close

Enter

Log in using OpenID

シャンパーニュ ニコラ・フィアット

embedDownload
キュヴェ225
輝きのあるゴールドの色調
黄色い果実の豊かな香り
熟成感、そして深みのある味わい
ニ コ ラ・ フ ィ ア ッ ト の キ ュ ヴ ェ
2 2 5 は、 シ ャ ブ リ 造 り に 用 い ら れ
た バ リ ッ ク 樽( 2 2 5 リ ッ ト ル )で 熟
成されたワインをベースにしたシャン
パーニュ。名前の225は、この樽の
容量が由来となっている。
同ホテルのシェフソムリエ、鈴木利
幸氏は、キュヴェ225について、ア
プリコットやビワ、花梨、黄桃、熟し
た洋梨など、黄色い果実の香りが豊か
に感じられるのが特徴の一つとなって
心 地 好 い 酸 味、 そ し て 穏 や か な 樽
素朴な栗の風味にも良く合う。
の伝統的な焼き菓子、カニストレリの
合わせる。栗の粉を使ったコルシカ島
デ ザ ー ト は、 香 り を 意 識 し な が ら、
の風味、ナッツの風味などもあるキュ
フロマージュは、ウォッシュタイプ
アプリコットのタルトなどにバニラや
フ レ ン チ レ ス ト ラ ン「 ブ ラ ン ル ー
ヴェ225は、フランス料理では、白
で、ほのかな木の香りがする熟成した
い る と い う。 ま た、 ヴ ィ ン テ ー ジ が
ジュ」は、同ホテルの石原雅弘総料理
身 魚 や サ ー モ ン な ど を ア ラ・ ク レ ー
蜂蜜のアイスクリームを添えたものと
誕 生 し た 東 京 ス テ ー シ ョ ン ホ テ ル は、
長がクラシックをベースに作り上げる
ム・ド・シャンピニオンのようなキノ
2005年ということで、熟成感も感
今年、開業100周年を迎える。開業
現代的で洗練されたフランス料理を
じられる。
以来、国内外の多くの賓客に愛されて
シックで上品なインテリアに囲まれた
始めている。
きた同ホテルも、駅舎保存・復原事業
モンドール。ブリーやカマンベールな
1915年に東京駅丸の内駅舎内に
にともなって生まれ変わり、これから
コ風味のクリーム系ソースで味わう料
どの白カビタイプも同じく熟成したも
店内で楽しめるレストラン。
のが良い。逆にハードタイプのコンテ
の100年へ向け、新たな歴史を刻み
鈴木氏はいう。また、バター
ヶ月熟成のものをドライフルー
理との相性が非常に良いと
なら
和食では、キス、メゴチ、エビやイ
ツと一緒に。
シャンピニオンやセップ、モ
で 脂 の の っ た も の、 え ん が わ や ビ ン
カなど、甘味や旨味が感じられる魚介
チョウマグロの大トロ、カンパチなど
の天ぷらを塩とレモンで。寿司も白身
ある甲殻類やホタテ貝など
も の と も 良 く 合 う。 甘 味 の
のバターソテーもお す す め。
い。ブランケッ
みなど、オーソドックスな広東料理と
合わせて楽しむことをおすすめしたい
スに注ぎ、
℃ぐらいの温度で料理に
を加えるとなお
ム 煮 )も キ ノ コ
ですね」
「 キ ュ ヴ ェ 2 2 5 は、 白 ワ イ ン グ ラ
の相性も良い。
フカヒレの姿煮、干しアワビの煮込
を醤油ではなく、塩と柑橘類で味わい、
鈴木利幸
(仔牛のクリー
ト・ド・ヴォー
組み合わせも良
鶏やホロホロ鳥、仔牛やウサ
シェフソムリエ
シャンパーニュと合わせる。
東京ステーションホテル
ブラン ルージュ
ギなど白身の肉の料理との
リーユなどのキノコを加えた
ブランなど、バターソースに
と の 関 係 も 良 く、 ブ ー ル・
12
良い。
※2014米国インパクト・データバンク調べ銘柄別販売本数実績
シャンパーニュ
ニコラ・フィアット
シェフ・ソムリエが唎く
12
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
326 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content