close

Enter

Log in using OpenID

LDLコレステロールが異常高値を示した1例

embedDownload
演題No3
●LDLコレステロールが異常高値を示した1例
松嶋 和美1、杉内 博幸1、前田 香緒里3、西村 仁志2、池田 勝義2、安東 由喜雄3
1
3
熊本保健科学大学保健科学部 医学検査学科、2熊本大学医学部附属病院 中央検査部、
熊本大学大学院生命科学研究部 病態情報解析学分野
集めた。この際の分離は、溶離液として0.15 mol/l
【はじめに】
LDLコレステロール(LDL-C)の測定は、脂質
NaClと1mmol/l EDTA(pH 7.4)、流速0.5
代謝異常の解明や動脈硬化の予防・診断・治療に
ml/min の条件で行った。次に、分離した各フラ
有用である。今回我々は、LDL-Cが1,000 mg/dlを
クション溶液のTC、中性脂肪(TG)、リン脂質
越える異常高値を示し、測定法間で乖離が顕著で
(PL)、遊離型コレステロール(FC)、アポリポ蛋
あった薬剤性肝障害の1例をHPLC分析にて経過
白、LDL-C、HDL-Cを測定し、解析を行った。
観察し知見を得たので報告する。
【結果】
超遠心で分離したLDL分画+HDL 分画をHPLC
【症例の経過】
48歳、男性。膠原病類縁疾患で免疫抑制剤、ス
で解析した。その結果、LDL分画に、コレステロ
テロイド投与後、黄疸が出現し、それに伴い各種
ールの2相性のピークが出現し、1つのピークは
酵素、脂質の上昇が見られた。
アポリポ蛋白Bを有し、健常人血清のLDL(比重
検査所見(2011年9月16日):総ビリルビン
1.019∼1.063)と粒子サイズが同じ位置であった。
(T-Bil)9.7 mg/dl、γ-GT 7165 U/l、ALP 2058
もう1つのピークはLDLよりも粒子サイズの大き
U/L、ALT 347 U/l、AST 173 U/L、TC 1126
い位置に出現し、アポリポ蛋白Bを有しないでPL、
mg/dl、HDL-C 8 mg/dl、LDL-C 1187 mg/dl(積
FCが著しく増加していた(Lp-Xと判定)。次に、
水)、LDL-C 14 mg/dl(協和)で免疫抑制剤によ
HPLCで分離した各溶離液中のLDL-Cを各直接法
る薬剤性肝障害が疑われ、免疫抑制剤が中断され
で測定したところ、Lp-X分画に対する反応性は各
た。その後、これらの検査項目の経時変化を2011
LDL-C直接法間で著しく異なった。また、経時変
年11月までの約1ヶ月間観察した結果、各測定値
化でT-Bilの減少に伴い、LDL-Cも減少し、Lp-Xの
はゆるやかに低下しLDL-Cの方法間差も解消され
ピークも消失していった。それに伴いLDL-C直接
た。
法間での乖離も小さくなった。
【考察】
【方法】
LDL-Cが異常高値を示した検体を超遠心法にて
HPLC等の分析所見から、本症例は薬剤性肝障
LDL分画+HDL分画(比重1.006以上)を分離し
害によってLp-Xが血清に出現したものであり、
た。さらにこのLDL分画+HDL分画を、ゲルろ過
TCおよびLDL-Cの高値の原因はLp-X-Cに由来す
カ ラ ム ( Superose 6 10/300 GL : 米 GE
るものであった。胆汁うっ滞症で動脈硬化の診断
Healthcare Bioscinence社)2本を装着したHPLC
ToolとしてLDL-Cを測定することの有用性は低い
(SC 8010 HPLC system:東ソー(株))に注入し
が、Lp-Xは肝外性胆汁うっ滞の特異的な指標とも
て、リポ蛋白の粒子サイズに基づいて分離し、そ
考えられており、測定結果の解釈には十分な注意
の溶離液を1分間隔でフラクションコレクターに
が必要である。
52
生物試料分析 Vol.35 No.1 2012
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
700 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content