close

Enter

Log in using OpenID

他 (PDF 283.4KB)

embedDownload
 資料 1
①豊田市の文化にとって何が必要か [豊田市の文化において、現在不足している点、不十分だと思われる点、弱点を克服するための手立て、長所を伸ばす手立て、将来的に必要となる事柄等]
委員名
施策の考え方
仕組み・システム
都築 正道
意見
情報発信・普及
事業の開催・機会の提供等
● 豊田市が大変優れた文化都市であるこ ● 月単位で特集を組む。4月は映画月間。5月は美術
とに市民が気がついていない。
月間。6月は読書月間。7月はピアノ月間など。
建物・設備 (施設に関すること)
● コンサートホールや美術館や文化会館や
図書館などの文化施設の催物案内を駅
や目抜通りに月単位で掲示。ホテルに招
待券などを置く。
そもそもの施策を立てるスタート時点から考える必要があ
ると思います。
● 山を高く(プロを育てる)したいのか、裾野を広げ(一般の
多くの人が参加できて楽しめるのか)たいのか。
● 子ども、青年層、主婦層、定年後の熟年層など、年齢・
世代別に分けて行う施策は立てられないか。何故なら
それぞれの層で興味のあり方、自由な時間帯が違うか
ら
●
豊田という都市の特徴、環境を考慮した施策は考え
られないか。
・産業(工業)と農業が盛ん
・名古屋という大都市の近隣
吉田 俊英
・広大な面積と豊かな自然、そしてそれぞれの地域の
特色など
● 予算、人員、施策等に限りある中で、全てに公平・平
等に行っていく必要はないと考えます。対象を分析
し、それによって支援の強弱をつけていくべきと思い
ます。
● 目標を短期(1~2年以内)・中期(5年以内)・長期(10年
以上)などのように、三期ぐらいにして、それぞれの到達
点を定め、かつ点検して、軌道修正が必要なものは速
やかに修正をかけて行くのがいいのではないでしょう
か。
●
石黒 秀和
●
● 若手でも安価に利用できる稽古
市民主体の文化活動に対する新た
な支援・取り組み・制度見直しなど
の遅れ(お金をかけない知恵とそれ
に付随した実験的試みに対する決
断と実行ができない)
場・製作場の不足
● 大きすぎず高すぎず、つまり気軽
に発表ができる場の不足
● 交流・情報交換の場の不足
財団など、プロデュースする側にお
ける、専門性の欠如というか、人材
の非定着
● 豊田市だけではなく、市民の文化に対する意識があ
二條 宗女
まりない様に思います。ヨーロッパ等は幼い頃より、
両親と共に劇場に出かける事が、習慣的になってい
る気がします。
豊田市は実力のある方も多く、ジャンルを超えてコラ
ボして、発表する内容に興味を持つ幅を広めてはど
うでしょうか。そして、ある程度、定期的に行うことが
大切な気がします。現代は情報も多く大変だと思い
ますが。
委員名
施策の考え方
仕組み・システム
意見
情報発信・普及
事業の開催・機会の提供等
● 文化を育てるには、長い時間と努力とお金がかかる。
目に見えて育ってくるものではないが、豊田市も少し
ずつ質の良い文化が育ってきていると思う。
音楽の分野においては、ジュニアオーケストラにも見
られるように、少子化、不景気などが影響して、一生
懸命習う子どもが減ってきているいるように思う。
また、小学校、中学校の部活動などでは、スポーツ
偏重が見られる。世間一般と同じで、文化に関る人も
高齢化してきている。30代、40代の子どもを育ててい
る親たちの意識を変えるような機会が増えると良い
と思う。
永田 眞理子
● 豊田の文化
一般的に文化行政事業において見劣りするものはな
いと思う。
多角的に細かく、市民目線で網羅されている。どこにも
抜け目は無い。
一方、豊田文化の特徴が見えない。
文化の捉え方が、表面的になっているといった弱点も
見える。
伊丹 靖夫 ● 生活の潤いを与える事を主眼とする文化と自活の葛藤
の中で喜びを見つけはぐくむ文化を区別化し後者に豊
田の特徴を創造する。
● 農林城下と企業城下の表面的な融合を避けて双方の
生き方を争い合わせながら、文化行政を行ってこそ、
豊田市は文化都市の新しい提案と発信が可能と思う。
農村を伝統の象徴としてはいけない、農山村にむやみ
に都会文化を持ち込み押し付けてもいけない。
● これから生かす点として、多様性(全国から集まって
● 豊田市の伝統的な文化の存在が伝わら ● 多くの事業をやっているが網羅的なので、「豊田市な
ない、弱いのではないか。守り伝えていこ
うという市民全体のいしのようなものを触
発したりするようなものが弱いというか、感
じられない。
豊田市は全国から人が集まって来てるの
が特徴、その良い点、悪い点もあると思
う。伝統・歴史・故郷感が薄い・関心が低
いという点で、上記のようなことが感じられ
る。
る)を生かすことと、伝統を縦横に織っていくこと。
釘宮 順子
● 農村歌舞伎について、伝承の継続
と指導者の育成。
上手下手ではなく、続ける事が大切
だと思います。一度やめたら復活す
る事は出来ないと思うからです。
現在では、出来るだけ大勢の方々
に理解していただき、会員数を増や
す様頑張ります。
中垣 和美
● 文化力のある市
鈴木 信教
・市民が豊田市を好きか
・暮らして楽しいか、どんな所が好きか? きらいか?
・目標となるような人がいるか
そんな基本となるものが文化だと思う
らでは」という特徴のある事業を創っていく(意識す
る)こと、と思う。
建物・設備 (施設に関すること)
委員名
施策の考え方
仕組み・システム
水野 春美
意見
情報発信・普及
● 本市における文化に関する事業は、市、
文化振興財団、各文化団体において多く
の分野で数多く実施されており、また、施
設の面においても、ハイレベルの文化施
設が揃っています。しかし、こうした事業
やイベント情報、文化施設の情報が、必
ずしも市民へ行き届いているとは言えな
い状況にあると思います。したがって、文
化に関する情報のあり方を再検証し、情
報の収集・記録・蓄積といった「データ管
理」の仕方、そして、情報の「広報・宣伝」
の方法、更には、こうした情報を戦略的に
活用する「マネジメント」を構築していくこ
とが必要ではないかと思います。
事業の開催・機会の提供等
● 美術・音楽・舞踊・伝統芸能等、そ
● 足助・小原・稲武・藤岡など、それ
れぞれの分野のプロが生活できる
ような基盤づくり
ぞれの地域における活動の拠点
づくり
● 若手の作家や音楽家への支援
福田 香緒里
や、発表の場や制作の場を設け
る。(東校跡地など)
● より多くの人たちが生活の中で楽
しめる場やコミュニティーづくり
● 決して豊田だけでなく、地方都市の文化事業はいっ
たいにハコに頼りすぎている。イベントやパビリオンに
依存しない柔軟な発想が必要だろう。全市をあげて
の大がかりな祭事ではなく、各地域のコミュニティか
ら生まれるもっと小規模で地道な取り組みに注目し
たい。
元来、伝統的な生業はそれ自体で価値をもつもの
だ。各地区に伝わる郷土芸能や伝統行事をこのあ
たりで見直したい。流行にとらわれずに、既にあるも
のの中に「古くて新しい価値」を見いだすということ
だ。
各分野の芸術家たちにも参加してもらって、住民とと
もに、祭り史跡など地域文化を街の「顔」にする手だ
てを一緒に考えていく――というのはどうか。芸術家
の地域参加による街の活性化は、欧米などで実証済
みだ。
樹神 基之
● 豊田市の文化とは? 豊田市が目指している文化の質
佐藤 恵子
建物・設備 (施設に関すること)
が知りたいです。何故なら、市として文化事業を行う場
合、成立数字が必ず出てくるので、数字を考えると多
数優先ですし、知的レベルを上げるとなるとやはり数字
はとれないと思うので・・・。
②市民の文化活動を支援するために市は何をすべきか [豊田市の文化にとって必要な事柄のうち、市が行うべきことは何か。市民が行うべき事柄に対して、市はどういう立場で何をすべきか等]
委員名
施策の考え方
● 文化施策の考え方として、市民の文化に
対する「充実度」「満足度」「完成度」「達成
度」「円熟度」を具体的に計ることができる
施策が必要です。
仕組み・システム
意見
情報発信・普及
事業の開催・機会の提供等
● 市民の文化活動を専門家が評価する月 ● 充実度:文化活動に「参加」(創造・鑑賞・企画もふ
刊誌を発行。
くめ)してどれくらい「充実した時間」を送れたかを
実感出来る施策。具体的には参加者による「プレ
ゼンテイション」(発表会)の開催。
建物・設備・空間 (施設や場所に関すること)
● 満足度:難しくて新しいものに挑戦してどのくらい
手応えがあって「精神的に満足した」かを実感出
来る施策。具体的には「教室」の開講。
達成度:短期の目標を「どのくらい達成」できたか
を実感出来る施策。具体的には「ピア・レビュー」
(仲間内評価)をおこなう。「グレード制」を設ける。
都築 正道
● 完成度:専門家の作品に比べて自分の作品や批
評や評論が「技術的にどのくらい完成してるか」を
評価出来る施策。具体的には「コンクール」の参加
や「展覧会」への出品で審査をうける。「ディプロマ
制」(業績証明)をとる。
● 円熟度・成長度:自分が芸術の共同製作や鑑賞に
おいてどれくらい「人間的に円熟」したかを自分で
評価出来る施策。具体的には「講演会」「シンポジ
ウム」の企画と開催を市民が行なう。
● 文化活動の主体はあくまで市民であるべ
き。
吉田 俊英
● 市は、いかに市民の自発的自律的な市民
活動を生み出すかが大切。その為には、場
ときっかけのみ提供できれば、ある段階か
らは自主運営にゆだねたい。
ただ、今はまだその場もきっかけもほとんどな
い状態。また、今後、財団などには分野ごと
の専門性とコーディネート力が必要になると
思われ、教育や街づくり、経済の分野にも積
極的に活用、発展させていくプロデュース力
が求められると思われるが、現状その認識
は希薄ではないか?
● 豊田市だけで何とかするのではな
く、他都市、他機関、他施設、たとえ
ば近隣の多くの大学・研究施設、人
材をもっともっと利用すべきだと思い
ます。
● 豊田市には施設(ハード)はかなり充実
行政は、練習・発表・鑑賞等それぞれ
の「場」や「契機」となる情報の提供を第
一にすべきと考えます。
した数あると思います。
● 文化活動を支援しコーディネートす
● 空き倉庫・遊休施設等を有効活用するこ
る側の専門化。文化会館や財団の
スタッフは、たとえば専門性をもって
も異動があり、人材が定着しない。
また、市民が育っても、コーディネー
ト側に熱意と専門性を持ったスタッ
フがいないと、文化芸術はなかなか
振興しない。場合によっては、文化
NPOなど文化活動を市民の側から
支援する専門家集団を育てることも
必要か。
とで、新たな大規模施設を作らなくても支
援は可能ではないか。
10メートル四方のハコだけあれば、小劇
場、アートスペースとして様々な活用がで
きる。そこから新たな文化活動や交流が
自然と生まれてくるはず。
石黒 秀和 ● 全国や世界の先駆的な事例をもっと積極的 ● 助成は市民の自立した文化活動を
に学び、また取り入れ、しかも文化施策にお
けるトヨタモデルを構築する野心がほしい。
一方、現在、進められている活動にも今一
度目を向け、再評価をする必要もあるので
は? 人材育成等は数字だけの評価ではな
く、理念や目的を評価する必要もある。
●
促すうえでは良し悪しがあり、難し
い問題。新しい活動や挑戦的な事
業に、1回きりで助成する制度が
あってもいいかと思うが、それは、活
動のスタートを後押しするもので
あって欲しい。また、赤字補填の制
度になってはいけない。そういう意
味では、たとえば運搬車両の貸与
や広報費の助成など、的を絞った、
あるいは市や財団の持つスキルの
中で支援できる助成の仕組みもある
のではないか?
現在、文化会館の
利用規定の見直し
を検討しています。
交流館はH23年7月
より有料公演も使
用可となります。
● 文化会館など現在の施設の有効活用を
行うことでも、上記課題は解決できるので
はないか? たとえば、事前許可を受けた
文化活動に対し、平日活用されていない
ホールや会議室を安価に稽古場として貸
し出すなど。
● 市民の文化活動(非営利活動)に対し、現
在のホール利用料は高いのではないか?
交流館では入場料徴収ができない制度も
見直せないのか?=営利活動の定義のあ
いまいさ。たとえば、舞台製作にかかる必
要(経費)を入場料収入で賄うと、収益活
動として利用料が高くなったり使用できな
くなる場合がある。
● 文化関係者が気軽に交流や打ち合わせ
をできる場を整備できないか。文化会館
や美術館のロビーなどを交流サロンとして
もっと整備する。打合せや情報交換の場
としては現状は全く不十分。
委員名
施策の考え方
● 個性
仕組み・システム
● 資金援助
意見
情報発信・普及
● 広報アピール
事業の開催・機会の提供等
建物・設備・空間 (施設や場所に関すること)
● 会場の提供
二條 宗女
● 東日本大震災で、きびしい経済状況ではあ
永田 眞理子
● 豊田市はハードの部分では、美術館、コ
るが、心の糧としての文化を育てるべく、予算
をあまり減らさないでほしい。
私もアマチュアオーケストラなどで活動してい
るが、市の物心両面でのサポートが必要で
ある。
ンサートホール・能楽堂、交流館、図書館
など、とても充実している。
●
● 生活の流れの中で感じる文化度の向上
文化目線の組織横断を可能にす
る生活環境コーディネーターの設
置
市役所、文化会館、公園、遊歩道、
等々の佇まいに配慮、空間、景観の設
えを整える。
会館のロビー、ポスターの貼り方、チラ
シの置き方、看板の設置
市役所 駐車場管理
●
土を基盤に生きる人を育てる(自
活文化、自分を生きる文化)
1. そうした生き方、活動に対する
応援
2.自然に向き合いその厳しさ怖さ
を学ぶ場の提供(自然から学ぶ感
性)
植生、土壌、水系、道具、
総合的な指導環境を作る
山の提供
非就業者、壮・青年層、子ども
指導者の招聘
● 演目ごとにアンケートはとっているよ ● 多彩な事業をしているが、「知らない」とい
うだが、それをどう反映しているか。
う人も多い。もちろん関心のないものに
(これは観客)、自ら主体的に事業
は、いくらPRしても目が向かないかもしれ
(文化的な)している人達にヒアリング
ないが、もう少しPR・市民に知らせる努力
等をして、共働で文化を創り上げて
は必要かと思う。
いく必要があるのではないかと思
う。
伊丹 靖夫
釘宮 順子
中垣 和美
● 箱物は私はすでに整っていると思いま
● 箱物の運営・利用・宣伝の仕方。た
とえば美術館、能楽堂、コンサート
ホールなどトータルで商品化したり
する。いわゆる長いスパンで考える
プロデューサーが必要だと思いま
す。
鈴木 信教
● 市民の文化活動を支援する方法としては、
「情報の提供」や「機会の提供」、そして「場
の提供」を通じた活動支援が考えられます。
水野 春美
● いずれにしても、各文化団体の自主性・自
立を念頭に置き、市の役割としては、あくま
でも文化に対する「きっかけづくり」をサポー
トするに留めるべきと考えます。
す。
● 「情報」を通じた活動支援としては、各
文化団体が実施する事業の案内、各制
度の案内、各文化団体自身の案内など
が上げられます。
● 「機会の提供」を通じた活動支援としては、助成・ ● 「場の提供」を通じた活動支援として
補助金制度等の制度設計、体験・入門講座や
ワークショップ等の実施、公募展等による人材発
掘、展覧会等の活動成果の発表などが上げられ
ます。
は、練習や発表などの空間・施設の整
備が上げられます。
委員名
施策の考え方
● 音楽用の演奏会場、美術館、演劇用のホー
ルなどを利用しやすくするコーディネーター
の役割(を市が担うべき)
仕組み・システム
意見
情報発信・普及
事業の開催・機会の提供等
建物・設備・空間 (施設や場所に関すること)
● 交流館の活動や利用者に、今より子ども
豊田市福祉センターの
ホール(575席)が平成
23年度12月に開館しま
す。
福田 香緒里
や若者が増えるための支援
・交流館が利用できる時間の延長
・ホールの整備(現在より少し大きめの)
● 目的に応じた施設の整備
・クラッシック・・・コンサートホール、絵画
等の美術・・・美術館など、多目的なホー
ルではなく、○○のための施設の整備
東校跡地⇒芝居の専用ホール等
● 英国のグラスゴーやフランスのナントなど、か
樹神 基之
つて栄えた造船の町は20世紀後半に廃れた
が、いずれも文化の振興によって見違える
ように再生した。大震災という“国難”に遭っ
たあと、元気をなくしたトヨタの町も、同様の
方法で必ず活気を取り戻すことができると信
ずる。
● 世相や流行や天変地異などに関係なく、 ●
地道な活動を続けて成果をおさめている
グループや郷土芸能などをネット・広報
誌・タウン誌などを通して幅広く紹介して
ほしい。その際、サイトや記事の中で、
「後世にのこしたい文化財や歴史・伝統
は何か?」といったアンケートを実施してみ
るのはどうか。本当に優れた良い取り組
みには(市民がカンパなどの形で)必ず支
援の手が差し伸べられるものだ。市は広
報、仲介、あっせんなどの後方支援(サ
ポート)に徹すればいいと思う。
● 豊田の誇るべき美術館も現代美術がせっかく多いの ● 文化になるかわからないですが、老いも
佐藤 恵子
であれば(現代・近代美術にはある程度の知識がいる
ので)、ex.石ころなどで子どもの作品と抽象的な現代
作家との共作とか。子どもの美術教室とか。子どもの
美術教育に力を入れると、動員数は上がるとおもうの
ですが・・・。
若きも公平に享受できるものの1つに自
然があります。カルチャーセンターとかい
う物ではなく、人類はじめのアダムとエバ
の楽園が、すべての人に安らぎを与えら
れるのではと思うと、ニューヨークのセント
ラルパークのような? 緑地帯が美術館から
文化会館までの間にあり、美術館を中心
としたテーマパークetc.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
283 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content