close

Enter

Log in using OpenID

プジョー、ジュネーブ国際モーターショーで2008をワールドプレミア(PDF

embedDownload
2013 年 2 月 18 日
パリ・プジョー本社
プジョー、ジュネーブ国際モーターショーで 2008 をワールドプレミア
~ 環境対策への積極的な取り組みを発表 ~
第 83 回ジュネーブ・モーターショーにおいて、プジョーは製品とテクノロジーにつ
いてのアドバンテージを発表します。今回は、プジョー2008 のワールドプレミア、
野心あふれる 208 シリーズの展示、上級マーケットへの移行を目指す戦略の再
確認、コンセプトカーOnyx がもつ豊かなインスピレーションのアピールなどを展
開します。また、HYbrid4 ディーゼル・ハイブリッド、2008 HYbrid Air および
208 HYbrid FE プロジェクトでは、プジョーの誇る最新技術と環境対策を紹介し
ます。
70 万人を超える来場者が訪れるジュネーブ・モーターショーで、広さ約 2,700 平方メートルにおよぶプジョーのブース
には 31 の量産モデルとコンセプトカーを展示します。特に注目されるのは 2008 のエリアで、プジョー・ブランドの新し
いアーバン・クロスオーバーの新シリーズを代表するモデルを 7 台展示します。
プジョー2008:グローバル・マーケット向けアーバン・クロスオーバー
プジョー2008 アーバン・クロスオーバーの開発は、ヨーロッパ、中国および中南米のプジョーのエンジニアとスタイリ
ストのチームが担当しました。このモデルには、プジョー・ブランドのシティーカー・セグメントにおける専門性と、販売
台数 44 万台を誇る 3008 の属するクロスオーバー・セグメントにおける実績あるノウハウが融合されています。
B セグメントの革新的なモデルである 2008 は、ヨーロッパ・アジア・アフリカ・南米にて販売を想定しており、2012 年
に加速された、プジョー・ブランドの国際化に向けた展開を後押しする役目を果たしています。
2008 は全長 4.16m の小型のクロスオーバーで、俊敏な走りと多用途性を特徴とし、洗練されたスタイルと魅力を兼
ね備えています。想定されるユーザーは、サンパウロや上海、パリ、クアラルンプール、モスクワ、東京の都市部に
住む若者で、都会を好むと同時に遠出も好む、ドライブの楽しさと環境への配慮を両立できる人々となっています。
全体のシルエットをダイナミックに保つために、2008 では、最新世代のエンジンである、e-HDI ディーゼル・エンジンと
3 気筒ガソリン・エンジンを搭載し、きわめて低い燃料消費を実現しています。CO₂排出量はもっとも尐ないモデルで
98g/km と、プジョー・アーバン・クロスオーバーの CO₂排出量が卓越していることを示しています。
2008 はプジョーの強みが具現化されたものであり、その躍動感のある設計、そしてコンパクトなステアリング・ホイー
ルとヘッドアップ・ディスプレイがもたらす、新たなドライビング・エクスペリエンス、定評のあるハンドリングと高いレベ
ルの快適性、素材および仕上げの品質は、多くの 208 のお客様からすでに高い評価を受けています。
2008 は、クロスオーバーというアイデンティティを強調するため、ユニークかつ躍動的なコッパー(銅を模した)オレン
ジのモデルが展示されます。一部クロームをあしらったエクステリアのカラーはお客様の個性によって選択でき、パッ
ションオレンジのほかにも、プジョーの美意識を反映した革新的なカラーや素材が用意されます。
208:パワーアップ
先代モデルが歴史的な成功を収めた 208 は、2012 年にヨーロッパの B セグメントにおけるハッチバック・カテゴリー
のトップモデルとなるという唯一の目的を果たすため、セグメント属性の再定義がなされました。
そして、発表からわずか数か月の 2012 年 12 月、プジョー2 シリーズの後継車種は実際に、競争が激しい欧州にお
ける B セグメントのハッチバック・カテゴリーでナンバーワンを獲得しました。
フランスとスロバキアで生産され、2012 年春にヨーロッパで販売が開始された 208 はその年の後半も国際的な展開
が継続し、2013 年にはロシアでの販売、ならびにブラジルでの生産および販売が予定されており、その勢いは最高
潮に達すると予想されています。
デビュー以来、208 のお客様は全世界ですでに 22 万人以上に達しています。
ジュネーブでは、発表からまもないモデルで高級感のある、シックなアーバン・ビークルの 208 XY、そして甦った伝説
とも呼ぶべき 208 GTi も展示されます。また、新たな輝きを放つ 208 シリーズの全ラインアップも登場します。3 ドア
のボディー・スタイル、個性が際立つ外見、前面の特徴的なヘッドライトの形状、ユニークな 17 インチ・ホイール、洗
練された素材の使い方と仕上げ、独特なインテリアの雰囲気など、208 XY と 208 GTi では、エンジンをかける前から
プジョーならではの立体的かつ躍動的でエレガントなスタイルが表現されており、いずれも注目すべき機能を有して
います。
これらのドライビング・プレジャーは、いつも乗る人にあたえられます。
208 XY にはパワフルかつ経済的なガソリン・エンジンと e-HDi ディーゼル・エンジンが搭載されており、最高出力は
92~155 馬力となっています。また、208 GTi には、出力 200 馬力の 1.6 リッターTHP エンジンとクロスレシオ 6 速
のマニュアル・ギアボックス、それらのポテンシャルのすべてを快適に引き出すシャシーが備わっており、CO₂排出量
もわずか 139g/km という優れた数値が記録されています。
ラリーやレースコース用のバージョンにおいても、208 は商業的に広く受け入れられているだけでなく、すでに成功も
収めています。2013 年のモンテカルロ・ラリーでは 208 R2 が所属するクラスでワンツー・フィニッシュを飾りました。
パリ・モーターショーで一部公開された R5 レギュレーション対応の 208 が、ジュネーブでは新たな幕を開きます。スポ
ーツ指向のプジョーの DNA は、208 T16 にも宿っています。
207 Super 2000 の継承モデルである 208 T16 は、国内および国際大会でタイトルを狙うべく、現在はテスト走行を
積み重ねています。
上級マーケットへの移行と比類無きドライビング・エクスペリエンスの提供
2008、208 XY および 208 GTi は、上級マーケットへの移行を目指すプジョーの戦略を改めて示すものとなっていま
す。
さらに、ジュネーブのプジョー・ブースでは RCZ も展示します。この新スタイルのクーペは、2010 年春の発売開始以
来、すでに 5 万人以上のファンを獲得しています。
マットブラックとコッパー(銅を模した)ライブリーカラーで公
開される RCZ R Concept は、今年末に発表予定の象徴
的かつ高性能なスポーツバージョン RCZ R の先駆けとな
るものです。RCZ R は、最高出力 260 馬力の 1.6 リッター
THP エンジンが搭載される予定で、プジョー史上最もパワ
フルな量産モデルとなります。さらに、RCZ の燃費効率
は、160 馬力以上の量販モデルのカテゴリーではトップクラ
ス
スのベンチマークとなるもので、目標となる CO₂排出量は 155g/km に設定されています。
ダイナミックでセンセーショナルなドライビング・エクスペリエンスを楽しんでいただくために、RCZ R には専用のサス
ペンションとホイールが限定バージョンである Torsen 製スリップディファレンシャルとの組み合わせで装備されます。
ハイブリッドシリーズ:プジョーの強み
2012 年、プジョーは CO₂排出量抑制でヨーロッパ・ナンバーワンとなりました。ラインアップの平均 CO₂排出量は
2011 年の 128.6 g/km から 121.6 g/km までの削減に成功し、2015 年までに達成が求められる、ヨーロッパの目標
値 130 g/km をすでにクリアしました。
プジョーの環境への理念を示しているのが、燃費効率の改善、小型化、Stop&Start e-HDi などの継続的な内燃エン
ジンの最適化です。このほか、1.0 リッターおよび 1.2 リッターの 3 気筒ガソリン・エンジンのファミリーに代表される、
新世代エンジンの導入を通じて内燃エンジンの最適化も図っています。
2015 年までに平均 CO₂排出量を 116g/km に抑制するという目標を達成するため、プジョーは、電気自動車のような
画期的なソリューションにも着目しています。その一例が iON シティーカーですが、コマーシャルバンの PARTNER
Electric もラインナップに加わる予定です。
プジョーの先進的な環境対応とラインナップ拡充に対する取り組みを示す、もう 1 つ重要な事例は、HYbrid4 による、
ディーゼルと電気のハイブリッド技術です。3008 HYbrid4 のワールドプレミアで明らかにされた HYbrid4 のドライブト
レインは、その後に 508 RXH および 508 Saloon HYbrid にも搭載された結果、実用面と環境面の両方で優れたパ
フォーマンスとドライビングの楽しさを提供してくれるラインアップが揃うことになりました。これら 3 つの HYbrid4 モデ
ルは、すでに 2 万人以上のお客様を獲得しています。
フロント・アクスルを駆動する 2 リッターHDi 163 FAP エンジンとリア・アクスルを駆動する 37 馬力の電気モーターと
の組み合わせによって 200 馬力のパワーを発揮する HYbrid4 モデルは、4 つのドライビング・モード(オートマティッ
ク、「ZEV(ゼロ・エミッションモード)」、スポーツ、4WD)の選択によって新たなドライビング・エクスペリエンスはもちろ
ん、CO₂排出量ももっとも尐ないモデルで 88g/km に抑制されています。
しかしながらプジョーのイノベーションはさらに続きます。
2 リットル/100 km という燃費目標を達成するための重要な一歩となった HYbrid Air のテクノロジーにより、プジョー
はパイオニアとしての地位を改めて確立しました。グローバル・マーケット向けのモデルである 2008 はミディアムサイ
ズのスタイリングで、ガソリン・エンジンと圧縮空気タンクを組み合わせた新しいドライブトレインの技術は、B および C
セグメントの自家用車やコンパクト SUV に低コストで装備することができます。そのため、このモデルは、5 大陸の数
多くの人々に利用いただくことができます。
2008 HYbrid Air は、2 つのエンジンを組み合わせることにより、さまざまな状況で最高の燃費効率を実現させてい
ます。制動または減速時に回生エネルギーで得られた圧縮空気が、もっとも燃費消費の大きい発進時と加速時に最
新世代の 3 気筒ガソリン・エンジンをアシストします。また、圧縮空気タンクからの動力のみで走行することも可能で
す。
圧縮空気を生成する部分は、車体中央の高圧タンク、リア・サスペンションの低圧タンクおよびトランスミッションのモ
ーター/ポンプ・アセンブリで構成されているため、HYbrid Air のドライブトレインを導入した場合でも、座席スペースや
車両のモジュール性には変わりはありません。また、「Air(Zev)」、「ガソリン」および「Combined(複合)」の 3 つの運
転モードの情報は、常に視認することができます。
208 HYbrid FE では、プジョーと 1995 年以来のパートナーである「Total」がそれぞれの専門性を発揮し、CO₂排出
量の画期的削減を実現しながらドライビングの楽しさも維持させようという野心的な課題に取り組みました。 208
HYbrid FE の CO₂排出量は 49g/km で、非常に燃費効率の良い 208 の 1.0 リッターVTi のおよそ半分ですが、0‐
100km/h 加速は 8.0 秒で 208GTi とほぼ同等となっています。
208 HYbrid FE は究極のコンセプト・カーですが、プジョーではこのコンセプトを技術発展の基礎とし、未来の自動車
作りに活かしたいと考えています。
208 HYbrid FE では、エアロダイナミクス性能の最適化、コンポジット素材とポリカーボネートを積極的に使用するこ
とによる 200kg の軽量化、耐久比較でテストされた、電気モーターとバッテリーを接続するギアボックス(パイロット)
に 3 気筒ガソリン・エンジンを組み合わせたガソリン・ハイブリッドのドライブトレイン、Total Lubricants が開発した特
殊なエンジン潤滑油など、さまざまな方向性が示されています。208 HYbrid FE には、コンポジット素材のサスペンシ
ョンとホイールが装着され、さらに特殊仕様のタイヤとホイールリムが転がり抵抗を抑制します。
Onyx:インスピレーション
スーパーカーの長い伝統を持つプジョーが披露する Onyx は、ジュネーブ・モーターショーの来場者のみなさんから
熱い視線を集めるでしょう。
20 インチ・ホイールが装着された、全長 4.65m の刺激的で
立体的なシルエットを持つ Onyx には、アスリートのスピリッ
トが秘められています。カーボンシェルのミッドシップに最大
出力 600 馬力の 3.7 リッターV 型 8 気筒 HDi ハイブリッド・
エンジンが取り付けられ、6 速シーケンシャルのギアボック
スとサスペンションが装備された Onyx は、最高レベルのレ
ースから学んだプジョーの総力を結集したモデルです。
ボディーの特徴は対照的な素材とカラーの組み合わせで、ウィングとドアはピュアコッパー(銅を模した色)、他のボ
ディーパネルはマットブラックカーボンとなっています。
アルミ製のアーチでフレーミングされたダブルバブルルーフには、カーボンファイバーの構造材とフェルトで覆われた
革新的な室内空間を見ることができます。このデザインにより、乗員はインテリアと一体になることができます。Onyx
の開発においても、プジョーはさまざまな素材を試行錯誤しました。今回、特徴的なのは圧縮した古紙から生まれた
「ニュースペーパー・ウッド」で、ダッシュボードや中央のコンソールに使用されています。
プジョーについて
世界 160 カ国で 1 万を超える拠点を展開するプジョーは、あらゆる活動の場において、緻密なデザイン、魅力、情熱
といった要素を融合させています。
2012 年、プジョーは全世界で 170 万台を販売し、ヨーロッパ第 4 のブランドとなりました。現在は主要な成長マーケッ
トでの国際化を加速させ、ラインナップの拡充を進めています。
プジョーは、環境に対する取り組みを積極的に推進しており、ディーゼルのマイクロ・ハイブリッド技術を採用し、革新
的なディーゼル完全ハイブリッド技術を利用した 3 つの HYbrid 4 採用モデルを開発してきました。
プジョーは、自動車および実用車をはじめ、スクーターならびに自転車などの多様なサービス、包括的な製品ライン
ナップを持つ唯一のブランドです。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
402 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content