close

Enter

Log in using OpenID

東京21合唱団 出演者プロフィール

embedDownload
出演者プロフィール
佐々木 正利(指揮・テノール独唱)
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院音楽研究科修士及び博士後期課程修了。 故須
賀靖元(声楽)、小林道夫(演奏法)、森晶彦(発声法)の各氏に師事。
1973 年にバッハ「クリスマス・オラトリオ」の福音史家で楽壇デビューして以来、バッハをはじめ
とする宗教音楽のスペシャリストとして揺るぎない地位を得ている。1979 年にシュトゥットガルトに渡
りL.フィッシャー教授に師事。1980年第6回ライプツィヒ国際バッハコンクール声楽部門第5位入賞。
同年より1982 年までデットモルト北西ドイツ音楽大学に学び、H. クレッチマール教授に師事。在独
中は欧州各国の演奏会に招かれ、特に 1980 年ウィーン楽友協会ホールでのマタイ受難曲では『若
き日の P. シュライヤー』と新聞各紙で絶賛される。
帰国後もライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン交響楽団、国立ブカレスト交響楽団、
NHK 交響楽団等、世界、日本の著名オーケストラのソリストとして度々起用され、K. マズア、H. シュタイン、H. ブロムシュテット、
小沢征爾、R. シャイー等、世界を代表する数々の指揮者と共演。また世界的宗教音楽の名指揮者である H.リリング、H.J.ロッチュ、
M. コルボ、R. ヤコブス等率いる、シュトゥットガルト・バッハ合奏団、ゲヒンゲン聖歌隊、聖トマス教会聖歌隊、RIAS室内合唱団
等の演奏会に度々出演し、高い評価を受けている。
現在、岩手大学教育学部音楽教育科教授。東北文化学園大学特任教授。二期会会員。日本声楽発声学会理事、日本音楽表
現学会会長諮問委員、仙台バッハ・アカデミー及び盛岡市文化振興事業団理事。盛岡バッハ・カンタータ・フェライン、仙台宗教
音楽合唱団、岡山バッハ・カンタータ協会、東京21合唱団、東北大学混声合唱団、岩手大学合唱団、各指揮者、山響アマデウス
コア音楽監督。混声合唱団コーロ・フォレスタ芸術アドヴァイザー兼主席合唱指導者、二期会バッハ・バロック研究会講師。
鳥海 寮(テノール独唱)
東京学芸大学卒業、同大学院修士課程修了。 声楽を徳永ふさ子、佐々木正利、高橋修一、横
山和彦の各氏に師事する。
大学院在学中より、宗教曲のソリストとして多くのオーケストラ、合唱団と共演。特にバッハ作品
の歌唱に定評があり、
「クリスマス・オラトリオ」、
「マタイ受難曲」
「ヨハネ受難曲」の福音史家をはじめ、
「ロ短調ミサ」
「マグニフィカート」や数々のカンタータを各地で演奏。着実に表現の幅を拡げている。
またヘンデル「メサイア」のソリストは多数行っており、ローラント・バーダーとの共演では、柔らか
い声と豊かな表現力が絶賛された。
現在、サレジオ小学校教諭。青山学院女子短期大学聖歌隊、東京21合唱団各ヴォイストレー
ナー。ハレルヤ合唱団、函館マタイ受難曲を歌う会各指揮者。日本声楽発声学会会員。
CD「ハインリヒ・シュッツの音楽 vol.2」( 淡野弓子指揮 )
飯 靖子(オルガン・ピアノ)
桐朋学園大学ピアノ科卒業、国立音楽大学大学院オルガン科修了。ピアノを野辺地勝久、高良
芳枝、オルガンを吉田實、左近和子、チェンバロを鍋島元子、作曲を末吉保雄の各氏に師事。8 回
にわたり渡独し、オルガンを H. ケストナー、W. シェテリヒの各氏に師事。ソロ活動のほか、室内
楽や宗教曲のオルガンパート、合唱伴奏、新曲演奏、NHK-FM 出演など幅広い分野で活躍。
礼拝音楽と教会音楽のための機関誌『礼拝と音楽』
(日本基督教団出版局)の編集に長年携わり、
多くの手稿、楽曲を提供。「讃美歌 21」による CD シリーズの編曲・オルガンを担当。『「讃
美歌21」による礼拝用オルガン曲集』全6巻を監修。
『こどもさんびか改訂版』改訂委員をつとめ、
伴奏譜を編集。
日本基督教団霊南坂教会オルガニスト、聖歌隊指揮者、青山学院女子短期大学講師、オルガ
ニスト、聖歌隊、ハンドベル・クワイア指揮者、青山学院大学オルガニスト、ルーテル学院大学、拓殖大学、洗足学園音楽大学講師。
日本基督教団讃美歌委員会委員。日本オルガニスト協会会員。東京 21 合唱団音楽監督。
東京 21 合唱団
『讃美歌 21』の CD シリーズ最終巻、
第10 巻『こころを一つに』
(ビクターエンターテイメント、
日本基督教団出版局共同制作)を、
教会の礼拝の中で実際に賛美歌を歌っているものの演奏で録音するために結成された合唱団を前身とし、佐々木正利氏・飯靖子
氏を指導者として 2002 年 6 月発足。賛美の歌を学び続けたいという思いをもち、各地の教会での奉仕や、年1回の定期演奏会など
の活動を行っている。http://tokyo21chor.jp
青山学院女子短期大学 聖歌隊、ハンドベル・クワイア
青山学院女子短期大学が行っている東日本大震災被災地支援ボランティア活動の一環として、飯靖子氏の指導のもと、2013 年
5 月に岩手県宮古市でのイベント「みやこ田老 鎮魂の祈り」にて、2014 月 3 月には「宮古市東日本大震災三周年追悼式」にて、
演奏の奉仕を行った。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
14
File Size
629 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content