close

Enter

Log in using OpenID

尿の管を入れて自宅で生活される方へ 尿の管を入れて自宅で生活される

embedDownload
尿の管を入れて自宅で生活される方へ
尿の管は、自然に尿をからだの外に出すことができない時に
入れて、膀胱内に尿がたまりすぎるのを防ぎます。
次の点を十分注意して見ましょう
1
尿は出ていますか?
尿の量 にごり 血液のまじり 色 管の詰まり
管の折れ曲がり 管のつぶれ 尿道口からのもれ
2
痛みはありませんか?
おなかの痛み 尿道口の痛み
3
熱はありませんか?
体温 さむけ
4
陰部の状態はどうですか?
はれ よごれ 出血
管から膀胱への感染に注意してください
1
管の入っている尿道口は洗ったり
拭いたりしてきれいにしましょう。
2
尿の逆流を防ぐために蓄尿袋を
膀胱より高く持ち上げないように
しましょう。
3
尿の量が維持できるように(
4
一日2~3回は尿の量を確認しトイレに捨てましょう。
5
尿の量を記録しましょう。
)㏄水分をとるようにしましょう。
尿の管をテープでしっかり固定しておきましょう
* 尿の管が引っ張られると膀胱や尿道が傷つくことがあります
1
固定方法
① 男性の場合
男性
②女性
女性の場合
女性
尿の管は頭の方に向け
おなかに固定します。
おなか
2
3
尿の管は太ももの内側
太ももの内側に固定
太ももの内側
します。
固定用のテープはかぶれにくく、伸縮性のあるもの
かぶれにくく、伸縮性のあるものがよいでしょう。
かぶれにくく、伸縮性のあるもの
テープ交換時は、皮膚が赤くなっていないか、水ぶくれができていないかを確認
皮膚が赤くなっていないか、水ぶくれができていないかを確認
し、テープの貼る位置を変えるようにしましょう。
4
蓄尿袋を忘れずに持って移動しましょう。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
170 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content