close

Enter

Log in using OpenID

プジョー、フランクフルト国際モーターショーで New 308 をワールドプレミア

embedDownload
PRESS RELEASE
2013 年 8 月 26 日
2013 年 10 月 2 日
パリ・プジョー本社
プジョー、フランクフルト国際モーターショーで New 308 をワールドプレミア
~ さらなる革新的な環境対策を発表 ~
10 月 2 日時点で 2 ページ目に 2 ヵ所誤記が判明しましたので、赤字にて訂正をさせていただきます。
第65回フランクフルトモーターショーで、プジョーはその熱意と高級マーケ
ットへの移行を強調するために新しいプロダクトを発表します。New 308
がこのイベントの主力となり、さらに新しくなった3008と5008を展示しま
す。「ユーロ6 ディーゼル排ガス基準」対応のBlue HDiモデル、ディーゼ
ルハイブリッドであるHybrid4、208 HYbrid FE Conceptモデル、そして
2008 HYbrid Air Concept は、現在そして未来においてプジョーがテク
ノロジーや環境面においてリードしていることを表現しています。そして
RCZ R とOnyx(オニキス)コンセプトカー、すでにモータースポーツで優
勝をしている208の2つのモデルによってプジョーはドライビングにおける
感動を提供します。
フランクフルトにおける2900㎡のプジョースタンドには30台のモデルとコン
セプトカーが展示されますが、来場者はNew 308専用のスタンドで9タイプ
の仕様を見ることができます。
New 308
洗練されたデザインとこれまでにない感覚をもたらす、「PEUGEOT
i-Cockpit」
New 308は戦略的なCセグメント(欧州市場の3分の1以上
を占め、そのうち43%がハッチバック)の中心に位置してい
ます。
ブランドの高い要求を達成するために、デザイナーとエンジ
ニアたちは極めて高い品質をもち、大胆で直感的かつ近代
的、ピュアで流線型のデザインのハッチバックを実現しまし
た。新しいEMP2(エフィシェント・モジュラー・プラットフォー
ム 2)によってNew 308 はカテゴリー最軽量のモデルとな
りました。これまでのモデルに比べて140kgの軽量化を実現、さらに最もコンパクトなモデル(全長4.25m)に仕
上がっています。オーバーハングを短くし、ダイナミックな動きと広い車内空間を可能にしました。
高品質な生地と素材が使用された、New 308の洗練されたテクノロジカルなインテリアには、SR1コンセプトカ
ーにインスパイアされた「PEUGEOT i-Cockpit」 が採用されています。より高い敏捷性を実現するためのコン
パクトなステアリングホイール、情報取得に理想的な高い位置にあるインストルメントパネル、高いセンターコン
ソ ー ル と直感 的 ドライ ビン グ の た めの 9.7 イ ンチタッ チスク リー ンに よ っ て特徴 づけら れ る 「PEUGEOT
i-Cockpit」 は、ライバルたちとの差別化を可能にしています。
5種類のガソリンおよびHDiエンジンは、発進時に低燃費を実現。その最適化された空力特性(Cd:0.28、
CdA:0.63)によって93g/kmというCO₂排出量を達成しました(1.6リッター HDi 92)。2014年春には、革新的な
3気筒ターボガソリンエンジン(1.2リッター e-THP)や、記録的なCO₂排出量82g/kmを達成したブルーHDi エ
ンジン、そして新世代の6速オートマチックギヤボックスを含む様々な新しい技術が導入され、New 308にはハ
イパフォーマンスかつ効率的なエンジンのラインナップが揃います。
軽量化された新しいサスペンションと最新世代のブレーキング性能を活用するESPなど、新たなドライビングパ
フォーマンスがドライバーを迎えます。New 308にはプジョーの専門知識のすべてが表現されています。プラッ
トフォーム(軽量化、オーバーハングの縮小、低重心化、電動パワーステアリング)が与えるメリットとこれらを組
み合わせることによって、New 308は最高レベルでの敏捷性、快適なハンドリング、そしてロードホールディン
グの達成を可能にしました。
ドライバーの心にさらなる平穏をもたらすために、様々な技術を用いたドライビングエイドが投入されています。
それはブラインドスポット・モニタリング、ダイナミック・クルーズコントロール、緊急衝突警告システム、緊急衝突
ブレーキングシステムなどです。
このセグメントでは使用されていないフルLEDのヘッドランプは、上級モデルで標準装備されています。
New 308は顧客にできるだけ近い地域で生産されます。欧州マーケットへ投入するために9月12日からまずソ
ショーで、その後は中国においても生産される予定です。
New 308 のスタンドには、究極のスポーツコンセプトカーと
なる 308 R Concept も展示されます。これは従来のピュ
アなスタイルとアイデンティティを根本的に新しくするもの
です。車高を低くさらに車幅を拡げ、19 インチのワイドタイ
ヤを履いたこの 308 R Concept は、スポーティでアグレッ
シブな特性を表現しています。カーボンファイバー製のツ
ートンカラーの下部には、プジョー・スポールのエンジニア
たちが 270ps の最大出力、すなわちカテゴリー記録とな
る、リ
る、リッターあたり約167psを実現させた1.6リッター4気筒ガソリンエンジンが搭載されています。そのポテンシ
ャルを最大限に活用するために、308 R Concept はさらなる性能アップのため、トルセン・ディファレンシャルと
大型ブレーキングシステムを採用しました。
3008と5008
継続する成功
2009年、プジョーではCセグメントにおけるブランドの存在を大きくアピールするために、2つのプロダクトを投入
しました。お互いに補足し合う特徴を持ち、まったく異なる顧客層に向けられていますが、テクノロジーにおける
多くのコンテンツや、優れた居住性、ドライビングプレジャー、ハイレベルの品質、そして申し分のないハンドリン
グを共有しています。
それから4年の間、3008 Crossoverと5008 Compact MPVは、2013年6月末まで世界でそれぞれ506,000台
と237,000台を販売し、期待に応えました。
とりわけ3008は当初の目標をはるかに超える成功を収めており、年初から発売している中国マーケットでの人
気、さらに2012年に世界に先駆けて導入されたディーゼル・ハイブリッドシステムのドライブトレインを初めて適
用した、3008 Hybrid4の人気もその要因です。
この成功を継続させるために、3008と5008は新たにデザインされたフロントフェイスと最新技術のヘッドランプ
を搭載したモデルがフランクフルトで展示されます。より現代的で高品質な特徴をあますことなく表現したこれら
のモデルは、ブランドの新しいスタイル(フローティンググリル、特徴的なライトなど)を具現化しています。インテ
リアにはレーザー彫刻を思わせるセンターコンソール、リアビューカメラ、フルカラー・ヘッドアップディスプレイな
どの新しい装備が搭載されています。
プジョー:技術および環境対策の先進
2013年にプジョーはその欧州ラインアップの CO₂ 排出量をさらに減らすことに成功しました。2012年には
121.5g/kmであったこの数値が、5月末には116.3g/kmとなっています。
プジョーの環境戦略は、内燃エンジンの最適化(燃費効率の向上、小型化、ストップ&スタートテクノロジーな
ど)、そして1.0 リッターと1.2 リッターの3気筒ガソリンエンジンによるラインアップなど、新世代エンジンの投入
によって常に実証されています。
プジョーは、フランクフルトで新しい「Blue HDi ディーゼル排ガステクノロジー」を搭載したNew 308 と508 SW
を展示します。SCR(選択式還元触媒)と添加剤配合のFAP(粒子フィルターシステム)を独自に組み合わせる
ことで窒素酸化物(NOx)を90%まで減らし、二酸化炭素(CO₂)の排出と燃費を最適化しながら粒子を99.9%
まで減少させます。このテクノロジーはすでに「Euro 6 ディーゼル排ガス基準」に対応しており、2013年末以降、
プジョーの全ディーゼルモデルに投入されます。それによって、ディーゼルカテゴリーにおけるプジョーの技術
面におけるリーダーシップがさらに強化されるのです。
プジョーの環境における先進的なポジショニングと高級マーケットへの移行を実例として、世界で初めて3008
HYbrid4 、さらに508 RXH と508 Saloon HYbrid4 にも導入された「HYbrid4 ディーゼル・ハイブリッドテクノ
ロジー」が挙げられます。プジョーは環境への積極的な取り組みと、ドライビングプレジャーにおける革新的な
商品ラインアップを提供します。これらHYbrid4 を搭載した3つのモデルは、すでに28,000人の顧客に支持さ
れています。
フロントアクスルを駆動する2.0リッターHdi 163 FAPエンジンと、リヤアクスルを駆動する37psのモーターを搭
載し、最高出力200psのパワーを発揮するHYbrid4モデルは、4つのモード(オートマティック、ZEV、スポーツ、
4WD)から選ぶことにより新しいドライビングを提供します。 CO₂排出量は88g/kmからとなっています。
一方で、燃費が50km/ℓ でリーズナブルなクルマ造りを達成するために、プジョーは革新的な改善に向かって
進んでいるのです。
この目標達成に向けての大きな一歩となるHYbrid Air テクノロジーによって、プジョーは再びパイオニアとなる
でしょう。国際マーケット向けの2008 Crossover は、ガソリンエンジンと圧縮空気テクノロジーを組み合わせて
コストを削減する新しいドライブトレインのベース車両と言えます。この技術は2016年からBおよびCセグメント
に搭載され、世界中の多くの人に利用してもらうことが可能になります。
2008 HYbrid Air はさまざまな状況において、最適な燃費を実現するために2つのエネルギーを組み合わせま
す。ブレーキングと減速におけるエネルギー回生で得られる圧縮空気は、ベストな燃費のために新世代の3気
筒ガソリンエンジンをサポートし、それらにとって代わるアシストをします。
センタートンネルに位置する高圧タンク、さらにリヤサスペンションに設けられたリザーバータンク、そしてトラン
スミッションに設置されるモーター/ポンプからなるHYbrid Air は、車内のスペースと居住性を確保します。ド
ライバーはエアー(ZEV)、ガソリン、そしてそれらの組み合わせという3つのオペレーションモードを選ぶことが
できます。
この新しいHYbrid Air には50km/ℓ という燃費目標を達成するため、その他の分野でもさまざまな革新的な工
夫がなされています。これらのテクノロジーは、208 HYbrid FE においても探求されています。
その設計に向けて1995年以降パートナーシップを組
んでいるPEUGEOTとTOTALが専門知識を組み合わ
せ、CO₂排出量を抑えつつドライビングプレジャーを実
現するという、野心的なチャレンジに取り組みました。
208HYbrid FE のCO₂排出量はわずか49g/km であ
り、すでに優れた燃費を誇る208の1.0リッターVTi の
約半分となっています。それにもかかわらず、
0-100km/h では8秒を実現しており、コンパクトハッチ
バックと同等の速さを誇っています。
バックと同等の速さを誇っています。
これはノンプラグインのフルハイブリッド・コンセプトカーであり、プジョーは未来のクルマにこのテクノロジーを活
用していきたいと考えています。
そのため、いくつかの方向性が検討されてきました。最適化された空力特性、コンポジットとポリカーボネート素
材を豊富に使用して実現した200kgの軽量化、3気筒エンジンとオートマチックトランスミッションを組み合わせ
たガソリンハイブリッド、さらに補助的な電気モーターとバッテリーは、耐久レースでの経験を活用した結果であ
り、TOTALが特別に開発したエンジンオイルが使用されます。208HYbrid FE にはサスペンションとホイール
が複合的に装着され、特製のタイヤとホイールリムは転がり抵抗を低減します。
高級市場への移行とハイレベルなドライビング体験
フランクフルトのプジョーブースを訪れる顧客は、デザイ
ンとドライビングに関する新たな実例を見ることができま
す。すでに5万人の顧客に支持された現行RCZスポー
ツクーペのチューンナップバージョンであるRCZ R は、
2014年からプジョーブランド史上最もパワフルなモデル
となります。
1.6 リッターというカテゴリーで最高記録の出力を誇る
270ps の新型エンジンは、最新の「ユーロ6 排ガス基準」に適応しており、CO₂排出量は145g/km となってい
ます。それによりプジョーRCZ R のパフォーマンスと燃費は、これまでにないレベルに到達しました。感動的な
ドライビングを提供するこのRCZ R は車高がより低く、19インチホイールによってエクステリアの表現力がさら
に豊かになっています。エリートを意識させるドライビングポジションによって、特製のサスペンションとホイール、
そしてトルセン・ディファレンシャルとの組み合わせによって、ドライバーはエンジンのパフォーマンスをフルに活
用することができるでしょう。
インスピレーションを与えてくれるOnyx (オニキス)
プジョーのスーパーカーコンセプトを受け継いだスーパ
ースポーツカーのコンセプトモデル、Onyxはフランクフル
トモーターショーを訪れる人々の想像力をかきたてること
でしょう。全長4.65m の急進的で彫刻のようなシルエッ
トをたたえた、20インチのホイールを履いたスーパーカ
ーコンセプトモデルのOnyxには、アスリートの心が宿っ
ています。カーボンファイバー製のボディシェル、ミッドシ
ップにマウントされた600psのV8ハイブリッドHDi 3.7 リッターエンジン、6速シーケンシャル・トランスミッション、
そしてサスペンション。これらはすべて最高レベルの専門知識から生まれたものです。
素材のコントラスト、そしてパティナ仕上げが際立つボディワークは時間を掛けて洗練されてきました。ウイング
とドアは純銅、ボディの一部パネルはマットブラックのカーボンファイバー製となっています。
アルミ製のルーフアーチに囲まれた「ダブル・バブルルーフ」によって、機能的なカーボンとフェルトが敷き詰め
られた、乗員がインテリアと一体化するような革新的な運転席を観ることができます。Onyxでプジョーは素材の
追求を続けていきます。ダッシュボードに使用される「ニュースペーパー・ウッド」等はその一例と言えるでしょう。
それは、圧縮した中古新聞紙からできた素材なのです。
2013年はプジョー208 のパフォーマンスが向上した年
でしたが、プジョー・スポールが描くプジョー2シリーズの
モータースポーツにおけるストーリーも最高レベルに達
しました。
多くの来場者が 208 T16 Pikes Peak を見に訪れること
でしょう。アリ・バタネンがプジョー405 T16 でパイクスピ
ーク・ヒルクライム優勝を飾ってから 25 年、208 の最新
バージョンであり、いまや伝説のマシンとなったプジョー
208 T16 Pikes Peak(875ps を出す 3.2 リッターV6 ツインターボエンジンを搭載、重量 875kg、0-100km/h 加
速 1.8 秒)を駆るセバスチャン・ローブが 8 分 13 秒 878 と、20km のこのステージ記録を大幅に更新しました。
これは人間と機械による努力の結晶であり、プジョーが卓越した優秀さを求めていることを表しているのです。
また、伝説の復活となった208 GTi の導入を記念して、3台の特別な208 GTi PEUGEOT SPORTが2013年
のニュルブルクリンク24時間レースに出場しました。300ps の出力を誇る1.6リッターガソリンターボエンジンを
搭載した208は、カテゴリーで表彰台を独占しました。そのうちの1台がフランクフルトのプジョーブースに展示さ
れます。
プレスコンタクト先
www.peugeot-pressepro.com
マルタン・アロワトー (Martin Alloiteau)
+ 33 6 82 67 80 02
[email protected]
プジョーについて
世界 160 カ国で 1 万を超える拠点を展開するプジョーは、あらゆる活動の場において緻密なデザイン、魅力、情熱と
いった要素を融合させています。
2012 年、プジョーは全世界で 170 万台を販売し、ヨーロッパ第 4 のブランドとなりました。現在は主要な成長マーケッ
トでの国際化を加速させ、ラインナップの拡充を進めています。
プジョーは、環境に対する取り組みを積極的に推進しており、ディーゼルのマイクロ・ハイブリッド技術を採用し、革新
的なディーゼルフルハイブリッド技術を利用した 3 つの HYbrid 4 採用モデルを開発してきました。
プジョーは、自動車および実用車をはじめ、スクーターならびに自転車などの多様なサービス、包括的な製品ライン
ナップを持つ唯一のブランドです。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
612 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content