close

Enter

Log in using OpenID

はじめる プログラミング

embedDownload
L
L
I !
K P
S U
将来にわたって使えるスキルを身につけるために
オブジェクト指向で
はじめる
プログラミング
日向 俊二
HYUGA, Shunji
10
第
回
C#でMIDIを扱う(その1)
Technology Tools
MIDIとは?
MIDIファイル
Visual Basic .NET
✓ Visual C# .NET
MIDI(Musical Instrument Digital
SQL Server 2000
MIDI ファイルのデータの実体は、
Interface)は、MIDIインターフェイス
MIDIのイベントのシーケンス(イベン
Access 2002
を備えた楽器や音源、ミュージックシ
トが連続したもの)です。MIDIのイベ
ASP.NET
ーケンサなどを制御するための標準イ
ントには、たとえば、
「中央ドの音を80
Internet Information Services
ンターフェイスです。
の強さで楽器番号0番の音色で鳴らす」
Oracle 9i
✓ Other :
サウンドを扱うソフトウェアでは、
.NET Framework SDK
Level
★ ★ ★ ★ ★
Samples
・この記事で 取り上げ たソースコード およ
びサンプルプログラムは、付録CD-ROM
の¥DOTNET¥CSHARPディレクトリに
収録しています。
¥MIDIKB
キーボードプログラム
WAVEやMP3(MPEG-1 Audio Layer-
る」
「テンポの基準を変える」など、一
3)もよく使われますが、MIDIは音の
般に人間が楽器などを使って音楽を表
情報や、作/編曲された既存の音楽を
現する際に行なう出来事(イベント)
保存し再生するだけではなく、音源や
があります。つまり、サウンドとして
音響装置を制御したり、任意の高さと
のMIDIは、このようなMIDIのイベン
音色の音を必要なときに鳴らしたいよ
トのシーケンスを記録したデータです。
うな場合にも使うことができます。特
この情報を保存したファイルを「標準
に、音楽を耳に聞こえる音の波形情報
M I D I ファイル」と呼びます。標準
としてではなく、一連の音(さまざまな
M I D I ファイルの一般的な拡張子は
高さ、長さ、大きさの音)の情報とし
て保存する場合にはMIDIを使うのが一
般的で最適です。
今回はC#でMIDIを利用するプログ
※この記事では.NET Framework SDKを
利用して解説していますが、C#Builder、
SharpDevelop などでも利用できます
(C#コンパイラならすべて利用できます)
。
とか、
「現在鳴っている音をすべて止め
ラムについて解説します。
“.MID”または“.RMI”です。
インターフェイスとしてのMIDIも、
MIDIサウンドも、コンピュータの世界
では広く普及しています。実際、MIDI
は主にコンピュータミュージックで使
われますが、MIDIインターフェイスを
備えた他のデバイスの制御に利用する
dotNET Magazine 2004 Aug. 141
L
L
I !
K P
S U
オブジェクト指向で
はじめる
プログラミング
★1 アプリケーションレベルでは、一般的には、音源を制御するデバイスドライバ、もしくはソフトウェ
ア音源に実装されていて、システムにインストールされているMIDIインターフェイスを使ってMIDI
を制御したり音を鳴らします。
★2 Standard MIDI File。略して「SMF」と表記することもあります。
図1:MIDIデータの典型的な構造
こともできます。
インターフェイスとしてのMIDIの仕
MIDIヘッダ情報
MIDIサウンドのトラック
様は、ハードウェアとソフトウェアの
両方で構成されています。ハードウェ
アの仕様には、たとえば、MIDIケーブ
MIDIイベントメッセージ
MIDIイベントメッセージ
MIDIイベントメッセージ
…
ルやそのコネクタなどが既定されてい
ます。しかし、アプリケーションやGUI
コンポーネントなどのプログラミング
のフォーマットやMIDIメッセージの詳
MIDIメッセージ
では、ハードウェアに近い低レベルの
細については、記事末の参考URLなど
領域は通常扱いません。一般的なMIDI
を参照してください。
のプログラミングでは、抽象化された
MIDIメッセージには、数バイトのデ
ソフトウェアオブジェクトである
ータで構成される「MIDIショートメッ
「MIDIデバイスオブジェクト」をプロ
セージ」と、1回に数バイト以上のデー
グラムコードで制御します 。
★1
MIDIとWindows
タを送ることができる「MIDIロングメ
ッセージ」の2種類があります。
MIDIを扱うWindowsプログラムを
コンピュータで単にMIDIサウンドを
MIDIファイルの中身
作る場合、現在のところ、
「winmm.dll」
鳴らしたいときには、ノートオンコマ
の中にあるMIDI関数を使うのが最も一
ンドやノートオフコマンドのような
般的な方法です。winmm.dllは従来の
MIDIショートメッセージをデバイスに
WindowsのAPIであるWin32 APIの一
トラック、チャンネル、イベント(メッ
送ることで音源を鳴らします。また、
部で、DirectXの機能を実際に提供する
セージ)などで構成されます(図1)
。
特定のシステムに固有の(システムエ
要素のひとつでもあります。
標準MIDIファイル は、ヘッダ情報、
★2
標準MIDIファイルフォーマットに
クスクルーシブ)情報や、楽器名と歌
一方、C#のWindowsプログラミング
は、すべての楽器(チャンネル)の
詞のようなテキストなどは、MIDIロン
では、原則的に直接Win32 APIを使う
MIDIイベントデータを1個のトラック
グメッセージをデバイスに送ることで
のではなく、.NET Frameworkのクラ
に保存する「フォーマット0(ゼロ)」
MIDIデバイスに伝えます。
スを使います。そうするほうがプログ
と、楽器ごとに別のトラックに保存す
MIDIの主なショートメッセージとロ
る「フォーマット1」の2種類がありま
ングメッセージを表1に示します。MIDI
ラムの一貫性を保ちやすく、プログラ
ミングやデバッグも容易だからです。
す。いずれのフォーマットでも、トラ
ックには「MIDIイベントメッセージ」
表1:MIDIの主なイベントメッセージの例
種類
コマンド
メッセージ(例)
ショート
ノートオン
9n, pp, vv(nはチャンネル、ppはピッチ、vvは
音の強さ)
とその関連情報をMIDIイベントで表現
ノートオフ
8n, pp, vv
します。また、MIDIデバイスで単に音
オールノートオフ
Bn, 7B, 00
を鳴らしたり止めたりしたいような場
コントロールチェンジ
Bn, cc, dd(ccはコントロールナンバー、ddは
制御データ)
が含まれています。そして、フォーマ
ットの種類にかかわらず、MIDIでは音
合には、そのデバイスに適切なMIDIイ
システムエクスクルーシブ
F0, ID, データ, FF
ベントメッセージを送ることで実行で
テキスト
FF, 01, データ長, テキストデータ
きます。
楽器名
FF, 04, データ長, テキストデータ
歌詞
FF, 05, データ長, テキストデータ
142
dotNET Magazine 2004 Aug.
ロング
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
320 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content