close

Enter

Log in using OpenID

ⅠD野球の実践を支援する電子スコアブックの開発 15IC3-23

embedDownload
15IC3-23
ⅠD野球の実践を支援する電子スコアブックの開発
担当者:平沢
彰人
指導教員:長田
茂美
1.まえがき
成績保存ファイル読込
開始
野球は,
「筋書きのないドラマ」とよく言われる.近年,
プロ野球を始めとする「飛ばないボール」の影響により,
教授
[選手名]を入力
打って繋ぐ野球ではなく,犠打や盗塁を絡めた「スモール
既存⇒打率などを表示
新規⇒選手を追加
ベースボール」というものが定着しつつある.そこで重要
となるのが,蓄積されたデータだと考えている.短期決戦
[選手名] [打席の成績]を入力
においても,データは非常に重要であろう.
累計成績を上書き
本研究では,実際の試合での成績を逐次入力することに
終了
より,従来の手書きスコアブックでは即座に算出できない
成績保存ファイル更新
数値,情報を弾き出すことで,ID 野球を支援する電子ス
選手の成績詳細を参照可能になる
コアブックの開発を目的としている.
図 2 打撃成績システムの概要図
2.ID野球とは
「Important Data」の略称であり,造語である.経験
4.システム評価
や勘に頼ることなく,データを集め,それを科学的に分析
捕手配球傾向分析システムでは.昨夏の第 94 回全国高
してチームを作り上げることである.野村克也氏が,ヤク
校野球選手権大会で決勝まで進んだ大阪桐蔭・森捕手と光
ルトスワローズ監督時代に提唱したことでも有名である.
星学院の田村捕手の配球を比較した.結果として,同じ投
近年では,「セイバーメトリクス」という手法も一般的
手であれば配球が類似していることが読み取れた.打撃成
に知られるようになっている.これも,データを統計学的
績システムでは,昨年のプロ野球日本シリーズ,読売巨人
見地から客観的に分析し,選手の評価や戦略を考える手法
対北海道日本ハムファイターズの第 5 戦の成績を一打席
である.プロ野球のチームでは,北海道日本ハムファイタ
ずつ入力し,そこから打率,出塁率,長打率,盗塁成功率
ーズがこの手法を導入し,選手の能力を徹底的に細分化し
など,野球の指標を瞬時に算出させた.
て数値化するとともに,ゲームにおける一つ一つのプレー
を蓄積し分析している.
5.むすび
本研究では,捕手配球傾向分析システムと打者成績シス
3.システムの概要
ID 野球を支援するための電子スコアブックとして,捕
手配球傾向分析システム,打者成績システムを作成した.
言語は C 言語を使用した.
システムの概要図を図 1 と図 2 にそれぞれ示す.四角
はシステムの処理,丸はユーザーの処理である.
テムを開発した.この二つを使用することにより,初歩的
ではあるが,ID 野球の実践を支援することができる.
あらゆるデータは,膨大な結果から導き出されるもので
あり,学生野球のように,数試合では満足いくデータが得
られず,相手の弱点を見抜くことは難しいかもしれない.
しかし,本研究のようなシステムを用いることにより,少
しでもデータの有用性を実感できれば ID 野球の発展に繋
ゾーンを九分割
がるであろう.
今後の課題としては,分析手法の高度化,タブレット端
(どこへ配球されたか)
[ゾーン番号]を入力
次にどこが来るのかの割合
全球に対する個々のゾーンの割合を表示
末やスマートフォンへの実装などが挙げられる.
参考文献
[1]
「日ハムのIT野球か、巨人の熱血野球か:日本経
済新聞」
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO47584470T21C
12A0000000/
どのゾーンへ偏りが強いか
次の狙い球をどこに絞るか
を分析できるようになる
図 1 捕手配球傾向分析システムの概要図
(2013/1/15 アクセス)
[2]
「日本野球とセイバー理論:セイバーメトリクス入
門~アメリカ生まれの野球数理学」
http://www.sabrmetrics.info/history/0004.html
(2013/1/15 アクセス)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
187 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content