close

Enter

Log in using OpenID

Todo Backup

embedDownload
EaseUS Todo Backup user guide
EaseUS® Todo Backup
ユーザーガイド
-1-
EaseUS Todo Backup user guide
目次
はじめに ............................................................................................................................... - 4 動作環境 ............................................................................................................................... - 4 ハードウエア ................................................................................................................... - 4 OS ....................................................................................................................................... - 4 対応ファイルシステム ................................................................................................... - 4 対応ハードディスク ....................................................................................................... - 5 ライセンス認証 ................................................................................................................... - 5 バージョン比較 ................................................................................................................... - 6 ホーム画面 ........................................................................................................................... - 7 バックアップ ....................................................................................................................... - 9 システムバックアップ ................................................................................................... - 9 ディスク/パーティションバックアップ .................................................................... - 10 ファイルバックアップ ................................................................................................. - 11 スマートバックアップ ................................................................................................. - 14 メールバックアップ ..................................................................................................... - 14 定期バックアップ ......................................................................................................... - 15 スケジュール設定 ..................................................................................................... - 15 バックアップ方法 ..................................................................................................... - 16 イメージの保存設定 ................................................................................................. - 17 作成したバックアップを編集 ..................................................................................... - 18 バックアップオプション ............................................................................................. - 19 復元 ..................................................................................................................................... - 21 システムバックアップ ................................................................................................. - 22 ディスク/パーティションバックアップ .................................................................... - 23 ファイルバックアップ ................................................................................................. - 26 スマートバックアップ ................................................................................................. - 27 メールバックアップ ..................................................................................................... - 28 参照して復元 ................................................................................................................. - 28 ファイルの個別復元 ..................................................................................................... - 29 -2-
EaseUS Todo Backup user guide
システム移行 ..................................................................................................................... - 29 クローン ............................................................................................................................. - 30 ハードディスクのクローン ......................................................................................... - 30 パーティションのクローン ......................................................................................... - 31 上級者向けサーバツール ................................................................................................. - 32 Exchange サーバーのバックアップ .......................................................................... - 32 SQL バックアップ ........................................................................................................ - 33 ツール ................................................................................................................................. - 35 イメージをチェック ..................................................................................................... - 35 ブータブルディスクの作成 ......................................................................................... - 36 データ消去 ..................................................................................................................... - 37 テープ装置管理 ............................................................................................................. - 37 Pre-OS を有効化 ............................................................................................................ - 37 ISCSI イニシエーター................................................................................................. - 38 PXE を有効化 ................................................................................................................ - 38 P2V コピー .................................................................................................................... - 39 P2V 復元 ....................................................................................................................... - 40 P2V の変換 .................................................................................................................... - 40 WinPE での特別ツール ............................................................................................... - 40 Windows Shell Command ....................................................................................... - 41 Driver Manager ......................................................................................................... - 41 Network Manager ..................................................................................................... - 41 Fix MBR ...................................................................................................................... - 42 Check partition .......................................................................................................... - 42 ログ ..................................................................................................................................... - 42 基本設定 ............................................................................................................................. - 43 サポート ............................................................................................................................. - 43 -
-3-
EaseUS Todo Backup user guide
はじめに
EaseUS Todo Backup をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。EaseUS
Todo Backup は家庭用、業務用ならびにサーバ用のデータバックアップソフトとして広
く利用されています。本製品はOS、ドキュメント、画像、音楽、その他重要なデータを効
率的かつ適切に保護します。
EaseUS Todo Backup が生成するイメージファイルにより、信頼性の高いバックアップ
機能を提供します。システムのクラッシュ、パーティションもしくはディスクの破損、ウ
ィルス感染、データ損傷などソフトウエアに起因する不具合が発生しても簡単に元の状態
に復元することができます。
本章では本製品に関する基本的な使い方やライセンス認証方法について解説します。本章
を参照して本製品がお客様の不具合解決に適切かどうかご判断ください。
動作環境
ハードウエア
CPU:500 MHz 以上
RAM :1 ギガバイト (GB) 以上(Windows 8/8.1 では 2 ギガバイト(GB)以上)
空き容量:1 ギガバイト (GB) 以上
OS
以下の OS に対応しています。
 Windows XP®
 Windows Vista®
 Windows® 7
 Windows® 8
 Windows Server® 2003
 Windows Server® 2008
 Windows Server® 2008 R2
 Windows Server® 2012
 Windows Server® 2012 R2
 Windows Small Business Server 2003
 Windows Small Business Server 2008
 Windows Small Business Server 2011
対応ファイルシステム
EaseUS Todo Backup は FAT12、FAT16、FAT32、NTFS のファイルシステムに対応して
います。
その他のファイルシステムはその他と表記されます。EaseUS Todo Backup はこれらの
ファイルシステムのバックアップとクローンをおこなうことができますが、
セクタモード
で実行する必要があります。
-4-
EaseUS Todo Backup user guide
対応ハードディスク
IDE、EIDE、SATA、ESATA、ATA、SCSI、iSCSI、USB 1.1/2.0/3.0 ディスク、ファイヤ
ーワイヤーディスクのすべてに対応しています。EaseUS Todo Backup でバックアップ
できるディスク容量の上限は 4TB です。
CD-R/RW DVD-R/RW DVD+R/RW DVD+R DL によるバックアップも可能です。
ダイナミックディスク、MBR/GPT ディスクによるバックアップも可能です。
ライセンス認証
EaseUS Todo Backup 試用版を最初に立ち上げた際にライセンス認証画面が表示されま
す。25 桁のライセンスコードを入力すると製品版としてご利用いただけます。
初回起動時に表示されるライセンス認証画面でライセンス登録を行わなかった場合
でも、メイン画面下のライセンス認証ボタンをクリックすることでライセンス認証画
面を表示することができます。
-5-
EaseUS Todo Backup user guide
オフラインでのライセンス認証
インターネットへの接続が無い場合でも EaseUS Todo Backup のライセンス認証をする
ことができます。詳細についてはこちら をクリックしてください。
注:マシンコードとは、ハードウエアに対して本製品が独自に生成した ID で、ライセン
スの不正使用を防止するものです。
ライセンスの変更
ライセンス認証済みの PC に新しいライセンスを登録する場合、メイン画面右上の
タンをクリックし、製品情報→変更をクリックしてください。
ボ
注:異なるバージョンの EaseUS Todo Backup に対して発行されたライセンスは利用
することができません。
バージョン比較
EaseUS Todo Backup には 5 種類のバージョンがあり、ライセンス、利用できる機能、
用途に違いがあります。
Home Edition:ホームユーザー向けのバージョンで基本的な機能を網羅します。
Workstation Edition:ビジネスユーザー向けのバージョンで、ダイナミックボリューム
-6-
EaseUS Todo Backup user guide
のバックアップ/クローン、システムトランスファー、ビジュアル化などが可能です。
Server Edition:Windows Server 向け業務用バージョンです。Workstation edition の機
能を引き継いでおり、すべての Windows Server OS で使用することができます。
Advanced Server Edition:Windows Server の上級ユーザー向けバージョンです。Server
Edition の機能以外に、Exchange Server および Microsoft SQL をバックアップする機能
が追加されています。
Technician Edition:プロフェッショナル、システム管理者向けのバージョンで Advanced
Server Edition を無制限にインストールできます。
注:Technician Edition を除くすべてのバージョンで試用版をご利用いただけます。試用版
は無料で 30 日間ご利用いただくことができます。
バージョンによる機能比較
Home Workstation Server
スマートバックアップ
ディスクとパーティション
バックアップ
ファイルバックアップ
差分/増分バックアップ
ダイナミックボリュームの
クローン/バックアップ
スケジュール作成
システムバックアップ
イメージ保存設定
システム移行
MS SQL Server のバックア
ップ
Exchange Server のバック
アップ
テープ装置にバックアップ
WinPE ブータブルディスク
の作成
Pre-OS 有効化
Windows 右クリックバック
アップメニュー
Microsoft Server OS 対応
ビジュアル化 (P2V)
Advanced
Server
Technician
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
ホーム画面
バージョン 7.0 ではユーザーインターフェースに大幅な改良を加えました。これにより、
通常バックアップの手順がさらに簡易化され、スムーズになりました。新しいホーム画面
は主に 3 つのセクションがあります。
-7-
EaseUS Todo Backup user guide
バックアップ
利用できるバックアップの一覧が表示されます。いずれかをクリックしてバックアップ作
業を開始することができます。
その他のバックアップのドロップダウンメニューに表示される内容はライセンスのバー
ジョンにより異なります。ライセンスが上級になるほど、多くのオプションがあります。
バックアップに関する個々の詳細は個別の解説を参照してください。
ディスク/パーティションバックアップ、ファイルバックアップ、システムバックアップ;
その他のバックアップ:スマートバックアップ、Exchange バックアップ、メールバック
アップ、SQL バックアップ
バックアップ管理と復元
前バージョンのバックアップ管理画面は現行バージョンではホーム画面に統合され、すべ
てのバックアップタスクがここで表示されるようになり、バックアップタスクの基本情報
が一覧表示されるようになりました。それによりバックアップの名称、保存先の確認、自
動スケジュールの一時停止を行うことができるようになりました。
EaseUs Todo Backup 7.0 以降ではホーム画面の各バックアップファイルに復元アイコン
があり、そこから直接復元を行うことができます。復元アイコンをクリックすると、ファ
イル復元ページが表示されます。
システム移行、参照して復元に関する詳細は次のリンクをご参照ください:
システム移行、参照して復元
その他
クローン、ログおよびツール が含まれます。
-8-
EaseUS Todo Backup user guide
バックアップ
バックアップとは重要なデータのコピーを取ることを言います。コンピューターに不具合
が出た場合、そのコピーを使って失われたデータを復元することができます。つまり、バ
ックアップを取ることで、コンピューターの不具合やデータ損失に備えることができます。
通常バックアップツールを使ってシステムを保護するメリット:
1. 定期的に自動でバックアップを取るので、個別の操作が必要がありません。
2. 定期バックアップの内容は差分/増分のみになり、完全バックアップの後、再度バック
アップを行う場合の所要時間やファイル領域は初回バックアップ時より少なくなります。
3. バックアップデータは複数種類保存され、復元する際にどの状態に復元するか選ぶこ
とができます。例えば、1 週間前、2 週間前、3 週間前と言ったバックアップデータを保
存し、復元時にいつの状態に戻すか選択することができます。
4. バックアップは一覧表示され、検索することができます。例えば、素早くファイルを
見つけたい場合、一覧から検索してコピーできます。
*既存のドライブ、新しいドライブにかかわらず、ファイルを復元することでシステムを
元の状態に戻すことができます。
注:迅速で確実なバックアップをおこなうには、バックアップ前にすべてのアプリケーシ
ョンを閉じてください。また、バックアップファイルはその元ファイルが保存されていた
パーティション/ディスク以外の場所に保存してください。
システムバックアップ
システムがクラッシュした時のために Windows OS のバックアップを必ず取ってください。
EaseUS Todo Backup は OS 起動に必要なパーティションを自動選択してバックアップし
ます。操作は簡単で、保存先とファイル名を決め、ファイルの説明を入力するだけです。
-9-
EaseUS Todo Backup user guide
基本設定
ターゲット:バックアップ先を変更する場合はフォルダアイコンをクリックしてください。
プラン名 と説明:適切なプラン名と説明をつけておくことで バックアップファイルを容
易に探すことができます。
上級者向け設定
上級者向け設定では、自由度の高い自動バックアッププランの設定をおこなうことができ
ます。自動バックアップのスケジュール設定、バックアップオプションの設定、イメー
ジの保存設定をおこなうことができます。
各項目の設定方法は次のリンクを参照してください。
スケジュール設定、バックアップオプション、イメージの保存設定.
これらの設定をしない場合でも、EaseUS Todo backup はシンプルで完全なバックアップ
イメージを作成することができます。
ディスク/パーティションバックアップ
通常、コンピューター1 台につき、1 台以上のハードディスクが内蔵されています。新し
いコンピューターを購入する際に OS、プログラム、ファイルを保存するためのパーティ
ションを設定できる場合があります。
1 台のハードディスクに 2 個のパーティションがある場合、そのうち 1 個は C:パーティシ
ョン(Windows パーティション)となっています。もう一方のパーティションはデータ保
存やその他の目的に使用されます。
システムバックアップ は「C:パーティション」をバックアップしますが、それ以外のパ
ーティションはバックアップしません。ハードディスクにあるすべてのパーティションを
バックアップしたい場合や「C:以外のパーティション」をバックアップしたい場合にディ
スク/パーティションバックアップを使用します。
- 10 -
EaseUS Todo Backup user guide
基本設定
セクタバイセクタバックアップ:選択したディスク/パーティションをセクタモードでバ
ックアップします。その際、データセクタとブランクセクタ全体がバックアップされます。
セクタレベルでのバックアップの場合、ファイル品質は最高となりますが、バックアップ
容量が大きくなると同時にバックアップにかかる時間も長くなります。
ターゲット:バックアップ先を変更する場合はフォルダアイコンをクリックしてください。
プラン名 と説明:適切なプラン名と説明をつけておくことで、バックアップファイルを
容易に探すことができます。
上級者向け設定
上級者向け設定では、自由度の高い自動バックアッププランの設定をおこなうことができ
ます。自動バックアップのスケジュール設定、バックアップオプションの設定、イメー
ジの保存設定をおこなうことができます。
各項目の設定方法は次のリンクを参照してください。
スケジュール、バックアップオプション、イメージの保存設定
これらの設定をしない場合でも、EaseUS Todo backup はシンプルで完全なバックアップ
イメージを作成することができます。
ダイナミックボリュームバックアップ
ダイナミックボリュームとはダイナミックディスクの一部を構成しているもので、LDM デ
ータベースを持つボリュームを管理します。ベーシックディスクと異なり、ダイナミック
ディスクは多種類のボリュームに分割することができます。ミラーボリュームにおけるデ
ータ冗長性や RAID-5 ボリュームにおけるフォールトトレランスのように、大部分のボリ
ュームはデータ領域に高度な機能を持っています。
ダイナミックボリュームのバックアップ手順もディスク/パーティションバックアップと
同様です。唯一異なる点はすべてのダイナミックボリュームが異なるダイナミックディス
クに存在している場合でも、EaseUS Todo Backup のディスクマップでは単独のディス
クとして表示される点です。
よくある質問
1. システムバックアップとディスク/パーティションバックアップの違いは何ですか?
A: 違いについてはこちらをクリックしてください。
2. ネットワークドライブもバックアップできますか?
A: いいえ。 EaseUS Todo Backup がバックアップできるのはネットワークドライブ上
のファイルやフォルダ―だけで、ネットワークドライブ全体をバックアップすることはで
きません。
ファイルバックアップ
コンピューターを使い続けると、多数の重要データ(ドキュメント、写真、音楽、動画な
ど)が記録されていきます。定期的にこれらのデータをバックアップすることが重要です。
信頼性の高いバックアップをすることで、突発的なデータ損傷に備えることができます。
- 11 -
EaseUS Todo Backup user guide
基本設定:
バックアップファイルのセキュリティ設定を保存:チェックを入れると NTFS 暗号化ファ
イルのセキュリティ設定を保存します。
リパースポイントに関するコンテンツをすべて含める:このオプションを有効にすると
すべての Windows リパースポイントまたはリンクがファイルバックアップに含まれます。
ただし、ファイル容量が大きくなるため、必要な場合のみ有効にすることをお勧めします。
ターゲット:バックアップ先を変更する場合はフォルダアイコンをクリックしてください。
プラン名 と説明:適切なプラン名と説明をつけておくことで バックアップファイルを容
易に探すことができます。
上級者向け設定
上級者向け設定では、自由度の高い自動バックアッププランの設定をおこなうことができ
ます。自動バックアップのスケジュール設定、バックアップオプションの設定、イメー
ジの保存設定をおこなうことができます。
各項目の設定方法は次のリンクを参照してください。
スケジュール設定、バックアップオプション、イメージの保存設定
これらの設定をしない場合でも、EaseUS Todo backup はシンプルで完全なバックアップ
イメージを作成することができます。
特定の種類のファイルだけをバックアップ
単独のフォルダ内にある特定の種類のファイルのみをバックアップする場合、画面右上の
オプションを利用します。
ユーザー定義のドロップダウンメニューの中からファイルの種類を選択します。
- 12 -
EaseUS Todo Backup user guide
一般に用いられるファイルの種類が 6 種類表示されます。
初期設定ファイル種類からバックアップするファイルを選択してください。あるいは、追
加をクリックしてファイルの種類を追加することもできます。
画面左のエクスプローラーからバックアップするフォルダを選択してください。
上記画面のようにチェックを入れると、デスクトップ上のドキュメントのみをバックアッ
プすることになります。
- 13 -
EaseUS Todo Backup user guide
注:Windows エクスプローラーから直接ファイルを右クリックしてファイルをバックアッ
プすることもできます。Windows エクスプローラーから EaseUS Todo Backup でバック
アップを選択すれば、バックアップするファイルに追加されます。
スマートバックアップ
EaseUS Todo backup 7.0 以降に搭載されるスマートバックアップは指定したファイルや
フォルダを 30 分ごとに監視し、ファイルに変更があると、バックアップを実行します。
注:ネットワーク上のファイルやフォルダは本機能ではバックアップしません。また、パ
ーティションやディスクのバックアップには利用できません。
以下のような場合にお使いください
データベースファイルを頻繁に変更する場合や複数のユーザーで共有ファイルを変更す
る場合(ローカルからバックアップを作成する場合)に役立ちます。本製品は毎日複数の
バックアップポイントを作成するので、そのどの時点にも復元できますし、また、数日前
の状態に戻すこともできます。
作成されるバックアップファイルの種類について教えてください。
まず、次のリンクをご覧ください。完全バックアップ、差分/増分バックアップの違いに
ついて
完全/差分/増分バックアップの違いについてご理解いただけたら、以下をお読みください。
スマートバックアップでは最初に完全バックアップが作成され、その後 7 日ごとに完全バ
ックアップを新たに作成します。その間の日は差分バックアップの作成から始まります。
完全、または差分バックアップが作成された後、その日は増分バックアップが随時作成さ
れます。ただし、コンピューターが起動しなかった日や、一度も正しく動作しなかった日
はどのバックアップイメージも作成されません。
古いバックアップファイルはどうなりますか
保存先の容量を確保しておくため、古いバックアップファイルは以下の条件に従って削除
されます。
1. 前日に作成された増分バックアップは、当日の初回バックアップ作成時に削除されま
す。
2. 最大 6 個の差分ファイルが保存されます。つまり、7 個目の差分ファイルが作成され
た時点で最初のファイルが削除されます。
3. 最大 2 個の完全バックアップファイルが保存されます。従って、過去の状態に戻るこ
とができる日数の上限は約 15 日となります。
メールバックアップ
E-mail はコミュニケーションの手段として幅広く使用されており、Microsoft Outlook は
もっとも一般的なメールソフトです。長期間メールソフトを利用するうちに、重要なメー
ルが多数蓄積されます。不慮の事態に備えて EaseUS Todo Backup は Microsoft Outlook
のメールもバックアップします。
注:Windows live mail と Microsoft Outlook 2013 は未対応です。
- 14 -
EaseUS Todo Backup user guide
メールボックス全体、個別フォルダ、連絡先、カレンダーなどバックアップする対象を選
択します。
基本設定
ターゲット:バックアップ先を変更する場合はフォルダアイコンをクリックしてください。
プラン名 と説明:適切なプラン名と説明をつけておくことで バックアップファイルを容
易に探すことができます。
上級者向け設定
上級者向け設定では、自由度の高い自動バックアッププランの設定をおこなうことができ
ます。自動バックアップのスケジュール設定、バックアップオプションの設定、イメー
ジの保存設定をおこなうことができます。
各項目の設定方法は次のリンクを参照してください。
スケジュール設定、バックアップオプション、イメージの保存設定
これらの設定をしない場合でも、EaseUS Todo backup はシンプルで完全なバックアップ
イメージを作成することができます。
定期バックアップ
定期バックアップとは一定の間隔や特定の時間に自動的にバックアップを取るようにす
るものです。これにより、バックアップ作業が簡単になるだけでなく、うっかりバックア
ップを取ることを忘れることもなくなります。
スケジュール設定
時間設定:EaseUS Todo Backup 製品版では 5 種類の設定ができます。
- 15 -
EaseUS Todo Backup user guide
ワンタイムバックアップ:1 回のみバックアップを取る日時を指定します。
毎日:あらかじめ決められた時間もしくは一定間隔で毎日バックアップを取ります。
時間:決められた時間にバックアップを取ります。 をクリックするとバックアップ
を実行する時間を追加できます。1 日につき最大 5 回まで追加することができます。
をクリックすると削除することができます。
間隔:バックアップ開始時刻、完了時刻、間隔を設定します。
例:開始時 6:00am、完了時 10:00am、間隔 2 時間と設定した場合、6:00am、8:00am、
10:00am にバックアップを取ります。
毎週:バックアップを取る曜日を設定します。以降、設定された曜日にバックアップを取
ります。
毎月:毎月特定の日にバックアップを取ります。日または曜日と同時にバックアップする
時間を設定します。
毎週:第何週の何曜日にバックアップを取るか設定します。例:毎月第一月曜日
開始:毎月特定の日にバックアップを取ります。
イベント時:EaseUS Todo Backup は次の動作時にバックアップを作成できます。
システム起動時:システム起動時にバックアップを取ります。
シャットダウン時:シャットダウン時にバックアップを取ります。(Windows Vista 以
降は未対応)
ログオン時:Windows にログオンしたときにバックアップします。
ログオフ時:Windows からログオフするときにバックアップします。
1 日 1 度:有効にした場合は 1 日 1 度だけバックアップをとります。
指定日:バックアップを取る日を指定します。チェックを外すと毎日バックアップをおこ
ないます。
スタートアップ時に実行できなかったバックアップをシャットダウン時に実行:毎日、
毎週または毎月を選択していて、電源の不具合、コンピューターのシャットダウンなどで
予定していたバックアップができなかった場合、スタートアップ時にバックアップを取り
ます。
注:イベント時 を選択していた場合、本機能は適用されません。
バックアップ方法
バックアップ方法には完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップの 3 種
類があります。それぞれ時間を指定して実施することができます。
- 16 -
EaseUS Todo Backup user guide
増分もしくは差分バックアップを選択した場合、日、週もしくは月の最初のバックアップ
を完全バックアップもしくは差分バックアップいずれかに設定します。後者の場合、バッ
クアップ作業時間が短くなります。
詳細は完全バックアップ、差分/増分バックアップの違いについてを参照してください。
注::管理者権限でパソコンにログオンした状態でスケジュール設定を行ってください。
イメージの保存設定
バックアップを繰り返すことでバックアップファイルを保存できる領域が少なくなって
きます。保存領域が不足しないようにするため、イメージファイルを適宜消去して領域を
確保する必要があります。
EaseUS Todo Backup の イメージの保存設定では予め設定した条件に従って古いイメー
ジを自動的に削除します。
作成したバックアップやスケジュールの画面からイメージ保存設定のリンクをクリック
するとイメージの保存設定をおこなうことができます。
- 17 -
EaseUS Todo Backup user guide
イメージの保存設定を有効化にチェックを入れると、オプションが選択可能になり、イメ
ージの保存期限を日、週、月もしくは年から設定できるようになります。詳細はこちらを
ご覧ください。
初めのイメージを削除しない
このオプションを選択すると、最初の完全イメージは保存するイメージの数から除外され、
削除されません。
作成したバックアップを編集
作成後のバックアップやスケジュールは修正、設定の追加などをおこなうことができます。
ホーム画面で表示されているすべてのオプションを編集することができます。
復元:バックアッププランを復元します。詳細は復元を参照してください。
バックアップ:完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップを手動で設定
します。この設定はスケジュール設定で選択する自動バックアップには影響しません。
上級者向け
プランの編集:実行中のプランに対する変更のみが有効になります。適用をクリックして
変更を反映してください。
イメージ管理:作成されたすべてのイメージが表示されます。これらは個別に消去するこ
とができます。
イメージをチェック:イメージをチェックをご参照ください。
バックアップを削除:タスク情報のみ、もしくはすべてのイメージファイルを削除します。
P2V 変換:システムイメージを仮想ハードディスクファイルに変換し、VMware、ワーク
ステーション、MS 仮想 PC で利用できるようにします。詳細はこちらをご覧ください。
P2V 復元:仮想マシンに直接バックアップを復元します。詳細はこちらをご覧ください。
- 18 -
EaseUS Todo Backup user guide
バックアップオプション
バックアップ開始前にいくつかのパラメーターを指定したり、変更したりできます。これ
らはプランの編集→バックアップオプションからおこないます。各パラメーターに関し
ては以下で詳しく解説します。
サイズ
圧縮:バックアップファイルは圧縮することができます。矢印をドラッグして圧縮レベル
を決定します。レベルを上げると圧縮率も上がります。
注:圧縮レベルを高にした場合でも.jpg、.pdf、.mp3 など最初から圧縮率が高いファイ
ルはサイズが大幅に縮小しない場合があります。
分割:バックアップファイルを複数ファイルに分割することもできます。これによって複
数の DVD にファイルを保存することも可能になります。
自動:保存先のファイルシステムに合わせて自動的に分割します。
手動:既存のサイズを選択する、もしくは分割サイズを入力します。最小サイズは50MB
です。
パスワード
バックアップファイルはパスワードで保護することができます。パスワード設定にチェッ
クを入れて有効化してください。
パスワードは最大15文字まで設定できます。パスワードはAES256アルゴリズムに基づきま
す。
パスワードで保護されたバックアップファイルを開く際にパスワード入力を求めるポッ
プアップが表示されます。
- 19 -
EaseUS Todo Backup user guide
パフォーマンス
優先度:Windowsはマルチタスクが可能なOSです。つまり、複数のアプリケーションを
同時に実行することができます。優先度のパラメーターを調整してタスクの優先度を設定
します。
ネットワーク転送速度:0 Mbps に設定した場合は無制限になり、利用可能な I/O リソー
スはすべて本アプリケーションが利用します。
E-mail 通知
メールや SMTP サーバ設定に関する情報を入力します。詳細についてはこちらをご覧くだ
さい。
カスタムコマンド
バックアップ前もしくはバックアップ後にコマンドを実施します。例:バックアップ完了
後にシャットダウンコマンドを送信。詳細についてはこちらをご覧ください。
オフサイトコピー
EaseUS Todo Backup はハードディスクのバックアップイメージを作成する以外に作成
したファイルを FTP サーバに転送することもできます。
- 20 -
EaseUS Todo Backup user guide
FTP コピーを有効化にチェックを入れて以下の項目を設定してください。
基本設定:
FTP アドレス:ネットワークの FTP アドレスを入力してください。
ポート:FTP 接続に使用するポート番号を入力してください。
ユーザー名とパスワード:FTP サーバにログオンするユーザー名とパスワードを入力
してください。
注::FTP サーバがネットワーク上のユーザーと共有されている場合は Anonymous に設定し
てください。
その他の設定
再試行:再試行を行う回数を設定します。FTP サーバへのログオンに失敗した場合、
設定した回数だけ再接続を試みます。
パッシブモード:FTP には PORT と PASV の 2 種類のモードがあります。初期設定
では PORT に設定されています。チェックを入れると PASV モードに変換されます。
テストパラメーター:入力された設定内容で FTP サーバに接続可能かチェックします。
復元
バックアップされた設定を復元します。圧縮されたバックアップファイルを使用してコン
ピューターをそのファイルが作成された時の状態に復元します。
ウィルス感染やシステムのクラッシュ、パーティションの不具合、データ損失といった事
態からコンピューターを守ります。
- 21 -
EaseUS Todo Backup user guide
システムバックアップ
システムバックアップには復元、バックアップ、その他の 3 種類のボタンがあります。
復元をクリックするとファイルを作成した時の状態に復元します。
復元するシステムバックアップファイルを履歴から選択し、内容を確認して次へをクリッ
クしてから復元先を決定します。
注:システムを復元する場合、元のシステムは上書きされますので、十分ご注意ください。
- 22 -
EaseUS Todo Backup user guide
エラーが発生した OS を復元する場合は WinPE ブートディスク もしくは Pre-OS が必
要です。
上級者向け設定
以下の上級者向け設定を使用すると、さらにスムーズで安定した復元を行える場合があり
ます。ただし、これらの上級機能を使用しなくても EaseUS Todo backup を使用すれば
システムを完全に復元することが可能です。
SSD に最適化 - 復元先ディスクが SSD の場合にチェックしてください。セクタのアライ
メントが最適化されます。
セクタバイセクタ復元 - イメージファイルからセクタ毎にコンテンツを復元します。元
のパーティションもしくはハードディスクにエラーがあった場合でも確実に復元するこ
とができます。すべてのファイルを元の場所に復元したい場合にチェックを入れてくださ
い。
ディスク/パーティションバックアップ
ディスク/パーティションバックアップには復元、バックアップ、詳細の 3 種類のボタン
があります。復元をクリックすると、バックアップファイルを作成した時の状態にディス
ク/パーティションを復元します。
- 23 -
EaseUS Todo Backup user guide
履歴を確認後、次へをクリックして復元先を選択します。
注意:
ディスク/パーティション復元を行う際、復元先のドライブは復元された内容により上書
きされてしまいますのでご注意ください。
上級者向け設定
- 24 -
EaseUS Todo Backup user guide
上級者向け設定ではより確実でスムーズな復元を行うことができます。ただしほとんどの
場合、通常の復元をおこなえば完全復元することが可能です。
システム移行:Windows を含む静手務全体を別のコンピューターに復元します。詳細はこ
ちらをご参照ください。
SSD に最適化:復元先ディスクが SSD の場合にチェックしてください。セクタのアライメ
ントが最適化されます。
セクタバイセクタ復元:イメージファイルからセクタ毎にコンテンツを復元します。元の
パーティションもしくはハードディスクにエラーがあった場合でも確実に復元すること
ができます。すべてのファイルを元の場所に復元したい場合にチェックを入れてください。
ディスク/パーティションモードとファイルモード
システムおよびファイル/パーティションバックアップには 2 種類のモードが利用できま
す。ディスク/パーティションイメージから復元したいファイルを個別に選択することが
できます。
ディスク/パーティションモード:ディスクもしくはパーティション全体を復元します。
ファイルモード:個別のファイルもしくはフォルダを復元します。
復元先を指定:ファイルもしくはフォルダの復元先を指定します。
元の位置に復元:ファイルもしくはフォルダを元の位置に復元します。
復元後のパーティションサイズを指定
復元先のディスクと元のディスクのサイズが異なる場合、EaseUS Todo Backup は復元
開始前にパーティションのサイズを自動調整します。なお、手動調整することもできます。
- 25 -
EaseUS Todo Backup user guide
1. 復元先のディスクを選択して編集をクリックします。
2. ディスク構成が表示されたら、パーティションをドラッグして復元後のパーティショ
ンサイズを決定し、実行をクリックしてください。
ダイナミックボリュームの復元
ダイナミックボリュームの復元手順はパーティションの復元と同様です。
注意:
バックアップボリュームに OS がインストールされている場合、ベーシックディスクへの
復元後、そのボリュームは基本パーティションとなります。それ以外の場合は論理パーテ
ィションとなります。
ファイルバックアップ
ファイルバックアップには復元、バックアップ、その他の 3 種類のボタンがあります。
復元をクリックするとバックアップファイルを作成した時の状態にシステムを復元しま
す。
履歴をクリックして内容を確認後、復元先を指定します。
次に以下の操作をします。
1. 復元するファイルファイル、種類、検索の 3 種類から選択します。
2. 元の位置もしくは指定した場所にファイルを復元します。
- 26 -
EaseUS Todo Backup user guide
既存のファイルに上書き:このオプションを選択すると、既存のファイルやフォルダが上
書きされます。
スマートバックアップ
スマートバックアップには復元とその他のボタンがあります。復元をクリックするとバッ
クアップファイルを作成した時の状態にシステムを復元します。
- 27 -
EaseUS Todo Backup user guide
履歴をクリックして内容を確認後、復元先を指定します。
スマートバックアップの手順はファイルバックアップと同様で、以下の状態に復元するこ
とができます。
1. 同一の日に作成されたすべてのバックアップポイント。
2. 最大 14 日前までのうち、その日の最初に作成されたバックアップポイント。
メールバックアップ
メールバックアップには復元、バックアップ、その他の 3 種類のボタンがあります。復
元をクリックするとバックアップファイルを作成した時の状態にシステムを復元します。
履歴をクリックして復元するバックアップファイルを選択し、復元するメールボックス/
フォルダ/ファイルを指定します。
内容を確認後、復元先を指定して実行します。
注:既存のメール/連絡先は復元しても上書きされません。
参照して復元
EaseUS Todo Backup を再インストールした後、バックアッププランが失われ、メイン画
面に表示されなくなる場合があります。その場合は参照して復元をおこなってください。
また、WinPE ブータブルディスクからの復元が可能です。
- 28 -
EaseUS Todo Backup user guide
参照して復元ボタンをクリックし、Windows のフォルダーからバックアップイメージを選
択してください。
ファイルの個別復元
EaseUS 製品のイメージファイルには直接アクセスすることができます。 .PBD ファイル
をダブルクリック、あるいは右クリックから開いてください。ファイルを選択して右クリ
ックでメニューを表示します。開く、コピー、復元から必要な操作を行ってください。
システム移行
殆どのハードウエアは専用のドライバが必要なため、システム全体を環境設定の異なる新
しいハードウエアにそのまま移行しても、常に正常に機能するわけではありません。そこ
で、EaseUS Todo Backup のシステム移行機能を使えば、以下の操作ができます:
1. 新しい PC へのシステム移行
2. ハードウエア更新後の既存システムの復元と機能維持
注:本機能は Workstation 以上のバージョンでご使用いただけます。試用版の場合は WinPE
ブータブルディスクを作成した上で実施してください。
はじめに
システム移行前に以下の準備をおこなってください。
1. システムバックアップもしくはディスク/パーティションバックアップファイル
2. 移行先のシステムで利用可能な WinPE ブータブルディスク/USB メモリ
3. 新しハードウエアの.inf ドライバファイルを移行先マシンに準備
注:容量に余裕がある場合、システムイメージファイルと.inf ドライバを WinPE ブート
ドライブに置くこともできます。
- 29 -
EaseUS Todo Backup user guide
手順
1. 移行先のマシンを WinPE ブータブルディスクからロードし、システムイメージを含む
ドライブがマシンに関連付けられていることを確認します。
2. メイン画面からシステム移行を選択します。
3. システムイメージファイルを参照してロードします。
4. 移行先のドライブを選択します。
5. 移行完了後に状況を確認します。
6. システム移行終了後、特定のハードウエアのドライバ(.inf ファイル)を要求するプ
ロンプトウィンドウが表示される場合があります。ハードウエアリストの中から該当する
ドライバを探し、全体のシステム移行が完了しているのを確認した上で追加してください。
注:RAID や SCSI ドライブなどは WinPE 環境でデフォルトとして表示されないことがあり
ます。ドライバを有効にするため、適切なドライバをインストールする必要があります。
詳しくは以下のリンクをご覧ださい。What to do if the drive cannot be listed by default.
クローン
Windows を含むハードドライブを交換する際、ドライブエラーが発生、ディスク容量が不
足といった問題が生じる場合があります。クローン機能を使えばこれらの作業も簡単に行
うことができます。
ハードディスクのクローン
ディスクのクローンを作成することで、そのディスク内のすべてのデータ(OS、プログラ
ムを含む)を別のハードディスクに複製できます。ハードディスクの交換時などに役立ち
ます。クローンディスクの保存先は元のディスク容量より大きいディスクにしてください。
手順
1. 画面右上部のクローンをクリックします。
- 30 -
EaseUS Todo Backup user guide
2. クローン元のディスクを選んで次へをクリックします。
3. クローン先のディスクを選んで次へをクリックします。
注:編集をクリックするとディスクレイアウトが表示されます。パーティションをドラッ
グしてクローンのサイズを決定してください。
4. ハードディスクのレイアウトを確認後、実行をクリックしてください。
上級者向け設定
上級者向け設定ではより確実でスムーズなクローン作製を行うことができます。ただしほ
とんどの場合、通常のクローン作製をおこなえば完全なクローンを作成することが可能で
す。
SSD に最適化 –SSD にクローンを作成する場合にチェックしてください。セクタのアライ
メントが最適化されます。
セクタバイセクタクローン:セクタバイセクタでクローンを作成すると、クローン元とク
ローン先のディスク内容がブランクのセクタを含め完全一致します。従って、クローン元
とクローン先のディスク容量も同一になります。ディスククローン作製、パーティション
クローン作製いずれの場合でも利用することができます。
注:セクタバイセクタクローン選択時、ディスク/パーティションのサイズは変更できま
せん。
パーティションのクローン
パーティションをバックアップする以外に、同一のパーティション内容をもつクローンを
複製することもできます。
- 31 -
EaseUS Todo Backup user guide
手順
1. クローン元になるパーティションを選択して次へをクリックします。一度に作成でき
るクローンは一つだけです。
2. クローン先のパーティションを選択して実行をクリックします。
注:編集をクリックするとクローン先パーティションの構成が表示されます。パーティシ
ョンをドラッグしてクローン後のパーティションのサイズを決定してください。クローン
先のパーティションからシステムを起動する場合はアクティブにするをクリックしてく
ださい。
ダイナミックディスク/ボリュームのクローン
EaseUS Todo Backup のクローン機能を利用してダイナミックディスク/ボリュームのク
ローンを作成することもできます。別個のディスクに存在している物を含むすべてのダイ
ナミックボリュームが単一のダイナミックディスクに表示されます。
上級者向けサーバツール
データ管理を向上するため、現在のサーバ管理者には新しいツールを活用することを求め
られる場面があります。たとえば、メール管理用の MS Exchange やデータ管理用の MS SQL
などです。これらを扱うシステム管理者にはサーバの安全性や信頼性を維持することが求
められます。これらのバックアップを定期的におこなうことで、突発的なデータ欠損だけ
でなくデータの損傷にも備えることができます。
EaseUS Todo Backup Advanced Server Edition および Technician Edition を使えば、
Exchange サーバ、MS SQL サーバおよびアーカイブイメージファイルをテープ装置に迅速
かつ容易にバックアップし、管理効率を上げることができます。
Exchange サーバーのバックアップ
Exchange サーバとは Microsoft Exchange がインストールされた物理/仮想サーバのこ
とです。これはマイクロソフト社のサーバ向け製品で、電子メール、カレンダー、連絡先、
タスク管理、モバイルやウェブ経由のアクセスのサポート、データストレージのサポート
などを行うものです。EaseUS Todo Backup では、ストレージグループと個別のメール
フォルダーをバックアップします。
EaseUS Todo Backup は Exchange 2003、2007、2010 に対応しています。
バックアップの開始
作業開始前に Exchange サーバがマウントされていることをご確認ください。確認後、
その他のバックアップ→Exchange のバックアップを選択してください。
1. タスク/プラン名と説明を入力してください。
2. バックアップのソースを選択してください。Exchange のバックアップには以下の 2 種
類の方法があります。
ストレージグループモード
- 32 -
EaseUS Todo Backup user guide
メールボックスモード
3. バックアップの保存先を選びます。ローカルディスク、ネットワークフォルダー、テ
ープドライブから選択できます。下の階層に展開するには下向き矢印をクリックしてくだ
さい。
4. 設定が完了したら、実行をクリックしてください。スケジュールを指定して実行する
場合を除き、すぐにバックアップが開始します。
復元
バックアップとは逆の手順で復元作業をおこないます。Exchange のストレージグループ
やメールフォルダーを復元することができます。
1. Exchange のバックアッププランを選んで復元をクリックします。
2. Exchange の履歴から復元するイメージを選択します。
3. 復元するグループ/メールボックスを指定します。複数のストレージグループから単独
のストレージグループを選択して復元するというように、部分的な復元をおこなうことも
可能です。
4. 復元の内容を確認してから実行をクリックします。
元のグループの位置に自動的にストレージグループが作成されます。
注:メールボックスを復元しても、既存のメールは上書きされません。
SQL バックアップ
SQL とは Structured Query Language の頭文字を取ったもので、関係データベース管理
システムにおいてデータを管理するものです。Microsoft SQL Server はデータの挿入、
クエリの更新/消去、スキームの作成/修正、データ管理アクセス等をおこないます。本製
品では MS SQL 2000/2005/2008 に対応しています。MS SQL バックアップファイルの
拡張子は.bak です。
ログイン
メニューの その他のバックアップ > SQL バックアップをクリックします。認証ボック
スがポップアップするので、Windows 管理者もしくは SQL サーバアカウントキーを入力し
てください。
ホーム
ログオンすると SQL バックアップのホーム画面が表示されます。この画面にはデータベー
ス一覧、バックアップタスクの一覧やオプションが表示されます。
左画面にデータベースが表示されたら、実施する作業を選択してください。
(一度に複数
個選択することもできます)画面左下の切断ボタンをクリックするとインスタンスとの接
続が遮断され、ログイン画面に戻ります。更新をクリックすると最新の状態が表示されま
す。
バックアップ
- 33 -
EaseUS Todo Backup user guide
通常のバックアップと異なり、SQL バックアップの場合、すべてのパラメーターをバック
アップページ内で設定します。
基本情報
タスク名:タスクの名前をつけます
ターゲット:イメージファイルの保存先を指定します。
プラン:スケジュールを有効にするとすべてのオプションが選択可能になります。使用す
るプランを指定して、実行頻度を毎日、毎週または毎月から選択します。
完全:データベースとトランスアクションのログすべてをバックアップします。
差分:直近のバックアップとの差分ファイルのみをバックアップします。トランスア
クションログもバックアップされます。
トランスアクションログ:トランスアクションログのみバックアップします。
オプション
圧縮:バックアップイメージファイルの圧縮する場合はオンにしてください。(MS
SQL 2008 Enterprise および上位版のみ可能)
通知:バックアップ結果をメールで通知する場合はオンにしてください。詳細は E メ
ール通知を参照してください。
復元モード:復元モードを指定します。
シンプル:ログをバックアップせず、自動消去してトランスアクションログの管理に
必要な領域を確保します。ログが必要な場合は完全復元を選択してください。
完全:ログのバックアップを伴います。すべてのログがバックアップされるので、個々
のトランスアクションを復元することができます。
バルクログ:ログのバックアップを伴います。大容量のデータを効率よくコピーし、
大半のバルク処理で最小限のログをおこなうため、ログの容量が小さくなります。
復元
次の手順に従って MS SQL イメージファイルの復元をおこなってください。
1. 復元タブをクリックします。
2. データベースを選択して復元するイメージを指定します。
3. 復元モードを選択で既存のデータベースを上書きする、もしくは新規データベースに
復元するかを選択します。エラー発生時でも続行するにチェックが入っている場合、処理
中に発生したエラーは無視されます。
4. 実行をクリックします。
エクスポート/インポート
エクスポート:データベースを MDF および LDF ファイルとしてエクスポートします。
1. 左画面のデータベース一覧からエクスポートするデータベースを選択します。
2. MDF および LDF ファイルの保存先を指定します。
3. 実行をクリックしてください。
インポート:参照をクリックして MDF ファイルをインポートしてください。データベース
のオペレーション記録が不要な場合、ログファイル背面の参照は無視してください。
- 34 -
EaseUS Todo Backup user guide
MDF ファイルのインポートにより既存の MDF ファイルを上書きするか、既存ファイルを残
して新しいファイルを作成するか選択することができます。
ログ
すべての作業内容はログファイルに記録されます。タスク終了時にログファイルが作成さ
れます。
注:消去ボタンをクリックする時は特にご注意ください。消去ボタンをクリックする
とログファイルに記録されているすべての情報が消去されます。
ツール
ツールにあるオプションの中にはバックアップや復元作業をさらに効率化できるものが
あります。
イメージをチェック
バックアップイメージが使えるかどうかを確認します。イメージファイルにエラーがある
場合は、ファイルが損傷していることがあります。その場合、そのファイルを復元に使用
することはできません。
イメージをチェックをクリックし、チェックするバックアッププランを選択してください。
あるいは右上部にある参照をクリックしてファイルを選択してください。
(1 ファイルの
み選択可能)
注::バックアッププランの全イメージがチェックされるため、バックアッププランに含
まれるイメージの数量によりチェックに時間がかかる場合があります。
- 35 -
EaseUS Todo Backup user guide
ブータブルディスクの作成
EaseUS Todo Backup を使用してブータブル USB ディスクや CD/DVD を作成することがで
きます。何らかの原因で Windows が正常に起動しなくなった場合に利用します。
ブータブルディスクの作成手順
1. ツール-ブータブルディスクの作成をクリックします。
2. 次に、WinPE ブータブルディスクか、Linux ブータブルディスクかを選択します。
- 36 -
EaseUS Todo Backup user guide
実行をクリックすると Linux ブータブルディスクが作成されます。 WinPE ブータブルデ
ィスクを作成する場合はこちらのリンクをクリックしてください。
3. USB ブータブルディスクを作成する場合は USB を選択してください。CD/DVD を作成す
る場合は CD/DVD を選択してください。
4. 実行をクリックするとマイクロソフトからコンポーネントをダウンロードして WinPE
ブータブルディスクが作成されます。
注:WinPE および Linux ブータブルディスクに関する詳細はこちらをご参照ください。
WinPE ブータブルディスクに関する記載は下記リンクを参照してください。
WinPE コンポーネントのダウンロード失敗に関してはこちら
WinPE でハードドライブのリストに失敗した場合はこちら
WinPE でのネットワークアクセスに関する問題はこちら
データ消去
ディスクもしくはパーティションからデータを完全消去する場合に使用します。データの
削除回数を設定することができます。データ消去の実施後にデータを復元することはでき
ませんのでご注意ください。
テープ装置管理
イメージを長期保存するためにテープにデータを保存することがありますが、ラベル以外
からテープの内容を確認することが困難な場合もあります。本機能を使えばテープに記録
されたイメージの管理が容易になります。
本機能を利用すれば、テープに記録されたイメージをローカルドライブにコピー、テープ
の取り出し、データの消去、といった操作をおこなうことができます。
Pre-OS を有効化
Pre-OS はシステム障害時に WinPE ブータブルディスクの代替としてシステムの復旧に利
用されます。
Pre-OS が無効の場合は Pre-OS を有効化ボタンが表示され、クリックすると有効化されま
す。有効となっている場合は Pre-OS を無効化ボタンが表示され、クリックすると無効化
されます。
Pre-OS が有効化されるとコンピューター起動時に EaseUS ブートメニューが表示されます。
それを選択すると、Windows ログイン画面の代わりに EaseUS Todo Backup に入ります。
Pre-OS には下記の 2 種類があります。
Linux Pre-OS
Linux 環境ベースのすべての試用版で基本的な復元とクローンを行うことができます。
Windows Pre-OS
WinPE が作成されると Linux Pre-OS は Windows バージョンに変換され、EaseUS Todo
Backup のほとんどすべての機能が使用可能になります。
- 37 -
EaseUS Todo Backup user guide
ISCSI イニシエーター
ISCSI デバイスを接続、構成します。
2 種類の接続モードがあります。
クイック接続:
ターゲットタブ内のクイック接続のテキストボックスに接続するデバイスの名称もしく
は IP アドレスを入力し、接続をクリックします。
アドバンスト接続:
1. 探索タブをクリックします。
2. ポータルの追加をクリックしてターゲットポータルを追加します。IP アドレスもしく
は名称を入力してください。
接続が確立されると iSCI デバイスをバックアップすることができるようになります。
PXE を有効化
PrebooteXecution Environment はデータ保存デバイスとは関係なくネットワークインタ
ーフェイスを使ってコンピューターを起動させます。
EaseUS Todo Backup PXE server はネットワーク起動で EaseUS Pre-OS Environment
を起動させます。ベアメタル回復もしくはネットワークデプロイメントを行う際に使用し
ます。この機能は EaseUS Todo Backup Server Edition、EaseUS Todo Backup
Advanced Server Edition、EaseUS Todo Backup Technician Edition でご利用いただ
けます。
ツールから PXE を有効化をクリックしてください。ブートイメージが自動で構成されます。
PXE 起動に対応したクライアント機器のネットワークインターフェースカードを確認し
てください。BIOS 画面で"Network boot" を選択してください。PXE サーバへのネットワ
ーク接続が利用可能になっていれば、ネットワーク経由でクライアント機器を起動させる
ことが可能です。
- 38 -
EaseUS Todo Backup user guide
注:ネットワークに DHCP (Dynamic Host Control Protocol)があることを確認してくだ
さい。起動するコンピューターに IP アドレスが自動付与され、EaseUS Todo Backup PXE
を使った起動が可能になります。
P2V コピー
EaseUS Todo Backup の P2V ツールを利用して物理マシンから仮想マシンへのドライブ
移行を効率的に行うことができます。
既存のシステムを仮想環境に変換する場合はツール>P2V コピーをクリックしてください。
バックアップや復元の手間なしで仮想マシンを構築することができます。
- 39 -
EaseUS Todo Backup user guide
1. 変換するディスク/パーティションを選択します。システムおよびブートパーティショ
ンは初期設定で選択されています。それら以外にも変換するパーティションやディスクを
追加してください。
2. 仮想マシンの保存先を指定します。ローカルディスクもしくはネットワークフォルダ
ーが保存先として使用できます。
3. 仮想マシンのパラメーターを設定します。
仮想マシン名:仮想マシンの名称を設定します。デフォルトでは OS の名称となります。
仮想ソフトウエアベンダー:変換する仮想マシンの種類を指定します。VMWare
Workstation および MS Virtual PC から選択してください。
バージョン:変換後の仮想環境で仮想ソフトウエアを適切に動作させるため、適切なバー
ジョンを選択してください。
仮想マシンを編集:仮想マシンの設定を編集します。編集内容にはプロセッサやコアの数
量、メモリの容量、ハードディスクの種類と容量が含まれます。
P2V 復元
P2V 復元を使ってディスク/バックアップイメージを仮想マシンに復元します。
ツール>P2V 復元をクリックしてください。
1. 復元するバックアップを選択します。復元対象はシステムバックアップもしくはシス
テムを含んだディスク/パーティションバックアップです。バックアップが一覧に表示さ
れない場合、参照をクリックしてください。
2. 仮想マシンの保存先を指定します。ローカルディスクもしくはネットワークフォルダ
ーを保存先として指定してください。下矢印をクリックすると下の階層を展開できます。
3. 仮想マシンのパラメーターを設定します。
P2V の変換
作成したディスク/パーティションイメージは簡単に仮想ディスクに変換することができ
ます。ツール>P2V 変換をクリックしてください。
1. 復元するバックアップを選択します。一覧にバックアップが表示されない場合は参照
をクリックしてください。
2. 変換するパーティションもしくはディスクを選択します。
3. 仮想ディスクの保存先を指定します。ローカルディスクもしくはネットワークフォル
ダーを保存先として指定してください。下矢印をクリックすると下の階層を展開できます。
4. 仮想ディスクのパラメーターを設定します。
仮想ディスク名:仮想ディスクの名称を指定します。
仮想ソフトウエアベンダー:作成する VMware または仮想 PC を指定します。
WinPE での特別ツール
WinPE および Pre-OS 環境での Tools メニューのオプションのいくつかに新しいものが含
まれている場合があります。これにより WinPE でよりスムーズな復元をおこなうことがで
きます。
- 40 -
EaseUS Todo Backup user guide
Windows Shell Command
MS-DOS コマンドボックスを実行して異なるユーザーコマンドを入力すると、バックア
ップ作業の効率と安全性が向上します。例えば、CHKDSK コマンドでバックアップ前にエ
ラーチェックを行ったり、Drvload コマンドでハードウエアドライバを追加したり、
DISKPART でパーティションを作成したりできます。
この機能を使うには Windows のコマンドについて熟知している必要があります。
Driver Manager
WinPE もしくは Pre-OS 環境でドライバーがインストールされていないと認識できない
RAID、SCSI、ネットワークカードについて、必要なドライバーを追加してスムーズに復元
作業ができるようにします。
Network Manager
共有フォルダへのアクセスを最初の読み込みで失敗した場合、このオプションを使ってネ
ットワークアクセスパラメーターを管理、構成することができます。
Map network drive:ネットワークドライブをバックアップもしくは復元用のローカルド
ライブとしてマッピングします。
Edit network drive:マッピングされたドライブのパラメーターを変更します。
Disconnect network drive:Map network drive で作成されたドライブを消去します。
IP settings:IP パラメーターを設定します。
- 41 -
EaseUS Todo Backup user guide
Fix MBR
Fix MBR では起動時の問題のいくつかを解決します。MBR セクタに新しい起動情報を書
き込みます。
本機能は WinPE Pre-OS もしくは WinPE ブータブル環境の Tools の中にあります。
Fix MBR
をクリックして、修復したいディスクを選び、Proceed をクリックしてください。
Check partition
パーティションにエラーがあった場合、正常にバックアップできないことがあるため、バ
ックアップ前にパーティションをチェックしてエラーを修復しておく必要があります。本
機能は WinPE Pre-OS もしくは WinPE ブータブル環境で利用できます。Tools > Check
partition をクリックしてチェックするパーティションを選択し、Automatically fix file
system errors にチェックを入れてください。Next をクリックするとチェック作業が開
始されます。
ログ
バックアップ作業や結果のすべてがログに記録されています。作業が失敗した場合は赤字
で記録されます。問題を確認するには詳細をクリックしてください。
以下の作業をおこなうことができます:
ずべて出力:すべてのログを TXT または XLS ファイルに出力します。
すべてクリア:すべてのログを削除します。
詳細:バックアップの詳細を表示します。
- 42 -
EaseUS Todo Backup user guide
基本設定
プログラム画面右上にドロップダウンメニューがあり、クリックすると設定オプションが
表示されます。
設定をクリックすると以下の画面が表示されます。言語とバックアップの保存先を設定
することができます。
アップデートを自動的に確認のチェックを外すと更新情報が自動的に表示されません。
ユーザーエクスペリエンス向上プログラムに参加すると製品の動作に関する情報が
EaseUS に送信されます。個人情報は一切送信されませんので、ご協力いただけると幸い
です。
サポート
お探しの内容が本ユーザーマニュアルに見当たらない場合、Knowledge Base を参照して
ください。
(英語)
使用上の不具合や問題が発生した場合、レポートを作成して弊社までお寄せください。
- 43 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
10
File Size
2 232 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content