close

Enter

Log in using OpenID

Untitled - Polimaster

embedDownload
1 目的と仕様
PM1406 食品用の放射線測定器は、様々な物に含まれている放射
線量をベクレル単位で測定することができます。
測定できるものは、食品、飲み物、加工品、生の食品などです。
食品に含まれている放射線のうち、セシウム 134, セシウム 137,
カリウム 40 の放射線量を Bq/kg (1キログラムあたりのベクレル
数)の単位で計測できます。測定器は、背景の放射線量を定期的
に測定し、より正確な測定ができるようになっています。









セシウム 134+セシウム 137、カリウム 40 の放射線量の測定
99%精度での判定範囲は、セシウム 134+137 (10~100,000 Bq/kg)
背景の放射線量は、0.15 µSv/h 以下
測定サンプル密度の自動補正
0.2 ~ 1.6 g/cm3
固有誤差 35% (100~100000
Bq/kg セシウム 137,
信頼確率 95%)
固有誤差 50% (25~100 Bq/kg,
セシウム 137, 信頼確率 95%,
標準鉛容器使用)
動作温度 0 ~50С
1
防水・防塵 IP55
USB 2.0 パソコンとの接続、電源供給
測定器本体を水の中に水没させてないでください。
測定器本体は丸洗い又は食洗機で使用しないで
下さい。
1
マリネリ容器は、丸洗いや、食洗機でお使い頂くことができます。測定
器本体は、強い 水流に対する防水性能がありますが、丸洗いは
できません。濡れた布で拭いて、清潔にしてください。
2
2 付属品
1)
2)
3)
4)
5)
6)
7)
測定器本体
マリネリ容器3個
プラスチック収納ケース
鉛遮蔽容器
ソフトウェア CDROM
保証証
校正証明書
3
3 日本語版への切り替え
ソフトウェアの右上のメニューから Customize Options を選択
してください。
続いて、View のタブ内の Language の項目から、Japanese を
選択して、右下のボタン Save & Close を押してください。ソフト
ウェアを閉じて、しばらくたってから再度立ち上げてください。
4
4 測定器の利用
4.1 測定器を使う準備
プラスチック容器から、マリネリ容器と、測定器本体を取り出し
平らなところに置きます。鉛遮蔽容器を使っている場合には、
測定器を鉛容器の中に設置してください。
鉛容器は、床に落とさないように細心の注意を払って
ください。鉛容器は、非常に重く、怪我をする危険性が
あります。
測定器をパソコンに接続し、付属の CDROM をパソコンに入れ
ソフトウェアのインストールを開始してください。ソフトウェ
アは、デスクトップ、ノートパソコン、タブレットPCに対応し
®
®
®
ています。対応 OS は、Windows 8, Windows 7, Windows
®
Vista, Windows XP、32bit, または 64 bit です。
5
4.2 ソフトウェアの利用開始と背景放射線の測定
デスクトップのアイコンからソフトウェアを起動します。
最初に、「背景放射線の測定」の画面が表示されます。
英語表示が、最初の設定です。
背景放射線の測定モードでは、測定器が設置されている環境の
周りの放射線量を調べます。周りの放射線量は、宇宙線、地球
自然放射線、自然核種からの放射線などから放出されています。
背景放射線の測定には、一定時間が必要です。測定が終わると、
測定値が記録されます。測定された背景放射線量は、食品などの
測定結果から差し引かれ、精度の高い 食品・飲料水の測定がで
きます。測定器の設置場所を変えた場合、周りの家具などを移動
させた場合、空間線量が変わった場合には、必ず背景放射線の
6
再測定が必要になります。より短時間で背景放射線量が変化して
いないか、簡易チェックができる「背景放射線のチェック」
モードがありますので、こちらの章も、後ほど読んでください。
手順 1: 上部のメニューから「基準」を選びます。サンプル
(食品・飲料水などの測定対象物)は、選択された基準値で測定さ
れます。「基準」を変更すると、背景放射線の測定を 再度行う
必要がありますので、必要な時だけ変更してください。
手順 2: 上部のメニューから「場所」を選びます。複数の場所で
使う場合には、他の場所を追加することもできます。最初は、
My Home を選択して、測定を行ってください。
手順 3:「測定の再開」のチェックボックスは、最初はチェック
せずに、測定を開始してください。測定を途中で止めた場合や、
USB 接続が切れた場合などには、このチェックをいれて、測定を
行うことで、前回からの続きを継続して測定できます。測定の
残り時間などは、再計算されます。
手順 4: 背景放射線の測定を開始するには、「スタート」ボタンを
押します。少しの間、背景放射線を測定すると、残り予測時間
などが表示されます。 / ボタンを押すと、測定の詳細が表示
されます。重要な数値は、ベクレル Bq/Kg(L) です。この数値は、
サンプル測定を行う場合の判定値の下限値になります。たとえば
、背景放射線を測定して、この値が 10 Bq/kg となった場合には、
サンプルを測定するときに、10 Bq/kg よりも 99%の確率で低い
ことを判定できる状態となります。
背景放射線がどこまで下がるかは、測定器を設置
した環境によって変化します。
7
測定を開始すると「停止」ボタンが表示されます。背景放射線を
測定している間、いつでも停止ボタンを押すことができます。
停止ボタンを押すと、こちらのウィンドウが表示されます。
測定再開
停止せずに、そのまま測定が継続されます。
停止
データを保存せずに中止します。
停止&データ保存 測定を中断した場合、あとで背景放射線の
測定を再開することができます。
8
「停止&データ保存」を選択した場合、背景
放射線の測定は、そこで中断します。この場合
でも、表示されたベクレル数より低いか高いか
のサンプル判定を行えます。
また「測定の再開」にチェックをいれて、測定を継続すれば、
さらに低い背景放射線まで 測定を行い、同時にサンプル測定
でも、より低いベクレル数での判定が行えるようになります。
前記の「手順3」を見てください。
背景放射線の測定に必要な時間は、選択した基準に
よって変わります。日本で使う 場合には、10 Bq/kg
の最も厳しい基準を選択しておけば、食品、飲料水な
ど、他のすべての用途に使うことができます。
4.3 サンプルの測定
9
背景放射線の測定が完了すると、サンプル(食品や飲料水などの
測定対象物)を測定する ためのウィンドウが表示されるように
なります。
4.3.1 動作のメニュー:機能ボタン
左上の「機能」ボタンを押すと、測定器の主要な機能メニューを
開くことができます。
ホーム
背景放射線の測
定
食品の測定を行う場合です。
食品サンプルなどの測定の前に、周りの放射
線量を調べるための機能です。
背景放射線のチ
ェック
食品の基準値
背景の放射線量に大きな変化がないかチェッ
クするモードです。
登録済みの食材や、基準値の一覧です。
管理設定
ソフトウェアの設定です。
10
このウィンドウは、「管理設定」のウィンドウです。複数の場所
で測定器を利用する場合 には、それぞれの場所での背景放射線
量を記録するための名前を作ることができます。
4.3.2 サンプルの放射線測定
サンプルの放射能測定を行うと、自動的に現在、選択されている
国の基準値との比較が行われます。
手順 1: 「食品・飲料水の放射線測定」ウィンドウで、「選択」
ボタンを押します。いろいろな食材の一覧が表示されます。
それぞれの食材には、国の基準値が登録されています。食材を
選んだら、ダブルクリックします。
11
また「テスト」というアイコンもあります。
12
「テスト」項目を選ぶ場合には、重さ、容量、独自の食品基準値
の設定など、詳細な設定ができます。またセシウムだけ、あるい
はカリウムだけの測定もできます。
手順 2: サンプル(食材・飲料水など)を用意してください。マリ
ネリ容器にサンプルを 詰めます。測定器に付属のマリネリ容器
は、最大 500ml まで食材、飲料水を詰めることが できます。
ソフトウェアでは、125ml, 250ml, 375ml, 500ml の4段階の詰め方
で、測定を 行えるようになっています。(500ml = 500cc です)
 食品は、マリネリ容器に隙間がないようできるだけ細かく切
って詰めてください。
 食品測定の際には、マリネリ容器にラップをかけて測定
してください。
 直射日光を避け、涼しいところで測定してください。
 使用済みのマリネリ容器は、きれいに洗って、乾燥
させてから再利用してください。
13
食品
前処理
食材を細かくする方法
肉、魚、根菜
茎、フルーツ
食材を洗い、食
べられない部分
は捨ててくださ
い。
プラスチックケ
ースなどは捨て
てください。
細かく切り刻みます。
ソーセージ、
チーズ、
お菓子
乾燥食品、穀
物、豆、
マカロニ、
パン
液体、粘性食
品、乾燥食品
–
–
細かく切り刻む、また
は細かく砕きます。ミ
キサー等で、粉にして
もよいです。
細かく切り刻む、また
は細かく砕きます。ミ
キサー等で、粉にして
もよいです。
徹底的に混ぜます。
きれいなマリネリ容器に、サンプルを詰めてください。 マリネリ
容器を、測定器の上に設置して、「次へ」のボタンを押します。
続いて、「スタート」ボタンを押すことで、食材の 測定を
行えます。
14
測定が開始して、しばらくすると、残り予測時間、最大測定時間
測定経過時間が表示されます。 /
ボタンを押すと、
現時点までの詳細な測定データが表示されます。測定値は、現在
の放射線量です。測定値±許容誤差は、99%の確率での測定値
の上限と下限を示しています。
測定中に、「サンプルは測定できません」というエラー表示が
でる場合があります。この エラーが出る理由は、2つあります:
 背景の放射線の測定時間が短すぎた場合
 選択された基準が、サンプルの評価に適していない場合
これらのエラーが出た場合には、背景放射線の測定を時間を
かけてやり直してください。
15
もしサンプルが、選択された基準(しきい値)よりも誤差を含め
ても低い場合には、図の ようにマーク が表示され、
クリア
が表示されます。
判定が終わっても、最大測定時間までは、測定を続け、測定値の
精度を上げることができます。
もしサンプルが、選択された基準(しきい値)より高いと判定
された場合には、図のようにマーク が表示され、
基準値以上
と表示されます。
16
判定が終わっても、最大測定時間までは、測定を続け、測定値の
精度を上げることができます。
17
4.3.3 背景放射線のチェック
背景放射線のチェックは、測定器が設置された環境の放射線を
短時間で調べる機能です。 サンプル測定の精度を保つために、
定期的に、背景放射線のチェックを行うことをおすすめします。
少なくとも1週間に一度、または測定器の設置場所を変更した
時には、行ってください。
上部メニューの「設定」から背景放射線のチェックを定期的に
お知らせする機能の頻度を 設定出来ます。また背景放射線の
チェック機能は、マリネリ容器の汚染チェックにも利用できます。
背景放射線のチェックは、「機能」ボタンから選択してください。
スタートボタンを押すことで、開始できます。
18
背景の放射線量が、前回、背景放射線を調べたときから大きく
変化していない場合には、「完了」と表示されます。
背景放射線の変化が検出された場合や、マリネリ容器の汚染が
検出された場合には、こちらのウィンドウが表示されます:
ここで「はい」を選択すると、背景放射線の測定モードに切り
替わります(4.2 章)。
「背景放射線のチェック」モードでは、マリネリ容器自体の汚染
もチェックできます。まずは、容器なしで、「背景放射線の
チェック」を行います。続いて、容器を測定器の上に設置して、
再び「背景放射線のチェック」を行います。もし警告がでた場合
いは、マリネリ容器自体が汚染されていることが考えられます。
マリネリ容器をよく洗い、再度、容器自体の汚染チェックを行
ってください。
19
4.4 設定
上部のメニュー「設定」では、背景放射線のチェックを定期的に
利用者に催促するお知らせ機能の頻度を変えることができます。
20
21
www.polimaster.com
www.polimaster.eu
www.polimaster.us
www.polimaster.jp
www.polimaster.de
www.polimaster.ru
ポリマスター製品を購入頂きありがとうございます。
技術サポート、連絡は、メールなどでご連絡いただけます。
著作権:Polimaster International
無断掲載、無断コピーは違法行為として法的措置の対象と
なります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
1 659 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content