close

Enter

Log in using OpenID

クロオオアリのくらし大発見!

embedDownload
〈愛媛県教育研究協議会長賞〉
クロオオアリのくらし大発見!
∼2008年
夏
働き者のクロオオアリ観察日記∼
今治市立国分小学校
1
研究の動機
(2)
家の庭でクロオオアリたちが、一生懸命働いてい
4年
清
水
美
佐
指導教諭
松
下
準
市
クロオオアリの巣を見つける。
5月19日
雨
21℃
午後6時
るのをみつけた。それを私はずっと見つめていた。
玄関先の石をのけるとアリがたくさんいた。クロ
アリたちの働く様子や、好きな物や色、体のつくり
オオアリだった。自分の家にたくさんのアリがいる
など、一体どうなっているのだろうか。とても調べ
ことを発見した。どれくらいの種類がいるんだろう。
たくなった。
2
(3)
研究の計画
(1)
○
インターネットや図鑑を参考にして体のつく
晴れ
22.2℃
午後6時
紙をまき、巣作りを観察しようとした。
(2)
クロオオアリの巣を見つける。
(3)
クロオオアリの観察をする。
(4)
クロオオアリを使って実験をする。
○
5月25日
晴れ
25℃
午後6時
巣が大きくなっている。何か白い物を運んでいた。
アリの幼虫かな?卵かな?
ア
実験1
食べ物の好き嫌いを調べる。
イ
実験2
どんなアリがいるか調べる。
ウ
実験3
色の好ききらいを調べる。
そうだった。アリの幼虫かな?卵かな?
エ
実験4
アリの行動について調べる。
○
オ
実験5
アリの歩き方について調べる。
○
6月3日
雨
21.5℃
6月17日
くもり
26℃
午後7時
家の前でとても長いアリの行列ができていた。約
130mの行列で、とても驚いた。
体のつくりを調べる。
○
アリは昆虫である。頭部・胸部・腹部の三つに分
6月23日
晴れ
25℃
午後5時
アリの巣のまわりで1匹ものんびりしてなくて、
かれ、足が6本ある。目は複眼であるが、暗い巣の
とても忙しそうにしていた。
中で生活しているためかあまり発達していない。
○
目に対して触覚はとてもよく発達している。味や
7月8日
晴れ
29℃
午前8時
女王アリを発見した。体は約1.5㎝くらいで、大き
においまでかぎ分けられるという。
な羽が生えていた。
体のわりに大変がんじょうな大あごを持っている。
○
獲物をおそったり運んだりするのに都合がいい。
8月13日
晴れから雨
30℃
午後4時
雨がたくさん降っているときは1匹も活動してい
アリはハチの仲間から進化した。巣の中で動き回
ない。また、晴れたら巣から一斉に出てきて、あっ
るためには体をねじったりくねらせたりできるよう
という間に砂糖にむらがってきた。
に腹柄節がある。
色紙に置いていた砂糖が二日ぐらいで全くなくな
働きアリには羽がない。巣や地面だけの生活なの
で、不要である。
午後7時
1㎜×2㎜の白い物をつかんだ。いまにもつぶれ
研究の内容
(1)
5月22日
アリの飼育スタート。透明のコーヒービンに黒い
りを調べる。
3
クロオオアリの観察をする。(5∼8月)
った。砂糖が一粒もないのにアリたちがたくさんい
た。何をしているのか。
アリの体イラスト
アリには二つの
○
胃がある。一つは
8月15日
雨から晴れ
アリとアリが会ったときのあいさつは触角と触角
自分自身の消化の
を合わす。
ための胃、もう一
○
8月19日
くもり時々雨
33℃
午前8時
つは仲間に持ち帰
アリがゼリーを食べているとき、アリの方に指を
る食べ物を一時的
出したら、アリが次々とやってきて、触角を出して
にたくわえるため
指に当たってきた。
の胃である。
(後略)
- 9 -
(4)
実験(観察日記の疑問を実験で解決する。)
ア
実験1
運んで30㎝離れた巣に入って行った。はなしたとこ
食べ物の好き嫌いを調べる。
ろから巣まで約10分かかっていた。巣からは、それ
8月6日、午前7時∼午後7時の12時間をかけて、
から2時間たっても出てこなかった。ずっと観察を
アリが何匹集まったかを調べた。用意したエサは砂
続けていたが、昼から夕方にかけては姿を現さなか
糖、砂糖水、塩、塩水、キュウリ、大根、ニンジン、
った。
なすび、トマトで、同じ大きさのカップに入れた。
翌22日、アリの巣から約10mはなれた所でゼリー
それぞれのエサをクロオオアリの巣の近くに置き、
を食べていた。日が暮れて夜から翌日の午前中
アリの数を数えた。
にエサを取りに来たのかもしれない。
砂糖に集まるアリが一番
多く、ついで砂糖水が多か
オ
砂糖大好き!
実験5
アリの歩き方について調べる。
8月20日、透明な入れ物にクロオオアリを捕ま
った。あとのエサは、あま
えて入れる。容器の上下左右から観察する。途中で
り食べていない。また、集
砂糖を入れて、どのような動き方をするか観察する
まる時刻に変化がある。気
ビンの底からアリの歩き方を見ていたが、あまり
温の高い日中には活動して
の速さに目が回りそうだった。よく見ると地面につ
いない。暑いのはきらいな
いている足(○)と地面からはなれている足(×)
のだろうか。
は、それぞれ3本になるよう体を支えている。
イ
実験2
①
どんなアリがいるか調べる。
8月8日午後1時。家のまわりの6カ所でどんな
アリがいるのか昆虫ゼリーをおいて誘ってみた。
4
ゼリーに集まるのはクロオオアリが中心で100匹以
前足
②
後ろ足
前足
○
×
○
×
○
×
×
○
×
○
×
○
研究の考察
(1)
上がむらがっていた。しかし、日なたに置いたゼリ
後ろ足
体のつくり調べと観察日記より
ーには集まらないことや、日かげでは一日中働いて
生活環境に合わせて、体が進化している。特に大
いることが分かった。また、クロオオアリだけでは
あご、腹柄節、二つの胃のことを知りそのしくみに
なく、小さいアリも集まっていることが分かった。
感心した。また、卵の発見や行列の長さにも驚いた。
(2)
さらに、ゼリーのカップの中に芝生のカスと小石で
クロオオアリの実験より
○
甘い砂糖・砂糖水が一番の好物である。
○
クロオオアリを中心に6種類のアリを発見した。
8月11日、同じ大きさの色紙13色(エサとなる砂
○
濃い色や、白い色を好む。
糖を同じ量ずつ置いた。)を大きな紙にはり、巣の
○
午前中及び夕方からが活発。日中は不活発。
巣をつくっていたのを発見した。
ウ
実験3
色の好ききらいを調べる。
夜から翌日にかけても活発である。
近くに置き、アリが何匹集まったかを調べた。
○
茶色や赤色といったしっかりとした濃い色や、グ
は、それぞれ3本になるよう体を支える。
レー・白色など白っぽい色を好んで集まってくる。
5
少し暗い色には集まってこない。また、時刻によっ
実験4
が分かった。アリを実際に指にのせたり、白いペン
アリの行動について調べる。
で印をつけたりするのはとても難しかった。私は今
8月21日、巣から出てきたアリをつかまえて腹に
白いペンで印(白腹
アリ)をつける。捕
研究を終えて(感想)
アリを観察してきて、アリは毎日働いていること
ても少しずつ違っている。
エ
地面についている足と地面からはなれている足
までアリの種類は二種類ぐらいだと思ったけれど、
白腹アリの観察スタート
家のまわりにいる種類は6種類だと分かって驚いた。
まえた場所に戻して
アリの好物はとっても甘い砂糖や砂糖水だと分かっ
巣から出てきた時間
てやっぱりと思った。アリを虫かごに入れるのにす
を調べる。
き間からいつの間にか逃げていて、忍者のようだな
あと思った。最後までアリのオス・メスが見分けら
白腹アリは、まず、
れなかった。残念だった。
60㎝位はなれた砂糖
この研究を通して、ずっとこれからもアリたちの
のあるところに行っ
仕事を応援したいなあという気持ちになった。
た。そして、砂糖を
- 10 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
72 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content