close

Enter

Log in using OpenID

22 褥瘡発生率 23 入院中の肺塞栓症の発生率

embedDownload
22 褥瘡発生率
▶項目の解説
褥瘡(床ずれ)は患者の生活に大きな悪影響を与え、入院の長期化
にもつながりますが、
適切な診療により予防しえるものでもあります。
褥瘡の治療はしばしば困難であり、発症予防がより重要となります。
知識の蓄積、予防の計画、予防の実施にかかる総合力を評価します。
褥瘡発生率
1.460%
H16
233/15,963
▶定義
一か月あたりの褥瘡発生率(入院してから新しく褥瘡を作った患者
数の比率)
。
算式
(歯科を含みます)
分母:新規褥瘡発生患者数
分母:前月末日の在院患者数+当該月新規入院患者数
0.931%
H17
H18
161/17,296
0.690%
124/17,965
単位 %
期間 年間
H19 0.536% 97/18,113
コメント
本院では皮膚排泄ケア認定看護師を中心に、褥瘡対策チームと
して褥瘡の発生を予防し褥瘡の早期発見・早期治療・早期治癒・
悪化予防に努めています。
H20 0.619%
118/19,077
H21 0.609%
123/20,185
0%
1%
2%
3%
23 入院中の肺塞栓症の発生率
▶項目の解説
肺塞栓症は血栓(血のかたまり)が肺動脈に詰まり、呼吸困難や胸
痛を引き起こす疾患であり、
程度によっては死に至る場合もあります。
長期臥床や骨盤部の手術後に発症することが多いです。エコノミーク
ラス症候群も肺塞栓症の一種ですが、入院中においては適切な診療に
より、かなりの部分が予防可能です。
本指標により、肺塞栓予防に対する病院全体の取り組みを評価しま
す。特に術後発生が多いため、術後の肺塞栓症発生率を別掲として算
出することも推奨されます。
コメント
入院中の肺塞栓症の発生率は平成21年度に若干上昇しましたが、
経年的には低下の傾向にあります。今後とも病院全体で肺塞栓症
の発生を防いでまいります。
入院中の肺塞栓症の発生率
H16
0.202%
19/9,405
▶定義
入院中の肺塞栓症の発生率。
独自定義
①DPC
(様式1)の入院後発症疾患名に病名登録されているだけでは、
確実に治療が行われたのか不明であり、またDPC対象外の患者は含
まれていません。そこでDPCに関係なく入院中に肺塞栓症が病登録
され、かつ通常肺塞栓治療に使用する「ヘパリン」
、
「ウロキナーゼ」
、
「ワーファリン」が投与されている患者数を、入院中に発症した肺
塞栓症の患者数(かつ実際に治療が行われた患者数)と仮定します。
②肺塞栓症はICD-10コードがI26$の病名とします。
③疑い症例は除外します。
算式
分子:入院中に発症した肺塞栓症の患者数
分母:全入院患者数
単位 %
期間 年間
21
H17
H18
H19
H20
H21
0.0%
0.148%
16/10,813
0.128%
15/11,747
0.132%
0.106%
16/12,085
14/13,253
0.122%
0.1%
17/13,949
0.2%
0.3%
0.4%
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
52
File Size
130 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content