close

Enter

Log in using OpenID

著:多河英雄 - ヒシダスポーツ観光

embedDownload
著:多河英雄
オランダサイ クルーズレポ ート
多河英雄
自 転 車 王 国 オ ラ ン ダ に サ イ ク ル ー ズ に 参 加 し ま し た 。サ イ ク ル ー ズ と は「 サ イ
ク リ ン グ 」+「 ク ル ー ジ ン グ 」を 合 わ せ た 主 催 者 の 造 語 で す 。ハ ウ ス ボ ー ト に 宿
泊 し 、サ イ ク リ ン グ で 移 動 。ホ テ ル に な る ハ ウ ス ボ ー ト も そ こ へ 移 動 し て 待 っ て
い て く れ る 。毎 日 荷 物 を ま と め て 運 ぶ 必 要 が な い ス テ キ な サ イ ク リ ン グ ツ ア ー で
す。
オ ラ ン ダ は 自 転 車 王 国 と 言 わ れ て 、全 国 に 自 転 車 道 が 網 羅 さ れ て い る こ と は ご
存 じ の 方 も 多 い と 思 い ま す 。国 土 の 四 分 の 一 が 海 面 よ り 低 く 、高 い 山 も な い 。つ
まり平坦なのです。自転車に最適な国?なのです。
6 月 1 2 日 関 空 か ら ル フ ト ハ ン ザ 航 空 で 旅 立 ち ま し た 。参 加 者 8 名 。福 島 か ら
2 名 京 都 の 男 性 4 名 女 性 2 名 で す 。 添 乗 の ヒ シ ダ 氏 を 除 い て 全 員 60 代 以 上 。
フランクフルトを経由してオランダスキポール空港に着いたら雨が降ってい
ました。降水量の少ないオランダでも雨は降ります。
夕方に着いたのですが日没は10時過ぎとのこと。
まだまだ空は明るいのです。バスでホテルに行き
IBIS エ ア ポ ー ト ホ テ ル
夕食を取ってベッドに入ったときには自宅を出て
から24時間が過ぎていました。
13日いよいよサイクリングの開始です。バス
でアムステルダムの船着き場にむかいます。途中
ボートレース場横を通りました。なんだか見たこ
とあるなと思ったら、前回南部を走ったときに通
過した所でした。3名が前回から続けての参加で
す。
アムステルダム港に着いてホテルになるハウスボートはすぐ見つかりました。
Irmadan2 号 で す 。 自 転 車 は 全 員 レ ン タ サ イ ク ル = マ マ チ ャ リ 。 体 格 の 大 き な オ
ラ ン ダ 人 用 の 頑 丈 な 自 転 車 。変 速 機 は シ マ ノ 製 の 内 装 7 段 変 速 。日 本 で は 見 た こ
と の な い も の で す 。サ ド ル を 一 番 下 ま で 下 げ て 何 と か 乗 れ る 大 き な も の で す 。早
速 サ イ ク ル コ ン ピ ュ ー タ を 取 り 付 け ま し た 。や は り 走 っ た 距 離 を 知 り た い も の で
すから。いつもはロードかMTBに乗ってる人には不満が残りそうですが。
出発前に予定してコースと初日から
変 更 に な り ま し た 。船 長 が こ ち ら の 方 が
い い 、こ こ は ナ イ ス ビ ュ ー 、そ こ は ノ ー
グ ッ ド 、の 連 発 。船 長 の 言 う コ ー ス を 走
り ま す 。初 日 か ら 宿 泊 地 も 変 更 で す 。船
内で昼食用のサンドイッチをつくって、
アムステルダム港の向こう岸からスタ
佐藤氏とコール夫妻
ートです。
ス タ ー ト 地 点 。閑 静 な 住 宅 地 で す 。自
転 車 を お ろ し て 写 真 を 撮 っ て 、船 に 気 づ く と 1 メ ー ト ル ほ ど 下 に い る で は あ り ま
せ ん か 。平 坦 な オ ラ ン ダ と は い え 水 面 に 差 が あ る の で す 。こ こ は 閘 門 の 中 だ っ た
の で す 。道 路 を 走 り な が ら 見 る と 水 面 が 大 き な 所 で は 2 ~ 3 m 差 が あ る 所 も あ り
ました。細かい水位の調節は大変なんだろうな。
オランダの住宅は窓が大きいことで有名
で す 。室 内 が 丸 見 え 。き れ い に し て お く こ と
が大切なんだそうです。
右 が 湖 左 が 川 を 走 っ て る は ず が 、い つ の 間
に か 両 側 が 水 ば か り 。堤 防 の 上 を 走 っ て い ま
し た 。た く さ ん の 風 力 発 電 機 が 見 え ま す 。風
車ですが目的の風車ではありません。
閘門
Marken に 着 き 対 岸 ま で フ ェ リ ー に 乗 り ま
す 。乗 り 場 に い ろ い ろ 売 店 が あ り 、フ ェ リ ー の 中 で 昼 食 で す 。食 べ 終 わ る 頃 に は
対 岸 Volendam に 到 着 で す 。
き れ い な 町 で 写 真 撮 影 休 憩 を 取 り ま す( な ん だ か 休 憩 ば か り )Hoorn の 町 も 落
ち 着 い た 町 。跳 ね 橋 の た も と で 大 型 の 自 転 車 を 見 ま し た 。5 人 乗 り の 自 転 車 。さ
す が だ な と 感 心 。ま だ ま だ 驚 く 自 転 車 が 現 れ ま す 。自 転 車 だ け で な く そ の 環 境 も
感 心 さ せ ら れ る 。小 さ な 町 の あ ち こ ち に 大 小 の 自 転 車 置 き 場 が あ る 。こ れ な ら 放
置自転車が無くなる!?日本にはなぜ無いん
だろう。
Hoorn か ら 宿 泊 地 の Ambacht ま で 走 る 。結 構
時間がかかり19時前に初日の走行を終えた。
本 日 の 走 行 距 離 75.8km
14日今日は今回の目的地大堤防に行く日。
昨夜のコース打ち合わせに船長はノーグッド
フォーレンダム
を 連 発 。大 堤 防 は お も し ろ く な い と 言 う の だ 。
でも今回ツアーの目玉
欠 か す わ け に は い か な い 。昨 日 も だ が は じ め 北 に 進 む 間
は 良 か っ た が 、 西 に 進 み 出 す と 向 か い 風 。 今 日 も 南 西 か ら の 風 が 強 い 。「 行 き は
よ い よ い 帰 り は 怖 い 」。 大 堤 防 ま で は 追 い 風 。 帰 り は 向 か い 風 が 必 至 。
イルマダンⅡ前
朝そろいの T シャツを着て記念撮影。残念逆
光で顔が見えない。
Medemblik は 蒸 気 機 関 車 列 車 の 終 点 と か 。で も
それは見ることはできなかった。ホームを横切
って堤防の上に出る。教会・風車を写真に撮っ
て大堤防を目指す。自転車道には自転車用の案
内板がある。
大 堤 防 は や は り す ご い の 一 言 。百 年 以 上 前 に こ ん な 大 規 模 な も の を 造 ろ う と し
た 発 想 自 体 に 感 心 す る 。右 も 左 も 水 平 線 が 見 え る 。ど ち ら が 外 海 で ど ち ら が 内 海
か 一 見 し た だ け で は 分 か ら な い 。地 図 を 見 て い る か ら 分 か る だ け 。ど こ ま で 行 く
か 迷 う 。向 こ う か ら 自 転 車 で 来 る 人 が い る 。止 ま っ て る 我 々 を 追 い 越 し て い く 人
もいる。30km続く直線の堤防の横は高速道路。
小 休 止 し て 戻 り 出 す 。向 か い 風 。分 か っ て い た け ど 自 転 車 が 進 ま な い 。ほ ん の
少しだけ大堤防を走っただけなのに、帰りは大変。
大 堤 防 付 け 根 の 町 で レ ス ト ラ ン に 。そ こ は
フ ィ ッ シ ュ セ ン タ ー 。魚 を い ろ い ろ 料 理 し て
出 し て く れ る 。揚 げ た て の コ ロ ッ ケ は 熱 か っ
た 。 Hippolytushoef の 風 車 を 見 て 向 か い の
茅 葺 き の 家 が 葺 き 替 え 中 。日 本 で も 珍 し く な
っ た 茅 葺 き に こ ん な と こ ろ で 出 会 え 、し か も
葺き替え中。ある種の感激。
向 か い 風 が 強 い 。何 と か 渡 船 場 に た ど り 着
く 。運 河( カ ナ ル )を 渡 る だ け の 小 さ な 渡 船 。
1 0 メ ー ト ル も な い 。台 船 に 乗 る と 動 き 出 す 。渡 り 終 え て し ば ら く 見 て い る と 自
動車も結構乗る。道の一部になっている。なぜ橋を?は日本人の感覚か?
少 し い く と 障 害 者 に た く さ ん 出 会 う 。い ろ い ろ な 障 害 を 持 つ 人 と 介 助 者 が 行 き
来 す る 。 標 識 を 見 る と Noorder Heven( 北 の 天 国 )。 障 害 者 が 障 害 者 の た め の 町
を つ く っ て い る と 、後 で 聞 く 。宮 城 ま り こ さ ん が 日 本 に 紹 介 し た こ と の あ る 有 名
なところ。ふーんと感心。
そ の 後 船 長 推 薦 の 海 岸 に 出 る 。な ー ん と 。オ ラ ン ダ に も こ ん な と こ ろ が あ る の
か 。海 岸 段 丘 が 両 側 に あ っ て 人 間 が つ く っ た も の は 道 路 し か 見 え な い 。ま る で 高
原 の 中 を 行 く よ う だ 。感 嘆 し て い る 私 の 横 を 自 転 車 が 高 速 で 走 っ て い く 。全 体 に
上り坂なのに、スゴイ。車いすの人も一人で散歩している。
写 真 を 撮 っ て 走 り 出 す 。上 り な の に 軽 や か に 走 る 。そ う 、追 い 風 。今 ま で 悩 ん
で き た 風 が こ こ で は 追 い 風 に な っ た 。ス ム ー ス に 登 り 切 る 。速 い 自 転 車 は 特 別 で
はなかった。
夕食風景
先端の灯台まで行くとそこには砦が
あ っ た 。昔 英 国 と 戦 い の 時 か ら あ る よ う
だ 。古 い 大 砲 が あ る そ ば に 近 代 的 な 機 関
砲も並んでる。
Den Helder 町 に 入 る の に 少 し 道 を 逆
走 し て し ま っ た 。自 転 車 道 が 分 か ら な か
っ た 。少 し い く と 海 軍 博 物 館 が あ り 、そ
こ に は 潜 水 艦 が 展 示 し て あ っ た 。こ ん な
も の も 見 せ る の か と 思 い な が ら 港 に 。ハ
ウ ス ボ ー ト を 探 し な が ら い く と 、一 人 足 り な い こ と に 気 づ く 。R 氏 が い な い 。少
し 周 り を 探 し て 連 絡 を 取 り に 追 い か け る 。大 き な 橋 が 跳 ね 上 が っ て る と こ ろ で 追
い つ い た 。ち ょ う ど 大 型 の 船 が 通 る と こ ろ 。一 人 い な い こ と を 話 し 、ま た 探 し に
戻 る 。見 つ か ら な い 。潜 水 艦 ま で 戻 る 。ダ メ
目 に 付 く 教 会 の 広 場 を 一 回 り 。も
う ダ メ 。船 に 戻 っ て 待 つ こ と に す る 。ち ょ う ど そ の と き 船 長 が 自 転 車 を 引 っ 張 り
出 し て き て 、探 し に 出 か け て い っ た 。さ す が 船 長 。し ば ら く す る と R 氏 と 一 緒 に
戻 っ て き た 。ホ ッ ト し た ら 疲 れ が 出 た 。何 し ろ 今 日 は 1 0 0 k m 越 え た の だ か ら 。
それも大半は向かい風。お疲れさま。
本 日 の 走 行 距 離 108km
1 5 日 は 朝 早 く 起 き る 。昨 日 は 早 く 寝 た か
ら 当 然 。今 日 は T e x e l 島 に 行 く 。フ ェ リ
ーに乗って島に渡る。これで初日フェリー、
2日目渡船と3日とも船に乗ることに。
昨日海岸から沖に見える砂州!
それが
T e x e l 島 ( テ ソ ー 島 と 呼 ぶ ら し い )。 島
の 東 側 を 北 に 向 か う 。快 調 。昨 日 ほ ど で は な
フ ェ リ ー で TEXEL 島 に 上 陸
いが今日も風が強い。今は追い風。
かわいい箱庭のように風車が見える。見学は10時から。まだ30分もある。
近 く を ぐ る っ と 散 歩 し て み る 。風 車 の 反 対 側 は ヨ ッ ト ハ ー バ ー 。無 数 の ヨ ッ ト が
並 ぶ 。風 車 見 学 は あ き ら め て 島 の 反 対 側 に あ る 水 族 館 を 目 指 す 。島 を 完 全 に 横 断 。
でも砂州と間違えるぐらいの島。高低差は非常に小さい。が向かい風になる。
途中ワゴン博物館に寄る。小さな町や村にもいろいろな小さな博物館がある。
ワゴンとは?
よ く 分 か ら な か っ た 。人 の 乗 る 箱 形 の 乗 り 物 の よ う だ 。パ ン 屋 の
馬車も乳母車もワゴンだった。
島を横断して水族館に到着。まず驚いたのが
駐輪場。駐車場と同じぐらいの広さがある。そ
してたくさんの自転車が止めてある。子供自転
車が連結してある自転車も。水族館を見学がて
エコマーレの
眼を病んだアザラシ
ら昼食を摂る。
親子自転車も珍しい。これで何度目だろう。
いろんな形がある。オーダーメイドなんだろうか?
帰 り は ま た も 向 か い 風 。休 憩 も 少 な く し て 走 る 。予 定 よ り 1 時 間 前 の フ ェ リ ー
にぎりぎり間に合う。自転車に乗ったまま乗船する。時間に余裕ができたので、
昨日見られなかった海軍博物館を見学。
こ こ か ら 南 に 一 直 線 。ま と も 向 か い 風 。昨 日 乗 っ た 渡 船 の 横 を 通 り す ぎ る 。風
力 発 電 機 の 並 ぶ 横 を あ え ぎ な が ら 進 む 。 ‘t Zand に 到 着 。 船 は す ぐ 見 つ か っ た 。
本 日 の 走 行 距 離 58.8km
16日スタートすると船も出るから見る
ようにと言わ れ 、跳 ね 橋 を通過す る
IrmaDan2 を 見 送 り 1 6 日 Schagen へ 向 か う 。
こ こ に も 市 が 立 っ て い る 。紅 白 の 花 畑 を 見 て
海 岸 に た ど り 着 く 。海 岸 の 堤 防 の 外 側 も 走 れ
る の だ が 、と て も 走 る 気 に な ら な い 。堤 防 の
内 側 だ と 少 し は 風 が ま し か と 思 い 走 る 。い や 、
スハーヘンの朝市
這 っ て 進 む よ う だ 。遠 く に 馬 に 乗 る 人 が 見 え
る が 、い つ ま で た っ て も 追 い つ け な い 。よ う や く 堤 防 と 分 か れ る と こ ろ ま で 来 た 。
その上には風にもたれかかる像がある。常に風が強いんだろうか。
Alkmaar に 着 く 。ま だ 時 刻 は 早 い 。明 日
の 打 ち 合 わ せ を す る 。ク ル ー ジ ン グ を 楽 し
むためには船長推薦の風車見学に出かけ
る。
近 く の 現 役 の 風 車 を 見 る 。粉 ひ き 風 車 が
営 業 し て い る 。我 々 が 見 学 に は い る と 終 業
が近かったのかすぐ風車をたたみだした。
Alkmaar に 停 泊 中
粉 を 出 荷 す る 場 も 見 な が ら 、風 車 見 学 を 続
け る 。結 局 い く つ 風 車 を 見 た ん だ ろ う 。次
か ら 次 へ と 風 車 が 現 れ る 。途 中 道 に 迷 っ た こ と も あ り 予 定 よ り 5 ~ 6 k m よ け い
に走ったかな。
本 日 の 走 行 距 離 83.1km
1 7 日 サ イ ク リ ン グ 最 終 日 。前 半 は ク
我々の為に交通が遮断され上がる跳橋
ル ー ジ ン グ を 楽 し む 。自 転 車 を 積 み 込 ん
で朝食を摂りながらゆったりと船は進
む 。カ ナ ル は ま っ す ぐ の び る 。野 鳥 が 何
種 類 も 集 ま っ て い る 。気 持 ち も 安 ら ぐ 時
間。
Purmerend に 着 く 。 こ こ か ら 風 車 で 有
名 な Zaanse Schans へ 。 き れ い な と こ ろ
だ が さ す が に 観 光 客 が 多 い 。人 を よ け な
がら走る。
ア ム ス テ ル ダ ム に 入 っ た が 、そ こ で 道 に 迷 う 。少 女 に 尋 ね る と ど ち ら で も い け
る と の こ と 。先 導 の ヒ シ ダ 氏 に こ だ わ り が あ る よ う だ 。そ の ま ま 進 ん で も 港 に 着
くのだが、船長から聞いたフェリーに乗るつもりだ。ようやくフェリーに乗る。
日 中 な の だ が 人 も 車 も 満 員 。と て も 料 金 を 集 め る 間 が な い 。到 着 - 下 船 。ど う も
無料のようだ。
2~3人用の船室内
無 事 IrmaDan2 に 戻 り 着 く 。 途 中 東
京駅の原型と言われるアムステルダ
ム 駅 を 見 る 。時 計 が 二 つ あ る と 思 え ば 、
一 つ は 風 向 計 だ 。昔 か ら 風 に 感 心 が あ
る し 、風 が 強 い か ら 風 車 が 発 達 し た ん
だろう。
チェックアウトしてホテルに移動
する。
本 日 の 走 行 距 離 42.9km
18日最終日
い よ い よ 帰 国 の 日 。朝 ホ テ ル を 出 て 空 港 に 向 か う 。来 る と き の
逆順にフランクフルトを経て関空へ。19日の朝無事に到着。
オランダサイクルーズの旅が終わった。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
765 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content