close

Enter

Log in using OpenID

3時限目 - 神戸大学 大学教育推進機構

embedDownload
開講科目名
担当教員
英語アドバンストA
ショルト グレゴリー ポール
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
This course is focused on developing strategies for reading English academic articles and intensive study of
academic vocabulary. Students will learn and practice several strategies for reading academic articles as well as
develop an understanding for typical structure and content of academic articles. Students will be able to focus
attention on academic articles of personal interest. Furthermore, significant attention will be given to vocabulary
study, particularly from high frequency academic vocabulary lists.
授業の概要と計画
The course will be divided in three main sections based on the following outline.
Week 1 Overview and introduction
-Explain the course, meet teacher and other students
-Discuss situations in which the students may use academic English
-Introduce My English Notebook
Weeks 2-5 Basic skills and strategies of academic reading and vocabulary
-Instructor reviews worksheets on reading strategies and skills
-Academic vocabulary lists and study strategies covered
-Vocabulary Quiz #1
Weeks 6-9 Authentic reading
-Authentic academic reading activities and vocabulary collection
-Weekly topics based on shared interests of the class, particularly language study
-Vocabulary Quiz #2
Weeks 10-13 Student projects
-Students grouped based on shared interests
-Develop presentations based on a particular reading context
-Give class presentations
-Vocabulary Quiz #3
Weeks 14-15 Round-up and evaluation
-Discuss the program and get feedback from the students
-Final English Language Notebooks turned in
-Evaluate the program
成績評価方法と基準
Attendance and active participation
Class/Homework
20%
Quizzes
20%
Course Project
20%
40%
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
オフィスアワー・連絡先
Office Hours: Monday, 3rd period & Tuesday, 2nd
Email: [email protected]
学生へのメッセージ
Students will need to bring a dictionary to each class and have access to English language media through the
internet or library. Active participation is essential to successful completion of this course.
テキスト
The classes will be based around a series of instructor-devised worksheets, handouts and tasks that will involve
the students in active use of academic English with a focus on developing academic reading skills and strategies
as well as intensive study of academic vocabulary. The academic vocabulary will be indentified through class
reading material as well as published academic vocabulary lists such as Coxhead’s Academic Word List. Reading
passages will be taken from a variety of authentic sources such as the JALT Journal and the Language Teacher
and other sources that will be in part chosen based on the particular interests of students.
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
英語アドバンストA
島津 厚久
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
アメリカ短編小説の翻訳
授業の概要と計画
現代アメリカの短編小説の翻訳を行う。その前段階として、テキストを正確に読み、人物の性格や心理に対する適
切な理解を得るための演習活動(輪読や議論)を重視する。しかる後、徹底的に日本語表現にこだわった翻訳作業
を行い、単に口頭で訳すこととは違った苦労を経験してもらいたい。英語が好きな人、文学を読むことが好きな
人、文章を書くことが好きな人を歓迎する。
成績評価方法と基準
日常の出席・授業活動50%、翻訳レポート50%
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
単に単位目当てではなく、読解・翻訳に意欲がある人を歓迎します。
オフィスアワー・連絡先
随時
[email protected]
学生へのメッセージ
単に単位目当てではなく、読解・翻訳に意欲がある人を歓迎します。
テキスト
プリント配布予定
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
英語アドバンストB
大和 知史
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
<英語発音クリニック>
英語発音の困難点を重点的にトレーニングすることによって、今後のプレゼンテーションやスピーチ等のアカデ
ミックスキルに役立てることを目指します。
この授業では、難しいと感じられる発音の訓練を通して、発話時の発音の明瞭さのみならず、聞き取り能力の向上
も目指した取り組みを行う。取り組みの際は、個人練習やペア・グループでの練習も行う。
育成しようとするアカデミック・スキルは次の通り。
スキル1 わかりやすく説明する(聞き取りやすい発音で)
スキル2 アウトラインを書いたり話したりする(聞き取り、発音する)
授業の概要と計画
授業目標に挙げたスキルを育成するために、以下に挙げる授業内活動や予習課題を行う。
<授業内活動>
パラフレーズ 内容に関連する語や句の言い換え(スキル1)
課題発音の解説 発音の仕方、困難点、ポイントなどの解説
課題発音の練習 ドリル的練習、ペア、グループでの練習(スキル2の活動を含む)
課題発音のチェック 音声を録音し、課題発音ができているかの確認
<予習課題>
課題発音の練習 (スキル1)
課題発音を含む音声資料のディクテーション(スキル2)
成績評価方法と基準
1)出席状況・授業態度(10%)、2)予習課題(10%)3)小テスト(15%)、4)授業内課題(25%)5)最終テ
スト(40%)(予習課題・小テストにはスキル1、2を関連させた内容を含む。)(初回授業時にシラバス詳細版を
配布予定)
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
1)音声をPC上で録音するため、USBメモリなどの記録媒体を持参すること(容量は大きいほどよい)
2)平成19∼20年度に開講された「選抜制PEP特修コース」の指導システムに準拠しています
オフィスアワー・連絡先
連絡先:国文(鶴甲第一)キャンパスD棟622
アドレス:[email protected]
学生へのメッセージ
1)発音は地道な練習が必要な領域です。授業内だけでなく、授業外での継続的な練習が求められます。2)英語で
話す意欲を持った学生の履修を歓迎します。
テキスト
今井邦彦、外池滋生. (2007). 『英語徹底口練!』. 東京: 実務教育出版.
参考書・参考資料等
靜哲人. (2006). 『Englishあいうえお』. 東京: 文藝春秋.
日本放送協会・日本放送出版協会(編). (2009). 『3か月トピック英会話1月∼3月期 話して聞きとる!ネイティ
ブ発音塾 1∼3』. 東京: 日本放送協会.
開講科目名
担当教員
英語アドバンストB
横川 博一
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
TOEFL(R) Listening & Reading
この講座は,TOEFL(R)iBTのスコアを伸ばしたいと学生を対象に,良質の問題を徹底的に演習することを通して総合
的な英語力を身につけ,TOEFL®での高得点獲得に対応できる力を養成する。
授業の概要と計画
授業では,リーディング演習を基盤にしながら,単に問題演習と解答チェックにとどまらず,スピーキング・ライ
ティングといったアウトプット活動を積極的に取り入れた演習を行う。したがって,TOEFL(R)のSpeakingやWritin
g Sectionにも対応できる力が身につくことになるだろう。進度は授業計画(案)を参照していただきたいが,(a)
Listening Section, (b) Reading Section, (c) Practice Tests,のサイクルで授業を進める。
Listening Section, Reading Sectionのそれぞれの授業の進め方は,以下の通り。
A: Oral Practice Session
(1) Vocabulary / Chunking Practice (10 min)
(2) Check test (20 min)
B: Reading Passage Output Practice
(1) Individual Practice (5 min)
(2) Summarization & Outline Telling with your handout (10 min)
(3) Further Practice (15 min)
C: Test Practice
(1) Test taking (25 min)
(2) Check the answers (5 min)
Assignments
(1) Review of the today's chapter
(2) Preparation for the worksheets
授業進度は以下の通り。ただし,各回の授業で取り上げるレッスンは暫定的なものである。
1. Course Orientation / Practice Test (1) [Listening / Reading]
2. Lesson 1 CRITICAL THINKING AND READING
3. Lesson 3 THE ELEMTNTS OF FICTION AND DRAMA
4. Lesson 4 SOCIOLOGY AND RELIGION
5. Lesson 6 TRANSFORMING BUSINESS
6. Lesson 7 ZOO: FOR AND AGAINST
7. Lesson 8 ENERGY AND ENERGY RESOURCES
8. Practice Test (2) [Listening / Reading]
9. Lesson 10 THE BLACKING FACTORY
10.Lesson 11 OIL PAINTING
11.Lesson 12 PHILOSOPHY AND THE GOOD LIFE
12.Lesson 14 THE PANAMA CANAL
13.Lesson 15 THE END OF APARTHEID
14.Practice Test (3) [Listening / Reading]
15.進度調整日
成績評価方法と基準
次の点にもとづき,総合的に評価する。
Review Test(20%)授業中の活動(30%),Practice Test(50%)
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
オフィスアワー・連絡先
月∼水の昼休みのほか,適宜相談に応じるので,可能な限り事前にメールでコンタクトをとってください。yokoka
wa@kobe-u.ac.jp
学生へのメッセージ
TOEFL(R)の出題形式に慣れながら,総合的に英語運用能力を伸ばそうと考えている人を歓迎します。
テキスト
Topics and Tactics for the TOEFL(R) Test, Nan’un-do.
参考書・参考資料等
Longman Dictionary of Contemporary English, New edition. Longman.
開講科目名
英語アドバンストC
担当教員
グリア ティモシー
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
This class will involve students in actively using English for a variety of real world purposes.
授業の概要と計画
Week 1 Overview and introduction
Weeks 2-7 Organize a walking tour of some area in Kobe
* The class will be divided into small groups with around 3 students in each
* Groups will decide on a walking tour site and research the local area
* They will prepare a written description of that area in English
* The class as a whole will create a phrasebook of the sorts of sentences that will
be useful in tour guiding in English.
Week 3 The whole group will take the instructor on a tour of the Kobe University
Campus in English, explaining the layout of the buildings and the history
of the university. They will take note of the sorts of English phrases they used
(and wanted to use) and compile a list of these for the group phrasebook
Week 4 Groups will walk the route themselves, taking photos and gathering information
about places of significant interest.
Week 5 Groups will further research their tour area on the internet and in the library.
Week 6 Each group will create a short online explanation of the tour to advertise it.
Week 7 Groups will further prepare for their class presentation.
Week 8: Groups will give a short presentation in class about the area they are planning to guide.
Week 9: Groups will further work on their tour, practicing it in small groups.
Weeks 10-11 Groups will walk another group of students through the tour in English and revise their plan as
needed.
Week 12: Groups will report back on their practice run of the tour
Week 13: Groups will actually conduct their tour by guiding a group of non-Japanese tourists .
Weeks 14-15 Students will edit and submit a short video featuring a selection of the English interaction that
occurred during their tour.
成績評価方法と基準
Group presentation 30%
Contribution to tour guide phrasebook
Online tour description 20%
Video of tour
30%
20%
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
This class will be conducted in English only and student are expected to attend all classes.
オフィスアワー・連絡先
Monday 2nd period
[email protected]
学生へのメッセージ
I look forward to meeting you and using English in real communicative situations with you.
テキスト
There will be no set text for this class, but students will use the Internet, the library and a variety of other
resources to research the local area in English. Handouts will also be provided by the instructor.
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
独語IA
村田 滝道
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
【ドイツ語授業全体について】
詩と哲学、音楽と学問を志す者にとって不可欠な言語として、かつて多くの人々が学んできたドイツ語は、今
日、ドイツ統一とヨーロッパ統合を経て、さらに中東欧への市場拡大の時代を迎え、ますます情報伝達のメディア
としての性格を顕著にしてきています。幅広く国際社会で活躍しようとする人にとっても、多彩で奥行きのある
ヨーロッパの歴史や文化に関心のある人にとっても、また環境問題のような現代的な課題に取組もうとする人に
とっても、ドイツ語を学ぶ意義はきわめて大きいといえるでしょう。
国際化があらゆる分野で日常となった今日、多文化を理解するセンスが求められていますが、多様な思考法や感性
をおのずと身につける一つの道は、複数の外国語を学ぶことです。「英語プラスもう一つ外国語を」という時代の
要請に応えるため、ドイツ語科目は、1年次ではドイツ語における文法および文章表現の基本的知識を習得し、2年
次では様々な分野で使われているドイツ語を通して、ドイツ語およびドイツに対する知識を深めることをめざして
います。
授業の概要と計画
ドイツ語IAは、ドイツ語によるコミュニケーションや読解の基礎となる基本的なドイツ語文法の前半部分の習得を
主な目標にしています。1年次前期開講科目。
【重要】
各クラスの担当教員と使用教科書については、独語1年次用教科書一覧を見てください。
成績評価方法と基準
ドイツ語科目の成績評価の方法等については、各クラスによって異なります。詳細は各クラスを担当する教員の指
示に従ってください。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
教室で指示します
オフィスアワー・連絡先
火曜日、昼休み。事前に[email protected]まで連絡ください。
学生へのメッセージ
外国語習得のモチベーションの核にあるものは、異なる社会・文化へ知的好奇心です。
ドイツ語という窓を少しでも開ければ、そこには人類に大きな貢献をした広大なドイツ文化の世界に入っていくこ
とができます。教養というものは、たとえ直ぐに役に立たないように思えても、10年、20年経ってその大切さに気
づくものです。
初級ドイツ語の習得は、ABCから始まって難解と言われる接続法に至るまで、シンドイ道のりと思われています
が、ふだんから予習、復習をコツコツ積み重ねていけば、それほど難しいものではありません。授業以外にも学習
の機会があり、国際コミュニケーションセンターのハブ室でネイティヴとの会話にチャレンジしたり、CALL室で自
習することもできます。ドイツ語圏での語学研修の機会もあります。また、年2回全国的に実施される独検にも挑戦
してみてください。
せっかくドイツ語を学ぶ機会が与えられたのですから、この授業を前向きに捉えて、ぜひがんばってください!
テキスト
教科書一覧は、下欄の「参考資料」をクリックしてください。
参考書・参考資料等
特になし。
開講科目名
担当教員
独語IA
藤野 一夫
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
【ドイツ語授業全体について】
詩と哲学、音楽と学問を志す者にとって不可欠な言語として、かつて多くの人々が学んできたドイツ語は、今
日、ドイツ統一とヨーロッパ統合を経て、さらに中東欧への市場拡大の時代を迎え、ますます情報伝達のメディア
としての性格を顕著にしてきています。幅広く国際社会で活躍しようとする人にとっても、多彩で奥行きのある
ヨーロッパの歴史や文化に関心のある人にとっても、また環境問題のような現代的な課題に取組もうとする人に
とっても、ドイツ語を学ぶ意義はきわめて大きいといえるでしょう。
国際化があらゆる分野で日常となった今日、多文化を理解するセンスが求められていますが、多様な思考法や感性
をおのずと身につける一つの道は、複数の外国語を学ぶことです。「英語プラスもう一つ外国語を」という時代の
要請に応えるため、ドイツ語科目は、1年次ではドイツ語における文法および文章表現の基本的知識を習得し、2年
次では様々な分野で使われているドイツ語を通して、ドイツ語およびドイツに対する知識を深めることをめざして
います。
授業の概要と計画
ドイツ語IAは、ドイツ語によるコミュニケーションや読解の基礎となる基本的なドイツ語文法の前半部分の習得を
主な目標にしています。1年次前期開講科目。
【重要】
各クラスの担当教員と使用教科書については、独語1年次用教科書一覧を見てください。
成績評価方法と基準
ドイツ語科目の成績評価の方法等については、各クラスによって異なります。詳細は各クラスを担当する教員の指
示に従ってください。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
外国語習得のモチベーションの核にあるものは、異なる社会・文化へ知的好奇心です。
ドイツ語という窓を少しでも開ければ、そこには人類に大きな貢献をした広大なドイツ文化の世界に入っていくこ
とができます。教養というものは、たとえ直ぐに役に立たないように思えても、10年、20年経ってその大切さに気
づくものです。
初級ドイツ語の習得は、ABCから始まって難解と言われる接続法に至るまで、シンドイ道のりと思われています
が、ふだんから予習、復習をコツコツ積み重ねていけば、それほど難しいものではありません。授業以外にも学習
の機会があり、国際コミュニケーションセンターのハブ室でネイティヴとの会話にチャレンジしたり、CALL室で自
習することもできます。ドイツ語圏での語学研修の機会もあります。また、年2回全国的に実施される独検にも挑戦
してみてください。
せっかくドイツ語を学ぶ機会が与えられたのですから、この授業を前向きに捉えて、ぜひがんばってください!
テキスト
教科書一覧は、下欄の「参考資料」をクリックしてください。
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
独語IA
細谷 行輝
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
【ドイツ語授業全体について】
詩と哲学、音楽と学問を志す者にとって不可欠な言語として、かつて多くの人々が学んできたドイツ語は、今
日、ドイツ統一とヨーロッパ統合を経て、さらに中東欧への市場拡大の時代を迎え、ますます情報伝達のメディア
としての性格を顕著にしてきています。幅広く国際社会で活躍しようとする人にとっても、多彩で奥行きのある
ヨーロッパの歴史や文化に関心のある人にとっても、また環境問題のような現代的な課題に取組もうとする人に
とっても、ドイツ語を学ぶ意義はきわめて大きいといえるでしょう。
国際化があらゆる分野で日常となった今日、多文化を理解するセンスが求められていますが、多様な思考法や感性
をおのずと身につける一つの道は、複数の外国語を学ぶことです。「英語プラスもう一つ外国語を」という時代の
要請に応えるため、ドイツ語科目は、1年次ではドイツ語における文法および文章表現の基本的知識を習得し、2年
次では様々な分野で使われているドイツ語を通して、ドイツ語およびドイツに対する知識を深めることをめざして
います。
授業の概要と計画
ドイツ語IAは、ドイツ語によるコミュニケーションや読解の基礎となる基本的なドイツ語文法の前半部分の習得を
主な目標にしています。1年次前期開講科目。
【重要】
各クラスの担当教員と使用教科書については、独語1年次用教科書一覧を見てください。
成績評価方法と基準
ドイツ語科目の成績評価の方法等については、各クラスによって異なります。詳細は各クラスを担当する教員の指
示に従ってください。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
e-Learning 形式の授業を行う。
オフィスアワー・連絡先
大阪大学・サイバーメディアセンター豊中教育研究棟503号室(水曜日午前11時から12時)
学生へのメッセージ
外国語習得のモチベーションの核にあるものは、異なる社会・文化へ知的好奇心です。
ドイツ語という窓を少しでも開ければ、そこには人類に大きな貢献をした広大なドイツ文化の世界に入っていくこ
とができます。教養というものは、たとえ直ぐに役に立たないように思えても、10年、20年経ってその大切さに気
づくものです。
初級ドイツ語の習得は、ABCから始まって難解と言われる接続法に至るまで、シンドイ道のりと思われています
が、ふだんから予習、復習をコツコツ積み重ねていけば、それほど難しいものではありません。授業以外にも学習
の機会があり、国際コミュニケーションセンターのハブ室でネイティヴとの会話にチャレンジしたり、CALL室で自
習することもできます。ドイツ語圏での語学研修の機会もあります。また、年2回全国的に実施される独検にも挑戦
してみてください。
せっかくドイツ語を学ぶ機会が与えられたのですから、この授業を前向きに捉えて、ぜひがんばってください!
テキスト
教科書一覧は、下欄の「参考資料」をクリックしてください。
参考書・参考資料等
http://www18.mle.cmc.osaka-u.ac.jp/german01/
開講科目名
担当教員
独語IB
トゥルンマー フカダ シュテファン
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
【ドイツ語授業全体について】
詩と哲学、音楽と学問を志す者にとって不可欠な言語として、かつて多くの人々が学んできたドイツ語は、今
日、ドイツ統一とヨーロッパ統合を経て、さらに中東欧への市場拡大の時代を迎え、ますます情報伝達のメディア
としての性格を顕著にしてきています。幅広く国際社会で活躍しようとする人にとっても、多彩で奥行きのある
ヨーロッパの歴史や文化に関心のある人にとっても、また環境問題のような現代的な課題に取組もうとする人に
とっても、ドイツ語を学ぶ意義はきわめて大きいといえるでしょう。
国際化があらゆる分野で日常となった今日、多文化を理解するセンスが求められていますが、多様な思考法や感性
をおのずと身につける一つの道は、複数の外国語を学ぶことです。「英語プラスもう一つ外国語を」という時代の
要請に応えるため、ドイツ語科目は、1年次ではドイツ語における文法および文章表現の基本的知識を習得し、2年
次では様々な分野で使われているドイツ語を通して、ドイツ語およびドイツに対する知識を深めることをめざして
います。
授業の概要と計画
独語IBは、主に文法中心とするIAと相補的に、ドイツ語の発音・文法・語彙・文章表現などを総合的、多角的に学
習し、多様なトレーニングを通して、ドイツ語の読解力や表現力の向上をめざします。1年次前期開講科目。
【重要】
各クラスの担当教員と使用教科書については、独語1年次用教科書一覧を見てください。
成績評価方法と基準
ドイツ語科目の成績評価の方法等については、各クラスによって異なります。詳細は各クラスを担当する教員の指
示に従ってください。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
オフィスアワー・連絡先
水曜日12時‐13時
学生へのメッセージ
外国語習得のモチベーションの核にあるものは、異なる社会・文化へ知的好奇心です。
ドイツ語という窓を少しでも開ければ、そこには人類に大きな貢献をした広大なドイツ文化の世界に入っていくこ
とができます。教養というものは、たとえ直ぐに役に立たないように思えても、10年、20年経ってその大切さに気
づくものです。
初級ドイツ語の習得は、ABCから始まって難解と言われる接続法に至るまで、シンドイ道のりと思われています
が、ふだんから予習、復習をコツコツ積み重ねていけば、それほど難しいものではありません。授業以外にも学習
の機会があり、国際コミュニケーションセンターのハブ室でネイティヴとの会話にチャレンジしたり、CALL室で自
習することもできます。ドイツ語圏での語学研修の機会もあります。また、年2回全国的に実施される独検にも挑戦
してみてください。
せっかくドイツ語を学ぶ機会が与えられたのですから、この授業を前向きに捉えて、ぜひがんばってください!
テキスト
教科書一覧は、下欄の「参考資料」をクリックしてください。
参考書・参考資料等
Digital Publishing:
Kommunikationstrainer
Download (356 MB) Euro26,99
(Microsoft Windows 2000, XP, Vista, 7)
http://www.digitalpublishing.de/de/privatkunden/deutsch/software/interaktive-sprachreise/kommunikommunik
ations-deutsch.html
開講科目名
担当教員
独語IB
今道 晴彦
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
【ドイツ語授業全体について】
詩と哲学、音楽と学問を志す者にとって不可欠な言語として、かつて多くの人々が学んできたドイツ語は、今
日、ドイツ統一とヨーロッパ統合を経て、さらに中東欧への市場拡大の時代を迎え、ますます情報伝達のメディア
としての性格を顕著にしてきています。幅広く国際社会で活躍しようとする人にとっても、多彩で奥行きのある
ヨーロッパの歴史や文化に関心のある人にとっても、また環境問題のような現代的な課題に取組もうとする人に
とっても、ドイツ語を学ぶ意義はきわめて大きいといえるでしょう。
国際化があらゆる分野で日常となった今日、多文化を理解するセンスが求められていますが、多様な思考法や感性
をおのずと身につける一つの道は、複数の外国語を学ぶことです。「英語プラスもう一つ外国語を」という時代の
要請に応えるため、ドイツ語科目は、1年次ではドイツ語における文法および文章表現の基本的知識を習得し、2年
次では様々な分野で使われているドイツ語を通して、ドイツ語およびドイツに対する知識を深めることをめざして
います。
授業の概要と計画
独語IBは、主に文法中心とするIAと相補的に、ドイツ語の発音・文法・語彙・文章表現などを総合的、多角的に学
習し、多様なトレーニングを通して、ドイツ語の読解力や表現力の向上をめざします。1年次前期開講科目。
【重要】
各クラスの担当教員と使用教科書については、独語1年次用教科書一覧を見てください。
成績評価方法と基準
ドイツ語科目の成績評価の方法等については、各クラスによって異なります。詳細は各クラスを担当する教員の指
示に従ってください。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
教室で指示します。
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
外国語習得のモチベーションの核にあるものは、異なる社会・文化へ知的好奇心です。
ドイツ語という窓を少しでも開ければ、そこには人類に大きな貢献をした広大なドイツ文化の世界に入っていくこ
とができます。教養というものは、たとえ直ぐに役に立たないように思えても、10年、20年経ってその大切さに気
づくものです。
初級ドイツ語の習得は、ABCから始まって難解と言われる接続法に至るまで、シンドイ道のりと思われています
が、ふだんから予習、復習をコツコツ積み重ねていけば、それほど難しいものではありません。授業以外にも学習
の機会があり、国際コミュニケーションセンターのハブ室でネイティヴとの会話にチャレンジしたり、CALL室で自
習することもできます。ドイツ語圏での語学研修の機会もあります。また、年2回全国的に実施される独検にも挑戦
してみてください。
せっかくドイツ語を学ぶ機会が与えられたのですから、この授業を前向きに捉えて、ぜひがんばってください!
テキスト
教科書一覧は、下欄の「参考資料」をクリックしてください。
参考書・参考資料等
教室で指示します。
開講科目名
担当教員
独語IB
永谷 益朗
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
【ドイツ語授業全体について】
詩と哲学、音楽と学問を志す者にとって不可欠な言語として、かつて多くの人々が学んできたドイツ語は、今
日、ドイツ統一とヨーロッパ統合を経て、さらに中東欧への市場拡大の時代を迎え、ますます情報伝達のメディア
としての性格を顕著にしてきています。幅広く国際社会で活躍しようとする人にとっても、多彩で奥行きのある
ヨーロッパの歴史や文化に関心のある人にとっても、また環境問題のような現代的な課題に取組もうとする人に
とっても、ドイツ語を学ぶ意義はきわめて大きいといえるでしょう。
国際化があらゆる分野で日常となった今日、多文化を理解するセンスが求められていますが、多様な思考法や感性
をおのずと身につける一つの道は、複数の外国語を学ぶことです。「英語プラスもう一つ外国語を」という時代の
要請に応えるため、ドイツ語科目は、1年次ではドイツ語における文法および文章表現の基本的知識を習得し、2年
次では様々な分野で使われているドイツ語を通して、ドイツ語およびドイツに対する知識を深めることをめざして
います。
授業の概要と計画
独語IBは、主に文法中心とするIAと相補的に、ドイツ語の発音・文法・語彙・文章表現などを総合的、多角的に学
習し、多様なトレーニングを通して、ドイツ語の読解力や表現力の向上をめざします。1年次前期開講科目。
【重要】
各クラスの担当教員と使用教科書については、独語1年次用教科書一覧を見てください。
成績評価方法と基準
ドイツ語科目の成績評価の方法等については、各クラスによって異なります。詳細は各クラスを担当する教員の指
示に従ってください。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
教室で指示します。
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
外国語習得のモチベーションの核にあるものは、異なる社会・文化へ知的好奇心です。
ドイツ語という窓を少しでも開ければ、そこには人類に大きな貢献をした広大なドイツ文化の世界に入っていくこ
とができます。教養というものは、たとえ直ぐに役に立たないように思えても、10年、20年経ってその大切さに気
づくものです。
初級ドイツ語の習得は、ABCから始まって難解と言われる接続法に至るまで、シンドイ道のりと思われています
が、ふだんから予習、復習をコツコツ積み重ねていけば、それほど難しいものではありません。授業以外にも学習
の機会があり、国際コミュニケーションセンターのハブ室でネイティヴとの会話にチャレンジしたり、CALL室で自
習することもできます。ドイツ語圏での語学研修の機会もあります。また、年2回全国的に実施される独検にも挑戦
してみてください。
せっかくドイツ語を学ぶ機会が与えられたのですから、この授業を前向きに捉えて、ぜひがんばってください!
テキスト
教科書一覧は、下欄の「参考資料」をクリックしてください。
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
独語IB
橋木 郁子
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
【ドイツ語授業全体について】
詩と哲学、音楽と学問を志す者にとって不可欠な言語として、かつて多くの人々が学んできたドイツ語は、今
日、ドイツ統一とヨーロッパ統合を経て、さらに中東欧への市場拡大の時代を迎え、ますます情報伝達のメディア
としての性格を顕著にしてきています。幅広く国際社会で活躍しようとする人にとっても、多彩で奥行きのある
ヨーロッパの歴史や文化に関心のある人にとっても、また環境問題のような現代的な課題に取組もうとする人に
とっても、ドイツ語を学ぶ意義はきわめて大きいといえるでしょう。
国際化があらゆる分野で日常となった今日、多文化を理解するセンスが求められていますが、多様な思考法や感性
をおのずと身につける一つの道は、複数の外国語を学ぶことです。「英語プラスもう一つ外国語を」という時代の
要請に応えるため、ドイツ語科目は、1年次ではドイツ語における文法および文章表現の基本的知識を習得し、2年
次では様々な分野で使われているドイツ語を通して、ドイツ語およびドイツに対する知識を深めることをめざして
います。
授業の概要と計画
独語IBは、主に文法中心とするIAと相補的に、ドイツ語の発音・文法・語彙・文章表現などを総合的、多角的に学
習し、多様なトレーニングを通して、ドイツ語の読解力や表現力の向上をめざします。1年次前期開講科目。
【重要】
各クラスの担当教員と使用教科書については、独語1年次用教科書一覧を見てください。
成績評価方法と基準
ドイツ語科目の成績評価の方法等については、各クラスによって異なります。詳細は各クラスを担当する教員の指
示に従ってください。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
授業中に指示します。
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
外国語習得のモチベーションの核にあるものは、異なる社会・文化へ知的好奇心です。
ドイツ語という窓を少しでも開ければ、そこには人類に大きな貢献をした広大なドイツ文化の世界に入っていくこ
とができます。教養というものは、たとえ直ぐに役に立たないように思えても、10年、20年経ってその大切さに気
づくものです。
初級ドイツ語の習得は、ABCから始まって難解と言われる接続法に至るまで、シンドイ道のりと思われています
が、ふだんから予習、復習をコツコツ積み重ねていけば、それほど難しいものではありません。授業以外にも学習
の機会があり、国際コミュニケーションセンターのハブ室でネイティヴとの会話にチャレンジしたり、CALL室で自
習することもできます。ドイツ語圏での語学研修の機会もあります。また、年2回全国的に実施される独検にも挑戦
してみてください。
せっかくドイツ語を学ぶ機会が与えられたのですから、この授業を前向きに捉えて、ぜひがんばってください!
テキスト
教科書一覧は、下欄の「参考資料」をクリックしてください。
参考書・参考資料等
特になし。
開講科目名
担当教員
仏語IA
岩本 和子
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
「明晰でないものはフランス語ではない」という有名な言葉があるように、フランス語はとても合理的で明快な構
造を持っている言語です。フランス語の学習を通じて、言葉自体の面白さを味わうとともに、豊かな歴史や文化に
触れたいと思います。なぜなら言語を学ぶことは文化を学ぶことでもあるからです。またフランス語は英語ととも
に重要な国際共通語であり、国連やEU(ヨーロッパ連合)の公用語であるだけでなく、中東やアフリカの多くの国
々、アジアやアメリカの一部でも使われています。フランス語を知ることによって、現代世界における政治、経
済、社会問題にも視野を広げ、英語一辺倒ではない世界を知ってほしいと思います。 この授業では、後期の仏語IIA
と連動して、フランス語の文法を中心に学習します。そして1年間の学習を通じてフランス語の全体構造を理解
し、コミュニケーションと異文化理解の基礎を固めることを目標とします。
授業の概要と計画
前期はテキストの前半まで進む予定。文法の理解と練習問題が中心ですが、補助資料や映像でフランス文化や言語
にもできるだけ直接触れたいと思います。
成績評価方法と基準
成績の評価は、授業への参加状況や受講態度、期末試験を総合して行いますが、最初の授業の際に詳しい説明をし
ます。目安として、出席20% 小テスト20% 期末テスト60%
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
オフィスアワー・連絡先
随時(メールにて事前連絡)[email protected]
学生へのメッセージ
はじめての外国語を学ぶのは新鮮で楽しいものです。発音、語彙や表現の習得、動詞の変化など覚えることはたく
さんありますが、予習・復習を怠らず、基本的なトレーニングを積み重ねていきましょう。授業を大事にして、わ
からないところがあれば先生に積極的に質問してください。またCDやビデオなどの視聴覚教材、インターネット
を通じての学習、ハブ室でのネイティヴとの交流なども利用して、意欲的に取り組んでください。
テキスト
『ヴィルジニー!』(中島万紀子・一条由紀著) 早美出版社
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
仏語IA
吉田 典子
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
「明晰でないものはフランス語ではない」という有名な言葉があるように、フランス語はとても合理的で明快な構
造を持っている言語です。フランス語の学習を通じて、言葉自体の面白さを味わうとともに、豊かな歴史や文化に
触れたいと思います。なぜなら言語を学ぶことは文化を学ぶことでもあるからです。またフランス語は英語ととも
に重要な国際共通語であり、国連やEU(ヨーロッパ連合)の公用語であるだけでなく、中東やアフリカの多くの国
々、アジアやアメリカの一部でも使われています。フランス語を知ることによって、現代世界における政治、経
済、社会問題にも視野を広げ、英語一辺倒ではない世界を知ってほしいと思います。
この授業では、後期の仏語IIAと連動して、フランス語の文法を中心に学習します。そして1年間の学習を通じてフ
ランス語の全体構造を理解し、コミュニケーションと異文化理解の基礎を固めることを目標とします。
授業の概要と計画
成績評価方法と基準
成績の評価は通常、授業への参加状況や受講態度、期末試験を総合して行いますが、最初の授業の際に、各担当教
官から詳しい説明があります。IA・IBで同一のテキストを用いるクラスにおいても、成績評価は各担当教官が別個
に行います。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
はじめての外国語を学ぶのは新鮮で楽しいものです。発音、語彙や表現の習得、動詞の変化など覚えることはたく
さんありますが、予習・復習を怠らず、基本的なトレーニングを積み重ねていきましょう。授業を大事にして、わ
からないところがあれば先生に積極的に質問してください。またCDやビデオなどの視聴覚教材、インターネット
を通じての学習、ハブ室でのネイティヴとの交流なども利用して、意欲的に取り組んでください。
テキスト
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
仏語IA
三木 賀雄
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
「明晰でないものはフランス語ではない」という有名な言葉があるように、フランス語はとても合理的で明快な構
造を持っている言語です。フランス語の学習を通じて、言葉自体の面白さを味わうとともに、豊かな歴史や文化に
触れたいと思います。なぜなら言語を学ぶことは文化を学ぶことでもあるからです。またフランス語は英語ととも
に重要な国際共通語であり、国連やEU(ヨーロッパ連合)の公用語であるだけでなく、中東やアフリカの多くの国
々、アジアやアメリカの一部でも使われています。フランス語を知ることによって、現代世界における政治、経
済、社会問題にも視野を広げ、英語一辺倒ではない世界を知ってほしいと思います。
この授業では、後期の仏語IIAと連動して、フランス語の文法を中心に学習します。そして1年間の学習を通じてフ
ランス語の全体構造を理解し、コミュニケーションと異文化理解の基礎を固めることを目標とします。
授業の概要と計画
教室では文法中心に解説と練習問題を解いていきます。また学んだ文法事項を実際にコミュニケーションの中で用
いる練習も行います。
成績評価方法と基準
成績の評価は通常、授業への参加状況や受講態度、期末試験を総合して行いますが、最初の授業の際に、各担当教
官から詳しい説明があります。IA・IBで同一のテキストを用いるクラスにおいても、成績評価は各担当教官が別個
に行います。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
オフィスアワー・連絡先
オフィスアワーは未定ですが、最初の授業で曜日と時間を知らせます。質問等があれば以下のアドレスにメールを
送ってください。
[email protected]
学生へのメッセージ
はじめての外国語を学ぶのは新鮮で楽しいものです。発音、語彙や表現の習得、動詞の変化など覚えることはたく
さんありますが、予習・復習を怠らず、基本的なトレーニングを積み重ねていきましょう。授業を大事にして、わ
からないところがあれば先生に積極的に質問してください。またCDやビデオなどの視聴覚教材、インターネット
を通じての学習、ハブ室でのネイティヴとの交流なども利用して、意欲的に取り組んでください。
テキスト
プリント使用
参考書・参考資料等
『コレクションフランス語1 入門』、『コレクションフランス語1 初級』 曽我祐典・他著 白水社
開講科目名
担当教員
仏語IA
釣馨
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
「明晰でないものはフランス語ではない」という有名な言葉があるように、フランス語はとても合理的で明快な構
造を持っている言語です。フランス語の学習を通じて、言葉自体の面白さを味わうとともに、豊かな歴史や文化に
触れたいと思います。なぜなら言語を学ぶことは文化を学ぶことでもあるからです。またフランス語は英語ととも
に重要な国際共通語であり、国連やEU(ヨーロッパ連合)の公用語であるだけでなく、中東やアフリカの多くの国
々、アジアやアメリカの一部でも使われています。フランス語を知ることによって、現代世界における政治、経
済、社会問題にも視野を広げ、英語一辺倒ではない世界を知ってほしいと思います。
この授業では、後期の仏語IIAと連動して、フランス語の文法を中心に学習します。そして1年間の学習を通じてフ
ランス語の全体構造を理解し、コミュニケーションと異文化理解の基礎を固めることを目標とします。
授業の概要と計画
成績評価方法と基準
成績の評価は通常、授業への参加状況や受講態度、期末試験を総合して行いますが、最初の授業の際に、各担当教
官から詳しい説明があります。IA・IBで同一のテキストを用いるクラスにおいても、成績評価は各担当教官が別個
に行います。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
当方、フランス関連情報を集めたサイト FRENCH BLOOM NET を運営しています(URLは下に)。フランス語に対する
モチベーションを高めるためには今フランスで何が起こっているのか、日本とはどういう関係にあるのか知ること
が必要になってくるでしょう。音楽、映画、アート、モード、料理、時事、環境問題、ITなど、あらゆる分野を
扱っているので、何らかの形で関心にひっかかってくると思います。ぜひこのサイトを活用してください。
テキスト
『ル・フランセ』白水社
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
仏語IA
中畑 寛之
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
「明晰でないものはフランス語ではない」という有名な言葉があるように、フランス語はとても合理的で明快な構
造を持っている言語です。フランス語の学習を通じて、言葉自体の面白さを味わうとともに、豊かな歴史や文化に
触れたいと思います。なぜなら言語を学ぶことは文化を学ぶことでもあるからです。またフランス語は英語ととも
に重要な国際共通語であり、国連やEU(ヨーロッパ連合)の公用語であるだけでなく、中東やアフリカの多くの国
々、アジアやアメリカの一部でも使われています。フランス語を知ることによって、現代世界における政治、経
済、社会問題にも視野を広げ、英語一辺倒ではない世界を知ってほしいと思います。
この授業では、後期の仏語IIAと連動して、フランス語の文法を中心に学習します。そして1年間の学習を通じてフ
ランス語の全体構造を理解し、コミュニケーションと異文化理解の基礎を固めることを目標とします。
授業の概要と計画
この授業はフランス語の文法事項をしっかり確認・理解し、練習問題によって文法知識を定着させることをめざし
ます。毎日少しでもフランス語に触れて、早くフランス語に慣れ親しんでください。フランスに関わる文化、社
会、政治などのトピックも、簡単なフランス語を交えながら、紹介していきます。
成績評価方法と基準
成績の評価は通常、授業への参加状況や受講態度、期末試験を総合して行いますが、最初の授業の際に、各担当教
官から詳しい説明があります。IA・IBで同一のテキストを用いるクラスにおいても、成績評価は各担当教官が別個
に行います。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
特にありませんが、予習・復習、とくに復習をしっかりするよう心がけてください。
オフィスアワー・連絡先
火曜日のお昼休み(非常勤講師控え室)、または金曜日のお昼休み(文学部本館417号室)。
学生へのメッセージ
はじめての外国語を学ぶのは新鮮で楽しいものです。発音、語彙や表現の習得、動詞の変化など覚えることはたく
さんありますが、予習・復習を怠らず、基本的なトレーニングを積み重ねていきましょう。授業を大事にして、わ
からないところがあれば先生に積極的に質問してください。またCDやビデオなどの視聴覚教材、インターネット
を通じての学習、ハブ室でのネイティヴとの交流なども利用して、意欲的に取り組んでください。
テキスト
『ヴアラ』(伊勢晃ほか)早美出版社
参考書・参考資料等
参考書・辞書等は最初の授業時に指示します。
開講科目名
担当教員
中国語IA
馬 麗娟
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
中国では、トルコ系、モンゴル系など様々な言語が話されていますが、俗に中国語と言われているものは、漢語系
に属するものです。漢語はさらに、相互に伝達不可能なほど異なる幾つかの方言に分かれます。私達が勉強する中
国語は、北京語を基礎とした普通語と呼ばれるものです。
中国語を用いての国際交流や中国の歴史や文化に対する興味から中国語の学習に積極的に取り組むことにより、次
へのステップに進む人も少なくありません。他方で、中国語は「漢字だから易しい」と勘違いして、予習・復習を
怠り、授業に付いていけなくなる人もいます。実のところ、基礎段階ではピンインと呼ばれるローマ字表記を用い
ての学習が基本です。声調と呼ばれる音の高低によって意味を区別する発音システムの習得など、決して他の未修
外国語と比べて易しいと言うことはありません。「易しいから」という安易な思いで履修した人にとっては予想外
の苦痛に満ちた授業が展開されることになるでしょう。
授業の概要と計画
入門段階での学習の要となる発音を重点的に学ぶとともに、会話スキットと文法解説、練習問題を通して、初級の
段階で必要となる基本的な語彙と文法をマスターしてゆきます。
成績評価方法と基準
出席・平常点・期末試験の成績により評価します。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
授業に毎回出席するのは勿論のこと、授業外でも辞書やテキスト付属CDなどを活用して、積極的に予習・復習を
するよう心掛けて下さい。
オフィスアワー・連絡先
授業の最初に説明する
学生へのメッセージ
初めての外国語を勉強するのは新鮮で楽しいものですが、持続するのは難しい。飽きることなく、より高い段階を
目指して努力してほしい。ハブ室で中国人留学生のTAと会話をしたり、夏休みの語学研修に参加するなどして、
中国語学習の楽しさをもっともっと味わいましょう。
テキスト
朱春躍・中川正之『発音重視型 はじめての中国語』白帝社
参考書・参考資料等
王柯・馮誼光・石原享一 『新版 とっさのひとことで学ぶ中国語 初級編』 光生館
開講科目名
担当教員
中国語IA
陳 洪傑
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
中国では、トルコ系、モンゴル系など様々な言語が話されていますが、俗に中国語と言われているものは、漢語系
に属するものです。漢語はさらに、相互に伝達不可能なほど異なる幾つかの方言に分かれます。私達が勉強する中
国語は、北京語を基礎とした普通語と呼ばれるものです。
中国語を用いての国際交流や中国の歴史や文化に対する興味から中国語の学習に積極的に取り組むことにより、次
へのステップに進む人も少なくありません。他方で、中国語は「漢字だから易しい」と勘違いして、予習・復習を
怠り、授業に付いていけなくなる人もいます。実のところ、基礎段階ではピンインと呼ばれるローマ字表記を用い
ての学習が基本です。声調と呼ばれる音の高低によって意味を区別する発音システムの習得など、決して他の未修
外国語と比べて易しいと言うことはありません。「易しいから」という安易な思いで履修した人にとっては予想外
の苦痛に満ちた授業が展開されることになるでしょう。
授業の概要と計画
入門段階での学習の要となる発音を重点的に学ぶとともに、会話スキットと文法解説、練習問題を通して、初級の
段階で必要となる基本的な語彙と文法をマスターしてゆきます。
成績評価方法と基準
出席・平常点・期末試験の成績により評価します。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
授業に毎回出席するのは勿論のこと、授業外でも辞書やテキスト付属CDなどを活用して、積極的に予習・復習を
するよう心掛けて下さい。
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
初めての外国語を勉強するのは新鮮で楽しいものですが、持続するのは難しい。飽きることなく、より高い段階を
目指して努力してほしい。ハブ室で中国人留学生のTAと会話をしたり、夏休みの語学研修に参加するなどして、
中国語学習の楽しさをもっともっと味わいましょう。
テキスト
朱春躍・中川正之『発音重視型 はじめての中国語』白帝社
参考書・参考資料等
王柯・馮誼光・石原享一 『新版 とっさのひとことで学ぶ中国語 初級編』 光生館
開講科目名
担当教員
中国語IA
安力
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
中国では、トルコ系、モンゴル系など様々な言語が話されていますが、俗に中国語と言われているものは、漢語系
に属するものです。漢語はさらに、相互に伝達不可能なほど異なる幾つかの方言に分かれます。私達が勉強する中
国語は、北京語を基礎とした普通語と呼ばれるものです。
中国語を用いての国際交流や中国の歴史や文化に対する興味から中国語の学習に積極的に取り組むことにより、次
へのステップに進む人も少なくありません。他方で、中国語は「漢字だから易しい」と勘違いして、予習・復習を
怠り、授業に付いていけなくなる人もいます。実のところ、基礎段階ではピンインと呼ばれるローマ字表記を用い
ての学習が基本です。声調と呼ばれる音の高低によって意味を区別する発音システムの習得など、決して他の未修
外国語と比べて易しいと言うことはありません。「易しいから」という安易な思いで履修した人にとっては予想外
の苦痛に満ちた授業が展開されることになるでしょう。
授業の概要と計画
入門段階での学習の要となる発音を重点的に学ぶとともに、会話スキットと文法解説、練習問題を通して、初級の
段階で必要となる基本的な語彙と文法をマスターしてゆきます。
成績評価方法と基準
出席・平常点・期末試験の成績により評価します。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
授業に毎回出席するのは勿論のこと、授業外でも辞書やテキスト付属CDなどを活用して、積極的に予習・復習を
するよう心掛けて下さい。
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
初めての外国語を勉強するのは新鮮で楽しいものですが、持続するのは難しい。飽きることなく、より高い段階を
目指して努力してほしい。ハブ室で中国人留学生のTAと会話をしたり、夏休みの語学研修に参加するなどして、
中国語学習の楽しさをもっともっと味わいましょう。
テキスト
朱春躍・中川正之『発音重視型 はじめての中国語』白帝社
参考書・参考資料等
王柯・馮誼光・石原享一 『新版 とっさのひとことで学ぶ中国語 初級編』 光生館
開講科目名
担当教員
中国語IA
鄭萍
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
中国では、トルコ系、モンゴル系など様々な言語が話されていますが、俗に中国語と言われているものは、漢語系
に属するものです。漢語はさらに、相互に伝達不可能なほど異なる幾つかの方言に分かれます。私達が勉強する中
国語は、北京語を基礎とした普通語と呼ばれるものです。
中国語を用いての国際交流や中国の歴史や文化に対する興味から中国語の学習に積極的に取り組むことにより、次
へのステップに進む人も少なくありません。他方で、中国語は「漢字だから易しい」と勘違いして、予習・復習を
怠り、授業に付いていけなくなる人もいます。実のところ、基礎段階ではピンインと呼ばれるローマ字表記を用い
ての学習が基本です。声調と呼ばれる音の高低によって意味を区別する発音システムの習得など、決して他の未修
外国語と比べて易しいと言うことはありません。「易しいから」という安易な思いで履修した人にとっては予想外
の苦痛に満ちた授業が展開されることになるでしょう。
授業の概要と計画
入門段階での学習の要となる発音を重点的に学ぶとともに、会話スキットと文法解説、練習問題を通して、初級の
段階で必要となる基本的な語彙と文法をマスターしてゆきます。
成績評価方法と基準
出席・平常点・期末試験の成績により評価します。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
授業に毎回出席するのは勿論のこと、授業外でも辞書やテキスト付属CDなどを活用して、積極的に予習・復習を
するよう心掛けて下さい。
オフィスアワー・連絡先
「授業の最初に説明する」
学生へのメッセージ
初めての外国語を勉強するのは新鮮で楽しいものですが、持続するのは難しい。飽きることなく、より高い段階を
目指して努力してほしい。ハブ室で中国人留学生のTAと会話をしたり、夏休みの語学研修に参加するなどして、
中国語学習の楽しさをもっともっと味わいましょう。
テキスト
朱春躍・中川正之『発音重視型 はじめての中国語』白帝社
参考書・参考資料等
王柯・馮誼光・石原享一 『新版 とっさのひとことで学ぶ中国語 初級編』 光生館
開講科目名
担当教員
中国語IA
徐 国玉
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
中国では、トルコ系、モンゴル系など様々な言語が話されていますが、俗に中国語と言われているものは、漢語系
に属するものです。漢語はさらに、相互に伝達不可能なほど異なる幾つかの方言に分かれます。私達が勉強する中
国語は、北京語を基礎とした普通語と呼ばれるものです。
中国語を用いての国際交流や中国の歴史や文化に対する興味から中国語の学習に積極的に取り組むことにより、次
へのステップに進む人も少なくありません。他方で、中国語は「漢字だから易しい」と勘違いして、予習・復習を
怠り、授業に付いていけなくなる人もいます。実のところ、基礎段階ではピンインと呼ばれるローマ字表記を用い
ての学習が基本です。声調と呼ばれる音の高低によって意味を区別する発音システムの習得など、決して他の未修
外国語と比べて易しいと言うことはありません。「易しいから」という安易な思いで履修した人にとっては予想外
の苦痛に満ちた授業が展開されることになるでしょう。
授業の概要と計画
入門段階での学習の要となる発音を重点的に学ぶとともに、会話スキットと文法解説、練習問題を通して、初級の
段階で必要となる基本的な語彙と文法をマスターしてゆきます。
成績評価方法と基準
出席・平常点・期末試験の成績により評価します。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
授業に毎回出席するのは勿論のこと、授業外でも辞書やテキスト付属CDなどを活用して、積極的に予習・復習を
するよう心掛けて下さい。
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
初めての外国語を勉強するのは新鮮で楽しいものですが、持続するのは難しい。飽きることなく、より高い段階を
目指して努力してほしい。ハブ室で中国人留学生のTAと会話をしたり、夏休みの語学研修に参加するなどして、
中国語学習の楽しさをもっともっと味わいましょう。
テキスト
朱春躍・中川正之『発音重視型 はじめての中国語』白帝社
参考書・参考資料等
王柯・馮誼光・石原享一 『新版 とっさのひとことで学ぶ中国語 初級編』 光生館
開講科目名
担当教員
中国語IB
馮 誼光
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
皆さんが中国語を学ぶ意義は、次の4点にあります。
第1に、世界の人口の4分の1に相当する人々が中国語を曲がりなりにも話せます。中国大陸と台湾の人口に世界
各地の華僑・華人を加えると約13億人になります。
第2に、中国語はアジアの言語の中で唯一、国連の公用語として使われています。
第3に、中国と日本とは一衣帯水の位置関係にあります。日中双方で互いの言語を学ぶ人々が増えることは、両国
民の間の相互理解と交流の促進につながります。
第4に、近年、経済や文化の交流が著しく進展したことによって、中国語を実践的に使う機会もますます多くなっ
てきました。米国やヨーロッパ諸国でも中国語学習ブームが起こっています。 この授業の目標は、次の2点からなります。
1.中国語の会話、文法、作文、読解の基礎を身につける。
2.中国の社会や文化に対する興味を喚起し、中国語を独習する力を培う。
授業の概要と計画
毎回、テキストの1課ずつを進む予定ですが、課によっては1回で終わらない場合もあります。各課は、(1)会話本
文、(2)文法のポイント、(3)練習問題、(4)比較文化クイズから構成されています。
成績評価方法と基準
出席・平常点・期末試験の成績により評価します。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
予習が大切です。
オフィスアワー・連絡先
学生へのメッセージ
神戸の地には南京町、華僑歴史博物館、孫中山記念館など、中国と縁の深い場所もたくさんあります。孫文は日本
への最後の旅となった1924年、神戸で「大アジア主義」と題した講演を行っています。夫人の宋慶齢(のちの中国
国家副主席)も神戸高等女学校で女性の地位に関する講演を行って、聴衆に深い感銘を与えました。神戸という国
際的に開かれた街で皆さんが中国語を学ぶ意義をよく認識された上で、真摯な姿勢で学習に取り組まれんことを期
待しています。
テキスト
王柯・馮誼光・石原享一 『新版 とっさのひとことで学ぶ中国語 初級編』 光生館
参考書・参考資料等
朱春躍・中川正之『発音重視型 はじめての中国語』白帝社
開講科目名
ロシア語IB
担当教員
三浦 由香利
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
ロシア語学習の第一歩は文字をしっかり覚えることです。キリル文字といって、ギリシャ文字に似た独特の文字を
使います。発音の規則がそれほど複雑ではないので、文字をしっかり覚えれば、文章を声に出して読むのは比較的
簡単です。
単語はコツコツと覚える必要があります。ロシア語も英・独・仏語などと同じインド・ヨーロッパ語の仲間なの
で、単語や表現に似ているものもありますが、かなり違うものも多いのです。声に出して繰り返し発音すること
で、ロシア語の音に慣れると覚えやすくなるかもしれません。
ロシア語の難しさでもあり、醍醐味でもあるのが、変化が沢山あることです。授業では1年間かけて少しずつ学
びます。新しく学ぶことが多いので、きちんと授業に出て説明を聞くこと、復習をしっかりすることが絶対に必要
です。たとえていえば、急だけれど低い山のようなもの。確かに最初こそ大変ですが、変化を覚えてしまえば、読
んだり話したりすることがかなり出来るようになります。
ロシア語が理解できるようになれば、チェコ語、ポーランド語、ブルガリア語など、同じスラヴ語群に属し、ロ
シア語と共通点の多い言葉も学びやすくなり、新しい世界が広がることでしょう。
授業の概要と計画
IA:
IB:
IIA:
IIB:
基礎文法に重点をおいてロシア語を学びます。
IAで学んだ文法事項を補足しながら、ロシア語を読み書き話す総合的な練習をします。
IAに引き続き、基礎文法に重点をおいてロシア語を学びます。
IBに引き続き、ロシア語を使う総合的な練習をします。
成績評価方法と基準
定期テスト60%平常点40%
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
授業では口頭での練習をたくさん取り入れ、実際にロシア語を使った活動をします。話しやすい雰囲気で授業を進
めるため、臆せずできるだけ積極的に授業に参加してください。
また、聞く話す練習のほか、読む書く練習も行います。さまざまな練習をこなすために、授業前の準備や後のまと
めのために課題を出すこともあります。
もし分からないことがあればいつでもどんなことでも質問してください。
オフィスアワー・連絡先
E-mail:[email protected]
学生へのメッセージ
授業では、恥ずかしがらず、声に出して発音したり、ノートにたくさん書いてみるなど、聴覚/視覚など五感をフ
ル活用すると、言葉が身につきやすくなります。
できるだけ自分で辞書も引くようにしましょう。
言葉を手がかりに映画、スポーツ、音楽など、色々な話題にも関心をもってロシア語を学びましょう。
テキスト
A.ディボフスキー、北岡千夏著『会話で学ぶロシア語初級』南雲堂フェニックス
参考書・参考資料等
ロシア語辞書[露和−和露](博友社)
ロシア語辞典 改訂新版(博友社)
ロシア語ミニ辞典(白水社)
コンサイス露和辞典(三省堂書店)
露和辞典(研究社)
カシオから[電子辞書(コンサイス)」が2007年春から発売されています。
開講科目名
担当教員
健康・スポーツ科学実習I
柳田 泰義
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
健康・スポーツ科学実習では,実習I(前期開講)・実習II(後期開講)を通して健康科学,スポーツ科学,および生涯ス
ポーツの3分野を柱とした内容構成になっている.実習Iでは,各自が自らの健康や体力について考えるとともに,
健康・体力の維持増進のための知識と実践を学び,さらに,各種のスポーツ活動を通して科学に基づく安全で合理
的な技術と方法を学ぶことによって,生涯にわたってスポーツ活動を継続するための基礎的能力を身につけること
を目的としている.
授業の概要と計画
実習Iにおいては,『健康科学』及び『スポーツ科学』の2分野について,担当教員の専門性を生かしながら学習す
る.
1.健康科学分野
この分野における実習では,自らの健康・体力を考える機会とするとともに,体力の維持・増進のための体力科
学の知識と実践を学ぶことを目的とする.
(1)現在の健康・体力水準の評価
(2)運動によるエネルギー消費量の評価
(3)有酸素的持久力と心拍数の科学
(4)抵抗負荷運動の理論と実際
(5)身体組成を考える
(6)安全で効果的な運動処方作成の基本的な考え方
2.スポーツ科学分野
この分野では各種スポーツを通じて,スポーツを構成する技術・体力・戦術について考え,また,スポーツ科学
に裏付けされた安全で合理的な理論と方法を学ぶことによって,将来にわたるスポーツ実践のための基礎的な能力
を身につけることを目的とする.
(1)スポーツ等における体力の評価
(2)各種スポーツ等の基礎技術の分析・習得
(3)スポーツ等における戦術的分析・評価
(4)ルールを通じて試合運営に関する評価
成績評価方法と基準
1.評価の対象
(1) 実習への出席状況が総授業回数の75%以上の者を成績評価の対象とする.
1.遅刻・早退・見学は1/2出席として扱う.
2.課外活動等による欠席は一切考慮しない.
(2) 実習への積極的な参加態度がみられなかったり,活発的な身体活動を行わないような場合には,成績評価の
対象としない.
(3) 疾病あるいは事故等の理由により,在学期間中に実習に参加できそうになく,保健管理センターより長期見学
願い(総授業回数の50%以上の見学が見込まれる場合)を交付されている場合には,担当教員が課題を提示し,そ
れに合格したものを成績評価の対象とする.
2.評価の観点
成績評価の対象となった者について,下記の3つの観点から総合的に評価する.
(1)実習課題の達成度(実習課題の達成度は,記録,レポート,試験等によって評価する)
(2)実習態度
(3)出席状況
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
1.第1回目の授業時に実習に関するガイダンスを行いますので,必ず出席してください(場所:第二体育館).
2.実習時の服装と更衣について
・特定のウェア等の指定はありませんが,清潔かつ身体活動のしやすいものを着用してください.
・屋内用と屋外用の運動用シューズを準備してください.
・実習時の更衣場所は以下の施設があります.
屋外更衣室(グラウンド西),第二体育館更衣室,武道場更衣室
なお,屋内,屋外施設を含むすべての運動施設内では禁煙です.
オフィスアワー・連絡先
健康・スポーツ科学共同教員室 (大学教育推進機構 C203)
TEL&FAX:(078)803-7618 E-mail: [email protected]
学生へのメッセージ
健康・スポーツ科学教育部会のホームページもあわせてご覧下さい.
テキスト
実習ノート
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
健康・スポーツ科学実習I
山口 泰雄
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
健康・スポーツ科学実習では,実習I(前期開講)・実習II(後期開講)を通して健康科学,スポーツ科学,および生涯ス
ポーツの3分野を柱とした内容構成になっている.実習Iでは,各自が自らの健康や体力について考えるとともに,
健康・体力の維持増進のための知識と実践を学び,さらに,各種のスポーツ活動を通して科学に基づく安全で合理
的な技術と方法を学ぶことによって,生涯にわたってスポーツ活動を継続するための基礎的能力を身につけること
を目的としている.
授業の概要と計画
実習Iにおいては,『健康科学』及び『スポーツ科学』の2分野について,担当教員の専門性を生かしながら学習す
る.
1.健康科学分野
この分野における実習では,自らの健康・体力を考える機会とするとともに,体力の維持・増進のための体力科
学の知識と実践を学ぶことを目的とする.
(1)現在の健康・体力水準の評価
(2)運動によるエネルギー消費量の評価
(3)有酸素的持久力と心拍数の科学
(4)抵抗負荷運動の理論と実際
(5)身体組成を考える
(6)安全で効果的な運動処方作成の基本的な考え方
2.スポーツ科学分野
この分野では各種スポーツを通じて,スポーツを構成する技術・体力・戦術について考え,また,スポーツ科学
に裏付けされた安全で合理的な理論と方法を学ぶことによって,将来にわたるスポーツ実践のための基礎的な能力
を身につけることを目的とする.
(1)スポーツ等における体力の評価
(2)各種スポーツ等の基礎技術の分析・習得
(3)スポーツ等における戦術的分析・評価
(4)ルールを通じて試合運営に関する評価
成績評価方法と基準
1.評価の対象
(1) 実習への出席状況が総授業回数の75%以上の者を成績評価の対象とする.
1.遅刻・早退・見学は1/2出席として扱う.
2.課外活動等による欠席は一切考慮しない.
(2) 実習への積極的な参加態度がみられなかったり,活発的な身体活動を行わないような場合には,成績評価の
対象としない.
(3) 疾病あるいは事故等の理由により,在学期間中に実習に参加できそうになく,保健管理センターより長期見学
願い(総授業回数の50%以上の見学が見込まれる場合)を交付されている場合には,担当教員が課題を提示し,そ
れに合格したものを成績評価の対象とする.
2.評価の観点
成績評価の対象となった者について,下記の3つの観点から総合的に評価する.
(1)実習課題の達成度(実習課題の達成度は,記録,レポート,試験等によって評価する)
(2)実習態度
(3)出席状況
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
1.第1回目の授業時に実習に関するガイダンスを行いますので,必ず出席してください(場所:第二体育館).
2.実習時の服装と更衣について
・特定のウェア等の指定はありませんが,清潔かつ身体活動のしやすいものを着用してください.
・屋内用と屋外用の運動用シューズを準備してください.
・実習時の更衣場所は以下の施設があります.
屋外更衣室(グラウンド西),第二体育館更衣室,武道場更衣室
なお,屋内,屋外施設を含むすべての運動施設内では禁煙です.
オフィスアワー・連絡先
健康・スポーツ科学共同教員室 (大学教育推進機構 C203)
TEL&FAX:(078)803-7618 E-mail: [email protected]
学生へのメッセージ
健康・スポーツ科学教育部会のホームページもあわせてご覧下さい.
テキスト
実習ノート
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
健康・スポーツ科学実習I
近藤 徳彦
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
健康・スポーツ科学実習では,実習I(前期開講)・実習II(後期開講)を通して健康科学,スポーツ科学,および生涯ス
ポーツの3分野を柱とした内容構成になっている.実習Iでは,各自が自らの健康や体力について考えるとともに,
健康・体力の維持増進のための知識と実践を学び,さらに,各種のスポーツ活動を通して科学に基づく安全で合理
的な技術と方法を学ぶことによって,生涯にわたってスポーツ活動を継続するための基礎的能力を身につけること
を目的としている.
授業の概要と計画
実習Iにおいては,『健康科学』及び『スポーツ科学』の2分野について,担当教員の専門性を生かしながら学習す
る.
1.健康科学分野
この分野における実習では,自らの健康・体力を考える機会とするとともに,体力の維持・増進のための体力科
学の知識と実践を学ぶことを目的とする.
(1)現在の健康・体力水準の評価
(2)運動によるエネルギー消費量の評価
(3)有酸素的持久力と心拍数の科学
(4)抵抗負荷運動の理論と実際
(5)身体組成を考える
(6)安全で効果的な運動処方作成の基本的な考え方
2.スポーツ科学分野
この分野では各種スポーツを通じて,スポーツを構成する技術・体力・戦術について考え,また,スポーツ科学
に裏付けされた安全で合理的な理論と方法を学ぶことによって,将来にわたるスポーツ実践のための基礎的な能力
を身につけることを目的とする.
(1)スポーツ等における体力の評価
(2)各種スポーツ等の基礎技術の分析・習得
(3)スポーツ等における戦術的分析・評価
(4)ルールを通じて試合運営に関する評価
成績評価方法と基準
1.評価の対象
(1) 実習への出席状況が総授業回数の75%以上の者を成績評価の対象とする.
1.遅刻・早退・見学は1/2出席として扱う.
2.課外活動等による欠席は一切考慮しない.
(2) 実習への積極的な参加態度がみられなかったり,活発的な身体活動を行わないような場合には,成績評価の
対象としない.
(3) 疾病あるいは事故等の理由により,在学期間中に実習に参加できそうになく,保健管理センターより長期見学
願い(総授業回数の50%以上の見学が見込まれる場合)を交付されている場合には,担当教員が課題を提示し,そ
れに合格したものを成績評価の対象とする.
2.評価の観点
成績評価の対象となった者について,下記の3つの観点から総合的に評価する.
(1)実習課題の達成度(実習課題の達成度は,記録,レポート,試験等によって評価する)
(2)実習態度
(3)出席状況
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
1.第1回目の授業時に実習に関するガイダンスを行いますので,必ず出席してください(場所:第二体育館).
2.実習時の服装と更衣について
・特定のウェア等の指定はありませんが,清潔かつ身体活動のしやすいものを着用してください.
・屋内用と屋外用の運動用シューズを準備してください.
・実習時の更衣場所は以下の施設があります.
屋外更衣室(グラウンド西),第二体育館更衣室,武道場更衣室
なお,屋内,屋外施設を含むすべての運動施設内では禁煙です.
オフィスアワー・連絡先
健康・スポーツ科学共同教員室 (大学教育推進機構 C203)
TEL&FAX:(078)803-7618 E-mail: [email protected]
学生へのメッセージ
健康・スポーツ科学教育部会のホームページもあわせてご覧下さい.
テキスト
実習ノート
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
健康・スポーツ科学実習I
國土 将平
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
健康・スポーツ科学実習では,実習I(前期開講)・実習II(後期開講)を通して健康科学,スポーツ科学,および生涯ス
ポーツの3分野を柱とした内容構成になっている.実習Iでは,各自が自らの健康や体力について考えるとともに,
健康・体力の維持増進のための知識と実践を学び,さらに,各種のスポーツ活動を通して科学に基づく安全で合理
的な技術と方法を学ぶことによって,生涯にわたってスポーツ活動を継続するための基礎的能力を身につけること
を目的としている.
授業の概要と計画
実習Iにおいては,『健康科学』及び『スポーツ科学』の2分野について,担当教員の専門性を生かしながら学習す
る.
1.健康科学分野
この分野における実習では,自らの健康・体力を考える機会とするとともに,体力の維持・増進のための体力科
学の知識と実践を学ぶことを目的とする.
(1)現在の健康・体力水準の評価
(2)運動によるエネルギー消費量の評価
(3)有酸素的持久力と心拍数の科学
(4)抵抗負荷運動の理論と実際
(5)身体組成を考える
(6)安全で効果的な運動処方作成の基本的な考え方
2.スポーツ科学分野
この分野では各種スポーツを通じて,スポーツを構成する技術・体力・戦術について考え,また,スポーツ科学
に裏付けされた安全で合理的な理論と方法を学ぶことによって,将来にわたるスポーツ実践のための基礎的な能力
を身につけることを目的とする.
(1)スポーツ等における体力の評価
(2)各種スポーツ等の基礎技術の分析・習得
(3)スポーツ等における戦術的分析・評価
(4)ルールを通じて試合運営に関する評価
成績評価方法と基準
1.評価の対象
(1) 実習への出席状況が総授業回数の75%以上の者を成績評価の対象とする.
1.遅刻・早退・見学は1/2出席として扱う.
2.課外活動等による欠席は一切考慮しない.
(2) 実習への積極的な参加態度がみられなかったり,活発的な身体活動を行わないような場合には,成績評価の
対象としない.
(3) 疾病あるいは事故等の理由により,在学期間中に実習に参加できそうになく,保健管理センターより長期見学
願い(総授業回数の50%以上の見学が見込まれる場合)を交付されている場合には,担当教員が課題を提示し,そ
れに合格したものを成績評価の対象とする.
2.評価の観点
成績評価の対象となった者について,下記の3つの観点から総合的に評価する.
(1)実習課題の達成度(実習課題の達成度は,記録,レポート,試験等によって評価する)
(2)実習態度
(3)出席状況
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
1.第1回目の授業時に実習に関するガイダンスを行いますので,必ず出席してください(場所:第二体育館).
2.実習時の服装と更衣について
・特定のウェア等の指定はありませんが,清潔かつ身体活動のしやすいものを着用してください.
・屋内用と屋外用の運動用シューズを準備してください.
・実習時の更衣場所は以下の施設があります.
屋外更衣室(グラウンド西),第二体育館更衣室,武道場更衣室
なお,屋内,屋外施設を含むすべての運動施設内では禁煙です.
オフィスアワー・連絡先
健康・スポーツ科学共同教員室 (大学教育推進機構 C203)
TEL&FAX:(078)803-7618 E-mail: [email protected]
学生へのメッセージ
健康・スポーツ科学教育部会のホームページもあわせてご覧下さい.
テキスト
実習ノート
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
健康・スポーツ科学実習I
關 典子
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
健康・スポーツ科学実習では,実習I(前期開講)・実習II(後期開講)を通して健康科学,スポーツ科学,および生涯ス
ポーツの3分野を柱とした内容構成になっている.実習Iでは,各自が自らの健康や体力について考えるとともに,
健康・体力の維持増進のための知識と実践を学び,さらに,各種のスポーツ活動を通して科学に基づく安全で合理
的な技術と方法を学ぶことによって,生涯にわたってスポーツ活動を継続するための基礎的能力を身につけること
を目的としている.
授業の概要と計画
実習Iにおいては,『健康科学』及び『スポーツ科学』の2分野について,担当教員の専門性を生かしながら学習す
る.
1.健康科学分野
この分野における実習では,自らの健康・体力を考える機会とするとともに,体力の維持・増進のための体力科
学の知識と実践を学ぶことを目的とする.
(1)現在の健康・体力水準の評価
(2)運動によるエネルギー消費量の評価
(3)有酸素的持久力と心拍数の科学
(4)抵抗負荷運動の理論と実際
(5)身体組成を考える
(6)安全で効果的な運動処方作成の基本的な考え方
2.スポーツ科学分野
この分野では各種スポーツを通じて,スポーツを構成する技術・体力・戦術について考え,また,スポーツ科学
に裏付けされた安全で合理的な理論と方法を学ぶことによって,将来にわたるスポーツ実践のための基礎的な能力
を身につけることを目的とする.
(1)スポーツ等における体力の評価
(2)各種スポーツ等の基礎技術の分析・習得
(3)スポーツ等における戦術的分析・評価
(4)ルールを通じて試合運営に関する評価
成績評価方法と基準
1.評価の対象
(1) 実習への出席状況が総授業回数の75%以上の者を成績評価の対象とする.
1.遅刻・早退・見学は1/2出席として扱う.
2.課外活動等による欠席は一切考慮しない.
(2) 実習への積極的な参加態度がみられなかったり,活発的な身体活動を行わないような場合には,成績評価の
対象としない.
(3) 疾病あるいは事故等の理由により,在学期間中に実習に参加できそうになく,保健管理センターより長期見学
願い(総授業回数の50%以上の見学が見込まれる場合)を交付されている場合には,担当教員が課題を提示し,そ
れに合格したものを成績評価の対象とする.
2.評価の観点
成績評価の対象となった者について,下記の3つの観点から総合的に評価する.
(1)実習課題の達成度(実習課題の達成度は,記録,レポート,試験等によって評価する)
(2)実習態度
(3)出席状況
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
1.第1回目の授業時に実習に関するガイダンスを行いますので,必ず出席してください(場所:第二体育館).
2.実習時の服装と更衣について
・特定のウェア等の指定はありませんが,清潔かつ身体活動のしやすいものを着用してください.
・屋内用と屋外用の運動用シューズを準備してください.
・実習時の更衣場所は以下の施設があります.
屋外更衣室(グラウンド西),第二体育館更衣室,武道場更衣室
なお,屋内,屋外施設を含むすべての運動施設内では禁煙です.
オフィスアワー・連絡先
健康・スポーツ科学共同教員室 (大学教育推進機構 C203)
TEL&FAX:(078)803-7618 E-mail: [email protected]
学生へのメッセージ
健康・スポーツ科学教育部会のホームページもあわせてご覧下さい.
テキスト
実習ノート
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
物理学実験
中川 和道、黒木 信一郎、田中 正人、石垣 美歌、
兵頭 政春
開講区分
単位数
前期
2単位
授業のテーマと目標
物理学の各分野(力学、電磁気学、光学、原子物理学、実験技術)に関する基礎的実験を行う。種々の物理現象を
体験し、基礎的測定法の学習を通じて、物理学の講義内容をより深く理解することを目的とする。
実験方法、実験装置・器具の操作法に習熟すると同時に、レポート作成を通して、科学的思考法とその表現法、
測定値整理法を習得することが指導の目標である。
授業の概要と計画
1回目、2回目の授業は、ガイダンス、実験に当たっての諸注意、誤差についての簡単な実験を取り入れた講義を行
う。3回目は、単振り子を用いた実験 を行い、レポートをその場で作成してもらう。
(1回目∼3回目の詳細については第1回の講義の時にアナウンスする)
第4回目以降は、下記の各テーマについて実験を行う。以上に加えて、レポート作成の指導および再実験等の指導
も行う。
A.ローレンツ力と金属線の共鳴振動:弦の共鳴振動について理解を深め、併せてローレンツ力、電磁誘導につい
て学ぶ。張力を与えた金属線に直交する磁場をかけて交流電流を流し、共鳴振動数をブリッジ回路を用いて測定す
る。また、弦のたわみの理論値との比較を行う。
B.電気抵抗と超伝導:直流4端子法による電気抵抗の測定に習熟するとともに,金属,半導体,超伝導体の電気
抵抗の温度依存性を測定し,その特徴とメカニズムについて理解を深める。
C.水素原子のスペクトル:回折格子分光計を用いて水素原子のバルマー系列のスペクトルの波長を測定し,
リュードベリ定数を求める。この実験を通して,量子力学の歴史において重要なボーアの原子論について理解を深
める。また光学機器に関する基礎的事項を学ぶ。
D.X線:物質によるX線の吸収を測定する。透過X線の強度が、通過した物質量に対して指数関数的に減衰する
ことを確認し、その吸収係数を求める。また、吸収係数が通過物質の原子番号のべき関数となることを確認する。
応用としてレントゲン撮影,フィルム現像,観察を行う。
E.基礎電気測定:汎用の電気信号測定器であるオシロスコープの操作法を、以下の基本的測定を通じて学ぶ。直
流電圧・交流電圧と周波数の測定、ダイオードの電圧・電流特性と整流回路の測定、交流回路(RC、RL、RL
C直列共振)の測定。
成績評価方法と基準
実験は、その結果の報告がなされて初めて完結する。したがって、出席状況と提出されたレポートの成績によって
評価を行う。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
受講希望者は、教務係への受講届の登録に先だって、物理学教育部会への受講申し込みと登録が必要である。申し
込み方法等については、授業開始1週間前に鶴甲第一キャンパス学生掲示板に掲示するので注意すること。また、
受講希望者は第1回目に必ず出席すること。なお、受講希望者が多数で当実験室の収容能力を超えた場合は受講者を
制限することがある。この場合、物理学関係科目の履修状況・成績を考慮することがある。受講に当たっては、予
習を十分に行い、何を、どのような方法で観察・測定するのか、その大筋を把握しておくことが不可欠である。
オフィスアワー・連絡先
第1回目の講義時に指示します。
学生へのメッセージ
物理現象を観察する楽しさ、自分の手で測定を行う面倒さ、その後に自分のデータから物理的自然の一側面が導き
出されてくる喜びを存分に体験して欲しい。
学科から学生へのメッセージ
【農学部応用動物学科】
生命現象を理解、解明するためには、生物学や化学に加えて物理の基礎原理を理解しておくことが必須であり、研
究を担う機器も高度になってきている。このため、物理現象を自ら体験し、科学的思考法を習得することは専門教
育を受ける上で極めて有意義であり、積極的に取り組んでほしい。
【農学部生物環境制御学科】
生物を取り巻く環境のベースはその物理性にある。これを理解する基礎として、さまざまな物理現象を体得してほ
しい。
【農学部生物機能化学科】
物理的現象の観察や実験を通して物理学的手法を身につけることは生物系、化学系の学生にとっても重要です。
【農学部食料生産環境工学科より】
自ら進んで実験に参加し物理現象をじっくり観察して欲しい。データの整理やレポートの書き方についても修得し
てほしい。
【発達科学部人間環境科学科】
物理学の概念や手法は,環境科学のさまざまな領域で利用される.このため,物理学実験は自然環境科学にとって
重要なトレーニング種目である.例えばある汚染物質の濃度を繰り返し測って毎回異なる値を得たとき,確からし
い結論をどう導くかなど,この科目で学ぶものは多い.手先の技術とともに物理学のアプローチの仕方をも学んで
ほしい.特に、自然環境論コースの学生は、原則として全員履修すること.疑問は,教員やTAに遠慮なくたずねて
下さい.
テキスト
神戸大学物理学教育部会 編 基礎物理学実験
参考書・参考資料等
開講科目名
担当教員
基礎有機化学
山村 公明
開講区分
単位数
前期
2単位
授業のテーマと目標
高等学校までの「有機化学」は、受験勉強のせいもあり無味乾燥な暗記科目でしかなかったのではないかと思われ
る。本講義では、原子や分子の構造、結合の性質、反応の起こる原理などの基礎的内容について系統的に学ぶこと
により、有機化合物の性質、反応などが理解できるよう論述する。
授業の概要と計画
以下の流れに沿って講義をして行く予定である。
1.原子・分子・結合(4週) 2.炭化水素(4週) 3.酸と塩基(2週) 4.官能基を有する有機化合物(5週) 成績評価方法と基準
出席点、レポート、期末テストを総合的に評価する予定
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
授業の形態は講義中心であるが、分からないことがあればその都度、積極的に質問して欲しい。一般的に、科学の
講義は分からない部分をそのままにしておくと、ますます分からなくなる。
オフィスアワー・連絡先
Tel/Fax:0797-32-0540
メールアドレス:[email protected]
学生へのメッセージ
知的好奇心を持って、積極的に学ぶことを心がけて欲しい。
テキスト
基礎からの有機化学/伊与田正彦 編/朝倉書店
参考書・参考資料等
開講科目名
物理化学II
担当教員
丸山 達生
開講区分
単位数
前期
2単位
授業のテーマと目標
物理化学は物質について,条件の変化や他の物質との反応により何ができるかということについての一般原理を物
質の性質に基づいて理解する学問であり,他の専門分野の基礎をなすものである。本講義では物質および現象を巨
視的(現象論的)に取り扱う熱力学を中心に論述する。本講義では,物理化学全般を修得するために必要な気体の
物理的性質と熱力学の基本原理をわかりやすく論述する。
到達目標:
本講義では,気体の物理的性質の理解,エネルギーの概念と熱力学第1法則,エントロピーと熱力学第2法則,自
由エネルギーについて理解することを目標とする。
授業の概要と計画
・熱力学の意義と系の記述
・力と仕事
・気体の物理的法則
・気体の状態方程式
・エネルギーと熱力学第1法則
・体積変化にともなう力学的仕事
・内部エネルギー,エンタルピー
・等温変化と断熱変化
・熱化学
・エントロピーと熱力学第2法則
・温度および相変化にともなうエントロピー変化
・Carnot サイクル
授業の進め方:
教科書と配布するプリントにしたがって,講義および演習を行う。授業では板書の他,PC プロジェクター
なども使用する場合があるので,出来るだけ前方に着席する方が望ましい。場合によっては、講義期間中に中間テ
ストを実施する場合もある。
なお,毎回その日の講義内容についての簡単な演習を実施し,これにより出席・欠席を点検する。
成績評価方法と基準
出席(10-15%),筆記試験(85-90%)。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
講義開始時間は厳守。
オフィスアワー・連絡先
質問等は水曜日の午後5時以降に研究室(工学部4E204)で受付けます。
学生へのメッセージ
備考:本科目は応用化学科の専門科目のうち,全学共通授業科目として開講するものである。
テキスト
G.M.Barrow 著・藤代亮一訳,「バーロー物理化学(上)」第6版(東京化学同人)
あるいは「アトキンス物理化学(上)」(東京化学同人)
参考書・参考資料等
なし。
開講科目名
担当教員
情報基礎
佐藤 仁
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
現代の情報ネットワーク社会においては,情報の発信,検索,加工,提示,保存等の目的でコンピュータを使用す
ることが不可欠である。この授業では,神戸大学において勉学を進めて行く上で最低限理解しておくべき情報リテ
ラシーを学習する。
具体的には,学内のコンピュータを利用する上で必要となる利用方法について講義および実習を行うとともに,
ネットワーク上のコミュニケーションのマナーや,ネットワーク社会で自らを守るためのセキュリティに関して基
礎的な知識を学習する。また,大学生として勉学を進める上で必要な図書館情報の利用方法や,入手した情報を利
用して自らレポートを作成したり,WWW(World Wide Web)などで新たに情報発信する上での基本的なアカデミッ
クマナーを講義と実習を通して学ぶ。
開講時間数が半期の半分という少ない回数であるので,この授業ではワードプロセッサや表計算など,個別のア
プリケーションの操作技術についての実習や講義は行わない。しかし他の講義や実習の課題を行う上で利用するこ
とがあるので,各個人の興味や関心に応じて自主的に発展学習をすることが望まれる。
授業の概要と計画
1.統合情報基盤計算機システムにおける教育用端末の利用
神戸大学において,単にコンピュータの利用にとどまらず,様々な情報処理に必要となる統合情報基盤計算機シ
ステムについて,その概要を理解する。
2.電子メール
携帯電話の電子メールと対比させながら,コンピュータで利用する電子メールの仕組みを理解する。また,社会
人としての電子メールの書き方を,最低限のマナーとして学習する。
3.WWWの利用
インターネットのアプリケーションの1つであるWWWについて,その基本的な仕組みを理解するとともに,教
育用端末でWebページを閲覧する方法,情報検索の方法,メディアリテラシーの重要性について学習する。
4.インターネット社会でのセキュリティ
コンピュータの利用には不正アクセス・不正プログラムなどの危険性が伴っている。個人の責任で安全を確保
し,トラブルを回避するよう努めるべき点について,講義とビデオ視聴によって学習する。
5.学内外の情報を活用した学習方法
インターネットで広く流通する情報ばかりでなく,神戸大学で利用できる図書館サービスについて,主な利用法
を演習する。
6.情報倫理
コンピュータを利用した様々なコミュニケーションにおいて気をつけるべきネチケットと,デジタル情報を私的
に利用する際の注意点を,講義とビデオ視聴によって学習する。
成績評価方法と基準
学生1人1人がコンピュータに向かって授業を受けられる演習室を使って授業を行なう。毎回,各々のテーマに則
した演習を行ない,出席,受講態度,小テスト,レポートなどで成績を評価する。
全授業の終了後,総合的に成績を判定する。出席回数が不足する者(3回以上欠席した者)および合格点に満た
なかったものは,次学期以降に再履修してもらう必要がある。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
情報基礎は少ない回数の授業であるが必修科目であり,出席および実習によって評価されるので,できるだけ休ま
ずに授業を受けること。また,課題は学んだことを活かす場であるので,真剣に授業に取り組んでほしい。
オフィスアワー・連絡先
複数の教員とTA(Teaching Assistant)で実施される授業であるため、皆さんのレポートや問い合わせのための授業専
用の電子メールアドレス(メーリングリスト)が用意される。授業中に提示されるので、質問や相談が有る場合は、ま
ずこのメールアドレスに対して連絡を取るように。
学生へのメッセージ
コンピュータの利用は,今や語学と同様に必要な基礎学力と考えられるようになってきています。情報リテラシー
を身につけることで,勉学にそしてコミュニケーションにコンピュータを活用して,神戸大学での学生生活を有意
義なものにして下さい。
テキスト
オンラインのホームページをテキストとして使用する。
参考書・参考資料等
参考となる資料については、ホームページにて紹介する。
下の「参考資料」をクリックしてください。
開講科目名
情報基礎
担当教員
村尾 元
開講区分
単位数
前期
1単位
授業のテーマと目標
現代の情報ネットワーク社会においては,情報の発信,検索,加工,提示,保存等の目的でコンピュータを使用す
ることが不可欠である。この授業では,神戸大学において勉学を進めて行く上で最低限理解しておくべき情報リテ
ラシーを学習する。
具体的には,学内のコンピュータを利用する上で必要となる利用方法について講義および実習を行うとともに,
ネットワーク上のコミュニケーションのマナーや,ネットワーク社会で自らを守るためのセキュリティに関して基
礎的な知識を学習する。また,大学生として勉学を進める上で必要な図書館情報の利用方法や,入手した情報を利
用して自らレポートを作成したり,WWW(World Wide Web)などで新たに情報発信する上での基本的なアカデミッ
クマナーを講義と実習を通して学ぶ。
開講時間数が半期の半分という少ない回数であるので,この授業ではワードプロセッサや表計算など,個別のア
プリケーションの操作技術についての実習や講義は行わない。しかし他の講義や実習の課題を行う上で利用するこ
とがあるので,各個人の興味や関心に応じて自主的に発展学習をすることが望まれる。
授業の概要と計画
1.統合情報基盤計算機システムにおける教育用端末の利用
神戸大学において,単にコンピュータの利用にとどまらず,様々な情報処理に必要となる統合情報基盤計算機シ
ステムについて,その概要を理解する。
2.電子メール
携帯電話の電子メールと対比させながら,コンピュータで利用する電子メールの仕組みを理解する。また,社会
人としての電子メールの書き方を,最低限のマナーとして学習する。
3.WWWの利用
インターネットのアプリケーションの1つであるWWWについて,その基本的な仕組みを理解するとともに,教
育用端末でWebページを閲覧する方法,情報検索の方法,メディアリテラシーの重要性について学習する。
4.インターネット社会でのセキュリティ
コンピュータの利用には不正アクセス・不正プログラムなどの危険性が伴っている。個人の責任で安全を確保
し,トラブルを回避するよう努めるべき点について,講義とビデオ視聴によって学習する。
5.学内外の情報を活用した学習方法
インターネットで広く流通する情報ばかりでなく,神戸大学で利用できる図書館サービスについて,主な利用法
を演習する。
6.情報倫理
コンピュータを利用した様々なコミュニケーションにおいて気をつけるべきネチケットと,デジタル情報を私的
に利用する際の注意点を,講義とビデオ視聴によって学習する。
成績評価方法と基準
学生1人1人がコンピュータに向かって授業を受けられる演習室を使って授業を行なう。毎回,各々のテーマに則
した演習を行ない,出席,受講態度,小テスト,レポートなどで成績を評価する。
全授業の終了後,総合的に成績を判定する。出席回数が不足する者(3回以上欠席した者)および合格点に満た
なかったものは,次学期以降に再履修してもらう必要がある。
履修上の注意(関連科目情報等を含む)
情報基礎は少ない回数の授業であるが必修科目であり,出席および実習によって評価されるので,できるだけ休ま
ずに授業を受けること。また,課題は学んだことを活かす場であるので,真剣に授業に取り組んでほしい。
オフィスアワー・連絡先
複数の教員とTA(Teaching Assistant)で実施される授業であるため、皆さんのレポートや問い合わせのための授業専
用の電子メールアドレス(メーリングリスト)が用意される。授業中に提示されるので、質問や相談が有る場合は、ま
ずこのメールアドレスに対して連絡を取るように。
学生へのメッセージ
コンピュータの利用は,今や語学と同様に必要な基礎学力と考えられるようになってきています。情報リテラシー
を身につけることで,勉学にそしてコミュニケーションにコンピュータを活用して,神戸大学での学生生活を有意
義なものにして下さい。
テキスト
オンラインのホームページをテキストとして使用する。
参考書・参考資料等
参考となる資料については、ホームページにて紹介する。
下の「参考資料」をクリックしてください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
9
File Size
102 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content