close

Enter

Log in using OpenID

学科Ⅱ 環境・設備 H23・02 問題 1 室内の温熱・空気環境に関する次の

embedDownload
学科Ⅱ
環境・設備
H23・02
問題
1
室内の温熱・空気環境に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.
SET*(標準新有効温度)が20℃の場合、温冷感は「快適、許容できる」の範囲内と
されている。
2.
開放型燃焼器具の使用により室内の酸素濃度が18%以下になると、不完全燃焼によ
る一酸化炭素の発生量が増加し、一酸化炭素中毒の危険性が高くなる。
3.
冷たい壁面による温熱の局所不快を防ぐためには、放射の不均一性(放射温度の差)
の限界を10℃以内にすることが望ましい。
4.
椅座位の場合、くるぶしの高さ(床上0.1m)と頭の高さ(床上1.1m)との上下温度差
は3℃以内が望ましい。
正答──1
1.
新有効温度 (ET*) は、人体の温熱感覚を表す温熱指標の1つであり、ある環境に
おける人体の発汗状態と平均皮膚温にもとづいている。標準新有効温度 (SET*)
は、相対湿度50%、椅座位、静穏な気流に標準化したときの新有効温度である。
アメリカ空調学会(ASHRAE)は、80%以上の人が環境に満足感を覚えるのは、標準新
有効温度が22.2~25.6℃の範囲としている。したがって、20℃ではやや寒いと感じ
る。
⇕ឤぬ
ᶆ‽᪂᭷ຠ ᗘ㹑㹃㹒㸦Υ㸧
解説
෭ឤ
㝈⏺
㠀ᖖ࡟ᬬ࠸
య ୖ᪼ య ㄪ⠇୙Ⰻ
㠀ᖖ࡟୙ᛌ
ᬬ࠸
⃭ࡋ࠸Ⓨờࠊ⾑ὶ࡟ࡼࡿᅽ㏕ឤࡢቑຍ
୙ᛌ
ᬮ࠿࠸
ࡸࡸᬮ࠿࠸
࡞ࢇ࡜ࡶ࡞࠸
ᛌ㐺
⏕⌮ⓗ୰❧
ࡸࡸᾴࡋ࠸
ᾴࡋ࠸
⏕⌮⌧㇟
ᛌ㐺ឤ
ᐮ࠸
㠀ᖖ࡟ᐮ࠸
ࡸࡸ୙ᛌ
୙ᛌ
ᨺ⇕㔞ࡀቑຍࡋ⾰᭹ࡲࡓࡣ㐠ືࡀᚲせ
ᡭ㊊ࡢ⾑⟶཰⦰ࠊࡩࡿ࠼
యࡢᮎᲈ㒊ศ࡬ࡢ⾑ὶࡢᚠ⎔୙㊊࡟ࡼࡿ➽⫗③
⇕ឤぬ࡜⏕⌮⌧㇟࣭೺ᗣ≧ែ࡜ࡢ㛵ಀ
2.
開放型燃焼器具は、室内の空気を燃焼のために使用し、燃焼ガスを室内に排出する
方式である。大気中の酸素濃度は通常21%程度で、これが18~19%以下になると、
人体が呼吸困難などの酸素不足を感じるより早く、開放型燃焼器具の不完全燃焼に
より一酸化炭素が急増し、人体に危険を及ぼす。
3.
壁面や天井において、放射温度(=表面温度)の差が大きいと放射に不均一が生じ、
平均放射温度が適切であっても不快に感じることがある。特に、冬期の冷たい壁面
(窓を含む)では、窓の表面温度が壁面の表面温度よりもかなり低く、放射に不均一
が生じやすいが、その場合でも、放射の不均一性(放射温度の差)の限界は、10℃
以内である。不均一放射による不快感を防ぐには、特に窓の断熱計画が重要である。
なお、不均一性の限界は、部位(天井・壁)とその温度(暖かい・冷たい)によっ
て異なる。暖かい天井の放射の不均一性が不快感に与える影響は、冷たい壁面より
も大きく、その限界は5℃以内であり、また、冷たい天井、暖かい壁に関しては不
快感が少ない。
[参考]
上下温度差、床暖房時の床表面温度、放射の不均一性に関する数値は、
ISO(国際標準化機構)において、PPD(予想不満足者率)が10%以下と
なる範囲をもとに定められている。
4.
暖房時は、一般に、室内の床付近の温度が低く、天井に向かって温度が高くなるが、
この上下温度差が大きくなると、頭付近やその上方ばかりが暖かくなり、足元が寒
く、不快に感じられる。椅座位の場合、くるぶし(床上0.1m)と頭(床上1.1m)との
上下温度差は、3℃以内が望ましい。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
520 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content