
件
は
事
前
相
談
も
増
え
て
お
り

相
た

A
E
O
の
認
定
に
向
け
た
月
2
日
に
は

者
に
拡
大
し
時
点
で
は
7
者
だ

た
が

6
通
関
業
者
の
認
定
者
数
は

年

て
い
る

当
関
で
の
A
E
O
度
に
対
す
る
関
心
が
相
当
高
ま
通
関
業
者
を
中
心
に
A
E
O
制
チ

ン
ス
に
な
り
得
る
の
で

O
通
関
業
者
に
と
り
ビ
ジ
ネ
ス
一
方
で

制
度
改
正
は
A
E
影
響
を
注
視
し
た
い

を
行
い
な
が
ら

制
度
改
正
の
税
関
と
よ
り
緊
密
な
情
報
交
換
も
あ
る
と
考
え
て
い
る

神
戸
関
の
あ
り
方
も
変
わ
る
可
能
性
は
当
通
関
業
会

さ
ら
に
は
税
と
が
予
想
さ
れ
る

個
人
的
に
業
界
は
大
き
く
動
い
て
い
く
こ
る
だ
ろ
う

今
後
1
年
で
通
関
ず
と
も
手
続
き
の
流
れ
は
変
わ
の
そ
の
も
の
の
流
れ
は
変
わ
ら
新
制
度
の
導
入
に
よ
り

貨
物
ろ
う
し

逆
も
ま
た
あ
り
得
る

顧
客
の
開
拓
も
可
能
に
な
る
だ
新
制
度
を
き

か
け
に
新
た
な
も
う
一
つ

最
近
顕
著
な
の
取
り
組
ん
で
い
き
た
い

ど
今
後
も
事
業
者
と
連
携
し
て
こ
と
か
ら
サ
ポ

ト
を
す
る
な
ヒ
ア
リ
ン
グ
し

実
現
可
能
な
子
化
へ
の
課
題
な
ど
を
個
別
に
均
よ
り
も
高
い
水
準
だ
が

電
の
書
類
の
電
子
化
率
は
全
国
平
も
力
を
入
れ
て
い
る

当
関
で
電
子
化
・
ペ

パ

レ
ス
化
に
が
原
則
電
子
化
さ
れ
る
た
め

の
稼
働
時
に
は
通
関
関
係
書
類
来
年
度
の
次
期
N
A
C
C
S
の
普
及
に
努
め
て
い
く

う
理
念
の
下

引
き
続
き
制
度
な
ら
な
い
よ
う
努
め
て
い
る

と
で
税
関
と
の
関
係
が
希
薄
に
関
税
局
な
ど
の
職
員
が
務
め
て
師
は
私
を
含
め
た
税
関
職
員
と
な
ど
ま
で
網
羅
し
て
お
り

講
F
T
A

T
P
P
の
国
際
交
渉
と
か
ら
国
際
貿
易

W
T
O
や
る

講
義
内
容
は
基
本
的
な
こ
と
い
う
取
り
組
み
も
行

て
い
期
の
講
義
の
一
つ
を
担
当
す
る
め


年
か
ら
神
戸
大
学
で
後
へ
の
理
解
を
深
め
て
も
ら
う
た
世
代
に
関
税
行
政
や
税
関
業
務
こ
の
ほ
か

当
関
で
は
若
い
必
要
が
あ
る

す
る
た
め
に
体
制
を
強
化
す
る
を
行
い

ま
た
通
関
を
迅
速
に
水
際
で
し

か
り
取
り
締
ま
り
が

地
方
の
空
港

港
湾
で
も
ら
の
応
援
で
対
処
し
て
い
る
港
へ
の
入
港
に
は
近
隣
官
署
か
数
設
定
し
て
い
る
が

中
で
も
研
修
は
対
象
者
や
課
題
別
に
複
崎部税省塾さ 年税長関入大ひ︻
生関支省学ろ略
ま長関署工︶歴
れな税長大学1︼
ど局阪部9︵
東を監東税卒7き
京経視京関業9く
都て課税関後年か
出現長関西慶わ
身職調空大応・
長査港蔵義ま
考
え
て
い
る

速

的
確
に
対
応
で
き
れ
ば
と
て
さ
ら
な
る
環
境
変
化
に
迅
パ

ト
ナ

シ

プ
を
強
化
し
ミ

ニ
ケ

シ

ン
を
と
り

と
が
不
可
欠
だ

引
き
続
き
コ
取
り
合
い

協
力
し
て
い
く
こ
る
に
は
神
戸
通
関
業
会
と
手
を
税
関
行
政
を
円
滑
に
運
営
す
を
確
保
し
て
い
く

の
取
り
締
ま
り
と
迅
速
な
通
関
力
も
い
た
だ
い
て
い
る

関
税
を
行
い

担
当
部
署
か
ら
の
協
し
て
神
戸
税
関
な
ど
と
の
調
整
向
け
た
問
題
点
や
要
望
を
集
約
会
を
通
じ
て
A
E
O
の
取
得
に
庫
県
外
の
地
方
で
の
意
見
交
換
す
る
た
め

ア
ン
ケ

ト
や
兵
当
会
で
は
会
員
店
社
を
支
援
よ
う
に
な

て
い
る

と
い
う
認
識
が
多
く
み
ら
れ
る
い
デ
メ
リ

ト
の
方
が
大
き
い
ト
よ
り
も

む
し
ろ
取
得
し
な
れ
が
最
近
は
A
E
O
の
メ
リ

疑
的
な
意
見
が
多
か

た

そ
O
を
取
得
す
る
メ
リ

ト
に
懐

ト
調
査
で
は

以
前
は
A
E
を
図

て
い
る

細
を
提
供
す
る
な
ど
情
報
共
有
ホ

ム
ペ

ジ
も
活
用
し
て
詳
ば
メ

ル
で
即
時
に
配
信
し

の
話
に
限
ら
ず

情
報
が
あ
れ
う
取
り
組
ん
で
い
る

A
E
O
集
め
て
税
関
当
局
に
伝
え
る
よ
つ

地
方
会
員
の
意
見
を
多
く
方
で
の
意
見
交
換
会
も
そ
の
一
視
し
て
い
る

先
に
述
べ
た
地
伝
達
や
相
互
の
意
思
疎
通
を
重
か
ら
遠
隔
地
の
会
員
へ
の
情
報
こ
の
た
め

当
会
で
は
日
頃
員
も
少
な
く
な
い
と
聞
く

と

最
初
か
ら
諦
め
て
い
る
会
小
事
業
者
で
は
取
得
は
困
難
だ
す
る
チ

ン
ス
に
な
る

一
方

集
約
す
る
な
ど
業
務
を
効
率
化
あ
る
通
関
営
業
所
を
あ
る
程
度
と

て
は

制
度
改
正
は
複
数
一
定
の
規
模
の
あ
る
企
業
に
方
会
員
も
み
ら
れ
る

し
て
攻
め
に
出
よ
う
と
す
る
地
き
に
と
ら
え

A
E
O
を
取
得
れ
る

そ
れ
で
も
変
化
を
前
向
務
が
集
中
す
る
こ
と
が
懸
念
さ
全
国
展
開
し
て
い
る
大
手
に
業
区
域
制
限
が
撤
廃
さ
れ
る
の
で
荷
主
の
意
向
も
あ
る
が

営
業
う
に
な
れ
ば

ど
う
な
る
の
か

輸
出
入
貨
物
を
申
告
で
き
る
よ
域
の
通
関
業
者
で
も
そ
の
港
の
協
議
会
を
税
関
と
共
催
す
る
こ
区
で
は
あ
る
が

こ
の
地
区
別
電
子
化
で
最
も
進
ん
で
い
る
地
る

神
戸
は
通
関
関
係
書
類
の
書
と
い
う
か
た
ち
に
も
し
て
い
集
約
し
て
取
り
ま
と
め

意
見
出
た
意
見
は
す
べ
て
事
務
局
に
設
け
て
お
り

そ
う
し
た
場
で
こ
の
ほ
か
地
区
別
の
協
議
会
も
議
を
毎
月
2
回
開
い
て
い
る

も
同
税
関
と
実
務
レ
ベ
ル
の
会
の
下
部
組
織
の
通
関
士
部
会
で
会
を
年
に
2
回
開
催
し

当
会
り

幹
部
レ
ベ
ル
の
意
見
交
換
接
な
協
力
関
係
を
築
い
て
お
神
戸
税
関
と
は
従
来
か
ら
密
の
研
修
活
動
も
挙
げ
ら
れ
る

当
会
の
特
色
の
一
つ
に

こ
え

よ
り
充
実
を
図

た

ど
の
科
目
に
原
産
地
規
則
を
加
会
の
﹁
通
関
従
業
者
研
修
﹂
な
く

さ
ら
に
今
年
度
か
ら
は
当
取
り
組
み
は
全
国
的
に
も
珍
し
て
実
施
し
て
い
る

こ
う
し
た
次
研
修
会
な
ど
を
地
方
を
含
め
者
を
講
師
と
し
て
当
会
内
で
二
専
門
家
を
育
成
し

そ
の
派
遣
セ
ミ
ナ

に
人
材
を
派
遣
し
て
本
通
関
業
連
合
会
の
研
修
会

に
応
え
る
た
め

関
税
局
や
日
る

当
会
で
は
顧
客
の
ニ

ズ
知
識
が
求
め
ら
れ
る
こ
と
に
な
あ
り

そ
こ
で
通
関
士
の
専
門
規
則
に
精
通
し
て
い
る
必
要
が
果
的
に
利
用
す
る
に
は
原
産
地
顧
客
が
こ
れ
ら
の
制
度
を
効
つ
つ
あ
る

制
度
は
ま
す
ま
す
複
雑
に
な
り
が
採
用
さ
れ
る
た
め

原
産
地
規
則
に
﹁
累
積
原
産
地
制
度
﹂
則
に
な
る
の
に
加
え

原
産
地
た

T
P
P
で
は
同
制
度
が
原
る
自
己
申
告
制
度
が
導
入
さ
れ
な
ど
が
自
ら
原
産
地
を
証
明
す
日
豪
E
P
A
で
は

輸
出
入
者
育
成
も
あ
る

昨
年
発
効
し
た
と
に
原
産
地
規
則
の
専
門
家
の
当
会
が
力
を
入
れ
て
い
る
こ
援
を
し
て
い
き
た
い

す
る
方
が
増
え
て
い
く
よ
う
支
で
も
働
き
や
す
く
な
り

活
躍
あ
る
が

女
性
通
関
士
が
少
し
情
が
異
な
る
の
で
難
し
い
面
も
る
方
と
人
に
よ

て
意
識
や
事
管
理
職
や
経
営
層
を
目
指
さ
れ
で
も
家
庭
を
優
先
し
た
い
方

ら
い
と
い
う
印
象
だ

女
性
側
て
い
る
女
性
通
関
士
は
2
割
ぐ
員
店
社
で
通
関
業
務
に
従
事
し
正
確
な
数
字
は
な
い
が

会

て
い
る

の
場
に
も
参
加
し
て
交
流
を
図
の
全
国
女
性
通
関
士
会
議
な
ど
り

日
本
通
関
業
連
合
会
主
催
共
有
す
る
た
め
に
活
動
し
て
お
換
し

意
見
や
要
望
を
集
約

れ
た

女
性
通
関
士
が
情
報
交
戸
女
性
通
関
士
会
﹂
が
設
立
さ
部
会
の
下
部
組
織
と
し
て
﹁
神
ん
で
い
る

4
月
に
は
通
関
士
境
整
備
で
も
当
会
は
比
較
的
進
女
性
が
活
躍
す
る
た
め
の
環
修
の
中
心
と
し
て
い
る

分
類
及
び
関
税
評
価
を
実
務
研
的
知
識
の
必
要
な
繊
維
の
関
税
業
務
の
う
ち
特
に
難
解
で
専
門
﹁
課
題
別
研
修
﹂
で
は

通
関
い
う
も
の
だ

当
会
独
自
の
礎
知
識
を
学
ん
で
い
た
だ
く
と
け
て
通
関
従
業
者
に
必
要
な
基
地
方
会
員
の
支
援
に
注
力
原
産
地
規
則

研
修
を
拡
充
従
業
者
研
修
は

5
日
間
を
か
年
に
2
回
開
催
し
て
い
る
通
関
と
3
年
連
続
で
増
加
し
た
が

2
%
増
の
8
兆
8
1
7
0
億
円
物
量
増
加
が
期
待
さ
れ
て
い
る
神
戸
税
関
長
菊
川
正
博
氏
ト
ワ

ク
を
構
築
し

よ
り
有
め

企
業
は
多
様
な
生
産
ネ

度
﹂
が
採
用
さ
れ
る

こ
の
た
を
判
断
す
る
﹁
累
積
原
産
地
制
署
の
自
由
化
な
ど
こ
れ
ま
で
に
る

来
年
に
は
輸
出
入
申
告
官
量
と
も
に
大
き
く
変
化
し
て
い
近
年

税
関
の
業
務
は
質

に
進
め
て
い
く
必
要
が
あ
る

見
直
し
な
ど
の
効
率
化
を
さ
ら
業
務
手
順
の
改
善
や
手
続
き
の
れ
ま
で
以
上
に
果
た
す
た
め

取
り
締
ま
り
と
い
う
使
命
を
こ
と
も
に
課
題
を
解
決
す
る
と
い
ナ

シ

プ
だ

と
も
に
考
え

ト
は
税
関
と
事
業
者
の
パ

ト
る

A
E
O
制
度
の
コ
ン
セ
プ
て
い
る

ク
ル

ズ
船
の
地
方
地
方
港
の
実
績
も
大
き
く
伸
び
野

広
島

宇
和
島

高
知
の
戸
港
は
も
ち
ろ
ん

境
港

宇
情
報
も
活
用
し
な
が
ら
水
際
で
サ
ポ

ト
を
お
願
い
し

事
前
み
た
い

特
に
通
関
業
者
に
は
未
然
防
止
に
万
全
の
体
制
で
臨
環
境
変
化
に
的
確
に
対
応
加
価
値
を
足
し
上
げ

原
産
性
内
国
で
行

た
加
工
な
ど
の
付
思
う

T
P
P
で
は
複
数
の
域
貿
易
の
拡
大
に
つ
な
が
れ
ば
と
と
で

各
社
の
成
長
と
日
本
の

ル
を
積
極
的
に
活
用
す
る
こ
業
が
そ
う
し
た
さ
ま
ざ
ま
な
ル
の
統
一
ル

ル
が
で
き
る

企
易
や
経
済
活
動
の
自
由
化
な
ど
済
圏
が
生
ま
れ

域
内
で
は
貿
特
に
T
P
P
で
は
巨
大
な
経
に
上
昇
す
る

ス
が
求
め
ら
れ
る
だ
ろ
う

を
持
つ
通
関
業
者
の
ア
ド
バ
イ
導
入
さ
れ
る
た
め

専
門
知
識
を
証
明
す
る
自
己
申
告
方
式
が
輸
出
入
者
な
ど
が
自
ら
原
産
地
雑
だ

加
え
て

T
P
P
で
は
則
は
協
定
ご
と
に
異
な
り

複
と
が
予
想
さ
れ
る

原
産
地
規
ニ

ズ
も
い

そ
う
高
ま
る
こ
識
を
持
つ
通
関
業
者
に
対
す
る
う

通
関
の
迅
速
化

水
際
で
の
仕
事
の
仕
方
も
変
わ
る
だ
ろ
制
度
改
正
に
よ
り

税
関
の
の
体
制
を
と

て
い
き
た
い

い

人
員
の
配
置
を
含
め
万
全
今
後
も
事
業
者
の
意
見
を
伺
た

こ
う
し
た
機
会
を
通
じ
て
2
1
6
社
に
対
し
て
実
施
し
別
の
ヒ
ア
リ
ン
グ
も
通
関
業
者
計
8
回
の
説
明
会
を
開
き

個
導
入
に
向
け
て
管
内
5
カ
所
で
に
対
応
し

積
極
的
に
支
援
す
ら
訪
問
す
る
な
ど
親
切

丁
寧
で
も
場
合
に
よ

て
は
当
関
か
者
で
あ
り

遠
隔
地
の
事
業
者
割
は
中
国

四
国
地
方
の
事
業
E
O
を
目
指
す
通
関
業
者
の
4
る
体
制
を
整
備
し
て
い
る

A
細
か
く
事
業
者
を
フ

ロ

す
員
を
増
員
し

迅
速
か
つ
き
め
た

同
年
と

年
に
は
担
当
職
会
を
管
内

カ
所
で
開
催
し
O
通
関
業
者
に
特
化
し
た
説
明
入
港
隻
数
も
増
え
て
お
り

神
あ
る

外
国
籍
ク
ル

ズ
船
の
空
港
で
旅
客
数
は
増
加
傾
向
に
島

米
子

松
山

高
松
の
5
就
航
し
て
い
る
の
は
岡
山

広
管
内
で
定
期
国
際
旅
客
便
が
船
の
重
要
性
が
増
し
て
い
る

れ
で
地
方
空
港
と
ク
ル

ズ
客
こ
の
た
め

訪
日
客
の
受
け
入
の
発
着
枠
は
限
ら
れ
て
い
る

を
引
き
上
げ
た
が

主
要
空
港
府
は
訪
日
外
国
人
の
目
標
人
数
が
訪
日
外
国
人
の
増
加
だ

政
と
の
連
携
を
密
に
し
て
テ
ロ
の
今
後
も
関
係
機
関

関
係
業
界
健
大
臣
会
合
も
控
え
て
い
る

た

神
戸
で
は
9
月
に
G
7
保
当
関
も
厳
重
な
検
査
を
実
施
し
会
合
の
開
催
に
当
た

て
は

摩
サ
ミ

ト
お
よ
び
関
係
閣
僚
対
策
だ

5
月
の
G
7
伊
勢
志
目
下
の
大
き
な
課
題
は
テ
ロ
に
な

て
い
る
と
思
う

講
義
を
受
け
ら
れ
る
良
い
機
会
一
線
の
実
務
担
当
者
か
ら
生
の
い
る

学
生
に
と

て
も

第
A
E
O
担
当
者
増
員
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
10
File Size
3 178 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content