close

Enter

Log in using OpenID

Page 1 11 名1 Tue. 11 名2 Wed. 11 名3 Thu. 11 14 Fri. 13:00〜14

embedDownload
※言
脅演テーマ は予告な しに変更させていただく場合がございま或 ぁ らか じめご了承 ください。
講 演会 G
13:00∼ 14:30(受 付 開始 12:30∼
「た た か う東 京
)
講演会D
「男女共生社会 に向けて∼ 企業が 出来 ること∼ 」
東 京 計 画 2030+」
早稲 田大学 特命教授
伊藤
1イ
1
字歴
Tue
略歴
昭和 30年 3月
昭和 32年 3月
昭和 37年 3月
昭和 38-40年
昭和40年 11月
昭和 56年 7月
平成4年 4月
平成4年 5月
平成6年 4月
平成 12年 4月
平成 13年 4月
平 成 14年 4月
∬
I字 博士
Wed
7年 菊竹清訓建築設計事務所入所。同所退所後、1985年 株式会社ブランテック総合計画
事務所、現株式会社ブランテック アツシエイツを設立。2005年 より代表取締役 .1988年 ア ら
)`
京大学工学部建築学科卒、東京大学大学院工学建築研究科修了フ
「オープンな風とイノベーション
「行動観察で いか にイノベ ー ションを 起 こすか
″ ″
″ ″
∼ 場 を観 察 し、場 を作る∼」
大阪ガス行動観察研究所株式会社
常務取締役 技術 開発部長
一 般 社 団 法 人 Moガ Ha Japan代 表 理 事
瀧田
佐登子 氏
松波
1イ
晴人氏
エ
国内 企業で UN X・ インターネット事業 に携わつた後、米国Netscapeの 開発現場でブラウザ
「
の国際化 日本語化 に従事。その後、2004年 にMoJ‖ D」 apanを 設立 し、2006年 代表理事 に就
任 ,MoJ祐 の製品や技術、オープンツースの普及啓蒙活動 を行う傍 ら、震應義塾大学大学院
や中央大学大学院理工学部で講師を務める。
1966年
1992年
20021手
2005年
勉006年
‐
日経 ウーマン・オブ・ザ・イヤー 2009リ ーダー部門受 目。2009年 度 日本 OSS貢 献者賞受宣.
2008年
第 9回 北東アジア05S推 進フォーラム特別貢献者寅受賞.
如 09年
日本の 業界で「ブラウザの母 Jと も呼ばれている,
「
2010年
「経 営者 (経 営)と 働 く人 の健康 の 両 立 は可台ヒか
2011年
2014年
大阪生まれ
人
「日
司工学関係の研究活動に従ヨ
大阪ガス (1末 Ⅲ入社 基雲研究所に配属.以笹2006年 まで研究所所属.生 里心理学、
コーネ ル大学 大学 院 にて修 士号 (Master Of sdence)取 得
(株)エ ルネットと契約 呟 行 動霞宗 ビジネスを開始
和歌 山大 学より博 士号 (工 学 )取 得 フ惇士 論文 のタイ トル は「家庭 用機 器 開発評 f面 フ [:セ ス における
行奎】
観冥手 法 に関する研究 J
(株)エ ル 、ノト技術 頭間、財団法人社会 │こ 済生 産性本部サ ー ヒス産業生 産性協議 会
「 科学的 工学
'ユ
テ委員会J委 員就任 .編 著 fヒ ット商品を生 む 観 察工学_(共 立 出版 )を 出版
的アブロー
大阪カス 行動 観寮研究所 を設 立 呟 所長 に就任
明治大 学サ ー ヒス創新研 究所 の副所長 に就任
経済産業 省サ ー ビスエ学 推進委員会委員 に就任
大阪ガス行動 観票研究所株 式会社設 立、常務取鴇役 技術開発部 長
「 メガ トレン ドか ら考える企業戦略
―職場環境病予防と企業未来の創造―」
「知平面」
「ライフサイクル」
3つ の
の風景と
の宿命」
科学で見た
特定非営利活動法人 健 康経 営研 究会 理事 長
岡田
1イ
Fri
麻子氏
1985年「読 売 ベ レーサ Jに 入 団.以 l 峰 、キャブテンとして活理 .ま た代 表選 手 として も北京 広 島でのアジア大会
では銀 メダル獲得 日FA女 子世 界選手権 には2大 会 出場 な ど括 躍 .1996年 日本 女 子 サ ツカー史上 切となるア ト
ランタオ リンピック大 会 に出場 .2000年 前 年 1多 箔 した松下 ハナソニ ックバ ン ピー ナよリン リコンパ レー レッド
フO07年 指導者 とし
デ ビルス(USA)に てブレー後婦 国 スベ ランツアFC高 機 に移 篤、2004年 惜 しまれ つ つも号1退 、
てスター ト
⊇009年 サ ッカー20続 以下 女子 代表 コーチ就任
2010年
サ ッカー i6歳 以下女子代表 コーテ就任
就
20"年 サ ッカー 17歳 以下女 子代表 コーテ 任
6月 21日 、日本 のサ ツカー指導者 としては最高位 のライセンスで ある (財 )日 本 サ /カ ー協会 公認S級 ライセンス
を取得。(女 性で ,よ 3人 目)
2013年 リトルなで しこジヤバン (サ ツカー 16歳 以下女子代∋ 監督就任
20,4年 アジア女子 サ ツカー選 手権 大会で優勝、同年4月 W杯 にて優勝
∼Mozilla Firefoxの 挑戦∼」
4
高倉
rヽ
19フ
であり経済同友会 幹事。2003年 内閣宮房 戦略の今後の在 り方 に関する専門調査会委員、
「
`
2009年 メ
〕
ら2010年 には国土交通省 成長戦略会議 委員 国際展開での座長を務 める。東
Thu
リトル な で しこジャバ ン監 督
匡氏
2000年 まで 日本大学や早稲田大学で講 師を務める。日本建築学会、日本建築 家協会の会員
3
映子氏
「女性 のパ ワー が組織 を元気 にする !」
一
持
一
封
う‘
2
大宅
1941年 、東京生まれ。
1963年 、国際基督教大学卒業後、PR会 社勤務。
1978年 から始 めたマスコミ活動では、国際問題 国内政治経済か ら食文化・子育てまで守備
範囲広 く活躍し、大所高所からの視野と同時に個人 の立場で発言 す る切れ味のよいコメント
が好評である。
「地 球 的規模 の環 境問題 に関
これまで多 くの審議会 の委員をつとめてきた ヽ
、その範囲 は、
「行政改革委員会」、
「警 祭刷 新 会議」、
「医療保 険福祉審議会」、
「教育改革国民
する懇談会」、
「
「年金業務
社会保険庁監視等委員会
Jな
ど広 範囲 に及び、日本 の構造
会議 J、 税制調査会 J、
「
6月
つてきた。
2002年
からつとめた
四公
とく
に
道路関係
国
民営化推進委員会
Jで は
改革に関
最後まで監視 の役を全う。
株式会社 ブランテックアツシエイツ
代表取締役会長兼社長
建築家
大江
L
,っ
「建築とファシリティ構築のイノベ ーシ ョン」
1イ
評論 家
蛮益財団法人大宅壮一文庫理事 長
十 ,
滋氏
東京大 学農学部林学科 卒業
東京大 学工学部建築学科 卒業
東京大 学大学 院工 学系 研究科博 士課程建 築学専攻 修了
MITハ ーバー ド大学共 同都 市研 究所 客員研 究員
東京大 学 工学部都 市工学科 助 教授
東京 大学 I学 部都 市工 学科 教授
慶應義 塾大学 環 境情報学部 教授
東京大学 名誉教 授
巨 應義 塾大学大学院 政策 メディア研究科 教授
慶医義塾大学大学 院 政策 メディア研究科 客員教授
早稲 田大 学理 工学部 教授
早 稲 田大学 特命 教授
15:30∼ 17:00(受 付 開始 15:00∼ )
株 式 会社盛 之助 代表取 締 役 社長
邦夫 氏
川口
盛之助氏
▲
大 阪市 立大 学大 学院 医学研 究科修 了。大 阪ガス株式会 社本 社産 業 医を経 て、大 阪ガスク
ループ統括 産業医となる。NPO法 人健康経 営研 究会理事長 として、健康経 営の普及啓発 に
努める。2014年 4月 よリブール学院大学教育学部教授、同健康・スポーツ科学 センター長 .日
本 医師会健康スポ ーツ 医学委員会委員、大阪府医師会健康スポ ー ツ医学委 員会委員。専 門
1961年 生 まれ ,慶 応 義 塾 大 学 工 学 部 卒 、米 イ リノイ大 学 理 学 部 修 士 課 程 修 了 .日 立 製 作 所 で
十
や 部 品 、生 産 技 術 な どの 開 発 に携 わ った 後 、アー サ ー Dリ トル (ADL Japan)に 参 画 、同
材 米ヽ
・デ イレクタ ー を 務 め た後 、2013年 株 式 会 社 盛 之 助 を設 立 。国 内 の み な らず ア
社 ア ツシ エ ー ト
ジ ア各 国 の 政 府 機 関 か らの招 鳴 を 受 け、研 究 開 発 戦 略 や 商 品 開 発 戦 略 な どの コンサ ル テイン
は、スポーツ医学 産業 医学分野 における健康管理.厚 生 労働省、文部科学省のメンタルヘ
グを行 う.近 著「 メガ トレン ド」で は 、独 自の 方 法 論 か ら導 き 出 す 精 徹 で 広 霊 な 未 来 予 測 分 析 を
子来 社 会 ビジ ョ
行 い 、各 界 で 高 い 評 価 を 受 ける。同 書 の 世 界 観 を ベ ー ス に した 文 部 科 字 省 の 】
ルスに関連 した委員会委員を歴任。著書「安全配慮義務」他。
ン策 定 フ ロジ ェク トや 、自民 党 の「 国 家 戦 .各 本 部 Jこ お ける ビジ ョン策 定 な どに も携 わ る。レク
チ ャー の 達 人 としても知 られ 、TEDxTokyoで の TonetTa kは40万 回 再 生 とい う異 例 の 反響 を 得
て い る。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
109
File Size
172 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content