close

Enter

Log in using OpenID

ホンバン テスト EBウイルス抗EBNA抗体IgG [EIA]

embedDownload
京都大学医学部附属病院
一次サンプル採取マニュアル
PM共通0001
Department of Clinical Laboratory, Kyoto University Hospital
6088
免疫学的検査 / ウイルス感染症検査
EBウイルス抗EBNA抗体IgG
[EIA]
Epstein-Barr virus. nuclear antigen, viral antibody IgG
基本情報
JLAC10
診療報酬
分析物 5F204 EBウイルス抗EBNA
識別
1431
ウイルス抗体IgG
材料
測定法
第2章 特掲診療料
第3部 検査
第1款 検体検査実施料
免疫学的検査
D012
感染症免疫学的検査
30 グロブリンクラス別ウイルス抗体価(1項目当たり)
④ EBウイルス
第1節 検体検査料
230点
検査オーダー・検体採取
患者同意に関する要求事項
検査結果に影響を
与える臨床情報
検体 ⇒ 検査項目分類 ⇒ 免疫学的検査 ⇒ ウイルス感染症検査(血液1) ⇒ EB抗EBNA IgG[EIA]
検体 ⇒ 検体検査 ⇒ 外注検査(一般) ⇒ 外注(血液ウイルス) ⇒ EB抗EBNA IgG[EIA]
オーダー
ボタン
検査予約
至急オーダー 不可
オーダーについて
患者の検査前準備
サンプル採取のタイミング
記号
添加物(キャップ色等)
E
凝固促進剤+血清分離剤(黄)
F
凝固促進剤+血清分離剤(青・細)
G
凝固促進剤+血清分離剤(青・太)
H
凝固促進剤+血清分離剤(ピンク色)
I
凝固促進剤+血清分離剤(レンガ色)
採血管について
検体ラベル(単項目オーダー時)
ホンバン テスト
採取材料
◎血液
◎血液
◎血液
◎血液
◎血液
採取量
1mL
3mL
4mL
6mL
9mL
採取容器はオーダー項目数によって異なります.
測定材料
→血清
→血清
→血清
→血清
→血清
注 800 外
N60
ウイルス.
09.03
血液
検体採取について
@
外注1
検体搬送について
E
検体保存について
**-****-55032*
1ml
**-***-***
再検査・追加検査の対応可能日数 依頼日より3週間
検査結果報告
測定機器
測定方法
検査所要日数
検査部門
ベーリング゙ELISAプロセッサーⅢ
酵素免疫測定法(EIA)
2~4日
外部委託(SRL)
2535
1/2
京都大学医学部附属病院
一次サンプル採取マニュアル
PM共通0001
Department of Clinical Laboratory, Kyoto University Hospital
6088
免疫学的検査 / ウイルス感染症検査
EBウイルス抗EBNA抗体IgG
[EIA]
Epstein-Barr virus. nuclear antigen, viral antibody IgG
基準値
期間
JLAC10
現行(2007年12月7日~)
項目
EBウイルス抗EBNA抗体IgG
基準値設定材料
血液
男性
女性
0.5 未満 陰性
単位
0.5 未満 陰性
判定基準あり
電話連絡対応
臨床情報
臨床的意義
EBウイルスは1964年,バーキットリンパ腫(BL)細胞中より見いだされたヘルペス属のDNAウイルスである.EBVは常在性ウイルスで,持続感染,再活
性化が特徴である.EBVは思春期以降の初感染で伝染性単核症(IM)を発症する.良性疾患としては,ウイルス関連赤血球貪食症候群(VAHS),慢
性EBV感染症など,悪性疾患としては,従来より知られているBurkittリンパ腫や上咽頭癌などのほかに,Hodgkin病,鼻リンパ腫(T cell or NK
cell),natural killer(NK)白血病,一部の胃癌などとEBVが関連のあることが次々に明らかにされつつある.抗VCA・IgM抗体の上昇は初感染を示唆
する.抗VCA・IgG抗体は急性期に次第に上昇,回復した後も終生持続する.抗VCA・IgA抗体はEBウイルス関連の上咽頭癌に特徴的であり,早期
発見,治療効果,再発の指標になり得る.抗EADR抗体はウイルスの増殖の程度とよく相関する抗体である.初感染の急性期および回復期,持続感
染,再活性化の時期に出現する.
抗EBNA抗体は過去の感染から回復したことを示す.一方,PCRによる組織からのEBVの検出はウイルスの存在する実証となり有用である.
異常値を示す病態・疾患
Burkittリンパ腫,上咽頭癌,伝染性単核症,不顕性感染健康者,未感染者
参考文献
エスアールエル Web Page「検査項目レファレンス」
脇口宏他:医学と薬学58(2):363~369 2007
久川浩章他:日本小児科学会雑誌102-7-759~765 1998
最終更新
2/2
4th Jun. 2014
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
193 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content