close

Enter

Log in using OpenID

脂質異常症(外来) 症例 1 【患者】55 歳、男性 【主訴】特になし 【臨床

embedDownload
脂質異常症(外来)
n
症例 1
【患者】55 歳、男性
【主訴】特になし
【臨床診断名】脂質異常症、2 型糖尿病、高血圧
【現病歴】
昨日 TV を見ていたら、「コレステロールが高いと心筋梗塞になりやすいので、健診で異常が出たらすぐ
病院へ!」と言っていた。先日受けた健康診断では中性脂肪が高く、要治療とあったので受診した。
【既往歴】50 歳:2 型糖尿病(指摘はされていたものの医療機関は受診せず)
【家族歴】父が脂質異常症(+)、高血圧症(+)
【社会歴】警備員(週休 2 日、夜勤無し)。妻と 2 人暮らし。2 人の子供は既に独立。
【生活習慣】喫煙:10 本/日×35 年、飲酒:焼酎水割り 3 杯/日、運動習慣は全くなし、昼は外食
【身体所見】
身長:170cm、体重:80kg、BMI:27.7kg/m2、腹囲:92.5cm
バイタルサイン 血圧:140/88mmHg、脈拍:66/分(整)、体温:36.8℃
眼瞼および眼瞼結膜:黄疸(-)、貧血(-)、口腔内:異常なし
頸部リンパ節・甲状腺:触知せず
心雑音:なし
肺ラ音:聴取せず
腹部:肝脾触知せず、手指振戦(-)
下肢:浮腫(-)、アキレス腱反射の低下(-)、腱黄色腫(-)
【薬歴】なし
【アレルギー歴、副作用歴】ともになし
【検査値】朝空腹時採血(今回来院時)
T-Cho 268mg/dL、TG 380mg/dL、LDL-Cho 165mg/dL、HDL-Cho 38mg/dL、血糖 139mg/dL、HbA1c
7.2%(NGSP)
RBC 468×104/mm3、Hb 14.7g/dL、Ht 45.0%、WBC 7200/mm3、Plt 16.1×104/mm3、
T-Bil 0.8mg/dL、D-Bil 0.2mg/dL、LDH 129IU/L 、AST 32IU/L、ALT 40IU/L、
Na 137mEq/L、K 3.6mEq/L、Cl 103mEq/L、TP 6.3g/dL、Alb 3.7g/dL
ALP 203IU/L、γ-GT 63、BUN 16.7mg/dL、Cr 0.8mg/dL、UA 6.1mg/dL
尿蛋白(-)、尿糖(±)、尿潜血(-)、ケトン体(-)
【Problem List】
#1 脂質異常症
#2 2 型糖尿病
#3 高血圧症
【Clinical Question】
Q1.本症例の心血管イベントのリスクはどの程度は?
① 低リスク
② 中リスク
③ 高リスク
Q2.本症例での脂質管理の目標値は? また、脂質管理の目的は?
① LDL-C はコントロール不要
② LDL-C 160mg/dL 未満
③ LDL-C 140mg/dL 未満
④ LDL-C 120mg/dL 未満
⑤ LDL-C 100mg/dL 未満
Q3.本症例で薬物治療は必要か? また、薬物治療を行う場合の推奨薬は?
① 非薬物治療のみでよい
② 薬物治療は必要、スタチンを推奨
③ 薬物治療は必要、フィブラートを推奨
④ 薬物治療は必要、エゼチミブを推奨
⑥
薬物治療はスタチン+フィブラートを推奨
Q4. 本症例で推奨するスタチンと投与量とその理由は?
① プラバスタチン 5mg or 10mg
② アトルバスタチン 5mg or 10mg
③ ピタバスタチン 1mg or 2mg
④ ロスバスタチン 2.5mg or 5mg
⑤ その他
Q5. スタチンの注意すべき副作用とその初期症状、客観的情報は?
① 横紋筋融解症
② 肝機能障害
③ 急性腎障害
④ 糖尿病
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
82 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content