close

Enter

Log in using OpenID

会報第40号(平成27年3月)

embedDownload
会
報
素 読 の 会 [所 沢 ]
発行者:素読の会[所沢]
〒359-1167 埼玉県所沢市林 1-353-17
http://www.sodoku.jp/【検索:素読の会所沢】 FAX04-2948-0867
「素読(そどく)の会」は道理や生活の基になる言葉を深くあじわい人生を学びます。
発行:平成 27 年 3 月号
『
為
政
』
第
二
の
四
・
十
二
、
『
子
罕
』
第
九
・
之
を
好
む
者
は
、
之
を
楽
し
む
者
に
如
か
ず
』
学
而
第
一
の
一
・
三
・
四
、
『
里
仁
』
第
四
、
全
秋 員
山 素
光 読
雄
幹
事
を
リ
ー
ダ
ー
と
し
、
『
論
語
』
『
之
を
知
る
者
は
、
之
を
好
む
者
に
如
か
ず
。
『
辞
は
達
す
る
の
み
』
題
し
て
、
お
話
が
あ
り
ま
し
た
。
話
が
あ
り
ま
し
た
。
「
子
ど
も
た
ち
に
語
り
継
ぎ
た
い
論
語
」
と
も
に
語
り
継
ぎ
た
い
論
語
』
と
題
し
て
、
お
か
ら
、
安
岡
定
子
氏
の
コ
メ
ン
ト
を
用
い
て
、
講
演
会
で
は
、
梅
山
正
雄
幹
事
の
『
子
ど
今
月
は
雑
誌
『
致
知
』
の
連
載
記
事
の
中
真
代
表
の
挨
拶
が
あ
り
ま
し
た
。
―
子
ど
も
と
保
護
者
の
論
語
教
室
―
光
雄
監
事
の
全
員
素
読
に
始
ま
り
、
那
須
恵
『
子
ど
も
に
語
り
継
ぎ
た
い
論
語
』
大
熊
和
子
幹
事
の
司
会
進
行
に
て
、
秋
山
に
て
、
開
催
致
し
ま
し
た
。
時
よ
り
、
小
手
指
ま
ち
づ
く
り
組
合
事
務
所
講 講
師 演
梅
山
正
雄
幹
事
二
月
例
会
は
、
二
十
一
日
(
土
)
、
午
後
二
ま
し
た
。
二
月
例
会
の
報
告
『
里
仁
』
第
四
の
十
九
を
、
英
語
で
素
読
し
梅山幹事
テ
ー
マ
日
『
菜
光 根
雄 譚
三
月
二
十
一
日
(
土
)
午
後
二
時
~
(
開
場
一
時
三
〇
分
)
場師
※
小
手
指
駅
北
口
う
こ
と
の
よ
う
で
す
。
講演の様子
会講
男
会
員
が
英
訳
さ
れ
た
『
為
政
』
第
二
の
六
、
し
ま
う
言
い
回
し
は
し
て
は
い
け
な
い
と
い
し
た
。
ま
た
、
英
語
素
読
と
し
て
、
髙
山
政
余
計
な
装
飾
や
意
味
が
分
か
ら
な
く
な
っ
て
手
に
伝
わ
っ
て
い
れ
ば
よ
い
の
で
あ
っ
て
、
西
友
店
斜
め
前
左
側
タ
ワ
ー
一
階
つ
ま
り
、
伝
え
た
い
こ
と
が
き
ち
ん
と
相
小
手
指
ま
ち
づ
く
り
組
合
事
務
所
内
で
あ
る
。
」
と
説
明
さ
れ
て
い
る
そ
う
で
す
。
デ
ィ
ア
ス
カ
イ
タ
ワ
ー
に
伝
え
る
た
め
だ
け
に
あ
る
。
伝
え
る
手
段
秋
山
氏
(
素
読
の
会
所
沢
Ⅳ
九
の
四
、
『
子
路
』
第
十
三
を
全
員
素
読
し
ま
第 40 号
』
第
五
講
―
知
識
で
幹
事 心
) が
く
も
る
―
『
辞
は
達
す
る
の
み
』
と
は
、
「
言
葉
は
人
さ
れ
て
い
る
か
が
述
べ
ら
れ
て
い
ま
す
。
子
氏
が
子
ど
も
た
ち
に
ど
の
よ
う
に
お
話
を
時
こ
れ
ら
四
つ
の
論
語
に
つ
い
て
、
安
岡
定
『
詩
に
興
り
、
礼
に
立
ち
、
楽
に
成
る
』
三
月
例
会
の
ご
案
内
は
懼
れ
ず
』
『
知
者
は
惑
わ
ず
、
仁
者
は
憂
え
ず
、
勇
者
勇
者
は
懼
れ
ず
』
に
つ
い
て
は
、
知
・
仁
・
れ
る
こ
と
が
な
い
。
こ
の
三
つ
を
兼
ね
備
え
で 素 に は
で い 自 好 に 如
次 す 晴 な 語 何 く う 分 む 如 か 次
の 。 ら る ら 事 れ 言 の 章 か ず に
『
し ・ れ も る 葉 大 句 ず 。 『
知
い 楽 、 知 そ を 好 の 』 之 之
者
で し 子 ・ う 入 き 一 に を を
は
す む ど 好 で れ な つ つ 好 知
惑
ね の も ・ す る サ で い む る
わ
」 三 た 楽 。 こ ッ 、 て 者 者
ず
「
と 段 ち の
と カ
は は は
、
之
お 跳 に 三
で ー
、 、 、
仁
」
話 び 「 段
大 や
子 之 之
者
の
さ が 知 階
意 ピ
ど を を
は
と
れ で る と
を ア
も 楽 好
憂
こ
る き ・ 安
つ ノ
た し む
え
ろ
ず
そ た 好 岡
か 等
ち む 者
に
、
う ら き 氏
ん と
が 者 に
、
と
を
実
行
で
き
る
強
い
心
が
あ
る
の
で
、
懼
ご
す
こ
と
が
で
き
る
。
勇
者
は
、
正
し
い
こ
高
山
政
男
・
前
橋
倫
子
・
那
( 須
計 恵
十 真
八
名
)
秋
吉
靖
子
・
秋
吉
和
幸
・
秋
吉
航
公 希
明
を
持
っ
て
生
活
す
る
こ
と
等
を
改
め
て
考
え
た
例
す
る
こ
と
や
勉
強
を
怠
ら
な
い
こ
と
、
思
い
や
り
い
る
途
中
に
い
ま
す
」
と
語
り
か
け
ら
れ
る
例
会
出
席
順
不
同
・
敬
称
略
関
わ
る
仕
事
を
少
し
し
て
い
ま
す
が
、
自
分
を
律
(
担
当
:
大
熊
・
前
橋
)
る
べ
き
か
と
い
う
こ
と
で
す
。
▼
子
ど
も
た
ち
と
も
た
ち
に
は
、
「
君
た
ち
は
君
子
を
目
指
し
て
勇
は
、
君
子
の
必
須
ア
イ
テ
ム
と
し
、
子
ど
参
加
希
望
者
を
お
待
ち
し
て
い
ま
す
。
会
員
の
懇
親
を
図
る
な
ど
、
計
画
中
で
す
。
子
ど
も
の
教
育
を
考
え
る
上
で
、
大
人
が
ど
う
あ
▼
二
月
例
会
の
内
容
で
一
番
心
に
残
っ
た
の
は
、
み
な
ら
ず
自
分
の
書
い
た
文
章
を
読
む
人
に
語
は
大
人
に
こ
そ
大
切
な
言
葉
で
、
会
話
の
て
い
か
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
な
ど
、
こ
の
論
け
た
指
示
を
正
確
に
理
解
し
て
、
文
章
に
し
の
中
で
報
告
書
を
ま
と
め
た
り
、
口
頭
で
受
ま
た
、
社
会
に
出
る
と
、
限
ら
れ
た
字
数
て
い
ま
す
。
求
め
ら
れ
る
と
、
安
岡
氏
は
コ
メ
ン
ト
さ
れ
備
え
て
い
て
、
表
現
が
豊
か
で
あ
る
こ
と
が
の
言
葉
を
実
践
す
る
た
め
に
は
、
語
彙
力
を
こ
の
論
語
は
と
て
も
簡
潔
で
、
こ
の
論
語
活発なディスカッシ
ョンがなされました
三世代でのご参加、
ステキですね!
宿
坊
に
て
、
真
言
密
教
を
体
験
し
た
り
、
あ
と
が
き
(
二
泊
三
日
)
。
林
:
2
9
4
8
0
8
6
7
二
十
七
年
度
中
に
実
施
予
定
し
て
お
り
ま
す
◎
「
素
読
の
会
」
林
小
学
校
那
須
恵
真
高
野
山
金
剛
峯
寺
参
拝
ツ
ア
ー
は
、
平
成
山
口
:
2
9
2
4
7
3
5
8
お
知
ら
せ
◎
「
素
読
の
会
」
塾
長
秋
山
光
雄
小
手
指
南
:
2
9
2
3
4
8
2
6
り
ま
し
た
。
を
行
わ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
」
と
お
話
が
あ
こ
と
に
留
意
し
て
、
子
ど
も
た
ち
へ
の
指
導
◎
「
椿
峰
進
学
塾
」
塾
長
宇
野
和
秀
お
問
い
合
わ
せ
く
だ
さ
い
。
教
場
案
内
論
語
が
す
べ
て
あ
て
は
ま
る
わ
け
で
は
な
い
最
後
に
那
須
代
表
か
ら
、
「
現
代
の
世
情
に
デ
ィ
ス
カ
ッ
シ
ョ
ン
が
な
さ
れ
ま
し
た
。
梅
山
監
事
か
ら
の
話
題
提
供
で
、
活
発
な
講
内
師
:
野
( 村
素
読 研
の 児
会 氏
所
沢
幹
事
)
容
:
『
孫
子
の
― 兵
平 法
和
の 』
た
め
に
―
ど
も
た
ち
は
持
っ
て
く
れ
る
そ
う
で
す
。
て
す
ご
い
人
な
ん
だ
な
」
と
い
う
印
象
を
子
は
っ
き
り
意
味
は
計
ら
な
く
て
も
、
「
君
子
っ
た
人
が
君
子
で
す
よ
」
と
お
話
さ
れ
る
と
、
会 日 四
デ
ィ
ア
ス
カ
イ
タ
ワ
ー
一
階
場
:
小
手
指
駅
北
口
時
:
四
月
十
八
日
土
十
四
時
( )
会
で
し
た
。
▼
少
し
春
め
い
て
き
ま
し
た
が
、
こ
内
尾
幸
子
・
岩
澤
良
一
・
岡
野
有
孝
そ
う
で
す
。
そ
し
て
、
君
子
と
は
何
か
を
子
伝
え
ら
れ
る
か
と
い
う
こ
と
も
『
辞
を
達
す
Ⅱ
の
季
節
、
花
粉
の
気
配
を
感
じ
ま
す
…
皆
様
ご
自
佐
々
木
守
鉄
・
野
村
研
児
・
平
ど
も
た
ち
に
説
か
れ
て
い
ま
す
。
「
知
者
は
、
い
ろ
い
ろ
な
こ
と
を
知
っ
て
る
の
み
』
の
大
切
な
要
素
だ
と
コ
メ
ン
ト
さ
-
愛
く
だ
さ
い
ま
せ
。
(
N
・
M
)
梅
山
正
雄
・
秋
山
光
雄
・
大
熊
和
子
い
て
、
判
断
力
が
あ
る
の
で
迷
う
こ
と
が
な
-
※
会
報
は
、
会
場
近
郊
の
有
縁
者
の
方
に
東
條
ま
つ
み
・
石
田
ア
イ
子
・
内
野
悦
子
い
。
仁
者
は
、
優
し
く
て
広
く
ゆ
と
り
の
あ
-
も
送
ら
せ
て
い
た
だ
き
ま
し
た
。
る
心
が
あ
る
の
で
、
穏
や
か
な
気
持
ち
で
過
れ
て
い
ま
す
。
月
例
会
の
ご
案
内
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
33
File Size
417 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content