close

Enter

Log in using OpenID

専門家に関するコンプライアンスポリシーと NDA

embedDownload
総則付属書 1
専門家に関するコンプライアンスポリシーと NDA
2015 三月
1.
総則と義務
1.1
アテネウムスのコンプライアンスルールは、アテネウムと専門家によって提供されるすべてのサービス
が関連する法的規制に完全に準拠し、利益上の紛争が存在しないことを保証するために作成される。フ
レームワーク、契約上で観察にバインドされる専門家のルールを設定する。
1.2
各専門家はアテネウムで調達したサービスを提供するか、使用する場合、彼または彼女がすべてのアテ
ネウムコンプライアンス規制に準拠することをここで宣言する。
1.3
アテネウムコンプライアンスポリシーは、すべてのサービスに適用される 5 大原則に基づく:
-
表面上の利益損失、又は本当の利益損失を問わず、専門家による提供されるサービスにより、
利益上の紛争を起こされないとする。
-
専門家に提供されるサービスは、専門家と他の人又は企業(専門家を雇用する人またはかつて
の雇用主、または専門家からワークサービスを受けた人又は企業、又は専門家がサービスを提
供する時、ルートとして利用される人又は企業)との間の契約を違約しないように注意しなけ
ればならない。
-
専門家に提供されるサービスは、専門家と他の人又は企業(専門家を雇用する人またはかつて
の雇用主、または専門家からワークサービスを受けた人又は企業、又は専門家がサービスを提
供する時、ルートとして利用される人又は企業)法的な違反行為、任意形の権利侵害、又は専
門家が義務を持つ個人又は会社の行為準則に違反することを起こす傾向がないとする。
-
専門家に提供されるサービスにっよって、公衆などが知らない情報のミュニケーションと開
示、又は上場企業に関する商法で第三者への開示することに導くことがないとする。
-
専門家によるサービスの提供は、適用法に違反しないとする。
2.
専門家の義務
2.1
各専門家は、指令なしに独立して行動しなければならない。独立請負業者として、彼らはアテネウム又
は雇用者であるクライアントを記述する資格を与えられないことを認める。専門家は独立第三者として
アテネウムを代表する資格を有しないとする。
2.2
各専門家は、第 4 項の規定に準拠して、コンサルティング·サービスやクライアントまたはそのアイデン
ティティに関するすべての情報を開示することについて、厳格に守秘義務を守る。
2.3
一切な場合においても、専門家が法律および/または規制によって保護される任意の情報の知識を明らか
にしたり、渡すことは禁止される。
2.4
専門家は、従業員、ボードメンバー、ディレクター、マネージャー、代表またはコンサルタント(また
は、同様性質のタスクを実行する)として雇用される会社に何のコンサルティングサービスおよび/また
は法律に違反するコンサルティングサービスをを提供しないとする。専門家は 0~6 ヶ月以内で仕事終了
でやめた会社の財務や会計部門にコンサルティングサービスを提供しないことに同意する。買収プロセ
スに関与する会社の従業員、理事会メンバー、役員、管理職、担当者やコンサルタントをしている専門
1
家は関係なく、自分の会社が買収で入札者またはターゲットであるかどうか問わず、(または、彼同様
性質のタスクを実行する)買収提案が確定される前に、当該プロセスに関与する資格を持たないとする。
2.5
専門家は、従業員、ボードメンバー、ディレクター、マネージャー、代表またはコンサルタント(また
は、同様性質のタスクを実行する)として雇用される会社の直接競合企業にコンサルティングサービス
を提供しない事について同意する。
2.6
専門家は行政官や公務員である場合、公務員に適する倫理や手順に関するすべての規定に厳格に準拠と
する。行政官や公務員は、彼らを雇用する機関または部門に直接に関係する内容を含むコンサルティン
グサービスを行なわないことについて同意する。
2.7
専門家は、財務アドバイザー/投資顧問/仲介、代理店、または財務顧問/投資顧問の代表として登録しな
い、および/または働かないことについて保証を提供しなければならない。さらに、専門家は、投資、法
務、医療、会計またはその他の規制に関するアドバイスを提供しないことに同意する。の義務はまた、
あらゆる種類の有価証券に関連するにコンサルティングや取引推薦(購入、販売または他の貿易形態)
に関連する。
2.8
専門家は、偽物の情報または誤解を招く情報または誤った経験、訓練や雇用またはアテネウムとの依存
関係で、または今後で獲得した知識、または任意クライアントの知識を伝播しないとする。専門家はま
たアテネウムの秘密な伝記仮定を定期的に見直し、更新することに同意する。この定款について、彼ら
がプロジェクトに参加する、又はコンサルティングサービスを提供する前に、同意しなければならない。
2.9
各専門家は、総則と条件に基づき、アドバイスの要求を受け入れることが適切であるかどうかを決定
することに対して、彼又は彼女は完全に責任を負う。雇用主からの許可を得なければならない場合は、
コンサルティング·サービスを開始する前に当該許可を申請するのは専門家の責任である。コンサルティ
ングサービスを提供するために許可されているかどうかを問わず、専門家が完全状況が知らなければ、
問題が決定的に解決されている前に、一切な要求を受け入れることは禁止される。アドバイス要求を受
けるかどうかについて、専門家自分自身で判断する。
2.10
専門家はサービスを提供する前に最低でも、アテネウムエキスパートコンプライアンスチュートリアル
の前文を読むことについて同意する。専門家全員に対して、アテネウムは二度チュートリアルを読ませ、
彼らの読み結果を適切に確認する権利を有する。
3.
腐敗防止と収賄防止及び他のルール
3.1
契約発効期間で、アテネウムはコンプライアンス上のすべての必要かつ有意義な要件を満たすように設
計されるアテネウムの自分の規制とプロセスステップに従って、適切と判断する場合は実行する。
3.2
専門家がサービスを提供する時、いかなる種類の不適切な財務上利益またはその他の恩恵を付与される
可能性がある場合は、専門家は速やかアテネウムに通知しなければならない。
3.3
アテネウムに直接に関係するすべての人が授与委員会の意味におけるサービスを実行する場合、書面契
約で当該権利をアテネウムは認める。それに、当該人はアテネウムの総則と条件に準拠とする。
2
4.
開示不可と守秘義務原則
4.1
本契約の守秘情報は以下の内容を含む(a)すべての口頭または書面による操作、ビジネスの秘密、ドキュ
メント、およびその他の情報、専門家にプロジェクトの実行のために委託される資料、機密ラベルをつ
ける物、機密性を有する要素、やその他の状況;および(b)委託サービスと他の作業結果。
4.2
この契約は定款は、一般的に知られている情報、アテネウムによって告知される前に専門家がすでに知
った情報、又は独立して開発されていること、又は合法的に取得した情報、または法定の規定に基づき
作成される。当局または第三者に開示する情報に対して適用しないとする。、。
4.3
専門家は、直接的または間接的に取得したすべての機密情報を厳格に処理して、アテネウムの書面によ
る事前の許可なしに第三者に当該情報を渡さないことについて同意する。
4.4
専門家はその機密性を確保するためのすべての適切な予防措置を講じなければならない。
4.5
当該非開示契約定款は、協力期間だけでなく、契約終了時点から 3 年間以内で有効とする。非開示契約
定款は、協力失敗またはイベントの早期終結を問わず有効とする。
4.6
発行されたすべての書類のコピー、作業文書や材料などの文書は要求に応じて返さなければならない。
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
293 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content