close

Enter

Log in using OpenID

(ゾーンディフェンス禁止)について

embedDownload
P.1
指導者 各位
福岡県ミニバスケットボール連盟
技術普及部・審判部
福岡県におけるマンツーマンディフェンスの推進(ゾーンディフェンス禁止)について
日本バスケットボール連盟から、2015年度の全国大会よりゾーンディフェンスは禁止という達示があり
ました。九州ミニバスケットボール連盟も全九州大会よりゾーン禁止を決定しました。
そこで、福岡県ミニバスケットボール連盟は、今年度の県交歓大会(8月)、県選手権大会(11月)、にお
いて、マンツーマンディフェンスを推進(ゾーンディフェンスを禁止)するというように決めました。
ゾーンディフェンス禁止については公式には、JABからの達示はきていませんが、日本ミニ連の研修会
および研修会資料をもとに福岡県ミニ連独自で作成しました。
正式な伝達が下りた場合は、変更していきます。
<コミッショナー>
・コミッショナーは本連盟が任命した役員が行い、以下の基準でゾーンディフェンス禁止に関する違反を
判定する。
・違反に対して、ゲームクロックが止まっている時に審判と協議し、必要な場合はチームの指導者に
その内容を伝達する。
※コミッショナーからの指導は、基本的にはゲームの勝敗や点差に関係なく必要と判断されたときに
行うものとする。
・チームの指導者は、その場で速やかに自チームの選手に指導をしてください。
なお、コミッショナーからの指導に対するクレーム、異議は認められません。スムーズなゲーム運営
進行にご協力をお願いいたします。
※このときの指導に関してはタイムアウトではありませんので、ゾーンディフェンス以外の指導は禁止
します。
<マンツーマンのはじまり>
・オールコートマンツーマンはOKとする。
・マンツーマンプレスはOKとする。
・守るゴールのハーフコート内のスリーポイントエリア付近(約7m)からは(マンツーマン)ディフェンス
を始める。
※制限区域までとりあえず戻ってからマッチアップするような指導はしないこと。
※オフェンスチームは、ファストブレイク以外、バックコートに選手を残すようなオフェンスをしないこと。
<ボールマンへのマッチアップ>
・守るゴールのハーフコート内約7mのエリアでは、オンボールには1.5mまで近接してディフェンス
すること。
※1.5m以内に近接しようとしないディフェンスプレーヤーは指導の対象とする。
自陣ゴールから
約7mのエリア
距離の制限なし
TO
↓オフェンス方向
1.5m
約7m
ベンチエリア
:オフェンスプレーヤー
:ボール
:ディフェンスプレーヤー
P.2
<ボールマン以外へのマッチアップ>
マンツーマンディフェンスをしているかの基準を以下のA~Dとする。
(目のコンタクト・手のコンタクト・声のコンタクト)。
A:ディフェンスの視線
体をボールの方に向け、ボールだけを見続けることがないように指導すること。
B:ピストルやボールとマークマンの両方に手のひらを向ける行為
C:ナンバーチェックやコミュニケーション(「スイッチ」・「ローテーション」・「2番」・「3番」などの声出し)
自分のマークマンをきちんと意識すること。
マークマンが曖昧になり、結果的に漠然と場所を守ってしまうことが無いようにすること。
D:マークマンへ直接触れる行為
視線がボールを向いていてもマークマンへ直接触れることでマークマンに対する意識を失わない
ようにすること。
※A~Dを一つも実施しない、ボールにばかり意識を奪われA~Dを一つも持続できないプレーヤーは
指導の対象とする
※ヘルプ・スイッチ・ローテーション・リカバリーをきちんとすること
<ダブルチーム>
・オンボールへのダブルチーム(トラップ)はOKとするが、トラップが収束したら直ちにマッチアップを
し始めていること。
※トリプルチームはNGとする
↓オフェンス方向
↓オフェンス方向
②
②
①
②
②
①
①
①
③
ローテーショ
ンして新たな
マッチアップ
④
ダブルチー
ムOK
③
④
ローテー
ションOK
③
④
ダブルチームが
収束
③
④
・ボールを持っていない選手へのダブルチームはNGとし、スローインのときもこれを適用する。
↓オフェンス方向
スローワーのマークマ
ンがマッチアップせず、
レシーバーへダブル
チームするのはNG
↓オフェンス方向
④
②
<ボールマンへのマッチ
アップ>と同様とする。
ボールに背を向けるの
はNG
②
①
①
ボールを持ってい
ない選手へのダブ
ルチームはNG
①
④
②
②
③
①
③
P.3
<ヘルプディフェンス>
・ディフェンスが抜かれた場合、ヘルプサイドからのヘルプはOKとする。
・3線目のディフェンスは、抜かれていないのにヘルプすることはNGとする。
※2線目のディフェンスが、ボールマンが抜かれる前にヘルプを見せることは問題ないが、その後は
直ちに<ボールマン以外へのマッチアップ>を意識しなければならない。
・3線目のヘルプディフェンスの準備は、ミドルラインを越えてボール側に両足を踏み込んで位置取り
することはNGとする。
ボールサイド
ヘルプサイド
↓オフェンス方向
↓オフェンス方向
ヘルプして
もOK
③
ドリブル
3線のディフェンスが、抜かれる
前から、ダブルチームに行かず
に、ヘルプディフェンスを行うこ
とはNG
ドリブル
①
①
ヘルプして
もOK
④
④
ヘルプではなく、ダブ
ルチームという認識で
OK
⑤
①
①
④
④
③
※トリプルチームはNG
③
ミドルラインを越えてボー
ルサイドに両足を踏み込
んでポジショニングするこ
とはNG
②
⑤
③
②
②
②
ミドルライン
<スイッチ・ローテーションディフェンス>
・スイッチ、ローテーションディフェンスはOKとする。
・スイッチ後のオフボールにマッチアップしている選手が、P2の<ボールマン以外へのマッチアップ>に
あるA~Dを一つもしていない場合は、指導の対象とする。
※オフボールのディフェンスどうしのスイッチ、ローテーションはNGとするが、パスが投げられようとして
いるときはこの限りではない。
・ローテーションについても同様とする。
※スイッチ、ローテーションを行った後も、新しいマークマンへの意識を持ち、マンツーマンディフェンス
を維持すること。
<罰則について>
・ゾーンディフェンス禁止の違反に対する罰則は設けない。
※但し、コミッショナーからの指導を無視する行為、異議を唱えてゲームの進行を遅らせる行為は
通常のベンチテクニカルの対象とする。
<その他>
上記の項目に違反したからといって、即座にゾーンディフェンスと判断されるわけではない。
選手の学年、技術によるところも配慮し、マッチアップの意識が感じられるかどうかを判断基準とする。
急なお知らせで申し訳ございませんが、ご理解いただき、子どもたちへの指導をお願いいたします。
この文章だけではゾーンディフェンス禁止についての全てを表現できない場合があるかと思います。
その場合、各ゲームでのコミッショナー、大会役員の判断を尊重頂きますよう、併せてお願いいたします。
すべては、「バスケは楽しい」、「1対1はおもしろい」を原点としています。
※ ゾーンディフェンス禁止については、相手チームへのクレームは禁止とします。
クォーターの間やハーフタイムにコミッショナーに相談をおねがいします。
※ ゾーン禁止については、今年度は過渡期にあります。新しい資料等が来ましたら随時変更して
いきます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
245 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content